無料ブログはココログ

キムリン・ホリスティック・ワールド

  • 金 香百合
    いつも心に太陽を 悲しい時、辛い時、誰かに慰めてほしい時、キムリンはいつもそばにいてくれる。もしかしたら、みんなの守護聖人かも?

cocoa青森

  • COCOA青森
    COCOA青森の会員限定サイトです。あたたかい心と少しの時間を、メンバーと共有して下さる方を募集中です。

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月31日 (木)

雨の一日

一日雨なんて久しぶり。

朝からどんよりした空。
昨日も、降水確率は高かったが結局降らず。
農家にとってはそろそろと願っていた時期。
適量(?)なら嬉しいよ。
雨が降ると、樹木や植物類が生き生きするね。
そうか。
たまにはシャワー浴びたいよってか。
分かるな。
我が家のミニ菜園も。
鉢類の花々も。
気まぐれな母の水やりよりは、自然現象の方がよっぽど嬉しかろう。
夕方。
花火が3発ぐらい上がっていた。
この時間なら、恐らくどこぞの「宵宮」の知らせ。
大丈夫かな?
と、思っていたがその後、雨は止んだところをみると。
この判断は正しかった。
暑過ぎず寒過ぎず、縁日散歩にはうってつけ。
これからしばらくは「宵宮」が続く。
古き良き伝統だ。
めでたい。
Photo
こんなにも美しい

2018年5月30日 (水)

5月の風の中を

午後。

雨の確率40%と聞いていたけど。
空が意外に明るいんだな。
なら、散歩に出かけようかしらん。
一応、傘とスマホとカメラ、財布を持って。
初めての道をるんるんと。
ところどころに田んぼ。
合間に綺麗な岩木山。
あぁ、なんて幸せ。
母ね。
毎日、ちっぽけなことで幸せになれるんだ。
得な性格だと思わない?
今まで一度も歩いた道じゃないけど。
吹き渡る風に芳香があるんだわ。
アカシアか藤の花。
あっち行ったりこっち行ったりで何と1万3千歩も。
少し歩き過ぎだったかも。
でもいいんだ。
「薫風」を体験できたし。
新しい散歩道も見つけたし。
今夜は爆睡間違いなし。
早めにお休みね。
Photo
日曜日のお濠

2018年5月29日 (火)

妥当だと思うよ

さっき速報で。

関東アメフト連盟だっけかが、日大の内田前監督と井上コーチを除名処分と。
そこには自浄力がまだあった。
日大には期待できない。
一連の対応の酷さを見れば納得。
このままズルズルしたら、アメフトというスポーツそのものの存在もやばい。
日体大も、他のスポーツに関わる人々も迷惑を蒙っている。
この決定は妥当だ。
それでも、監督には大したダメージでもなさそう。
日大の偉いさんらしいからね。
こんなのなんてことないんじゃないの?
井上コーチは若いだけに、そうは割り切れないだろうけど。
日大アメフト部が復活するには、相当な期間が必要。
信頼回復には更に時間がかかりそう。
が、頑張るしかない。
反則に逃げず、正々堂々と試合できるように改善しなくちゃ。
いつだって原点に立ち返る。
己が行為を真摯に受け止める。
1人1人がそう努力しなければ、今回の事案発生の意味がない。
Photo
身を捨てて浮かぶ瀬も有れ

2018年5月28日 (月)

初体験だよ

先週の土曜日は当学区の運動会。

今日は代休というわけで。
小学生が朝から賑やか。
お天気も良かったし、あったかいし。
お昼までは良かったんだ。
みんなで昼食を済ませてのんびり。
職員たちが食事の後片付け。
小学生たちが宿題をしている時のこと。
ひとりが
「先生。虫がいっぱいいるんだけど」
同僚が見に行って突然、大声
「キャー!あれ何?」
彼女が指さす方向を見て唖然。
柱の下の方に黒い大きな塊。
近づいてみると羽のある虫が大量発生。
とにかく何とかせにゃ。
虫用キンチョールをガバチョと噴射。
おとなしくなったところをティッシュとガムテープでこそげ。
残りは掃除機で吸い上げ…。
こりゃいかん。
たまたま職場の近くに害虫駆除の会社がある。
そこへ連絡。
何と虫の正体は白アリ!
ということは…。
建物の土台がヤバいってことよね。
はぁ…。
業者、虫の活躍はこれからが最盛期(?)
会社も多忙だそうで。
駆除は来月でないと無理。
うーむ。
まぁ仕方ない。
応急処置でおっかなびっくり。
それにしても恐ろしかった。
この年で初めての体験。
こんなこと体験したくないんだが。
Photo
綺麗なもので口直し

