無料ブログはココログ

キムリン・ホリスティック・ワールド

  • 金 香百合
    いつも心に太陽を 悲しい時、辛い時、誰かに慰めてほしい時、キムリンはいつもそばにいてくれる。もしかしたら、みんなの守護聖人かも?

cocoa青森

  • COCOA青森
    COCOA青森の会員限定サイトです。あたたかい心と少しの時間を、メンバーと共有して下さる方を募集中です。

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月31日 (金)

ようやく雨が

好天続きで。
しかも高温。
5月にしては辛い日々が続いていたが。
ここに来て、ようやく過ごしやすくなって来た。
水不足で、農作業がどうもねと言っていたおばちゃんたち。
ご機嫌になれたかも。
月曜日だったか、結構強めに雨が降ったが。
地面深くに水が染み通るほどではなかったらしい。
おばちゃんが解説するに、
「たまに降る強い雨よりも、じっくり時間かけて降る雨の方がありがたい」
今日の夕方からは、その希望通りの雨が。
良かったね。
外気温も下がり気味。
今夜は寝やすそうだよ。
雨の音を子守歌にするのも、たまには嬉しいね。
Photo_73
雨美人よね

2019年5月30日 (木)

下らない!

前オリンピック担当大臣が、また失言とマスゴミが大喜び。
いったい何事かと思ったら。
子供を3人ぐらい生んで欲しいと言ったって。
少子高齢化で、政府としては頭が痛いことだろう。
色々な施策を考慮しても、最後はそこに行きつくわな。
で、元大臣の発言となるわけだが。
で、それの何が問題なのか、母にはさっぱり。
人それぞれ意見があるだろうし。
誰が何を言おうがどうでもいい。
自分が思うように生きればいいんじゃないの?
マスゴミと野盗って、あら探しするしか能がないんだな。
そのくせ、自分たちの問題発言や行動は、知らぬ存ぜぬで押し通す。
どこまで一般人をバカにしてるんだか。
相も変わらず態度も声もデカい辻元サンよ。
人のこと批判する前に、あんたへの疑惑はこのまんま逃げる気?
こんな奴を当選させる高槻市民。
これで恥ずかしくないの?
そっちの方がよっぽど問題だっての!
Photo_72
そこにあるだけでいい!



2019年5月29日 (水)

報道の在り方

大きな事件が起きるたび、マスコミの報道の在り方に疑問を感じる。
被害者の実名や所属などを、公表する必要が果たしてあるのか?
関係者の自宅へ押しかける。
知り合いを見つけてコメントさせる。
その道の専門家と称する人に評論させる。
どれもNGだろうに。
自分の身内がされる側になることを、想像できないんだな。
例えば交通事故の加害者にだって、自分はならないと言い切れるのか?
被害者になったら、気丈にマスコミ対応できるのか?
デリカシーがないってことは恐ろしい。
何でも善悪でしか考えられない。
被害に遭った人たちはもちろん、その家族や関係者は、そのためにさらに辛い思いをさせられる。
報道という名のリンチだ。
金になれば何でもいいのか?
視聴率が稼げれば、それだけで満足なのか?
新聞が大きく部数を減らしているのも、情報番組が視聴率上がらないのも。
一般国民がバカなのではなく、不信感しか持てない現状に愛想を尽かしているからだよ。
Photo_71
姿勢正しく

2019年5月28日 (火)

何で許せる?

朝からいきなり、とんでもないニュースが飛び込んで来た。
バス停にいた子供たちに、包丁2本を持った男が襲い掛かった!
女の子1人と30代の男性が死亡。
怪我人多数。
犯人と思しき男も首を切って死亡。
いったい何なんだ?
男は川崎市内に住んでいたとか。
男のリュックには、更に包丁2本入っていたって。
これって無理心中?
こんな奴と心中したい人なんているの?
ツイッターで某が、
「自分一人で死ね」という方向に行って欲しくないとか何とか。
何、言ってるんだよ?
何の関係もない人たちを巻き込むこと、ないだろ!
犯人は死にたかったろうが、付き合わされた人たちは、そうじゃなかったはず。
同情なんかしない!
薄情者と言わば言え!
こんな奴。
あの世に行こうが行くまいが、自分のしたことの責任負わせろ!
Photo_70
蓮の花




2019年5月27日 (月)

いい人じゃん!

