無料ブログはココログ

キムリン・ホリスティック・ワールド

  • 金 香百合
    いつも心に太陽を 悲しい時、辛い時、誰かに慰めてほしい時、キムリンはいつもそばにいてくれる。もしかしたら、みんなの守護聖人かも?

cocoa青森

  • COCOA青森
    COCOA青森の会員限定サイトです。あたたかい心と少しの時間を、メンバーと共有して下さる方を募集中です。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

継続は…

しかし、このブログ。

よくも毎日、続けられたもんだ。
自分でも感心する。
毎日、ネタ探しに苦労しているかと聞かれれば、そうでもないと答えるしかない。
根が野次馬。
よく言えば好奇心が旺盛。
ものの考え方はひねくれてる方かもな。
先日の、死んだ魚を埋め込んだスケートリンクの話題も。
最初ニュースで観た時は、
「残酷」だの「悪趣味」だののたまう方々に?
この人たちって肉食わないのか、刺身も寿司も食わないのかと。
そう思わなきゃ理解できんよ。
ネットでたまに外国人の菜食主義者。
ヴィーガンだとか言うらしいが。
日本で食べられるものはあるのかなんぞとバカな質問。
あのさ。
あれもダメこれもダメなら、自分の国、自分の家に引っ込んでろよ!
自分のテリトリーを出て来るのなら、おとなしくしてられないのかね?
あんたの主義主張何ぞどうでもいい。
はっきり言うが「わがまま」だ。
いい大人のすることか。
「郷に入っては郷に入る」
当然のマナー。
Photo
鳥インフル発生中

2016年11月29日 (火)

何だか大変な日だった?

仕事を終えて、外は雪。

おまけに寒いしな。
足元が危ないこんな日はうちでいい子。
ストーブの前でうたた寝を決め込む。
うつらうつらしているうちに、耳に入るはミヤネ屋。
お隣の無法国家がどうしたとか。
アスカがまたやっちまったとか。
ブラジルのサッカー選手が乗った飛行機が墜落したとか。
岩手県沖で地震があったとか。
なんでこんなにニュースがあるの?
と、これらを断片的に聞きながら、半分夢の中。
この暗さと暖かさ、加えて風の音。
心地いいのよね。
そのうちピンポーンと来客。
微妙な時間だが、今日はまぁすんなり目が醒めた。
正気になって夕方のニュースを見たが。
隣国の大統領。
今度は一種の開き直りだと。
任期終了前には辞職するが、その決定は議会任せとな。
全くどうしようもない国だね。
法律なんて無きが如し。
国民の気分次第でどうにでもなるって…。
バカにもほどがある。
半島で勝手にやっとれ!
Photo
夢の中の風景

2016年11月28日 (月)

しばらくご無沙汰

真っ暗な空。

時折粉雪が舞う夕方。
母は、カメラのKへ向かったのだった。
土曜日の炉開きでのスナップ写真を現像するために。
応対してくれた女の子。
胸に若葉マーク。
初めて見る顔だわね。
これをニュー・フェイスと言うんだ。
小柄で色白の可愛い子。
でも表情は硬く、声も震え、ついでに手も震えが見える。
母ぐらいの年なら病気を疑うところだが。
別に母の注文は難しくもなんともない。
ごく普通の応対でいいんだよ。
待ち時間は5~6分。
隣のお店でちょっと買い物。
それを済ませて写真を取りに戻ったら。
カウンターに誰かのキー・ホルダー。
自分の写真を受け取りながら、件のお姉ちゃんにその旨を。
お姉ちゃん震える手で受け取り、小さい声で
「ありがとうございます」って。
思わず母
「緊張しなくていいんだよ。じき仕事に慣れるから」
可愛いお姉ちゃん、はにかみながらにっこり。
こんなに純情な時代もあったなぁなんて、つい感慨に耽っちまったわ。
Photo
可愛いの好き

2016年11月27日 (日)

