無料ブログはココログ

キムリン・ホリスティック・ワールド

  • 金 香百合
    いつも心に太陽を 悲しい時、辛い時、誰かに慰めてほしい時、キムリンはいつもそばにいてくれる。もしかしたら、みんなの守護聖人かも?

cocoa青森

  • COCOA青森
    COCOA青森の会員限定サイトです。あたたかい心と少しの時間を、メンバーと共有して下さる方を募集中です。

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月31日 (火)

遂に津軽でも…

ネットで、我が国の感染者数の40%だっけかが外国籍と聞いて頭に血が上った母。
常々、外国人に反感を持っていたが。
ダイヤモンド・プリンセスの一件で、欧米先進国を始めとして、軽蔑に変わった。
御大層なこと言うだけで、何のアクションも起こさない。
それに引き換え、我が国政府の何と健気で誠実なこと。
そこに付け込んで、我が国の医療にただ乗りしようとする奴ら。
許せん!
怒りまくる母にガソリン追加とは。
隣の五所川原市で、先日アメリカ留学から帰国した学生が感染と。
当然、家族は感染が疑われているだろう。
しかしな。
何で帰国するんだよ?
親も、帰って来るなと言えよ!
まったくどこまでノーテンキなんだ?
いいから、そこから出て来るな!
間違っても隣町なんぞに足を踏み入れるな!
バカ一家め!
Photo_20200331221101
春の陽気に

2020年3月30日 (月)

危機感なさ過ぎ!

ちょっとそこのあんちゃん、ねーちゃん達。
少しは新聞読め!
ダメならネットのニュースぐらい読め!
新型コロナでヤバいのは、高齢者や持病のある人だけじゃないってのに…。
今この状況で、海外旅行楽しむってどういう神経してるの?
あんたらが、テロリストになっているって分かんないの?
のこのこ病気になりに行ってるようなもんじゃないか。
だったら帰国するなよ。
人の迷惑考えろって、親、教育してないの?
親子ぐるみでバカなのか。
ま、そうだろうな。
感染するのが身内だけなら我慢もするが。
そうじゃないってこと、もっと自覚しろ!
この先、一生我慢しろってわけじゃなし。
ここしばらくの話だろ。
いつ、どこで、誰に移されるか?
自分が移す本人か?
何も分からない今だからこそ、自分の行動を慎重にすべきなんだよ。
デカい面して、世の中に出歩くな!
迷惑だっての!
Photo_20200330213401
蕾ほころぶ

2020年3月29日 (日)

南に雪が

昨日の予報で、関東地方に降雪と言ってはいたけど。
昼のニュース見たら、おや、もしかして真冬の光景?
満開の桜に雪のコラボとは…。
儚く美しいが、見ているだけのお楽しみ。
寒いんだろうな。
足元ヤバいな。
まぁ、外出を自粛している状況だから、却っていいのか。
さすがに大都会のど真ん中ですら、人の姿がまばら。
皆さんが、健気に外出を控えているということだ。
イタリアやインドからのニュースを見ると恐ろしさが先に来る。
「黙示録」の世界そのもの。
「文明」の崩壊か?
「人類の衰退」か?いや、滅亡まっしぐらなのかもしれぬ。
昨夜遅く、県内に流れた速報。
東京で発熱していた30代の若い女性が八戸市に里帰り。
「中国武漢肺炎」に感染していたと。
今日会った知人友人、皆、口を揃えて非難。
「何で具合悪いのに帰って来るんだろう?迷惑考える頭ないのか?」
それでなくとも、青森県。
八戸などの南部と母が住む津軽は、決して仲がいいわけじゃない。
今回の「肺炎」罹患者は、今のところ全員八戸市とその周辺住民。
津軽の住人は戦々恐々。
南部衆も外国人も、海外旅行から帰って来る人も、津軽に足を踏み入れないで!
差別と言われようが、心の叫びです。
Photo_20200329210301
去年の花筏をちらっと


2020年3月28日 (土)

勝手の違う春

当地の「桜まつり」が中止になって。
桜の開花が来月12日の予想となれば。
公園近所に住む母。
心置きなく、毎日、公園散策に行けるわー!
悲しい思いをしている飲食店の皆様に、ほんの少しでも貢献しなくちゃ。
気心の知れた知人たちと、豪華なお弁当で花見しようっと。
と、ルンルンだったが。
家人、冷たく言い放った。
「シートを広げて宴会はダメなの」
じゃ、ベンチに座ればいいじゃん。
「係の人が、公園を巡回して不心得者を注意するんだって」
それって私のことですか?
だって、せっかくの桜だよ?
「桜を見て歩くだけなら、何のお咎めもないの」
うーん。
じゃ、桜をみんなで見て、その後近くのお店でご飯食べるんならいいんじゃない?
「ま、それなら」
めんどくさいな。
中国のせいで、世界中が大迷惑。
ま、あの国は他国を混乱させるのが狙いだろうから。
しかし、癪だな。
この恨み、どう晴らそうか?
じっくり思案してみるわ。
Photo_20200328210101
花だけで満足しないとね

2020年3月27日 (金)

なぜに買い溜め?

