無料ブログはココログ

キムリン・ホリスティック・ワールド

  • 金 香百合
    いつも心に太陽を 悲しい時、辛い時、誰かに慰めてほしい時、キムリンはいつもそばにいてくれる。もしかしたら、みんなの守護聖人かも?

cocoa青森

  • COCOA青森
    COCOA青森の会員限定サイトです。あたたかい心と少しの時間を、メンバーと共有して下さる方を募集中です。

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

2020年12月31日 (木)

今年も終わるのね

コロナで振り回された今年も、ようやく終わる。
めでたいと思わなきゃ。
外に出る時はマスク着用。
出先で手指の消毒。
帰宅しても手指の消毒。
手荒れが進む進む。
こんなに手がガサガサするのは、息子のおむつの洗濯に追われていた時以来。
肌は丈夫なたちなんだけどなぁ。
「三密」避けて、外出もなるべくしないでって、これ以上、何をどうすれば。
それもこれもみんなシナのせい。
ろくでもないばい菌作って、世界中にバラまいた。
その裏で、世界中のマスクを買い占めさせ。
WHOの無能トップを金で抱き込み。
考えれば考えるほど頭に血が上る。
この恨み、忘れるものか。
ま、コロナが落ち着いたら、ただでは済むまい。
いつまでもデカい面してんじゃないよ。
と、ここで思いっきり言いたいことを言って厄払い。
あと2時間か。
来たるべき新年は、希望に満ちた年であってほしい。
切に願う。
今年一年、母の駄文にお付き合い下さった皆さん。
嬉しいコメントを下さった皆さん。
どうもありがとうございました。
来年もどうぞご贔屓に。
Photo_20201231220801
桜に縁どられたハートの空


 

2020年12月30日 (水)

しんしんと…

予報通りに雪が降る。
明日から明後日は更にという話だ。
まぁ、お国も「静かな正月を」と、言っていることだし。
空も応援しているようで喜ばしい。
家人は、朝、昼、晩と雪かきに追われている。
息子も少しは手伝うものの。
責任感の大きさに違いがあるのね。
母だって。
雪を押し出すぐらいならできるんだが。
家人も息子もダメって。
でもなぁ。
息子の動きを見ているとついイライラ。
自分なら…なんて…。
いかんいかん。
年寄りの悪い癖。
見なきゃいいんです、はい。
でも、今だって、雪が降り続けている。
それもしんしんと。
音もなく降り続けるのは怖いよ。
明日の朝は…。
あぁ、考えないことにしよ!
Photo_20201230221701
もう、何も…


2020年12月29日 (火)

南の方に大雪?

天気予報じゃ、年末年始は大荒れとの話だが。
更に詳しく見て見たら。
新潟と北陸。
それに九州のいくつかの場所に「警報」が出るらしい。
意外に我が青森と北海道は普通レベル。
これは大変だ。
北国は、大雪になろうがなるまいが、備えができている。
1人1人もそうだし、車のタイヤ、防寒グッズ、除雪用器具etc。
何よりも違うのは、除雪隊が整備されていること。
深夜2時だったかに、積雪ン㎝だと出動することになっている。
建設機械整備が仕事の家人も、この時期になると、当番制で準備する。
その日は、温泉に行くのも晩酌も控えなければならない。
まぁ、それほどの大雪には、そうそう見舞われないが。
でも先日の大雪の中の大渋滞だって。
冬の備えを軽く見ていたドライバーが、多かったってことだろ?
なのに「警報」クラスの積雪があった日にゃ…。
交通機関大混乱間違いなし。
ヤバい。
と言っても、そもそも長靴だって持ってなさそう。
「備えあれば憂いなし」とは、思わないんだろうな。
Photo_20201229222101
今夜も積もりそう


2020年12月28日 (月)

拍子抜けしたわ

そうか。
メンテナンスは、そのためだったんだものね。
今になって、あちゃーはなしよね。
何だかな。
音がないとこんなにもノラないものなんだ。
動きもどこかぎこちない。
いくら頑張ってもポチッとができない人もいる。
どういうわけかさっぱり。
せっかく、わが庭に訪問して下さっているのに申し訳ない。
「こーじー」さん、お許しを。
まぁ、じきに慣れるとは思うんだけど。
そこまでが…。
ま、せっかくのお仕事に、ケチをつけてもいられない。
あと数日で今年も終わる。
明るく笑い飛ばさなきゃ。
1229
去年の12月29日は


2020年12月27日 (日)

ココログも今年ももう何日?