ささやかな幸せ

体力の衰え、しみじみ感じるわ。

昨夜は早めに寝ちまった。
目がしょぼしょぼでどうにもなりはせん。
気力だけじゃあな。
この差は埋められない。
昨夜のフィギュアも、羽生結弦を応援したい気持ちはやまやま。
でも睡魔にゃ負けそう。
いや、結局負けたんだ。
起きてテレビを観ていたはずが、ところどころ記憶が飛んでいる。
ところがね…。
早く寝ると早く目覚めるんだな。
この季節。
なかなか夜が明けない。
おまけに寒い。
ストーブのタイマーが作動する前に起きてもなぁ。
布団の中で寝返りばかり。
うつらうつらしているうちに目覚ましがけたたましい音。
さっさと起き出し、家人といつもの温泉へ。
ここでばっちり目が覚める。
あぁ幸せ。
じゃ、我が家で朝風呂でもいいんじゃない?
んにゃ、我が家は準備、後始末が母の担当。
ゆっくりできないの。
Photo
茶室の風景

2016年11月26日 (土)

嬉しいんだか悲しいんだか

今日、母は社中の「炉開き」で朝から忙しい。

9時までに師匠宅へ行かなくちゃ。
そこから雑用をこなし、着物に着替え、お茶事本番。
懐石料理の準備。
食事。
その後濃茶、薄茶の点前が続く。
終了したのは午後4時をとっくに過ぎていた。
そこから後片付け。
また着替え。
あぁやれやれ、ひと仕事終了。
が、家人の目はどうなった?
迎えに来た家人に
「どうなの?やばいの?」
家人。
「いろいろ検査されたけど、飛蚊症だってさ。単に加齢が原因らしいよ」
はぁ?
なんだか拍子抜け。
ま、大事じゃないことは分かったからいいんだけど。
いつもに似ずおとなしい母に家人
「視力から何からほんとにいい目ですねって、ドクター言ってたよ」
そうかい。
医者嫌いのあんたが出かけたことはほんとに偉い。
検査結果が良いのも嬉しい。
でも正直、今日一日、母は疲れたのよ。
Photo
今日のお膳

2016年11月25日 (金)

お互いに

還暦過ぎた我が夫婦。

体のあちこちに不調が出て。
相手のことは
「早いとこ、病院へ行っといで」
というくせに。
自分のことはすっかり後回し。
これが思いやりじゃないのは明白で。
が、先日から母。
飛蚊症というものかしらん?
何だか目の前に細かいごみのようなものが見える。
うーむ。
もしかして何かの病気?
それとも加齢によるもの?
まぁ、本を読んだりパソコン見たりするのには、今のところ支障がない。
そのうちに病院へ行こうかな。
と、家人。
「何だか右目の一部に黒い点が出て消えないんだ」
と言い出した。
きっかけは、仕事で木くずが出る作業に従事したからとは本人の弁。
いつもは母の言葉を無視の奴。
なのに明日、病院へ行くと言い出した。
ヤバいかも。
母、内心冷汗たらり。
でも、猫なで声で
「A先生は、若くてスリムな美人だよ。名医だということだし、心配しないで」
なんちゃって。
もしかして明日の当ブログ。
母、がっくり来ているかも。
Photo
冬だもの

2016年11月24日 (木)

こっちよりも

朝起きて、新聞取りに出たら、積雪量大したことなかったんだわ。
夜中降らなかったんだね。
そりゃ確かにガンガン寒いけど。
で、テレビつけて驚いた。
関東地方凄いんじゃね?
朝からあの降り方、ヤバいよ。
雪国のこっち、積雪たった5㎝だっつーのに。
普段雪が降らない地域の皆さん方。
タイヤ交換に行列って。
それも半日以上の時間待ち。
うーむ。
大体、販売店に冬用の在庫品、そんなにないだろ?
こっちじゃ、今頃になるとスタッドレス・タイヤしか店頭にはないが。
と、職場に出かけ、さっと雪かき。
帰宅後、夕方のニュースを見たら。
怪我人が40名以上とな。
箱根とか甲府とか雪の量が半端ない。
北国よりも辛いんじゃないの?
雪が消えるまで、難儀するね。
まぁ、仕方ないけど。
Photo
雪と柿 数年前ですが

