無料ブログはココログ

キムリン・ホリスティック・ワールド

  • 金 香百合
    いつも心に太陽を 悲しい時、辛い時、誰かに慰めてほしい時、キムリンはいつもそばにいてくれる。もしかしたら、みんなの守護聖人かも?

cocoa青森

  • COCOA青森
    COCOA青森の会員限定サイトです。あたたかい心と少しの時間を、メンバーと共有して下さる方を募集中です。

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月30日 (日)

いろいろあるわね

大阪でのG20。
無事に終了おめでとう。
このために尽力した皆さん、協力した皆さん。
お疲れさまでした。
しかしまぁ、天気の神様も配慮してくれたのね。
心配された台風は、どこかへ行ってしまった。
雨も大したことはなかった。
そして、何よりも事故がなかった。
うむ、素晴らしい。
私的には、会議前にあれこれ御託を並べていた、未開ランドの酋長夫婦に虫唾が走ったが。
へらへらして突っ立っているだけの存在は、さすがに浮きまくっていたなぁ。
秀吉にゆかりの城での記念写真は、嫌じゃなかったのか?
ほんとに息を吐くように嘘をつく。
散々反日に勤しんでいて、デカい面して敵国にやって来る。
まぁ物乞いにプライドなんてないか。
帰国後、トランプと北のデブが対面する場面にもお邪魔虫していた。
何の役にも立たないくせに。
と、ツイッター見ていたら、ジャジャーン!
ついに我が国政府、未開ランドへの報復開始!
いいぞ!じゃんじゃんやっとくれ!
さてはトランプと安倍さん、話しついてたな。
で、日本の右翼団体も黙っちゃいなかった。
三菱に押しかけて来た物乞い団体に「ゆすり、たかりはやめろ!」と抗議。
おーい!
日韓議連の売国奴議員ども。
息してるか?
選挙の際にはただじゃおかないからね。
首洗って待ってな。
Photo_20190630215601
箱根うつぎ

2019年6月29日 (土)

突然の疑問

ネットで、我が国のマヨネーズだの、とんかつソースだのが売れているらしいが。
ドレッシング類、特にゴマ風味も人気があるらしい。
あれは美味しいもんね。
そこから友人、知人たちと話が盛り上がり。
ふと、ゴマって日本以外の国でどんな料理に使われているのかなぁ?
知人の1人は「聞いたことない。ゴマって外国にもあるの?」
あるんじゃない?
「開け、ゴマ!」って、言うもん。
でも、中国のお菓子にゴマをまぶしたものしか知らないな。
あ、セサミだよね。
パンとかケーキにいくらか使っていそう。
なんて。
甚だ貧弱な知識しか持ち合わせないのもご愛嬌。
ないわけないと思うんだが、自信もない。
ゴマが広く知られていなかったら「セサミ・ストリート」なんて番組タイトル、出て来ないよ。
子供用の番組だよ、あれ。
ゴマ和え、ゴマ豆腐、ゴマ団子。
まさか我が国だけの料理、なんてことはないはず…。
ほんとのところはどうなんだ?
Photo_20190629212201
姫林檎

 

2019年6月28日 (金)

ビンゴで苦戦

ゲームは苦手だわ。
運動神経が鈍いせいか、闘争心に乏しいせいか。
怒りっぽいのと闘争心。
母の中では仲良くできなそう。
苦手と言いながらも、ビンゴには手を出す。
ほとんど戦利品は、しょぼいものだらけ。
でもついむきになることもあって。
今日がその日だった。
うーむ。
ココログの中で手を出すのはビンゴだけだ。
神経衰弱は、カードはガバチョとあるんだが。
あれは難しい。
やる気が起きない。
しかしなぁ。
ビンゴだのに必勝のルールがあるんだろうか?
ランキング上位の皆さん方のスコアにはたまげる。
何をどうすりゃあんな得点出るわけ?
無課金で頑張るには限界があるのは承知だが。
ギャンブラーには勝てませぬ。
Photo_20190628224501
もう、見頃過ぎたかな?

