無料ブログはココログ

キムリン・ホリスティック・ワールド

  • 金 香百合
    いつも心に太陽を 悲しい時、辛い時、誰かに慰めてほしい時、キムリンはいつもそばにいてくれる。もしかしたら、みんなの守護聖人かも?

cocoa青森

  • COCOA青森
    COCOA青森の会員限定サイトです。あたたかい心と少しの時間を、メンバーと共有して下さる方を募集中です。

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月28日 (金)

そこに危機が…

海の向こう、北海道が「非常事態」宣言!
中国武漢肺炎の感染が止まらない!
うーむ。
我が国のあちこちで、感染者が発生。
今のところ、青森県はまだ報告されていないが、時間の問題だろう。
北海道はやっぱり、シナ人の観光客が多いもんな。
言っちゃなんだが、歩く○○リスト。
と、言ってもいいと思うよ。
ルーツがあちらの野盗の皆さん方に異論はあるだろうが。
さて、昨日。
首相が、全国の学校に休校を要請したことで。
相変わらず無能な連中が一斉に批判。
じゃ、どうすりゃいいっての?
何の代案も出さず、「桜ガー」と、喚いていたのはあんた方だろ?
急に、国民の代表面するって卑怯過ぎる!
マスゴミも例によって、文句垂れる奴ばかり取り上げるが。
インフルエンザだの集団風邪だので、学級閉鎖や休校になるのはよくあること。
その時にこんなに文句垂れるかっての?
「備えあれば憂いなし」じゃないんですかね?
尾木さんも出しゃばり過ぎだよ。
引っ込んでいてくれないかね。
正直、あんたの正義者面は見たくない。
Photo_20200228214701
早く出て来い!

2020年2月27日 (木)

もう、こんな時間!

いつも通りに過ごしていたつもりが。
中国武漢肺炎関連ニュースや、相も変らぬ野盗のバカ作戦(?)だのに怒っていたら。
まぁ、こんな時間になったのね。
合間に家事もやりながらだからね。
まぁ、仕方ないか。
さて、小中学校は、お休み期間がずーっと続く模様。
母の人生で初めての経験。
ママさん、パパさんたちは大変だなぁ。
周囲の人たちに、協力を頼んでごらん。
1人で思い詰めることはない。
きっと誰かが、助けてくれるよ。
困った時はお互いさま。
しかしだ。
晴れの卒業式を、こういう形で迎えるというのは何だか切ないな。
親がしみじみ、我が子の成長を噛みしめる機会だのに。
でも、親子で祝うという場が、一段と家族の絆を強くするよ、きっと。
この肺炎騒動が、いつ落着くものかは分からないが。
それでも少しずつ、いい方向に向かうと信じなきゃ。
「集団ヒステリー」だけは、起こしたくない。
人一倍短気な母。
気をつけます。
Photo_20200227221901
今年はまだまだ

2020年2月26日 (水)

正体見たり!

連日の中国武漢肺炎関連ニュース。
いったいどこまで行くものやら。
自分に害が及ばない限りは、面白いよな。
最近、つくづく思うのは。
どんだけ偉そうな話してたって。
世界中、大したことないじゃんか。
いわゆる先進国だって。
民主主義の本場、イギリスもアメリカも。
我が国に停泊したままのクルーズ船に。
何の手も打たなかった。
自分たちの国の船だというのに。
やっと引き取った自国民。
感染していたって笑わせる!
元凶の中国も、バカじゃないの?
自分とこの不始末棚に上げて、我が国の対応がダメだとさ。
その上、我が国からの入国を制限するんだと。
はぁ?
我が国政府もなめられたもんよの。
まぁ、良い。
結局のところは、どこの国も信頼に値しない。
その時々の都合でどうにでも転ぶ。
今回の騒動で、はっきりそれが分かったことが収穫だな。
38
去年の3月8日

 

2020年2月25日 (火)