ココログがいつどうなるか考えるとビクビクもんだよね。
今日なんかネットに繋いだだけで、画面いっぱいに英文がずらー。
アドビからのお知らせだろうね。
近々サービス終了するって言ってたから。
じゃ、ここはどういう風になるものか?
母の頭じゃ想像もできない。
ここに集う皆さん方は、もう対応できているんだろうな。
できればそういう皆さん方のアドバイスをいただきたい。
何を諦めて、何はそのままでいいのか。
今年は、将来振り返った時に、歴史的な転換点だったと記憶されるのではないか。
こんなにも動きが少ない年って…。
普段の生活を、嫌でも見直すきっかけになった。
まぁ、母の場合。
腰を痛めたのが今年。
自粛生活は、むしろ幸いしたと言える。
近所の人たちと、親しく交流することも増えたし。
腰痛のおかげで、皆さんの好意を受けることも多かった。
色々なことに感謝することを忘れていた。
「気づき」
それが今年のキーワード。
「中国武漢肺炎」が、これからどうなっていくものか不明だが。
「明けない夜はない」
時が来れば、花が咲く。
いつも通りの日々が帰って来る。
その日をじっと待とう。

2020年12月26日 (土)

雪の中の散歩

ずっと腰の具合に気を使っていたせいか。
生来の怠け者のせいか。
ほとんど外出しなくなって、当然と言えばまぁ。
体重計乗るの怖いよ。
食べ物がおいしいのに、ほとんど運動しないんだもの。
これじゃ貯まるわ。
お金がこんな風になるのなら嬉しいけど。
家人は、痛み止めを飲み始めてからじゃないかと言う。
「あんた。前はそんなに食欲旺盛じゃなかったはず」
貰った薬の注意書に、そう言えば書いてあった。
今、気づいても遅いけど。
夕食は、パエリアにすることになっていて、材料はほとんど昨日のうちに購入済み。
ただ水切り袋と柔軟仕上げ剤買いに行かないと。
家人
「吹雪いているよ。こんな時出かけなくたって」
でもさ。体重が…。
しっかり着込んでストック両手に雪の中へ。
足元は安定しているし、そこそこの荷物はリュックで楽。
足の痛みがないのが嬉しくて、ついつい時間を忘れて歩き回る。
時折、風の唸る音。
こんな天気の日、ニタニタしながら散歩しているのは母ぐらいのもの。
やっぱり変人ですかね?
Photo_20201226221201
花は癒し


2020年12月25日 (金)

お隣サンタ

昨日の雨が、朝方には雪になっていたようで。
窓の外は、うっすら雪景色。
少し早起きして、小さなプレゼントの袋2つ。
いつもお世話になっているお隣さんの郵便受けへ。
お互い、いい年になって、子供もいい大人になって。
もう、サンタさんだのプレゼントだのとワクワクすることもない。
が、だ。
大人になればなったで、そういう楽しみがあったっていいじゃない?
なにもお金をかけたとか、時間をかけたとか、大げさなことじゃなく。
そう言えば。
つい去年まで、子供相手の仕事していたんだもんな。
普段、どれだけ悪たれている子供でも。
クリスマスとバレンタイン・デーと誕生日は、甘えん坊の可愛い子になる。
クリスマスと誕生日は親も祝ってくれるが。
バレンタインは、しょんぼりする子も多い。
で、職員は張り切るわけだ。
誰かを喜ばせたいという気持が、ふつふつと湧き上がる。
少ない予算で、あの手この手。
あれは幸せな体験だったなぁ。
今、お隣さん相手にサンタ気分。
そしたら昼過ぎにお隣サンタもやって来た。
焼き立てのパンを持って。
「今朝はありがとうね」
「お昼ありがとうね」
サンタ・クロースは、身近にいるんだよ。
Photo_20201225225501 Photo_20201225225501  
クリスマス・イルミネーション 

2020年12月24日 (木)

雨のクリスマス

朝から妙に暑い!
ここしばらくが低温続きだったので、10度近くの気温はどうも…。
今朝は、いきなり雷も鳴っていた。
それからしばらくして雨が降り出し。
これが大変でね。
さすがにストックに傘は無理があり過ぎる。
昨日は、ガチガチの氷。
今日は、ぐちゃぐちゃの雪道。
杖代わりの傘だけでいいとしよう。
雨は一日中降り続けている。
夕方には、かなり雪も少なくなっていた。
サンタさんも大変だな。
もう当地、そりは無理だよ。
車でもいいんじゃない?
プレゼントが濡れたら大変だ。
さ、いい子の母もそろそろお休み。
Photo_20201224224101
たまには雪のない写真を


 

2020年12月23日 (水)

これはいい!