2019年6月27日 (木)

ずっと雨か

今日も予報通りに雨が。
昨日、ようやく梅雨入り宣言された関西地方も雨らしい。
それどころか、台風も南で発生したとかで。
天候がくるくる変わる、我が国らしいなぁ。
夕方、長期予報を見たら。
当分の間、雨だらけ。
それもほぼ全国的にだ。
うーむ。
梅雨って「雨季」のことかいな、やっぱり。
日照り続きに大雨はちょっとヤバいよ。
「初めちょろちょろ中パッパ」
あ、それはご飯の炊き方だった。
いや、なに。
雨も少し降って、まず土に馴染ませ。
落着いたあたりに大量の雨なら、なんとかしのげそう。
農作物には、日光と水分が必須。
が、何事も適量がいいね。
天候をコントロール出来たら。
食糧危機も回避できるものを。
「すべて思い通りにできると思うな」
いけないいけない。
Photo_20190627221901
今が盛り

2019年6月26日 (水)

ご縁というもの?

夕方から会議で。
久しぶりにバスに乗って、会議場へ行ったんだが。
5時過ぎって、意外に混んでいた。
考えてみりゃ仕事終える頃だもんな。
そうか。
バス待ちの人がざっと20名ぐらい。
一番最後に並んだが。
母の前のおばちゃんと世間話したら、まぁ、これが盛り上がる盛り上がる。
はぁ?
と、思うぐらい。
そこからバスに揺られて約20分。
隣の席であーだ、こーだ、お喋りの花が咲く。
もしかして、私ら親友だった?
お互い顔を見合わせた。
おばちゃんは仙台在住だそうな。
今日はゆっくり、弘前公園内を散策。
「木々が生き生きしていたわ。やっぱり、桜の時期、一度は来てみたい」
いらっしゃいよ。
「来年の桜、今から予約したら間に合うかしらん?」
どこかには潜り込めると思うよ。
なーんて、他愛ない話をしているうちにバスは目的地へ。
ここでさよならだよ。
おばちゃん。
「また会えるといいね」
うん、そうだね。
でもきっと、今このわずかな時間だけの出会いだよ。
さようなら。
そのご縁にありがとう!
Photo_20190626224301
多分、おばちゃんも見た景色


2019年6月25日 (火)

こんな程度で

政治家の劣化が激しい。
野盗の言い分聞いていると、正直、お脳の程度疑うわ。
この人たち、何を考えて政治家を志したのか。
国民のために、法律を考えるのが仕事だろうに。
やってることが、そんじょそこらのチンピラ以下。
国民の税金で飯を食っているという自覚もない。
吉本の「闇営業」よりもたちが悪くないか?
どうでもいいことに難癖をつけて、国会の審議は棚上げ。
連休取り放題。
さて、今回は「内閣不信任案」提出だと。
野盗が組んで「安倍政権打倒」するんだと。
はー。
その後のビジョン何もなしで。
ほー。
国民が支持するとでも。
へー。
こんな奴らに同調するバカがそんなに多いんだ?
はい、はい。
マスゴミが仲間だと、その気になるんだ。
いいねぇ、幸せだねぇ。
その調子で頑張ってね。
何も考えなくていいからさ。
頭痛するだけだよ。
お大事に。
Photo_20190625222001
君の行く道は



2019年6月24日 (月)

闇営業とは…

最近、話題の「闇営業」って、ありゃなんだ?
吉本興業所属の一部の芸人たちが、アルバイトしていたってことだろ?
いただいた金を会社に言わずに、ポケットに入れちまった?
って、会社に属しているのなら、給料はそれなりに貰っているだろうに。
足りなかったということか。
まぁ、金が余るということはないな。
いただけるものなら有難く。
ところで、会社は所属芸人の行動をチェックしていなかったのか?
だとしたら、マネージメントに問題あるんじゃないの?
ことが表沙汰になってから、芸人たちの言うことも二転三転。
会社という組織なのに、対応もイマイチパッとせず。
今日、11名に処分が下されたらしいが。
遅過ぎて話にならん。
これだけ世間を騒がせて、むしろ、会社側のダメージの方が大きいんじゃないの?
何事もタイミングが大事だと思うけどな。
この調子だと、他の芸人たちも、会社に不信感持つんじゃない?
Photo_20190624220001
通りすがりの風景


2019年6月23日 (日)

そうだったの?