2018年5月27日 (日)

バラはまだ

友人二人とランチに出かけた今日。

去年の10月以来。
以前は近所に住んでいたが今は…。
ちょっと寄り道できる範囲じゃなくなって。
1人は体調がイマイチ。
1人は老いた姑とボケ気味の亭主を抱え。
たまには気晴らしも必要よ。
青空が広がるいい天気。
風も爽やか。
岩木山も綺麗だしなー。
ランチの後は弘前公園内を散策。
たまに「植物園」行こうよ。
受付に向かったら、なんと今日。
年に一度の無料開放日!
フフフ、嬉しいな!
広い園内。
牡丹はそろそろおしまい。
バラはどうかしら?
残念!
後しばらくは無理そう。
ハンカチツリーも見頃を過ぎたかな。
アイリスが咲いていた。
あれはでも雨の日に映える花。
今日の天気じゃ風情がイマイチ。
たわいもないお喋りで時が過ぎる。
あぁ、こんな日もいいね。
今度いつ会おうか?
だんだん、会う機会、減って行くんだろうな。
名残惜しさと切なさが心に響く午後。
Photo
ハンカチツリー

2018年5月26日 (土)

被害どの程度?

日大騒動で世の中もちきりだが。

昨夜、長野で震度5強の地震発生。
かなりなでかさのはずが、その後大した報道もされていない。
うーむ。
我が国の耐震技術が凄いのは知っているけど。
いくらかは(?)被害出ただろうに。
マスゴミ、騒ぐものの基準が定まっていない。
煽り甲斐のあるものかね、やっぱり。
コントロールするつもりが、世論の方が一枚上。
散々、加計問題で引っ張っても袋小路。
先日の愛媛県庁職員のメモもフェイクだったことがはっきり。
関学に至っては、マスゴミなんぞの力をあてにしちゃいない。
しかし、堂々とした対応だなぁ。
どうやら刑事事件に発展しそう。
法廷で白黒つけるのが妥当だ。
でも宮川君がこれ以上のダメージを受けるのは見たくない。
彼だってある意味被害者。
加害者が入院なんてせこい手段で雲隠れ。
それをこのままにしていいのか。
被害者ぶるんじゃないよ。
Photo
散歩道でこんにちは

2018年5月25日 (金)

もうやめたら

今日は日大学長の会見だとさ。

ちらっとニュースで見たけど。
あんな会見意味あると本気で思ってる?
もうやめたらどう。
「火に油を注ぐ」どころか大爆発炎上中だ。
何を言ったところで、世間は耳を傾けやしない。
それもきっぱり非を認めるのなら話は別だが。
まったく何なんだ?
ところが、聞くところによると。
学長の上に理事長という偉い方がいるそうで。
じゃぁまだこんな茶番が続くのか。
まぁ、日大内部のパフォーマンスと割り切るか。
が、アメフト部の親の会も動き出した。
職員たちも既に行動を起こしている。
アメフト部員たちも行動するらしい。
対戦相手は試合拒否で一致。
「四面楚歌」とはこのことだな。
日大の一般学生は気の毒だ。
何の罪もない。
が、影響を受けないわけには行かない。
アホみたいな会見繰り返すよりは、沈黙した方がよっぽどいい。
それってそんなに難しいこと?
Photo
雨に濡れた花

2018年5月24日 (木)

ここまで馬鹿とは

改めてじっくり、昨夜の日大会見を見たけど。

ほんと話にならないお粗末さ。
20歳の若者が、たった一人であの会見に臨んだのに対して。
いい大人が二人。
それも大学側がお付添い。
内容は察しの通り、自己保身に終始。
しどろもどろの矛盾したコメントで話にならぬ。
大学の広報とかいう爺い。
余計な口を差し挟み。
会見をめちゃめちゃにしたかと思えば暴言を吐きまくって。
大した学校だよなー。
アホのマスゴミからさえもブーイングって。
恐れ入るわ。
いゃあ、関学、株上がるなこれじゃ。
日大がこれほどのバカ対応するとはね。
宮川君の潔さに改めて感じ入った。
で、逃げまくった内田前監督、体調不良で入院だとさ。
日大病院て、そういう便宜計ってくれるんだ。
世の中誰も、そんな話信じちゃいないよ。
Photo
美人よね