来日中のトランプ大統領。
言動が実に分かり易くて、母は大好き。
七面倒臭いことは、言いっこなし。
はっきり分かれば、それに対応すればいいだけ。
大した中身もない癖に、勿体ぶる奴だの。
できもしない大法螺吹く奴よりもずっと信用できるってもん。
安倍首相とほんとに仲がいいんだね。
良かったわ。
国のトップだってみんな人の子。
人間的に信頼できなきゃ、何をしたってうまく行くはずもない。
基本中の基本だ。
昨日は、相撲の千秋楽で。
優勝力士に大統領杯を授与。
国技館に入場した時から、歓声が凄かった。
お客さんが皆、あったかい。
そう言えば、昔、パンナムの偉いさんも授賞式に出ていたっけ。
日本語のコメント可愛かった。
今日は今日で、拉致被害者家族会の皆さん方と交流。
「あなた方の娘、息子、母親との再会のために協力を惜しまない」って。
我が国の国会議員でさえ、半数以上はブルーリボンをつけることを拒否しているというのに。
ま、こいつらはまともな日本人じゃないからね。
さっそく偉そうに、批判しているよ。
こんな奴らに投票する連中を軽蔑するね。
一連の儀式の、スムーズかつ友好的な雰囲気が伝わってじーん。
この関係がずっと続きますように。
Photo_69
ハンカチ・ツリー



 

2019年5月26日 (日)

北が凄いことに

毎日、暑い話で脳がないが。
そう言ったって今、この時期に30度越えって!
夕方のニュースを見たらさらに驚いた。
北海道が凄いことになっている!
我が国、本日の最高気温ベスト10全部が北海道…。
いやはや。
青森もそうだけど、北国、あんまりエアコン普及していないんだ。
暑くて寝苦しい夜なんて、年に1週間かそこらだもん。
まして北海道だよ。
それがこれって…。
体調崩す人が、大勢出て来ても不思議はない。
何とかひと雨も望み薄。
明日も今日と同程度の気温。
はー。
怒りの母も調子が出ない。
水枕使おうかな?
Photo_68
目に青葉


2019年5月25日 (土)

かき氷が食べたい!

ついに当地、今日は30度越え!
おぉー。
こんなに暑い5月なんて、記憶にあったかしらん?
茶室も控室もエアコンでスースー。
そこを出ると暑さでボーッ。
今日は夏仕様に茶室が変身する日。
入れ替え作業で数時間、肉体労働に励む。
もう汗ダラダラ。
着替えした意味、果たしてあったのか?
まぁ、仕方ない。
近いうちに「初風炉」の行事を開催する。
茶室の次は、そのための打ち合わせ。
これまた細かい決め事が次々。
合間に熱いお茶、冷たいお茶、茶菓子で小休憩。
午後1時から5時過ぎまで、作業は続いたが。
すっかり疲れ果てた弟子仲間たち。
誰からともなく、
「かき氷が食べたい!」
そうよ!
ここはガツンと氷で冷えたい、うん。
アイスじゃ物足りん!
今日は、全国的に氷水が売れたんじゃないかなぁ?
Photo_67
氷繫がりで



 

2019年5月24日 (金)

何でも異常と言いたくないが

しかし、5月でこんなに暑いってどういうこと?
毎年、異常気象だと騒ぐ輩と、一緒にされるのは不本意だが。
今日、当地26度。
明日は、29度だかになるとのご託宣。
北海道は、青森よりもさらに高温予想って…。
天気予報を見て溜息をつく母に。
息子ボソッと
「沖縄が一番過ごしやすそうな気がする」って。
そうだよな。
沖縄の住民なら、暑さにも強いはずだし。
当地程度の気温でオタオタすることもなかろう。
家人は、明日エアコンを作動させると宣言。
うーむ。
この陽気に、着物を着てお茶の稽古と来た日にゃ、ほぼ「我慢大会」だわなぁ。
明日、着替えは最低でも2通り準備するとしよう。
せめて少しでも雨が降ってくれればなぁ。
この頃、雨の神様は仕事サボり気味。
夏休みはまだ早いよ。
働け!
気合が足りないぞ!
Photo_66
爽やかな風…感じて



