無料ブログはココログ

キムリン・ホリスティック・ワールド

  • 金 香百合
    いつも心に太陽を 悲しい時、辛い時、誰かに慰めてほしい時、キムリンはいつもそばにいてくれる。もしかしたら、みんなの守護聖人かも?

cocoa青森

  • COCOA青森
    COCOA青森の会員限定サイトです。あたたかい心と少しの時間を、メンバーと共有して下さる方を募集中です。

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月30日 (火)

そうなんだ!

我が家の庭の一部が、小さい畑になっていて。
そこに、ノーテンキな母。
葱とにらと青紫蘇、パセリを育てていた。
今年、家人。
大好きな茄子を2本植え付けた。
隣のおじさん。
退職後、趣味で農業を始めた理論派。
2月から自分が大事に育てたトマトの苗を、我が畑に植え付けた。
土の消毒から施肥まで、徹底しているんだわ。
そのトマト。
すくすく成長して、おじさんの指導通り、主枝以外をカット。
家人は毎日、トマトを見に行くのが習慣に。
今は、4~5個の小さい実がなっている。
家人が先日言った。
「トマトさ。実すぐりした方がいいんじゃないの?」
実すぐり…。
大きい実を1つ残して、あとは処分ってことだよね。
そんなことしていいの?
母、知り合いに片っ端から聞いてみた。
結果、邪魔なら切ればという人1名。
売り物じゃないんだから、全部育てていいという人3名。
うーむ。
夕方、隣のおじさんに聞いてみた。
「そのままでいいよ。近いうちに、根元に肥料置いてあげるから心配しないで」って。
そうだよな。
デカいトマトより、小ぶりのトマトを数多く食べる方が嬉しいよな。
しかし何だろう?
この切ない気持ち。
「這えば立て、立てば歩めの親心」ですかね?
Photo_20200630211701
スモーキーな空にスモーキーな木


 

2020年6月29日 (月)

いきなり降るか!

昨日、ブログで書いた通り、草取りするはずの母。
朝からどうにも不安定な天気。
濡れた地面、草取りはし易そうだけどさ。
今にも泣きだしそうな空、怖いわ。
おっかなびっくり、草取りし始めてまもなく。
来たよ、雨。
思いっきりザーザー。
すぐうちに入ったものの。
頭からずぶ濡れ。
まずは着替えなきゃ。
今夜もまた、大量の洗濯物に泣かされるんだ。
乾き切らないうちに次から次へと。
ふー。
そしてまた…。
庭の雑草も成長著しい。
嬉しかないよ。
また仕事が増えるじゃねーか。
少しは母の苦労も考えておくれ。
などと、ため息をつきながら。
ウトウトし始める。
ほんと、雨降りの暗い空。
規則正しい雨音。
舞台装置がピッタンコ。
目がトロンとなるのも致し方ない。
そうでしょ?
Photo_20200629214001
次の主役?

2020年6月28日 (日)

梅雨寒か

昨日、今日と雨続き。
気温も低めに推移して。
開け放した窓から吹く風が冷たい。
半袖じゃ辛いわ。
でも、乾かない洗濯物の山。
曇り空でも構っちゃおれん。
せっせと外干し。
それでも残るやつは室内で。
そのために窓を開けているんだが。
仕方なく長袖トレーナーを引っ張り出す。
冬物の靴下を出す。
今頃の季節は、洗濯物が乾きにくいのがね。
エアコン点けるほどじゃなし、ストーブはもうしまったし。
でもこの状態が当分続くらしい。
今がまさに「梅雨」だなぁ。
少しの間、外へ出ても寒い。
明日は、晴れ間を見て草取りでもしようか。
地面も濡れているし、作業も少しははかどりそう。
Photo_20200628220201
この時期だもの

2020年6月27日 (土)

東京ヤバいな

毎日、ニュースは東京の今日の罹患者数で。
しかしまぁ、減らないね。
海外と比べりゃ、大した数じゃないが。
ここは日本。
当地みたいに、ほとんど罹患者がいないところから見れば、ヤバ過ぎて恐ろしい。
県外ナンバーに偏見を持つ人多いよ。
県をまたいでの移動が緩和されて、この発生数となると。
都内から出て来るなと言いたいのが本音。
お隣岩手県なんて。
どんだけピリピリしていることか。
職場や家族間の感染が主だそうで。
感染経路不明というものも、依然として多そう。
ほんとに不明とは信じ難い。
心当たりがあっても、そう言えないだけだろ?
「夜の街」なんてのは、どこの町だってある。
ヤバい接客業だって、どこにでもあるはずだ。
汚染された(?)ところからの来訪者か。
歓迎する気になれないな。
都内が落ち着くまで、ご遠慮願います。
Photo_20200627221401
形も色も可愛い!