不思議な話だなあ。
大地震などで、道路が寸断された。
物流が滞った。
なら、ただちに物不足は起きても納得する。
が、今回のウィルス騒動で、そんなことは起きていないわけで。
まぁ、先日のマスクとトイレット・ペーパー不足はあったが。
マスクはまだにしても、トイレット・ペーパーはすぐに補充されて問題は解消。
報道を見ると、東京のスーパーの品不足。
ふーん。
なんでそうなる?
誰だって、そこそこ家の中に在庫はあるだろうに。
あ、母が大嫌いなミニマリストは違うだろうね。
いいじゃん。
あの人たちは、ものを持たないことを信条としているんだから。
非常時に喚くだの騒ぐだのってみっともないことはしないはず。
それがプライドってもんだろ?
でもさ。
正直な話。
この騒動で、いろんな商品が売れて業者は、むしろ笑いが止まらないんじゃないの?
景気が悪いのなんのって言うけど。
バンバン品不足と煽られて、消費活動に励んでいるんだからさ。
全然売れていないと言うなら多少は心配するものを。
母、缶詰だの乾麺類は、常に多めにストックしている。
米さえあれば、味噌だけでも飯は食える。
何度も大災害を耐えてきたわが民族。
ウィルス如きに負けてたまるか!
さ、そこそこ頑張ろうね。
Photo_20200327220201
日日草 丈夫過ぎるのが…


 

2020年3月26日 (木)

説得力がイマイチで

小池都知事の会見か。
まぁ、物足りないなぁ。
この人、本当に武漢肺炎の脅威を感じてる?
パフォーマンスじゃないの?
嫌なんだよな。
こういう無能なくせに、私ってできる女なのよ風のお方。
時の権力者に擦り寄って、いい思いしてきただけだろ?
平常時ならいい。
どうでもいいから。
が、今は非常時。
権力者の側なんだ。
都民の不安感を除くのが一番の仕事のはず。
そういう覚悟が感じられない。
気取った敬語。
多過ぎる横文字。
一般人に分かり易い言葉で誘導するって、そんなに難しいことか?
下らないことにばかり気を使っているからだろ?
まぁ、周囲の県の知事たちは、東京都に歩調を合わせることにしたようだ。
多分、地元の現状を見ての判断だろうと思うが。
それでいいんだし。
しかし、都内で食品の買い溜めが始まっているとなれば、やはり都知事の会見が逆に危機感を煽ったわけだ。
意味ないどころじゃ済まないよ。
どう落とし前つけるんだ?
Photo_20200326215101
桜まつりは休止

2020年3月25日 (水)

ついに東京も…

中国武漢肺炎の感染は、未だに落ち着かず。
とうとう東京都が、外出等の自粛を要請する会見を行った。
同じ日、インドは国を丸ごと封鎖のニュース。
それだけヤバいんだよな。
報道見ると、アメリカは、とんでもない事態に陥っていて。
ニューヨークなんて、ほとんど通りに人の姿を見かけない。
ヒトやモノの流れが滞る。
経済が落ち込む。
個人の懐も寂しくなる一方。
うーむ。
でもどこかで反転するよ。
株価は、アメリカも日本も急上昇らしい。
いつまでもどん底のはずはない。
あ、あくまでもまともな(?)国の話だよ。
モドキは違うとはっきり言っておく。
落着いたら、一気に消費が上向くと思う。
もう、我慢するのも疲れた。
行きたい時に、行きたい所に行って、したいことをする。
それが普通の生活。
マスクなしで外出するの当然じゃん!
と、ここで毒を吐き出しておかないと、どこかの誰かに八つ当たりしそう。
それよりは…ね。
Photo_20200325213801
雪柳だよね?

2020年3月24日 (火)

第1号だもの

さて、我が県で最初の「中国武漢肺炎」感染者。
いろいろ情報が出てきたが。
スペインにツアーで出かけていたのは9人だかで。
旅行帰りの亭主から、家にいた妻が移されたという事らしい。
この亭主は自営業。
旅行の仲間は、全員青森県内在住。
追跡調査されている由。
同情なんかしないけど。
何たって第1号だからさ。
世間の目が一斉に集まるわけで。
行動が全部調べ上げられる。
コンビニとスーパーと自分が経営する会社へ行ったとな。
地元じゃもう噂でもちきりだろう。
立ち寄られたお店や病院がいい迷惑。
夕方、温泉のサウナ内で、おばちゃんたちの話題沸騰。
「だいたい、今頃海外旅行って空気読めないのかね?」
「外国から帰って来なきゃいいんだよ」
「八戸周辺から津軽方面に出て来ないで」
「つくづくバカな男」
と、まぁ。
おばちゃんたち、言いたい放題。
そのおっちゃんの身内だの知り合いじゃなくて良かったわ。
第2号が出るまで、その連中は「針のむしろ」だな。