梅雨というので、スカっとした青空なかなか見られない。
ま、ほどほどに雨が降ってくれたら御の字。
ところが、ココログ仲間のコメントを読んで?
関西地方じゃ、まだ梅雨入りしていない…。
沖縄から始まって、本州を北上するのが当然と思っていたが。
関西を飛ばして東北地方に、梅雨前線が来たんだ。
うーむ。
この年まで、そんなことがあるなんて思ってもみなかった。
これから、かの地、梅雨入りするってことかいな。
何はともあれ、集中豪雨なんてものさえなければ。
雨は天の恵みだ。
聞くところによると、北海道に梅雨はないそうだ。
なら、青森だって、南の地方の皆さん方が考える梅雨とは違いがあるのではないか。
北海道はすぐお隣だよ。
今日もいくらか肌寒い一日だった。
寒ければ文句を言い、暑ければ不満タラタラ。
毎日、八つ当たりのネタ探し。
「成熟」するのはいつの日か。
Photo_20190623214501
鯉は毎日、何思う?



2019年6月22日 (土)

週末は雨続き

ここんとこ。
週末、天気が崩れるというパターンで。
まぁ、いくらか水不足気味だから、喜ばなきゃいけないんだが。
せっかくの週末。
わくわく気分が萎えるわ。
が、雨が降ると、花や木、野菜類が目に見えて元気になる。
雑草もだけどさ。
毎年のことながら。
当地は、梅雨と言っても大したことはない。
どんより曇り空が続くだけ。
時折、しょぼしょぼ降り続けてくれれば。
地面に深く水気が届き、農作業が楽だって。
あ、くれぐれも、どどーっと来ないでね。
小雨、せいぜい中雨(?)が希望。
洪水が起きるほどにはいらないから。
そこんとこ、ひとつ…。
Photo_20190622202901
バラ園は花盛り

 

2019年6月21日 (金)

良かったね

襲撃されて、重体に陥っていた若い警察官が。
ようやく意識を取り戻したって。
良かったなぁ。
若かったから?
スポーツで鍛えていたから?
一番は、神様の思し召しだと思うよ。
国中挙げて、この人のために祈った。
受けたショックは、当分、癒えないだろうが。
でも、生きていればこそ。
先日、バス停で襲われて意識不明だった子供も回復しつつあるらしい。
悲惨な事故であっても、一筋の光明を見る思いだ。
一方、未だに逃走中の男。
いったい、いつまでかかるかな?
誰かが手引きしているんだろうな。
逃げ切れるものでもあるまいに。
こんな奴でも人の子。
哀れだ。
Photo_20190621220101
生育中

2019年6月20日 (木)

無防備だったってことですか?

大失態だろ?
昨日の横浜地検だが。
刃物を持った犯罪者が、車で逃走って。
聞けば6人もの男が、こやつを迎えに行っていたらしい。
うち、2人は警察官。
これだけの人数で、たった一人を取り逃がす?
はぁ?
刃物を持ち出したから?
って、こんな奴が素直に指示に従うと思ってた?
バカめ!
マヌケ過ぎて笑えるよ。
しかも、事件発生後数時間この事実を公表せず。
何、考えてんだ?
付近の住民、恐ろしくておちおち外へも出られやしない。
公立の施設は、犯人が逮捕されるまでクローズするのが当然。
さぁ、どうする?
Photo_20190620214901
植物園を散策

 

2019年6月19日 (水)

