無料ブログはココログ

キムリン・ホリスティック・ワールド

  • 金 香百合
    いつも心に太陽を 悲しい時、辛い時、誰かに慰めてほしい時、キムリンはいつもそばにいてくれる。もしかしたら、みんなの守護聖人かも?

cocoa青森

  • COCOA青森
    COCOA青森の会員限定サイトです。あたたかい心と少しの時間を、メンバーと共有して下さる方を募集中です。

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月30日 (土)

どうにも物足りないな

一昨日から急に気温が低くなった。

朝、寒い。
夕方も寒い。
で、家人がエアコンの暖房をつけ始めた。
昨年まで、我が家のエアコンは冷房専用。
暖を取るにはまず反射型ストーブ。
いよいよとなったら煙突付きの大型ストーブという流れ。
が、引っ越し先に冷暖房エアコンがあったからね。
家人は早速飛びついた。
いったいどんなもんじゃ?
ほんわかとしたあったかさ。
でも、マイナスなんて気温になったら、これじゃあなと正直思う。
いつもの大型ストーブで、半袖シャツで…が、やっぱりいいじゃん。
テレビじゃ、ダイキンの寒冷地仕様エアコンが流れてうーむ。
これはこれで興味をそそられないでもない。
あー、悩むわー。
気象庁の長期予報じゃ暖冬だって。
ま、反対だと思えば間違いない。
なら、妥当な線で行こうか。
Photo
秋桜か

2017年9月29日 (金)

俎板の上の?

ただただ己が保身のためだけに。

小池女史の元へひれ伏したバカ野党。
恥も外聞もない。
政治家としての理念も信念もない。
さぁ小池女史。
立場強いよー。
出来て日も浅い政党(?)だってのに。
まだそう名乗るほどの存在じゃあないがね。
若狭サンが顔か。
法曹界じゃそれなりの実績もあろうが。
政治家としては素人。
1年生議員にどれほどの仕事ができるってんだ?
過大評価し過ぎじゃないの?
と、地方のしょぼい一般人は思うのだが。
東京都民は意識が高いんだろうね。
レンホーだのがとんでもない票を得るぐらいだから。
が、今や、小池女史を拝まないといけない。
ミンシン党なんてサンシタ奴。
女史にとってはいいおもちゃ。
前原がいくら縋り付こうが、女史の気分でどうにでもなる。
ほんと無責任な党首。
いいねぇ、鉄面皮は。
それに比べて一般ミンシン党議員。
「踏絵」という試練が待っている。
首尾よく党入りしたとしても冷や飯食いは覚悟せにゃ。
マスゴミと三流週刊誌を味方につけることですな。
それしか生き残る道はない。
Photo
収穫の季節

2017年9月28日 (木)

意味分かんないよ

中身がない政治屋の考えることは意味不明。

ミンシン党の党首になっていったいどのぐらい?
何の成果も上げないうちに、他党に合流だと。
満場一致だと。
はぁ?
あんたたち、プライドってものはないのか?
三流週刊誌の片棒担いで喜んでいる連中だもんな。
マスゴミに乗せられて踊るしか能がないもんな。
似非日本人だもんな。
あぁ、納得。
さぞかし小池女史。
あんた方みたいなバカを、喜んで迎え入れて下さるだろうよ。
良かったね。
寿命が伸びそうで。
なんでも、スッカラカン元首相も小池女史が大好きだそう。
小沢大センセイも彼女に縋りつくらしい。
ほうほう。
負け犬が大勢集まって大声出せば世の中が振り向くと…。
ほんと時代錯誤。
結局は、結党時の民主党へ先祖返りか?
あんたたち。
いったいいくつの政党を渡り歩けば気が済むんだ?
みんな人のせいってか?
やっぱり似非日本人だなぁ。
隣国と言うことがおんなじで反吐が出るわ。
Photo
みんな仲良し

2017年9月27日 (水)

朝からびっくり!