たくましいよね


2020年3月23日 (月)

最後の砦は…

「中国武漢肺炎」の感染者が、遂に我が県でも発生。
70代の夫婦。
スペインからの帰国者だそうな。
午後9時から県が会見するという話だったが、地上波では見られず。
国内で頑張っていた8県。
我が県脱落とは…。
正直、その夫婦を好意的に見られない。
偏見だと分かってはいるが。
まぁ、恐らく。
地元の人には、すぐ身元がバレると思うよ。
気の毒だけどね。
田舎の怖いところだ。
治療法もない現在、その病気と知られたからには、行動範囲は大幅に狭められる。
その人たちのテリトリーは大騒ぎ。
落着くまでには、かなりの日数を要するな。
特効薬か、画期的な治療法でも出て来ない限り。
第2、第3の感染者もじき出て来るだろうが。
それまでは「針のむしろ」
不運としか。
でも本音を言えば。
「この時期、のこのこ海外旅行でこのざま。バカめ!」
母、差別主義者です。
Photo_20200323213501

 

 

 

2020年3月22日 (日)

想像できないね

「中国武漢肺炎」の感染が拡大する一方。
報道で見る限り、欧米の惨状が凄まじい。
まぁ、あれだけ急に感染者が増えたらパニックにもなるわな。
「外出禁止」を宣言された街の様子。
映画か、悪夢か?
全部がそうじゃないにしても、スカスカの棚のスーパーって…。
大震災時の物流がストップした時を思い出す。
あれは国内だけの話。
しかしなぁ。
我が国で「外出禁止」令が出たらどうなることか。
「散歩もダメ?」
家人と息子に聞いてみた。
「外出禁止だもの。家から出ちゃダメなの!」
はぁ。
「庭ならいいの?」
2人、ふんと鼻を鳴らす。
でもさ、生活必需品なら買いに行けるんだろ?
ってか、お店がそれだけしか扱っていないわけないじゃん。
自由に出られるから、多少の不便には目を瞑れる。
でも、長期間、その縛りが続くとなると…。
おとなしい日本人でも、さすがに切れるんじゃないのかな。
まして普段から自己主張の強い欧米人。
お国の上層部の苦労がしのばれる。
どうか、我が国がそういう事態になりませんように。
Photo_20200322205701
お隣の庭


2020年3月21日 (土)

ここが一番

今日もお茶の稽古に出かけたが。
恒例の皆で食事しながらの井戸端会議。
話題はダントツで「中国武漢肺炎」のこと。
平均年齢70ン歳の婆ぁ様たち。
「別にこの年まで生きたんだから、肺炎だろうが新型だろうが、それで死んでも文句はないね」
と、のたまう。
「でもさ、皆さん方がその病気になったら、私たち濃厚接触者ってことになるね」
それは困るわー。
そこから感染者数も死亡者数も凄いことになっているイタリアに話が及び。
「あれは何だね。病院がパンクしてるってことかな?」
多分、そうだよな。
今のところ、我が国ならまだ普通(?)の病院で、受け付けて貰える。
むしろ、空いている病院が多いと聞いたよ。
世の中、病気は今の肺炎だけじゃないんだし。
でも、青森だってそのうちには感染者のニュース出るよね。
等々、婆ぁさんたちのお喋りは、とどまることを知らない。
稽古の時間が迫って、元締めたる師匠。
「こう言っちゃなんだけど、世界中で一番安全なのは日本じゃないかね?」
一同、頷いた。
土曜日の昼下がり、着物姿で美味しいお菓子と抹茶をいただく贅沢。
それができる環境。
今更ながら、この国に生まれてきたことの幸せ感じた次第。
Photo_20200321221101
去年の梅

 

2020年3月20日 (金)

ウザい外野

何とかして、我が国を貶めたい勢力が。
「中国武漢肺炎」では、自称(?)専門家たちを利用して、「検査しろ!」の大合唱。
ところが、ひたすら検査に励んだお国が、次々と医療崩壊。
感染者数も死亡者数も、我が国なんぞが足元にも及ばないレベルで。
こうなりゃ、いくら笛吹かれてもねぇ。
残念でした。
そしたら性懲りもなく、今度はオリンピックを潰そうと。
左巻きと組んだマスゴミの皆さん方。
やれ、延期だ何だと願望そのまま垂れ流し。
これに乗っかったIOC役員やらJOC関係者やらがまぁ…。
どこぞのお国から手当たんまりいただいたんだろうな。
裏が透けて見えるのが浅ましい。
関係者じゃ世論が大して動じないと見たら、今度は選手交代かな?
かつてのメダリストたちが、IOCを批判。
だけどね。
この人たち、もっともらしい理屈つけてるが。
いやなら参加しなきゃ済む話。
出たい選手と出たい国がすることに、偉そうに文句言ってるんじゃないよ!
全く呆れるわ。
いったい何様だ?
もう、あんたらは過去の人なの。
引っ込んでろ!
と、こんな奴らが出て来るとチャンネルを変える母であります。
Photo_20200320212101
まだまだ




2020年3月19日 (木)

関所復活?