かなりな揺れでした

昨夜はね。
もう、寝る準備をしていた時だった。
家人は、とっくに夢の世界へ。
何だか家全体が揺れているような、夢のような…。
と、2階からドタドタ駆け下りてきた息子。
え、現実?
これが横に揺れる揺れる。
結構長い時間だったよ。
こうなりゃ、テレビはNHKだ、うん。
受信料払ってるし。
新潟県と山形県の境目あたりがやばいとな。
おぉ珍しい。
津波に警戒せよと。
こんな夜中に、震源地付近は避難しなきゃいけないのか。
大変だけど。
命を守るためには仕方ない。
ニュースをいつまで見続けたところで、母にはどうにもできぬ。
夢の世界に遊んでいた家人。
今朝、何で起きないのか聞いてみたら。
ぜーんぜん、気がつかなかったって。
度胸がすわってる?
んにゃ、鈍感なだけです。
Photo_93
人様の庭で

 

 

2019年6月18日 (火)

晴れが続くか…な?

久しぶりの雨、低温、今日の昼前までは曇った空。
農作物、植物、農家の皆さんは嬉しかろう。
が、母はね。
そういう状態が続くと、洗濯物の処理が…。
少し困るわけよ。
昨夜も。
早く布団に入るつもりが。
パジャマがなんか湿っぽい。
家人が寝ているのに、乾燥機を使うというのは無理な話。
我が家の乾燥機、旧式過ぎて作動中の音がでかい!
家電品の物持ちが良いというのもよしあしだわ。
仕方ないから、エアコンつけた。
あったかい空気でパジャマを乾かす。
せいぜい1時間、お許しを。
その間、アガサ・クリスティ「検察側の証人」後編を見る。
ところがね。
始まって20分ぐらいのとこで、不覚にも眠っちまったらしい。
目が覚めたら、ヴィデオとっくに終了していて、パジャマもいい感じのでき。
今頃は、雨続きだと仕事が増える。
今日は、昼頃からばっちりのいい天気。
洗濯物もすっきり。
しばらくの間、晴れの日が続く見込み。
時々は雨が欲しいんだけど。
我儘だよね。
Photo_92
露草

 

 

2019年6月17日 (月)

親は哀しい

大阪の警察官襲撃事件。
今日、犯人は逮捕されたが。
事件発生後、大した時間も経たないうちに、不審者らしき男の写真が公開。
それからの報道は、ほんとスピーディ。
あれよあれよという間に、容疑者の氏名やら居住地、職場等の情報が拡散。
情報化社会の凄さを改めて感じた。
一連の報道の中で、一番、堪えたのが。
父親による警察への通報。
「息子ではないか」
先日の農水省トップの事件を思い出す。
自分の子供が、反社会的行動を起こすことへの恐怖。
自らの手を下すことに違いはない。
前者は「引きこもり」
今回は「精神障害者」
うーむ。
どちらも長い間、苦悩していたことだろう。
自分の子が愛しくないはずはない。
だが、人として許されない一線を越えれば、親としての甘えは許されるはずがない。
哀しいなぁ。
切ないなぁ。
だが、未だ重体の警察官と、そのご両親の心情を思うと…。
ただ快方に向かう事だけを願おう。
Photo_91
茶花 京鹿の子


 

2019年6月16日 (日)

雨が降ったら

昨夜からずっと雨。
こんなに降り続けるのは何か月ぶりだろう?
これぐらい降ってくれれば、農家の皆さん方も…ね。
ところが。
今度は寒いんだ。
今日、当地は18度だったかで。
家人は、我慢できずにエアコンに手を出した。
ひと月前は冷房。
今日は暖房と。
いやはや…。
季節の感覚がずれまくって、体調がどうもパッとしない。
明日も雨の確率70%。
しっとりした空気の中で散歩するのも素敵だが。
寒いんじゃなぁ。
仕方ない。
大事を取って(?)うちの中でくすぶっていよう。
「年寄りの冷や水」
風邪なんぞひいちゃおれん!
気は心ですぞ。
Photo_90
昨日の茶花