2018年5月23日 (水)

いきなりはないよ

昨日の朝、眠りこけていた母。

突然、鼻の奥に違和感。
と、ほぼ同時にくしゃみが連続。
とても寝てはいられない。
ティッシュで鼻をかむもどうにも止まらない。
遂には家人も目を覚ましちまった。
ごめんよ。
が、生理現象。
止める手立てなどあるものか。
それにしても約10分。
これほどのくしゃみは経験がない。
ようやく落着いた頃、鼻にティッシュを突っ込み。
再び布団に潜り込む。
「どうかこのまま落ち着いてくれますように」
祈る思い。
そのまんまいつか眠りに落ちていたが。
起床してからやっぱり…の展開。
あの得体のしれないもの。
ウィルスだよなー、きっと。
声も変だし、鼻水も止まらない。
こんなに劇的な登場するものなのか。
事前に連絡してよね。
Photo
一番先の春はこれ

2018年5月22日 (火)

君はいい人だね

散々母も批判してきたが。

日大アメフト部の反則選手。
今日の午後会見に臨んだ。
発言内容は、一般人の予想通り。
前監督、コーチ等上層部が指示したことを明確に認めた。
20歳になったばかりの若者。
ありとあらゆる嫌がらせを受けていたんだなぁ。
こんな若い子を、大人の汚い陰謀に巻き込むなんて…。
彼はどこまでも誠実だった。
自分が顔を出して謝罪しなければ謝罪じゃない。と。
大好きだったアメフト。
もうできないしやる資格もない。と。
今はそうだろう。
自分が意志に反して、相手に重大な反則プレイをしたのは事実だ。と。
した行為はなしにはできない。
が、彼だけが責めを負っていいはずはない。
しかしなぁ…。
会見で聞いた内容は、大学のスポーツという理解をはるかに超えていた。
まるでやくざ。
いや、本職のやくざが聞いたら気を悪くする。
それほど悪質。
この将来ある若者が、胸を張って生きて行けることを心から願う。
両親にも感謝。
あなた方の息子さんは、これほどにも素直ないい子。
どうかこの先も支え続けて欲しい。
Photo
白いライラック

2018年5月21日 (月)

観たいものと観る気が起きないもの

是枝監督の作品が、今回カンヌ映画祭の最高賞を得た。

以前の作品も話題になっていて。
「誰も知らない」
「そして父になる」
いずれも、社会における少数の人々の生きざまがテーマ。
崩壊した家庭。
理不尽な医療事故に翻弄される家族。
日常の中で自分が見過ごしている現実に。
真摯に向き合う視点が共感を呼ぶ。
決して身近な出来事とは思わないが、もしかしたらそうじゃないのかも。
観たいな。
映画館の大スクリーンで。
一方、テレビや雑誌で取り上げられたからと言って。
拒否反応が抑えられないのがビートたけしの監督作。
暴力的な印象が先に来る。
普通の映画もあるにはあるが、題材に魅力を感じない。
どれだけ世界で評価されようが、観る気が起きないんだな。
これ多分、母だけじゃなさそう。
映画評論を仕事にしている玄人。
又は、映画オタクには受けるんだろうけど。
Photo
さくらそう

2018年5月20日 (日)

全部青い!

