無料ブログはココログ

キムリン・ホリスティック・ワールド

  • 金 香百合
    いつも心に太陽を 悲しい時、辛い時、誰かに慰めてほしい時、キムリンはいつもそばにいてくれる。もしかしたら、みんなの守護聖人かも?

cocoa青森

  • COCOA青森
    COCOA青森の会員限定サイトです。あたたかい心と少しの時間を、メンバーと共有して下さる方を募集中です。

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月31日 (金)

久しぶりだな

買い物ついでにマスク売り場を覗いたが。
品数は少ないけど、なにせド田舎。
まだあるよ。
除菌シートも数は少ないけどまだある。
店によっては、数量制限かかっているところも。
しかし品不足って…。
母がまだ若かりし頃、オイル・ショックなるものがあって。
ティッシュやらトイレット・ペーパーはもとより。
洗剤類は、あっという間に姿を消した。
すっからかんになった陳列棚を前に唖然、茫然。
それでも友人、知人たちと、少ない品物を分け合って節約に励みどうにか切り抜けた。
お次は、東日本大震災時。
スーパーで一番先に消えたものは、牛乳と納豆。
ビールや煙草も品薄状態。
まぁ、なけりゃないで仕方ない。
それでもつてを頼って、家人の煙草は確保。
ビールは、馴染みの酒屋のあんちゃんが、便宜を図ってくれた。
あの時一番辛かったのは、ガソリンの入手だったなぁ。
どこのスタンドも長蛇の列で、決められた量だけ。
うーむ。
それに比べりゃ、マスク…。
家中の在庫探せば、どうにかなる。
除菌シートも、なけりゃトイレ用でも使おうか。
この病気がいつ収束するものか、予測はつかないが。
今、この段階でみんなが気をつけていれば何とか凌げるのではないか。
そう思いたい。
Photo_20200131215401
あの美しい風景を

2020年1月30日 (木)

まずは自分の身の回り

新型肺炎の情報が、未だにきちんと公開されているとも思えない。
発生源のお国は、全く信用に値せず。
我が国の専門家と称するお方たちの見解も、ほんとかいな?の域を出ず。
政府は政府で、昨日武漢から帰って来た人たちのうち、2名が検査を拒否して自宅へ帰ったと。
「人権」ねぇ。
この2人、つるし首にしてやろうか?
ネット上でも燃えていたが。
ようやく、説得の結果、検査を受ける気になったとかならないとか。
この2人。
何で日本に帰って来たの?
そのまんま中国に残りゃよかったろう。
他に帰国したい人に譲るべきだろうが。
呆れ果てたね。
うちの家人ですら、ネット上でこの二人の氏名、住所、顔写真等、誰かが晒してくれないものかと言うぐらい。
そう思う人は多かろう。
その2人の家族だって、いい迷惑だよ。
未だにシナの言いなりのAHO組織。
今夜、緊急会議だと。
今更、あんたらが何をどう言おうが、各国がさっさと対応しているよ、バーカ。
世界中で、これからどれほど病気が広がるか誰にも予測はできないが。
ちょっとやそっとじゃ納まるまい。
各自が、まずは自分の身の回りをきちんとしなきゃ。
手洗い、マスク、消毒、お茶を飲むことetc.
長い戦いだ。
Photo_20200130221801
思い出の秋

 

2020年1月29日 (水)

やっぱり改名した方が

WHOが、中国マネーに汚染されているのは、やっぱりほんとらしいな。
散々焦らしておいて、ようやく中国へ出かけたら。
ニコニコ顔で習近平と記念写真。
あぁ、恐ろしい!
まぁ、こんなアホ組織の見解を頼りにする我が国の厚労省も?だが。
ネット上は大盛り上がり。
ハナっからWHOをAHOに変えろと言っていた。
ネット民はさすがだな。
ついさっき、ニュース速報で。
中国人ツアー客を乗せたバス運転手に続いて。
ガイドも感染していたと。
ヒトからヒトへともう始まっているじゃんか。
中国人を入国禁止にすべきだろ。
観光収入がどうたらと。
未だに寝言言っている観光地の皆さん方。
そんな国にだけ頼っていることが、どれだけヤバくてもろいことか。
少しは考えたら?
相変わらずマスゴミが垂れ流す情報は、観光地が困っているという話だけ。
長い目で見たら、中国人が大挙して押しかける方がよっぽどヤバいだろうに。
あ、シモジミキオという○○政治屋も、そう言っていたな。
この人も何なんだ。
中国からの金、どんだけ懐に入れてるんだか。
沖縄県に、イマイチ同情する気が起きないのは、こういう輩がデカい面しているからなんだよな。
Photo_20200129215101
今年は見られない光景かも

2020年1月28日 (火)

相当ヤバそう!