うとうとしていた朝だった。

突然、やたら賑やかな音が響き渡る。
音源は家人のガラケー。
いったい何?
見たら緊急地震速報だと。
慌ててテレビの電源ON。
この時5時20分頃。
揺れに注意を呼び掛けているが、別にそれを感じないんだな。
いったい、いつ来るの?
が、テレビ画面じゃ八戸市震度4だと。
じゃ、もう終わったのね。
あー。
驚いた方々、ごめんなさいよ。
でも我が家。
何にも感じなかったんだ。
そこから寝るというのもなぁ…。
最近、携帯だのスマホの音で朝から緊張することが多くてさ。
そのうちなーんも感じなくなるかも。
それが怖いとは母も思っているが、でも仕方ないよ。
Photo
何の実?

2017年9月26日 (火)

期待してもね

来月は選挙。

マスゴミとグルになってバカ野党が。
言いがかりだけで国会を空転させていたのもついこの間。
あの時は鼻息も荒かったよな。
「今すぐ国民に信を問え」
なんて、偉そうに。
大騒ぎした挙句、ただの一つも証拠らしきものは提出できず。
いい加減、国民が白けたところに、眠りを覚ます蒸気船。
なんちゃって。
そのうち、北朝鮮がヤバい飛翔物を我が国上空に飛ばして。
我が青森県なんぞ、Jアラートが作動するたんび、冷や冷やもん。
はっきり言って、もりだのかけだのなんてどうでもいいんだよ。
バカ野党とマスゴミ、左巻き、似非日本人、ボケ老人だけだろ、騒いでるの。
国の存亡がかかっているこの時期に、何寝ぼけたこと言ってんだ!
バカ野党が、この危機回避できるわけないだろ。
上向いた経済を維持できる能力ないだろ。
まともに考えたらどうなんだ?
ところで前原サンて。
人望ほんとにないんだな。
ミンシン党潰れるぜ。
あ、しゃみん、きょうさん、せいかつのとうだっけ?
みんな一緒に逝ってくれていいからね。
この国には不要です。
Photo
夜の萩

2017年9月25日 (月)

ココログ・ユーザー減ってるね

毎日、ブログ・アップしてるけど。

どんどんユーザーが減っている感じ。
何ですかね?
多様化ですか。
単純に競争が激しいってこと?
うーむ。
理由は一つじゃないのかも。
ある意味、ネット社会が成熟しつつある証拠。
上がれば下がる。
それは当然。
今の時代、選択肢がやたら多いしな。
ネットの世界もおんなじ。
この間、暇つぶしにヴィデオ・ショップに行ったけど。
韓流ドラマの前に人はいなかった。
十年ぐらい前は列をなしていたらしいけど。
流行ってそんなもん。
ちょっとのきっかけでブレークもするが、同じ理由でポシャるんだ。
そう言えば昔、ミクシィというのもかなりインパクトあったが。
今じゃその名前も聞かないなぁ。
ココログもそうなるのかしらん?
Photo
先週のお菓子

2017年9月24日 (日)

危ないね

彼岸だ。

お団子を仏前に供えなきゃ。
と、なれば花だって新しいものを。
ところが引っ越して約ひと月。
以前住んでいた地域なら、どのあたりにどういう店があって、何時開店か知っていたが。
ここじゃあな。
温泉とスーパーしか分かんない。
うーむ。
と、家人。
「近くのスーパー。開店時間が早いんじゃなかったっけ?行ってみようよ」
朝一番の温泉帰り、二人で寄ってみた。
ところが、生花類はないんだわ。
困ったな。
なら別なお店に行くしかない。
当然、開店時間も10時過ぎだろうし。
それまで待つとして、つらつら考えるに。
開店時間が早いってことは、そこで働く人たちの朝はもっと早いわけで。
市場とかなら分かるが、一般の商店とかもっと遅くてもいいだろうに。
営業時間が長過ぎるのも気になるな。
サービスの中身は、もっと改善していいと思う。
今のままじゃ共倒れしかねない。
危ないよ。
Photo
散歩中に見かけた花

2017年9月23日 (土)

