無料ブログはココログ

キムリン・ホリスティック・ワールド

  • 金 香百合
    いつも心に太陽を 悲しい時、辛い時、誰かに慰めてほしい時、キムリンはいつもそばにいてくれる。もしかしたら、みんなの守護聖人かも?

cocoa青森

  • COCOA青森
    COCOA青森の会員限定サイトです。あたたかい心と少しの時間を、メンバーと共有して下さる方を募集中です。

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月31日 (日)

あとひと月あったんだ

去年の秋以来、友人3人とのランチが今日だった。
弘前市近郊の民家で、主婦グループが提供する料理をいただく。
去年のうちから保存していたもの。
雪が消えて芽吹き始めたもの。
干し魚を炊いたもの。
漬物数種類。
干し柿とりんごのデザート。
彩り、品数、味付け。
流石ベテラン主婦の腕。
年のころは、母たちよりいくらか上かな。
料理の解説も喋り過ぎず、いい感じ。
時折雪が混じる生憎の天気だが。
なんのこれしき。
その後は、ファミレスでティー・タイム。
次回の会合について盛り上がる。
「桜、その頃咲いているかな?」
「こんなに寒いともしかしたら…」
「平成最後の花見になるかな」
ん?
今日、平成最後の日じゃなかったっけ?
「何、言ってんの?あんた。明日、新元号が発表されるだけでまだ平成なの」
そうだった。
つい、思い違いしていたわ。
そういうのまさか、母だけじゃないよね?
Photo_10
今日のランチだよ

 

 

 

あとひと月あったんだ

去年の秋以来、友人3人とのランチが今日だった。
弘前市近郊の民家で、主婦グループが提供する料理をいただく。
去年のうちから保存していたもの。
雪が消えて芽吹き始めたもの。
干し魚を炊いたもの。
漬物数種類。
干し柿とりんごのデザート。
彩り、品数、味付け。
流石ベテラン主婦の腕。
年のころは、母たちよりいくらか上かな。
料理の解説も喋り過ぎず、いい感じ。
時折雪が混じる生憎の天気だが。
なんのこれしき。
その後は、ファミレスでティー・タイム。
次回の会合について盛り上がる。
「桜、その頃咲いているかな?」
「こんなに寒いともしかしたら…」
「平成最後の花見になるかな」
ん?
今日、平成最後の日じゃなかったっけ?
「何、言ってんの?あんた。明日、新元号が発表されるだけでまだ平成なの」
そうだった。
つい、思い違いしていたわ。
そういうのまさか、母だけじゃないよね?

 

 

2019年3月30日 (土)

最後の仕事

今朝は、そりゃもういい天気!
計画通りに事は進み、お茶の稽古にも早めに行くことができた。
まずはひと安心。
例によって、師匠と弟子仲間たちで一緒にお昼。
師匠宅に住み着いた野良猫のために、一肌脱がなきゃ。
動物嫌いの母でも、なつかれると弱い。
「女と猫は似ている。呼んだ時は来ず、呼ばない時に来る」
と、言ったのは誰だっけか?
御年87歳のニュー・フェイスも昼過ぎにやって来た。
しっかり着物姿。
やる気は本物と見た。
キャリア?十年ともなれば、知識の蓄積が半端ない。
外用、室内用2本の杖持参。
畳はやめて、立礼席で稽古。
年寄りには椅子の方が楽だもんね。
お菓子に目を細め、お茶をおいしそうに飲み干し、季節の花、道具類に目を輝かせ…。
「何だかままごとしているみたい」
そうだよね。
師匠、ことのほか喜び、道具類の説明に熱が入る。
「来週は、どんなコーディネートにしようかな?」
楽しい稽古が終わり外を見て!
「雪だ」
予報は正確だなぁ。
早めに引っ越し作業を終えて良かった。
やっぱり日頃の心がけですかね?
そういう事にしようね。
Photo_9
まだ降るの?