先週は天候に振り回されていた。

やたら暑いと不平を言い。
数日後、今度は10度ちょっとの寒さに文句を垂れ。
加えて強風とかなりの降雨で、気分的に落ち込んだ。
うーむ。
これほどドラマティックな7日間。
ちょっとないよ。
でもなー。
せっかく植えつけた弱々しい野菜たちがしっかりするまで。
これでも祈る思い。
八百万もいる神様のうち、一人ぐらいは母の味方しておくれ。
そしたら今朝。
おぉ、差し込む光が眩しい。
あったかい!
もう布団の中にいられない。
5時からパジャマ姿でウロウロ。
家人に怒られた。
でもあんた。
この空を見てごらん!
全部青いんだよ。
こんなのめったに見られないだろ?
と、無理矢理窓を開け放す。
薫風の5月。
鮮やかな青葉。
ミニ菜園の可愛い野菜は、何とか生き延びて(?)いる。
鉢類の花もすっかり元気。
今のところ落伍者(?)ゼロ。
しっかり頑張るんだよ。
あんたたちのかぁちゃんは頼りないんだからね。
Photo
牡丹が鮮やか

2018年5月19日 (土)

何事も適期が

日大の内田監督がようやく辞意。

「すべて自分の責任」
当然だ。
で、日大No.2だかの地位はどうするの?
あんたの指示に従ったバカ選手はどうするの?
日大アメフト部はどうするつもり?
そこも言うべきだろ?
それは無視してやり過ごす気か?
だろうな。
ことが発覚してダラダラ時間稼ぎ。
何、モタモタしてんだ!
もっと早くにどうにかする方法だってあったろう。
自分だけいいカッコするんじゃないよ。
日大。
この件で信用失墜。
ダメージ大きいな。
ま、自業自得。
どこぞのお国の話かと思うぐらいのお粗末さ。
なのに、国内のパヨクと呼ばれる反日集団。
このバ監督と安倍首相を同一視。
自分らの祖国と一緒の方が納得できるがね。
嘘、泥棒、捏造、スポーツマン・シップ欠如の無法者集団。
そのまんまじゃんか。
我が国の首相はこんな屑じゃない!
まともな国民は知ってるよ。
Photo
可愛いわん!

2018年5月18日 (金)

色々大変なのよ

午後仕事を終えて弘前駅を通ったら。

長い行列ができていて。
駅弁がばんばん売れていて。
いったい何事?
見慣れない光景だなー。
と、思っていたら。
秋田方面大雨で列車運行停止とアナウンス。
昨夜から当地も結構な雨だもんな。
雷は昼前に大きいのが一回。
雨は強くなったり弱くなったり。
風もあったりなかったり。
予報じゃ、今夜から明日の朝にかけて、さらなる降雨となるらしい。
ま、自然現象には勝てませぬ。
だが、日大アメフト部の反則行為はほっとけない。
なんだあの試合は!
直後のインタビューで、日大の監督あのプレーを容認するコメントしてた。
何が経過を詳しく調査だよ。
しらばっくれるんじゃない!
今どき、こんなアホなコメントで凌げると思ってんだ。
その点、関大は偉い!
その後の対処の早さ、手際の良さ、日大とは雲泥の差。
1週間も逃げ回って、これから謝罪の日程を考慮と言われても…。
ガキの喧嘩じゃあるまいし。
ご免で済むか!
まぁ、対戦相手の各大学が一斉に試合拒否。
そりゃそうだよ。
確信的に怪我させられるんじゃたまったもんじゃない。
スポーツマン・シップのかけらもない。
監督、その指示に従ったバカ選手。
共に追放、日大アメフト部は廃止が当然。
この監督は、人間的にもクズ。
Photo
散歩で見かけた素敵な庭

2018年5月17日 (木)

夕方から霧の中

今日は22度前後の気温だと思う。

湿っぽい風が少し強いかな。
体感温度は当然低め。
洗濯物もすっきり乾かないし。
それはそれとして、夕方。
恒例の温泉へ向かったが。
進むにつれて風景に紗がかかる。
霧か…。
しかし綺麗だなぁ…。
昔、十和田湖畔に住む友人に
「一番美しい季節はいつ?」
と、聞いたことがあった。
「真冬!」
と、速攻で。
確かに下界もそうだけど。
霧に浮かぶ景色も幻想的でいいわ。
でも、もっと濃くなったり、夜遅くだと運転に差し支えありそう。
美しいって危険よね。
ところで、霧と靄の違いって何だっけ?
Photo
花畑

2018年5月16日 (水)