2020年6月26日 (金)

こんなもんか

朝からしょぼしょぼ降り続いた雨。
でも、もう少しは降っても良かったんじゃない?
ま、文句言っても仕方ないか。
とにかく、地面はしっかり濡れたし。
野菜や花も生き生きしている。
あまり降り続けられてもな。
と、ここは大人の対応(?)。
しばらく梅雨空が続くようだし。
それが明けたら梅を干すぞ!
その頃には雑草も盛大に成長しているはず。
草取りもせにゃ。
スギナがあちこちで顔を出していて。
これを何としても成敗しないと。
成長力があり過ぎるというのも困ったもんだ。
大事にしたい野菜や花は、どちらかと言えばひ弱。
雑草ね。
ちっとも嬉しくないのにたくましい。
あ、雨のお陰で元気になったもの。
それは蛙。
今夜もあちらこちらから、コーラスが聞こえている。
まだ自然が残っているという事なんだろうか。
喜ぶべきですかね。
Photo_20200626213701
もう、紅葉?

2020年6月25日 (木)

しょぼい雨

ずっと空梅雨状態だった当地。
農家の皆さん方も待ちわびていた。
今日から当分の間は、曇りと雨マークが連続するとの予報。
やっと来たか。
朝から洗濯物は部屋干しにし。
庭の水まきはサボり。
用事を午前中に済ませ。
雨音をBGMに、昼寝を決め込む予定が。
曇り空のまんま、雨粒が落ちて来ない。
何だよ?
期待外れかよ。
諦めて、夕食準備していたら家人帰宅。
「雨、降ってる?」
「あぁ、ぽつぽつ程度はね」
それから今に至るまで、しょぼい雨音しか聞こえない。
これって、お湿り?
南の方じゃ大雨被害。
千葉県は、強めの地震。
世間の皆さんには聞きにくい愚痴だなぁ。
でもさ。
そろそろ降ってくれないと、農作物も大変なんだ。
あ、そこそこでいいよ。
あくまでもそこ大事。
Photo_20200625222401
流行りの紫陽花アナベル

2020年6月24日 (水)

今年の夏は

気象庁の予想によると。
今夏は、いつもより暑い!
7~9月は、覚悟せにゃ。
暑いのは苦手だ。
どうしていいか分からない。
家中、開け放して。
うちわであおいで。
「熱さまシート」と水枕は必需品。
あ、腹巻も必要だな。
家人なんぞは、寝ている間にパジャマ脱ぎ捨てているもん。
母は、さすがにそれはできぬ。
あられもない恰好で寝るなんて…。
就寝中に、何かが起きたらどうする?
若さと美貌があれば、それでもいい方向に行くだろうが。
白髪のくたびれたおばんじゃあね。
助けを求めるのも気が引けるって。
せめて自分の身は、自分で守ろう、うん。
と、先日。
息子が、金縛りに会ったと言っていた。
これは家人、お馴染の現象で。
年に数回はあるかな。
隣で妙な唸り声を上げている時がそうだ。
母、大声で怒鳴りまくる。
するとすーっと物の怪(?)が消える由。
なぜかは不明。
でも息子は2階の住人。
よっぽどの大声でも上げなきゃ、母、助けに行けないよ。
って、母。
自分じゃこういう経験は皆無。
物の怪からも嫌われているんですかね。
Dscn8224
ベリーの花と実


2020年6月23日 (火)

若かった!

母の世代は、ジェームズ・ボンドはショーン・コネリーで決まり!
今夜、テレビ大好きの家人。
地上波じゃ見たいものがなかったか。
台所に聞こえるはトム・ジョーンズの歌声。
あれは?
確か、サンダーボール作戦のテーマ?
で見たら、やっていました。
吹替だけどね。
家人
「声がね。若山弦蔵じゃなくちゃ」
やっぱりあんたもそうですか。
あの声、インパクトあるもんね。
そりゃ母だって…。
山田康雄、野沢那智…。
あぁ、懐かしくて涙が出る。
でもさ。
ショーン・コネリー見てごらん。
細かった!
髪の毛たっぷり。
いや、この頃からかつらという噂あったか。
このシリーズは、大人の漫画そのものだった。
一番好きなのは「ロシアより愛をこめて」
マット・モンローの主題歌、大好き!
ボンド・ガールのピカイチもダニエラ・ビアンキで。
あ、やっぱり「サンダーボール作戦」の話からずれたわ。
世代ごとにボンド役者も変わる。
それぞれの思い入れがあるんだよね。
Photo_20200623214901
涼やかな音を