 

2019年6月15日 (土)

焦ったのね

今夜の花火大会。
予報じゃ、強い風と雨に注意って。
開始の7時過ぎ。
あちらこちらから人の波が押し寄せる。
何だか肌寒いのがね…。
おばんには堪えるわ。
途中で、我慢できずにいったん家へ。
パーカーを着込んでもう一度。
連続して打ち上げられた花火。
どこか進行に焦りが感じられる。
無理もないか。
なるべくなら雨が降り出す前、強風が吹き荒れる前に無事終了と行きたいよね。
スタッフの気持ち、よーく分かる。
浴衣姿の若いカップルが多かった。
寒いぐらいの気温、嬉しかろ?
なんちゃって。
予定より早めに終了。
じき、風が強くなった。
雨はこれからか。
まぁ、ちゃんと開催できたんだからね。
スタッフの皆さん方、ご苦労様。
風の唸り声を聞きながら、今夜は寝るとしよう。
Photo_89
花火


2019年6月14日 (金)

それにつけても

雨が欲しい!
何でこんなに降らないんだ?
農家が悲鳴を上げている。
夕方NHKのローカル・ニュースで、当地の降水量、昨年同時期の19%だって。
近隣市町村では、一番いい数字だそうな。
うーむ。
予報では、明日の夜から明後日、もしかすると月曜日まで雨が降るとか。
ところがね。
明日は、当地の花火大会。
明日だけは降られちゃ困るのが正直なところ。
我儘で悪いけどさ。
家人の話では。
明日、多少の雨なら決行する。
暴風雨でもない限りは、だって。
何だか秋の消費税アップみたいな話の流れ。
いつもはのどかな住宅地。
年に一度、この日だけは人口密度が一気に上昇。
空き地という空き地は車だらけ。
道路という道路は人だらけ。
さて我が家。
明日は、ビール片手に庭でのんびり鑑賞と行きますか。
Photo_88
花火みたい



2019年6月13日 (木)

トヨタは悪くない!

高齢者の死傷事故が多いというので。
それもなぜか、プリウスが多いことから。
トヨタに批判の目が向けられている様子。
でも、それって…。
トヨタ、プリウスのユーザーが多いってだけで。
車の欠陥という事じゃなかろうに。
当地みたいな田舎だと、ある程度の年齢に達して。
免許返納が当然みたいに言われても、困る人が多数。
交通インフラが充実している都会と一緒に考えられてもな。
便利が仇になっている側面はあるだろう。
やっぱりマニュアル車復活させた方が良くね?
高くつくか。
でも事故には代えられない。
年に逃げる気はないが。
なんだかんだ新しい技術が出て来ても、使いこなせないよ。
免許取得した当時は若者だった皆さん。
マニュアル車なら、操作誤ったところでエンストしちまう。
その記憶あるだろ?
その辺が落としどころと思わない?
Photo_87
ジャーマン・アイリス

 

 

2019年6月12日 (水)

見てるだけで

ちっとも雨が降らない当地。
ぶつくさ言っても仕方ない。
午後になれば、気温も上がるしな。
というわけで昼前、カメラ持って近所をウロウロ。
ここに引っ越して以来、足を踏み入れたことがない区域。
緊張するなー。
ところどころに畑があって、綺麗な庭のお宅が多い。
そこにバラが素敵なお宅があって、パチリパチリとやっていたら。
奥様らしき方が現れた。
「あんまり綺麗なので写真撮らせていただいています」
奥様、にっこり
「好きなだけどうぞ」
そこから世間話に入ったが。
奥様が語る「バラづくり」の苦労たるや…。
肥料、剪定、虫の駆除etc。
ユーモアたっぷりで話してくれたが、とても母みたいなずぼらな性格じゃ無理。
「でももう、60代半ば。子供にこの仕事を継いでくれとは言えないわ。だから、少しずつ、縮小しているの」
うーむ。
何事にも終わりはある。
どれだけ丹精しても、どこかで区切りはつけないと。
切ない話をしているのに、ほのかに甘くて上品な香りが。
「あぁ、そうね。香りがいいバラもあるのよ」
見ているだけでいいはずが、お話と香りのおまけつき。
幸せな気分、ありがとう。
Photo_86 Photo_85
赤とピンクのバラ