このままじゃヤバいよ

なんだかな。
安倍首相を信じてはいるけれど、中国武漢肺炎を始めとする対中国のやり方は?
どうにも不信感を抱かずにはいられない。
もっとも、国内のそういう勢力が、巧みに誘導しているのではないかという疑念もある。
不法外国人がどんどん国内に入り込むというのは、いくらなんでもまずい。
生活保護費だの、医療費だの、日本人が先だろうに。
国内の仕事したくない人間よりは、働きたい外国人の方が有難いというのは分かるにしても。
ヨーロッパを見ても。
安い労働力ということで、ばんばん外国人を入れた結果は、あのていたらく。
難民の流入が止まらない。
せっせとお国のために税金を払ってきた人々が、割を食っているのが現実。
「人道主義」などという甘い概念が、どれだけ国を蝕んでいることか。
「移民」なんぞ受け入れるべきじゃない。
あくまで期間限定で、就業を認めるでいいじゃないか。
だいたい、本国で役に立とうなんて志はないのか?
甘ったれるんじゃないよ!
そうそう。
お隣の迷惑ミンジョクのお子様たちが、街頭に立って、自分たちの学校に我が国政府が金を出せと運動している。
何で、あんたらに私らが金を出す必要がある?
さっさと祖国へ帰れよ。
いらないよ、あんたら。
いつまでもグチグチ不平不満ばかりの犯罪者集団め。
大嫌い!
本国での半地下生活がお似合いだっつーの。
Photo_20200225220001
春だからね


2020年2月24日 (月)

何、言ってんだか

夕方のNHK
相も変わらず中国武漢肺炎のことだらけ。
昼の番組もそうだった。
まぁ、各局、専門家と言われる方々をお呼びして。
あれやこれやとご意見をいただくが。
つい先日まで、大したことはないというお方が多くなかったっけ?
それが今じゃ…。
罹患者数も死亡者数もダントツの中国。
晴れて我が国を抜いて、堂々第2位の隣国。
あんた方の見解は何だったんだ?
我が国もしょぼしょぼと増え出した。
現実を見ると、今までみたいにノーテンキじゃいられない。
でもね。
ご立派な肩書をお持ちの方を番組に呼んだところで。
一般人でも知っていることを繰り返すだけでいらつくわ。
新しい病気で、ほとんど何も分からないというのがほんとのところ。
今更「人込み」ってどういうところなんて、アホな解説してんじゃないよ!
NHKのアナウンサーたちも、内心「こんな薄い中身じゃな」と、思ったろう。
そう思わなきゃまともじゃない。
それぐらい今夜7時のニュースは酷かった。
視聴料取ってあれじゃ、詐欺だよ。
ふざけんな!
Photo_20200224221501
空を見上げてあーあ

2020年2月23日 (日)

花が咲いたら

去年の春。
なぜかイチゴの苗が店頭に並ばなくて。
それでも探し続けて、ようやく手に入れたのは桜が散ってからだった。
小さい苗を大きめの鉢に入れ、ちかよさんのアドバイスに従って、ぬかを補給。
霊験あらたかで、甘くて大きい実をいくつか収穫。
味を占めた母。
冬期間、寒い戸外に置く気にはなれず。
窓辺に場所を移して世話をしていたら。
白い花がいくつも咲くように。
葉っぱも可愛ければ、花も清楚でよろしい。
が、待てよ。
花が咲いたら実もなるんじゃないのかな?
なら肥料補給しなくちゃいけないのではないかしらん。
いやいや、そろそろ庭に地植えした方がいいのかも。
と、そっち方面に疎い母。
頭の中がぐーるぐる。
もしかしたら、「取らぬ狸のなんとか」
心配するほどのもんかいな?
とは言いながら、毎日イチゴを眺めてはニタニタ。
ちょっと危ないような。
Photo_20200223214601
フクジュソウもまだ早い

2020年2月22日 (土)