 

2020年6月22日 (月)

お日様の具合が…

昨夜は、部分日食だったそうで。
ほとんど気にもしていなかったが。
気にしたところで、それなりの準備しなきゃいけないのだし。
何年も前に買った特殊グラス、どこやったっけ?
ま、いいや。
ニュースで見る、九州地方の映像で満足。
夕方、いつもの温泉で。
顔馴染みの婆ぁ様。
「昨日のお日様、見た?」
ううん。
「婆ぁ様、見たの?」
見ていないって。
そしたらその婆ぁ様。
「子供の頃。母親が、日食のことを、お日様の具合が悪くなるから」だと言ってたそうな。
うーむ。
なんて可愛い解釈だろう。
世の中が暗くなるのは、顔色が悪くなることだそうで。
もちろん、大人になるに連れ、単なる気象現象と知りはしたが。
しかしな。
何年に一回の不思議な現象を目にした時。
お日様やお月様が具合が悪くなる時だと思えるのは幸せなことではないか。
天照大神が、この世に絶望してお隠れになったというよりは、夢がある。
婆ぁちゃん。
楽しい話をありがとう。
大好きだよ。
Dscn7229
あけび生育中

2020年6月21日 (日)

差別反対デモか

まぁ、海外ニュース見てると。
黒人差別反対デモ関連だらけ。
ツイッター見てると、黒人が白人に凄まじい暴力行為をしているのが目につく。
酷いよ、あれは。
相手が女だろうが手を出し放題。
これを見て、警察権力をどうこうなんて言われても。
この流れが続いたら。
ほぼ確実にKKKが復活するな。
アメリカだろ?
一般人の銃の所持率高いんだろ?
警察があてにならなきゃ、自分たちでけりつけるよ、きっと。
「差別反対」を錦の御旗にしての乱暴狼藉。
こんなのに同情する気は起きない。
だいたいその手のデモ行進だけならまだしも。
略奪行為がセット。
つまり、犯罪行為を正当化するための方便。
お仲間にはなりたくない。
Photo_20200621220101
可愛い花だな

2020年6月20日 (土)

馴染の方が

先週と今週。
地上波で「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が放送されていて。
あら、懐かしいわと、見たものの。
声優が違い過ぎてがっくり。
ドクの声は、穂積隆信じゃなくちゃ。
あの声、あのセリフ回しがいいのに…。
いったんそこに気が行くと、見る気が失せる。
我儘だよね。
映画そのものは面白くて、大好きなんだが。
そう言えば、大昔(?)
「ある愛の詩」映画そのものも大ヒットした割には、どうも陳腐過ぎて。
ひねた母。
受け入れられなかった。
劇場版でそうなのに。
これまた地上波放送時。
当時人気の百恵ちゃんと現旦那の吹き替え。
こっぱずかしくて見ていられなかったね。
なんだ?
人気がありゃいいのか?
あんなに下手じゃ、映画に乗れないじゃないか。
で、その当時。
いろんな芸能人が、吹き替えに挑戦したものの。
本職には到底かなわないという結論に。
それ以来、声優が担当しているのだが。
この映画はダメだった。
なら字幕でいいわ。
馴染の声が聞けないのなら。
Photo_20200620212801
花言葉は移り気だっけ

2020年6月19日 (金)

梅雨なのに?

梅雨入りしたのは確か先週だった。
ところが、雨降らないんだな。
曇り空はしょっちゅう。
朝方又は日中、さーっと降ることはある。
でも短時間だし、量も大したことがない。
元々、当地。
梅雨のない北海道に近いせいか。
実感ないんだけど。
農家の人は待ちわびているんだよ。
畑の隅々に満遍なく降ってくれればありがたいと。
でも、これも神様の思し召し。
降らないものは仕方ない。
蛙なんて、うちの玄関先の水飲み場にお住まいだ。
ここなら食いっぱぐれ否、飲みっぱぐれないもんね。
あんたは偉い!
でも、先日植え付けた枝豆、トマト、向日葵は、しょぼんとしたまんま。
みんな、両隣からいただいたものなので、生育不良だと母、辛いの。
せっせと水あげているけど、イマイチだなぁ。
どうか天の恵みをば、畑の作物に下さいな。
もう、神頼みするしか。
このまま梅雨明けなんて…。
でも、明けてくれれば梅を干せるな。
うーむ、困った。
Dscn8080
花は元気