中国発の肺炎。
ついに、中国人ツアー客を乗せたバス運転手が感染したとか。
変に煽っちゃいけないのは分かるが、対応が緩過ぎたのではないか。
今日のネット上は、凄まじい情報が飛び交っていた。
武漢では、11月頃から妙な病気が流行っているという情報はあった。
カナダの某研究所から中国人スパイが、病原菌を窃盗した。
中国国内にある某研究所から、病原菌が漏洩した。
今回のウィルスの型が、その病原菌と一致する。
WHOは、中国マネーで支配されている。
いやはや…。
これ全部、本当だと思うんだよな。
あの国じゃ、誰がどれほど命を落とそうが知ったこっちゃない。
ウィグル族だってチベット族だって、香港だって台湾だって。
今、現在、どれだけ虐殺されていることか。
世界中が知っている。
中国マネー欲しさに、みんな沈黙しているが。
もしかしたらバイオ・テロ?
WHOの見解なんか信用できるもんか!
厚顔無恥のかの国が。
何ヵ所もの都市を封鎖する異常事態。
あの国にコントロールする能力なんかありはしない。
と、言うか。
もう世界中にバラまかれたんだよ。
自国民は自国で守らなきゃ。
それぐらいの非常事態。
観光客でニタニタ笑っている連中って、バカじゃないの?
Photo_20200128220901
空も暗いし、心も暗い

2020年1月27日 (月)

欲しい所には

雪国は、暖冬で困ることが多いのよ。
色々な行事も、雪があるってことが前提にあるわけだし。
まぁ、雪かきなんてハードな仕事、なるべくならしたくはないけど。
ところがなんと、関東方面は大雪の予想と。
うーむ。
冬用タイヤ買いに走る人。
除雪用品を買い求める人。
雪国じゃ、秋の終わり頃に準備O.Kだ。
あ、長靴はあった方がいいよ。
少しの雪で、すってんころりの映像よく見るけど。
危ないからね。
大した出費でもなかろうに。
おしゃれがそんなに大事か?
怪我をしたら元も子もないんだよ。
当地、今年は、ほとんど長靴の出番がない。
でも必需品。
スパイク付きのスノー・シューズもね。
凍った路面を歩くには最適。
とにかく、雪を甘く見ないこと。
お大事に。
Photo_20200127222301
今の時期の写真とは思えない

2020年1月26日 (日)

日本人が先だろ!

新型ウィルスを運ぶ某国人。
ぬけぬけとテレビのインタビューに。
「自国よりも日本の方が安全。何かあったら日本の病院へ行く」だと。
ふざけんな!
てめえの国で治療を受けろよ。
ウィルス・テロ以外の何物でもない。
恥知らずのバカ国民め!
こんな連中なんか、どうなってもいい。
かの国から出られない邦人が先だ。
やっと政府が専用機をチャーターして帰国させることになったらしい。
こんな非常時にも拘らず、バカ野盗は相変わらず花見がどうたら。
野次発言がどうたら。
危機意識ゼロ!
こんな奴らが高給取りって…。
我が国の不動産を買いまくるバカ国人。
我が国の生活保護費をかっぱらっているバカ隣国人。
治療費も払わない外国人。
国籍もはっきりさせられないアホ政治屋ども。
全くどうなってるんだ?
安倍さん。
もっと強権的に事を進めてよ。
外国人に気兼ねする必要なんかないだろ!
特に今回のウィルスに関しては。
さっさと中国人の入国拒否をした北朝鮮。
自国に来た中国人観光客を送り帰したフィリピン。
偉い!
これぐらいやってよ!
特亜三国人なんかいらないよ。
Photo_20200126213301
落着け!ひとまずお茶で

2020年1月25日 (土)

きついご注意

お茶の稽古に出かけたら。
師匠と姉弟子たちが盛り上がっていて。
まぁ賑やかなことで。
初めは和気藹々としていたが。
だんだん、皆様方の話題は、中国の新型ウィルスに。
皆さん、結構なお年。
これが流行でもしたら、ヤバいよなぁ。
ところが、皆様方の心配は何と母の健康状態にあった。
そこから始まる小言の嵐。
「ね、あんたは、この前のことがあるんだから。一番危ないよ」
はぁ、そうですね。
「春節とやらで、かの国の人たちが市内にいる間、あんたは外出控えなさい」
はい、そうしましょう。
「間違ってもバスなんか乗っちゃ駄目よ。迎えに行ってあげるから」
うーん。
何だか母。
「腫物」になった気分。
師匠からはガバチョとマスクをプレゼントされ。
「手洗い、うがいをきちんとするんだよ。長湯は禁物」
大事にされているとも思うが、子ども扱いされる年かね?
婆ぁさんたちのお戯れと割り切るか。
Photo_20200125214901
また、やけ食いしちゃった

 

2020年1月24日 (金)

このまんま?