お隣さん、良かったね

中国武漢肺炎のニュースで、毎日、ドキドキ。
スリルとサスペンスの世界だが。
何でもかんでも我が国に絡んできてウザい隣国。
なんとなんと、罹患者数が我が国を抜いて、中国の次。
流石は属国だ。
さぞかし本望だろう。
それでも、そうなったのは例によって我が国のせいなんだと。
何で?と思ったら、我が国に来て本国へ帰った連中がウィルスを運んだんだそうな。
あら、そうかい?
ノー・ジャパン運動はどうしたんだ?
全く節操のない連中だ。
国が潰れるまで続ける根性はないのか?
次から次へとバカげた言動で。
まぁ面白いっちゃ面白いが。
その程度のおつむで生きていられるってある意味、羨ましいわ。
まぁ、半島から出て来なきゃそれでいい。
素晴らしき祖国で、お過ごし下され。
Photo_20200222201901
もう、消えてくれない?

2020年2月21日 (金)

今夜は早送り

夕方6時半から会議だったんだ。
施設訪問のグループで。
みんなの活動報告を聞いて思わずジーン。
色々な障害者と、施設職員たちとのやり取りが生々しく。
それでいて、あったかくて。
某施設での、職員による殺傷事件のおぞましさで、活動しながらも自信喪失気味だったが。
きちんと利用者や施設側にも受け入れられていることに感謝しなくちゃ。
メンバーの高齢化に、どう対処すべきか。
自分たちの活動をどう発展させようか。
考えることは多い。
加えて、今回の中国武漢肺炎の脅威。
いつもなら、もっとのんびりゆったりの会議のはずが。
緊張感も半端ない。
1人でも体調の悪化を感じたら、お互いSOSを出しあおうね。
隠しちゃだめだよ。
なんて、何だか切ない終わり方。
そのせいで帰宅はすっかり遅くなり。
みんなには
「あんた。温泉行はヤバいよ」と、釘を刺され。
当ブログの記事更新がすっかり遅れちまったわ。
早送りするわね。
お休みなさい。
Photo_20200221224001
椿は優等生

2020年2月20日 (木)

喜ばしいわ

我が青森県は、週に3度、朝鮮への定期便が就航しているのだが。
これがあなた。
大韓航空の方から、3月末から5月末まで、運航休止を持ち掛けられたんだって!
ほー、嬉しいわ。
かねてから苦々しく思っていた。
頻繁にあのお国モドキと行き来するなんて…。
おぞましいったらありゃしない。
それが向こうから。
はぁ、益々いいね。
再開しなくていいよ。
で、この時期にと言う所がまたまたいいわ。
当市の桜まつり期間、朝鮮人の姿が消える!
武漢肺炎で中国人も来ない!
これを喜ばずにいられようか。
市民にとってパラダイスじゃん!
だからね。
全国の皆さん、ぜひ、当市へいらっしゃい!
綺麗だよ。
ウザい連中、少ないよ。
のんびりゆっくり、世界一の桜見においで!
待ってまーす!
Photo_20200220214801
今年は、いつ見られるかな?

2020年2月19日 (水)

後出しじゃんけんは、みっともない

急に野盗の皆さん方と、仲良しのマスゴミが。
中国武漢肺炎の対応が悪いと、政府を叩き出したけどさ。
あんたら、桜やってりゃいいんじゃなかったの?
どうせ、脳なしなんだからさ。
あまり手を広げない方がいいと思うんだ。
とにかくどうでもいいことに難癖をつけ、大勢で国会の審議を妨害することしか頭にない。
で、偉そうに政府批判をするんだが。
自党の不祥事は目を瞑る。
国籍不明の議員やら、タクシー内でいかがわしい行為に及んだお方とか。
気に食わない新聞に、チンケなコメントをつけて廊下に張り出して喜ぶ低能とか。
まぁ、「羞恥心」もなければ、「品格」もない。
これが自慢て…どんだけ?
ま、その努力の甲斐あって、内閣支持率も下がったらしいが、野盗の支持率も酷いまんま。
だからさ、何回も書くけど。
質のいい提言するなら、一般人の評価も上がるだろうに。
その気がないのか、能力ないのか。
ま、両方だろうな。
このレベルで「政権奪取」語るとは。
無邪気でいいね。
アホらしくてかまっちゃおれんわ。
Photo_20200219214001
せめて去年の春を

