無料ブログはココログ

キムリン・ホリスティック・ワールド

  • 金 香百合
    いつも心に太陽を 悲しい時、辛い時、誰かに慰めてほしい時、キムリンはいつもそばにいてくれる。もしかしたら、みんなの守護聖人かも?

cocoa青森

  • COCOA青森
    COCOA青森の会員限定サイトです。あたたかい心と少しの時間を、メンバーと共有して下さる方を募集中です。

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

2020年10月31日 (土)

ほぼ臨月の妊婦

毎日、きついコルセット着けてると。
それでなくとも鈍い母の体の動きが。
益々鈍くなる。
家人は、「ロボコップみたい」と言い。
母は、臨月の妊婦のようだと思う。
洗濯物を干すことや取り込むこと。
棚の上のものを取り出す、しまう。
伸び上がることと屈み込むのが特にやばい。
これに「急ぐ」という要素が入るともうお手上げ。
急な電話や玄関のチャイムに、迅速に対応は無理。
相手が、商品セールスや知らない人はいいけれど。
知人となると…。
まぁ、いつもより大幅に時間がかかったことをお詫びして、分かってもらうしか。
宅配便の配達の人にも迷惑をかけている。
仕事で急ぎたいだろうに、ごめんね。
寒い中、雨の中、母のトロい動き見て頭に来てるだろうな。
などと、多分薬でボーっとした頭で考える。
あとどのぐらい?
この年で、そんなにすぐ症状が良くなるわけないだろ!
とは、愛し(?)の息子の弁。
Photo_20201031205001
よそのお庭で

2020年10月30日 (金)

ついに下界にも雪

先日は、岩木山に初雪のニュース。
あれから肌寒い日が続いていて。
晩秋から初冬へ季節は巡るんだなぁなんて。
今日は寒かった。
小さいストーブだけじゃ昼間でも頼りない。
家人、明日の昼までには大きいストーブを設置してくれるって。
頼むわ。
母は助けにならないから、ぜひ息子の力を借りて。
夕方、ニュースを見て納得。
毎年、積雪量で話題になる酸ヶ湯。
今日6㎝の雪だって。
宿泊客驚いたろうね。
降ったり消えたりを繰り返して、本格的な冬になる。
今年は、去年みたいな小雪ってことはないと思われる。
雪かきのためにも、ギッチギチのコルセットは必要。
あ、少しは慣れてきたよ。
辛いけど、着けてりゃあったかいし。
いいことの一つや二つはないとね。
Photo_20201030222001
色のある幸せ

2020年10月29日 (木)

辛い(?)毎日

いつまでも痛む左足も辛いが、ギッチギチの拷問辛い!
まだ体の線と言うほどのものはないが。
馴染まないので、少しの動きでも肌が擦れる。
痛いよ!
木綿の肌着の上でこれって…。
家人に愚痴ると
「あんたのお腹の肉が、行き場所見つけられないだけ」
そんなに直球で来ないでよ。
心まで痛くなるじゃないのさ。
それでも母思いの家人。
母に代わって、買い物、食事作りはしっかりと。
息子は…。
これはもう存在を消しているとしか。
だいたい、在宅なのか、出勤なのか、弁当要るのか、要らないのか、毎日ぐるぐる。
目まぐるしくてつきあい切れませぬ。
ま、こやつの雑用で、気を紛らわしている面もありだしな。
と、元気ならたいして気にならないことのはず。
やっぱり散歩に出ようかな?
外の空気に触れて、空を見上げれば、気分も変わるよ、きっと。
明日、お天気だといいなぁ。
Photo_20201029222101
頑張るバラ


2020年10月28日 (水)

ギッチギッチで

朝からコルセット装着で手間取る母。
見かねた家人が手伝ってくれる。
流石オーダー・メード。
サイズはピッタンコ、着け心地はギッチギチ。
そうだね、幅広の豪華な帯を着けている感覚に近いか。
が、帯は時間と共にそこそこの緩みが出るが、こっちはなし。
これじゃ、ウエストも細くなろうってもん。
動きがどうにも鈍いのは、腹ボテの時を思い出す。
横になってウトウトするのに差し支えはないが。
来客や電話などがあっても、おいそれと態勢を整えられない。
まぁ、そのうち慣れるとは思うけど。
とにかく、朝着けたら、夕方家人が帰宅するまでは我慢するしかない。
着けたままで温泉へは行けないものね。
外した時の解放感、半端ない!
あぁ、幸せ。
明日の朝までの短い時間。
神様、仏様、ご先祖様。
ありがとうございます。
どうか快方に向かいますように。
Photo_20201028220901
散歩道で会いました。