 

2019年5月23日 (木)

また薬物か

芸能界、薬物汚染のニュースがまたまた。
ま、言っちゃなんだが、大した大物でもない。
女の方は、名前も顔も全然知らない。
こんなの生きてたんだてなもん。
気の毒なのは中丸君だ。
日曜日、元仲間の逮捕についてコメントせにゃならん。
全くあのグループは何なんだ?
まともなのは、中丸君と亀梨君だけ?
派手に活躍しているわけでもないのに、薬物に手を染めるって…。
落ち目だから、売人に狙われるのか。
いや、狙われるみんながみんな、薬物に手を出すはずもないか。
しかし、ジャニーズ事務所も大変だね。
辞めてからでも、元…と名前が出る。
次々出てくる若いグループ。
この中から、将来おんなじ失敗する人も出るんだろうな。
ま、出たところで自業自得。
芸能人崩れじゃ、再出発の道も険しそうだ。
でもやらなきゃ。
Photo_65
ほんのひと月まえのこと


2019年5月22日 (水)

もう夏なんだ

毎日、いい天気。
気温も高め。
今頃、27~28度で推移って…。
このまま夏になる?
暑いの苦手なんだ。
寒いのも苦手だけど。
それでも、寒いのならあったかい服装、装備、何よりも寒い戸外に出ない努力でどうにかなりそう。
が、暑いのはどうにもならん。
エアコンは嫌いだし。
薄着したって、流れ出る汗は抑えられん。
人様と会う時なんぞは、更にヤバい。
あくまで涼し気に見せなきゃと、気持ちだけは。
いつもばっちり綺麗にお化粧していたり、オシャレな装いで決めているお方は、たぶん母とは違う人種。
これからの季節は、お店はどこもエアコン作動。
外は炎天下。
このギャップで、体調狂うわー。
例年より早いんだ、それが。
まぁ、今年は家の中にいることが多いはずだからさ。
汗拭きタオルと大量のTシャツ、スポーツ飲料、塩飴。
今から準備しとこうか。
Photo_64
目で涼もうね


2019年5月21日 (火)

よりによって…

家人が、仕事で千葉県へ行ったのは、昨日のことだった。
折から南の方で大雨のニュース。
なぜ天気続きの時じゃないんだよ?
と、毒づくも。
仕事があってなんぼの自営業者。
座敷がかかればいつでもどこへでも。
なのよね。
が、片道7~8時間。
これに悪天候となればさすがに。
結婚40ン年ともなると、無事着いたという連絡もない。
ま、いいけど。
仕方なくニュースに注目していたが、大雨関連がさすがに多い。
となると、道中のみならず、現場も心配になって来る。
出かける前の話では、今日の午前中で仕事を終え、うちに着くのは10時過ぎあたりかなぁ。
息子と二人。
夕食時、今頃どこ走っているかねぇ?
大雨と強風がセットじゃヤバ過ぎね?
私らが心配したってどうにもならん。
そしたらなんと8時半に帰って来た!
開口一番
「こっちが凄い大雨だったんだろ?」
え?
「んにゃ、大したことなかったけど。千葉の方が大変だったんじゃないの?」
いやぁ、小雨だったよって。
お互いを思い合う気持、まだあったんだね。
Photo_63
気分もパーッと

2019年5月20日 (月)

何で無理するかな

貴景勝が、膝を痛めて休場したものの、少し調子が良くなったと再登場。
が、やはり…。
再び休場と相成った。
スポーツ選手に怪我は付き物だが。
年に6場所というハードな相撲。
あれだけの体重を支える足。
どれだけ鍛えたにしても、無理は禁物。
最初、休場のニュースを聞いた時は、あぁ良かったと正直思った。
体は資本。
本人は、そう思わないってことかな。
ゆっくり養生して、万全を期してからでも良かろうものを。
若さ故かも知れぬ。
せめて、身近に諫める人がいてくれたら…。
本人の希望に沿うだけでなく、叱り飛ばしてでも止めることはできなかったものか。
母ぐらいの年になると、膝だの腰だのの痛みが程度の差はあれ、常に。
決して若い時に無理したわけじゃない。
年を重ねるだけでそうなるんだよ。
今度ばかりは、じっくり治療に専念してもらいたい。
完治してからの活躍に期待する。
Photo_62
初夏の花