今日もあったかかった。
牡丹雪が舞ってはいたが。
これじゃ積もるはずもなく。
気象庁の予想だと3月いっぱいこのまんまって。
じゃ、もう雪は降らないのね。
雪かきしなくていいのね?
このあったかさで野菜の値段が下がっていると。
農家は「豊作貧乏」という事ね。
豪雪だと文句を言い、暖冬でも困るとほざく。
我ながら我儘よね。
が、膝だの腰痛を抱えている人には、この冬は優しい。
お陰で母も、のんびり散歩を楽しめている。
でも、中国の新型肺炎がどうなるか?
観光客が来るとそれはそれでヤバいんじゃないの?
人間にとって快適な温度は、ウィルスにとっても都合がいいわけで。
あんまり外出しない方がいいのかな。
こんなド田舎でも、かの国のお方は来ているし。
観光客の懐具合に期待するよりは、この際、ご遠慮いただくのが一番。
と、一般庶民は思うわけです。
2_20200124215701
あと2ヶ月も待つの?

 

2020年1月23日 (木)

そこは評価する

今回の、中国で発生した肺炎。
言っちゃなんだが。
中国だのちょうせんなんぞの発言、真に受けるバカがどこにいる?
表に出す数字はみんな嘘!
なのに、我が国の受け入れ態勢はまるでザル!
政府、しっかりしてよ!
中国人を受け入れるべきじゃないだろうに。
中国も中国だ。
国外に出すなよ、迷惑だろ!
差別と言わば言え!
と、ここへ来て。
中国しかまともに相手にしてもらえない北チョウセンが。
なんと、なんと。
中国人の入国を拒否!
おい、どうした?
そんなことしていいの?
いいんだよな。
こんなヤバい病気、持ち込まれたら、国が持たないと知っていたんだ。
北の将軍、なかなかの知恵者と見た。
翻って我が国。
自己申告なんて温いことやってる場合か!
さっさと中国人旅行客をシャットアウトすべし!
観光客で落ちる金を目当てに、ウィルス・テロ見逃す気か?
狂ってる!
Photo_20200123220701
季節が違う?

 

2020年1月22日 (水)

逃げないで!

母が住んでいる地域には。
なぜか野良猫の姿がない。
が、我が家の物置に出没している様子。
物置から雪の上に続く可愛い足跡。
うーむ。
動物は好きではないが、飼うのでなければいいかな。
と、今日の夕方。
物置小屋で、空き缶等を分別していたら。
何やら生き物の視線を感じる。
ん?
と、小屋の隅にいたのは白とグレーのぶち猫。
つい、母。
猫なで声で「にゃんにゃんおいで」
ところがね。
猫は、母に親近感は持っちゃいないわけで。
小屋中、叫びながら走り回り、どこかへと消えて行った。
野良猫にしては、ずいぶんと綺麗だし、やせこけてもいない。
多分、どこかの飼い猫。
うちに猫ちゃんが好む何があるんだろうか?
遊びに来るぐらいなら、歓迎するってのに…。
猫語が話せないもどかしさ。
せめて、逃げないで!
Photo_20200122222901
なぜか、早春ぽいのよね

2020年1月21日 (火)

冬は来たものの

今朝は、一面の雪だった。
あぁ綺麗だなぁ。
と、喜んでばかりもいられない。
かなりな積雪だ。
雪かきしなくちゃ。
隣近所も、せっせと雪かきに励んでいる。
我が家も大部分は、家人がママさんダンプを駆使して片づけてくれたが。
細かい部分は、やはり母の出番。
こういう時に、何の関係もなく夢の世界に遊ぶ我が息子。
あぁ、羨ましいねぇ。
ま、いいけどさ。
が、降ったのはその時だけで。
明日だか明後日だかは、また高温になるという。
雨が降るかもよだって。
何だかなぁ。
今年の冬は怖いよ。
夏の水不足、覚悟してなきゃ。
次から次と、心配の種は尽きぬ。
はぁー。
Photo_20200121215501
また、冬が来たよ!