2020年2月18日 (火)

マスクの盗難

病院から、マスク6千枚だかが盗まれたと。
普段は鍵がかかっている保管室からだと。
はぁ、これはどこぞのお国で転売されるな。
いつもならいくら母でも少しは同情するが。
兵庫県だろ?
親韓親中の知事がおわすところ。
先日も、盛大に大好きなお国にその手のブツを送っておいでだ。
それじゃ足りないのかね。
いい気なもんだよ。
自分の足元、きちんと押さえるのが先だろうに。
こんな知事は信用しないね。
今回の中国武漢肺炎騒動で、何が良かったかと言えば。
はっきりあちら側とこちら側の色分けが示されたことだ。
ただの善意とは到底思えない。
あぁ、残念だね。
和歌山県、愛知県、東京都etc.
次から次へと感染者が出て来る。
あちらのお国の覚えがめでたいからか。
良かったね。
お役に立てて。
Photo_20200218220101
雪はもう見たくないから

 

 

2020年2月17日 (月)

やっぱり降ったの?

南のお方、やっぱり雪が降ったのかしらん?
事故多発していなけりゃいいけど。
こっちはね。
雨の予定が外れて、曇り空。
それが昼前から青空が出て来て、まぁいい天気。
あったかいしで、この外れは嬉しいわ。
路上の雪はほとんどなくなって、歩きやすいことこの上なし。
お陰で母の膝も腰痛もいい感じ。
心配なのは「日焼け」よね。
もううかうかしてられないんだと実感。
報道じゃ、中国武漢肺炎の感染者も増えて来ている様子。
こっちもヤバいよね。
でもさ。
ニュースでも新聞でも、相変わらず「新型コロナ・ウィルス」の名称のまんま。
たしかAHOもといWHOの無能トップが。
なんとかかんとか2019と名付けたんじゃなかったか?
二重国籍の説明を未だにしないで偉そうなれんぽー氏。
「武漢肺炎」と呼ぶ与党議員に難癖付けてなかったか?
バカ野盗と仲良しのマスゴミの皆さん方。
このままでいいの?
「桜」よりも中国のご機嫌取る方が大事じゃないの?
正しい日本人は、「桜」なんかどうでもいいけどな。
Photo_20200217220001
大好きだよ!桜 今年も花見が待ち遠しい!

2020年2月16日 (日)

南の方に雪が降る?

予報によると明日から寒波が来るらしい。
ところが、雪が降るのは北ではないそうで。
普段、めったに降らないはずの南の地方。
大した積雪でなきゃいいが。
北国のように、雪に慣れてればそれなりの準備もあろう。
普通タイヤで走るのはとんでもなく危険だよ。
と、言ったところで。
だいたい南の方で、スタッドレス・タイヤなんて売ってるのかな?
なければチェーンだが。
それだって持っていない人が多いだろうな。
この際、雪が積もったら、車の運転はやめなさい。
早めに家を出て、交通機関を利用しなさい。
それだって雪の影響はあろうが、それぐらいは我慢。
そのままずっと何日もってことはないだろうから。
こっちは雨が降り続いている。
火曜日だけは大きな雪だるまマーク。
雪国の住民だもの、いつでも準備はできている。
見てるだけなら綺麗な雪も、いつ何時悪魔に豹変するか分かったもんじゃない。
くれぐれも気をつけて。
Photo_20200216213701
こうなりませんように


2020年2月15日 (土)

まずはアメリカから

横浜に停泊中の豪華客船。
やっとと言うか。
アメリカ人乗客を、本国がチャーター機2機で本国へ送るそうな。
そうだよ。
大事な自国民。
我が国なんぞに足止めさせておくよりよっぽどいい。
もっと早く、そういう流れになっても良さそうなもんだった。
アメリカに続いて、各国も自国民の帰国を推進すべきだ。
先日、乗務員が本国へのSOSを発していたインドもぜひ。
一番先に帰国してもらいたい某隣国は、自国民に関心がない模様。
筏に乗せて、海に流そうか。
隣国がいらないものを、我が国が大事にする必要なんかない。
行きがかりで、我が国の領海に停泊しているだけなのに、外野うるさいよ。
人の好意の上にふんぞり返るなんて、恥ずかし過ぎる。
Photo_20200215204601
季節感が大事