2020年10月27日 (火)

コルセット生活始め

いよいよ今日は、病院でコルセットを受け取る日。
技師のイケメンに手伝ってもらって装着。
その後、担当ドクターの診察。
着け心地?
しっかりぎっちりで背筋が伸びる感じ。
ま、着ける目的はそこなんだろう。
鏡で見ると、結構重装備。
薄着はダメだな。
コルセットのデコボコが目立っちゃう。
トレーナーならいけそう。
これを朝から晩まで着けるとな。
イケメンが言うに、だんだんウエストが締まって来るんだそう。
「サイズが合わなくなったり、生地がへたったりしたらすぐ連絡下さいね」
うーむ。
病院から帰る時、まっすぐな上半身を意識し過ぎて、車の屋根に頭をガツン。
ぎっちりコルセット着用の上での動作、慣れるのにちょっと時間がかかりそう。
帰宅後、息子、家人、コルセットに興味津々。
どうよ?
色々やらかす母のおかげで。
あんたたちも人生の楽しみ増えるだろ?
Photo_20201027221801
日本の秋だよ


2020年10月26日 (月)

出るわ出るわ

凄いよー!
当市の「中国武漢肺炎」感染者数。
クラスターが発生した、夜の街の某高級クラブ関連ね。
県会議員、市会議員、村会議員etc
さすがにやることが違うね。
「貧困調査」でもなさってるんでしょうか。
高い金払って、病気まで貰って、政治家ってのはこんなもんか。
と、弘前市民は、呆れかえっているが。
同じくクラスター発生の某病院も、医療スタッフの他に入院患者が感染。
同じ病気でも、こちらはほんとにお気の毒だ。
対比が凄過ぎてなんとも。
危険が、一般庶民にも迫りつつあるんだろうな。
と、思っても。
手洗いの励行、マスクの着用、社会的距離を取ること、大勢集まる場所に行かないこと、会食を避けること、あと何だ?
毎日、あれダメこれダメじゃ、やる気が起こらなくなるよ。
全く頭に来る。
中国め!
世界中にばい菌ばら撒きやがって!
コロナ禍が落ち着いたら、ただじゃおかない。
トランプ大統領、頑張れ!
中国でヤバいことばかりやっているバイデン親子なんぞ蹴っ飛ばせ!
Photo_20201026222901
清楚なダリア


 

2020年10月25日 (日)

心配した方がいい?

昨日から息子の体調が良くない。
昨夜は37度6分。
早めに風邪薬飲んで布団に入った。
まぁ、夜、熱が多少高いのはそんなに心配しなくても。
今朝は、37度2分だったか。
うーむ。
あのさ、まさかあのウィルスにやられたってこと…ないよね?
お昼は36度5分。
夕方、36度2分。
食欲はある。
「味覚障害、ある?」
「ない!」
まぁ、普通に風邪だとは思うんだ。
ほんと、この時期。
体調崩したらもう大変。
駆け込む病院ですら、今一度考えないと。
世の中全体がピリピリ。
母だって、ヘルニアで通院するのもおっかなびっくり。
これに風邪なんぞひこうものなら、どうなるの?
あんたも心配だけどさ。
母も父も、自分の身が大事。
そこ、一番大事。
Photo_20201025221001
夢の中の光景




2020年10月24日 (土)

冷たい雨と

当市の「中国武漢肺炎」感染者数。
落着かないな。
とうとう100名近くになっちまった。
クラスターとやらが発生したということだが。
そも、このウィルスがどこから来たんだよと言う話だ。
いきなり降って湧いたなんてことがあるはずもない。
会う人会う人、皆同じ不安を口にする。
この数だと、当然、母が住んでいる地域にだって、危険は差し迫っているだろうね。
もう3次感染だ、なんだと言われているから。
外に出るのも億劫になる。
今日は寒い一日だった。
夕方からは冷たい雨。
でも却って、店は空いているか。
今じゃ、温泉ですら、マスクつけて来る人が多いぐらい。
欧米じゃ、マスクの効用は疑問視されているみたいだが。
昨日のニュースじゃ、かなりの効果は確認されているって。
マスク着用者同士なら、さらに効果はアップ。
どこぞの国じゃ、1日に22万人だかが感染したそうだが。
我が国は桁違いに低い数で推移。
その理由?
一番考えられるのは、身体的な接触がほとんどないってことじゃないの?
やたらくっつきたがるお国の人から見たら、ちょっと冷たい(?)人間関係。
このウィルス禍。
もしかしたら、「冷たい」というのがポイント?
Photo_20201024222601
柿の木のある家