 

2019年3月29日 (金)

明日一日

職場も今月いっぱいでおしまい。
今週は、職場を開けるために。
早い話が引っ越し作業に追われている。
小さいものは、少しずつ処分。
大きいものは、希望者へ。
仕事を始める時に、腕のいい大工さんが作ってくれた大きな本棚と下足箱が母のものに。
しっかりした造りで、とてもどこぞに処分する気にはなれない。
が、問題はその大きさ。重さ。
家人と相談のうえ、ひとまずは我が家に引き取る。
場合によっては、一部を切り離して使用。
その前に運ぶ手段をどうするか。
家人の営業用車でとも考えたが、危なっかしいわ。
で、2トントラックをレンタルすることに。
作業は明日。
気になるのは天気。
明日の午前中は、雨の確率0%。
午後から崩れ、夕方からは雪だって。
そのまんま降り積もるとのご託宣。
はぁ?
早いとこ済ませないとね。
こういう時は、若い力自慢の知り合いが欲しい!
つてを探して何とか。
明日一日、よろしくお願いしますと。
多分、明日は母疲れ切っていると思うな。
記事を更新できるか、自信ない。
では、おやすみなさい。
Photo_8
後いくつ寝ると会えるかな?

2019年3月28日 (木)

寒いけど嬉しいような

今朝も一面雪。
結構低温が続いているし。
クロッカスが咲き始めているが、一度近づいた春がまた遠ざかった。
うーむ。
春の到来は待ち遠しい。
が、ここは我慢のしどころ。
この状態が続くと、桜の開花だって遅れるわけだし。
友人、知人。
会うとこの話で盛り上がる。
みんな、桜が大好き。
なるべく長い間、咲いていてほしい気持はおんなじ。
世界中から、桜を見に観光客が押し寄せる。
高いお金と時間をかけて、当地まで来ていただくんだもの。
自慢の娘の艶姿。
見てね!
きっとね。
天国ってこんな光景だと思うよ。
Photo_7
愛しのわが娘 昨年の思い出

 

 

2019年3月27日 (水)

息抜きのつもりがこれじゃ

毎日、ここで愚痴るのも情けない。
でも、仕方ないよね。
一向に不具合が修正されないんだもの。
一般人の母じゃ、専門的なこと言われても理解不能。
単純に、開き直ろう!
今までつつがなくやって来ていたんだ、ここまでトラブルが長く続くのは母のせいじゃない!
専門知識を持っているプロ集団だろ?
早く直してよ!
怒ったところでどうなるもんでもないが、じっと待っても結果は同じ。
ココログは息抜きの場だった。
が、今やストレスの元に成り下がっちまった。
なら、盛大に怒りの声をあげよう!
あげなくちゃやってられない。
Photo_6
癒して頂戴

 

 

2019年3月26日 (火)

不安定過ぎ!

 おっかなびっくりでココログ入りする日が続くとは…。
 いったいいつになったら前みたいに気楽にINできる?
 早くしてよ、スタッフさん。
 記事の行間が空く。
 その対処法を、またまたちぎれ雲さんに教えていただいた。
 アドバイスに従って、今、書いているわけだが。
 ちゃんとした形になったのは嬉しいが、こんな不便がまだまだ続くの?
 せっかくリニューアルしたのに、不安定なまんまじゃあ。
 せっかちなユーザーなら離れるのも納得。
 ココログ仲間のブログ、最新の記事はいつ反映されるの?
 コメントのやり取りもしづらい。
 これって「改善」じゃなくて「改悪」だろ!
 Photo_5
 私の今の心境


 


 


 


 


 


 


 

2019年3月25日 (月)

「寒の戻り」

向こう1週間の天気予報を見て!


小さい雪だるまが並んでいる。


気温が低めで推移。


あーら、春が足踏みしちゃうんだ。


昨日の朝も積雪があったんだ。


9㎝だっけか。


家人が早起きして雪かきに精を出していた。


久しぶりだよな。


温泉の知人たちも、同僚たちも異口同音に


「桜が早まると困るから、寒い方がいい」


うーむ。


今朝の出勤時、やっぱりオーバーじゃなきゃ。


足元はスニーカーじゃ危ない。


って、冬のいでたちで。


最高気温は10度前後。


風、寒かった。


手袋なしじゃちょっと…。


桜のためなら頑張っちゃうよ。


ねぇ、聞こえてる?


Photo_4


うっすらと


 

2019年3月24日 (日)

まだかよ…

ココログさん、メンテナンスの影響まだ残っているね。
何とか記事は書き込めるし、ちぎれ雲さんのお陰で写真も貼り付けることができた。
でも、ポチ&キラリの巡回は、未だに動作が重いまんま。
時間がない時イラつくわ。
他の人のブログも見たいのに、この調子じゃいつすっきりするのか先行き不安。
素晴らしい写真をいつもアップしておられる方、素敵な記事を書かれるお方、母も楽しみにしているんだけどなぁ。
こんなにトラブル解消に時間がかかっているのに、イベント開催中と言われても。
何だかなぁ。
その気になれないわ。
サクサク軽快に事が運ぶのと、いろんな機能満載と、どちらかを選べと言われたらサクサクなのよね。
使いこなせない機能がいくらあっても、正直嬉しくない。
若くないってこともあるしな。
流石に、ほぼ1週間経過してこの状態というのは…。
あぁ、恨めしい。
Photo_3
蕗の薹

2019年3月23日 (土)

桜も混乱?

