無料ブログはココログ

キムリン・ホリスティック・ワールド

  • 金 香百合
    いつも心に太陽を 悲しい時、辛い時、誰かに慰めてほしい時、キムリンはいつもそばにいてくれる。もしかしたら、みんなの守護聖人かも?

cocoa青森

  • COCOA青森
    COCOA青森の会員限定サイトです。あたたかい心と少しの時間を、メンバーと共有して下さる方を募集中です。

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月28日 (水)

これはひと時の夢

昨日、今日とまぁ穏やかな天気。

光の眩しさ、日の長さ…。
あぁ、春だわ。
道路も路面が見えて来た。
もちろん一部だけどさ。
仕事帰り。
ほんの20分ほどしか乗らないバスの中でうとうと。
あの暖かさと規則正しい揺れ。
静かな車内。
うっかり寝過ごしちまいそう。
「真夜中のカーボーイ」のラスト・シーンを思い出す。
ダスティン・ホフマンは、幸せ(?)の絶頂に息絶えた。
が、母の現実は違う。
バスから降りてまた歩き始めるのだ。
♪君の行く道は、果てしなく遠い♪
違ったか。
Photo
津軽は未だ雪の中

2018年2月27日 (火)

最後は私?

息子から始まって家人へと。

それもようやく落ち着いたと思ったら。
何と、今度は母。
今朝から喉が痛い。
熱は35度台。
それ以外はなんの症状もなし。
うーむ。
仕事中は、ひたすら喉飴を頬張っていた。
帰宅後は、のどぬーる・スプレーのお世話に。
家族だからね。
まぁ、風邪がうつっても仕方ない。
いい加減疲れがたまっているし。
世の中、寒暖の差も激し過ぎるし。
周囲はみんな風邪気味だよ。
ニュースじゃもう「花粉症」の話題。
当地はまだしばらくの猶予がありそうだが。
雪があるうちは大丈夫じゃないの?
そう信じているんだけどな。
Photo
今回のお菓子

2018年2月26日 (月)

今日はいい天気

新しい週が始まる。

仕事していて良かったなぁとしみじみ思う。
家の中の悩みは、職場に向かった時からどこかへ飛ぶ。
職場の悩みは、家に帰る時にほぼ頭から消える。
この2つでバランスを保っているんだわ。
先週末、友人たちと集まった時も、その話題で盛り上がったっけ。
不仲の亭主と別居生活数年のKさん。
ボケた亭主との生活10数年のAさん。
単身赴任中の亭主と、年に数回会うだけのSさん。
たまに会うと、お喋りが止まらない。
心置きなく不満をぶちまけ、怒りを共有し、そして笑ってさようなら。
話してみると、家族の形ってみんな違う。
どれが良くてどれが悪いなんて、とても言えるもんじゃない。
そうだよね。
色々な理由があったにしても、とにかくみんな離婚せずに今に至る。
それって凄くない?
多分、亭主だって私らに不満はいっぱいあるよね。
じゃ、お互い様か。
ふふふ。
今日、職場の水は無事だった。
家人はただの風邪だった。
ほぼ一日中青空が見えていた。
そうそう。
五輪選手団が帰国した。
幸せなことがいっぱいあったなぁ。
なら、いいじゃん。
Photo
美しい日

2018年2月25日 (日)

風邪なのか?それとも…

先週の月曜日。

息子が青い顔をして起きてきた。
とりあえず体温計を渡す。
数分後、なんと38度越えの数値。
おぉ、なんてこと。
息子は、ほとんど熱を出すとか、具合が悪くて寝込むということはない。
こりゃ大変だ。
が、家人、母共に仕事がある。
「あんた。病院へ行っておいで」
と、言い残して家を出た。
今市内は、インフルエンザ警報発令中。
やばいかも…。
帰宅後聞いてみたらただの風邪らしいと。
そうかい、ならゆっくり寝てな。
結局木曜日まで仕事を休んで元気を取り戻した。
が、金曜日の夕方。
今度は家人が
「喉痛い。熱っぽい」
風邪薬を飲んで、のどぬーるスプレーをシュッシュッと。
昨日、今日と自宅でのんびり。
が、体調の回復はイマイチの様子。
奴の会社じゃインフル発生中。
家人、内心気が気じゃない。
明日病院へ行ってみると言って、さっき布団に入ったけど。
とんでもないビビりだよ。
ほんとに行くかなぁ?
Photo
もうじき会える