2019年5月19日 (日)

こっちは雨不足

南の方は、大雨で大変なところもあるようで。
屋久島なんて、50年に一度の大雨だって。
300人を超える登山客が、下山できずに難儀していた。
が、救助隊の皆さんのおかげで無事、全員救出と。
良かったね。
降り過ぎても困るが、当地は、ずっと雨が降らず。
行きつけの温泉で、農家のおばちゃんたちが嘆いている。
植え付けの時期だもんな。
適度な水気がなきゃ。
天気予報を見ると、火曜日に傘のマークがあるだけ。
気温も高めに推移。
もう半袖引っ張り出さないと。
一気に夏が来た感じ。
こっちじゃ「梅雨」と言っても大したことない。
そこそこでいいから、頻繁に降ってくれるとありがたいんだけど。
いきなりギンギンの暑さじゃ、この先思いやられるわ。
Photo_61
石楠花


 

2019年5月18日 (土)

野次馬走る!

お茶の稽古に出かけたが。
みんなで昼食後、そろそろ着替えるかという時に。
消防自動車のサイレンと救急車のピーポーが、盛大に響き渡った。
何事かと、みんなで2階から眺めていたら、駅裏で止まったんだ。
さぁ、こうなると。
根が野次馬の母。
じっとしちゃいられない。
スニーカーに履き替えて走ったわさ。
レスキュー車と救急車が並び、若い隊員たちが5~6名。
1人は車椅子を持ち、1人は携帯で電話中。
怪我かなぁ。
若い学生たちが大勢いたが、この子たちに聞いてもなぁ。
と、生後数か月の赤ちゃんを抱いたおっちゃん見っけ。
こういう人は親切と、この年まで生きてきた経験が教えてくれる。
おっちゃん。
駅構内で転んだ年寄りがいて、通行人が119に連絡したらしいよって。
そんなに大事故ってわけでもなさそうだが、何せ年だし。
うーむ。
しかし、ほんとに我が国、凄いわ。
その人一人に、これだけの人員が集まり、受け入れ先の病院を探し、身内に電話する。
しかもスピーディ。
かかった時間はせいぜい5~6分。
まもなくピーポーと共に、どこかの病院へ行った。
集まった野次馬も解散。
走行中の車も、救急車に道を譲る。
ドライバーたちの協力があれば、最短時間で適切な治療を受けられる。
大事に至りませんように。
Photo_60
みんなが仲間


 

 

2019年5月17日 (金)

リバイバル?

なぜか突然、たまっているカセット・テープをどうしよう?かと。
昔、せっせとFMやらレコードから録音した思い出のもの。
数にして100本以上。
CDに押されてン十年。
LPやらシングル・レコードもかなりの数。
オープン・リール・テープだってあるんだが。
ちゃんとしたステレオ・セットもあるが、設置場所がイマイチで。
これは2階の1室を、徹底的に片付けないとどうにもならん。
突然、沸き上がったカセット・テープ愛。
うーむ。
そもラジカセなるものが現在あるのか?
これが調べたら、昔ほどの勢いはないものの、一定のニーズはあるようだった。
お店に出向いて探したら、ソニーやら日立やら、愛しの国産メーカーの商品ずらり。
1万円以下の可愛いものが多かった。
ならポイント交換できるじゃん。
さっそくカセット聞いてみた。
1曲目荻野目ちゃんの「ダンシング・ヒーロー」
いやぁ、バブリー・ダンス思い出すわー。
2曲目小椋佳「木戸を開けて」
音があったかい。
3曲目からは懐かしやボニー・ジャックスの歌声が。
母、思わず涙腺が緩んじまった。
CDのとんがった音に慣れていたが、久しぶりに聞くともう…。
しばらくラジカセがおもちゃになる予感。
贅沢なことです。
Photo_59
芳香が…

2019年5月16日 (木)