2020年1月20日 (月)

相性いいんだ!

数日前のこと。
隣のダンディなおじさんが。
母にこれ面白いよとくれた1枚のCD。
我が県出身のアーティスト吉幾三のTSUGARUだった。
噂には聞いていた。
正調津軽弁のラップだと。
うーむ。
聞いてみたらまぁなんと…!
津軽弁て、ラップに合うんだ!
津軽以外の方には、翻訳が必要だろうが。
ネイティブ津軽人の母。
ストレートに言葉が刺さる。
あれぇ。
今まで何回か、日本語のラップ音楽を聞いたことはあるが。
どうもラップと相性悪いんじゃないのとばかり思っていた。
それがあなた。
どうよ、このノリの良さ!
しかし、このお方。
ただもんじゃないね。
作詞、作曲、編曲も全部自分。
企画のセンス凄過ぎる!
ド田舎青森県の恥も外聞もない心の叫び。
ピコ太郎のセンスにも度肝を抜かれたが。
青森県人、やるときゃやるんだなぁ。
Photo_20200120215201
明日、予報じゃこうなるはず…

2020年1月19日 (日)

若い選手が次々と

昨日、今日と、リモコン片手にテレビの前から動かない家人。
この2日間は、スポーツ観戦一筋。
隣室でパソコンと向き合う母の耳に。
時折、キャーだのウーだの家人の口から洩れる。
そのせいで、スポーツ音痴の母も。
少しは情報に触れるわけよ。
女子のジャンプは、高梨沙羅ちゃんの成績イマイチで。
そんなにばんばん期待に応えられるはずもなく、本人だって辛かろう。
一方、卓球。
選手層厚いなぁ。
昨日は、母でも知っている選手だけだったが。
今日は、初めて聞く選手が大活躍と。
先行き明るいなぁと改めて。
新しいスポーツも次々、若い選手が出て来ているようで。
スケートボードなんだか、別な名前なんだか母にはさっぱり。
その演技も、テレビの解説聞いたって意味不明だわ。
空中で何回転しただの、着地がどうのと言われても…。
まぁ、とにかく。
時代は変わる。
ついて行けなくても仕方ない。
一生懸命頑張る人たちを応援するだけだ。
Photo_20200119205901
岩木山も雪少な目

2020年1月18日 (土)

このままなはずはない?

とにかく今年は雪が少ない!
雪かきがないのは嬉しいよ。
膝が完治しないうちは、乾いた道路が嬉しいよ。
でもさ。
「楽あれば苦あり」って、言うじゃん。
こんなに雪が少ないと、夏、水不足かもって…。
逆に心配になる。
取越し苦労ならいいけど。
さて今日、約ひと月ぶりにお茶の稽古。
例年なら、まず師匠宅の玄関前の雪片づけから。
が、…ない!
師匠宅は、一部リフォーム中。
これだって、今年が暖冬だからできること。
業者はルンルン。
一方、除雪業者はがっくり。
これじゃ、ちっとも稼げない。
皆が皆、ハッピー!と言うわけには行かないのが現実。
農家の知人たちは、水不足を今から心配していて。
このまま暖冬で突っ走るのも…。
いや、そのうちドカンと大雪が来るんじゃないの?
うーむ。
去年の夏のヨーロッパみたいになるのもなぁ。
オーストラリアみたいに山火事が鎮火しないのもなぁ。
会う人会う人、口を開けば心配ばかり。
分かるわぁ。
なるようにしかならないのは承知だが。
あぁ、ため息ばかり。
Photo_20200118205301
今日のお菓子はね


2020年1月17日 (金)

そんなのがニュース?

NHKはやっぱり…。
今夜のニュースにでかでかと。
北海道定山渓を例に、傾国人観光客が激減していると報道。
へー。
で、全然来なくなったのか、あら、めでたいわ。
と、思っていたら、なんてことはない。
ン10%だかが減っているってだけ。
本国、日本不買運動してるんじゃなかったのか?
1人も来るなよ!
ほんとに、何やらせても半端なんだな。
だから、バカにされるって分からない。
こんな下らないことに時間を割くって…。
さすが、シナ・チョンのパシリ、NHK。
よっぽど工作員が入り込んでるんだな。
公共放送なんて偽看板下ろしたら?
相も変わらずそっち系のドラマ垂れ流し。
こんなの見ている奴の頭も?だが。
対馬では、あまりのマナーの悪さに。
宮司が傾国人お断りの措置。
ユーチューブで見たら、ほんと、やることなすこと未開人。
ここまで何年も我慢し続けた神社側に同情する。
民度の低さに呆れるばかり。
小金持って、どこへでも出かけてお国の評判落としてりゃ世話ないよ。
ローマ教皇のお言葉がまた甦る。
国へ帰れよ!
文明国にはいらない!
半島から出て来るな!
Photo_20200117214101
今年の雪まつり、大丈夫かな?