2019年6月11日 (火)

日焼けが気になる

若い頃は、なーんも考えちゃいなかったが。
流石にここ何年というもの。
日焼けが気になるなぁ。
天気予報見ていても、強い陽射しにはきちんと対策しようって、コメントがつく。
素直な母だもの。
なら、何とかしなくちゃ。
幸い、と言うか、常に素顔だからさ。
UVクリーム、ごてごて塗りたくっていいのよね。
たまに見かけるおしゃれなご婦人方。
しっかりお化粧、大きな帽子、スカーフetc。
どれだけ暑くても手抜きはしない。
母なんぞとは、人種が違うと思われる。
努力してるんだなぁ。
そも比べるのが間違いだった。
汗ダラダラかき放題。
ワイルドな外見で押し通すべきか。
日焼けでひりひりするのは御免だが。
おっと、シミ、そばかすが増えるのも…。
しわが増えるのも…。
皮膚がんのリスクが増えるのも…。
あぁ、煩悩がまた…。
Photo_84
暑くないの?


 

 

2019年6月10日 (月)

地元でやれよ

夕方、ニュースを見ていたら。
お隣秋田県の若い男女。
青森県内のドライブインの駐車場から崖下へダイブ。
死亡しているのが発見された。
うーむ。
この二人には捜索願が出ていて、秋田県警が追跡していたそうな。
事故現場は、秋田、青森の県境付近。
ざっと見る感じ、無理心中ぽいな。
なにも、我が県まで来なくたって…。
そしたら、なんと大嫌いな隣の国モドキ。
青森県の旅だの食べ物を特集して放映したら、批判が凄くて謝罪したんだと。
批判の理由というのも、福島原発の煽りで青森県産品が、バカ国に輸入禁止だからだとさ。
これもなぁ。
何で来るんだよ?
地元で反日、勤しんでりゃいいだろ。
のこのこ出かけて来て、地元よりもはるかにましな食材、食ってりゃ世話ないよ!
半島自慢の不潔なもの食ってるのがお似合い。
青森県産品がもったいない。
あんたら如きが口にするもんじゃない!
半島に引っ込んでろ!
誰も歓迎なんかしちゃいない。
ほんと底なしの○○ミンジョク。
益々磨きがかかって嬉しいか。
良かったね。
Photo_83
これ、シャクヤク?




2019年6月 9日 (日)

いつもの音

我が家では。
朝の6時に「さくらさくら」が。
お昼には「津軽三味線」の音。
夕方5時に「ふるさと」が、風に乗って聞こえてくるのだが。
最近は、日中窓を開け放していることが多いので。
うとうと昼寝なんぞしていると、涼やかな風鈴の音も聞こえてくるように。
毎日、休むことなく聞こえる音は、安心感をもたらしてくれる。
数年前、ラジオで、旧ユーゴ出身の人が
「ユーゴ国内で紛争が起きた時、周囲から鳥の声が全く聞こえなくなった」
と。
もしかしたら、我が国も。
太平洋戦争中は、そうだったのかもしれぬ。
定時に聞こえて来る音以外にも。
朝は、うるさいぐらいの鳥の声。
とっぷり日が暮れてからは、蛙の合唱がやかましく。
家の前の側溝に流れ落ちる農業用水。
平和な日常生活を送っていられることに感謝しないと。
いつもの音にありがとう。
今日一日、無事に過ごせました。
Photo_82
これって何の花?