今朝は一面真っ白!
日中も時折雪が降り続け。
それほどの低温でなかったのが幸いして、道路が濡れる程度で落着いた。
お茶の稽古で集まった面々。
「景色、冬だねー」
「タイヤ交換まだしてなくて良かった」
「いいなぁ。もうしちゃったから、車で来れなかった」
いやぁ時期外れの降雪。
悲喜こもごもですわ。
夕方迎えに来た家人。
弘前公園の近くに差し掛かったら。
「桜もさ、この寒さでびっくりしたと思わない?」
いつもは無口なこのお方。
何かのスイッチが入ると俄然饒舌になる。
母は、桜が驚いたなんて発想はないが。
だんまりの母を無視して喋り続ける。
「寒いと縮こまって、あったかくなると油断する。それが続くとほころんでくるわけだろ?」
桜がそんなに人間的だとはね。
「でもさ。あんまり早く咲かれても困るから、この低温が少し長く続くといいね」
あぁ、そうだねと軽く相槌。
今日の家人は一味違う。
「桜だって、一番綺麗な所、なるべく大勢の人に見られたいと思っているよ、きっと」
あんたはいつから、桜の代理人になったんだ?
と、ツッコミたい気持ちをぐっと抑える。
弘前市民だよなー。
桜は弘前が世界一、お城は弘前城が一番。
誰が何を言おうが知ったこっちゃない。
あんたが大将です。はい。
Photo_2
雪か桜か

2019年3月22日 (金)

なごり雪

昨日からまた気温がぐっと下がって。
昨夜は久しぶりに風の唸る音が子守歌。
屋根がガタガタ音を立て。
ぴゅーぴゅーもおつきあい。
湯たんぽにしがみつき、震えているうちに眠りの世界。
朝起きてまず外を見る。
この前みたいに白くはなっていない!
おぉー。
なら、いいか。
ここ何日か、ジャンパーで出勤してたけど、今日はどうしよう?
流石に前には戻れない…か。
昼になっても気温はたいして上昇せず。
時折雪が舞い散るようす。
雨か雪か微妙なところだな。
バスで帰り道。
公園近くから、袴姿のかわいこちゃんたちが大勢歩いている。
スーツ姿の男の子たちが、小さなブーケを持って歩いている。
ん?
そうか!
今日は弘前大学の卒業式。
式典会場は、弘前公園のお隣「市民会館」だ。
雪交じりの寒々しい空気の中。
女子大生たちの華やかな着物姿が映える!
おめでとう!
社会人の仲間入りだね。
Dscn7646
残雪

2019年3月21日 (木)

再チャレンジなんちゃって

昨日、ブログ記事はアップされていた。
が、写真はどこへ消えたの?
せっかく貼り付けた「蕗の薹」。
指示通りにドラッグアンドドロップしたのにこのありさま。
もう、訳分かんない。
いったい、いつ元通りにできるのさ?
いい加減にしてよ!
コメントのお返しもしなくちゃと、思っているけど安定しないうちは無理と見た。
ごめんなさいよ。
スタッフだって一生懸命作業しているとは思う。
が、この状態が続くというのは、責められても仕方ないんじゃないの?
色々な機能をお試しするには時期尚早だわな。
別にそんな機能、求めちゃいないんだけどな、私。
って、聞こえていないよね、きっと。
さて、今日も写真頑張ってみるけどどうなることか。

2019年3月20日 (水)

昨日は焦ったわ

ココログのメンテナンスがあると知ってはいたが。
あれだけの長い時間。
入口に辿り着くこともできず。
何度チャレンジしても、別のアカウントを使っているんじゃないのか?
え?
ここ何年も、同じアカウントだが。
IDがどうたら?って。
1昨日まで何の問題もなかったのに、なぜここで拒否られる?
時間はどんどん無駄に過ぎ。
庭と部屋巡りするだけでも、相変わらず重たい。
10時過ぎたら諦めなきゃ。
他の人のつぶが目に入る。
みんな悪戦苦闘している様子。
同志たちよ、この怒り共有しちゃう。
ブログの更新、やーめた!
一夜明けて今日の午後。
ココログ入ってびっくり!
こんなにイメージ・チェンジしたわけ?
何もなきゃ褒めたいところだが。
庭も部屋もやっぱり重いまんまじゃあな。
ま、入れたし。
ブログも更新できそうだし。
いいとするか。
「彼岸の入り」だしな。