2020年2月14日 (金)

人それぞれだろうけど

WHOが何と言おうが、中国武漢肺炎と言わせてもらうよ。
そのせいで横浜に停泊中の豪華客船だが。
中に缶詰め状態なのはお気の毒だけど。
こんなに手厚い支援も、そうそうないんじゃないの?
と、言うのも。
何とか我が国を貶めるネタ探しに血道を上げるマスゴミが。
報道する乗船客というのが何だかなぁ。
金持ちなんだろう?
時間に余裕がある船旅を選んだんだろう?
停泊時間が多少伸びたって、どうってことないんじゃないの?
船はイギリス船籍で、アメリカの会社が運行。
数十か国に及ぶ乗船客。
やれ、薬がないのどうのったって、ここは日本だ。
自分の薬は自国に頼めよ。
検疫するだけでも大変なのに、我儘言ってんじゃねーよ!
なのに、とある日本人乗客の話がNHKで。
下船の許可が出た80歳代の母が、係員の説明不足で、下船後の行く先に不安があるからどうたらと。
なんだ、これ。
だったら降りるなよ!
ぶちぶち文句言ってんじゃないよ!
船会社が費用全部持つと言ってんだからさ。
有難くその特権を享受してればいいじゃん。
心の中でどう思おうが勝手だが、この微妙な時期に無神経な発言て。
嫌いだね、こういう厚かましい人間は。
Photo_20200214220701
去年の春は

2020年2月13日 (木)

見直したぞ!千葉県

昨年は、いろいろな災害が千葉県に降りかかって。
その処理の最高責任者たる森田知事が。
次から次とポカをやらかしてくれて。
こんな奴を知事にしておく県民て…。
と、思っていたんだが。
いや、今でもあの知事は○○だと思っている。
だが、今回の中国武漢肺炎に関しては、千葉県民に感謝以外の言葉がない。
不測の事態で、帰国した人たちを受け入れ、慰め、励まし続けてくれた。
特に勝浦市。
ホテル三日月か。
どこぞの国では、帰国しても酷い対応されているらしい。
だが、千葉県は違った。
ホテル近くの砂浜に書かれたメッセージ。
竹灯籠で連帯の意志を示した人々。
自宅に帰る人たちを見送る沿道の人々。
思わずジーン。
不安でいっぱいの人たちに、希望を与えてくれた。
名もない人々の愛情が、どんなに慰めになっただろう。
ありがとう。
機会があったら、千葉県へ旅行に行こう。
ホテル三日月や勝浦市を目指して。
そう思った人は、たくさんいる。
Photo_20200213215301
心の中は花盛り


 

2020年2月12日 (水)

滅茶苦茶な天気

今日は、もう春の陽気と言っていい。
当市の最高気温、8.9度だって。
空は青く、風は爽やか、あぁ、幸せ!
明日からは崩れるらしいけど。
今度は雨か。
うーむ。
天の神様も忙しいことで。
去年の秋から山火事が続いているオーストラリアでも。
ハリケーンが上陸したとかで、集中豪雨の地域もあるそうな。
所に寄っては洪水被害。
当市もなぁ。
まだ雪が残っている状態で、大雨なんぞ降られた日にゃ。
増水の心配もせにゃならぬ。
全く次から次へと心配の種が湧いてくる。
ま、その方が。
ボケなくていいか。
でもさ。
桜だって困ると思うんだよね。
あまり早く咲き出されてもねぇ。
せっかくの美人さん。
一番いい時に顔出していただきたい。
そこんとこ、どうにかならないかなぁ。
Photo_20200212213101
今年もそろそろ

2020年2月11日 (火)

季節交代?