欧米は、ほとんど隣国との人の行き来をシャットアウト。
そしたら今日。
大阪府と兵庫県も、行き来を制限するらしい。
うーむ。
江戸時代なら、関所を設けるってことね。
いっそのこと通行手形なんぞを、期間限定で発行するなんてやってくれないか。
で、関所には、それぞれの国元の役人がずらーり。
関所破りは重罪だよ、なーんて。
大阪も兵庫も、中国武漢肺炎の感染者が増えているそうで。
歯止めがかからないうちに、手を打ったんだろうな。
まぁ、今のところ、地域限定で収まっているらしいからね。
いいんじゃないの?
ところで母、つらつら考えるに。
一斉休校の処置がとられたら。
登校拒否の皆さん方、どう思うんだろうか?
いや、どう思っているんだろうな。
学校へ行かなきゃいけないという状況には、従いたくないんだろうけど。
学校来なくていいんだよとなれば、あらハッピーと思えるもんかね。
ここまで書いてそうだった。
一斉休校で文句タラタラの皆さん方に。
登校拒否や引きこもりの子供を持つ方々の意見を聞いたら良かったのではないか。
その人たちはきっと、的確なアドバイスをくれるに相違ない。
Photo_20200319213601
水ぬるむ季節

2020年3月18日 (水)

継続は力です

近くのジムに通い始めて、早4か月。
運動神経ゼロの上、怠け者の母。
とてもハードなジムじゃ、やる気が起きませぬ。
ここは至ってゆるゆるで。
3日坊主の母でも、ほぼ毎日通えるぐらい。
特にきつい運動というのもなく、だが、満遍なく全身の筋肉は使っている感あり。
数年前、左肩の痛みに襲われ、腕を上げるのが難儀だった。
去年の夏頃からは、左の膝痛に悩まされていた。
整形外科のドクターに。
なるべく動かして、筋肉をつけるのが一番。
せっせと理学療法士に教わった体操をして。
ついでにジム通い。
夕方、温泉で膝と腕の屈伸運動。
毎日繰り返していたら、あーら。
肩も膝も痛みから解放されていた。
やっぱり「継続は力」だったんだ。
痛みで辛い時は、テレビの健康食品のCMにクラクラしたりもしたが。
それに金をつぎ込むのもなー。
多少の努力でどうにかなるのなら、それがいい。
さ、歩き回るぞー!
Photo_20200318214801
床の間から春

2020年3月17日 (火)

アメリカいいぞ!

最近、アメリカからのニュースに思わずニンマリ。
そりゃ株価は激しく上下して。
トランプ反対派は嬉しいだろうが。
世界中が注目するのは、やはりアメリカなんだからさ。
敵対する陣営は別として、いいんじゃないの?
アメリカこけたら皆、こける。
どこも勝者になり得ない。
先日は、グランド・プリンセス号の処理で、あぁやっぱりね。
散々我が国のクルーズ船の処理を批判していたけど、自国だってやることおんなじじゃん。
お次は、中国武漢肺炎の朝鮮製検査用キットを、信頼に値しないと却下。
とどめは、中国武漢肺炎をはっきり「中国ウィルス」と宣言。
いいねぇ。
姑息な手を使って、責任逃れに終始する大朝鮮を見事に粉砕。
アメリカじゃなきゃできないよ。
今や唯一の「大国」
サンダースだバイデンだのが何をどう喚こうが、小物過ぎて話にならん。
どうせジジイ同士なら、実績あるジジイを選ぶな。
やってることは、第2次大戦中のナチス・ドイツ以上の悪辣な国、中国。
こんな奴らをのさばらせてなるものか!
これに対するリーダーは、トランプ以外にない!
応援するぞ!
Photo_20200317220301
続々出て来たよ

2020年3月16日 (月)

