無料ブログはココログ

キムリン・ホリスティック・ワールド

  • 金 香百合
    いつも心に太陽を 悲しい時、辛い時、誰かに慰めてほしい時、キムリンはいつもそばにいてくれる。もしかしたら、みんなの守護聖人かも?

cocoa青森

  • COCOA青森
    COCOA青森の会員限定サイトです。あたたかい心と少しの時間を、メンバーと共有して下さる方を募集中です。

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月31日 (水)

さぁ反撃だ!

恩知らずの恥知らずのバカ国家モドキ。

遂に地雷踏んでくれたな。
待ってたぞ。
今まではせいぜい、韓という字が入ったものをすべて無視。
ま、数はしょぼいもんだが。
ロクな文化もないんだし。
たまにブログとツイッターでいじり。
イオンのプライベート・ブランドは信用せず。
つまり買わないってことだが。
昨日、判決が出た、徴用工なる新たなたかり戦術を見たからには。
いくらおとなしい一般人でも、黙っちゃいられない。
はっきり言って隣の民族も国らしきものにも何の関心もありゃしない。
さっさと潰れろ!
存在していたって誰の役にも立ちやしない。
粗大ごみ以下。
邪魔。
これからは事あるごとに。
声を大にして朝鮮排斥を叫ぶことにする。
中国は後回しだ。
まずは石油の輸出を止める運動から始めようか。
我が国からの配慮で石油調達している分際で、反日の限りを尽くすなんぞ許せん!
紙くず同然のウォンを紙くずにしてやる。
在日なんぞの居場所なくしてやる。
売国奴放送局、つぶそう。
売国奴新聞、廃刊させよう。
売国奴議員を落選させよう。
燃えるぞー!
Photo
あと少しの命

2018年10月30日 (火)

山は雪

今日は寒い。

しょぼしょぼ降り続く冷たい雨。
それでも午前中は時々青空が顔を覗かせる。
確率80%。
うーむ。
出かける際には、しっかりした上着。
加えて手袋もあった方が良さそう。
うちの中はエアコンと、小さいストーブの併用。
それでも暑いと感じないからやっぱりね。
昨日だったか一昨日だったか。
岩木山に降雪がニュースになっていた。
時折顔を見せる山の上部は確かに白い。
最高積雪で騒がれる酸ヶ湯でも雪。
ぼちぼち冬支度しなきゃな。
どこぞのバカ国みたいに、好き好んでひもじい思いはしたくない。
日本人で良かった。
ひっついて来るんじゃないよ!
Photo
今日の弘前公園

2018年10月29日 (月)

バカ騒ぎじゃ続かない

ここ数年の渋谷、「ハロウィン」騒動で話題。

日本人には大した縁もゆかりもなさそうな催しだが。
とにかくお祭り騒ぎにすることには長けているからね。
これは単に、騒ぐ理由があればってこと?
変身願望がベース?
うーむ。
そのどさくさで暴行だの痴漢だの盗撮だのってやっぱりな。
軽トラックに上がり込んで大騒ぎするバカども。
こんな奴らのプライバシーなんて知ったことか。
ばんばん拡散してやれ。
軽トラックの持主は被害届を提出。
そうだ!
それでいい!
騒ぎに乗じて破壊行為する輩なんぞ許さん!
青森市も数年前、黒装束の「カラスハネト」が徒党を組んで騒ぎになった。
こいつらのせいで、祭りの運行が滞り。
一般参加者や見物客からブーイング。
まったく何なんだ!
どうせ目立つならもっとスマートなことをやれよ。
と、言ったところで。
それだけの頭がない連中しか集まりゃしない。
だが、この調子だと。
ばんばん規制かかるよ。
それもみんなそいつらのせい。
で、おしまい。
しゃーねーな。
Photo
冬が来る前

2018年10月28日 (日)

紅葉らしさが

今日は朝から空模様がぐるぐる。

青空が見えたかと思えばザーッと降り。
少し時間が経てばまた青空。
これを何度繰り返したことか。
夕方には雷が鳴り出した。
さて今日も母は公園ガイドのお仕事に。
公園内の紅葉もぼちぼち。
鮮やかな色彩が見られるようになってきた。
菊の花も咲き出した。
園内が緑のまんまとか。
菊の花がほんの少ししか咲いていないとガックリ来る。
この辺が、プロになりきれない部分だな。
この天気でも、結構な数の観光客がお出でだ。
隣の黒石市に「中野紅葉山」という名所がある。
十和田湖とか城ヶ倉大橋とか、世界に誇る景色もある。
奥入瀬渓流も凄いし。
惜しむらくは、「中野紅葉山」以外は、季節がいくらか先行していて。
紅葉の見頃を過ぎていること。
弘前公園はこれからがおすすめ。
交通機関、そんなには混雑してないよ。
Photo
何という花なのかな?

