無料ブログはココログ

キムリン・ホリスティック・ワールド

  • 金 香百合
    いつも心に太陽を 悲しい時、辛い時、誰かに慰めてほしい時、キムリンはいつもそばにいてくれる。もしかしたら、みんなの守護聖人かも?

cocoa青森

  • COCOA青森
    COCOA青森の会員限定サイトです。あたたかい心と少しの時間を、メンバーと共有して下さる方を募集中です。

« かじかむ手 | トップページ | 今日は嬉しい日 »

2021年1月11日 (月)

実の親子は…

休みの日は、家人と近くの温泉へ。
朝、人の少ない時間帯に、雪景色を眺めながらの露天風呂。
あぁ、やめられないわ。
日本人で良かったと、しみじみ実感するのだが。
先日のことだった。
その日はかなりな積雪で、雪かきに手間取り、いつもよりは遅めの温泉行。
昔の湯治宿みたいなひなびた温泉。
入浴者は、母を含めて7人ほど。
その中の1人が、一緒にいる婆ぁさんを怒鳴る声が凄まじい。
婆ぁさんの体を洗っているのだが、どうも話しを聞くことには。
婆ぁさんの洗ってもらいたい部分と、怖いおばんの洗う部分が違うらしい。
で、婆ぁさんが嫌がるんだな。
そうすると大声で怒鳴るわけよ。
もう、聞くに堪えない時間だった。
耳をふさぎたくなる思いは、他のおばんたちも同じらしく。
目くばせしながら、みんなで露天風呂へ。
「あれ、嫁じゃないよね」
「実の娘でしょ。でなきゃあんなに怒鳴れないじゃない」
「そうだよね。嫁なら、一応、他人の目や耳、もう少しは気にするよ」
「娘が小さい頃、あの婆ぁさんがあぁだったのかも」
とか、まぁ、話盛り上がる盛り上がる。
流石に体も冷えるかと、内風呂に戻ったら。
婆ぁさん、「もう、いい!」
脱衣場へと出て行った。
娘らしきおばん
「最後にあったまらなきゃ」だの「そのままじゃ風邪ひくよ」だのと、絶叫するも婆ぁさん無視。
母たちの冷たい視線に気づいたか、後始末もそこそこに婆ぁさんを追っかけて行った。
しかし凄いな。
身内は遠慮がなさ過ぎる。
年寄りを必要以上に甘やかすのは良くないが、プライドあるんだよ。
そこは尊重しないと。
Photo_20210111222901
木だって寒いよ

« かじかむ手 | トップページ | 今日は嬉しい日 »

コメント

式部さん
他人の怒鳴り声はストレスよね。
温泉だから洗わなくても、
温まるだけでいいのよ。
高齢者さんは、水分少ないんだから。
全身に水分補給できたかな?
おせっかいはしないんだ( ^)o(^ )

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« かじかむ手 | トップページ | 今日は嬉しい日 »

最近のトラックバック

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28