2020年10月23日 (金)

たまにはカセット

思い立って、ラジカセでカセット再生してみようか。
今日は一日、どんより曇り空。
時々雨もぱらついて。
杖なしでそうそう遠くまで歩くのも…。
ざっと100本を越えるカセット・テープ。
えい、ままよとその中の1本を。
あーら、懐かしい!
「96粒の涙」なんて…。
ほとんどの人は、知らないよなぁ。
「グルーヴィン」当時は、ヤング・ラスカルズと言うバンドだった。
「ユア・オンリー・ロンリー」J.D.サウザーの高音に胸キュン。
C.C.R「雨を見たかい」昔、よく聞いたわ。
いい気分で聞いていたら、そのうち「アンチェインド・メロディ」
うー!
と、すっかりその気になっていたらブチっ。
そうなんだよな。
カセット・テープって時間内にまとめるの難しいんだよ。
CDは、そんなことがないんで忘れていた。
昔は、オート・リバース機能のある機種も多かったが。
今じゃ、ラジカセそのものが希少品。
そんな贅沢言っちゃおれん。
まぁ、その手間がかかるとこがいいんだが。
さ、明日は、どれ聞こう?
Photo_20201023220401
寂しい景色


2020年10月22日 (木)

アメフトでもやるような

今日は、コルセットの仮縫い、正確には「仮合わせ」と言うらしいが、そのための通院日。
あらかたできている型をお腹に当て、紐で縛る。
うーむ。
なかなか立派な骨格と言うか。
頑丈でデカい。
アメフトの防具よりは控えめだが。
これを微調整するのが技師の腕前。
完成したら起きている間中、装着しているわけだよね。
母みたいにごろんと寝転がると痛いのかしらん?
細かい動きは無理だろうから、動作は大きめになるだろうし。
コルセットの上に服を着るのだから、ますます母のボディは、ごっつくなる…。
まぁ、今更この年で婚活するわけじゃなし。
これから厚着の季節になるし。
肩こりしないかな。
肌荒れしないかな。
何とか雪が降り出す前には、体になじませたい。
生きている限り、背中や足腰に負担をかけずにはいられないもの。
どうか、コルセットと痛み止めで、この病気いや怪我か。
回復しますように。
手術せずに済みますように。
Photo_20201022224201
病院の帰り道


2020年10月21日 (水)

さぁ、明日は

明日は、コルセットの仮縫い(?)だ。
その前に診察。
と、先日のM.R.I検査を受けた病院も、明日行く病院も。
「紹介状」がないと受診できない。
再診も、「予約表」がないと。
そういうシステムになるというのは聞いてはいたが。
大きい病院とそうじゃない病院との棲み分けは、きっちり進んでいた。
その方が効率的だもんね。
予約は9時半。
その後の仮縫いに時間はかかるのかな?
若い担当者が
「仮縫いは紐で調節しますが、完成品はマジック・テープです」
と、言っていた。
紐のコルセットと言えば、スカーレット・オハラの細いウェストだが。
腰痛対応のコルセットじゃ、色気もへったくれもない。
ハードな腹巻と言ったところか。
明日は、天気も良くなさそうだし。
足の痛みもなくならないし。
杖ついて行くしかなさそう。
広い病院内を歩き回ると、足の痛み辛いんだわ。
何はともあれ、回復への第1歩と思わなきゃ。
Photo_20201021220401
今年は、この景色見られない


2020年10月20日 (火)

やっと一息つきました

昨夜は、なかなか寝付かれず。
朝方いきなりの目覚まし音。
しばしボーっとしていたが、今日は怖い日になるかもと思い直し。
そうとなれば、さっさと身支度しないと。
朝8時には病院に着いて、新患受付でしばし。
紹介されたドクターの診察時間は9時半。
まずはレントゲン写真を何枚か。
これ、辛かったわ。
体反らせたり、かがませたり、少しだけでも捻られたり。
その後ドクターと面談。
ヘルニア治療は、まず、コルセット装着すること。
次に痛み止めを数種類服用し、経過を見る。
その結果次第で手術を考えること。
手始めに別室で、コルセットの製作準備。
若いお兄ちゃんが担当。
母の背骨、ヤバいところが複数あるそうで、普通よりも丈が長めだそう。
明後日が、診察後、コルセットの仮縫い。
1週間後に出来上がるそうな。
お昼前に帰宅したら、一応心配している息子。
「入院じゃなくて良かった」
夕方、帰宅した家人。
「入院かと覚悟していた」
言いたくないけどさ。
あんたたち、母の体よりも別な心配してませんかね?
Photo_20201020222501
深まる秋


2020年10月19日 (月)

どこまで行くの?