2018年10月27日 (土)

後始末は

今日もお茶の稽古に出かけた母。

師匠宅はなぜか騒々しかった。
と、師匠
「あんたも早くこっちへおいで」
手招きされた和室には、所狭しと着物やら帯、小物が並べられていた。
姉弟子たちから順に希望のものをゲット。
母も5~6枚ほど。
あらかた落ち着いた頃みんなで昼食。
師匠の説明によると。
近所に住む師匠の知人が数か月前に亡くなった。
娘さんが先日師匠宅を訪れ。
母親の遺品の整理を頼みたい。
で、師匠が数回に分けて娘さんと運んできた。
と、いうことだそう。
うーむ。
遺品はみんな洗濯済み。
娘さん曰く。
自分は着物を着ない。
が、母のものを処分する気にはなれない。
ここなら、師匠を始め弟子たちが着物を着ている姿を見かけるので良いのでは。
もしかしたら。
こういうお宅は多いのではないか。
今、日常的に着物着る人いないもんね。
と、一同納得。
着物だって、着てもらわなきゃ悲しいよ。
ドライに業者という手もあるけどさ。
これも終活という名の後始末だな。
Photo
午後でも朝顔

2018年10月26日 (金)

観光客が増えて来た

だんだん、当地の平野部も色づき始め。

林檎園は美味しそうな実がたわわ。
爽やかな天気だと通勤だの散歩だのが楽しい。
日が暮れるのが早いのが何だが。
最近、観光客がまたまた増えてきた。
目的地は主に2ヵ所。
紅葉重視なら弘前公園。
林檎狩りなら「林檎公園」だな。
仕事帰りのバスは時間帯にもよるがぎゅうぎゅう詰め。
桜、ねぷたに次ぐ観光客の大量移動だ。
たまに公園内を歩くが、さすがに紅葉した木に悪さする輩は見ない。
花見の時は酷いんだ。
桜の枝をぐっと引き寄せるなんぞはザラ。
上っちゃいけないところには上り。
入っちゃいけないところにはズカズカ入り込み。
大声で喋り笑い…。
楽しんでくれてるのは分かるが。
自分のものじゃないんだよ。
マナーってものを少しは学べよ。
なんて心の中で舌打ち。
でもなぁ。
今日、バスから降りて見ていたら。
お濠を映しまくっている皆さん方。
観光地で写真撮影は当然だが。
お濠の落葉に興味持つか?
なんか、日本人化しているような気がするが。
Photo
美味しそうな実だなぁ

2018年10月25日 (木)

しかし強いね

日本ハムのくじ運は、いったいどうなっている?

今日のドラフト。
注目の金足農吉田君。
うーむ。
高校野球で名を上げた選手は、悉く(?)獲得しているかのような。
あ、楽天も少し前はそうだった。
野球少年が、高校野球で名を上げて。
プロになっても順調に選手生活を送るのはほんの一握り。
「狭き門」。
だが、やってみなくちゃ分からない。
挑戦してみたい。
そうだろう。
チームによっては、新人を育てることに熱心じゃないところもある。
将来を考えたらそれじゃあな。
栗山監督というのは、育てるということに能力を発揮する人だったんだ。
第2の大谷になるかもしれない逸材。
と、言うのは失礼だな。
第1の吉田になりますように。
Photo
真っ赤な秋

2018年10月24日 (水)

あんな奴の面なんか見たくもない

まだ生きていたのか、プロ人質。

何で助けるんだよ、こんな屑。
3年間もただ飯食わせ続けたテロリストか…。
人道主義者過ぎて涙が出る。
ノーベル平和賞でもあげたらいいんじゃないの?
迷惑な隣国人だとこの前言っていた。
ウマルだかオマルだかという名前。
なら隣国が助けりゃ良さそうなもんだが。
よそに集ることは大好きだが、自分は舌も出したくないらしい。
反日テレ朝の玉川某。
「英雄として迎えるべき」とか。
あんたの頭じゃ英雄か。
ついて行けないわ。
入国したら途端に政府批判するんだろ?
飛行機代踏み倒すんだろ?
嫁だ親だのこのこテレビに出て来るんじゃないよ!
出て来たら
「日本国民の皆様、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした」ぐらい言えってんだ。
こんな恥知らずの面なんか見たくもない。
引っ込め!
Photo
麗しき我が国