覚悟を決めて

昨夜は友人たちと某居酒屋で会合。

最初は静かな店内も。
だんだん、客が入り、お酒も入り、そうなると賑やかだよ。
まぁ週末。
1週間頑張ったんだもの(?)
多少羽目を外すぐらいいいじゃん!
笑い声も笑顔も嬉しいわ。
これに美味しい料理と楽しい会話。
最強の組み合わせってもんよ。
あぁでもないこうでもないとお喋りは弾み。
時は過ぎて行くけど。
いつか話題がJアラートに移って。
「あれに慣れるの怖い」
「でもそのうちなんてことなくなりそう」
うーむ。
その通り。
と、Sさん。
「もし我が国に被弾して大災害が起きて、自分だけが生き残るって嫌」
はぁ。
母も同感。
こんなに素直なのは多分年のせい。
もし、若ければそんな非常事態でも、生きたいと思う気持が勝つのではないか。
妙に諦めが早いよね。
高齢化が進んでいる我が国。
Jアラートが鳴り響くたんび。
警戒地域の高齢者は恐らく母たちと同じ思い。
心のどこかで覚悟している。
でも…でも…。
そんなことがあったら…。
生きていたら、母はあの国に必ず報復してやる。
許すもんか!
Photo
秋の実

2017年9月22日 (金)

え?また

昼前だったな。

スマホからまたまた綺麗な音。
慌ててみたら土砂災害情報と避難情報…。
が、待てよ。
今日はピーカン。
ここしばらく大した量の雨は降っていない。
よくよく見たら練習というかお試しというかのメッセージ。
うーむ。
ついまた北から怪しげなものが飛んだかと誤解するじゃん。
でもNHK他無反応だしな。
早く言えば「空襲警報」の現代版。
練習だから、今日みたいな好天を狙ったんだろうけど。
そりゃな。
大雨の日じゃ誤解するに決まってる。
ま、備えあれば憂いなし。
いざという時の心の準備。
隣国のお陰で、いろいろ勉強させていただいております。
有難いことで(棒)
Photo
秋色の庭

2017年9月21日 (木)

心に響くなぁ

国連でのトランプ大統領の演説。

数分間、我が国の拉致被害者について触れた。
決しておざなりではなく、母の心に響くものだった。
現職の米大統領がここまで、この場で言ってくれたのかと思わずジーン。
色々、問題発言は多いがいい人じゃん。
それだけで国のトップは務まらないというのは承知の上。
どこぞのトップのように、上から目線で物乞いするのとはレベルが違う。
そして我が安倍首相。
経済は上向き。
株価は2万円を突破。
有効求人数もうなぎ上り。
就職氷河期がいったい何年続いた?
人手不足なんて嬉しい悲鳴じゃないかよ。
これでも政府は何も仕事していないとか。
もり・かけ隠しの選挙だとか。
まぁ、よく言うよな。
アホな民主党政権時がバラ色だったってか?
まぁ、いい。
こんなバカに何を言ったところで。
所詮左巻きか、似非日本人。
安倍さんの国連での演説16分。
さっきBSフジでノーカットで聞いたが。
順を追って分かり易く、我が国がどう動いて、それに対して北がどう行動したか。
詳細な説明と考察。
そこから導かれた展望。
安倍さんて凄いわ。
ただ者じゃない。
特亜三国が嫌うのよく分かる。
あのバカ国共が、否、我が国内の反安倍勢力がね。
安倍さんで間違いないって証拠。
Photo
雑草ではないのよ

2017年9月20日 (水)

それも困るわ

今夜は会議が6時から。

引っ越したせいで、会議場まで遠くなっちまった。
一旦帰宅して、また出かけるというのもありだが。
生憎、今日の天気予報じゃ確率80%。
晴れならまだしも…。
で、職場で2時過ぎまで時間を潰し。
以前通っていた本屋へ直行。
いつもは短い時間内に、数冊物色するのだが。
今日は時間があり余るほど。
隅から隅まで時間をかけてじっくりと。
ところがね。
先月まで通い詰めていたお店。
そうそう品揃えが変わらないんだな。
それに、後の会議、天気を考えると大きな本やかさばるものはダメ。
うーむ。
立ちっ放しも疲れるしな。
1時間半もあれば十分。
でも、まだ時間がある。
で、今度はビデオコーナーを見て回る。
売りに出ているものでこれはと思うものは…。
これがあったんだけどね。
でも買うと荷物が増えるし…。
せっかく引っ越しですっきりしたところにまた増やすか…。
我ながら、今日はブレーキがかかりまくったわ。
で、6時少し前。
ようやく会議開始。
結論。
少ない時間と金をやりくりするところに意味があったんだ。
納得。
Photo
雨が来る前

2017年9月19日 (火)

あんな国と付き合うの?