 

2020年1月16日 (木)

正しい言葉は?

自民党の議員の報道でン?と思う言葉。
この人は、自分の選挙運動で、ウグイス嬢に高額の報酬を払っていたということで叩かれているのだが。
その払った金額の適正価格はどうなのか。
高くなきゃ雇えなかったんじゃないのか。
と、言う疑問はこの際置いといて。
「ウグイス嬢」という呼び方、それでいいの?
一応、言葉の面では厳しかろうと予想するNHK。
ニュースで盛んに「ウグイス嬢」と連呼。
と、言うことはいわゆるスラングじゃないと理解していいの?
ほんとにそうかな?
この何十年も、選挙はあったし。
ウグイス嬢だっていた。
なら、正式な呼称だってあるはずだが…。
誰もこのことに突っ込まないのはなぜ?
母、この疑問が頭から離れない。
Photo_20200116220801
今年は、こんな雪がない。冬なのに…。


2020年1月15日 (水)

マレーシアって凄いな

イスラム教の国に、あまり親近感は覚えないが。
この度のバドミントン桃田選手に関しては。
マレーシアの人々の温かさに感動した。
事故も凄いが、その後の処理。
加えて、国を挙げての気遣いぶりは半端じゃない。
そこまでしなくても…。
と、いいたいぐらい。
桃田選手のダメージは相当なものだろうが、事故は事故だ。
これからじっくり養生、調整するしかない。
異国での事故と言うことで、彼の心中はいかばかりか。
体力の回復はもとより、精神的にも影響はあるだろう。
運転手は死亡。
車は大破。
同乗する皆が負傷。
うーむ。
辛いな。
そうは言えないだろうけど。
一般人にできることはただ一つ。
じっと見守ることだけだ。
どうか順調に回復してくれますように。
Photo_20200115214501
毎年、春一番乗り。今年はいつかな?


2020年1月14日 (火)

どこかへ行けば

何度もヤバい地域でとっ捕まって、我が国政府を振り回した安田純平なる男。
そう、ウマルだとか名乗ったあのバカだが。
またしてもヤバい地域に行きたいらしく、我が国政府が旅券を発行しないのは法律違反だと訴えたそうな。
いったい、この男は何なんだ?
ヤバい地域に行くのなら、覚悟して行くべきだろ?
とっ捕まって世界に恥を晒した無様な自分を反省もせず。
こやつを救出するために、我が国政府がどれだけの仕事をしたかに感謝もせず。
飛行機代その他の支払いもせず、デカい面。
やっぱり血は争えない。
恥も恩も知らず要求だけ。
ま、こんなクズ。
まともな仕事のオファーなんぞありはしない。
で、のこのこ出かけて…。
おんなじことの繰り返しで飯を食うってか。
そろそろ次の行動に移らなきゃ、懐具合がヤバいんだろうな。
で、何で本国に帰らないんだろうね?
そんなに嫌な国にいることないだろ?
素晴らしい祖国が待ってるんじゃないの?
たいして売れてもなさそうな嫁と親連れて早く行けよ。
こんな一家がどうなろうと知ったこっちゃない。
我が国から離れてくれりゃそれでいい!
死のうが飢えようがどうでもいい!
あぁ、めんどくさい奴!
Photo_20200114220901
空は続くよ、どこまでも

2020年1月13日 (月)

成人の日

今日は成人式。
毎年恒例のバカ騒ぎもあったようだが。
こんな連中のことはどうでもいい!
晴れ着を着て暴れるって、成人の自覚なんかありやしないんだから。
まったく親の顔が見たいよ。
こんな奴らの親だから、知れたことだが。
が、一方。
災害に見舞われた新成人たちは、やはりと言うか。
心構えが違うね。
「誰かの役に立ちたい」なんて…。
辛い思い、悲しい思いをしてこその言葉だろう。
おめでとう。
でも気張り過ぎなくていいんだよ。
人生、長いんだから。
岩手県奥州市の成人式は、新成人に向けてのメッセージが披露されていた。
親の子に対する愛情。
溢れる思いについ涙。
20年という歳月は、その親子だけの濃密な時間の蓄積。
この日を待たずに亡くなった母の手紙。
「生まれて来てくれてありがとう」
つい、忘れているけれど、そうだった。
我が息子にもそう言おう。
「元気に育ってくれてありがとう」も、一緒に。
Photo_20200113212701
お祝いは、赤い花がいいかな