時の経つまま

毎日毎日おんなじネタで嫌になる。
たまには違うやつで行きたいね。
と、思っていたらなんと。
今朝起きてびっくり!
冬が帰って来たじゃん!
そう言えば、昨夜の天気予報で、そう言ってたな。
まだ彼岸前だから仕方ないか。
などと古い人間は納得する。
が、ニュースは相変わらず。
ドイツはとうとう、国境を接する6か国だったかに入国制限。
言わんこっちゃない。
ま、難民の流出も多少は収まるかもよ。
しかし、ここ数年。
母は、メルケルってのはとんでもない無能な政治屋だったのではないかと疑っている。
綺麗ごとを言うばかりで、結果、ヨーロッパに大量の難民を引き入れちまった。
中国に深入りし過ぎて、ドイツ銀行は実質デフォルトの憂き目にあう。
日本で言ったら、日銀が中国の支配下に成り下がるってことだろ?
バカじゃないの?
自国の情けない現状に、メルケルは責任感じないのか。
フランスは、マクロンみたいな青二才。
イタリアは、今回の「中国武漢肺炎」で大失態。
イギリスがEUを脱退したのは正解かも。
とは言いながら、ジョンソンも何も考えていなそう。
ダイヤモンド・プリンセスでの沈黙にはいい加減頭に来ていたが。
遅まきながら日本政府への謝意を表明した。
ないよりはいいか。
こうしてみると安倍首相は立派だ。
ちゃんと仕事している。
野盗とマスゴミがどう言おうが。
消費税以下の支持率しかない野盗如きに、政権任せられるもんか!
時がきちんと評価するよ。
Photo_20200316215001
また冬が

2020年3月15日 (日)

混乱する社会

毎日、「中国武漢肺炎」のニュースだらけ。
例によって空気が読めない中国の駄犬。
AHOのトップが、「今度はヨーロッパが震源地」だと。
世界的な組織が、こんな無能なやつに好き勝手させておくとは…。
シナのマネーの威力だな。
しかし凄いわ。
陸続きのヨーロッパ。
生活必需品以外の店は営業停止。
みんなが家から出られない。
買い溜めなんて、我が国の比じゃない。
EU設立の意味なんか吹っ飛んじまった。
人も物も動かない異常事態。
世界経済だって停滞するわ、そりゃ。
そんなに長い期間、おとなしくしている国民性でもなかろう。
アメリカは、いち早く、ヨーロッパからの入国を禁止。
遅かれ早かれ、日本もそうせざるを得なくなる。
望まなくても鎖国状態。
その方が今のところ一番安全。
「グローバリゼーション」という言葉が、空しく聞こえる。
文明の危機だな。
Photo_20200315213101
可愛い桜ちゃん、慰めて

2020年3月14日 (土)

誠実な人だなぁ

夕方からの安倍首相の会見を見て。
一国のトップに、つくづくふさわしい人だなぁと。
「中国武漢肺炎」の現状や、これからの取組、一斉休校や休業で被害を蒙っている人たちへの配慮。
支援の方法等、分かり易く丁寧に説明して下さった。
首相は、日本という大きな船の船長。
行先をはっきり、手当を明言してくれたら、船員はついて行く。
信頼関係があるからね。
左巻きの政治屋どもや、マスゴミなどは、これでも揚げ足取りに終始するだろうが。
国難の時期に、我が国を貶めようという輩なんぞはどうでもいい。
母は支持する。
それにしても疲労の色が濃いのではないか?
ロクに休養も取れていないのかもしれぬ。
政治家は重労働。
あ、まともな方たちの話だが。
この肺炎が終息するまで気は抜けないだろうが。
でも、休み休み仕事をして下さい。
多くの国民は、あなたを信じていますよ。
Photo_20200314204101
春色が

2020年3月13日 (金)

ふざけた男だ!

愛知県の「ウィルス」移すぞ男はヤバいな。
「陽性」を逆手にとってしでかしてくれた。
50代だって。
いい年して恥ずかしくないのか。
飲食店2ヵ所で遊んだ挙句、従業員1人が感染したとか。
因果関係は、はっきりしないらしいが。
だが。
こんなバカげた言動を平気でするなんて。
店側は、もっと大声をあげた方がいい。
ふざけんな!
バカなお前のせいで、どれだけ迷惑を蒙ることか。
家族はいい。
同情なんかしない。
こんなバカ、氏名も職場もバラしてくれないものか。
被害を受けた飲食店。
思いっきり、このバカに損害賠償を吹っ掛けるべきだ。
母は、賛成する。
2度とこんな奴がデカい面出来ないように。
社会的制裁をぜひ。
Photo_20200313213501
桜まで後ひと月ぐらい?

2020年3月12日 (木)

なぜ消えた?

日頃は、甘いものが欲しいなんてことはほとんどないが。
先日NHK「グレーテルのかまど」を見ていて。
その中で阿川佐和子が「昔ながらのサバランはどこ?」と。
そう言えば、パン生地に芳醇な洋酒が染み込んだあのお菓子。
しばらく食べていなかった。
と、言うか。
お店で見かけなくなって久しい。
ないとなれば探さずにはいられない母。
あちこち行ったがないものはない。
昼前、近所の菓子店へ。
おばちゃんに聞いてみた。
「うちは作っていないんですよ」
そうだよな。
見たことないもん。
ついでにおばちゃんと菓子談議に花が咲く。
ケーキにもはやりすたりがあって、材料も違えば味も違う。
昔は「モンブラン」か「サバラン」だったけどね。
おばちゃん「シュークリームだって、昔はカスタード、今は生クリーム」
うーむ。
子供の頃は、ケーキはめったに食べられないシロモノ。
「あの頃のリッチな味わいとスペシャル感、今はないね」
おばちゃんと母、年代が同じで話は尽きない。
でも、母欲しいのは「サバラン」だもん。
別なお店探すわ。
もうどこでも作ってないのかしらん?
Photo_20200312221101
抹茶にはこれ