展開早過ぎるよ

昨日、ぶつくさ文句垂れて終わったが。

当地暑かったのよ。
27度だっけか。
うーむ。
そしたら今日は28度!
フー、いきなりの暑さ。
しんどいぞー!
着る物まだ出していないのに。
長袖にタオル。
開け放した窓で当分は凌がなくちゃ。
帰宅した家人に
「あんたの衣類だけは引っ張り出したから」
ところが例によって空気を読まない奴。
明日からぐっと気温が下がるんだよって。
何、その展開。
じゃ、あんな苦労(?)しなくても良かったのに。
それにしてもさ…。
変化激し過ぎて、おばんの体力ついて行くのもやっと。
もうちょっとはソフトにできませんかね。
Photo
香りは写せない

2018年5月15日 (火)

不思議な理由

新潟の少女殺人事件だが。

今日になって容疑者が明らかになった。
23歳。
近所の住人。
伝え聞くところによれば、まず容疑者の車と少女が接触。
その後少女の首を絞めたとかなんとか。
そして車に引きずり込んで…。
ほんとなの?
事故の有無も暴行の有無も、警察は恐らく掴んでいるだろう。
それにしても理由がチンケ過ぎるな。
事故なら病院へ連れて行けよ。
それが何で殺人に発展する?
死体遺棄にまで行く?
しかも線路上に放置するって…。
この男の頭はどうなってるんだ?
いや狂っていない方が重罪に問える。
こんな奴の身内には気の毒だが。
Photo
春色かもね

2018年5月14日 (月)

ちっとも暑くないんだけど

期待していたけど。

ある程度はね。
なにせ、朝晩結構寒い!
予報で暑くなると言われたら、多少はその気になるわいな。
が、冷たい「やませ」と呼ばれる季節風。
これが青森県南部地方に、長く居座ると凶作となることが多い。
今年もヤバいかなぁ。
ところが南の方はほんとに暑そう。
いったいどの辺で違いが出るんだ?
この手のニュースを聞くとつい、そこに突っ込みたくなる。
が、今日も昨日に続いて地震のニュース。
そのうち、新潟の女の子を遺棄した容疑で近所の男に逮捕状。
さらにはアメリカン・フットボールの。
関西学院対日本大学戦。
日大のプレイはほんとに汚い!
言い訳なんぞ通るはずもない。
スポーツマン・シップのかけらもない。
あの汚いプレイをした選手の顔と名前を公表すべき。
厳しい処分が必要。
と、気温が低いのに母の血圧は上昇しまくり。
母だけは暑かった。
否、熱かったのであった。
Photo
ニューフェイス弘前雪明り

2018年5月13日 (日)

ほざけ!

何だか必死で哀れだな。

朝鮮なんぞに我が国、ちょっかい出す気なんぞありやしない。
何、勝手にパフォーマンスしてんだよ?
いいから拉致被害者を返せ!
それ以外用はない。
散々今まで金をもぎ取っておいて。
あんたらに莫大な貸しはあるが借りなんかない。
南の酋長が役立たずでどうしようもないのは我が国のせいか?
己が民族の頭がその程度でしかないってこと。
屑民族がどうなろうが知ったこっちゃない。
早く統一しろ。
そうなりゃ我が国にいる寄生虫どもを、即刻追放できる。
お互い嫌いあっているんだからさ。
一緒の空間、いない方が双方ハッピー。
南の兵役もなくなるだろうし。
在日も文句はあるまい。
めでたく北と南が統一の暁には、宗主国大朝鮮も褒めてくださるよ。
ロシアも喜ぶ。
どうだ?
世界中があんた方を賞賛するはず。
日本は世界から孤立している国なんだから、こっち見ないで!
外していただいて嬉しいわん。
Photo
豪華な桜

2018年5月12日 (土)

明日からは暑いって

花見が終わったあたりから。

寒さがぶり返すのは毎度のこと。
今でも当地。
朝晩の数時間はストーブが必要。
昨日、今日は強風が吹き荒れた。
体感温度低いよー。
植え付けた野菜類。
鉢花類。
寒いかもな。
家の中に取り込むほどじゃないと思いたい。
子供と同じ。
大事にし過ぎはダメよね。
今は、りんごの花が真っ盛り。
これはこれで綺麗なんだが。
どこもかしこも白一色じゃ、面白みがないんだわ。
でも週末だ。
「りんご花まつり」も開催中。
明日、ちょっと足を延ばしてみようかな?
予報じゃ明日あたりから暑くなるって。
ほんとかしらん。
Photo
散歩中に見かけた花 何の花?