なかなか「中国武漢肺炎」感染者が出なかった当地。
一旦出たら、もう止まらない。
今日現在で、県内の感染者数122名。
うち弘前保健所管内だけで約70名って…。
母、明日は整形外科受診、明後日は、市のがん検診の予定だったが。
午後、市からの連絡でがん検診は休止となった。
夕方、家人と行きつけの温泉へ行ったら、明日から当分の間、休業と。
開催予定だった「菊と紅葉まつり」も中止。
せっかく市民が、前向きに進もうという矢先に。
出鼻をくじかれた格好。
最初に感染が確認された病院は、その後落着いた。
お次は、「夜の街」の某クラブとスナックのクラスター。
何でも噂じゃ、そのクラブ。
席に着くだけで福沢さんが飛ぶそうで。
貧乏人の母、内心ざまぁ。
だが、そこでバイトしていた人たちは気の毒だ。
そこの客の1人だった、西海岸のとある町の公務員。
田舎のことで、自宅に石を投げつけられたりしているそうだ。
こうなりゃ1種のリンチだよな。
ともあれ、感染拡大が進む中、こういうことはきっと続く。
それが現実。
Photo_20201019221001
寒さ、大丈夫?


2020年10月18日 (日)

痛い生活

何せ足腰が痛い。
座っている限りは楽だが、立ったり歩いたりというのがどうも。
これに加えて根が小心者の母。
明後日の病院で、何を言われるかと思うともう…。
気もそぞろで落ち着けない。
料理は家人がしてくれて。
雑用は息子がしてくれる。
が、家の中の細々したことは。
自分のやり方というものがあるわけで。
事情が事情なだけに、口を挟めない。
母が、逆の立場なら間違いなく気を悪くする。
せっかく労わって貰っているのに…。
もうしばらくの辛抱か。
ご近所さんは、気を使って、お惣菜や野菜を届けてくれる。
そのたびに
「無理しないで。困った時は頼りにしてね」って。
母、優しい言葉に弱いのよね。
いつか元気な体になったら、きっとご恩返しするからね。
でも、その前に明後日の心配が。
あぁ、頭が痛い。
後2日か。
長いなぁ。
Photo_20201018222501
秋色でしょ?


2020年10月17日 (土)

備えあれば

どうなるかは分からないけど、最悪の心の準備はしておかなきゃなー。
というので、家人と母。
我が家の保険の中身は、どうなっているのか調べてみた。
まぁ、その結果。
入院したとして1日目から補償開始。
手術、先進医療の補償もO・K。
やれやれ。
これでひと安心。
何の保証もなきゃ心配だもんね。
で、家人と色々話したが。
保険というのは安心料。
ほとんどの場合、使われないのではないか。
ま、何人かに一人は、そうとは言えないのだろうが。
我が家3人。
ひたすら保険料を払い込むだけで、このン十年、一度も適用を受けたことがない。
そう言えば、火災保険もそうだよな。
今じゃ、その手の保険。
地震も水害も台風被害もカバーする勢い。
ま、このところ毎年、災害続きだからってことだろう。
何かあった時のため。
備えあれば憂いなし。
保険の意味はそこにある。
Photo_20201017221901
散歩道で 鶏頭


2020年10月16日 (金)