2020年1月12日 (日)

鳥も贅沢に

近所にある柿の木。
ある程度は収穫しても、残りはそのまんまというのが数本。
柿は大木が多いからか、高齢者には年々扱いが難しいというのもあるんだろうな。
残った柿は、木の上で自然熟成するのではないのか?
なら、渋みがなくなってうまいだろうと思うが。
今になっても、鳥がついばんでいる様子がない。
去年はどうだったか、思い出せないが。
今年は雪が降り積もらないので、しぼんだ実をつけた柿がそのままの姿。
家人に聞いたら
「まずいんじゃないの?」
普通は、食料が乏しくなる今の季節。
格好のご馳走だろうに。
鳥も段々贅沢になって来ているのか。
でも昨日の朝。
我が家の駐車場に鳥がかなりの数で。
土の間から顔を見せている草をついばんでいた。
草よりは柿じゃないの?
ドライな柿よりもフレッシュな草がいいってか?
うーむ。
春が来て、若葉が出て来る頃には、今残っている柿の実。
落ちて世代交代となるんだろうか。
Photo_20200112205701
元気な柿の実11月

2020年1月11日 (土)

横領女

何年に一度か現れるこの手の女。
経理を一人で担当。
長期間、バレなかったというのは腕が良い?
それもあろうが、会社側も杜撰過ぎるよな。
どれだけ信頼できるかは別にして、社員の金を管理させるのなら。
何重にもチェックする機能は、なきゃいけない。
どんな人だって、「魔が差す」と言うことはあるんだから。
しかしこのお方。
男に貢いだわけじゃないんだな。
昔、この手の事件を起こす女は、ある意味純情と言うかそっち系だったが。
今は、自分の贅沢と来た。
男女平等ですかね。
横領の主役の男は昔から、銀座あたりで豪遊。
美女を侍らせてご満悦。
金や物で歓心を買うというものだった。
後先考えずに金を使うとなると、よっぽど気も大きくなるんだろう。
母なんて小心者じゃとてもとても…。
しかしなぁ。
それほどの篤い信頼を平気で踏みにじる。
これから先の人生は、地獄じゃないの?
まぁ、自業自得で同情はしない。
こういうのが身内でなくてほんと良かった。
住重。
組合員の信頼どうやって取り戻す?
Photo_20200111211901
まだ、こういう冬は来ていない

2020年1月10日 (金)

あれが目的?

昨日は、私事で記事を終えてしまったが。
そうだよ、ゴーンについて書かなくちゃ。
しかしなんだな。
あの会見内容の中身の薄さ。
外国人特有の大きなジャスチャーと、デカい態度で本人は、いい気分だったんだろうが。
お気に入りのマスゴミ関係者だけ呼んで開いた割には、評価もイマイチ。
残念でした。
世界は、イランとアメリカの間がどうなるか、そっちの方がよっぽど大事。
ゴーン如き詐欺師なんざ。
妻の方も亭主に続いてICPOで国際手配の運びとなった。
さ、小国レバノンどうするんだ?
ずっと頑張ってこの詐欺師一家を面倒見るんだな?
一切、外国に出さないんだな?
それならそれでいいんだよ。
しかし、この件についてトヨタの社長のコメントは凄かった。
「法を犯して逃亡した人の自作自演に付き合う暇はない」
カッコいい!
こうでなくちゃ。
差別主義者と言われようが、さすが日本人と拍手。
しかし、非情さと卑怯さしか持ち合わせていなかった。
あ、強欲もあるな。
人間的にはクズそのもの。
こんな奴を擁護する人の気が知れぬ。
Photo_20200110215401
お地蔵様も笑っちゃう


2020年1月 9日 (木)

こんなこともあるんだね

天候のことばかり心配していた母。
今日は、雪でも雨でもなく、至って穏やかな曇り空。
待ち合わせの場所で相方と、まずは新年の挨拶から。
そこから近況について話したら。
あーら、なんて事!
相方、年末からインフルエンザA型でダウンしていたんだと。
昨日からようやく出勤したんだと。
はぁ。
それじゃ、二人とも「病み上がり」じゃん。
ヤバいよ、これ。
私ら二人が、施設にウィルス撒き散らしたらどうする?
相談の結果、施設側にその旨説明して、今日の訪問はなしにしてもらおう。
施設の皆さんは快くO.Kしてくれた。
そりゃそうだよね。
なので、早めの帰宅。
十数年に及ぶこの活動で、私たちが理由で中止になったのは初めて。
施設側で、大勢の風邪の罹患者が出て中止したことはあったが。
年の初めから波乱の予感。
来月はきっと大丈夫。
信じたいな。
Photo_20200109215301
去年の雪まつり どーも君

2020年1月 8日 (水)

「寒」だよね?