2018年5月11日 (金)

残り物に福?

家人が、畑らしきものを作ってくれて。

その後を託された母。
いい年をして何だが。
この手の作業は不得手だ。
じゃ、何が得手なんだと聞かれても困るが。
まぁ、とにかく土を買って入れてみよう。
入れた。
ホームセンターへ出向いて、苗類を物色。
青紫蘇、葱、にらは外せない。
その他ね。
うーむ。
ビタミンCの塊パセリ、花が綺麗なオクラ、すぐ食べられるサニーレタス。
以上を買い込んで菜園に植え込み、たっぷりの水やりで1日目終了。
翌日、種苗店でミニトマトとアスパラを。
その他、見切り品のパンジー数種類、ゼラニウム等々を購入。
昨日、素焼の鉢に花類を移植。
野菜を植え付けて、水やりを。
一度その気になると押さえが効かない母。
でもね、得手じゃないのは承知。
アジアンタムなんていくつ殺したか思い出したくもない。
で、ひたすら貧弱な残り物を買って来る。
もし死んでも罪悪感あまり感じなくても良さそう。
ちゃんと新しい入れ物に、たっぷりの土と水と肥料あげるからさ。
元気になって頂戴よ。
さて期待に応えてくれるかな?
Photo
新緑の杉の大橋

2018年5月10日 (木)

休み明けても

まったく何のためにいるんだろうね。

バカ野党のやることは、次元が低過ぎて理解不能。
税金で給料貰っているという自覚ゼロ。
差別語と言われようが、二号気分なんだな。
本妻ほどの威厳なし。
旦那の機嫌を適当にとって、お手当をせびる。
この旦那が国民なんて、頭をよぎりもしなそうだ。
ま、いいや。
旦那の方もとっくに見切りをつけている。
いつまでも同じ芸じゃ、飽きられるの当然じゃんか。
おっと、ここまで書いてこの図は…。
隣のバカ国そっくり。
昨日だっけか来てたんだよな、南の帝王ならぬ犯罪者酋長。
安倍ちゃんに呼びつけられて、因果を含められたんだろ?
でも国へ帰れば、また御大層なコメント出すんだろ?
大変だね、お国。
でも表向きは、外貨準備高も相当ある。
スワップなんてのは、日本が望めば話に応じてやる。
経済は絶好調。
うーむ。
妄想だけで生きていけるんだ。
羨ましいね。
つける薬ないな。
○カはいつまでもどこまでも〇カ。
安心した。
Photo
遅咲きの桜

2018年5月 9日 (水)

ざっくり言えばこういうこと?

今日、我が国で日中韓の首脳会談とな。

北の黒電話は、昨日だか一昨日だかに中国は大連へ行っていた。
旧宗主国の習近平と会っていたと。
今日は、アメリカのポンペイオ元CIA長官が北朝鮮を訪問。
つまり、北をアメリカと日本が挟み撃ちしてるわけだ。
台所事情が苦しい北は、アメリカに屈する前にまず南を懐柔。
南北融和ムードを演出し中国にすがりつく。
「あなたしか頼れるところはありません」なんちゃって。
首根っこを摑まえたアメリカは北に
「お前、ちゃんと約束は守るんだろうな?」
同時に安倍首相。
我が国に中国首相と南大統領を会議の名目で呼びつけ
「北が約束を守るようにお前らが支えろ」
さて中国も朝鮮も、我が国の金が欲しくて仕方ない。
両国ともアメリカからは見下げられまくっているしな。
経済状態は火の車。
法螺吹くのは勝手だが。
世の中シビア。
元だのウォンなんて信用ゼロ。
世界最強の通貨円の前じゃ無力。
で、のこのこやって来て、恫喝されているのがほんとのところ。
と、見たね。
政治評論を仕事としているお方は、もっと冷静な分析をするだろうが。
あくまで母の素人判断。
責任は負いませぬ。
Photo
水芭蕉

2018年5月 8日 (火)