大朝鮮の話だよ。

ここ数年、やたら日本人が逮捕されるニュースを聞く。
そしてな長期間拘束され、裁判を受けるとな。
言っちゃなんだが、大朝鮮なんて法治国家とは程遠かろう。
北の拉致と大した違いはないんじゃないの。
つまり日本人を人質にとって、交渉の駒にしようってことだろ?
中国に純粋な意味でスパイ行為をしに行こうなんて邦人がそんなに多いかね?
全然ないとは言わないが、あっても大した数じゃなかろう。
逆に、我が国に住み着いて、我が国の血税で喝采しているバカをネットで見るけどね。
全く呆れ果てた乞食根性。
さもしい。
卑しい。
人間の屑。
御大層なお国で、こんな国民。
日本人なら恥ずかしくて表に出られない。
この辺の面の皮の厚さ。
さすが特亜三国。
でさ。
どれだけ人口が多かろうが、まともに産業も発展させる能力がない国に。
何で我が国の企業が、ほいほい人材を派遣させる?
やめろよ。
もっとまともな国が他にあるだろうに。
ついでに、これ以上。
特亜三国のバカ共の、我が国居住を許すなよ。
これを推進させるためだけにでも、母は安倍さんを支持する。
売国奴議員何ぞに、票を投じてなるものか!
Photo
奥の細道

2017年9月18日 (月)

それでも少し

台風は午前中に当地に最接近したんだが。

時折の強風と強い雨があったものの。
まぁ、各地の被害の様子を見ると、無事と言っていい。
水害か…。
いろんな災害はあるけど。
水害ってのは復旧に時間がかかる。
母は、床下浸水を1度経験した。
職場からの帰り道は、腰まで水浸し。
その頃は下水道の整備も今のようじゃなかったから。
不衛生そのものだった。
近くの商店街も軒並み被災して。
食料の調達に難儀。
救いは断水しなかったことで。
そう、あったかい季節だったのも幸いしたな。
被災しなかった友人たちに、どれだけ世話になったことか。
あぁやれやれ。
と、ほっとしていたら、近所の林檎農家にいくらか被害が出ていたらしい。
うーむ。
風の通り道になったんだね。
気の毒になぁ。
と、言ったら家人
「全部が落ちたんじゃないから、まだいいじゃん」
あんたはほんとに楽天的。
羨ましいわ。
Photo
秋の庭

2017年9月17日 (日)

やっぱり来るかな

嵐の前の静かさか。

今日は至って穏やかな一日だった。
が、台風の襲来が予想されているとなると、のんびりしてもおれん。
農家の方。
特に林檎農家の皆さん方は気が気じゃなかろう。
ここ数日、事故が発生しているらしい。
今が収穫時の林檎。
台風でやられたら困るというので、急いで作業していてのこと。
気の毒だなぁ。
せっかくの努力の結果が水の泡になりかねぬ。
落果はもちろん、枝葉で擦れるのも商品価値がなくなるし。
何もこの心配は当地だけじゃない。
たった今も、暴風雨に見舞われている地域がある。
せめて被害が少なくと願うだけだ。
どうかご無事で…。
Photo
そろそろ始まる?

2017年9月16日 (土)

台風の備え?

バカ国の飛翔物発射のニュースも頭に来るが。

今度は台風の襲来かも。
人の話じゃ、りんごがぼたぼた落っこちたあの台風と進路が同じ。
あれは息子が小学校2年生の時だった。
結局当地は数日間、停電状態が続いて。
学校も開店休業状態。
夕方はさっさとみんな家に入る。
何事も日が暮れないうちに…。
停電している町の中は、そりゃもう静かで。
数日経つと慣れるんだ、これが。
でも、そんな幸運な家だけではない。
街中を歩いてみると、ブルーシートで覆われた屋根が目につく。
衛星放送のお皿がぶっ飛び。
プレハブの小屋が不自然な傾き。
倒れた樹木も多かった。
あの時の体験を思い出すと…。
あぁいけない。
必ずそうなると決まっちゃいない。
ミサイルとおんなじ。
ジタバタしてどうなる?
非常用食品はばっちりだよ。
水もある。
反射型ストーブもあるし。
なら、何とか凌げそう。
Photo
寿命長いよね

