無料ブログはココログ

キムリン・ホリスティック・ワールド

  • 金 香百合
    いつも心に太陽を 悲しい時、辛い時、誰かに慰めてほしい時、キムリンはいつもそばにいてくれる。もしかしたら、みんなの守護聖人かも?

cocoa青森

  • COCOA青森
    COCOA青森の会員限定サイトです。あたたかい心と少しの時間を、メンバーと共有して下さる方を募集中です。

« 大阪じみんは? | トップページ | そのひとことでジ・エンド? »

2019年3月11日 (月)

あれから8年の歳月が

まだと言うか、もうと言うかあの大震災から8年の月日が流れた。

黒い津波が押し寄せる映像には、未だに寒気がする。
8年経って、被災地の今の様子を見るにつけ、場所にもよるが復興は確実に進んでいると思うが。
引き算でものを考えるのやめようよ。
起きてしまったことは仕方ない。
どんなに悲しんでも亡くなった人は帰って来ない。
なら、せめて。
そこから立ち上がることを応援しようよ。
今、自分たちが生かされてあることの意味を考えようよ。
ぐちぐち足りないものを探したって、何の希望も湧いては来ないんだから。
災害が次々襲ってくる我が国だからこそ。
国民がお互いを思い合う気持が強いのだし。
建築その他の技術も進むんだし。
さて今朝。
NHKのあさイチ見ていたら。
特集が緊急避難時のあれこれについてだった。
これがね。
流石はと思える内容の濃さで。
公共放送たるもの、こうでなくちゃと思った次第。
政治的な偏向報道でいい加減むかついていたが、これはいい!
被災してすぐ避難場所に行ってもダメな理由が懇切丁寧に説明された。
中でも素晴らしかったのは、九州豪雨の被災者たちの自主活動のあれこれ。
住む空間を、自分たちの持てる能力で住み易く変えて行く行動力に拍手。
この人たちは素晴らしい!
その次に素晴らしかったのが魚住アナの、避難所でのお泊りレポート。
床にじかに寝る辛さ、夜のトイレの怖さ。
あぁ、そうだよなぁ。
まずはそこから行政に改善を頼みたい。
そして、私たちも、自分の住む地域でシミュレーションしなければと思った。
いつ、なんどき、自分が被災者になるかもしれず。
あるいは援助者になるかもしれず。
平時のうちに身に着けるべき知識と感じ入った次第。
さ、頑張ろう。
Photo_2
そろそろ緑色が増えて来る?

« 大阪じみんは? | トップページ | そのひとことでジ・エンド? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

式部さん
地震・津波も恐いけど今の時期やっぱり火災
弘前の親子4人犠牲になったのは、
悲しい。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

春までもう少し、
油断はしないでください(^∧^)、オ、ネ、ガ、イ。します
今夜は青森県の茹でイカ輪切り。
ご供養します

こんにちは

このところのNxkさんはパスしております 私の三大パス 一つ 8月 3月 1月 忘却の幸せ

くりかえしくりかえし これでもかと刷り込まれるのはイヤなのです 決まりきった編集の中主題は何時も同じパターン

それよりも昨夜のどこのチャンネルだったか忘れましたが 津軽富士の雪の冠を背景にした林檎園の一年

フクロウのエサがリンゴ畑を守る役目とか農家が手厚く共存しているありさまや生き物と人間の共存共栄の姿は心ほっこり 幸せをいただきました

真っ赤にたわわに実るりんごのなんと美味しそうなことも楽しかったけれど こんなさりげない一年 津軽の人たちが心豊かな理由知る思いでした

弘前城の桜の見事さ さすがご当地自慢 以上の価値 すてきなそしてカメラワークの努力にこんな映像提供してくれてありがとう でした

見せかけのようにしか見えない あたかも寄り添っているというより 常に自治体やら国政やらの批判ちらちら刷り込み番組は私は苦手

日本国民のすべての人はこの数年の災害は他人事よりも身近な事件 多くのひとが
心痛めています

映像には乗らない災害を受けた市町村は日本全国津々浦々なのにと何時も思われてなりません

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あれから8年の歳月が:

« 大阪じみんは? | トップページ | そのひとことでジ・エンド? »

最近のトラックバック

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30