2018年10月23日 (火)

地元は辛い

先月つがる市で起きた多重事故。

犯人が逮捕されたことで、昨日あたりから各テレビ局の報道が凄まじい。
犯人と同乗者は確かに悪い!
あーだこーだ、言ってんじゃないよ!
それはそれとして、マスゴミの皆さん、そんなに暇?
もう飽きた。
どこのチャンネル回しても同じって…。
芸がなさ過ぎる。
これもまた、マスゴミお得意の「忖度」ですかね。
祖国の都合が悪いニュースは避けたい。
ならばってことと理解しよう。
NHKもさ。
台湾での列車事故。
やたら日本製の車両って強調してたんだってね。
そんなに我が国の失点をあげつらいたいか。
三国人の脳味噌は腐ってる。
残念ながら、今日の報道じゃ。
運転士の速度オーバーらしい。
数年前の福知山線の事故とかぶるな。
おっと、地元の話だった。
このバカな若造。
「飲酒」は認めたが正常に運転できたと否認だそうで。
何じゃその結論。
正常な運転であれだけの事故起こすってあり得ないだろう。
ま、地元は田舎。
もうこの一家は、お天道様まともに拝めないね。
同乗者の1人も逮捕。
もう1人の同乗者も怪我が回復次第逮捕かと。
この二人だって地元出身。
家族ともども肩身が狭かろう。
Photo
紅葉はまだです

2018年10月22日 (月)

何が公共放送だ?

NHK昨夜の「7時のニュース」は酷かった。

何と、途中からかなりの時間を割いたのは「早く走る方法」
思わず目を疑ったね。
アナウンサーが自分の走りを、先日ボストン・マラソンだっけかで3位になった選手に。
指導してもらうというもので。
その企画。
その時間帯に流すほどのバリューあるの?
バカか!
世界にはもっと報道しなきゃいけないものがあろうが。
それを無視してあのちゃちな内容。
民放ならいざ知らず「公共放送」だろ?
受信料取ってるだろ?
これではっきりしたのは、NHKはもはや日本人のものじゃないってことだ。
こんな具合だから報道は捏造しまくって平気なわけね。
これを野放しにしていいのか?
前総務大臣は無能だった。
改革できる立場にあったのに何もしなかった。
いや、「ふるさと納税」でバ韓国に便宜を図った。
はっきり言えば「売国奴」
その仲間は大勢いる。
特に「野盗」にね。
出身が皆、3流以下の国家モドキというのが笑わせる。
あんな奴らを見て「政治家」を志す女が増えるわけない。
ふん!
さぁて、これからマスゴミにどう報復しようか。
Photo
今盛り

2018年10月21日 (日)

猫語が分かる婆

婆ぁ、いやお茶の師匠は大の猫好き。

若い頃は家の中で飼っていた。
初代は「まっか」という名前で赤毛。
2代目はトラ猫なので「トラ」。
2匹とも、ある時からふっと姿を消した。
それから婆ぁは3度のがん手術。
体調不良の時期が続き、猫を飼うのは断念。
が、ここ数年。
逐50年のレトロな家の縁の下に。
野良猫が住み着いた。
猫も猫好きが分かるのか?
と、婆ぁに聞いたら
「今時、縁の下がある家が珍しいってだけだろ」
なるほど。
野良というよりは半ば家猫。
一族郎党(?)か仲間たちか。
エアコンの室外機に入れ代わり立ち代わりへばりついている。
空腹時はギャーギャー騒ぐ。
今やすっかり給食係の婆。
毎週土曜日、弟子たちが集まると婆ぁの手料理で昼食。
大きな鍋に魚類、肉、豆腐、野菜類をどんと入れたものが出される。
この魚の骨を集めて、更に煮込んで薄めたものが猫の餌。
ところが、たまに猫がいつもの食事にブーイングするそうな。
「凄いんだよ。お皿に盛っても食べやしない。なのにギャーギャー」
何が不満?
こんなに大事にされてるのに。
「たまには別なものをよこせって言ってるよ」
はい?
聞くと、パンと牛乳がお気に入りなのだそう。
じゃ、婆ぁ用のパンあげるの?
「うんにゃ、値下げシールがついた薄切りのやつと飲み残しの牛乳」
しかしなぁ…。
そこまで贅沢をする野良猫って…。
婆ぁ
「仕方ないじゃないか。猫語分かるんだもの。無視できやしない」
Photo
猫の給食係

2018年10月20日 (土)

もう時代遅れの番組だろうに

テレビの視聴率って、今、どれぐらいの数字が取れたらセーフなのか?