腰痛が完治しないので、歩くのもおっかなびっくりだったが。
それでも杖なしで歩けるようになってまもなく。
いくら北国でも、冬の到来が早過ぎて。
もうかなりな積雪。
これに低温が加わって。
道路はツルツルで、危なくてしょうがない。
今年は転んだらヤバい!
こりゃ何とかしないと。
で、スキーのストックを杖代わりにしようと。
筋トレ仲間に聞いてみた。
当地では、小学生は全員、スキーとウェアを準備することになっている。
小学校の体育の時間、スキーは必修科目。
だが、その時期を過ぎると、当然スキーとストックは不用品と化す。
大概の家庭では、しばらくの間、それらは物置の中にしまわれる。
それを何とか貰いたい。
筋トレ仲間のYさんが、さっそく手を挙げてくれた。
翌日、我が家まで届けに来てくれた。
今日、さっそくそのストックで筋トレへ。
デコボコな上にツルツルな道路。
ストックの先が、気持ち良いほど突き刺さる。
杖は片手だが、これは両手。
安定感も半端ない。
もし、ストックがなかったら、今日の道路は多分まともに歩けなかった。
Yさん、ありがとう。
今年の冬、存分に使わせていただきます。
Photo_20201223223301
昨日のデザート

2020年12月22日 (火)

忘年会だよ

友人3人と今日はデート。
ランチだけど、名目は「忘年会」ね。
1人ずつを迎えに行って、予約済みの小さなレストランへ。
和食がメインのバイキング・スタイル。
小皿に盛られた料理をてんでに選び、おばん4人でわいわい。
お酒がなくてこのノリ!
おばんは無敵だ!
みんな年なので、和食、小皿、バイキング・スタイル、全部嬉しい。
子供はすっかり大人になり、親やきょうだいの介護、自身の体調、まぁ、話題が尽きない。
4人が初めて知り合ったのは50年前のことだったなぁ。
同級生が一人、また一人と亡くなったり、重い病気で連絡できなくなったり。
それぞれの人生も、悲喜こもごも。
もうじき、自分たちが介護される側になる。
老化のスピードは止められない。
母なんぞ、もしかしてボケてるんじゃないかと思い始めている。
もし、そうなったらどうしよう?
普段、きちんとした身だしなみの人は、周囲に気づかれやすいそうだが。
常に素顔で、ジーパンじゃ…。
まぁ最近は、歩く姿が危なっかしいというので、近所の注目の的。
なら、大丈夫か。
みんなに慰められながら無事、会が終了。
次は「新年会」の予定だが。
そろそろ母。
アルコールが欲しいな。
Photo_20201222215901
今日のランチ



2020年12月21日 (月)

何も気づかず

朝起きて最初の仕事(?)は、雪の積もり具合を見ることだ。
今朝もかなりの積雪。
家人に報告。
何を置いてもまず雪かき。
どこの家でも雪かきに精を出す。
これを放っておいたら、外にも出られない。
車も出せない。
で、朝からぐったりするわけだが。
テレビをつけて、天気の具合を…。
ところが今日は、その前に。
青森県東方沖を震源とする地震があったとな。
午前2時過ぎ。
うーむ。
当地は震度2だとか。
我が家の3人、全く気づかず。
グースカ眠りこけていたんだろうが、震度2じゃ無理じゃね?
でもさ。
緊急地震速報って、そんな時間じゃ流れないの?
スマホにその手のアプリ入れてるんだが。
それも県内が震源地となったらさ。
去年だったか。
バカな隣国から、怪しい飛翔体が飛来する前は、家中と言わず近所中。
警告音が鳴り響いて思わず飛び起きたけどな。
ま、大事に至らなくてよござんした。
Photo_20201221223401
青空と雪

2020年12月20日 (日)

父ちゃん疲れる!

朝、恐る恐る窓を開けて外を見た。

雪!
やっぱりな。
玄関を何とか開け、まずはその周囲を雪かき。
家人が戦闘(?)態勢で、本格的に雪かきを始める。
朝一番に肉体労働とはね。
こんな時は、アパート住まいが羨ましい。
小さい家でも、たいして広くない庭でも、満遍なく雪は降り積もる。
気温が低いおかげで、雪はさらさらと軽い。
外国人が喜ぶパウダー・スノーという奴よ。
スキーだのスノー・ボードするにはよかろう。
でも雪かきはね。
これはこれで大変なんだよ。
スコップからこぼれやすい。
なかなか足元が固まらないし。
ざっと1時間奮闘した家人。
「さ、温泉だ」
目的地までのお宅はどこも、綺麗に雪かきされている。
そして「温泉」に浸かって一杯…。
津軽人の冬のルーティンですわ。
その後昼にもう一度雪かき。
夕方に、息子と一緒に雪かき。
休日を雪かきで追われた家人。
8時半には布団に入った。
母、湯たんぽ仕込んでやりましたよ。
明日もまた、雪に泣かされるんだろうな。
Photo_20201220225401
なんのこれしき!