運動しちゃいけないんだって

母が、椎間板ヘルニアと診断されてから。
家人がやたらスマホで情報収集。
その前は、やれ運動不足だの、家でグータラしてるんじゃないなどと言いたい放題だったものが。
今じゃ、「歩くな!動くな!」と、言うことが真逆に。
何でそう極端に走るかな?
家人の最新情報によると、安静と適度なストレッチで、自然に落ち着くのを待つのがベストだそうな。
と、そこまで言ったら息子から反論。
「来週、専門医に見て貰うんだから、そのドクターの意見がベスト」
そりゃそうね。
ところが今回、いつもは引き下がる家人、やたら頑張る。
「あんまり簡単に手術とかしないみたいだよ。てかしない方がいいみたい」
だからさ、とうちゃん。
専門医の意見が第一って何度言えば。
手術しないで済めばそれでいいし。
しなきゃダメならするしかないし。
でもなぁ。
少しは母。
散歩したいんだよね。
でも杖ついて歩いていると、ご近所さんが気を使うだろうしなぁ。
日が暮れてからは危ないし。
なら早朝となると今はもう寒い!
いろんな意味で大変な時間を過ごしているこの頃。
あと数日の辛抱。
Photo_20201016224201
朝顔も寒かろう


2020年10月15日 (木)

1人出たら後はもう…

当市から「中国武漢肺炎」感染者が2名出たのは、つい数日前のこと。
田舎だから噂話が広まるのは、あっという間。
今までは、某病院の医師2名と、その人たちが勤務する病院関係者の話だけだった。
が、お次は当市の「夜の街」直撃。
某クラブと同経営者の某スナック従業員の感染。
最初の医師たちも、そこに行っていたという情報もあり。
その店に関しては、あることないこと、話が広がりまくってもう大変。
ただねぇ。
このところずっと、自粛生活が続いて客足が遠のいていた「夜の街」
せっかくGoTo eatで盛り返そうという機運を削いじまったわ。
感染者は気の毒だが、この恨み、怖いよ。
岩木山に初冠雪があって、これから冬へまっしぐら。
市の経済も右ならえするもんね。
口コミぐらい恐ろしいものはない。
恐らくだけど。
最初の病院だって、患者激減間違いなし。
あの病院。
「武富士」放火事件の現場のすぐ近く。
あの時の死傷者を受け入れた病院なんだ。
なにか因縁あるのかね?
Photo_20201015221901
秋の実


2020年10月14日 (水)

まだ先が

今日、MRI検査の結果を聞いたんだけど。
椎間板ヘルニアが見つかって、来週中に別な病院へ行くことになった。
そこの病院には、脊椎の専門家がおられるそうで。
その先生の診察の都合によって、母のスケジュールも決まる。
何だか、医療機関を転々としていてヤバくない?
昔はジプシーのようだと言ったものだが、それって差別用語?
じゃ、難民か。
言葉変っただけで意味するところはおんなじですがね。
今日まで通院していた整形外科のドクターに。
「足腰の痛みは減らないけど、一日中頭がボーっとしている」と、言ったら。
母に処方している薬を、これ以上強いものにするのは危険。
足元がおぼつかなくなったり、卒倒したりで怪我の可能性が高い。
従って、今まで通りの薬で、後は次の病院の判断でということに。
来週か。
母、乳がん子宮がん検診もあるんだよな。
全く忙しい。
でも、雪が降る前に、片づけられるものは片づけなきゃ。
家人と息子は、厳戒態勢。
洗濯嫌いな家人。
「洗濯機の使い方、教えて」
息子
「ワイシャツは、クリーニング店へ持ってく」
そうそう。
日頃、何でも母がやってたこと、あんたたちは当たり前だとバカにしてたろ?
少しは苦労しなさい。
体のいいロボットかなんかと思い込んでいるだろうけど、残念。
母って、壊れもんなんだよ。
メンテナンス大事なの。
「いつも昼寝ばっかり」と、言うけどね。
あれはエネルギー・チャージしてるの。
そこんとこ、分かってる?
Photo_20201014222401
林檎収穫時

2020年10月13日 (火)

ボーっとしたまま

ずーっと、と言っても。
腰痛の薬を飲み始めて3週間だが。
薬が効かないと思い込んでいた。
最初、弱いのから少しずつ強い薬になったのだが。
腰痛が軽くなったとは思わないが。
一日中、ボーっとしている感じがあるんだな。
そう、例えて言えば朝、起きぬけの感じ。
すっきり頭が冴えるまでのちょっとの時間。
これは、薬が効いているという事ではないのか。
そりゃ、日頃からヌケているのは確かだが。
一日中というのはちょっと。
今日、一日遅れで。
給湯器取り付けの工事があった。
何やら兄ちゃんが、台所でガチャガチャやっていた。
その間、母はテレビを見ていたのだが。
半分、夢。
半分、現実。
という不思議な時間。
兄ちゃんの作業終了で、サインを求められた時、ようやく正気になったような。
そう言えば、昼前に、どこぞの保険のアンケート調査もあったようだ。
粗品らしきものがあったから、間違いない。
この状態がしばらく続くのかしらん?
いつか失敗しなきゃいいが。
Photo_20201013215201
秋美人

