無料ブログはココログ

キムリン・ホリスティック・ワールド

  • 金 香百合
    いつも心に太陽を 悲しい時、辛い時、誰かに慰めてほしい時、キムリンはいつもそばにいてくれる。もしかしたら、みんなの守護聖人かも?

cocoa青森

  • COCOA青森
    COCOA青森の会員限定サイトです。あたたかい心と少しの時間を、メンバーと共有して下さる方を募集中です。

« ご難続き(?) | トップページ | 売国奴の皆様方 »

2018年12月15日 (土)

腹が立つなぁ

昨日、一番ムカッと来たのが沖縄。

辺野古へ土砂を搬入したニュース。
何で似非日本人が大騒ぎしているわけ?
沖縄県民の大多数は、「普天間基地」の危険性はどうでもいいのか?
ン十年もアメリカと我が国政府が話し合って合意した結果だろ?
沖縄って、基地なしでどうやって生きるんだよ?
バカ知事玉城が、中国に売り渡そうとしているのに、県民は同意するのか?
つまり、基地負担で国から貰う金は手放したくない。
が、「県民の感情無視」という錦の御旗で、ゴネ得狙っているのね。
恐ろしい乞食根性。
プライドないのか?
なさそうだよな。
「成人式」のレベルの低さ見れば納得。
これをなんの考えもなしにぶち上げた売国奴ハトポッポ。
奴の頭は親中、親韓そのもの。
まぁ、バカな国モドキには最高のカモ。
あんだけ金があるんだから、嫁もろとも中国なりバ韓国なりへさっさと移住しろ!
日本国民はもろ手を挙げて賛成だ。
なのに、散々煽った沖縄に住む気はなさそう。
なぜかって?
うまみ全然ないんだよ、きっと。
Photo
おぉ、寒!

« ご難続き(?) | トップページ | 売国奴の皆様方 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

このところの喪中につき年賀のあいさつをというはがきの舞い込みもようやく落ち着いたこの頃ですが 同級の友人の旦那さんの知らせにはいささか動揺が数日つづきました

やっと落ち着いた気分で私も式部さんに同意です

長年米国との交渉の末にやっと辺野古に基地移転が決定された外国との交渉案件に反対して何をもくろんでいるのかとメディア報道も合わせて 怒りが増幅してなりませんよ

これじゃあ例の国となんの変わりがあるのだろうかと裏活動の面々が想像できてなりません

そもそも沖縄県人には日本国民という自覚はないのだろうか それとも一部の人間ーを煽動させているメディアの馬鹿力のせいなのか

結論をいえば沖縄の地理的な位置が軍事上要点であり 朝鮮半島も軍事的な点位置
だという以外にはなにもないのだけれど 平和な世界には無用な地域が軍事的要塞みたいなものだからそれを利用しようとする利権やが騒ぐのだとななめから見ているのですが


もし米国がトランプさんだけに がたがたうるせい なら占領地のまんまにしてやろう

とか朝鮮半島もそんなに日本に甘えて十二指腸中みたいにくいついていたいのなら日本の植民地になればいい なあんてことになったら 誰がイヤがるのだろー

なんて思いめぐらせうんざりする日々です

あのハトポッポ ぽっぽだったのに東大出というだけで帝国大学卒いやいや大学卒のおつむは机上論だけでおよそ現実社会には役に立たないことを立証したみたいでなさけないことこのうえないですよね

弁護士も法律論だけであかししねーー 巷のうわさはただ日本人が安心して暮らせる社会を形成してほしい 他国の脅威にさらされたくない

弱みをみせればつけあがるだけの周辺国家に毅然と立ち向かう民族でありたいものです

沖縄は周辺国に占拠されたいのかなぁ chinaの植民地になりたいのかなぁ

私と出会った人たちはみんな素朴でいい人たちでしたが まあいたるところにチェーン店ばかり目についたのはうんざりでしたが 彼らが運動員しているのかとこの頃考えはじめました

人間の体だって白血球ががんばってくれるからそれなりに生きていける 守るべきところではそれなりに守ろうとする力は必要だし 基地が沖縄に集約されているのもその地理的要因なんだろーけれどねぇ

外国人が増えることは たぶんおそらく沖縄の苦痛と同様のことが全国で展開されるような予感がします

式部さん!
貴方は、太田中将が最後に「県民に対し、後程、特別のご配慮を頂きたくお願いする。 」と遺言されたことをご存じないのですか?
これで良いのです。
あとは、粛々と・・・ですよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 腹が立つなぁ:

« ご難続き(?) | トップページ | 売国奴の皆様方 »

最近のトラックバック

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30