何だかあったかくて穏やかな一日だった。
緊急呼び出しの当番に当たっている家人。
今朝も早くから隣の市へ。
昼前に帰って来てやれやれと思ったら、また呼び出し。
今度は市内の端っこへ走る。
昼過ぎ帰って来てご飯。
その後またまた呼び出しという具合で。
仕事とは言えど、ご苦労さん。
意外に本人はケロッとしていて。
「お天気のせいか道路はいいし、気分はいいし、こんな日なら苦にならない」
そうか、良かったね。
でも母はね。
ヴィデオ観ながらうとうとしかけると…。
家人が帰宅するというのを2度繰り返し。
せっかくのいい気持がねぇ…。
あったかい室内。
あったかい陽射し。
あぁ幸せ。
もうちょっと満喫したかったのが本音。
しばらく雪は降らないみたい。
選手交代してくれたかも…。
Photo_20200211214601
出て来るまでが待ち遠しい

2020年2月10日 (月)

また積もりそう

今朝は、大した積雪でもなくほっとしていたが。
何たって昨日。
7、8、9日の3日間で80㎝の降雪。
気象庁も認めた日本一の記録だった。
いつもとんでもない降雪量で話題の、酸ヶ湯72㎝を軽くオーバー。
ちなみに当市の降雪量歴代トップは、平成17年1月10日の86㎝だそうな。
つい1週間前は、ほとんど春だったのに…。
今日、施設訪問の仕事で青森市内へ出かけたが。
例年、豪雪地帯として知られているそこも。
当市よりは少なめだった。
予報じゃ、明日の昼までの辛抱で、その後は高温が続くんだって。
これだけの雪が今度は溶けだす。
もしかしたら洪水になりかねぬ。
それもなぁ。
水攻めかよ。
って、母はいったい、何と戦っているんだ?
さっき、家人が布団に入る前。
ちらっと外を見て、
「明日も雪かき覚悟しといた方がいいんじゃない?」
また、降って来た。
静かに静かに雪が降る。
今夜も眠れない。
Photo_20200210215401
もう、いいよ

2020年2月 9日 (日)

地獄の責め苦(?)

津軽の冬は、ドカンとやって来た。
ここ数日の積雪で、いい加減疲れ切っているところに。
またも来たよ。
朝、玄関先を見て目がテン。
気のせいか。
ここ数日で一番の量ではないか。
白髪頭の夫婦。
朝6時から雪かきに精を出す。
サラサラの白い雪が憎たらしい。
でも、やらなきゃ。
家の裏には雪の山が2つ3つ。
家の前の堰は、雪で埋まっている。
作業中も雪は止まず。
汗ダラダラで仕事を終えたのは8時近く。
さ、温泉だ。
女風呂は、母一人だけ。
もう、貸し切り状態。
湯船につかって足と腕のストレッチ。
他の客が来たのは、母が脱衣所にいる時だった。
今日はみんな、雪かきに追われているんだろうな。
午後4時頃には、息子も加え3人でまた雪かき。
あぁ、辛い。
ここは地獄の1丁目。
終わりのない責め苦。
もう雪は嫌!
Photo_20200209210601
見てるだけでいいわ

2020年2月 8日 (土)

今日も冬だった

朝、緊急時に備えて待機日に当たっていた家人。
突然の電話に飛び起きた。
時刻は6時。
朝食もとらず、慌てて出勤。
ところが…。
玄関の外を見て絶句。
何だ、この雪!
30㎝近くはあるな。
ところが家人、雪かきなんぞしている時間がない。
うちの車は4WD。
ちょっとやそっとの雪は、ものともしない。
家人
「あんた、やっといて」
母、せっせと雪かきしたものの、駐車場は結構な面積。
うちの分は手抜きしても、ご近所さんとの共有スペースは、はずせない。
ここはひとつ、極楽とんぼの我が息子に登場願いたい。
猫なで声で頼んだら。
意外にもあっさりO.K
そこから二人で頑張ること1時間。
汗ダラダラで、遅い朝食。
母は、お茶の稽古に行かなきゃならぬ。
市内はどこも雪だらけ。
時期が遅いだけでいつもの冬。
師匠宅から湿布剤をもらい受け。
あちこち貼りまくって明日に備える。
ちょっとは控えてね、天のお方。
Photo_20200208211101
見慣れた光景

 

 

2020年2月 7日 (金)

続かないの?