2020年12月19日 (土)

降ること降ること

ほんとに毎日よく降るんだわ。
そして真冬日が連続。
今日も一日中、細かい雪が降り続いていた。
もしかしたら明日の朝、玄関開かないかも。
天気予報じゃ、新潟県も一晩で1mぐらいの積雪の見込みって言ってたし。
雪国は、どこも似たもんじゃないの?
家人と息子、朝、昼、晩と雪かきに追われる。
母も一応、手伝おうかと思うんだが、二人はダメって。
12月中旬から、これほどの雪…。
ここ何年もないこと。
クリスマスに雪があるかないかって気を揉むことの方が多かった。
まぁ、除雪業者には嬉しい誤算。
去年なんて、とんでもない暖冬で笑えなかった。
除雪作業だって、熟練者とそうじゃない人との技術の差は歴然としている。
冬道走ると、各自治体、除雪担当区域で天国と地獄。
今からあんまり積雪が多くなると、雪を捨てる場所に難儀する。
近場の川なんぞに捨てようものなら、浸水被害に遭いかねない。
あぁ。
明日の朝、せめて玄関の戸は開けられますように。
Photo_20201219230101
まだ序の口

2020年12月18日 (金)

ラジオじゃ初めて

夕方、家人と恒例の温泉へ向かっていたら。
ラジオから聞き慣れた(?)あの音。
と、言ってもラジオじゃ初めて。
テレビじゃお馴染み。
ええぇー?
伊豆諸島に地震が来ると。
畠山アナの落ち着いた声で、注意喚起のアナウンス。
この手のニュースのたび、NHKのアナを見直す。
一つ一つ丁寧に指示してくれて。
聞いているこっちも素直に従う気になる。
緊急地震速報ごときで、大したことなんかできやしないと、ネットでうそぶくお国の方もお出でだが。
そりゃ、あんた方程度のお国じゃそうだろうよ。
ただ最近は、速報が出ても大したことが起きないこともあって。
気象庁も辛いところ。
今日は、実際地震が起きたらしいが。
温泉から帰って来て、テレビのニュースで見ると。
島に停電は起きていない様子。
とりあえず、電気さえ通っていれば何とかなるよ。
明日になれば、被害もはっきりして、援助もしやすくなる。
被災地の皆さん、元気を出して。
Photo_20201218222901
赤い色が嬉しい

2020年12月17日 (木)

当たるも八卦だけど

確か気象庁の長期予報じゃ、暖冬傾向にあるとか言ってたような。
当地、去年は稀に見る暖冬だったので。
2年もそんなことが続く訳はないと思っていた。
で、やっぱり。
雪が降り始めたら、いきなり根雪の様相を呈して。
毎日、低温と降雪に悩まされている。
今日は、新潟県の魚沼あたりが豪雪で大渋滞と報道。
近隣自治体が、宿泊施設の手配に追われているとか。
降り積もった雪の中、動きが取れないんじゃどうにもならぬ。
雨も風も時が来れば収まるが、降った雪が消えるなんてことはまぁない。
長時間、車の中で過ごすのは正に苦行。
除雪作業に従事する方々。
食料や燃料の調達に励む方々。
どうかよろしくお願いいたします。
Photo_20201217223701
ただ降るばかり




2020年12月16日 (水)

冬まっしぐら

いくら北国でも、数回は、雪が降ったり溶けたりを繰り返すもんだが。
今年は直情型。
一気に雪が降り、寒さが続き、雪が溶ける暇がない。
予報じゃ、来週の火曜日まで寒さが続くと。
のんびりし過ぎていた我が家も。
一応、バラなどには雪囲いを済ませた。
これから数ヶ月は、寒さとの戦い。
でも、意外に雪の下というか雪の中にすっぽり包まれている方があったかいんだよね。
むしろ、雪が降らない地域での「からっ風」の方が辛そう。
なんぞと偉そうに書いている母。
実は今朝から風邪気味。
鼻水垂れてるんだよね。
で、一日中、マスクをとっかえひっかえ。
先日、手先の器用な友人から届けられたさらし製のマスク。
肌のあたりは優しく、洗濯にも耐える。
ありがとう。
追加のリクエストにもしっかり応えてくれて。
風邪になっても、これ以上薬を増やすわけにも行かず。
じっと我慢の子。
濡らしたガーゼのハンカチを、レンジであっためて湯気を吸いこむ。
なんてことをしている。
後は、あったかいものを食べて、喉飴舐めて外に出ない。
人様に風邪をうつすわけには行かない。
でも降り積もる雪。
朝は家人が。
昼は、在宅ワークの空き時間に息子が。
こんなに贅沢な(?)冬。
有難いと思わなきゃ。
Photo_20201216222501
ま、こんなもん