現実が先なんだ

今日は久しぶりに学生時代の友人2人とデート。

隣の黒石市の和食店でまず会食。
その後、市内に戻って公園近くのレトロな喫茶店でお茶。
食事はKが。
お茶はOがご馳走してくれた。
母、こんなに大事にされていいのかしらん?
2人
「あんたはこのところ心労続いていたからね」
ありがとう。
で、あーだこーだ話していたが、気づけば3人とも。
仕事以外にもカルチャー教室へ出かけたり、知人の手伝いをしたりと。
まぁ多忙。
で、みんな。
それを嬉々としてやっていることに驚いた。
安倍さんの「働き方改革」。
マスゴミは批判的な論調が多い。
が、少なくとも母の周囲は、こういう人だらけ。
多少は人様の役に立って、あとは自分の趣味に没頭したい。
うーむ。
こんな田舎でも、還暦過ぎたおばんでも。
実にいきいき楽しそう。
こういう友達がいて良かった。
一緒に楽しい時を過ごせて良かった。
母、今日は幸せ。
Photo
今日の気分よ

2018年5月 7日 (月)

頑張ってなんとか

さて週明け。

いや、連休明け。
親子3人とも、ぼーっとしちゃおれん!
家人は朝食と弁当作り。
母はアイロンがけ。
息子はひたすら食べる人。
いつも通りの慌ただしさ、いいわん。
何も考えなくてもことはスムーズに運ぶ。
そうでなくちゃ。
さて職場。
当然、仕事が溜まっている。
ボケた頭でも、仕事モードON。
せっせと片づけりゃそんなに時間はかからない。
毎日、そうしてればいいものを…。
などと繰り言はよそう。
でも疲れる。
連休で多少リズムが狂っている。
元通りになるにはやはり時間が欲しい。
今少しのお目こぼしを。
お頼もうします。
Photo
今回の茶花

2018年5月 6日 (日)

連休最後に

どうも連休でダレ気味。

が、明日からはいつもの生活に戻る。
ダレた気持を何とかせにゃ。
と、思っていたが布団の中で目が覚めきれず。
どこからかガラガラと不規則な音が。
隣で寝ているはずの家人がいない。
窓から外をうかがうと、家人がせっせと作業中。
「とうちゃん。何してんの?」
耳がいくらか遠い家人。
母の声が聞こえないようで。
いや、もしかしたら聞こえないふり?
あー邪推しない。
着替えて母も外に。
庭の一部、石を片付けて菜園にするらしい。
うーむ。
先日、母が
「葱と紫蘇、ミニトマトぐらい植えてみようかな」
と、言ったから整備してるんだそう。
言った母は忘れてた。
が、そうは言えない。
「悪いね、とうちゃん」
と、猫なで声。
もう少し耕して土を補充して、周囲をブロックで固めて…。
家人の頭にはもう、図面が出来ているのだった。
ほうと感心したものの、
「あとはあんたの仕事だよ」
母、明日から本来の仕事に戻るんだけどねぇ。
それはまた別の話のようで。
Photo
春の色だなー

2018年5月 5日 (土)

バカ国め!

お客様複数から聞いた話。

白川郷での外国人汚染が酷いらしい。
トイレが凄まじい。
使用済みのトイレット・ペーパーが散乱。
嫌がらせか?
まったくどこまで迷惑かけりゃ気が済むんだ?
どうせ特亜三国だろ?
ごく普通の旅行客が迷惑するだろうに。
東京からいらした方は。
これに加えて都内のデパ地下もヤバいと言っておられた。
「とにかくかっさらうという感じなのよ。自分たちさえ良けりゃいいのね」
もう、行きたくもない。
あんな連中見たくもないと。
聞いてるこっちが恥ずかしい。
どこまで田舎者。
来るな!
桜が汚れる。
日本が汚れる。
自分の国で遊んでな。
誰が行くもんか!
Photo
ハクモクレン

2018年5月 4日 (金)