それでもまだ民放なら、スポンサーに抗議もできる。
見なきゃそれで済む。
が、NHKはそうじゃない。
受信料なるものが厳格に徴収されている。
公共放送だからという名目で。
が、ここ何年も似非日本人に乗っ取られている感が強い。
報道はでたらめ。
朝の情報番組でさえ、ちらほらとバカ国家上げ。
見え透いているのが笑えるが。
さて今年の「紅白」
ちょうせんのグループが2つ出演内定したんだと。
そのうち男のバンド。
反日丸出しのTシャツ着込んだメンバーが一人いるんだと。
ネットで見たけど。
細い吊り目に似合いもしない金髪。
これに反日シャツか。
あの国モドキのヒトモドキは全く理解不能。
飯の種が何なのか分かっちゃいない。
所詮、「河原乞食」の分際で。
御大層な思想(?)で自己主張。
こんなのを出演させる犬HK。
ご立派。
感覚がすべてバカ国並み。
さぁ、受信料不払い全国運動展開しようか。
Photo_2
野の花

2018年10月19日 (金)

川原で宝(?)探し

先週のお茶の稽古時。

師匠がおもむろに
「あんた。川の近くに住んでるよね。茶室に飾る草、探しといで」
さて今日。
母は、軍手、鋏、袋持参で川原を散策。
茶室に飾る草か…。
茶花というのは、詩的に言えば「侘びた花」
普通に言えば「地味で目立たない花」
はっきり言えば「貧乏たらしい花」
うーむ。
確かにゴージャスな洋花は似合わない。
でも川原じゃ、いくらなんでもしょぼ過ぎない?
が、師匠の命令となれば従うのが弟子の心得。
仕事から帰って、川原へ出かけたわ。
紅葉しかけた葉っぱ。
すすき。
どこかの庭から公道にはみ出した花。
まぁ7~8種類は見つかったからいいか。
それにしても侘しいな。
一応、花瓶に入れといたけど、明日まで元気かどうかは分からない。
意外に体力(?)なさそう。
Photo
あんたぐらい可愛きゃな

2018年10月18日 (木)

思い上がりじゃないの?

ジュリー(沢田研二)の公演が直前で中止になったって。

ネットのニュースで知ったけど。
いったいなんでそうなるの?
今日になったら、あまりにも観客が少ないのがその理由とか。
田舎に住むおばんとしては。
彼の名前を聞くことすらン十年無かった。
都会じゃ、コンサートやってんだと思っていたがこの事態。
うーむ。
ほんとにその理由だとすれば。
失礼ながら思い上がっちゃいない?
昔、武田鉄矢が。
ライブやっても観客が数人しかいなくて、みんなで手を握って逃げないようにした。
売れないミュージシャンて、大なり小なりそんな切ない思いをしているんだよ。
あんたの予想よりは少なかろうが。
それでも全国から、金と時間を使って来たお客にそれはないだろ?
馳せ参じたファンは、こんなでいいの?
もっと怒れよ。
ここで母が怒ってもどうにもならぬが。
言わずにはいられない。
「ふざけんな!」
Photo
置かれた場所で咲きなさい

2018年10月17日 (水)

想定外ね

昨夜はついテレビにかじりついてしまったわ。

サッカー対ウルグアイ戦。
南米は強豪だらけ。
そこを相手に頑張ったところで…。
それがあなた…。
なに、このスピーディな展開は!
あれよあれよと点数が入り。
追いつかれてはまた得点。
ハラハラドキドキいや、ワクワクドキドキだな。
スポーツ音痴の母だから。
最初から期待なんてものはしちゃいない。
が、この試合は違った。
若い選手たちが伸び伸びとプレー。
どんだけハードなのよ。
と、老体が心配することは何もなかった。
最後までスピーディ。
攻撃の手(?)を緩めなかった。
監督も特別嬉しいという様子もなく。
これぐらい度胸がなきゃと納得。
素晴らしい試合をありがとう。
Photo
今年の菊咲き始め