2020年12月15日 (火)

「冬の旅」気分

朝起きたらかなりな積雪。
家人が、一生懸命雪かきしてくれた。
「手伝おうか?」
家人、首を横に振る。
足手まといってことよね。
今日、母は通院日。
家人が、会社に行く途中で降ろしてくれるって。
病院の予約は10時半。
ところがこの雪で。
どこもかしこも大渋滞。
家人が、いつもは通らない道を選んで、まぁ何とか。
8時過ぎには病院到着。
診察は9時開始。
本を読んでボーっとしていたら母の名前が呼ばれて。
この雪で病院はスカスカ。
なるほど。
で、痛みがなくなったこと。
薬で胃痛が起きていることなどを話す。
いつものドクター。
今日、手術の話はゼロ。
内心、ニヤつく母。
「お薬は、4週間分出します。胃薬も入れますね」
え?
「次は、1月12日でいいですね?コルセットも大丈夫ですね?では」
私って、もう回復したんじゃなかったんですか?
帰り道。
雪が降る中、とぼとぼと。
昔のドラマで「冬の旅」ってあったよな。
あおい輝彦が主演したやつ。
シューベルトの「冬の旅」が使われていたっけ。
なんて、こんな時になぜ思い出す?
Photo_20201215214401
見ている分には


 

2020年12月14日 (月)

一気に冬!

寒い。
静か。
雪が結構積もっている。
今年は、11月にほとんど雪が降らなかった。
なので、今の雪が根雪になるんだろうな。
冬日だし。
ストーブ強めに設定していても、まだ室温20℃以下。
家人は、エアコンも使えというが、贅沢はいけません。
今から楽ちんすると、これからが恐ろしい。
明日、母は通院日。
天気予報じゃ一日中雪だるまマーク。
億劫だけど、サボるわけにも。
でも、腰の痛みはなくなったし。
この分なら優しい(?)言葉が聞けるかも。
相手が彼ならロマンティックだが、主治医じゃね。
明日は、真冬仕様のいでたちで出かけなきゃ。
ついでに、インフルエンザの予防接種もお願いしたいところだが。
去年、痛い目に会ってからというもの。
今年は遠慮しようかな。
家人が言うに。
今年、インフルエンザはすこぶるおとなしいそうで。
そう言えば、インフルエンザの話、聞かないもんね。
手洗いの徹底と3密回避のおかげらしい。
なら、いいか。
そんなに体力ある方でもないしな。
でも、一応、明日ドクターに伺いは立ててみようかな。
Photo_20201214221701
雪だ!冬だ!

2020年12月13日 (日)

いくら何でもお断り

昼過ぎにチャイムが鳴った。
宅配便かなとドアを開けたらにこやかなおっちゃん。
何でしょう?
おっちゃん
「朝日新聞ですが、購読始めませんか?」
「あ、ごめんね。うちは半世紀近く読売新聞なので」
おっちゃん
「じゃ、地元の新聞でも」
「新聞変わると読みづらくなるし、いりません」
おっちゃん、にこやかなまんま、帰って行った。
アサヒかよ。
こともあろうにあんなクズ新聞。
誰が読むもんか!
百均の割れ物の包装紙が関の山。
しかし、時代だよな。
新聞の勧誘と言えば、怖いお方が多かった。
何で、訪問販売業者が、あんなにデカい面していたのかねぇ。
昔、職場の同僚の1人が
「新聞の勧誘が来たらすぐ乗るね。必ず景品くれるんだから、それ貰って1ヶ月でおしまい」
まぁ、あんたぐらいの度胸があれば…。
と、心の声。
今じゃ、新聞て昔ほどの信用ない。
散々我が国を貶めてくれた売国新聞。
部数の激減ぶりが、ネットで話題になって久しい。
販売員の責任じゃないんだが。
どこぞのおバカな国民が。
何でもかんでも旭日旗だと大騒ぎして。
ついには「鬼滅の刃」のピアスだかイヤリングにまでいちゃもんつけたの最近の話だよな。
そのくせアサヒ新聞の社旗には一切触れず。
その辺があぁやっぱりね。
あのお国のお方なら。
そのうちお日様にまで口を出しそう。
ばちあたりめ!