2017年9月15日 (金)

母はレイシスト

今朝もまた、早々にスマホから鳴り響く警戒音。

即座にテレビ画面もヘンシーン!
内容は先日とおんなじ。
またか、あのバカ国。
ほんとに、できることなら母が爆弾打ち込みたいよ。
あんな貧乏国。
住んでいる奴はヒトモドキ。
もともと母、外国人嫌いだが。
別に迷惑を蒙らなきゃ目くじらは立てない。
旅行に来て金を落としてくれる分にはね。
が、俗に特亜三国と言われるところは別だ。
正直、来なくていいよ。
バスの案内等になんでハングルなんだ?
見苦しい漢字なんだ?
バスの乗り方も知らないのか?
降りる人を待つことがなぜできない?
いきなり自国から、こんな田舎に飛んでくるわけないだろ?
途中で公共機関利用してないの?
と、このお方たちを見かけるたびに首を傾げる。
「迷惑」って概念ないのかね。
人様のテリトリーにズカズカ土足で入り込む。
ま、神経というものはなさそうだ。
Photo
もう少し待って

2017年9月14日 (木)

母の気分と秋の空

あれは先週の月曜日だった。

雨の確率0%。
母、喜んで盛大に外干し。
ルンルン気分で出勤したが。
そのうち空が暗くなり、嫌ーな風も吹いてきた。
さすがにこれってヤバいかも…。
思ったところで仕事中だもん。
どうすることもできないわ。
そのうち雨が降り出した。
これが一時的とはいえ、豪雨で。
時々止んだりはするが、雷を伴うと俄然態度がデカくなる。
結局昼近くまで降り続いた。
ここまで来ると笑うしかないな。
午後、勤務を終えて帰宅する。
空は真っ青。
涼しい風。
昼までの雨で綺麗に洗われた街並み。
あぁ洗濯物のことがなきゃハッピーなのにな。
我が家に着いたらまずは物干し竿を見ないと。
これがね。
まぁふわふわの出来上がり(?)
騙されたみたい。
天然コインランドリーかよ。
まぁ、終わり良ければすべて良し。
コロコロ変わる天気。
秋だなぁ。
母の気分もまた同じ…か。
Photo
近過ぎるとアートとは思えない

2017年9月13日 (水)

偶然も嬉しいわ

20年以上もほぼ毎日通い続けた某温泉。

オーナー夫人には、近いうちに引っ越すことは告げた。
これから行けるのは多分、休日の朝だけ。
チケットはいっぱいあるけどな。
家人
「何も急いで使い切ることないよ。各温泉の特徴を掴むのが先」
仰せごもっとも。
残りのチケットを無理矢理よそ様に託すのもなぁ?
日が暮れるのも早くなるし。
でもまぁ日中に時間が空くこともあろう。
そうかい。
良く分かった。
と、今日。
出かけた先の温泉で。
以前の温泉で親しかった人にバッタリ。
「まぁ久しぶり!」
絵が得意な彼女は多忙だと決めつけていた。
そしたら相方
「あなたの方がはるかに忙しそうじゃないの?」
うーむ。
そうかもしれぬ。
ここで会ったのが運の尽き。
ほほほ。
世の習いに従おうじゃないのさ。
まずは名刺交換(?)
と、言えば聞こえはいいが。
フロントのおばちゃんに頼み込んで入手したペンと紙。
再会を約して今日はさよなら。
何だか楽しいな。
Photo
撮影スポットを見上げて

2017年9月12日 (火)

この人、頭大丈夫?