2016年11月23日 (水)

雪だよ

昨夜から雪。

今朝の積雪は大したことがなかったが。
昼頃からまた雪が降り始め。
夕方、買い物に出たあたりはすっかり真冬の景色。
明日の朝は何とマイナス5度の予想。
ってことは、多分、雪かきで難儀するってことね。
うーむ。
見ている分は綺麗だけど。
今からこれだけの雪って…。
でも明日の午後からは、天候も気温も落ち着くようだ。
やれやれ。
あんまり早く冬に居座ってもらいたくない。
あとせめて3週間ぐらいは待って頂戴。
あくまで母の都合ですが。
Photo
昨日のお店

2016年11月22日 (火)

あの大きさで

朝からテレビは、福島沖の地震と津波情報でてんてこ舞い。

ほぼ午前中いっぱい、その関連のニュースだけ。
当地は全く揺れもせず。
津波が心配される地域ではないけど。
それでも、やはり5年前の衝撃映像は頭に浮かぶ。
が、あの大きさでこの程度の被害って…。
怪我をした人はいた。
被害を受けた船もいた。
被害を受けた産業もあった。
が、あれだけの揺れと津波の襲来にしては…。
思わず手を合わせた。
ひとまず良かったと。
今年の漢字。
「揺」かな?
母的には。
大きな地震が多かったという実感。
Photo
今日のランチ

2016年11月21日 (月)

また冬が来る

予報じゃ、明日から数日雪マーク。

グッと低温らしいし、そうなると冬装備しないとな。
明日は友人たちと某所でランチの予定。
なのに昼過ぎから悪天候を覚悟せにゃ。
うーむ。
明後日は休みだからま、いいか。
最低気温が0度前後となると、湯たんぽのお出ましだ。
これはいいよ。
なんでもっと普及しないかな。
ほんわかしたあったかさが朝まで続く。
たまに蹴飛ばして、夜中、寝ぼけまなこで探し回る。
あんたがいないとダメなのよ。
なんちゃって。
家人は、トイレのセラミック暖房機が必需品。
憩いの時間は快適に過ごしたいんだと。
ついでと言っては何だが。
こたつも出したいんだけどね…。
あれは一種の麻薬(?)
入ったら最後出られない。
部屋も狭くなるしな。
あの中で寝っ転がってうたた寝なんて…。
あぁ至福の時間なんだけど。
今からそれじゃ先が思いやられる。
いけません。
Photo
今年も見納め

2016年11月20日 (日)

ふーフー

毎年のことだけどさ。

この時期になるとしみじみ。
「雪国って、ほんと物入り」
ってことを実感するわ。
まず燃料費が半端ない。
タイヤの消耗度はもちろんだし。
冬靴なんて1種類じゃ無理。
そうだ!
雪かきグッズも買い替えなきゃ。
去年うっかりしているうちに、落ちた屋根雪で物干し竿がぐにゃり。
ついでに物干し台も足元がグラグラ。
春先に買い替えたばかり。
同じことは繰り返すまい。
早いとこ、車庫の奥にしまわないと。
後は何だ?
我が家はたった3人家族。
それでも冬用の衣料や靴なんぞ揃えたら、結構な金が飛ぶ。
ま、地域経済に貢献はするな。
GDPにも…と、話がどんどん大きくなる。
あぁ、情けない。
日頃、みみっちい生活してるのがバレバレ。
北国に生まれて住み続けた者の宿命と諦めなきゃね。
Photo
主は不在につき 弘前城天守閣