2020年10月12日 (月)

イライラが止まらない

いつもなら。
正気の時と言うべきか。
だったらちっとも気にならないものが。
まぁ、これでもかというほど気に障る。
腰の痛みは当然として。
洗濯物の出し入れやら、訳の分らん訪問販売やら。
最近の母には、ちょっかい出さない方がいいよ。
一番の原因は、この前の検査結果が心配なこと。
もし、入院加療なんてことになったら…。
もし手術なんてことになったら…。
あぁ、怖い!
だからさ。
早く痛み止まってよ。
朝起きたらすっきりなんてならないかな?
元々、脊柱管狭窄症はあっても。
ほとんど痛みでどうにもならんなんてこと、なかったんだから。
期待してもいい?
期待しなきゃやり切れないよ。
神様、お願い。
Photo_20201012212701
ひとまず落ち着け

2020年10月11日 (日)

胡散臭い話

今話題の「学術会議」
左巻きとマスゴミ、任命されなかった連中が、ギャーギャー喚いたおかげで。
逆に胡散臭さがバレちまった。
「学術」何とかと、いかにも高尚そうな、偉そうなネーミングに、胡坐かいていたんだね。
で、やってることは、何にも我が国の役に立っていないって、どんだけー?
この6名を任命しなかった菅首相グッジョブ!
やっぱりこの人は凄いわ。
官房長官なんて重職、長年勤めていただけのことはある。
国のトップともなれば、それこそ俯瞰的にものを考えなければならない。
国益に見合ったものに、見合った分だけ税の配分をというのは、至極もっとも。
それなのに、ろくな実績もない連中がエラそうに。
学者如きが、専門外のことにくちばし挟むんじゃないよ。
ま、こんな連中が、騒ぐほど、一般庶民も目が覚めるわけで。
「藪蛇」だよ、まったく。
はっきり「金よこせ」と言えば可愛いものを。
自分たちの「利権」死守が見え見えだつーの。
こんなクズどもの集団に、毎年10億円もの税金が投じられているなんて冗談じゃない。
ま、河野行革相が、見直しすると言明。
いい流れだなぁ。
この件に関して、ココログ内のブログで。
やれ、菅首相が実家の農業を嫌ってどうたらとか。
「人の痛みが分からない」とか。
一生懸命、人格を貶めているコメントを読んだが。
菅首相の生い立ちだの経歴と、このとんでもない組織の任命拒否が、いったいどう繋がるのか。
母には理解不能だった。
菅首相、頑張れ!
母は、あなたを応援する。
Photo_20201011214601
秋を感じるもの


2020年10月10日 (土)

歩きたいのに

思いっきり歩き回りたい。
紅葉も始まって来たし。
あそこへも行きたいな。
何より、毎日の買い物にも行けやしない。
家人
「いいからおとなしくしていなさい」
何せ家事はお手のもの。
苦手なのはなぜか、洗濯。
それが一番簡単だと思うんだけどね。
掃除をさせると、まず数時間はかかる。
丁寧過ぎるんだよな。
料理は好きで良く作る。
味もいけるよ。
但し、料理の後の台所は…。
ま、今は母、沈黙の行。
せっせと頑張ってくれているのに文句は言えない。
早いとこ、腰痛を何とかせにゃ。
とは言っても、こればかりは。
Photo_20201010215501
去年の今頃は…八戸市


2020年10月 9日 (金)

まるで…

さぁ、泣いても笑ってもどうにもならない検査日がやって来た。
予約は11時半。
その30分前には新患手続きを済ませ、検査室前の椅子で待てとのこと。
昨夜、心配でよく眠れなかった。
おまけに今日は絶飲食。
空腹と心配で、それでなくとも短気な母。
やり切れない思いをどうすればいいの?
ともかく病院に入ったのは10時半。
若い可愛いお姉ちゃんたちが、親切に教えてくれて、手続きはスムーズ。
検査室の前に座っていたら、じき、担当のカワイコちゃんがやって来た。
ロッカー・ルームで、検査着に着替え、いざ。
そこは薄暗い大きい部屋。
手前のベッドに横になり、説明を受け、ヘッドフォン装着。
だんだんシールドが下りて来て、映画「エイリアン」の世界?
暗くなってからは、次々、ありとあらゆる雑音(?)の襲撃。
たしか木槌でドンドンとしか聞いてないが。
こんなにバリエーションがあるとは…。
そのうち眠りかけてしまったような。
お姉ちゃんに起こされ、白衣のおじさんに立ち上がる際の注意をされ。
そうだよな。
検査中に怪我でもされたら困るもんね。
会計も終わってうちに着いたら11時半。
一応、心配していた我が息子。
「お、早かったじゃないか」