 

2020年12月12日 (土)

スーパーのラインナップ

年と共に、色々なことが面倒になって来た。
特に今は、腰の調子もあり。
と、言っても一番の問題は、性格に難があるってことだが。
さて、正月も近い。
いつもは、それなりに家人とおせち料理を準備するが、今年は外注にしようかと。
近くのスーパーでチラシを見たが、今年は、普通のおせち料理はあまりない。
料理を3品ぐらいセットでいくらというのが多い。
この中身がまた何と言うか。
握り寿司と刺身とちょっとした添え物。
肉類と脂っこいオードブルとミニ・サラダ。
うーむ。
握り寿司と刺身って、ご飯の有無だけで同じもんじゃないの?
肉類とその類似品てのも…。
こんな胸焼けしそうなものに諭吉さんを使うの?
おせちと言ったって、定番のものを少量ずつ準備すればいいだけ。
後はその家の好みでいい。
なら、やっぱり手作りの方が良さそう。
めちゃくちゃ豪華なセットもあるけど、三が日そればかりじゃないから。
子供の頃はいざ知らず、今じゃ毎日がご馳走食べているようなもの。
しかし、お店だって、消費者のニーズに合わせてラインナップを考えているはず。
魚と肉、野菜の組み合わせで考えられないのかなぁ?
ま、母たちの年代がメインじゃないのは承知だよ。
Photo_20201212223901
一服

2020年12月11日 (金)

戸惑うばかりで

ココログ・リニューアルして2日目。
何だか勝手が違って、やりにくいような。
ま、じき慣れるとは思うが。
皆さんのお部屋訪問がしにくくなって、そこは何だかなぁ。
自分のプロフィールですら、設定がむずい。
ま、そういうことに構っちゃおれんのだろう。
今まで毎日読ませていただいた皆さんのブログ。
1つずつブック・マークしないとね。
ビンゴも、死神が出ないと思ってプレイしても、やはり上位のグッズ入手困難。
安心していたら、死神が…というゲームもいくつかあり。
楽しくないなと思う方が大きいか。
ま、今から大盤振る舞いされても、サイトの行く末があれじゃ。
期待せずに遊んでいる分にはいいんじゃないの。
しかし、大量のビンゴ券を使い切らなきゃ。
神経衰弱は無理。
お庭訪問も限界有。
はぁー。
Photo_20201211215201
夏の日の五重塔

2020年12月10日 (木)

こんなにマヌケって

ココログが、よりシンプルになるとは思っていたが。
リニューアル(?)画面のマヌケっぷりに唖然!
ま、この分ならメンテナンスも楽だろうし。
運営に大した金もかからなそう。
そのうち自然消滅しそうだなぁと思うだけ。
いや、待てよ。
ブログを書いている人は、それでも交流のしようはある。
それ以外の人は、なんの楽しみがあるんだろう?
これから改めて、探してみよう。
コロナ禍で、巣ごもり需要が増えたのにこの英断。
いや素晴らしいんじゃないの?
Photo_20201210222901
ああああー津軽海峡冬景色

2020年12月 9日 (水)

一難去って…

順調に、腰痛は回復していると思う。
足の痛みは全くなくなった。
つい先週まで、杖をついていたのが夢みたい。
コルセットの威力は凄い!
早めに手当てしてくれたドクターと、コルセットの製作会社に感謝。
痛み止めは、15日の通院日まで貰っている。
ここで安心して薬止めるのはまずいよね?
ところが、この薬のせいだと思うけど。
最近、胃の調子が悪い。
前回、ドクターが
「胃薬も処方しましょうか」
と、言ってたが。
その時は、お断りした。
薬の種類が4つになるのも怖いし、その時、胃の異変は、感じていなかったもので。
ところが、腰の痛みがなくなった頃からじわじわと。
胸やけがひどい。
昔、胃潰瘍を患ったことがあるが、その時以来。
15日までは忍の一字。
後6日か…。
長いなぁ。
Photo_20201209221301
母の癒し

2020年12月 8日 (火)

明日はメンテだって?