2018年2月24日 (土)

そりゃもう…

ほとんど盛り上がらなかった冬季五輪。

それでも、さすがにメダルが絡むレベルとなると、一般庶民もドキドキハラハラ。
これがまたね。
選手も頑張るんだなぁ。
その姿にまたまたグッと来るわけで。
日本人だよなー。
とにかく我が国の選手たち。
体はきゃしゃ。
顔立ちが可愛らしい。
声も話し方も可愛くてもう胸がキュンキュン。
おまけに試合後のコメントもデカい態度の人は皆無。
むしろ謙虚過ぎるぞ!
あぁ、こんなに国民を喜ばせていいのか?
だからほんの少しでもいい。
早く帰っておいで。
おいしい食べ物と安眠できる環境が待ってるよ。
あんなにみんな、頑張ってくれたんだもの。
母国はいつでもあなた方の味方。
ゆっくり疲れを癒してね。
Photo
再会できる日待ってます

2018年2月23日 (金)

真冬の帰り道

今夜は会議。

昼過ぎから雪が降り始め、傘を持つ手も重いわー。
気温が高めなせいで雪がダラダラ。
ま、ツルツルよりは歩きやすい。
開始時間が来ても、来ないメンバーが数人。
構っちゃおれんと会議を進めた。
ちらほらと遅れたメンバーもやって来た。
6時という時間。
これだけの雪。
渋滞で四苦八苦したんだって。
やっぱりな。
こんな天気じゃ。
歩き回るのは避けたいだろう。
でも帰り道。
木々が白く雪化粧。
つくづく綺麗だなぁ。
ずーと眺めていたい。
こんなに幻想的な風景だもの。
ここでパチリ…。
と、行きたいところにカメラなし。
そんなもんよね。
Photo
夕食は駅弁

2018年2月22日 (木)

ありがとう

スケートの活躍凄いね。

期待も大きかったけど。
金メダルが当然という空気は、やはり選手たちには相当な重荷だったろう。
でも、やり遂げた。
よくやった。
あなた方には、どれだけの賞賛を贈っても足りない。
加えて。
あなた方を熱心に指導してくれたスタッフたちにも心からの感謝を。
オランダから来たコーチ。
複雑な心境だったろう。
でもあなたは、立派に仕事してくれた。
日本チームの金メダルは、あなた方の存在がなければ得られなかった。
我が国の選手たちを受け入れてくれたオランダの皆さん。
ありがとう。
あなた方の懐の深さには、ただ感服するばかり。
素晴らしい戦いを見せてくれた。
スポーツマン・シップはどういうものか教えてくれた。
ほんとにほんとにありがとう。
オランダ万歳!
Photo
匂うが如く

2018年2月21日 (水)

またかよプロ市民

プロ市民なんて名付けられて。

本人たちは嬉しいのかね?
金を貰って、上からの支持に従って行動する。
そりゃ金になるだろうさ。
我が国には、国を貶めようという連中が多いから。
以前は、ひたすら沖縄で米軍の皆さん方に嫌がらせ。
そりゃ米軍も、日本人を殺したり暴行したり、事件も起こしてはいるが。
それを批判するのがプロ市民なんて笑わせる。
純粋の日本人に、プロ市民なんて称号つけるかよ?
出自が胡散臭過ぎる。
そのプロのお方。
今度は国税庁にお出ましで。
佐川長官に異議を申し立てるためだとさ。
笑わせてくれる。
うちも自営業者だ。
零細企業だ。
税金で頭を悩ませているのは確かだ。
だが、由緒正しい日本国民。
払うべき税金はきちんと払う。
こんなパフォーマンスして何の得になるってんだ?
ごねたって、後で追徴金がガバチョと来るだけ。
プロ市民のほとんどは、自営業者じゃないんだろ?
自分には全く関係ないから、こんな恥知らずな行動ができるんだよ。
こんな輩を持ち上げるバカもいる。
少しはまともにものを考えろよ。
Photo
夏の思い出

2018年2月20日 (火)