2019年3月18日 (月)

さてお祝いは

職場の閉鎖に向けて、あれこれと忙しくしているが。

今日、4年生のKちゃんのママから電話。
Kちゃんの兄、A君は4歳から預かり、今年高校生になる。
同僚たちと、過去の日誌なんぞ読み返し、あぁ、そんなこともあったなぁと。
思い出の中でA君は、小さい子供のまんま。
おんぶが大好きな子だった。
よく一緒に近くの公園へ行ったっけ。
あの子がねぇ…。
ママ
「先生、何時頃までそこにいますか?近いうちにAが会いに行きたいんだそうです」
おぉ、嬉しい!
いつだって歓迎するよ。一緒におやつ食べようね。写真撮ろうね。
つい気分が弾んだわ。
ところで…。
高校入学のお祝いって何がいいの?
同僚オーラに聞いてみた。
「北海道の某有名菓子店の苺入りチョコレート大好きだよ」
うーむ。
予想とは違うのね。
まぁ、必要なものは親が準備するからいいか。
さて、ネットで探して注文しておいた。
彼が来るまでに間に合うかな?
Photo
数日前の空

2019年3月17日 (日)

何で役所が

文科省が、子供のいじめ問題に対処するためと称して。

SNSを活用すると発表。
それはいいが、何でLINEを使うわけ?
ファーウェイが未だに売れているというのも驚きだが。
情報がばんばん、特亜三国に抜き取られていることに、危機感持たないの?
一般人はまぁ、この際、ほっとく。
好きで使ってるんだ、どういう結果になろうが知ったことか。
が、政府だの自治体だのが使うというのは話が別だ。
ネットで散々その危険性が話題になっているのに。
国内産業を保護、育成するのがあるべき姿だろ?
安倍さんも好きだし、政府を信じてはいる。
が、特亜三国なんて凶悪な連中に無防備過ぎる!
NHKがシラーっと流したニュースに、母は血圧急上昇。
絶対、自民党の内部に内通者がいる。
何が何でも、こんな奴らが国を売らないように情報発信しなくちゃ。
特亜三国に有利な政策だなんて許すもんか!
Photo
今朝の弘前公園

2019年3月16日 (土)

ニューフェイス?

お茶の稽古に出かけたら。

今日から仲間が一人増えると、師匠からお言葉。
数週間前から、師匠と調整していたようで。
1時に、その人はやって来た。
が、どうも師匠とのやりとりが新入りとは思えない。
高齢だし、足がいくらか不自由だし…。
いや、それだけじゃない何かがある!
姉弟子がまずお濃茶を。
続いて母がお薄を。
和やかな時間が過ぎて、打ち解けた頃。
この方は、ここしばらくお茶から離れて療養中で。
かつては師匠と呼ばれたお方だそうな。
脳梗塞で2度倒れ、先日足を骨折し、難聴で補聴器の助けを借りておられる。
うーむ。
さすがに問答等は堂に入ったもので。
お茶に関しての知識はさすが。
でも、何で今、弟子入り?
「毎日、家の中でボーっとしていると、良くないことばかり考えて気が滅入る。同年代で生き生きしている人たちは、皆、何か趣味に打ち込んでいるんだよね」
昔取った杵柄。
ならば、旧知の仲のわが師匠に相談してみよう。
合点がいったわ。
来週から通うことに決まり。
師匠から私たちにまたまたお言葉。
「敬老の精神で、面倒見てやってね」
いいけどさ。
ほぼ老々介護状態に突入した感あり。
ま、明日は我が身。
頑張ります。
Photo
今夜も雪ってほんとかしら?

2019年3月15日 (金)

春はまず花から

雪が少しずつ消えて、地面が見えてくると。

一番先に顔を出す花は、ビオレ、クロッカスかな?
寒いのがたいして気にならないんだろうか?
水仙の芽もふっくら。
街中がカラフルになるのもあと少し。
今日は、職場の近くで蕗の薹を見つけた。
いつも持ち歩いているカメラ。
こんな時に限って忘れるのよね。
スマホで、という手もなくはないが、やはりというか。
まぁ、月曜日じっくりと撮ろうと思っている。
今日は、近くの小学校の卒業式。
職場で給食が始まった。
今月末で職場は、閉鎖が決まっている。
平成と共に去るわけだ。
後数回の給食は、子供たちと同僚たちのリクエストに応える形。
みんなで楽しく昼食。
笑顔でさよならがいいね。
最後の日まで、きちんと仕事をしなくちゃと、改めて誓う母だった。
Photo
春はまず黄色から

2019年3月14日 (木)

朝は白かった!