2016年11月19日 (土)

メリハリだ

朝起きた時から夜布団に入るまで、ほぼ毎日同じ動き。

平日はずっと。
土曜日はお茶の稽古に出かけ。
日曜日はのんべんだらり。
若い時はいくらなんでも、もう少しは行動的だった。
それがねぇ。
毎日、あまり忙しいと頭が混乱してくる。
体力がついて行かない。
あれもこれもしたい。
あれもこれもできるはず。
考えるだけならね。
理想と現実のギャップは、年を重ねるごとに広がる一方。
さて今日も。
師匠宅でお喋りに花が咲く。
いずれも見た目の差はあるものの、婆ぁというカテゴリー。
来週は「炉開き」。
そのための準備が今日。
当日の着物で盛り上がる。
一応、みんなの着物の色は?
着物の格は?
コーディネートはどうしよう?
師匠
「あんたたち。いつまでも生きていられないんだよ。派手めな着物にしておいで」
実際。
暗い茶室じゃ、明るい色合いの華やかなものが映える。
うーむ。
箪笥の奥の赤いやつにしようかな。
ちょっと大胆なような気もするが。
Photo
時の経つまま

2016年11月18日 (金)

変なの!

このところ何年間もずーっと変な隣国。

んにゃ何十年かもな。
ただの隣国で終わっていたはずが。
我が国のありとあらゆる援助で、と、この際はっきり言っておく。
急激に経済的に潤った途端、俄然偉そうな振る舞いに及んで。
いつまで経っても大国になれぬ中国なんぞと肩を並べ。
いずれ劣らぬ反日教育にうつつを抜かした。
その結果が今やブーメラン。
ざまぁみろ!
それはまぁ置いといて。
この先なんぞ知れたこと。
どうでもいいよ。
国民が選んで、その国民の思いのままに行動していたクネ様。
そのお方への退陣要求デモがネットを賑わしている。
あんたら、恥ずかしくないの?
いやしくも民主的(一応)な選挙で、自分たちが選んだんだよ。
天から降って来たんじゃない。
チェ某なる女が、クネとつるもうがつるまいがチェ某を責めるのは分かる。
もう少しは国のトップを敬っても罰は当たるまい。
が、さすがかの国。
まともなものは何一つない。
レーム・ダック状態の大統領。
来月我が国に来るんだと。
いったい、何しに?
あんたと話したところで、何がどうなるもんでもあるまい。
ここは敵国だよ。
まだ100年経ってないし。
まぁ、お昼ぐらいは出すと思うが。
まともに食べる度胸あるのかね?
Photo
晩秋の風景

2016年11月17日 (木)

エッセイ好きだもん

本の話の続きだけどね。

エッセイが素敵なのは、故吉行淳之介、遠藤周作、五木寛之あたりだが。
丸谷才一もいいな。
ところどころに佐藤愛子も入る。
これはね。
いいよー。
読みながらつい吹き出しちまう。
田辺聖子のほんわかした魅力とは違い、ガハハと笑い飛ばせる。
若い頃は母。
喜怒哀楽が激しくて、自分でも感情の抑制が出来兼ねていた。
鬱々とすることも多かったし。
そんな時、愛子ちゃんを読むと暗い気分が吹っ飛ぶんだな。
着付け薬と言ってもいい。
ものごとは笑いで見方を変えられるんだ。
うん。
久しぶりに数冊買って読んでは涙を流す。(笑い泣き)
そしてもう1人、百田尚樹。
この人のエッセイも凄い。
歯に衣着せずとはまさにこの人のためにある言葉。
小心者のいいかっこしいに、思いっきり喝を入れてくれる。
こっちはずしーんと重みが響くな。
グータラな毎日に、笑いと脅し(?)。
生活必需品です。
Photo
この花は何?