2018年10月16日 (火)

秋のガイド

「桜祭り」のガイドは数年間続けているが。

今年はなんと秋のガイドも数回頼まれて。
その第1回目が今日だった。
気になる天気予報は、昼近くまで雨の確率が高め。
ところが朝起きたら!
バッチリ好天じゃん。
そりゃ道路は濡れていたけど。
仕事中に降らなきゃそれでいい。
台湾のお客様も8名ほど。
合計21名で園内をそぞろ歩く。
「菊と紅葉まつり」は19日から。
準備はかなり進んでいるけど、肝心の菊は咲き始めたばかり。
作業用トラックが走り回り。
ある場所では草刈り、後片付けに余念がない。
本番前ってこんなもんよね。
蕾の桜を見ているような寂しい気分がちょっと。
ただ、紅葉の時期は桜とは比べものにならないぐらい長い。
これからどんどん進んでいくよ。
桜はもちろんだが、紅葉の素晴らしさだって負けちゃいない。
全国の皆さん。
良かったら来てね。
Photo
いちいの実

2018年10月15日 (月)

気になるよ

ここ数か月。

シンポジオンさんのブログ更新がない。
毎日、気にかけているんだが。
数年前は「まさと」さんが病死した。
その後しばらくは、彼の親族が交代でブログ更新をしていた。
F子さんは海外に生活の拠点を移して早数年。
九州は熊本在住の某さんは、子供さんの誕生と共に更新ストップ。
皆さん方とは、数回コメントを交わしただけ。
切ないな。
本名も住所も分からない。
お互いに、ブログを書き続けていればこそ。
ネット上だけでも交流はできたものの。
交流というか細い糸が途切れては。
一方通行ではどうにもならぬ。
仕方ない。
無事でおられるといいが…。
人の運命ははかないものだから。
つい、悪いことばかり想像してしまう。
取越し苦労と思いたいよ、母だってさ。
今は心配する側の母だが。
そのうち皆さん方に心配されることになるのではないか。
それ、辛い。
今のうちから「引き際」考えた方がいいかも。
きっとそうよ。
Photo
紫露草って長持ち?

2018年10月14日 (日)

お茶会日和

朝から綺麗な青空。

光が眩しい。
今日は「市民茶会」の日。
着物でお出かけしなくちゃ。
着物、小物一式持って、姉弟子宅へ急ぐ。
そこで着付けて、簡単な昼食。
仲間たちと会場へという流れ。
着物を着てちょうどいいぐらいの気温。
吹く風も爽やか。
これが雨模様だと、コートだ傘だ、替えの足袋だと、荷物は増える一方。
眺めるだけなら風情があるが、現実は辛い。
来ている人の3分の1は着物姿。
やっぱり綺麗だなぁ。
男の人の着物姿は凛々しいなぁ。
お寺でお茶会はいいムード。
ここ数年、茶席に参加する男の人が増えてきた。
スーツ姿の若い人。
中年のおじさんたち。
袴姿のおじいちゃんたち。
晴れ着の若い女の子たちを見て幸せそう。
日曜日の昼下がり。
時がゆっくり過ぎて行く。
「日日是好日」
Photo
秋の風景

2018年10月13日 (土)

個性という言い訳

毎日、何かしらの探し物をしている。

忘れっぽいのは年のせいと言い切れればどんなにいいか。
残念ながら。
若い時からなんだな。
とっても可愛く言えば「夢見がち」
冷たく言えば整理整頓の能力に問題あり。
先日、某テレビ番組に売れっ子経済評論家が出て。
「必要の有無」を見極めることが大事と。
その次はさっさと処分すること。
うーむ。
分かるよ。
頭ではね。
ところが我が身。
例えば、息子が小さい頃描いた絵や拙い作文。
産着や晴れ着、人生初めての靴…。
あー、目の前に出て来るとつい涙。
思い出が次々甦って、結局元の場所へリターン。
押入れがパンパンだろうが。
台所が片付かなかろうが。
もういいや。
こんな感傷に流されない人は、家の中も超綺麗。
時を選ばず、来客ウエルカムなんだろうな。
あー、とても駄目。
料理したあとの台所なんぞ、台風襲来直後かの様相を呈す。
整理するためのグッズ買えば買うほどやばいことになりそう。
これは個性ということでお許しを。
が、多分。
母の仲間はきっと多い(と、思いたい)はず。
だよね?
Photo
今花盛りの菊

2018年10月12日 (金)

誰が乗るか!