2020年6月18日 (木)

苦行に耐えたら

何せ、昨日は太ももの手当てで時間を取られたから。
他にしなきゃいけないこともあったはずが。
ほとんど後回しというざま。
みんな、母の不注意故。
誰のせいでもありませぬ。
ま、やけどの直後から数時間。
氷と水で冷やしまくったおかげ。
布団に入る頃は、すっかり落ち着いた。
流石に昨夜、温泉行は止め。
寝巻もTシャツに短パンで。
やけどの部分は、外気に晒してっと。
下手にあったかいと痛みが出るからね。
心配したほどじゃなく、朝までぐっすり。
今朝は起きてすぐ、家人と患部を観察。
赤みもなければやけどの痕跡もない。
うーむ。
早いうちに手を打って良かったんだ。
ただね。
この季節に長時間。
体の一部分を冷やし続けると、寒くて仕方ない。
体そのものが冷えたんだね。
当地、朝晩は涼しいどころじゃない。
まして、風なんぞ吹いちゃ…。
一転、今日はいい天気。
思いきり、太もも露出してひなたぼっこ。
「忍耐は苦く、その実は甘い」
関係ないか。
Photo_20200618220501
赤の次は白

 

2020年6月17日 (水)

ドジでした

夕方、パソコンに向かってしばらくの間、資料作りをしていたんだが。
途中でコーヒーを入れたのがまずかった。
熱いカップをキーボードの左側に。
その後すぐ、スマホの着信音が響いて。
スマホを取ろうと動いた弾みにコーヒーがバシャっと。
ジーパンをまず脱ぎ捨て、タオルを探し。
左膝上が赤くなっていた。
こりゃいかん!
短パンに履き替え、玄関脇の水道で患部にザーザー。
通りすがりの人、ビックリしたろうな。
白髪の婆ぁが、ふとももを水攻めの画。
が、やけどはとにかく時間勝負。
5分以上もそれをしているうちに、吹き渡る風の寒さに震えが。
家に入って今度は、氷と水で冷やし続ける。
さすがに赤みも薄れてきた。
でも、やけどってひりひり感が残るよね。
湿布した方がいいのかしらん?
家人は
「寝る前にオロナイン塗れば」
もう5時間以上も冷やし続けたら。
体そのものも冷えてきた。
布団に入ったら、また痛み出る?
薬よりも冷気の方が良さそうな気もするんだ。
しかし、相変わらずおっちょこちょい。
熱いコーヒーか。
拷問の小道具だよなぁ。
Photo_20200617222401
赤くて綺麗なもの

 

2020年6月16日 (火)

あら、辛かったのね?

我が息子。
熱は7度ちょいに落ち着いたものの。
すっかり声が潰れちまった。
ハスキー・ボイスなどというレベルじゃない!
非情な母。
息子に言ったわ。
「声を出すな!こっちが苦しくなる」
で、親子の会話はパントマイムか筆談で。
奴、朝一番に某耳鼻科へ。
数時間後帰宅。
何やら、スケジュール表(?)みたいなものを書き込んで。
それに従って服薬。
普段の態度とは大違い。
うーむ。
意外に素直だったのね。
とにかく扁桃腺が腫れているのは確実。
熱が出るのも当然だわな。
で、在宅ワークなのに病欠という事態に。
なんだか不思議。
ま、慣れるしかないな。
一応、子を案ずる母というのもやってみないとね。
食欲はばっちりあるというのが救いだ。
Photo_20200616212101
バラ花盛り

2020年6月15日 (月)

差別差別って…

このところずっと、アメリカの黒人を、白人の警察官が首を圧迫し続けて死に至らしめたことから。
「人種差別」反対の運動が大きな動きになっているとマスゴミ。
でも、その黒人。
前科〇犯だよ。
世の中の秩序守るのが警察の仕事だろ?
なんで犯罪者をそんなに擁護しなきゃいけない?
加えて?なのが。
この騒動でやっぱり、強奪が起きたこと。
ニュース報道じゃ、黒人だらけ。
はい?
何でも「差別」にすりゃ、何やってもいいってか?
あぁ、我が国の隣にも、精神構造がそっくりなところあったなぁ。
この動きに呼応して。
先日、東京でもデモ行進があったとさ。
日本にいる「差別」されている方々が、反対を叫んだとさ。
はぁ?
何でそんな「差別」が激しい国にいるんだろうね?
さっさと出て行けよ。
母はいらない。
「差別主義者」だからね、はっきり言う。
法を守るのが先。
居住する国に敬意を払うべき。
あんたらが世界の中心じゃないんだよ。
バカだから、そんな理屈も分からない。
「シャベツ」ダー。
と「金よこせ」がワンセット。
こんなクズ連中なんぞに同情する?
冗談きつい!
あぁ、ウザい!
つくづく我が国が「独裁国家」じゃないのが恨めしい。
Photo_20200615220301
これもウツギでしょうか?