2016年11月16日 (水)

今日も本屋で

毎週水曜日は本屋へ行く日。

毎回、数時間、店内で本を物色。
これがやめられない。
品揃えが毎週、劇的に変わるなんてことはない。
が、今週の売れ行きベスト10のコーナーは欠かさず。
順位の変動は意外に激しい。
母が好きなのはエッセイで。
たまにハウツー本にも浮気。
「断捨離」関連なんて何冊買ったか…。
が、捨てられないものは捨てられないのだ。
少し前。
生活をどんどんシンプルにしていくという本がブームだったが。
あれは受け付けないわ。
あんな味気ない生活はしたくない。
だいたい、インフラがきちんと機能しているという前提じゃ。
いつ何時、災害に遭うか分かったもんじゃないのに無理。
ろくに食べ物もない生活がそんなに自慢できることかね?
こういうお方とは関わりたくない。
ありゃもうブーム終了したのかな。
今日は見かけなかった。
あ、そう。
そろそろ来年の手帳とカレンダー買わなきゃいけなかったんだ。
ま、次回にでも…。
Photo
もう見られない、この鮮やかさ

2016年11月15日 (火)

今日はいい!

隣室で家人がテレビにかじりついていて。

サッカー対サウジアラビア戦ね。
ネット・サーフィンしながらも耳がダンボ。
途中でおーだのあーだの雑音が入るとつい母も。
合間に独り言も多いのよ。
で、ちょくちょくテレビを観に行くが。
何だか日本チーム、いつもより動きが良くね?
攻めている感じがいいね。
そうよ。
そう来なくちゃ。
点を取ってなんぼの商売。
シュートの数も相当だし。
相手チームは前半早いうちにイエロー・カードが3枚だっけか。
焦ってるな。
体格、体力、狡さじゃ勝てない我がチーム。
健気さに涙が出る。
1点だけでも。
んにゃ、2点はどうしても欲しい。
あぁ。神様。
Photo
雅な風景

2016年11月14日 (月)

今宵の月は

昨夜、温泉の行き帰り。

夫婦で
「何だかやたら月がデカくね?」
そうだね。
でも真ん丸じゃないんじゃない?
帰宅後テレビを観たら
「スーパー・ムーン」だとな。
68年ぶりだと。
アホな夫婦。
昨夜の月のデカさに
「月も顔がむくむんだ」
「水の飲み過ぎかも」
なんて…。
そんなことあるわけない。
月が地球にグッと近寄って来たってだけじゃん。
今夜の月は、沖縄地方と東北地方、北海道の一部じゃばっちりだって。
当地は夕方から綺麗に見えているよ。
兎の餅つきもはかどるかなぁ?
Photo
残り少ない日々

2016年11月13日 (日)

気を持たせ過ぎ

ここんとこ夜8時過ぎは野球に見入る家人。

これがね。
母はちらちらと見る程度だが。
試合展開がどうにもまだるっこしい。
失点多過ぎやしないか?
途中で追いつき、追い越すというのは嬉しいようなそうでないような。
さっさと点入れて逃げ切るとかさ。
もっと分かりやすいのが見たい。
時間をかけてハラハラドキドキもたまにはいいけど…。
続くのは勘弁。
昨夜も10時過ぎまでもつれた。
そりゃサヨナラ勝ちだったし。
タイ・ブレーク制なるものも初めて見たし。
ルールも変えなきゃいけないだろうけど。
馴染むまではある程度の時間がなきゃ。
すんなり受け入れられないのは単に老化のせい?
そうかもな。
Photo
今日で終わりの菊祭

2016年11月12日 (土)

ほんとにいいの?