相変わらず反日?と思われる報道が多いNHK。

まったく何なんだ!
受信料取っているって自覚なさ過ぎね。
今朝テレビをつけっ放しにしていたら流れてきたニュース。
中国と我が国の相手国に対する意識調査とやらで。
この手の調査は眉唾もの。
好き放題に作っている感がありあり。
何と、中国側の我が国への好感度が上昇しているんだと。
ふーん。
そうなの?
アメリカには貿易戦争を吹っ掛けられ。
鳴り物入りの「一帯一路」は、資金不足と侵略目的が明確になり。
大嘘で固めた自国経済はガタガタ。
仲間いや子分は南北朝鮮だけという情けなさ。
新彊ウィグル自治区での民族浄化。
チベットへの侵略。
南シナ海への領土拡張。
いつまでたっても事大主義のやくざ国家。
アメリカはとことん潰す気なのは明確。
特亜三国仲良く逝け!
ロシアなんか隙を思いっきり狙ってるよ。
だから擦り寄って来てるだけだろ?
好感度なんか上昇しなくていい。
当地みたいな田舎にも押し寄せて来る田舎者集団。
いらない!
交通機関の案内表示の中国語2種だのハングルだの見たくもない。
旅行に来たらさっさと帰れ!
いや、来なくていい!
我が国が汚れる。
Photo
見てるだけのアケビ そろそろ終わり

2018年10月11日 (木)

勝っちゃう?

家人がさっきからバレーボール中継に見入っていて。

パソコンに向かう母の耳にも、情報が少しだけ入って来る。
今日は対ブラジル戦。
よく分からないけどブラジルって強いんじゃないの?
ところが2セット日本が連取したんだって。
うむ。
家人はすっかりその気。
「大丈夫。勝つって」
ほんとかいな。
スポーツ音痴の母は、圧勝ペースでないと安心できぬ。
自信がないってことよね。
ま、根拠なんてものは家人だってないんだが。
「何でそう言い切れる?」
家人、顔色も変えず
「そんな気がする」
やっぱり。
ちょっとあんた。
と、言いかけてふと。
世の中生きるには、こういうある種の図太さが一番大事かも。
言い方変えるとポジティブ・シンキングですかね。
おっとやっぱり勝ちそう。
はぁー。
Photo
アジサイって長生きだよね

2018年10月10日 (水)

何でそうなる?

毎日、帰りはバスに乗るんだが。

これがまたもろ「高齢者」だらけと言ってもいい。
たまに観光客が大勢乗込む時もあるが。
「高齢者」の皆さん方。
とにかく行動がトロい!
1から10までスロー・モーション。
加えて悠然としておられる。
話してみると、これまた一向に要領を得ないことが多いんだな。
声は低いわ、回りくどいわ、言葉数が多いわで聞かれるこっちは冷や汗もの。
先日のことだった。
駅前で旅行者らしきおばん。
市内の地図を持って何やら思案中。
と、母に聞いてきた。
どうやら33の寺院が並ぶ「禅林街」へ行きたいらしい。
おばんは、駅内の案内所である程度の情報は得たよう。
が、イマイチ自信がないってことか。
で、どうたらこうたらと解説(?)していたが。
途中から後ろのおっさんが茶々を入れる。
これがまぁウザいのなんの。
10分間隔のバスに乗ろうとしているのに、別な路線の方がいいとか。
聞いてもいないのに、自分はそのおばんの目的地の住民だとか。
ごちゃごちゃ言われたら観光客が混乱するだろうよ。
とうとう頭に来た母。
「あなたの言いたいことは分かっていますから」
それっきりおっさんは口をつぐんだ。
そんなに自分の知識を披露したいか?
少しは空気読め!
母、心の中でこの男を殺していたよ。
Photo
マユミだっけ?