昨日、やっと冬が来たはずが。
今日は、もうどこかへ行ったみたい。
まぁ、そこそこと言うか。
30㎝位は雪が積もったから、ほっとひと息した人は多かろう。
できればあとン㎝位は欲しい所。
一度でなくて、小分けで何とか。
ヤバい手当要求しているみたいだな。
深読みしないでいただきたい。
当地のイベント「雪祭り」のためにも。
夏の水不足解消のためにも、ぜひ。
昨日降った雪が、今日の暖気でかなり溶けて。
湿った道路が、気温の低下でガッチガチ。
温泉行の道路は、ツルッツルで危ないのなんの。
それよりは、ソフトな雪が積もっている方がまだ…。
と、好きなこと言わせてもらったが。
やっぱり冬は冬らしくなきゃ。
春を待ちわびる気持が薄れるんだよな。
Photo_20200207215501
見ているだけなら

2020年2月 6日 (木)

疲れました

昨夜から雪が降り続けた。
強弱はあるにしても、ほぼ一日中。
ほんとに冬なのね。
なんてアホなコメントしている場合じゃない。
朝、起きてからは、家人が。
昼前と夕方は、母が。
仕事を終えて帰宅した家人がもう一度。
もう、雪かきでヘトヘト。
ざっと30㎝近いかな。
さらさらした雪だから、まぁ、楽と言えば楽。
近所もみんな、雪かきに精を出す。
これほどの雪は、今年初めて。
毎年、思うんだ。
これがみんなお金になるんなら、文句言わず仕事しますと。
誰か考えてくれないかな?
さしずめ武漢肺炎のウィルス退治に貢献できる何か。
バンバン、材料提供しちゃうよ。
なんて、夢のまた夢。
例年なら、今頃、雪かきにも慣れているはずだが。
なにせ、一昨日まで、雪はほとんどなかったもんで。
疲れ具合が半端ない。
さ、皆さん。
お休みなさい。
Photo_20200206222801
降る時は降るんです

2020年2月 5日 (水)

ほんとに来たよ

いやぁ、雪だー!
朝、外を見たらうっすらと雪景色。
これぐらいなら、雪かきも楽しいわん。
そのまま静かに夕方まで降り続き。
この調子なら明日は早起きしないと。
雪国の人間が、雪を喜ぶとは…。
ま、それぐらい異常な冬という事よ。
真っ白づくめの風景は、そりゃもう美しい!
予報じゃ、明日も雪だって。
いいよ。
やっと冬らしくなったんだもん。
そこそこの積雪で終わってくれたら。
スキー場はもちろん、雪まつり関係者は、胸を撫で下ろしているよ、きっと。
いつまで続くかな?
夏の水不足を回避するためには、もう少し降り続いてもらわないと。
何事も、望まれているうちが花。
Photo_20200205214601
冬、キター!


2020年2月 4日 (火)

本当かな?

明日は当地、雪になるとのご託宣。
今冬、何度そう聞いたかな。
でも、2月というのに積雪はほぼゼロ。
8日から始まる「雪祭り」は、雪不足で泣きが入る。
どうにか岩木山の麓からかき集めては来たらしいが。
息子の話じゃ
「雪像が黒っぽいんだってさ」
何となれば、雪不足のため、泥だの土だのが混じっているからだって。
大きな雪像づくりで、毎年、拍手喝采の自衛隊は。
早々に作り上げたが、雨で溶けるのをシートでカバーしているとか。
真冬とは思えぬ高温と小雪じゃ、関係者のご苦労がしのばれる。
で、明日の朝はマイナス3度、日中はマイナス1度。
上空には寒気団。
うーむ。
これは期待できるかも。
いや、スキー場関係者だって、除雪業者だって。
待ちわびてるよ、きっと。
母はね。
雪かき、辛いなー。
そこそこの降雪でいいんだけど。
さて、天の神様は、どうなさるか。
Photo_20200204215101
去年の雪まつり