五輪の功罪

嫌でも毎日、五輪のニュースに触れる。

我が国の選手が活躍しているとなると、いくら母でも気になるわ。
ほんとに健気。
凛々しい。
まっすぐ誠実に戦う姿っていいなぁ。
それに母。
日の丸大好き。
君が代大好き。
皇室の方々大好き。
自民党大好き。
安倍さん大好き。
特亜三国に牛耳られて、恥も外聞もない報道機関なんざ大嫌いだ。
バカ揃いの野党も嫌いだ。
ま、その連中はあんなダサい国がお好みというレベル。
それにしても、今回の開催地はほんとに屑。
屑仲間はほとんど報道もしないが。
今夜、家人と晩酌しながら…。
ところで何であの国に開催決まったんだろうねという話になり。
ま、ワールドカップだって、我が国単独開催のはずがバ韓国。
金をばら蒔いてお得意の買収。
金だけじゃなさそうだが。
それで「慰安婦」ガーの出番。
ふん!
無理矢理共催にさせられて。
その結果は、あのていたらく。
ざまぁみろ!
それが今に繋がっているわけだ。
まぁ、どれほどあの国が屑かって世界中に知れたことは喜ばなきゃ。
ネットの普及はほんとに有り難いことだった。
Photo
茶室には珍しいでしょ?

2018年2月19日 (月)

そういうこと?

NHKの五輪放送に、桑子アナが出て来ないなと思っていた。

何でかな?
そうぼんやり思っているうちに、日程がどんどん進んで。
さっきネットを見たらおー?
何と、桑子さん。
開会式の中継で、間違って閉会式と言っちまったそうで。
あら、そうなの。
そういうこともあるじゃん。
と思うのは素人だったのね。
雇用主のNHKは、それじゃ済まなかったらしい。
そこから雲隠れ(?)。
本人の意志か上からのお達しかは不明だが。
ま、勤め人なら後者だろうな。
でもさ、あのNHKだよ。
中国、韓国の機嫌取りに終始している反日国営放送だよ。
その程度がどうしたってんだ?
これが問題になるだの、処分の対象になるのだったら。
トップの責任問題にしろってんだ。
下らない。
朝日、TBS、毎日新聞、東京新聞。
あ、沖縄の2紙もだった。
みんな同じ穴の狢。
反日報道に血道を上げて。
いったいどこの国の報道機関なのかさっぱり。
ま、読者もそのレベル。
身内同士でホルホルしてりゃいい。
まともに相手する気は毛頭ない。
Photo
なんじゃこりゃ

2018年2月18日 (日)

恐怖の一夜

昨日はねぇ。

天気予報が大当たり。
午後から雪が降り始め、夕方からは風も強くなって。
9時過ぎたあたり、瞬間的な停電。
今の家電品は、これぐらいの時間は平気。
だがこれがね。
10時までにあと2回あったんだ。
家中ガタガタという音が響く。
外では風の唸り声。
怖いよー。
こうなりゃ、一刻も早く布団に潜り込むしかない。
が、風の音はますます激しくなるばかり。
おちおち寝られやしない。
屋根が飛ぶんじゃないか?
この寒空に冗談きついよ。
早いとこ、通過して頂戴。
布団の中で焦る焦る。
そのうち疲れ果てていつか夢の世界へ。
起きたら家の前に大きな吹き溜まり。
かなりな積雪だよね。
そのせいか。
今朝の温泉。
母たった一人しかいなかった。
嬉しいような寂しいような。
家人の方はと聞いてみた。
「自分以外にもう一人いたよ」
こんな天気に、のこのこ出かけて来るのは私らだけか。
ま、いいけど。
Photo
年に一度のお目見え

2018年2月17日 (土)

なんて日だ!

いつものお茶の稽古に行ったけど。

師匠始め皆さん方。
一向に着物に着替える様子もなく。
内心やっぱりなぁ。
今日、国民の大多数の関心事は男子フィギュア。
朝から期待に胸弾ませ、テレビの前に鎮座。
師匠宅も当然、ずーっとそのチャンネル。
今までこんなに長い間、フィギュア見てなかったよ。
午後2時近く。
いよいよ羽生君が演技する頃。
母は、一人だけ茶室へ向かう。
とてもその場にいられない。
やることいっぱいあるもんね。
とうそぶきながら…。
そのうち姉弟子の1人が
「もう、メダルは確実だから安心していいよ」
今月は「雛祭」行事の準備だ。
あれやこれや細々とした仕事がてんこ盛り。
そのうち師匠が階下から
「羽生君が金、宇野君が銀だよ」
って。
こんな展開ってあり?
うば桜たち感涙にむせぶ。
夕方帰宅後、ニュースを見たら。
藤井君が羽生竜王と対戦して勝利を収めたって。
若い子たちがこんなに活躍する日。
全くなんて素敵な日!
Photo
嬉しい日は桜なの!