何なんだろうね。

もともとまともと思っちゃいないが。
こうもあちこちでふうりん(?)の音。
今に始まったことじゃないし。
人間長くやってりゃ、危ないことも大いにあるだろうよ。
が、独り者ならまだしも。
所帯持ちじゃ、当然、世間からのバッシングは相当なもの。
この時期にバレた皆さん方。
覚悟していなかったわけ?
本人はいいよ。
自業自得なんだから。
でも家族はどうなんだ!
年端も行かない子供はどうなんだ?
昨日、斉藤由貴が不倫を認める発言をしたそうな。
何と3人の子持ち。
マスコミに騒がれた時、否定したのは子供の気持ちを思ってだと。
ふーん。
そこまで思いやれたら不倫なんかするかよ?
今更純情ぶるんじゃない!
確か、モルモン教徒だったよな。
一夫多妻を公認しているんだっけ?
はぁ。
「亭主に洗いざらい告白して、これから一緒に頑張る」
バカか?
あんたはいい。
亭主は、本気でそう考えてるってか?
物分かりのいい旦那で良かったね。
あたしゃ嫌いだ!
この夫婦。
Photo
小石のアート 石原裕次郎

2017年9月11日 (月)

観光客だらけ

さて、隣町田舎館村の田んぼアートだが。

当初はほとんど住民にも関心が薄かった。
出来上がったものも、可愛らしいというか拙いというかまぁそれなりのでき。
詳細は、田舎館村「田んぼアート」で検索してね。
それがあなた…。
あれよあれよという間に腕を上げ、今じゃほー!
観光客が引きも切らず。
なぜか中国のネットで人気なんだなぁ。
母が行ったのは先週の土曜日。
割に空いていたけど、飛び交う言葉は当地のアクセントじゃない。
駐車場の車も他県ナンバーがやたら多い。
第2会場は道の駅に隣接しているせいか更に多い。
ここはね。
石のアートが2つ。
石原裕次郎とダイアナ妃。
メインが桃太郎で。
第1会場のスサノオとヤマタノオロチよりも分かり易い図柄。
ほんと大したもんだよなー。
田舎館村見直したぜ!
不満はただ一つ。
母、高所恐怖症で、どちらの会場も足がすくむ。
怖い!
写真の構図だの考える余裕なし。
ごめんなさい。
Photo
田んぼアート「桃太郎」

2017年9月10日 (日)

あんまり差はないんだ

グラチャン・バレーを毎日見ているんだが。

あんまりチームに実力差は感じられないな。
どの国が勝っても負けても納得するわ。
家人は、日本チームの体格が他国に劣るのが敗因というけど。
でかけりゃいいのか?
その分、小回りが利くじゃんか。
なんて、運動音痴の母が言っても説得力ないな。
ところで。
この番組って、長い間TBSで放送してなかったっけ?
やたらジャニーズの若手がゾロゾロ出ていたような気がするが。
応援もウザかったしな。
今年は日本テレビで。
顔の売れた芸能人も出てはいるが、控えめでよろしい。
解説もあの川合サンじゃなくていい。
あのお方の口の利き方、嫌いだ。
でも初戦で、出ていたような…。
男子バレーが始まったら出て来るのかもな。
ま、真剣に見なきゃ済む。
なるべくストレスは避けようね。
Photo
今年の小石アート

2017年9月 9日 (土)

秋田沖が…

昨夜、我が家がぐらっと…。

母、この頃疲れがたまっていてうとうとしていたが。
何だか、心地良い揺れの感じ。
あぁ幸せ。
が、残念ながら、夢の国の入り口あたりだな。
そこでゆらゆらはちとヤバい。
もう少し眠りが深ければなぁ…。
と、言ったって…。
後の祭りというものよ。
昨日だったか、メキシコでとんでもない大きな地震が報告されたばかり。
今度は秋田沖。
うーむ。
地震情報も有難いけどさ。
震度3以下じゃ、正直白けるわ。
ところがね。
これが続いているってのが不気味。
今朝のNHK見てたら。
またまた秋田沖の地震のテロップ。
昨夜だけじゃなかったんだ。
一説には、東日本大震災の影響とか。
とにかく大事に至らないでよ。
ちょっとだけなら目を瞑る、うん。
Photo
今年の田んぼアート 右スサノオ 左ヤマタノオロチ

2017年9月 8日 (金)