「お腹空いた。早めにお昼にしよ」
息子
「子供かよ」
その後、疲れ切った母、ぐっすり昼寝。
起きた後も夢みたい。
もしかして母、宇宙空間へ行って来た?
Photo_20201009210901
正気にならなきゃ

2020年10月 8日 (木)

あれこれと

給湯器が故障した。
母がここに越して来た時、既にあったから、まぁ10年以上のお勤めらしい。
母、ガスが全般に怖いんだよね。
あの着火音が嫌。
故障したとなれば、新しく買い替えるまで。
業者に連絡したら、来週月曜日には取り付け可能だって。
ありがたい。
今、この時期で良かった。
寒くなる前だから、水仕事もそんなに苦じゃないし。
いつの間に、こんなに贅沢になったのか。
トイレだって、いつも温かい便座。
お湯での洗浄。
冬期間は、暖房機もセット。
寒い思いなんてほとんどしなくて済む。
お陰で家人の痔も落ちついた。
なーんて、あれこれ思いを巡らすのも…。
明日の検査が怖いから。
ほんと臆病だよね。
ん、分かってる。
Photo_20201008212901
菩提寺


2020年10月 7日 (水)

先延ばし?

今日、検査を受けるものとばかり思い込んでいたが。
MRI検査の設備はないそうで。
近くの大きな病院での検査予約してきた。
それが明後日。
病院からのパンフレットを見て、いくらか不安な母。
閉所恐怖症とまでは行かないが…。
狭いところで、結構な時間、木槌でぐりぐりするような音が…。
うーん。
怖いなー。
でも、その検査で、腰痛の原因が分かるんだしな。
今日はとりあえず、痛み止めの一番強い錠剤を貰って来た。
ドクターは
「5人に1人ぐらい、立ち眩みやめまい、吐き気に襲われることがあります」って。
夕食後、1錠飲んだが。
今のところ、異常なし。
検査結果が出るまで、痛みが治まってくれたらそれでいい。
しかし検査前の注意書読むと。
まぁ、母には関係ないが。
指輪、入れ歯、アクセサリー類はもちろんダメ。
化粧品もラメ入りはダメとか。
いろいろ細かい。
ワイヤー入りの下着もダメって、ま、当然か。
準備大変そうだな。
母、起きて顔洗ったままで大丈夫。
いかに普段、ずぼら生活しているかってことだね。
Photo_20201007221301
祈らずにはいられない


2020年10月 6日 (火)

ついに…

腰痛で、世の中に出て行かなくなって数日。
買物は家人。
雑用は息子。
料理も家人。
洗い物は母。
と、役割分担が決まっている。
さて、今日は。
郵便局とホーム・センターに行く用事が。
在宅ワークの休み時間。
息子が母を乗せていざ。
ホーム・センターで、買うものは決まっている。
が、ここで。
息子が何やら探しに行った。
そして奴の手にあるものは…。
「杖」
うーむ。
ついにこの時が来た。
手に持ってみると、あらいい感じ。
足が楽だ。
この際、買うとするか。
価格は1000円程度。
これでしばらく様子を見て、必要ならグレード・アップしたものを。
母の理想は、「仕込み杖」なんちゃって。
そんなの母に持たせたらヤバ過ぎる!
なに、運動神経ゼロだから心配ないって。
と、家人。
「んにゃ、包丁だって切れ味鈍い奴の方が怪我をする。世間の皆さんが、危ないよ」
妄想しただけなのに…。
Photo_20201006231701
おやつで気晴らし

2020年10月 5日 (月)