やっぱり天気予報は嘘をつかない。

朝、恐る恐る外を見たら…!
一面、真っ白!
また、帰って来たのね、冬の方。
久しぶりに、夜中、風の唸り声が聞こえていて。
布団の中でがっくり。
今日は、青森市内へ出かける日。
目的地の手前は、県内でも豪雪と吹雪で知られた地域。
横殴りの風。
舞い散る白い雪。
♪あああぁ~津軽海峡ふゆげしきぃ~
こういう天気にはど演歌がふさわしい。
数日前から春気分に浮かれていた我が身。
朝からどっと疲れが。
訪問先の皆さんも、交わす挨拶が皆同じ。
雪は好きだけど、もういいわ。
あと1回は降るかしらん?
上空の寒気のせいか、家の中も寒いのよ。
早いとこ、湯たんぽ仕込まなきゃ。
皆さん、おやすみなさい。
Photo
赤い色が見たいのに

2019年3月13日 (水)

薬物ね

芸能人の薬物騒動は、今に始まったことじゃないが。

コカインというのは珍しいな。
覚醒剤又は大麻というのがポピュラー。
ミステリー小説ファンの母。
コカインと来ればシャーロック・ホームズなんだ。
シリーズの中で、印象深いのがコカイン中毒と、バイオリンのエピソード。
なんと名器ストラディヴァリウスを、ただ同然でゲットしたそうな。
うーむ。
コナン・ドイルは、なかなかの趣味人。
おっと、コカインの話だった。
以前、読んだ本で日本人は圧倒的に覚醒剤。
その他の国は、コカインやヘロインが一般的と。
洋画見ても、学生やらそのママたちが大麻をどうこうという描写が多い。
煙草やコーヒー、アルコールの延長かと思いたいが。
れっきとした「麻薬」じゃあね。
外国の事情はいざ知らず、我が国でやったら厳罰は当然。
彼、芸能界に復帰できるかな?
させちゃいけないと思うよ。
いくら薬物に甘いその世界でも。
自業自得ということで諦めな。
Photo
明日、また冬が来るってさ

2019年3月12日 (火)

そのひとことでジ・エンド?

家人が肌の異常を言い出したのは、正月休み明けのことだった。

体のあちこちに何やらできもの。
それが少しずつ広がって、本人も?
「痒いの?」
眠れないほどじゃない。
「痛いの?」
ううん。
市販の塗り薬でごまかしているうち。
元看護士の姉弟子が
「お酒止めてみて」
家人、ノン・アルコール飲料を週に2日ほど。
ひと月ぐらい経ったら、少しずつ快方に向かったようでやれやれ。
ところが…。
油断大敵。
またまた赤くなりだした。
ある日、突然
「病院へ行って来た。しばらく薬飲まなきゃ」
ドクターはなんて言ったの?
「何だろうね?ある程度の年齢になるとこうなる人多いんだ」
うーん。
家人、ドクターに聞いてみた。
「お酒が原因ですか?」
ドクター
「昨日、今日から飲んでるわけじゃないでしょ?」
家人
「もしかして温泉通いに問題でも?」
ドクター
「最近、行き出したわけじゃないでしょ?」
うーむ。
分からん!
それから1か月経過。
今は、膝から下にいくらか赤みがある程度に回復。
息子
「もしかしてはしか?」
あのね。
いくら何でもはしかなら、ドクターすぐ判断できると思わない?
年齢の一言で何でも片づけられるのも切ないが。
体のあちこちに不都合が出てくるのも確かなのよね。
Photo
朽ちる姿も美しい

2019年3月11日 (月)