また明日かよ

バカな隣国。

近隣諸国と控えめに言っておくが。
自国以外は早い話、みんな敵扱い。
やれ、何とか記念日だのとアピールするのに余念がないが。
所詮は後進国。
物騒な飛び道具で頑張るしかない。
まぁお気の毒。
それだけ軍備に投資する前に、自国民に飯を食わせろよ。
デブは黒電話だけじゃないか。
他の幹部は悲しいほどにやせ細っていて、これぞ格差を実感。
ところであのダサい人民服。
どうにかならんのか。
一昔前の中国もそうだった。
見てくれは似ているのに、我が国の学生服はぐっとおしゃれだよ。
その違いはどこに?
って、脱線しちまった。
どうせ、見せびらかすしか存在感を示せないんだし。
明日じゃなくともバンバンやるよな。
ま、飛んで実害があったら、我が国の平和主義者を標榜するバカ共がどう動くか。
これぞ「踏絵」
やったら最後。
母は、9条改正。
軍備拡張にもろ手を挙げて賛成する。
売国奴共に、我が国を蹂躙させてなるものか。
Photo
繊細な美

2017年9月 7日 (木)

因果応報

ミンシン党の山尾サン。

あんた、どこまで恥知らず。
似非日本人だものな。
さんざん、人様のことはあげつらって偉そうなご発言の連発。
これが見事にブーメラン。
ミンシン党の皆さん方の得意技。
バレた内容が凄まじい。
ダブル不倫ね。
それ以外も色々あるとの報道。
ふーん。
今まで自民党だけをターゲットにしていたマスゴミ各社。
さすがにこれだけの薄汚い件は無視できなかったか。
世事に疎い(?)我が亭主。
「凄いね。山尾サン。NHKのニュースでも取り上げていたよ」
と、帰宅後早速の報告。
自民党議員のことは、大したことでなくとも大騒ぎ。
なら、自分がしでかしたことはどう落とし前つけるんだ?
バカ揃いのミンシン党でも、さすがに首を取らなきゃな。
これが大甘処分で終わるなら、党の寿命もそれまでと心得よ。
ざまぁみろ!
Photo
百花繚乱

2017年9月 6日 (水)

何で消える?

この頃ヤバいの、母の頭。

物忘れが一段と酷い。
ボケるんじゃなかろうか?
根が短気、小心者。
うーむ。
周囲に迷惑がかからなきゃいいが。
昨夜は家人と出掛けた近くのスーパーで、ポイント・カードの行方がさっぱり。
今日は今日で、職場で昼食の準備中、人参が行方不明。
何で?
人参が1人旅に出るってか?
同僚オーラも一緒に探すが、これが見つからない。
佐藤愛子のエッセーに、北海道の自宅でしょっちゅう物がなくなるというのがあって。
オーラと二人、
「多分、愛子ちゃんと同じ物の怪のいたずら」
なんて笑ってた。
別な人参で料理していたら、3歳児のA君。
テーブルの下で何やら…。
おう、人参がそこに。
ってことはテーブルから落っこちたのね。
でも、そんな音は聞いていない。
うーん。
オーラ
「やっぱり物の怪のせいよ」
これから物の怪の出番、増えるな、きっと。
Photo
この花は何だっけ?

2017年9月 5日 (火)

バス通勤もまた楽し

バスの利用って…。

あんまり好きじゃなかったんだな。
と、言うのも根が短気だからで。
まっすぐ行けばなんてことのない道を、あっちへ行ったりこっちに来たり。
歩くのならいいよ。
道草は大好きだ。
が、乗り物、それも公共となれば話は別。
ン十年もほとんど利用したことはない。
なのに…。
引っ越し先から、職場までの距離は長い!
出勤時はいいよ。
家人の職場へ行く途中で落っことして貰うから。
でも帰りは。
駅まで歩いて、そこからバスに乗ることになったのだ。
10分毎に出発する100円バス。
引っ越し先にほど近い停留所までのバス。
短気な母には100円バスの方がしっくり。
市役所で降り、毎日大好きな弘前公園のお濠端を散策。
岩木山も間近に見えるしな。
が、家人は反対で。
「腰だ膝だと痛みを訴えるのなら、なるべく歩く時間は減らすのがいい」
と、譲らない。
うーむ。
ここは素直に従ってだな。
でも…。
好きなことは止められない。
どうしようもないほどの痛みが出たら、その時対処するわ。
これ、内緒(?)
Photo
より鮮やかな色合い

2017年9月 4日 (月)

