無料ブログはココログ

キムリン・ホリスティック・ワールド

  • 金 香百合
    いつも心に太陽を 悲しい時、辛い時、誰かに慰めてほしい時、キムリンはいつもそばにいてくれる。もしかしたら、みんなの守護聖人かも?

cocoa青森

  • COCOA青森
    COCOA青森の会員限定サイトです。あたたかい心と少しの時間を、メンバーと共有して下さる方を募集中です。

« 宴の後 | トップページ | 大出血の方がいい! »

2017年10月25日 (水)

退化する道

人と生まれて、そりゃいろいろ寄り道したり後退したりはあるにしても。

長い目で見れば、多少は前進というか成長するものだと思っていたが。
どうも国の内外を見て。
後退することに一生懸命な人が多いような気がする。
そういう人間の集合体たる国もまた。
中国の新体制が明らかになったようだが。
習近平が長期政権を目論んでいる由。
建国の父「毛沢東」と同等の「習近平」思想なるものが目玉とな。
はて、面妖な。
習近平の実績って何?
チベット民族虐殺?
新疆ウィグル自治区への弾圧?
他国領土への侵略?
経済の失敗?
全部ダメじゃん!
凄い国だね。
選挙制度もない!
言論の自由もない!
気に入らない奴は片っ端から潰す!
やっぱりな。
愚民ほど管理し易いものはない…か。
どこまで行っても国力が上昇しないわけだよ。
国民のレベルに似合ったトップだしな。
ま、特亜3国皆同じ。
一緒に地獄への道まっしぐら。
おめでとう。
末永く共生の道を辿って下され。
Photo
迫力あるでしょ?

« 宴の後 | トップページ | 大出血の方がいい! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます

連日のように chinaの報道を目の当たりにして 枝野氏の取り巻きたちは何を思ったのか しりたいものだとおもいましたね

安倍独裁とかとさんざんほざいていた奴ら 独裁がどんなものか 草の根運動のなれの果てがあの習率いるあの国のお題目だったはず

枝野派に身を寄せた議員たち 私たちは彼らのうすっぺらなキャッチコピーを信じれば行く末はあの国のように落ちぶれていくだけだと信じてやみません

巧言 甘美なことばほど中身は腐りきっている 

小池女史の失速は 彼女だけの責任ではないけれど 個人攻撃の選挙運動やお題目が安倍打倒では 国民の多くは追いていくほどの魅力が湧くはずもない

自民党の政治に飽きているのではなくて 利権が偏ってしまっているから と言う発言はうなずけるけれど それらを捨てて小池女史の希望の党へなだれ込むほどの時期ではなかったというのが私などの一般国民

今 近々の課題を速やかに解決していく力は安倍自民党しかないと選択決定した日本国民は近隣国家のご意見など無用の何の参考ご意見にもならないほど成熟していることを示しているように私も式部さんと同じように感じてて 日本国民でよかった、日本に生まれてきてよかったと思うこの頃でした

寒いーー風邪ひかぬように 気をつけてね これからもがんばろーーささやかな細腕でも

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 退化する道:

« 宴の後 | トップページ | 大出血の方がいい! »

最近のトラックバック

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30