夏だー

今日は暑かった。
26度ぐらいまで上がったらしい。
暑い中、プランターに、ブロッコリー・スプラウトと青紫蘇の種蒔き。
これぐらいの気温が続かないと難しいからね。
やり慣れないことは疲れる。
午後は、ゆっくり昼寝。
開け放した窓。
揺れるカーテン。
テレビの音がBGM。
あぁ、幸せだなぁ。
ボーっとした頭に、ちらちら雑用の影。
でもいいの。
今日ぐらいはのんびりさせてよ。
それにしても…。
このところずっと雨が降っていなかった。
温泉でのおばちゃんたちの会話が甦る。
「畑には水不足だなぁ。なんぼか降ってくれないもんかな」
庭のものなら、ホースで水浴びさせてやることもできるが、畑じゃあな。
なんてことを考えているうちに、すっかり眠り込んでいた。
夕方、温泉へ出かけたが。
農家の皆さん方で混んでいた。
この天気で農作業もはかどって、疲労回復にはやはり温泉が。
一番の妙薬ということ。
納得。
Photo_58
林檎の花盛り


 

2019年5月15日 (水)

どうにもならないこと

今日も千葉県で、公園の砂場で遊んでいた子供たちに、車が突っ込んだ。
身を挺した保育士が重傷を負った。
加害者は、たしか60そこそこ。
高齢者と括るには…。
先日の事故といい、子供たちにも保育園側にも何の落ち度もありはしない。
でも続く。
ドライバーが高齢か否かよりも。
注意力の有無が問題ではないのか。
こうなると、オートマチック車の不都合な部分に目が行く。
母が免許を取得したのは40年前。
マニュアル車がメインだった。
その時は、アクセルとブレーキの踏み違いなんぞ考えもしなかったが。
運転が楽になったはずが、この結果。
うーむ。
皮肉なもんだな。
それにしても偶然だとは思うが、池袋の事故の時も今回も、加害者の車がプリウスって。
トヨタが気の毒なような。
Photo_57
緑が主役



 

2019年5月14日 (火)

バレたな

新作映画の主演をした佐藤浩市が。
ツイッターで大炎上中。
その映画で首相を演じたのだが、やりたくなかったんだと。
だから、お腹が弱い設定にしてとスタッフに頼んだんだと。
そしたら、スタッフが言うことを聞いてくれたんだと。
なーんてことを、映画の公開前にべらべら。
何と言うか。
佐藤浩市は58歳とか。
しみじみ年で人は推し量れないもんだと。
言っちゃなんだが、一人の役者に過ぎないだろうに。
政治的にどんな意見を持とうが自由だが。
いい年をして、仕事を何だと思っているんだろうな。
それで報酬を貰って生活しているのなら。
一生懸命働くのが筋ってもんだろうに。
自分の我儘を自慢して恥じない神経。
己惚れが過ぎる!
これを百田尚樹や高須先生が批判。
至極まっとうな指摘だったが。
これに食らいついたのがお久しぶりウーマンの村本。
ついでにラサール石井という炎上狙いのお方たち。
本職何なんだ?
お笑いで活躍してんの?
してりゃこんなことに首突っ込まないはず。
これがまたエラそうなコメントで、笑わせてくれるよ。
あぁばかばかしい。
まぁ、バカな役者ふぜいの我儘に、迎合する映画スタッフのダメさ加減。
原作者が泣くぜ。
佐藤浩市ってもしかして特亜三国のお人?
なら、納得。
Photo_56
桜は可愛い!


2019年5月13日 (月)

昼下がりの公園

「桜まつり」が終わって1週間。
強風が吹き荒れた数日。
やたら暑い日。
雑用で追いまくられた日。
など、なかなか公園へ行く時間がなかったが。
今日は、久しぶりに出かけたよ。
お濠端は緑が美しかった。
ソメイヨシノはとっくに散ったけど、意外や意外。
遅咲きの桜がいい感じに咲いていて。
桜の下でピクニックの親子。
ベンチで昼寝のお父さん。
カメラでパチパチのお姉さんたち。
静かな昼下がりを楽しんでいた。
植物園内の「桜の園」は、数種類の桜が満開の艶やかさ。
一生懸命、樹木類の世話をしていた職員の皆さん。
いつもありがとう!
ざっと2時間。
園内を歩き回って幸せだー。
あの分なら、まだ数日は桜が見られる。
今度はいつにしよう?
Photo_55
まだいける!


2019年5月12日 (日)

南は暑いの?