「寒中」というのに、当地は変にあったかい。
よりにもよって雨って…。
札幌雪祭りでも、雪不足でどうたら言ってたが。
当市の雪まつりだってこの分じゃヤバい!
天の神様のご機嫌次第だけどさ。
これから急激に寒くなるのかしらん?
大雪で身動きが取れなくなるのかしらん?
雨でぐじゃぐじゃの道路が、一気に凍るとこれまたヤバい!
ドライバーは、冷や冷やもんだよ。
と、明日。
母は、月1回の施設訪問日。
ツルッツルの道路も、ホワイトアウトも怖いよー。
そんな理由で、仕事はサボれないし…。
明日一日は、雨でもいいとしよう。
たった半日の辛抱。
我儘でごめんね。
なんて…。
神様と友達ってわけじゃないんで、果たしてどうなるか。
明日のブログが、泣き言で終始しませんように。
Photo_20200108214101
去年の今日はこうだった

2020年1月 7日 (火)

不思議だけど

年末年始、体調不良だったのは以前も書いた。
それでも比較的ましだったある日のこと。
ボーっとした頭で、いつもの集積場所にごみ袋を運んだ母。
と、近くのお宅の駐車場から
「あーら。○○子さん。」
ん?
母、全く存じ上げないお方。
なのに、相手は母を知っている?
なぜ?
しばし路上で話をしたら。
同じジムで筋トレをしている由。
ふーん。
そう言われても、母、自分のトレーニングに夢中で。
他人のことなんぞ知っちゃいない。
誰が何子だろうが正直、どうでもいい。
が、いい人なんだろうな。
とにかく、たいしてする話もないわけで。
そこそこにお暇を。
先日、ずっとここに住んでおられるご夫婦にその話をしたが。
その方々の知っている人とは違うみたい。
まぁ、正月だから。
知人や身内が集まることはある。
その中の1人なのかなとは思うが。
しかし…。
母は、特に美貌なわけじゃなし。
スタイル抜群でもなし。
見るからにリッチでもない。
なんの特徴もない、くたびれた白髪の婆ぁ。
何が、その人の目を引いたのかさっぱり。
不思議な話だなぁ。
Photo_20200107220801
ゴチの前

 

2020年1月 6日 (月)

大忙しの一日

日常モードになったから。
正月休みの間に、たまった雑用を片っ端から。
今朝の生ごみ集荷場所は凄かった!
家人と二人、2回3回と運んだが。
どこのうちもごみの山。
押し込んでも押し込んでももう入りきらない。
仕方なく。
生じゃないごみは、集荷場所の外に野積み。
それでもさすがに収集車。
9時頃には、綺麗さっぱり片づけてくれていた。
職員の皆さん、ありがとうね。
それからは、盛大に窓を開け。
掃除機を持って家中歩き回り。
それが終われば買い物に。
ついでに筋トレを少し。
うちに帰ったらもう疲れがどっと。
明日は大型ごみの収集日。
力仕事だな。
と、なんと…!
明日の朝、当市の予想気温-9度だって。
水道の凍結に注意してくれって。
あぁ、今夜は仕事が一つ増えるのね。
正月に楽(?)をし過ぎたかなあ。
何だか落ち着かないわ。
Photo_20200106212401
こうなるか?