ガイドは楽し

連休後半。

母は昨日、今日、明日とガイドの仕事が入っている。
天気はね。
昨日小雨がぱらついていた。
今日は朝、青空が覗いていたがそのうち雨。
お客様を待っている間は寒かったわ。
でも、仕事が始まる頃には雨も落ち着いた。
すっかりソメイヨシノは葉桜で、花筏も見る影もない。
でもね。
遅咲きの桜が艶やかなエリアもあるんだ。
東京からいらしたお客様。
今盛りの桜の園がいたくお気に召したよう。
あれもこれもと写真を撮るのに夢中。
雨上がりの青空。
色とりどりの桜。
なんてあんたは母(?)孝行。
広い園内、一応蘊蓄を語らないと。
桜がなくても、喜んで下さるスポットもいっぱいあるんだなぁ。
地元だと当たり前すぎて、有難味を忘れていた。
外濠を映画の話をしながらのんびり散策。
予定時間を30分以上オーバーしたけど。
別に他に予定ないし。
出発地点に無事送り届けて任務完了。
今度は紅葉を見にいらっしゃい。
桜も凄いけど紅葉も負けちゃいないよなんて。
しっかり地元の宣伝もしちまった。
ガイド業、大人数が相手でなきゃ好きだわ。
Photo
ライラック…フランス語でリラ

2018年5月 3日 (木)

この頃見ないな

明後日5日は「こどもの日」

男の子がいる家庭では鯉のぼりを飾る。
でもこれがね。
よほど庭が広い家でもないと、今となっては飾るの無理。
同じ理由で「凧」を上げるのも難しい。
遅かれ早かれ電柱の地中化が進めば話は別だが。
息子が小さい頃は、ミニサイズの鯉のぼりをベランダに飾っていた。
今は亡き姑から贈られた「金太郎」。
義兄から貰った「鉄兜」。
「柏餅」を買って来て、家族3人でささやかなお祝いをしたっけ。
30をとっくに過ぎた息子。
そんな思い出があるのかどうか。
聞くのも恐ろしい。
でもいいの。
こんな母でも、子供のためにあれこれ考えていた。
もし、子供に恵まれなかったら。
そんなことに一切頓着なかったと思う。
祖母が言っていた。
「結婚して親になって一人前になるんだよ」
今、ようやくその意味が分かるようになった。
Photo
これは何の花?

2018年5月 2日 (水)

こんな思い

午後、帰宅してテレビ見たら…。

TOKIOの4人がうなだれていて。
山口達也の件で謝罪会見。
これもなぁ。
正視できないよ。
4人が気の毒で。
誰にも言われなくたって、23年も一緒だった仲間の不祥事。
みんなが自分を責める気持は、容易に想像がつく。
今後の身の振り方が難しいのはみんな一緒。
むしろ「辞める」の選択肢の方が楽だろう。
だが、今ある仕事を誠実にまっとうするのがプロ。
一番テキトーそうな松岡君の言葉に思わずジーン。
彼の涙に母もつい…。
芸能界なんて、早く言えば水商売。
到底一般人の常識とはかけ離れている。
でも、この人たちは誠実そのもの。
報道陣からの
「気づいていたのではないか」
との質問に
「酒の匂いがしていたこともあった」
それなりに注意もしていたろう。
が、山口は完全な病気。
誰に注意されたところで、聞く耳なんぞもっていなかったろう。
あなたたちが悪いんじゃない。
でも、どうか病人を見捨てないでやって。
Photo
雪柳も花盛り

2018年5月 1日 (火)

日焼けがね

年と共にうーむと思うことが増えて来る。

最初は視力。
老眼鏡なしじゃ細かい字が見えぬ。
綺麗な(?)字が書けぬ。
聴力もなぁ…。
人の話が聞き取りにくい。
そうそう何度も聞き返すわけにも行かず。
自然と通り一遍の挨拶のみ。
後はニッコリ笑顔で何とか凌ぐ。
どうせ、大したことを話しちゃいない。
と、思いたい。
それ以外にもガバチョとあるが、最たるものは「日焼け」
つまり「やけど」だよな。
程度はぐっと軽いけどさ。
雪が溶けてから、気を付けてはいたのだが。
毎日、1万歩も歩き回る。
最低でもその時間は、紫外線を浴びてるんだよな。
おまけに年中素顔だし。
先日の結婚式前日。
家人、ガイドを終えて帰宅した母に
「あんた。日焼けし過ぎだよ」
何とストレート。
そう言われても…。
当日は、家人が100円ショップで買って来た何やらを塗ったくった。
うちは奴の方が化粧に詳しい。
まぁ身内も慣れている。
いきなり白髪頭に厚化粧じゃ引かれるぜ。
それにしても…。
若い頃は一時赤くなるだけで、じき元の顔色に戻っていたものを。
やばいわー。
Photo
今年の見納め

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

最近のトラックバック

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30