2018年10月 9日 (火)

輪島さん

このところ角界がガタガタしていて。

しばらくその名前を忘れていたが。
そうそう「輪島」さん、活躍してたよな。
CMにも出ていたっけ。
親方になってから、そんなにしないうちに世間を騒がせた。
確か身内が、部屋の名前を騙って金銭トラブルを起こしたはず。
そのため「花籠部屋」という名門が消滅。
いくらなんでもヤバ過ぎた。
あれからン十年の年月を経て。
ここ数年の騒動を何と思っていたろう。
若いうちからスポンサーがつく。
大金が入る。
本人に、金銭感覚だの経営センスなど期待するのが無理。
で、信頼する身内に丸投げ。
その先は…。
知れたことよ。
本人が直接どうこうしたわけでもないが。
汚名はついて回る。
ようやく人生の終わりを迎えた。
どうか安らかにお休み下さい。
Photo
名残のバラ

2018年10月 8日 (月)

半袖姿が

台風の到来と共に気温が上昇気味。

もう10月のはずが。
家人、朝から半袖姿。
「もう、長袖シャツにしたら」
母の意見なぞどこ吹く風。
午後はそのまんま散歩に出かけた。
母は夕方、買い物を兼ねて出かけたが。
行き交う人、店内で見かける人、半袖姿が多かった。
若い人たちなら分かるけど、結構お年を召した方も…。
中にはプラス短パン・サンダル履きなどという猛者も。
うーむ。
南の暖かい空気が上空を支配しているのかねぇ。
連休も終わって明日から通常の仕事だが。
家人は当分、半袖でいいそうな。
「上に作業服着て仕事するんだから」
そんなこと言っているうちに、一気に寒さ来るんじゃないの?
おぉ怖!
Photo
林檎無事でした

2018年10月 7日 (日)

風神頑張る

風が唸っているのを感じたのは早朝。

昨夜9時前には布団に入った家人。
目が覚めるのも当然早い。
外の物音にいちいち反応。
うるさいのは風だけにしてもらいたい。
「じゃ、起きたら?」
待ってましたとテレビをON。
NHKに見入るがそれでも不満げで。
いったい何なんだ?
アナウンサーが出て来るニュースが見たいのに見られないと。
「だったらデータ放送にすればいいじゃん」
家人ぽかーん。
気象のデータは詳しいよ。
心配したって低気圧が過ぎ去るまで我慢するしか。
と、なにやらどーんと。
家人はパジャマ姿で外へ出た。
物干し竿が2本落っこちたんだと。
でもそれ以外の被害はなさそう。
さぁそこから家人、眠れやしない。
そのままテレビを見ていい?
「いいよ。母は寝ます」
強風が落ち着いたのは昼頃。
夕方のニュースによると、むしろ太平洋側の八戸市に。
より強い風が吹いたらしい。
しかし凄い威力だなー。
Photo
朝顔もそろそろ終わる

2018年10月 6日 (土)

どうなることやら

明日、いよいよ台風が来るそうで。

かする程度という話だが、来てみなくちゃなんとも言えぬ。
津軽海峡通るんだね。
最後の悪あがきと思いたい。
温帯低気圧に変わるったって、大した安心材料にはならないよ。
明日、当地は「アップル・マラソン」のはずだった。
が、一昨日中止が決定。
残念だ。
のどかな田舎道を、小さい子供からご老人まで走る光景は見ても楽しい。
我が家の近所も、一生懸命練習しているランナーがかなりいる。
でもなぁ。
雨や風が激しくなれば危険だ。
今現在、雨は止んでいる。
風はなし。
でもこれからだ、問題は。
何とか明日、無事に過ごせますように。Photo
近所のアケビ

2018年10月 5日 (金)

今度は来る?

また台風でやきもきの週末。

何でこんなに続くのよ?
黙って隣の半島に居座りな。
日本海渡るんじゃない!
農家はまたまた大忙し。
こんなのが弥生時代から繰り返されてちゃ。
日本人がせっかちにもなるわな。
目まぐるしくてため息が出る。
が、考えられる限りの防御策は取らねば。
周辺農家は厳戒態勢。
農家と直接関係なくても大いに気になる。
我が家の周囲も再点検。
物干し竿片付けようか?
家人。
「明日でも良くね?」
おぉそうか。
一番ヤバいのは明後日の日曜日だった。
予想じゃ、津軽海峡を横断すると。
それ、近過ぎるよ。
やめときな。
Photo
秋の公園内

2018年10月 4日 (木)