2020年6月14日 (日)

ほんとだろうね?

季節の変わり目のせいかな?
普段丈夫な我が息子。
昨日は母に。
「のどぬーるスプレー買って来て」
今日は
「何だか熱っぽい。どうしてだろ?」
息子大好きな家人。
「しっかり食べて、熱を測って、水分とって、早めに寝なさい」
夕食後、検温したら38度超だって。
風邪?
それとも…。
息子
「多分、ただの風邪だと思う」
母、それならいいけど。
例の中国ウィルス。
当市、まだ感染報告はない。
でも…第1号がいつ出るか…。
まさか、我が家からなんて…。
今年でなけりゃ、母も素直に聞けるんだが。
正直、信じ切れないのが何とも。
風邪気味な人も多かろうに、ごめんね不謹慎で。
Photo_20200614221101
梅雨時の主役

 

2020年6月13日 (土)

首相、ありがとうございます!

久しぶりに、友人たちとデートの日。
天気はいいし、風は爽やか。
こんないい日は、年に何度もありやしない。
嬉しいよー。
新しくできた美術館見学がメインだが、当然、その後はランチよね。
美術品とその展示方法にはいろいろ考えるところもあって、たまにはこういう刺激もいいな。
が、お楽しみのはずのランチ。
これはまぁ、正直、こんなもん?
可もなく不可もなくというところとは言い過ぎか。
その後、カメラ持ってあっちこっちウロウロ。
弘前公園へ行くつもりが、すっかり疲れ果て、明日以降にしようっと。
ようやく帰宅したら、いそいそ2階から降りてきた息子。
ニタ―っと笑って封筒をば母に。


何だ、これは?
安倍さんからのお年玉!
おぁ、そうか。
ありがとうよ。
息子
「中身数えたら?」
確かに20万円あるわさ。
早速仏壇に供えましたとも。
夕方、帰宅した家人。
仏壇に手を合わせた。
「あんたも数えたら?」
家人
「いいよ。自分の分もあんたにやるから」
えー?
そんな…と、言いながら、つい口元がほころぶのは何故?
まぁ、母は好まないが、あんたのために高いお肉、そのうち買って来ましょ。
親子3人ハッピーな一日。
安倍さん、ありがとうございました。
Photo_20200613222001
夏の庭

2020年6月12日 (金)

昨日の雨

昨日は、ほぼ一日中雨。
珍しいな。
こんなに本格的な雨は久しぶり。
お陰で、畑の野菜は元気いっぱい。
花も木も草も、生き生きする感じ。
以前撒いておいた除草剤も、ようやく活躍の場が。
ま、控えめに撒いておいたが。
気温も今日は、そんなに暑いと言うほどでもなかったし。
夕方近くには、涼しい風。
さて母。
今頃の季節は忙しいんだ。
注文しておいた鳥取産のらっきょうの下処理。
梅漬けの準備。
塩とガラス瓶、焼酎、氷砂糖を買って。
ン十年ぶりに、果実酒も作ろうかと思案中。
と、Eテレみてたら、尼寺で紫蘇ジュースを作っていて。
あぁ、そうだ。
去年は、あれもかなり作ったっけな。
もう少ししたら大量に出回るはず。
その時に頑張ろう。
雨からなんで話が飛んだ?
それはね。
「梅雨」入り宣言が近づいているから。
今や、北海道と青森だけが逃れているが、まぁ時間の問題。
ところが、沖縄、今日「梅雨明け」したって。
じゃ、どうなる?
うーむ。
Photo_20200612214101
雨上がり 

2020年6月11日 (木)

頭痛いわ

最近、パソコンが変なんだ。
ココログの記事書いていてもスムーズに進まない。
写真のアップしようにも、細かい作業ができない。
今日は、仕事である文書を作成しなきゃいけないのに。
ワードの画面が開いたまんまフリーズ。
消そうにも消せぬ。
仕方なく、ネット・サーフィンで時間を潰す。
昨日は、33度越え。
今日は、それよりも10度ぐらい下がるって。
気温の変化について行けないのは、母だけじゃなかったのか。
しかし、何でこんなにパソコンが不調?
やたらウィルス検知の情報があるのと関連?
自分だけなら我慢もしよう。
だが、人様に配布する資料じゃあね。
在宅ワークの息子に愚痴る。
話ながら?
もしかして、パソコン買い換え時?
って、最新のOSは何だ?
首相のお年玉、それに化けるの?
あちゃー。
いや、待て。
焦るでない。
もう少し、考えさせて。
なんなら、うちの中にあるXP、再登場させようか。
頭、痛い!
マイクロソフト、責任取って!