2018年2月16日 (金)

後からでいい

昼頃から男子フィギュアの放送だと言うので。

母の周囲は騒がしい。
そう言われても、母は見ないよ。
怖くてまともに正視できない。
結果が出てからでいいって。
夕方帰宅した家人。
「ラジオで実況聞いてたけど。場内の歓声が凄くて解説聞こえなかった」
うーむ。
何と言うか。
ラジオって、想像力をかきたてるんだよね。
映像で見る感激とは別物。
高校野球の実況なんて最たるもの。
が、そのラジオで見たい!という気にさせられた(?)奴。
「何とか見る方法ないの?」
とジタバタ。
残念よね。
テレビは放送スケジュールが決まっている。
見たいものが即見られるわけじゃない。
が、だ…。
ネット視聴という手があるんだな。
見せてやったよ。
いや、二人で見たよ。
結弦くん、君はほんとに偉いね!
昌磨君、君も頑張った。
二人の活躍が涙で霞む。
母、やっぱりリアルタイムじゃ見られない。
Photo
あぁ、色が恋しい

2018年2月15日 (木)

面白くないもの

あのカーリングって、みんな面白いの?

スポーツ音痴の母が言うのもなんだが。
やたらチンタラチンタラ時間がかかる。
あれをじっと見る気もないが。
見たところで、点数がガバガバ入るわけでもなく。
あれがスポーツなのか?
ルールはよく分からないが、まだゲートボールの方が分かり易そう。
以前、テレビで。
カーリングの選手たちですら、人の試合中は居眠り又はあくび連発と言っていた。
なら凡人がそうなのは仕方ないこと。
だいたい、そんなにメジャーなのかね?
五輪もさ。
競技数多過ぎない?
増やせばいいってもんじゃないだろうが。
もう減らして行っていい。
スリム化するべきだよ。
そうでないと、これから、五輪開催できる国はごく一部に限られる。
身軽に、あまり金をかけず、政治に左右されることなく開催。
それが五輪精神というものだ。
Photo
暗い空

2018年2月14日 (水)

身内でなくて良かった

毎日嫌でも五輪の放送。

なるべくは見ないようにしている。
母は小心者。
ライブで試合なんぞ見た日にゃ…。
ハラハラドキドキで何も手につかん。
ついでに怒り狂うしな。
結果を知ってから改めてというのが性に合っている。
五輪そのものが嫌なんじゃなくて。
今回の開催国なるものが気に入らない。
過去のいろいろな国際試合の顛末。
我が国への嫌がらせの数々。
上げればきりがない。
こんな途上国に似合わねーよ。
期待に違わず、開会式はしょぼかった。
政治色も強過ぎるしな。
IOCはほんとにマヌケ。
こんな土人国にいいようにされて。
まぁ、そのうちこの国は消滅するはず。
誰も同情しないからいいか。
で、我が国の選手たち、頑張ってるなぁ。
母思わずじーん。
この人たちへのプレッシャーたるや…。
そのことを思うたんび。
身内じゃなくて良かったと思うんだ。
いたたまれないよ。
とてもとても。
でもその重圧をバネにできるのがこの人たちとも言える。
なら、期待してもいいのか?
否、期待すべきなのか?
うーむ。
Photo
祭りの目玉

2018年2月13日 (火)

今日も真冬日

昨日があまりに寒かったせいか、今日も真冬日なんだけど。

何だか楽ちんなんだよね。
でも、職場の水道管。
一つは凍ったまんま。
無人の3日間。
火の気がなきゃダメか、やっぱり。
お湯をかけるという荒業もあるにはある。
でも…、そこまではしたくない。
なら、待とう!
出るまで待つんだ。
そこそこ気温が上昇すりゃ、すぐ回復するって。
そうは思うよ。
でも、ダメな水道管は湯沸かし器に通じている。
水が出て来るまでは、湯沸かし器使用不可。
冷たーい!
手が痛い!
でも、我慢。
あと数日の辛抱…。
と、思いたい。
神様。
何とかして下さい。
困った時だけでほんとゴメンね。
Photo
公園入口