2020年3月11日 (水)

あの日から…

9年目か。
あの大地震からもう…。
朝からテレビ局が騒がしい。
「復興」が、どうたらこうたらと。
いろいろな人が、律儀にもコメントしていたが。
国や自治体ができることは、もうほとんど終わったのではないか。
高い防潮壁を築いたり。
高台に住宅地を整備したり。
いわゆるハード面だが。
あとは、被災者一人ひとりの心の問題。
前を向いて生きていくしかないじゃないか。
過去を恨んでどうなる?
起きてしまったことは受け入れるしかない。
そこから立ち上がる勇気。
赤ん坊が危なっかしくとも、時が来れば自ら立つように。
よちよち歩きをするように。
いっぱしの口を利くように。
自分のリズムに合わせて。
応援する人が必ずいることを時々は思い出して。
Photo_20200311214701
空のハートが見えますか?

2020年3月10日 (火)

どこまで行くか

毎日、「中国武漢肺炎」関連のニュースだけ。
国内は、いずれ落ち着くとは思うが。
イタリア凄くない?
隣の国モドキをあっさり抜いちまったよ。
何でや?
そしたらさっきNHKで、中国企業がやたら進出しているんだって、家人。
例の「一帯一路」かよ。
そんなのに騙されるか。
いやいや中国マネーの浸透は凄まじい。
誇り高き(?)欧米人も金に目が眩みっ放しってこと。
痛い目に合わなきゃ分からないんだろうな。
この分じゃ、ヨーロッパヤバくなる一方。
シナの犬がデカい面してふんぞり返っているAHOも。
所在地は、隣国スイス。
危機がひたひた忍び寄っているな。
まぁ、上層部は、金さえありゃいいんだろうから。
シナ様さまで、世界中にデマ飛ばしておしまい。
誰も責任なんか取らないと思うよ。
アメリカはアメリカでヤバいしな。
いいや、自国第1主義で行こう。
よそ様のことなんか構っちゃおれん!
安倍さん、頼みますよ。
Photo_20200310220801
昨日の弘前城

2020年3月 9日 (月)

あれもこれも…か

お昼を食べてから、公園へ出かける準備。
首にはタオル、帽子とマスク。
白い手袋、お茶入り水筒、飴、カメラと財布が入ったリュック。
アイポッドでポップスを聞きながら約30分。
今日はあったかい。
いい天気、春の陽気だね。
あちらこちらの庭に、パンジーやクロッカス、福寿草が見える。
ちょいとごめんよ。
ギリギリまで近寄ってパチリ。
公園に着いたら、一番先に目についたちらし。
2月中に剪定した桜の枝。
例年数回に分けて、希望者に配っているのだが、今年は「武漢肺炎」のために中止。
希望者多いもんね。
やばいか。
園内は、まだ梅も桜も固い蕾のまま。
先日、ニュースになった「マルバマンサク」には会えたが。
まぁ、岩木山は綺麗だし。
ほとんど無人の園内を、行ったり来たりで、気づけば万歩計は1万2千歩を指していた。
そろそろいいかとうちに帰ったら。
総菜を持って来てくれた隣のご夫婦。
「町会の会議も、当分なしになるらしいって」
何で?
「高齢者が、狭い室内で長時間過ごすのはさすがに…」
どんどん行動が狭まっているな。
でもさ。
今年は、盛大に花見するんだ!
満開の桜の下で。
弁当、どこのにしようかな?
それぐらいいいじゃん!
Photo_20200309222701
マルバマンサク



 

2020年3月 8日 (日)

パンデミックじゃん

中国武漢肺炎は、感染者が増える一方。
日本を通り越して、欧米が一段と酷くなりそうな雲行き。
身体的接触が激しい上に、マスクをつける習慣がない。
AHOならぬWHOの無能が事をより重大にさせた。
シナの金の前にひれ伏したんだな。
一般人の迷惑なんか、ちっとも考えちゃいない。
腐った組織だってバラしちまった。
映画の「カサンドラ・クロス」を思い出す。
あれは列車の中に閉じ込められるんだった。
さんざん、民主主義を標榜する先進国の皆さん方。
我が国のクルーズ船の対応を批判しまくっていたが。
この災害をどう処理なさるものか。
遠い目で見守ろうね。
とにかく、いったいどういう症状が出て、どうなるものか分からないんだし。
治療法も分からない。
混乱状態は、当分続く。
でも我が国。
回復した人が300人以上いるそうだ。
人口に対しての感染者数。
亡くなった人の数。
どちらも少ない方だ。
どこぞの捏造国モドキは、我が国が数をごまかしていると決めつけているが。
自分たちと同じレベルじゃないんだよ。
まぁ医療崩壊を起こしている現実に、向き合う努力をしていなさい。
我が国のことなんかに構っている場合じゃないだろう。
さぁ、私は。
ちゃんと食事をとり、ぐっすり寝て、適度に散歩して病気に負けないように努力しよう。
明日は、暖かいいい天気らしいから、カメラ持って遠出しようかな。
Photo_20200308221901
まだ早いよ


 

 

2020年3月 7日 (土)

少しは生活見直したら?