2020年6月10日 (水)

有難き幸せ

当地、今日の予想最高気温はなんと33度!
この時期にもうこれって…。
こうなりゃ、背に腹は代えられぬ。
で、昼前からエアコンにご活躍願う。
設定温度は24度。
家中の窓を閉め、じっと我慢。
そのうちあらいい感じ。
BSで「知り過ぎた男」なんか見ているうちにうとうと。
それはそれは幸せな時間。
ありがとうよ。
が、その後、パソコンに電源入れてから、母の頭に血が上る。
先日、ウィンドウズのアップデートなるものをしてから。
とにかく調子が悪い!
ソフトがいつもの動きをしない!
母はね。
難しいことを要求しちゃいない。
いつも通りに仕事してほしいだけ!
何でワードがフリーズするんだ?
意味、分からん!
そう言えば。
やたらウィルス・メールが増えた。
テレ・ワークが一般的になってからかな。
外国人の名前が多い。
そんな知り合い、1人もいないっつーの。
「あなたに会いたい」だとさ。
お断り!
頭冷やしにかき氷。
あぁ、これよね。
日本の夏だぁ。
Photo_20200610214301
バラの季節になりました

 

2020年6月 9日 (火)

ようやく宵宮

今朝、花火が上がったんだよね。
でも、いったい何で?
早朝の花火と来たら、小中学校の運動会。
または宵宮という名の夏祭り。
今年は、ありとあらゆる楽しみが禁じられて。
いや、中止に追い込まれてだった。
これじゃ、楽しみないじゃんか。
と、母が一人愚痴ったところで…。
このご時世じゃ、誰も大っぴらには批判できやしないわ。
昼、筋トレに同行した知人。
「もう、多少の楽しみが欲しいよね」
思うところはおんなじよ。
でもね…。
そうしたら夕方のニュースで。
市内某所で宵宮開催だって。
あぁ、やっぱり。
今朝の花火はそれなのね。
インタビューに答えた露天業者。
「昨日までの祭りは全部休止。商売あがったり。残りの夏祭りで稼がなきゃ」
生活がかかってるんだものね。
ここから少しずつ、例年通りのリズムになりそう。
そうであってほしい。
いや、もうそっちの方向へ向かわなきゃ。
経済回復しなきゃ共倒れ。
そこは何としても踏ん張らないとね。
Photo_20200609211401
あちらこちらで花盛り

2020年6月 8日 (月)

いつもの生活が

久しぶりに友人から召集のメール。
ついに来たよ、いつもの生活。
世の中自粛ムードで、おいそれと人様と会う約束もできかねていた。
飲食店や交通機関、サービス業全体が元気がないのは知っていても。
1人で出かけるのもなぁ。
大きい本屋に出かけるのすら、遠慮せざるを得なかった。
この状態で、景気についての意識調査をされたら。
誰もいい評価を下すわけがない。
でももう底を打った感はある。
だから先行きに希望を持っている。
って、NHKのニュースで、このアンケートをどうたらこうたら。
ほんと、テキトーな話題。
こんなのを今更流してどうだって。
後出しじゃんけんで喜んでりゃ世話ないよ。
これからどんどんいつもの日常に戻っていく。
戻らなくていいのは、特亜三国からの観光客。
ありゃいらない。
入国制限はずーっと続行でお願いしたい。
お互い、その方が平和だろ?
交流しなきゃトラブルも少なくなるはず。
在庫一掃すりゃ更に。
家の中も国の中も、大清掃ですっきりと行きたいね。
Dscn7171
そろそろ出番

2020年6月 7日 (日)