あれから8年の歳月が

まだと言うか、もうと言うかあの大震災から8年の月日が流れた。

黒い津波が押し寄せる映像には、未だに寒気がする。
8年経って、被災地の今の様子を見るにつけ、場所にもよるが復興は確実に進んでいると思うが。
引き算でものを考えるのやめようよ。
起きてしまったことは仕方ない。
どんなに悲しんでも亡くなった人は帰って来ない。
なら、せめて。
そこから立ち上がることを応援しようよ。
今、自分たちが生かされてあることの意味を考えようよ。
ぐちぐち足りないものを探したって、何の希望も湧いては来ないんだから。
災害が次々襲ってくる我が国だからこそ。
国民がお互いを思い合う気持が強いのだし。
建築その他の技術も進むんだし。
さて今朝。
NHKのあさイチ見ていたら。
特集が緊急避難時のあれこれについてだった。
これがね。
流石はと思える内容の濃さで。
公共放送たるもの、こうでなくちゃと思った次第。
政治的な偏向報道でいい加減むかついていたが、これはいい!
被災してすぐ避難場所に行ってもダメな理由が懇切丁寧に説明された。
中でも素晴らしかったのは、九州豪雨の被災者たちの自主活動のあれこれ。
住む空間を、自分たちの持てる能力で住み易く変えて行く行動力に拍手。
この人たちは素晴らしい!
その次に素晴らしかったのが魚住アナの、避難所でのお泊りレポート。
床にじかに寝る辛さ、夜のトイレの怖さ。
あぁ、そうだよなぁ。
まずはそこから行政に改善を頼みたい。
そして、私たちも、自分の住む地域でシミュレーションしなければと思った。
いつ、なんどき、自分が被災者になるかもしれず。
あるいは援助者になるかもしれず。
平時のうちに身に着けるべき知識と感じ入った次第。
さ、頑張ろう。
Photo_2
そろそろ緑色が増えて来る?

2019年3月10日 (日)

大阪じみんは?

自民党は好きだが、大阪のじみんはどうなってる?

野党で唯一まともな維新が、再び「大阪都構想」で選挙に打って出る。
松井知事にも吉村市長にも期待しているのだが。
何と対抗馬に政治経験ゼロの俳優を担ぎ出す…。
うーん。
知名度さえあればいいのか?
選挙に勝ちさえすればいいのか?
どういうセンスしてんだよ?
住民不在のパワー・ゲーム。
アホらしい。
数年前の東京都知事選の騒動を思い出す。
小池百合子を当選させて、いいこと何かあったかね。
都政は停滞。
税金の使い方はめちゃくちゃ。
テレビ業界の出身だけあって、マスゴミの使い方だけはうまい。
大物議員を手玉にとって「我が世の春」か。
こんなのに投票する都民にも呆れたが。
大阪もそうなるのか、嫌だねぇ。
これがまた不思議なことに、出馬を打診されるとまんざらでもなさそう。
大阪の皆さん。
維新の積み上げた実績に、評価よろしくお願いします。
Photo
神頼みに行こうかな?

2019年3月 9日 (土)

さびしがりやが

今日もお茶の稽古に出かけたが。

例によって、お昼をいただきながらしばし雑談の花が咲く。
ここ数か月。
師匠宅に師匠仲間からの電話が相次いでいる由。
わが師は、腰の調子が悪くなってからというもの。
みっともない姿で指導するのは自分の美学に反する。
と、師匠たちが集う会から抜けて、母たち数人の弟子だけを相手に、楽しむことをメインに稽古しているが。
家庭の事情や体調の関係で、師匠を卒業した人たちは。
お茶を楽しむ機会に恵まれない事情があるのだろう。
気の毒だなぁ。
師匠宅は、来客が引きも切らず。
お茶関係のみならず、近所の住民、古い友人たちが次々と。
で、ここもやっぱり高齢化が進んでいて。
さながら高齢者よろず相談所の様相を呈す。
たまに疲れ切った師匠の代理を、母たちが担当することもある。
それでしみじみ思うのだが。
さびしがりやだらけなのね、世の中は。
誰もがみんな、自分だけの相手を求める。
でもね。
残念ながら、話の中身が薄いのね。
数回聞けば後は毎度お馴染の展開。
正直、飽きる。
で、師匠。
じゃみんなで着物着てお茶事しようか?
と、その人たちに持ち掛けるが。
イマイチ乗り気じゃないようで。
つまりさ。
皆さん。
当方が全部セッティングしたところへ、お客様としておよばれされたいのが本音。
我儘なんだよね。
少しは努力してもいいんじゃないの?
これじゃ、どこへ行っても大事にされないわ。
多分、本人たち。
そういう事に気づいてはいない。
だから相手してくれる人がいないんだよ。
現実から目を逸らさない方が身のためだけど。
分かりたくないか、そういうの。
Photo
ふう 疲れるな

2019年3月 8日 (金)