このところ、我が国を貶めるのに一生懸命のマスゴミ。
学校の一斉休校に食らいついた。
ことさらにパート従業員やら、単親家庭だのにまぁ配慮なさること。
マスゴミのインタビューに乗っかるお方は、お気の毒。
こんな連中、あんた方のことなんて、たいして心配している訳ないじゃんか。
いいように利用するんだよ。
それにしても文句ばかり言う人多いな。
先日の「あさイチ」で。
マスク不足の折、マスクを手作りするという企画。
手持ちの布を使ってざっと20分程度で作っていた。
ああ、これなら誰でも出来そうと思っていたが。
番組の終わりごろ、視聴者からのご意見が披露され。
「この時期、こういう企画をすると使用する布やその他が、世の中から消えるのでやめて欲しい」
だってさ。
言っちゃなんだが、その人の家には布切れないの?
襟の伸びたシャツだとか、しまってあるハンカチとか全然ないわけ?
バカみたい。
家にあるものを利用して作れば済む話だろ?
この程度の認識で、偉そうに番組に物申す。
聞いているこっちが恥ずかしい。
それでも謝罪の言葉を口にする番組出演者。
そうするしかないんだろうな。
でも、そうするからこんなバカがのさばるんだよ。
自分の暮らしの中で、見直すものはいっぱいあると思うんだが。
努力はしないで、いっぱしの評論家を気取る。
左巻きのお仲間という理解でO.K?
Photo_20200307214601
出番待ち

2020年3月 6日 (金)

秋田でも感染者が

夕方、ニュースを見てびっくり!
遂に秋田県でも感染者が現れた。
東北6県。
宮城県で1人感染者が出て1週間。
秋田か。
次はどこ?
うーむ。
我が青森は、検査した人が45名だったか。
どこでどう広がるか、分かったもんじゃないからね。
うちの中でおとなしくしているつもり。
あ、でも明日はお稽古だから。
不用不急じゃないと思うよ。
しかしなんだな。
今回の騒動で、一番信用なくしたのはいわゆる「専門家」
肩書だけは立派だが。
テレビで喋ることに?と思うことが多い。
よくもこんなにでたらめ言ってるもんだとあきれる。
専門知識ねぇ?
ほんとにあるの?
テレビ各局渡り歩いているお方も…。
率直に言って、バリバリ現役で仕事しておられる方は、テレビなんぞに出ている余裕はないのではないか。
そう考えると、この方々の立ち位置がよく分かる。
喋りはどうも下手だし。
今じゃ、この人たちの顔見たらチャンネル替えるわ。
役にも立たない意見は意味ないよ。
Photo_20200306220201
おやつは八つ橋

2020年3月 5日 (木)

待ってました!

ようやく政府が、重い腰を上げてくれた。
中国、朝鮮の入国禁止だ。
ま、細かいことはいいとしよう。
時期も遅いとは思うが、ま、決断してくれたのは嬉しい。
相変わらず我が国のマスゴミは、国を貶めることには一生懸命。
中国武漢肺炎の感染者数を、何でいつまでもクルーズ船の感染者数と一緒にするか。
全く嫌らしいね。
300名だろ?
中国だ朝鮮だに比べたらはぁー?
だから言いたくないんだろうな。
NHK以下、報道機関はほぼシナ・チョンの手下だ。
信用なんかハナっからしちゃいない。
落ち目の三流芸人共も尻馬に乗ってバカを晒す。
あんたらもみんなゴミ仲間で認定。
この分じゃ、シナの親分の来日もいつになるか分かったもんじゃない。
ずっと来なくていいよ。
だいたい、こんな非道なことをしているお国のトップ。
第2次大戦中のナチス以上のおぞましい所業を、現在進行形でやっているんだよ。
国際社会はなぜ沈黙している?
共産主義国家だもんな。
神をも恐れぬ所業は当然てとこか。
これじゃヒトラーを責められない。
チャイナ・マネーの前には、みんなひれ伏す…か。
あぁ、情けない。
だが、シナで進行中の、「武漢肺炎」を日本のせいにするという動きは絶対許しちゃいけない。
あんな国モドキに気を許すべきじゃない!
Photo_20200305223001
雪が消えてゆく!