マスクが辛い

新しい生活習慣とやらで、外出の際はマスクしないといけないような空気だが。
あれはやっぱり、寒い時期に、体調が思わしくない場合限定の方がいいような。
何たって、息苦しい!
マスクで覆われている部分が蒸れる!
母、常に素顔だが、きちんと化粧している人はさぞかし苦痛だろうな。
こんなに暑くなると、マスク止める人も増えて来て。
それでも、近づいて会話するのは憚れる。
年のせいで、耳も遠くなっているのに。
まぁ、人間関係が希薄になるわ、これじゃ。
ようやく、マスクが出回るようになったが、いっそのこと手拭をマフラーのように口の周りに巻いた方が。
不織布のマスクよりは、使い心地が良さそう。
汗も拭けるし。
日焼け予防も兼ねて、木綿の手袋もいいか。
帽子の中には、凍った保冷剤を仕込むとするか。
例年よりも重装備になりそう。
ほんと、これじゃ。
外出するのがめんどくさくてかなわない。
経済活動停滞するわけだ。
そう言えば、もう、いつもの年なら「夏祭り」シーズンが近い。
今年はそれも全部なし。
楽しみがなーんもない。
それもみんな、どこぞのお国のせい。
大嫌い!
Dscn8085
ジャーマン・アイリス

2020年6月 6日 (土)

卑しいって嫌い

母、ただのしょぼい一般人だが。
何が嫌いって、「卑しい根性」だな。
卑しいとは何ぞや。
人様の好意に難癖をつけて恥じないってこと。
いったい、自分を何様と思っているんだろう?
マスゴミ、野盗の卑しさは今更、ここに書くまでもない。
が、このところの政府批判に絡めたろくでもない動きには正直、頭に血が上る。
「アベノマスク」ってそんなに批判して嬉しいの?
やれ、特別顔のデカい奴が恥ずかし気もなく「マスクが小さい」だの。
出所不明の汚らしいマスクを公表して、さも政府の失態のように喜んでみたり。
それで再検査させるなどの嫌がらせをしたのに、それも政府の失態扱い。
正直、親の顔が見たいね。
こんな輩がエラそうに、ブログだのコメント書いてるの見ると反吐が出る。
あぁ、そうですか。
あんた方はそんなにご立派なの?
私ゃ、そういう偉い方々に、お付き合い願わなくて結構です。
考えてみりゃ、母の親なんぞは大したもんではなかったが。
それでも、人様からいただくものは有難がるのが当然と教育してくれた。
政府が、いろいろ考えて下さったマスク。
まだ我が家に届いてはいないが、来たら仏壇に上げて感謝しようと思う。
10万円の給付金も、同じく仏壇と神棚に上げてお礼をしようと思う。
もちろん、有難く使わせていただく。
安倍首相でほんとに良かった。
日本国民で良かった。
心からそう思う。
Photo_20200606205201
美しい我が国万歳!

2020年6月 5日 (金)

雑草大繁殖

なるべくなら、庭にコンクリートは敷きたくない。
で、砂利を敷き詰めているのだが。
雑草の勢いが凄まじく、根がズボラな母。
雑草との格闘を早々に諦めた。
それでも、隣近所への侵略は防がなくちゃ。
というわけで除草剤を撒こうかと。
家人、会社で兼業農家のお方にアドバイスを求めたそうな。
「雨が予想される日は、止めといた方が。雨でせっかくの薬が流されてしまうから」
なら、晴れの日がいいのか?
と、砂利の中から存在感を発揮している雑草どもに除草剤を振りかけた。
あれからもう10日は過ぎたかな。
雨、全然降らないわ。
雑草には白い薬剤が点々と…。
先日、しびれを切らした家人が、鍬でガシガシ。
生存するためには必死の雑草。
根が深いのなんの。
母の細腕じゃとてもとても。
今日、帰宅した家人。
「明日と明後日の2日で、雑草を木っ端みじんにしてやる」って。
気持は有難いよ。
でも、体力負けするんじゃないの?
とは、口が裂けても言えませぬ。
Photo_20200605215601
牡丹?シャクヤク?

2020年6月 4日 (木)

