無料ブログはココログ

キムリン・ホリスティック・ワールド

  • 金 香百合
    いつも心に太陽を 悲しい時、辛い時、誰かに慰めてほしい時、キムリンはいつもそばにいてくれる。もしかしたら、みんなの守護聖人かも?

cocoa青森

  • COCOA青森
    COCOA青森の会員限定サイトです。あたたかい心と少しの時間を、メンバーと共有して下さる方を募集中です。

« あれから8年の歳月が | トップページ | 薬物ね »

2019年3月12日 (火)

そのひとことでジ・エンド?

家人が肌の異常を言い出したのは、正月休み明けのことだった。

体のあちこちに何やらできもの。
それが少しずつ広がって、本人も?
「痒いの?」
眠れないほどじゃない。
「痛いの?」
ううん。
市販の塗り薬でごまかしているうち。
元看護士の姉弟子が
「お酒止めてみて」
家人、ノン・アルコール飲料を週に2日ほど。
ひと月ぐらい経ったら、少しずつ快方に向かったようでやれやれ。
ところが…。
油断大敵。
またまた赤くなりだした。
ある日、突然
「病院へ行って来た。しばらく薬飲まなきゃ」
ドクターはなんて言ったの?
「何だろうね?ある程度の年齢になるとこうなる人多いんだ」
うーん。
家人、ドクターに聞いてみた。
「お酒が原因ですか?」
ドクター
「昨日、今日から飲んでるわけじゃないでしょ?」
家人
「もしかして温泉通いに問題でも?」
ドクター
「最近、行き出したわけじゃないでしょ?」
うーむ。
分からん!
それから1か月経過。
今は、膝から下にいくらか赤みがある程度に回復。
息子
「もしかしてはしか?」
あのね。
いくら何でもはしかなら、ドクターすぐ判断できると思わない?
年齢の一言で何でも片づけられるのも切ないが。
体のあちこちに不都合が出てくるのも確かなのよね。
Photo
朽ちる姿も美しい

« あれから8年の歳月が | トップページ | 薬物ね »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うーん

年齢のせい 加齢のせい

急性肺炎で入院したときの看護師(男性」が言った言葉に 老人がこうして若者の負担が増えるのですよーー

私 せき込みながら「すみません」お世話かけているから 少ししおらしくしていましたが
退院して日ごとに回復元気をとりもどすと急に腹立たしくなって 探したけれど その人はもう在籍していませんでした

親身になってふむふむ と言われる先生とこんな病気はお日様にあたって 散歩してればすぐよくなるよーーと軽く受け流していく先生

お医者さんの奥さんの友人はそこそこおられるのですが旦那さんは「生きているからしんどい 痛いんだよー」とかるーーく流してしまうとこぼしていました

そしてそして有閑マダムの能天気奥様 天真爛漫で誰もが許す方が医者のご主人が俳諧はじめたとなげいておられました

みんな それぞれに年を重ねて すべて加齢のせいにされていくようです

みんなの口コミで我が家では石鹸はオリーブオイル配合石鹸を使用しています

皮膚が弱くなってるのだったら柑橘系の果物やらいちごなどでビタミンcなどを極力食べるようにしています

少し早いか遅いか すべての生きとし生きる者が通る道 のんびり道草しながら行きましょうね

時々悪ふざけをする私です 式部さんは真正面からしっかり受け止めてくださる素直な方だと知りました

式部さん
最近お肌トラブル多い
行きつけのお店で今流行の
オールインワンクリーム買って塗ってみた。
あらゆるトラブルから解消された。
2000円くらいだけど、いつもは1割引・誕生月は3割引。
母も毎日使っています(*^ー゚)bグッジョブ!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そのひとことでジ・エンド?:

« あれから8年の歳月が | トップページ | 薬物ね »

最近のトラックバック

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30