2018年2月12日 (月)

真冬日の散歩

先日のブログに書いたしな。

「雪灯籠祭り」は、今日でおしまい。
昨日は妙に気温が高く、おまけに雨が降り続いた。
とても雪像見に行く気になれず。
なら今日しかないじゃないのさ。
家を出たのは午後3時。
吹雪いていたわ。
しかも寒い!
頬がひりひり。
うーむ。
くじけそうになるが、ここは我慢。
「有言実行」あるのみ。
公園内は結構な人出。
雪像は、昨日の暖気で崩れ気味のものも多数。
この祭りを見に来たのは、かれこれ10年ぶりぐらいかな。
小さい子供を橇に乗せて歩く若いカップルが多かった。
うちも、息子が小さい時はこうだったなぁとしんみり。
今じゃ一日中むっつり顔で。
あの可愛い子はどこ行った?
なんて感傷に浸ってばかりもいられない。
吹雪は一向に収まる気配なし。
天気さえ良ければ、ライトアップも見たかったけど。
それはまた別な機会に。
Photo
雪まみれのキティちゃん

2018年2月11日 (日)

幸せがそこに

連休だ。

休みが1日だけなら、いつもよりいくらか気が楽なだけ。
2日となるとぐーっと気分が盛り上がる。
と、言っても。
外出は天気とも相談しないと。
今日はうたた寝するにはちょうどいいかな。
そこそこの気温。
暗い空。
テレビは見たくもない五輪。
BSも、見たい映画が入らない。
民放だってつまらないしな。
ところで、北朝鮮の女がそんなにみんな見たいの?
流石マスゴミ。
どうでもいい隣のバカ国のニュースをやたら流す。
まぁはっきりしたのは、ようやく隣の半島が統一されるらしいってこと。
めでたい。
ついでに我が国から半島人を根こそぎ連れて行ってもらえたら万々歳。
やっと縁切りできるな。
中国も喜んでいることだろう。
ペンス副大統領の隣国への態度で、アメリカの方針がはっきり分かった。
安倍首相も無事大役を果たしたようだし。
これでみんなハッピー。
いやぁいい五輪。
我が国に、たとえメダルがもたらされなくてもそれでいい。
Photo
今度は赤鬼で

2018年2月10日 (土)

この時期に雨

天気予報当たるよなー。

今日は一気に最高気温が8度で、昼過ぎから雨と。
朝はいい天気だったし、たいして寒さも感じない。
そしたらやっぱり午後、お茶の稽古中にあれはもしかして雨音?
うーむ。
「雪灯籠祭り」で、観光客が多数お出でだというに…。
まぁ仕方ない。
天気は母の思い通りにはならないの。
夕方、迎えに来た家人。
「雪のアート、見に行こうよ」
行き先は「はるか夢球場」。
今年初めての試みだという。
それはいいけどさ。
降雪も程度によっちゃ?だけど、雨だってまずいんじゃないの?
せっかくの絵柄が崩れそう。
5時半過ぎは雨が止んでいた。
でも球場内は、雪解け水でドロドロ。
足元危ない危ない。
かなりの高さの観覧席まで行ったはいいが。
母、高所恐怖症。
足がすくんで怖いのなんの。
アートは綺麗だけど。
でも正直、こんなもん?
指導したのは田舎館村のスタッフだとか。
あそこの「田んぼアート」も、初期はほとんどマンガ。
回を重ねるごとに見事になった。
だからね。
ここも、来年、再来年と、充実して行くはず。
気を長く持ちますわん。
Photo
雪のアート

2018年2月 9日 (金)

そんなに呼込まなくても

何だかなー。

冬の青森へ、観光客を呼び込もうという企画が次々。
そりゃな。
景色はいいし、雪はたっぷりだし、食べ物もいいし、押しつけがましくない人情もいい!
でもさ…。
多くの観光客が来るってことは、その中にはうーむと思う人もいる。
「桜まつり」で、いい加減うんざり。
と、家人にぶつくさ言ったらさ。
「いいじゃん。来てくれるだけで。お金が落ちるんだよ」
と、相変わらずドライなお言葉。
今日から「雪灯篭まつり」だと昨日書いた。
知られてるんだなぁ、その情報。
バスの中は地図を持った人多数。
いつもは立っている人なんかほとんどいないのに、今日は…。
10分おきに発着する100円バスだよ。
走行中は立たないでと書いてあるのも無視して歩き回り。
弘前公園手前の停留所で、100円の料金に1万円を出したお方。
どちらも観光客と考えれば合点がいく。
これも時代の流れか…。
4
いつか見た花