風が寒いよ

今朝は、一面うっすらと積雪していた。

そんなに寒さは感じなかったが。
道路に残っている雪は黒ずんでいて、当地では「春泥」と呼ぶ。
春の到来を現わす言葉。
地熱と風で雪解けも進む。
ぼんやりした風景も春よね。
雨が降らなきゃスニーカーだが。
薄物コートはまだ早い。
今日は県立高校の入試。
仕事帰り、連れ立って歩く子供たちの姿。
結果がどうあれ、ほっとしたことだろう。
桜の開花予報も発表された。
気分はもう浮かれ気味。
早く桜咲かないかなぁ?
花見弁当予約しようかなぁ。
友達と公園で宴会なんてン年ぶりに企画しようかな。
冷たい風に桜を思う。
マッチ売りの元少女の妄想だわね。
Photo
夢見る桜

2019年3月 7日 (木)

朝から雪…

予報じゃ雪…。

なるべくならそうじゃないことを期待したい。
やっと春らしくなったのに…それはないでしょ!
今朝起きた時は、そこそこの気温。
外に異変もない。
が、出勤時。
窓の外を舞う白いもの、あれは何?
やっぱり来たか。
まぁ、道路沿いは雪。
大きな空き地は雪捨て場。
景色としてはまぁ有りだよな。
が、幸い、午前中の一時だけ。
その後は、どんより曇り空。
風は冷たいわ、久しぶりに。
しっかり足元はスノー・シューズ。
マフラー、手袋にダウンのコート。
冬に逆戻り。
昨夜の雨で雪解けも進んだ模様。
一歩ずつでも確実に春に向かっているんだ。
ほんの少しだけでも希望があれば生きられる!
うん!
それほど深刻な話じゃないか。
ごめん。
ほんのお戯れです。
Photo
こんな色、早く見たいの!

2019年3月 6日 (水)

普通じゃダメなの?

昨日からマスゴミの皆さんが頑張っておられた。

そう、ゴーン元会長が娑婆に出て来た。
その時のいでたちたるや…。
コスプレか?
いったい何の冗談。
これから会見する時に備えて、アリバイ作り?
日本の司法制度は酷い。
拘束中はもちろん、保釈時も屈辱的な格好をさせられたとか何とか。
言いそうだよな。
入れ知恵したのあの弁護士かい?
それにしたってあれほどの報道陣の前で、こんな小芝居するって?
「自分は無実」とあんなに言い張るのなら堂々と出てくりゃいいじゃんか。
こんなコスプレ見せられた日にゃ、やっぱり後ろめたいんだなと思ったわ。
しかしまぁ、無職の一般人になったからにゃ、かえって落ち着いた日々を送れるのではないか。
我が国でムショ暮らしをした外国人のコメントを以前読んだが。
畳に布団で腰痛回復。
和食でやせて健康的になった。
規則正しい生活習慣がついた等、おおむね好評だったがね。
シナのお方は、歯医者の治療を希望すると言うし。
税金の使い道としてはいかがなものかと思わんでもないが。
それはそれとして、我が国の司法制度に偉そうに物言いするのは止めた方がいい。
金持優遇なんてことはないだけでも立派なもんだ。
他国はそうじゃないだろ?
ふん!
Photo
明日はこうなるの?

2019年3月 5日 (火)

靴が鳴る

今年初めて、スニーカーで出勤!

もう足元軽い軽い。
ルンルンしちゃうわー。
ところどころに雪の塊はあるが、気をつけて歩けば…。
一応今日は足元だけ春仕様。
オーバーもやめて薄手のコートでも良さそうな陽気。
でも季節の変わり目。
知人たちは「花粉症」で右往左往。
風邪気味の人も多いしなぁ。
先週、小さい会社を経営している友人と会ったら。
従業員の1人がインフルエンザで死亡していたそうで。
やっぱりあれはただの風邪じゃない。
昔「スペイン風邪」という名前で、世界中大流行。
死者が多数出た歴史的事実だもの。
スニーカーで歩き回るのは楽しいが、花粉も埃も盛大に飛んでいるのよね。
手洗いうがいに、玄関先のブラシかけが日課の毎日。
早いとこ、草が生えてほしい。
思いっきり、雨で洗い流してほしい。
春には春の苦労があるんだったなぁ。
Photo
冬が来る前は

2019年3月 4日 (月)