2020年2月 3日 (月)

豆まきしようと思ったけれど

息子が小さい時はね。
母もしっかり豆まきしたんだ。
家人と交代で鬼やって。
それが今じゃ…。
30過ぎた息子と白髪頭の爺、婆じゃ。
鬼の方が避けるってもんよ。
でも、一応。
スーパーで落花生を物色したわ。
圧倒的に中国産が多い。
うーむ。
原則として、シナ・チョンは避ける母。
山菜は中国製が多く。
パプリカは朝鮮製が多い。
どっちも却下。
朝鮮海苔、お断り。
安かろうが何だろうが、そこは譲れない。
おっと、落花生だった。
千葉県産あったけど、高いなー。
もう少し少なめの量でお願いできませんかね。
味は間違いないんだし、何よりも国産品と言うことで有難味が違う。
色々見たら、「柿の種」のピーナッツも。
「でん六豆」のピーナッツも、シナ製だった。
あちゃ、もう買わないわ。
そしたら知人。
「「あんた。安い弁当は、ほとんどその2国の野菜だの海苔だの使われてるよ」
あぁ、そうなんだ。
がっくり!
「外は外。内は内」にしなくっちゃ。
Photo_20200203213101
早く来てね!春景色

2020年2月 2日 (日)

さすがに在庫切れ

当地のような田舎でも。
ついに、マスク類は姿を消した。
夕方、ホーム・センターに出かけたら。
売り場を行ったり来たりのおっちゃん。
母の前で溜息。
「もう、ないんだ…」
あまりの落胆ぶりに、さすがの母も声をかけずにいられない。
でも、残っているのは給食用の布仕様、しかも子供サイズという情けなさ。
それ以外は濡れマスクだが、これはちょいと高めの価格。
それだって残りはわずか。
すすめては見たが…。
首を振り振りおっちゃんは、帰って行った。
ほぼ入れ替わりにやって来たおばちゃん。
これもまた溜息だらけで。
「少しはあるかと思って来たんですが…」
多分、昨日と今日で売り切ったと思うよ。
でも、みんな都合があるもんね。
除菌シートももうないし。
売り場の一部がスカスカ。
「完売」の札が目立つ。
この状態がいつまで続くか。
早いとこ終わってくれないかな。
落胆する人たちを見るのは辛い。
Photo_20200202220301
過ぎ去りし秋

2020年2月 1日 (土)

健気と言うべきか

昼前に、お茶の稽古に出かけたが。
途中のドラッグ・ストアで、おやつとお茶を買っていたら。
携帯片手にマスク売り場に陣取るおじさん、おばさんたち。
家族のリクエストを聞いているんだろうな。
そこのお店も、数は少ないものの、マスク類はまだあった。
と、そのうち入って来た若い女の子たち数人。
言葉が日本語じゃない!
あ、と思ったらマスク類を買いまくる。
この辺が日本人と違うところだな。
他に買う人のことなんか、頭になさそう。
帰りにそこに寄ることはないが、もうその手の品物は姿を消しているかな。
観光が先か買い物が先か。
うーむ。
さて我が社中。
師匠以下、マスクがなけりゃ作ればいいという猛者揃い。
以前のマスク品薄時には、師匠が音頭を取って、社中マスク作りに励んだっけ。
さらし木綿とガーゼ、バイアス・テープでせっせと。
考えてみれば、使い捨てよりも、洗濯、消毒に耐える布製がエコではないか。
今、市販の布製マスク、姿が見えぬ。
オイル・ショック時には、古い布切れで使い捨てのナプキンも作ったなぁ。
何だ。
家の中にあるもので、いざとなれば代用できるじゃんか。
あくせくすることなんかなかったんだ。
Photo_20200201204201
鳥の大好物

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

最近のトラックバック

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31