2018年2月 8日 (木)

さて明日は

当地、明日から「雪灯篭祭り」が始まるよ。

そりゃ札幌雪まつりほどには、名前が知られてはいないけど。
いいの、いいの。
しょぼい地方都市。
可愛く存在主張しましょ。
これもね。
始まったのはかなり前。
当初はでっかい雪の迷路なんてあった。
スノーモービルで走るコーナーなんてのもあったんだよ。
大胆だろ?
ところがそのうち、極端に少雪という年が何回か。
雪国でも、当たりはずれ(?)大きいんだ。
今年も心配したけど。
まぁ何とか降ってくれてホッ。
後は寒さが続いてくれれば…。
暖気になると、せっかくの雪像が歪む。
明日は全国的の好天とのご託宣。
うーむ。
切ないわ。
Photo
待ち遠しい春

2018年2月 7日 (水)

インフル蔓延

インフルエンザ大流行中。

ひたひたと忍び寄る恐怖。
なるべくなら不要不急の外出は控えたい。
そう、行政機関の皆様からご指導をいただかなくても、だ。
でも仕事。
優先順位はダントツのトップ。
月に一度の施設訪問日だった。
母と相方。
どちらかがインフルエンザに罹患していれば欠席してもいいけどさ。
生憎、二人とも元気なのよね。
なら、いざ!
訪問先は何せ、建物がやたら多い。
その中からいくつかをピックアップして訪問するのだが。
そのうち2つの施設はインフル患者急増中。
これは有無を言わせず訪問取り止め。
相方と母だって。
自分の職場が大事。
自分たちの軽率な行動で、職場に迷惑はかけられぬ。
施設側も了承してくれてその場を辞した。
でも、あの感染力だ。
近いうちにヤバいことになりそう。
利用者は体力がない人が多い。
1人が罹患すると、次々が毎度のパターン。
そうなったら最後。
ひと月ぐらいは動きがとれぬ。
取り越し苦労で終わりますように。
Photo
毎度雪景色

2018年2月 6日 (火)

大雪だ

福井県と金沢の積雪量が、とんでもないことになっていて。

NHKのニュースを見るたびにびっくり。
そんなに降るか?
そこまで降るか?
青森より凄い!
多分だけど。
雪の備え、そんなにないだろう?
国道で身動きが取れないドライバー続出。
食べ物は支給できているらしい。
まずはそれだよな。
その次はガソリンか。
これは近場で補充するしかなさそう。
あの大震災の時を思えば、まだまだまし。
何度も災害を受けると、支援体制がきちんと整っているようだ。
そうでなくちゃ。
高い授業料払っているんだもの。
と、どこやら他人事でいた我が身。
昼近くから降るわ降るわ。
片づけるそばから、ピカっと閃光が走る。
その後グルグルドッカーンと賑やかな大音声。
意外に真冬、雷多いのよ。
でもさ。
雷と雪、どちらも綺麗。
ぶつくさ言わないで楽しもう。
Photo
雪除けもタフ

2018年2月 5日 (月)

これは嬉しい

沖縄の選挙。

嬉しいわー、現職が負けたんだ。
いつもいつものことながら。
翁長なんて売国奴がふんぞり返って早4年。
いったい奴の仕事ってなんだ?
ただ中央政府への嫌がらせに終始。
それだって国民の血税だろうに。
沖縄県民もいい加減甘ったれるんじゃないよ!
現実を見ろ。
基地がなくなってどう生きるんだ?
マスゴミとバカ野党の口車にまんまと乗せられて。
理想だけで飯が食えるのか?
だったら毎日、ハンストやってろ!
在日の暇な連中が協力してくれるだろうさ。
日当も高いらしいしな。
在日米軍の失態には狂喜乱舞。
中国にはだんまり。
まったくご立派な知事だね。
それでこの4年、沖縄はハッピーだったの?
基地はなくせ、だけど今まで通りの手当てはくれって…。
ゆすりたかり以外の何なんだ?
あ、そうか。
純日本人じゃないね。
特亜人だったね。
なら納得。
この選挙戦で、自民公明党を「卑怯だ」と言ったお方。
共産党はそんなにご清潔な党でしたかね?
Photo
葉っぱがないとハートに見えず

2018年2月 4日 (日)

寒さに慣れていた?