今夜は多忙につき

年度末だからなんだよね。

仕事が押せ押せモード。
月末で我が職場は閉鎖することが決まっていて。
そのための雑用てんこ盛り。
関わっているグループも、やはり年度末。
今夜は最後の会議が6時から。
この一年間の活動報告やら何やらでほぼ雑談状態。
まぁ、活気があるってことはメンバーみんながやる気満々てことよ。
それにしても話題は高齢化。
施設利用者も職員も抱える悩みは皆同じ。
メンバーの1人ぼそっと
「明日は我が身なんだけどさ。そのうち介護ロボットだらけになるよきっと。」
この人は元老健施設職員。
介護はお手のものだ。
「介護ロボット」に皆食らいつく。
「いいじゃないの。羞恥心感じなくて済むのなら私は」
この人は未亡人生活が長い。
「でも機械でしょ?せめて言葉がけして貰えればなぁ」
何、心配するなって。
AIが活躍すると思うよ。
介護職に携わる人が少なければ、ロボットが頑張るしかない。
「もう、ロボットに足向けて寝られないね」
なんだか可笑しくて切ないね。
「老い」の自覚かぁ。
多忙だとあまり考えなくて済むのだが。
と、ここまで書いたら睡魔が襲ってきた。
お休み、皆さん。
Photo
いただいたお菓子

2019年3月 3日 (日)

雪解け進む!

日差しが春よねー!

ぼやーんとしたあったかい天気。
吹く風の爽やかさ。
道路の雪は、目に見えて減っている。
それは嬉しいが、写真を撮るためには今の時期ヤバいんだ。
道端の雪は黒ずんで、地面はまだ泥だらけ。
花も咲かず、空き地という空き地は雪の山。
ヘボな腕じゃ、どうにもならぬ。
散歩もね。
スニーカーでばんばん歩き回るにはまだ。
夕方、隣の奥さんと立ち話。
「去年、庭の雪がすっかり消えたのいつだったっけ?」
「今月いっぱいは無理じゃない?」
そうよね。
雪が消えるとごみが目立ってくる。
一斉に世の中がカラフルになるのはその後。
「早く春、来ないかな?」
「待ち遠しいね」
この冬、何度この会話繰り返したかしらん?
Photo
お茶事やってます

2019年3月 2日 (土)

嬉しい雛祭

今日は社中の雛祭。

朝からいそいそ準備に励む。
何だろうね。
女の子のお節句…。
大昔の女の子たちがワクワクするなんて。
紳士方には想像がつかぬかもしれぬ。
このために数週間前からあれやこれやと頭を悩ましていたが。
いかにも春という温かい日。
晴れ着を着て一人ずつ点前を披露。
お菓子、菓子器、お茶碗、茶杓、お棗等、各自がコーディネート。
行事というよりおままごと。
非日常という別世界に遊ぶ。
お茶事の後は宴会という流れ。
みんなで差しつ差されつ。
お喋りに花が咲き、数時間はあっという間。
昨年10月にご主人を亡くした姉弟子。
ほぼ同時期に息子さんを亡くした姉弟子。
二人とも明日、法要を控えているそうな。
「いつどこでどんな辛い目に会うかもしれない。だから、会える時は思いっきり笑おうね。楽しもうね」
姉弟子たちの言葉が重い。
今日、この機会が持てて良かったなぁ。
神様、ありがとう。
Photo
今日のお花 雛祭

2019年3月 1日 (金)

どこかの国がオカンムリ?

母は、ツイッターも数年前からやっていたんだが。

昨日、突然アカウント停止のお知らせ!
ホーっ!
ついに来たか。
YouTubeもツイッターも、あのお国からの集中攻撃にはからっきしなのね。
で、倫理規定に違反したとかなんとか。
今までのツイッターを削除しろとか書かれていたが、何でそうしなきゃいけないの?
せいぜい、国内のハングル表示をなくせぐらいのことに目くじら。
バカみたい。
大人気の「某国のイージス」を始めとする嫌韓チャンネルが一斉に見られなくなって久しい。
これも言論弾圧だろうに。
あ、嫌中嫌韓だけじゃないか。
野盗とマスゴミも批判したのがまずかった?
高須クリニックもKAZUYAさんのチャンネルも姿が見えなくなった。
よっぽど都合が悪いのね。
その点ココログは鷹揚だなぁ。
ここでは何のお咎めもないよ。
まぁ、吹けば飛ぶよなブログだからかも。
ツイッター社が復活させないのなら仕方ない。
それはそれ。
が、ここに至る事情は広く知らしめなきゃ。
ね?
Photo
愛しの桜

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

最近のトラックバック

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30