どうやらココログ、明日メンテの日らしい。
もうじき終了とかのはず。
なのに、この時期メンテとは…。
店じまいの準備ですかね。
ま、一般家庭も。
そろそろ年末の掃除をし始める時期。
「断捨離」に力が入る。
今日、当町会は燃えないごみの収集日。
いつにも増して量が多かった。
割と最近まで、近くのスーパーで集めていたペット・ボトルの蓋も。
アルミ缶の開け口も、今は燃えないごみにまとめて出すしか。
集められたもの全部が、リサイクルされているとは思えないが、それでもね。
段階を踏んで少しずつ、人の意識も洗練されていく。
年を重ねて、不要なものが増えてきた。
誰も永遠に生き続けるなんてできやしない。
長生きしたとしても、きちんと自分の身の周りを管理できる能力がないんじゃ…。
転ばぬ先の杖。
さ、整理整頓、頑張ろう!
Photo_20201208222601
ついこの前までの光景

2020年12月 7日 (月)

なんていい子

いつも当たり前過ぎて、つい忘れがちだけど。
我が国の技術力って、ほんと凄い。
昨日のはやぶさ2の帰還なんて、奇跡以外の何物でもない。
何年もの時間をかけて、遥か彼方の小惑星へ行くだけでも…。
着いた先で複数のミッションをこなし…。
お土産持参して帰国の途に。
地球の大気圏にお土産を投下して、再び別の小惑星を目指す。
お土産は、オーストラリアの砂漠で無事発見。
一連のミッションは、すべて精密にコントロールされていた。
もう、この技術陣にかける言葉が見つからない。
凄い!
凄過ぎる!
それにしても親孝行な子。
ちゃんと言いつけを守り、責任を果たした。
次のお使いを終えて帰還する頃、母は生きているかしらん。
でも行先がリュウグウで、お土産が玉手箱なんてネーミングも素敵。
神話の国らしいわ。
不思議だよね。
我が国が落ち込んでいる時に、なぜか凄いことが起こる。
1回目のはやぶさも、トラブル続きで難儀したものの無事帰還。
ちょっとやんちゃだったのね。
ラグビーで世界を驚かせたり。
女子サッカーでワールド・カップ優勝したり。
日本人であることの有難さ。
しみじみ感じる。
Photo_20201207221901
故郷の山に向かって

2020年12月 6日 (日)

反日企業にはそれなりの

今になって、反日ぶりを露骨にする目的って何?
だったら、母だって。
日本人の端くれ。
個人的に不買運動するね。
とっくにユニクロへ行かなくなったし。
トップがあんなに反日的じゃあな。
いらないよ。
今じゃ、他のメーカー、似たようなもの作ってるし。
別にユニクロ製品じゃなくたって困らん。
携帯電話会社Sは、最初から選択肢にない。
トップの名前からして某国人。
我が国で財を成している分際で、偉そうな口きいてるんじゃないよ。
そしたら今度はNIKEだと。
朝鮮総連とズブズブって、もうまともじゃない。
見るに堪えないCMかぁ。
日本もバカにされたもんだよな。
ということで、今度はNIKEのシューズ買うのやめるわ。
ミズノかアシックスで行くよ。
どっちも一流企業だし。
今、履いているのはアディダスとNIKEだが、履き潰したら終わり。
しかしNIKE・ジャパンなんて名前で商売するの恥ずかしくない?
コリアでやれってんだ!
さぞかし世界中で売れるだろうよ。
あ、ミニ・サイズの慰安婦像おまけで。
大ヒット間違いなし。
安定のコリア・クォリティ。
良かったね。
Photo_20201206204601
嫌なニュースには寒い写真を

2020年12月 5日 (土)

いよいよ冬支度

もう師走だ。
雪が積もるのも時間の問題。
その前にしなきゃいけないことはいろいろある。
赤蕪と大根、菊芋の下漬けは終えた。
本漬けまであと少し。
次は庭木だ。
と、言ったってそんなに数が多いわけでも大木でもない。
いや、むしろ小さいから囲いが必要。
雪の重みで潰されるからね。
こういうことに詳しい友人に聞くと。
理想は、すのこ状の板2枚で三角形にすること。
その上にむしろ掛け。
簡単にするには、3本の棒で三角形を作る。
更に簡単なのは、縄などで庭木をぐるぐる巻きにする。
そうか。
じゃ、簡単なもので。
ところが家人。
屋根から落ちる雪から守らなきゃと言い出し。
夕方、近くのホーム・センターへ。
大きなすのこ状の板買って来た。
明日はこれで冬の準備を終えるはず。
こういう手間を考えると、あまり広い庭だの立派な庭木はねぇ…。
雪に悩まされない地方の皆さんが、羨ましいわ。
Photo_20201205222701
これぐらいデカけりゃ