そりゃ困るよね

おバカ、北朝鮮が次から次へとやりたい放題。

ま、どこまでやれるものか見ものだが。
「対話」でどうとかって、通用する相手じゃなかろう。
いい加減綺麗ごとで逃げるのは止めよう。
みんな、分かってるのにさ。
朝鮮だよ。
ついこの間まで、うんこ食ってた未開民族だぜ。
元がアホなのに、一挙に進化するなんて誰が信じる。
「猿の惑星」の猿の方が、はるかに洗練されていると思うね。
こんな国のために、国連はしょっちゅう招集をかけられる。
ま、いいか。
朝鮮人が入り込んでろくでもない活動に熱心らしいし。
同じ民族だもん。
少しは便宜を図ってやらにゃ。
他国の人間は、こんな劣等民族に興味なんかないんだしな。
制裁に中国とロシアが消極的だってのはつまり。
朝鮮と国境を接しているから、有事の際、朝鮮人が流れ込んだら困るってこと。
いかに朝鮮人が嫌われてるか分かるなー。
半島からどこへも出るんじゃない。
あ、日本にも来ないで。
敵国なんだからさ。
で、在日。
いつまで居座る気?
早く帰って、お国のために尽くせよ。
愛国心あるんだろ?
Photo
秋の桜だよ

2017年9月 3日 (日)

人材不足?

ミンシン党の人事案。

ありゃなんだ?
幹事長山尾…。
絶句…。
「日本死ね」がこのポストって…。
その他もまぁ逆の意味で凄いわ。
枝野、松野、長妻…。
はぁー。
前原サンよ。
何でこんな顔ぶれなのさ?
人材不足にもほどがある。
こんな連中しか抜擢できないあんたって…。
何が二大政党を目指すだよ。
もう見限った。
いや、とっくにその段階は過ぎていた。
こんなんじゃ、いっそのこと解党した方がよっぽど期待が持てる。
今日は北のバカボンが核実験もやってくれたし。
お陰で、我が国はますます普通の国へと突き進める。
ミンシン党なんて泡沫は消えるのみ。
何の役にも立ちゃしない。
それにしても草葉の陰で、松下幸之助はほぞを噛んでいることだろうな。
Photo
あぁ儚い

2017年9月 2日 (土)

通りゃんせ

夕方、家人がちょっと遠出してみるかと。

目的地が温泉なら別にいいよと母。
温泉グッズ一式を持って、いざ出発。
予定では20分ぐらい走れば着くはず。
夕焼け空をバックに岩木山が美しい。
広大なりんご園の中、ルンルン気分で。
ところが…。
行けども行けども、目的の温泉らしきものは見当たらず。
母、もとよりその辺の地理、不案内。
この年まで、一度も足を延ばしたことがない。
「その辺にあるんだ」
と、確信的に言われりゃ信じるわさ。
が、どこまで行ってもないものはない。
日はすっかり暮れて、人気のない果樹園は怖いよ。
時期が時期なら、あらぬ疑いをかけられかねぬ。
「李下に冠を正さず」
そうだよ。
いけません。
温泉行をあきらめて家路を急ぐ。
約小一時間、還暦を過ぎた白髪のジジババコンビ。
ドライブなんだと思いたい。
でも…。
ム…リ…?
Photo
そろそろお疲れ

2017年9月 1日 (金)

期待ねぇ

おバカ揃いのミンシン党の中じゃ好きな方だよ。

前原サンは。
いい男だしな。
どちらかというと右寄りだし。
でもあの党だぜ。  
代表にこの人がなったところで、もうどうにもならない状況じゃないのか?
もともと寄せ集め議員の集合体。 
出たり入ったりの議員も多ければ、似非日本人も多い。
理念や政策がしっかりしていればまだしも。
そんじょそこらのおばちゃんたちよりも次元が低い。
と、言っちゃおばちゃんたちに失礼だな。
ご免なさいよ。
よりにもよって共産党などという訳の分らん党と選挙協力。
この時点で少しは残っていた信頼が地に堕ちた。
さ、このどん底からどうやって這い上がる?
一般国民の不信感が、そんなに簡単に回復するはずはない。
Photo   
今一番元気です

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

最近のトラックバック

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30