最近にしちゃ朝、あったかいなー。

起き出してすぐも、エアコンに手を出さず。
白髪の夫婦。
どちらからともなく「今日は楽だなー」
ところが、温泉へ行こうと家人は車にエンジンをかけに出て。
母は、郵便受けに新聞を取りに出た。
おーっと!
なにこれ。
地面はガチガチに凍っていて。
なら結構な寒さじゃないのさ。
楽なわけないんじゃないの?
でも、やっぱり実感としては寒くない。
そのまま温泉の駐車場。
車から降りて建物までの間、ツルッツル。
危なくてよたよた。
当然だけど吐く息も白い。
湯煙状態。
寒さに慣れていたのよね。
まだ体力というか順応する部分はそれほど退化しちゃいない。
うん。
と、ひとまずは喜んでおこう。
Photo
ふるさとの山

2018年2月 3日 (土)

無理しなくても

羽生君が、五輪に参加するのかしないのか。

ずいぶん気を揉んでいたが、どうやら個人戦だけ出場ということになったらしい。
無理しちゃいけないよ。
いくら五輪連覇が夢だとしても。
隣の国だろ?
何されるか分かったもんじゃない。
後6日だかというのに、ちっとも盛り上がっちゃいないのがその証拠。
選手も気の毒だが仕方ない。
そうそう。
昨日ネットで、輸出売春婦数で他国を圧倒する隣国。
開催地周辺に集結している由。
そのためにお国が避妊具を準備したとかなんとか。
いやぁ凄いね。
流石自称先進国。
自国経済に貢献する肉体労働者のためには支出をものともしない。
それでこそ愛国者。
何でも我が国から期間中に五輪観戦に行く人は8千名前後とか。
ほとんど在日だとは思うが。
後はかの国のドラマにはまっているノータリンか。
ま、この際だ。
鼻の下を伸ばして、その姉ちゃんに金を巻き上げられる男もいるだろう。
国がなくなるのもじきだ。
餞別と割り切ればいいことよ。
Photo
杉の大橋

2018年2月 2日 (金)

寒さ続くわ

今朝も寒かった!

マイナス10.9度だったか。
昨夜寝たのは11時頃だったけど。
そう言えばストーブ消してまもなくからかな。
家中の空気が冷えていく感じ。
大げさに言えば、息が白かったのではないか?
子供の頃は、そういうことが珍しくなかったし。
大きな家の中。
暑過ぎるぐらいだったのは居間の薪ストーブの近くだけ。
そこ以外は寒いのなんのって…。
今は、すっかり寒さに弱くなっちまった。
ちょっとの隙間風でもブーブー。
反省しないと。
でも今日は日中、ずっと晴天で気分も晴れるわ。
久しぶりに公園内をウロウロ。
写真もせっせと撮ったけど。
カメラの調子がイマイチで。
寒過ぎると元気なくなるのかしらん?
Photo
雪の弘前城

2018年2月 1日 (木)

忙しいよね

まぁ、毎日目まぐるしい。

今年に入って早ひと月経過。
とうとう2月だ。
うーむ。
今月も行事が次々。
「豆まき」それが終わればバレンタイン。
注連飾りを神社に持って行くのはいつだっけか?
寒さが厳しいものだから、ほとんど寄り道をする余裕もない。
足元がおぼつかないのが一番の理由だ。
交差点を通り抜けるのに必死。
この年で転んだ日にゃ…。
あぁ恐ろしい。
こんなに先読むと、何をするにも億劫。
でもね。
「豆まき」はしなきゃ。
由緒正しい日本人だから。
ところが近所のお店には。
中国産の落花生しか置いてない。
なんでだよ?
そんなの買うもんか。
こうなりゃ意地でも国産の落花生見つけるぞ!
明日は珍しくいい天気らしいし。
ところで昨夜の月見、当地は全然ダメだった。
南の方は良かったのかしらん?
Photo
お菓子は青鬼

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

最近のトラックバック

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30