2020年1月 5日 (日)

休みも終わりだ

日常モードへのイメージ・トレーニング2日目。
夕方、家人と買い出しに出かけた。
相変わらず大勢の客が、詰め掛けてはいたが。
店では、さすがに正月用品らしきものは姿を消し。
客も、浮かれ気分が落ち着いた感じ。
我が家は、明日からの弁当の食材探し。
と、ここで…。
年末年始、たまりにたまったゴミ袋。
うーむ。
目の前のこれを片付けなければ…。
明日は収集日。
我が家でこの数なら、集積場所からはみ出ること間違いなし。
早起きしなくちゃ。
夫婦で手分けして運ばなくちゃ。
一気に正月気分が吹っ飛ぶわ。
あ、昨日の朝、やっと出かけた「初詣」
母のおみくじは「大吉」だった。
家人は「中吉」息子も「大吉」
その気になるのは大事なことよ。
さ、今年も元気で頑張ろう!
Photo_20200105213301
心も新たに

2020年1月 4日 (土)

そろそろ日常に

いつまでも浮かれてばかりもいられない。
家人、息子共々、明日でお休み終了。
明後日からは、いつも通りの毎日が始まるよ。
のんびり朝寝は、おしまい。
遅い朝食も昼食もおしまい。
何、ぶつくさ文句言ったって。
いざ出勤となれば、気分はたちまち仕事モード。
そうでなくちゃ。
そうなったら、まず母は。
家中、掃除機かけようっと。
何でだろうね?
家族が一日うちにいると、掃除機かけにくいのは。
母だって、それなりの家事をこなさなくちゃ。
久しぶりに筋トレにも行かなくちゃ。
その前に、支払いしに行かなくちゃ。
金融機関が休みって、いろいろ差し障りがあるんだもんな。
バンバン飛んで行ったお金。
軽くなった財布。
さぁ、引き締めるぞ!
たるんだボディも鍛え直すぞ!
一年の計、今からでも間に合いますか、はて。
Photo_20200104214601
早く会いたいな

2020年1月 3日 (金)

楽しみが楽しめない

何だ、このタイトルは?
と、お思いでしょうね?
たまに時間つぶしにやるココログのゲーム。
特にビンゴはまぁ、当たらない。
高額(?)なものは特に!
当たるものは、はっきり言えばどうでもいいようなものばかり。
こんな在庫、大量にあったってなぁ。
年に一度ぐらい、在庫一掃セールぐらい企画してくれないものか?
一番困るのがおでかけの○○。
正直いらない!
何であれだけ大判振る舞いするのかね?
「神経衰弱」ってのも苦手だ。
なぜか、この券、いっぱいあるんだよ。
数回使っておしまい。
難し過ぎる。
暇つぶしにやってみて、結局は腹を立てておしまい。
ココログはどうしたい?
景品ゲットのために、金を使わせたい?
こんな意地悪されてりゃそんな気なくなるよ。
正月からガックリ。
今年もこのゲーム、期待薄。
Photo_20200103222101
ヤケ食いのお菓子

2020年1月 2日 (木)

今年は当たるか?

毎年、気象庁の長期予報は、外れることが多いんだが。
今年の冬は当たりそう。
妙にあったかい。
雪が続かない。
ま、雪かきに泣かなくていいのは嬉しいが。
暖冬は、夏の水不足に関わって来るからね。
楽だとばかりも言ってられないのよ。
この冬。
家人は、仕事の関係で急な呼び出しに備えないといけない。
週に1~2回は、晩酌もできない有様。
とは言っても。
雪が降らなけりゃ、それほど厳密でなくてもいいらしい。
除雪車の出動が多ければ、リスク(?)は、グーンと高まるよ。
酷い天気でも、一生懸命仕事をしている人々がいるから。
母たちは、のんびりテレビを見ていられるわけで。
ココログの仲間にも、郵便配達業で苦労なさっている人もいる。
暖気でぐちゃぐちゃの雪道を、一生懸命バイクを操っているのを見ると思わず。
「ありがとう」
配送業の人たちにも「ありがとう」
晩酌の楽しみをお預けで、早寝早起きで頑張る父ちゃんにも。
「いつもありがとう」
Photo_20200102221101
木だって辛いよね

2020年1月 1日 (水)

新年おめでとうございます

令和2年の初日は、穏やかに開けた。
時々は雪が舞ってはいるけれど、この程度なら…。
皆さん、おめでとうございます。
我が家は、いくらか体調不良の続く母以外は、皆元気。
家人特製のお雑煮とお神酒で乾杯。
長く生きてりゃ、体のあちこちにもがたは来る。
でも、そんな時、一人暮らしだと辛いだろうな。
いつでも隣に相手がいるということ。
頼めば何とかしてもらえる安心感。
荒っぽいけど、優しい言葉。
改めて、有難いことだと実感。
あったかい部屋で、あったかいおかゆを食べて、うつらうつらする幸せ。
今年は明日の「初釜」も欠席して、うちの中でおとなしく過ごすことに。
「初詣」は、まだ先のことになりそう。
皆様。
本年もよろしくお願いいたします。
Photo_20200101222801
去年の宝来飾り

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30