2019年6月 8日 (土)

茶室は夏に

今日は、初風炉の儀式があった。
昼前には、師匠宅へ全員集合。
早めにお昼を済ませ、着物に着替える。
6月だ。
着物だって夏仕様。
今朝、当地は寒いぐらいの気温だったので、着物着ても楽だわ。
全員が点前を披露。
夕方5時からは宴会が始まる。
何だかお花見みたいだねと。
ま、参加者はうば桜揃い。
花見には違いない。
平均年齢は60代後半。
「こんなに日が高いうちに宴会って、世間様に申し訳ないような」
いや、なに。
言ってみただけ。
今日は食べ過ぎた。
点前のお菓子数種類。
差入のお菓子数種類。
義理堅く全部いただいた結果だもん。
文句言ったら罰が当たる。
贅沢過ぎるじゃないか。
年に数回のお楽しみ。
お許しを。
Photo_81
バラが花盛り



 

2019年6月 7日 (金)

梅雨入り近い?

今日は、東北地方南部までが梅雨入りしたらしいって。
じゃ、北部も仲間入りは近いな、きっと。
と、言っても。
当地じゃ、梅雨の実感がほとんどない。
ありゃ、分かり易く言えば「雨季」のことだろ?
梅雨入りしたからって、何日も雨が降り続けるなんてこと、まずない。
だいたい、津軽海峡を挟んだ北海道。
梅雨はないって。
ご近所だもん。
そんなもんよね。
納得するわ。
ただ、気温がぐっと下がりそう。
今日の夕方だって、風が冷たかった。
別にいいよ。
母、あったかい布団に入って、涼しい空気を感じるの好きだから。
あくまでそれだけで済めばと限定するが。
読みが当たるも八卦、外れるも八卦。
つまりは神様の思し召しです、はい。
Photo_80
はまなすの白


2019年6月 6日 (木)

恵みの雨が

昨夜の雨は、恵みの雨だった。
静かに降り続けて、朝方、澄んだ空気が心地良い。
しっとり濡れた土。
生き生きしている草花。
ほんとに久しぶり。
これで雑草も勢いづくだろうが、そこはまぁ想定内ということで。
今日は施設訪問日。
暑くもなく、快適と言っていい天気。
施設内は、今年の末まで、順次、居室のリフォーム工事に入っていて。
工事業者の出入りが激しい。
歩行訓練は、施設の外がメイン。
周囲が森で良かったね。
景色もバッチリなら、車で怖い思いをすることもない。
母と相方の昼食は、車で5~6分の道の駅。
今日は、いつもより空いていた。
昼食後はしばし、道の駅内をウロウロ。
アスパラガスやニンニクの芽、ニンニクをゲット。
その後、花の苗を見ていたら!
おぉー!
そこにあるのは、探していたイチゴの苗。
「とちおとめ」120円也。
早速買ったわさ。
ここでしか売ってないんだもん。
帰宅後早速植え付け。
恵みの雨で仕事もスムーズ。
いい一日だったなぁ。
雨の神様、ありがとう。
近いうちにまたお願いしますね。
Photo_79
これはハマナス?

 




2019年6月 5日 (水)

思わせぶりな雨

今日の雨の確率。
午前50%午後60%で。
当地は皆、待ち焦がれていると言っても過言じゃない。
今日も暑かった。
風はなく、どんよりした空気。
あぁ、早く雨よ来い!
ところが…。
昼頃に、遠くで雷の音はしていたものの。
結局降らず、がっくり。
でも、でも…。
とっぷり日が暮れた頃、ざぁざぁという音!
おや、やっぱり来てくれた。
嬉しいのう。
と、思ったが。
降ったのはどのぐらいの時間?
もうちょっと降ってくれないと…。
明日は、昼近くから天気が回復との予報。
なら、真夜中から明朝にかけてもしかしたら…。
期待したいな。
Photo_78
雨が欲しいよね?

 

2019年6月 4日 (火)

やっぱり変?