重いっての

このところインターポットに入るのも面倒になったよね。

いちいちフラッシュだの何だのの許可を得ないといけない。
それも1回だけならまだしも…。
その程度の煩雑さでO.Kなわけ?
なに、その半端さ加減。
分からん!
当方は何も難しいことを要求しちゃいない。
ン年間も続けている行為がなぜスムーズに運ばないんだ。
まったく頭に来る。
時たま案内が来るソフトのアップデート。
ちゃんとしても動きが軽快になるとは限らないって。
もはや、理解不能と言っておこう。
ついて行けないのは母のおつむ。
ビンゴ・ゲームだって。
ほとんど高位の商品はゲットできないのがデフォ。
詐欺だな。
ぼったくりと言ってもいい。
ユーザーにこれほど不親切なプログラムもない。
無課金だから泣き寝入りする人が大半だろう。
何だか嫌だね。
動作も重いが、当方の気も重い。
ふぅ。
Photo
葱と仲良し

2018年10月 3日 (水)

人材不足だよね

不振が続く読売巨人。

いつまで監督が持つかと、素人ながらもハラハラしていた。
たまに巨人戦見ても、監督のにこやかな表情は見たことがない。
顔立ちはあんなに愛嬌あるのに表情が冴えない。
巨人の監督という立場の、プレッシャーの大きさを感じるな。
とうとう3年の年季終了。
「お疲れさま」と言うべきか。
「ご苦労様でした」と言うべきか悩むところだ。
役目をはたしてほっとしたと思いたい。
監督が一人やきもきしたってどうにもなりはしない。
それはそれ。
で後任だが。
難しいね。
巨人の生え抜きで。
実績があって。
世間が納得する人事。
うーむ。
なかなかこれという名前が出て来ない。
「帯に短し襷に長し」
古いたとえでごめん。
言っちゃなんだけど。
名前が売れた他チームの選手を引き入れるなんて、イージーなことし過ぎたんだよ。
後継者が育たなかったのは自業自得。
Photo
これ食べられないの?

2018年10月 2日 (火)

いいね

いいね。

この調子で突っ走ってよ。
我が国の海上自衛隊に、また〇カ国がいちゃもんつけた。
「旭日旗」使うなとさ。
偉そうに。
海上自衛隊の正式な旗が、何で拒否されるかって。
マスゴミ朝日の告げ口に乗っただけ。
文句言うならアサヒの社旗にも文句言うのが筋。
ところがそこはスルーの不思議。
ダブル・スタンダードの売国奴新聞にふさわしい。
これを小野寺大臣は拒否。
偉い!
と、言うか当然のこと。
今まであんな〇カ国に忖度し過ぎていただけ。
増長しまくってこの体たらく。
ま、これからじわじわいたぶってやるぜ。
沖縄もな。
脳内お花畑の知事誕生となったからには。
覚悟しているはず。
政府の方針にいささかの変化もないし、それでいい。
先日、厚化粧でへらへら笑っているだけの朝鮮女が。
某テレビで「日本は世界の恥」とのたまったそうで。
その恥の国に密入国して、そこで仕事して雨人亭主と生活している自分って何?
よくもこんな恥知らずがデカい面しているよ。
いい国だなぁ。
LGBTで杉田議員を叩く連中だって。
「同性愛」が法律で罰せられるのが当然の国が多いこと知ってる?
少しは勉強してからものを言え!
もっと知的な発言できないのか?
あ、やっぱり「れっとう民族」だったな。
また今年も「ノーベル賞」で火病起こすぜ。
ざまぁみろ!
Photo
散歩道

2018年10月 1日 (月)

当地大過なく

台風の影響か、風が強くなり始めたのは朝方近くだった。

それでも、先日の暴風とは全くスケールが違う。
うつらうつらしながら、あぁ風ね、雨もだね。
夜が明けても拍子抜けするほどの好天。
うーむ。
大事をとって休校にしたところは多かったはずだが。
時々雨がパラパラしたり。
急に風が強くなったりはしたが、ま、この程度なら。
午後、隣町の林檎園まで散歩。
数日前から大忙しの農家もひと安心したことだろう。
枝もたわわに実る林檎。
この1年の労苦が報われてほしい。
あともう少しの辛抱だよ。
と、帰宅した家人。
「また台風が発生したみたい」
え?
もういいよ!
いったいいつまで台風の心配しないといけないの?
Photo
なぜか元気な苺ちゃん

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

最近のトラックバック

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30