最近、いい子

アルコール類を避けて3日目。
薬は効いているのかな?
病院から貰った注意書見たけど。
立ち眩み、皮膚の炎症、眠気とかはないな。
でも書かれていないお腹に?
トイレに行く回数が増えた。
もしかしたら、利尿作用あるのかも。
ま、明後日には病院だ。
痛みがなくなっていなければMRI検査だって。
どうなることか?
ま、どうなっても仕方ない。
息子は病院を替えろというが。
替えたって、見立てにそう違いないと思うんだ。
検査の結果、大きな病気が見つかるなんて…。
あぁ、そんな劇的なことが起こるはずはない。
まだ、片づけていないものが多過ぎる。
もうちょっといい子にしてなきゃ。
Photo_20201005220301
寄せ植えですね


2020年10月 4日 (日)

雨の日曜日

朝からしょぼしょぼと雨が降り続く。
肌寒いなぁ。
洗濯物も乾かないので、ストーブ焚いて。
薄暗い空に規則正しい雨の音。
あったかいストーブとなると…。
つい、うとうと眠り込む母であった。
腰痛のお陰(?)で、父ちゃんと息子が、雑用をこなしてくれる。
たまにはいいか。
365日主婦業してるんだからさ。
この年まで生きると、体のあちこちに不具合が…。
湿布薬は必需品。
薬が効かないと騒ぐ前に、禁酒が必要とのご意見。
確かに仰せの通り。
じっと我慢の子でいます。
家人が、横になっていなさいというので、テレビをボーっと見てるんだが。
ほんとにつまらないのしかないんだね。
スポーツ中継ぐらいしかまともなのないわ。
さ、たまったヴィデオでも見ようか。
Photo_20201004220201
散歩道で会いました3

2020年10月 3日 (土)

そんなことが…

それは昨夜のことだった。
夕方、家人と温泉に向かう時。
突然、家人が奇声を上げた。

「あんた、今、見た?」
何を?
「蛇だよ」
何を言ってるんだ?
温泉に着いてから、じっくり話を聞いてみた。
我が家の近くの車道に、蛇が歩いて(?)いたそうな。
母は見ていないが、蛇だもの。
視界に入って欲しくない。
そう言えば、ここに引っ越して来た当時。
両隣のご主人が言っていた。
「蛇がいるよ。たまに出て来るよ」って。
元々は、田んぼや畑だらけだった。
農道や用水路の名残は、しっかり残っている。
でも気持ち悪いじゃん。
うちの物置小屋なんぞに住み着かれちゃたまんない。
家人
「小屋の隅には行かない方がいいよ」
何それ?
怖いこと言わないで。
確か蛇は冷温動物。
寒くなればいなくなるはず。
ってか、冬眠するんだよね?
まさか我が家の片隅でってことはないだろうね。
と、いったい誰に聞いてるんだ、私。
Photo_20201003215701
散歩道で会いました2


2020年10月 2日 (金)

効かない薬

腰痛で、行きつけの整形外科から処方された痛み止め。
これを数日、服用したものの。
何の変化もない。
痛みはそのまま。
寝返りするたび、目が覚める。
根が短気な母。
飲んでも効き目がない痛み止めって何だ?
こんなもの意味ないだろ!
睡眠不足で気も立っている。
こうなると自分のことながら、ヤバいよ。
で、今日またまた病院へ。
もう少し強力な薬というのを処方された。
ついでに湿布薬。
今夜から、新しい薬ということになるのだが。
果たして効き目は…。
それにしても、前の薬、数日分は残っているのだが。
これは捨ててもいいんだよね。
誰かの役には立つんだろうが。
知ったこっちゃないか。
Photo_20201002223401
散歩道で会いました

2020年10月 1日 (木)

お月見は…

今夜は15夜。
明日が満月。
心配されたが、綺麗なお月さまを見られている。
すすきを調達するはずが。
あれやこれやの雑用に追われ、いつになく親を案じる(?)息子。
「そんなものなくたって、困らん!」
と、主張。
「でも、せっかくのお月見だし。すすきがあれば格好がつくよ」
と、言っても聞く耳なし。
何でこうなったかなぁ?
小さい頃は、母と一緒にすすきを探したり、窓辺に果物飾ったり、楽しんでいたけど。
せっかくの床しい行事、続けようよ。
思えば、子供と一緒にあれこれする楽しみ、いっぱいあったなぁ。
散歩する時だって、手を繋いで、歌を歌って。
奴が大好きな建築現場、貨物列車、何回見に行ったことか。
もしかしたら、息子の頭にはもう残っていないのかも。
そうだとしたら悲しいな。
息子の中のかぐや姫は、月の世界に帰って行ったのか。
あぁ…。
Photo_20201001221201
駅前広場のオブジェ

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30