南北に長いからかね。
南の方じゃ暑いらしい。
今から30℃がどうたらって…。
こっちはまだ朝晩寒いぐらい。
小ストーブ頑張っている。
毎年、この時期は着るもので頭が痛い。
温度調節できるものを常に持ち歩く。
帽子、傘、日焼けを防ぐためには手袋、何かを見るために老眼鏡、財布、時計、スマホ…。
年と共に荷物が増える。
今年はミニ・バッグが流行とか。
無理、無理。
そろそろサングラスだって必要だし。
出かけなきゃそんな心配もしなくていい。
外出は朝晩の涼しい時間帯にささっと。
と、計画だけは立派だが。
その通りに物事が運んだことは一度もなかったような。
でもこれから暑さも本番になって行くなぁ。
あ、大きめタオルと水筒もなきゃいけない。
カメラだって外せない。
となれば、リュックでいいや、もう!
Photo_54
今が見頃のライラック

2019年5月11日 (土)

基本が大事

先週は所用で行けなかったお茶の稽古。
遅れを取り戻すべく頑張る母。
ところがね。
人の弱みを握ることにかけては凄腕の師匠。
今日は、一段と指導に熱が入る。
窓から爽やかな風。
ほっとするのも束の間。
頭の中がぐーるぐる。
姉弟子たちへの指導、以前注意された所作、次の手順等、次から次へ。
うーむ。
仕事を辞めてからというもの、ダラダラ毎日過ごしているのがバレるわ。
と、姉弟子に愚痴ったら
「みんな同じよ。何十年稽古し続けてもこれで終わりってことないよ」
師匠の注意通りにしているつもりでも、体の動きがついて来ない。
会話を聞きつけた師匠。
「一度の指導でちゃんとできたら、師匠なんかいらないだろ?」
不肖の弟子であり続けるのも難儀なことでございます。
Photo_53
元気になる(?)色

2019年5月10日 (金)

北も南も

例によってバカな隣国が、我が国に向けて危険なものを飛ばしたんだって。
よっぽど追い詰められているんだろうな。
縋られたお国も冷たいね。
少しは期待に応えてやれよ。
って言ったって、中国もロシアも南ちょうせんも、経済的に落ちぶれる一方。
大好きなアメリカから肘鉄を食らい。
EUからは経済制裁。
何をどれだけしでかそうが、まともに相手する兆候なし。
時間が経てば経つほど困るのは、素人でも分かる話。
我が国もだんまりを決め込んでいて、こうなりゃ売国奴議員共も下手に動けない。
これってめでたいことなのかもよ。
それとは関係なく、九州地方でかなりな地震。
午後出かけていた母。
その後の詳しい話は聞いていないが。
被害の程度が大したことがなければいいと思うだけ。
揺れた地方の皆さん。
何よりもご自分の安全にご留意下さい。
Photo_52
あぁ、春景色!

2019年5月 9日 (木)

そうでないと

大津市の保育園児死傷事故での、園長の会見が波紋を呼んで。
内容の酷さにツイッター上でも、保育園への擁護発言が相次いだ。
ショックを受けて動揺している園長に対して、情け容赦ない質問を浴びせる神経…。
あんたたちはそんなにご立派か。
まともに画面を見られない人は多かったと思う。
事故を起こした人たちをまず責めるべきだろうに。
何の落ち度もない保育園側に、どうたらこうたら。
「鬼畜の所業」とは、言い得て妙。
そんな中、つるの剛士の投稿に涙が溢れた。
「子供たちを見て下さっている保育士の皆さん方に感謝しかない」
そうだよ。
その通りだよ。
一生懸命、子供たちを日頃世話している皆さん方が、この件でどれだけ傷ついたことか。
あなたたちは何も恥じることはない。
マスゴミがどう報道しようが関係ない。
ただありがとう。
被害に遭われた子供たち。
その親御さんたち。
保育園関係者の皆さん方のために祈ります。
Photo_51
名残の桜

2019年5月 8日 (水)