野良仕事なんだけど

一応、専業主婦になって約1年。
いつまでも筋トレしているだけじゃあな。
というので、庭の片隅に猫の額ほどの畑を家人に作って貰った。
去年は、パセリと葱、ニラを植えた。
この3つの野菜は偉い!
母みたいなでたらめなやり方でも、ちゃんと育った。
今年は少し気合を入れるかと。
家人に相談したら、奴、茄子の苗を持って来た。
家人は、小茄子の漬物が大好き。
で、ホームセンターから、野菜用のポット、それ用の土、肥料を購入。
隣のおじさんは、自分で大事に育てたトマト苗を植え付けてくれた。
母、ホームセンターのおばちゃんに相談。
母でも大丈夫な野菜何?
紫蘇、パプリカならいけるって。
ふむ。
まぁ、親子3人で食べる分なら、それぐらいが関の山。
スーパーに行けば、ちゃんとした野菜買えるんだし。
小さい苗は、隣のおじさんが4本の棒とビニール袋で覆ってくれた。
「気温が20度越え続いたあたりに、袋は取ってもいいよ」
今日は30度越え。
流石に袋取らなきゃな。
茄子の葉っぱには虫の跡。
今度は農薬使うのかな?
たかだか数本の茄子だけど。
虫に負けたら収穫望み薄かも。
明日は、農作業の本でも買いに行こうか。
帰宅した家人に愚痴ったら。
「あんたのままごとなんだから。お好きなように」
今年は、ドライトマトを作るつもりなんだが。
果たして何個作れるものやら。
Photo_20200604231401
去年の畑



2020年6月 3日 (水)

汗だくになりながら

ボーっとしているうちに6月も3日。
今日は暑かった!
明日は29度だか30度だかって。
朝晩涼しいからってこうしちゃおれん!
今日は朝からタオルで鉢巻き。
「衣替え」なんぞ。
押入れのあちこちを掃除し、衣類を入れ替え、処分するものを分別し。
しかし、何でこんなにものが溢れているんだ?
あれもこれも、いつか使うかもという気持がこうさせる。
処分してすぐ、あちゃーということも多いしな。
残された時間が無限にあるわけではない。
体力だって衰えている。
衣類なんて、もう重たいものは受け付けない。
洗濯が面倒なのもいらない。
ここ数年袖を通していないものは処分…と、行きたいが。
それがなかなか。
いきなりぽっくり行った日にゃ、息子が難儀するわな。
衣類だけでこれだけの汗。
本だCDだカセットだと、あとどのぐらいかかるか頭が痛い。
今日はこれでおしまい。
また今度。
疲れました。
Photo_20200603231901
散歩の途中で

 

2020年6月 2日 (火)

あく(灰)がないのよ

昨日、行きつけの温泉で知人から。
どっさりもらった蕨。
当地は今、山菜の最盛期。
蕨、筍、こごみ、タラの芽etc。
暇を見つけては山へ山菜取りに出かける人多し。
母はダメよ。
蛇嫌い!
熊怖い!
山菜は、どうしても食べたいってわけじゃ…。
でも、いただいたものは有難く思う。
ところが、蕨はあく抜きをまずしなければ。
さて問題は、あく。
今じゃ入手困難。
以前住んでいたところには、暖炉自慢のおっちゃんがいて。
そこの家の前にあく入りの袋が数個、いつもあったが。
ここじゃそんな人はいない。
ン十年前。
母、蕨を茹でる際、仏壇の線香の灰を使用。
綺麗な緑色には仕上がったが、線香のにおいが鼻について、父ちゃんに思いっきり叱られた。
そりゃな。
弁当箱全体が線香臭いって、食欲もなくなるわ。
反省。
昨夜、家人。
「重曹で代用できるんじゃ?」
買っては来たよ。
そのことを友人に話したら。
「仏壇屋に行けばあるよ」
もっと簡単にあく抜きをする方法、ないもんかね?

2020年6月 1日 (月)

きっと届いたよね

今夜8時に、全国的に花火が打ち上げられるって。
家人が帰宅後、息弾ませて母に言った。
「場所はね、どこか分からないんだ。人が集まらないようにするんだね」
とうちゃん。
何度も言うけどさ。
あんた、話が下手過ぎる。
もっと分かるように言ってよ!
いったいなんでそうなのさ?理由が聞きたいの、私。
「あぁ、そうか。頑張ってくれている医療関係者へのお礼だって」
早く言えよ!
我が家の近くの河原で、毎年、花火大会が催される。
が、当然ながら今年は中止。
夕方、温泉帰りに河原の脇を通ったが、そんな気配はなし。
うーむ。
息子も途中から話に入って来て
「もしかしたら、弘前公園の本丸かな?」
確かに大晦日、あそこで花火は上がっている。
そうこうしているうちに8時。
ドーンという音を聞くに、あれは弘前大学附属病院の方からじゃあるまいか?
あそこならすぐ隣に大きなグランドがあるし、病院スタッフも大喜びではないかな?
先日のブルー・インパルスといい、今回の花火といい、何だか嬉しい。
人が人を思いやる。
感謝する。
全国で同じ時間に、同じ思いを共有する。
1人1人にお礼を言えないけど、ありがとうの気持ちはきっと届いたよね。
皆さん、ありがとうございます。

 

 

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

最近のトラックバック

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31