2020年12月 4日 (金)

ふーふー

今夜も寒いけど。
家人が何だか食べたくなったからと。
買って来たのが鍋焼きうどんのセット。
家人張り切って台所に立つ。
母の仕事は葱を刻むこと。
卵を準備すること。
待つことしばし。
熱い鍋が3つ食卓に並ぶ。
息子を呼んでいざ。
今年の冬初めての鍋焼きかぁ。
蓋を取って、部屋中に広がる湯気。
ふーふー。
あったかい食べ物って嬉しい。
今夜も無事に親子3人で食事ができる。
当たり前だと思っているが。
きっとこんな小さなことが幸せというもの。
つい忘れるけど。
Photo_20201204223401
赤い色が見たい



2020年12月 3日 (木)

どういうわけだか

何だか急に演歌が聞きたくなったんだよね。
それもドが付きそうなやつ。
普段、洋楽ひとすじ。
歌謡曲で好きなのは三橋美智也ぐらい。
何故にド演歌か?
どんよりした暗い空。
あれもダメこれもダメ生活が長過ぎる?
まぁ、何でもいいや。
で、久しぶり「昭和枯れすすき」をば。
あの自虐的な詩。
今の時代にマッチしてるんじゃないの?
歌うのは当然、さくらと一郎。
さくらさんは初代限定。
あの切ない声と歌い方がいいんだからさ。
いやぁいい時代だ。
好きなだけ聞いていられる。
歌の世界が目に見える。
今の若い連中のじゃ、何が何だか意味不明。
ド派手な衣装で、訳の分らない歌モドキを喚いている芸なしどもに用はない。
ついでにあがた森魚の「赤色エレジー」なんかも聞いちゃった。
時代が暗いからかねぇ。
で、当然シメは「りんご村から」
さ、明日は何聞こう?
Photo_20201203221801
やっぱり春色が

 

2020年12月 2日 (水)

どこでもマスクは…

このご時世で、どこへ行くのもマスク着用。
以前、友人が手製の布マスク数枚と、マスク入れを作ってくれたが。
使うものが多いほど、手間もかかるわけで。
自然と使い捨てマスクの方へ手が伸びる。
で、国産品を探すのだが。
数としてはシナ製が圧倒的。
価格も安い。
知人たちは、先頃のマスク不足が身に染みていて。
また、ああなりゃしないかと買い漁っている。
でもね…。
在庫抱えて喜んでもいられまい。
いったいどのぐらいあれば安心できるのか。
誰も答えが分からない。
母なんぞ。
近くのスーパーへ買い物に行く時、あちゃーと思うのがしょっちゅう。
大きくマスク着用しろという案内板もあるしな。
エコ・バッグに数枚は入れてはあるが、まぁ、なければいつでも買える。
これからの時期は、マフラーやタートル・ネックで代用もできそうだけど。
知人と会ったりするのが怖いだけ。
つい、お喋りに花が咲く。
それが危ないと分かっていても。
夕方、総菜を持って来てくれたお隣さんと。
マスクなしであーだこーだ。
途中で、どちらからともなく。
「私らもマスクしなきゃいけないんだろうね」
お隣同士で、マスクでお喋りかぁ。
じゃ、一日中、うちの中でもしてないと忘れてしまうよ。
年で物忘れが激しいからは言い訳にならないかと二人でガハハ。
危ない危ない。
Photo_20201202223001
春色を思い出す

 

2020年12月 1日 (火)

あら、不思議

昨夜、寝ている時に突然、左足首に激しい痛みを感じたんだ。
慌てて、足をさすったりしたものの、しばらく痛みは引かず。
いったい何で?
このところずーっと、左側に寝返りを打てない状態が続いている。
うっかりして体、捻った?
足元に湯たんぽ置いているが、それにぶつかった?
うーむ。
布団の中であれこれ考える。
せっかく快方に向かっている腰痛。
また悪化した?
起きて湿布しようか?
でもなぁ…。
そのうち寝ちまったらしい。
朝、起きて?
足首、全然痛くない!
母の頭、いつにも増して混乱しまくり。
家人にこれこれと話したら。
超現実主義者のやつ。
「こむら返りじゃない?」
お言葉ですが。
「こむら返りって、あの、引きつるやつだろ?母は、足首そのものが痛んだんです」
家人は、論争が苦手。
口じゃ勝てないと思っているからね。
しかし、不思議。
あの激痛は夢?
あれから今に至るまで、全然痛みがないんだが。
こんな経験、初めて。
Photo_20201201220401
寒い景色は見たくない!

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

最近のトラックバック

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28