荒れています

昨夜は雷が凄かった。
夕方、温泉の帰り道。
薄暗い空に轟く雷鳴。
わくわくするわー!
雷好きなんだ。
特に暗い夜空が舞台だと。
ついでにザーッと大雨もついて来ると一段とグー。
なかなかこの3つの条件が重なることがないのが残念。
今日は今日で、朝から強風が吹き荒れた。
朝、干したばかりの洗濯物。
ガタンという音と同時に、物干し台ごとひっくり返った。
強風のお陰で、短時間でかなり乾いていたのがせめてもの救い。
慌てて室内に取り込むも、その後益々風は強くなり。
遂には昼近く、暴風警報が発令。
外出、諦めましょう。
庭の草取り、またにしよう。
で、うちの中でボーっとテレビを見ていたが。
青森県東方沖で地震!
大津市で車の衝突事故のあおりで保育園児数名が重体。
え?
詳細は不明だが、重傷軽傷を含めればかなりの人数。
何でこんな小さい子供たちが…。
聞けば、きちんと青信号で待っていたという。
直前に2台の車の衝突事故があってと。
事態の展開が目まぐるしい。
可愛い盛りの子供たち。
親御さんのショックは計り知れない。
かける言葉が見つからない。
全くなんて日だ!
Photo_50
ただ祈ります





 

 

2019年5月 7日 (火)

休み明けは…

何だかダレるなぁ。
10連休が終わったんだから、もうしゃっきりしなくちゃいけないんじゃないの?
って、自分で自分を追い込んでどうする?
もう、のんびりでいいじゃん。
これがね。
のんびりするととめどなくなって、伸びきったゴム状態になる。
それじゃいかん!
伸びきる前で終わらなきゃ。
今日は大型ごみ回収の日。
小屋の中でいい子していたサイドボード。
♪今こそわかれめ、いざさらば♪
思い切って処分。
年も年だしさ。
いつまでも放っておいて、自分の身に何かあったら…。
あぁ、息子に迷惑はかけたくない。
って、お迎え来なきゃどうにもならんが。
ところで、車庫の前のタイヤどうするの?
家人「そのうち業者に金を払って処分頼むわ」
自分たちに「老い」が忍び寄って来ていることを実感。
恐ろしいほどの孤独感。
高齢化社会だもの、同じ思いの人はきっと多い。
同志たち。
無理はよそうね。
仲間は多い。
一人で悩んでもしょうがないんだから。
Photo_49
雪柳

2019年5月 6日 (月)

連休最終日は雨

ぽつぽつ程度の雨はあったものの、ほとんど晴れが続いた10連休。
明日からは、普通の日常に戻るなぁ。
ほっとしたようなそうでもないような…。
日が暮れてから雨も降り出した。
風もなく、大雨でもない。
単調な雨だれの音を聞いていると瞼が重くなる。
休みでも疲れがたまることはある。
今夜は、早めに夢の世界へ行こう。
明日は、大型ごみの収集日。
同時に資源ごみの回収もある。
午前中にまた、家人と車庫の中の整理をしたが。
なぜか津軽塗のお盆やら箸、茶托、弁当箱などが出て来た。
いつ、どうやって我が家に来たものか、全く記憶がない。
この手の伝統工芸品を収集する趣味は、母にはない。
となれば、どなたかからのいただきもの?
うーむ。
分からん!
家人は
「処分しないなら、ジャンジャン使うしかないよ」
そうだけどさ。
長年、存在を忘れていたってことは、なくても構わないってことだし。
若い頃には、食器を壊すことも多々あったが、さすがに今は。
日常使いに伝統工芸品というのは、さすがに気が引けるなぁ。
Photo_48
しばらく会えないね

2019年5月 5日 (日)

明日で連休もおしまいね

何だか忙しい10連休だったが。
明日でそれもおしまい。
しばらく静かな日々が続くはず。
いい加減、たまった家事を片付けて、夏を迎える準備しないとね。
今日は暑かったなぁ。
窓を開けても風が入って来ない。
予報じゃ夏日になるとか言ってたし。
午後、家人と少し車庫の中を整理。
もう使わない除湿機、電子レンジ、金物類を近くのリサイクル・ボックスへ運ぶ。
ここは、いつ通っても溢れんばかりの物だらけ。
定期的に空になるからありがたい。
使わなくなって久しいものを、後生大事にとって置かなくてもいいんだ。
でもここ。
食器類は扱わないと断り書き。
それは市の収集日に回すとするか。
散々怠けていたが、休み明けから気合入れて頑張るぞー!
と、ここで宣言しておこうっと。
Photo_47
しっとりと椿




2019年5月 4日 (土)

お勤め終了!