趣味で畑を作っているおじさんが。
今年の収穫どうなるか不安だって。
何でそう思うの?
「例年なら、植え付けた種が芽吹く時期に、全然出て来ないから」
そう聞いたのは先月のことだった。
今日、散歩がてら種苗店へ寄ってみた。
もしかしたらイチゴの苗ないかなぁ?
探したけどやっぱりない。
挙動不審な母に、声をかけたおじさん。
種苗店のオーナーだって!
「何で今年は、イチゴの苗売られてないの?」
おじさん。
「そういうお客さん、今年は多いなぁ。多分だけど、異常気象のせいじゃないかな」
例年なら、田んぼに水が入る頃、ぐっと寒くなってその後気温が上昇するのだが。
今年は、一気に25度越えの暑さが続いた。
おまけにほとんど雨が降らなかった。
となれば、畑は灼熱地獄(?)
小さい種が成長するには、過酷過ぎる環境だった。
うーむ。
ならネットで物色するか、やっぱり。
今年、農作物の価格が高騰するのではないかと予想してみる。
冷夏だという予想、当地は多いが、はて?
Photo_77
今が見頃



2019年6月 3日 (月)

気持ち分かるな

自分の息子を手にかけた、農水省事務方トップだったお方。
たまに見るテレビの報道じゃ、批判が多そうだが。
もし自分がその立場なら…と、考えると。
同じことをすると思う。
自分の子が、よそ様に危害を及ぼす恐れがあるのなら、それを阻止するのは自分以外にない。
それが犯罪と知っていても、だ。
知性も教養も学歴も社会的地位にも恵まれていても、自分の子供をコントロールすることは叶わぬ。
何年もの間、苦しみ続けただろう。
誰にも助けを求められなかったのかもしれぬ。
一緒にいても地獄。
離れていても地獄の日々。
逮捕されてからの彼の表情は、あくまで穏やかだった。
もう、息子が他人に危害を与えることはない。
それが何より。
その心情を責められようか。
Photo_76
置かれた場所で咲いている

2019年6月 2日 (日)

そこまでバラさなくても

昼、ボーっとテレビを見ていたが。
俳優の某が不倫したとかで。
その釈明会見の様子がどうにも?
いい大人が、下半身の事情を、あそこまで喋らなきゃいけないものかね?
寄ってたかっていじめている感がある。
リポーター連中の嫌らしさが際立つな。
何も、年端のいかない子供を相手にしたわけじゃなし。
不倫の相手だって合意の上だろ?
自分のしたことの始末は、夫婦間でどうにかしなきゃ。
他人が口出すことじゃない。
だいたい、不倫の事実がどこから露出したんだ?
不倫相手だろ?
確信犯か。
最低な女どもだな。
自分から誘っておいて、ことが終わってからマスゴミに売る。
こんなのに引っかかった某が気の毒だ。
真面目で小心者なのはよく分かった。
母は責めないよ。
Photo_75
目移りするわ


2019年6月 1日 (土)

イチゴ苗はどこ?

去年は失敗した畑(?)づくり。
今年は、その反省の上で、植え付ける野菜を限定。
実がなり過ぎて、他の野菜を委縮(?)させたミニトマト。
胡瓜と共に、鉢で育てることにした。
猫の額ほどの畑には、青じそ、小葱、にら、茄子数本、パプリカ2本を植え付けた。
去年植え付けて丈夫に育っているパセリ、行者ニンニク、まだ生育途中のアスパラガス数本。
ま、とりあえず練習中ということで。
鉢花類は、ゼラニウム数種類、ラベンダー、ミニバラ、芝桜が元気。
が、何かが足りない…。
うーむ。
思い出した!
イチゴはどこへ消えた?
寒さに強いんではなかったのか?
鉢に残ったイチゴらしきものの残骸。
こんなにドライじゃ、復活無理!
ならばと、近くのホーム・センターで探してみたが…。
どういうわけか、イチゴの苗、全然ない。
母がボーっとしている間に、売れちまったか?
でも、どこかに1つぐらいはありそうなもんだが。
見かけないな。
ないとなると、意地になる性格だ。
ダメならネットで探してみるか。
うん、そうしよう。
Photo_74
初夏の顔 テッセン



« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29