 

2020年3月 4日 (水)

行動制限

少しずつ、自分の自由な空間が狭まって来る感あり。
近くのスーパーは、営業時間の短縮が始まり。
行きつけのジムは、来週いっぱいお休み。
あちこちでライブハウスだのスポーツ・ジムでの感染のニュースがあるもんな。
仕方ないや。
で、買い物に行ったら、相変わらず紙類のコーナーはガラ空き。
すぐに買わなきゃいけないわけじゃない。
いいけどさ。
こんなにスカスカだと逆に、通常通りに埋まった時、どうなるかが心配になる。
余波はあるんじゃないかな。
報道じゃ、米だのレトルト食品だの冷凍食品もなくなっているそうだが。
こっちはまだ、そんなことはない。
夕方、温泉で会った知人。
花屋に勤務している彼女、この騒動の煽りを受けている由。
「卒業式」「入学式」それに関連する花の需要が頭打ち。
「大きい花はいいけれど、贈り物のブーケとか、とにかく注文が確定しない。
はっきりしなきゃ花の注文もできやしない。もう…」
そうか。
家人の会社も「送別会」の会場探しで一苦労。
なにせ、大勢の人間が長時間、狭い空間で飲食するわけだからね。
この分じゃ、終息したら一気にみんなフィーバーしそう。
そうでなきゃ経済が回らないよ。
それにしても憎たらしい!
中国め!
今に見ておれ!
Photo_20200304222301
花盛り待ってるよ

2020年3月 3日 (火)

やっぱりそうなる?

お隣さんから「雛祭」のお誘いがあって。
しばし、お喋りに花を咲かせ、帰宅後。
いつも通りにジムに行ったら。
閑散とした室内。

職員の言うことには。
「中国武漢肺炎」のせいで、あちらこちらのフィットネス・クラブやらジムが。
休業の憂き目にあっているのだそうで。
「だからね。ここも来週いっぱい休むことになったんです」
うーむ。
その手の報道がされてから。
レギュラーの方々も。
風邪気味の人はそれを気にしてお休み。
流行りの病気を気にする人は恐れてお休み。
結局、いつも通りに来るのは、母のようなノーテンキだけ。
そうか。
何だか侘しいな。
人が密集するところ、換気が悪いところの2つが引っ掛かるわけか。
まぁ、上の方が決めたのなら従うしかない。
せっかく毎日のリズムになったんだが。
ま、今週いっぱいは頑張りますわ。
県内、まだ感染者の報道はないが。
予防の意味ならそうするしかない。
早く終息しますように。
Photo_20200303224901
いつ見ても綺麗だなぁ!

 

2020年3月 2日 (月)

何でかねぇ?

話には聞いていたが。
今日、近くのホーム・センターへ出向いてびっくり!
ティッシュ・ペーパー、トイレット・ペーパーの棚が、綺麗にカラッポ。
別にそれを買いに行ったわけじゃないが。
空の棚と言えば、9年前の東日本大震災。
牛乳、納豆、ビール、たばこetc。
しばらくの間、品薄状態が続いていた。
もっともあの時は、ガソリンが買えなくて。
スタンドはどこも長蛇の列。
やっと待った末に買える量はごくわずか。
でも、我慢しなきゃ。
停電も数日続いたし。
もっと前。
母が若かりし頃のオイル・ショック。
仕事帰りにスーパーに寄っても。
トイレット・ペーパー、洗剤の類は姿を消していた。
と、考えたら。
過去2回とも「石油」がキー・ワード。
が、今回はそれとは違う。
マスク不足で味を占めた「転売屋」が暗躍しているとみたね。
しかし、ペーパー類を買い溜めしてどうするんだ?
夕方ラジオで、1人が使うトイレット・ペーパーは、週1ロール。
月に4ロールだって。
ウォシュレットだって普及しているだろうに。
何だかな。
レジのお姉ちゃんも首を傾げる。
「空の棚を見ると、買わなくちゃと思うんだろうか?」
お姉ちゃん
「お客様は、必死なんですよね」
この次なくなるものは何だろう。
また、踊らされるのか…。
Photo_20200302221301
茶室は春


2020年3月 1日 (日)

浮かれておりました

昨日は、ブログの更新をサボっちまってごめんなさい。
なにせ、社中の「雛祭」
婆ぁたちの年に一度のお楽しみ(?)なんちゃって。
10時半頃師匠宅へ向かい。
みんなと軽い昼食。
その後、晴れ着に着替えて2時からお茶事開始。
1人ずつお点前を披露し、5時過ぎから宴会の始まり。
みんなであーだこーだとお喋りに花が咲き。
そろそろ帰ろうかと時計を見たら11時!
あら、もう遅いわー。
ま、いいか。
飲まない弟子仲間に送られてようやく帰宅。
家の中は、静まり返っておりました。
それから着替えて洗濯開始。
この時間にパソコン作業って…。
もう諦めて寝ることに。
今となっては、布団に入ったこともほぼ記憶になし。
家人、息子共に、いつも通りの朝が始まって。
平和な我が家でありました。
Photo_20200301204301
母使用の道具


« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

最近のトラックバック

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31