公園ガイドの仕事も今日でおしまい。
今年は天候に恵まれたと思う。
酷い天気だと、花を愛でる余裕ないもんね。
意外に持ってもくれたし。
園内を歩いたのは10時頃だったが、さすがに人出は少なめだった。
遅咲きの桜をゆっくり眺めながら、写真に撮りながらのゆったりモード。
それでも昼近くになると、お弁当を持った家族連れが続々来園。
咲き誇る枝垂れ桜の下で、楽しい食事。
いいなぁ。
幸せを絵に描いたよう。
人様の幸せそうな顔を見ると、こっちも幸せな気持になる。
どこぞの国は、その頃怪しげなものを日本海に飛ばしていたらしいが。
不幸な人たちだなぁ。
ま、自業自得だ。
同情なんぞする気はない。
人生を豊かにするのも粗末にするのも自分の心がけ一つ。
ずっと花見を楽しめる我が国であり続けてくれますように。
Photo_46
たか丸君 また会いに行くからね

2019年5月 3日 (金)

いい季節

いい季節と書いてしばし…。
悪い季節があるのか?
そんなものありはしない。
が、より多くの人が快適と感じるのは正に今頃ではないか。
暑過ぎず、寒過ぎず、吹く風は爽やか。
今日の当地は、初夏を思わせる陽気。
昨日の強風で、公園内のソメイヨシノは、ほとんど散っていた。
が、ここで諦めることはない!
遅咲きの桜というのもあるんだよ。
枝垂れ桜もまだまだ見頃。
だが、普通のお宅の庭も花盛りで。
これを見て歩くのも楽しい。
ついつい遠くまで足を延ばしてしまう。
今、この時期を楽しみたい。
汗ダラダラになるのも時間の問題よね。
Photo_45
もう見納め

2019年5月 2日 (木)

低気圧通過

朝から強風が吹き荒れて。
これじゃ桜が散ってしまう。
おぉ…。
でも、ここまで持ってくれたのが不思議なくらい。
ソメイヨシノは散っただろうが、遅咲きの桜が次々見頃を迎えるはず。
昨日、今日と母、ガイドはお休み。
一応、主婦だからね。
それなりに片づけたい仕事はあるわけで。
今朝なんぞ、盛大に洗濯物を外干し。
天気はいいし、何より風で乾くのも早いと踏んだまでは良かったが。
風が強過ぎてヤバいことに。
慌てて屋内に取り込み、庭の鉢花類も直接風が当たらない場所へ移動。
それでも屋根の上で風が唸る。
隙間風で窓がガタガタ。
これがしばらく続いた。
午後、ようやく落ち着いた頃、買い物に出たが。
意外なくらい寒い。
残念だなぁ。
風さえ弱かったらもう少し…。
いけないいけない。
ないものねだりは見苦しい。
Photo_44
椿だって花盛り


2019年5月 1日 (水)

改元フィーバー

改元の威力は凄い!
テレビのチャンネルは、どこもかしこも改元関連一色。
ベビー誕生やら、婚姻届けの提出やらとまぁ賑やかなこと。
皇居前広場に集う人々。
雨の渋谷スクランブル交差点の群集。
郡上市の盆踊りetc
当地も深夜0時にお祝いの花火。
うーむ。
めでたい。
今年2度目のお正月が来たみたい。
皆さんの表情が晴れやかで幸せそうなのがいいね。
母も今日、40ン回目の結婚記念日を迎えた。
特にどうということもないはずが、国を挙げて大フィーバーの日になるとは…。
不思議な感動があるわね。
母が結婚した当時、5月1日は「メーデー」労働者の日だったが。
今じゃ労働組合運動は、低調になっちまった。
勤め先が安泰でなければ、組合運動も頑張りようがないもんね。
どこぞの半島は、その理屈も理解不能のようだが。
まぁ、そんなところに関わらないのが身のためだ。
さんざん先の天皇を侮辱しておいて、親書なるものを送ったとさ。
ほんと厚顔無恥とはこのことよ。
我が国の改元にも、新天皇の即位にも、あんたらは何の関係もない。
擦り寄って来るな!
謝罪が先だろ?
Photo_43
我が道を行く



 

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29