福岡の陥没道路。

あれよあれよと復旧が進み、明後日あたりから通行可能らしい。
水の中に特殊な土を入れ、固めることから始まった。
これは何か。
つまり、ゼラチンか寒天のようなもの?
そんな便利なものがあったんだ。
数日経つと車が乗っても大丈夫なぐらいまでなるそうで。
そこからさらに本格的な工事を施す。
うーむ。
建物のギリギリまで削られていたところも、ひと安心かな?
早く落ち着かせないと、大雨や地震が来たらヤバいしな。
これは応急処置ではないんだろうね。
我が国の技術って凄いわ。
今年は九州地方には災難の年だった。
今まで、台風被害程度しか耳にしていない。
地震はほとんどないとばかり。
でもそうじゃない。
国中どこだって、安全と言いきれる場所はない。
改めて、考えさせられた。
災害列島の住民だもの。
強くたくましくならなくちゃ。
Photo
滅び(?)の美学

2016年11月11日 (金)

影薄いよ

興味はたいしてないけどさ。

民進党のトップに収まった蓮舫サマ。
たまにちらちらニュースで見かけるが。
お約束のきっちりトークで全然面白くない。
お笑いじゃないからと言っても、もとはテレビに出てたお方。
こんなのにタレント(才能)なんて、もったいなくて使えない。
一応(?)野党第1党の党首であらせられる。
当然、マスコミだって注目はしてるだろう。
が、この影の薄さは?
テレビではたまに見かけても、こんなに薄いのは沖縄県の爺様と彼女だけ。
うーむ。
つらつら考えるに、露出の多さじゃ小池都知事に圧倒的な差をつけられている。
扱う仕事も都知事の方が複雑そう。
それでも次々と手は打ってる。
好き嫌いは別にして、頑張っているのが見えるよな。
蓮舫サマにそんな印象は全くない。
言葉も軽いし。
残念ながら、何を言っても心に響かない。
彼女以外に党の顔になれる奴はいないのか?
居ればこうなってはいないな。
うん、そう。
言うだけ無駄。
Photo
天守閣と岩木山

2016年11月10日 (木)

諦めろ!

アメリカ次期大統領がトランプに決まった。

あのお国じゃ、反トランプ・デモがあちらこちらで始まっているそうで。
でも今更なぁ。
イギリスのEU離脱が決まってからもそうだったが。
一応、民主主義国家だろ?
多数決が原則だろ?
なら、諦めるしかないだろうよ。
この2つと比べるのもなんだが、我が国で民主党が与党になった時。
母だってショックを受けた。
よりにもよって、こんな中身のない連中の美辞麗句に騙される人が多数だったなんて…。
全く信じられない。
ま、幸か不幸か無能故に寿命も短かかった。
「八ッ場ダム」はどうなった?
「仕分け」はどうなった?
原発の専門家を豪語したバカは今どうしてる?
思い出してもはらわたが煮えくり返る思い。
「民意」ね。
あくまでもその時限定の。
壮大なテストと言えなくもない。
まずは様子見が適当かと。
Photo
冬の使者?

2016年11月 9日 (水)

冬が来た!

今日は予報通りの雪。

最高気温が真夜中だったってのが凄いわさ。
それからどんどん下がっていたとはね。
アメリカ大統領選も、意外や意外トランプだと。
開票情報見ながら、これはひょっとしたらと思っていた。
こんな爺いでいいのかと思わんでもない。
アメリカはますます落ちていくな。
国内で人気は集めても、それ以外の国は多分そうじゃない。
人も国も一人じゃ生きていけないんだよ。
まぁこれからは、今までの自分の発言が形を変えて戻って来ると思いな。
我が国にとってはむしろいいかも。
甘ったれた9条信者は、覚悟しといた方がいい。
自分の国を自力で守るのは当然。
しかし、この件より、イギリスのEU離脱の方がショックは大きかった。
世界情勢がダイナミックに変革している時。
果たして内向きの保護貿易論で対応できるものか。
ま、お手並み拝見だ。
Photo
雪だよ!

2016年11月 8日 (火)

まさか日本で

今朝ニュースで福岡市の道路陥没を知った。

はぁ?
見ているうちにも、ズズーッと道路が壊れて行って…。
え?
これって国内の話?
近隣のお国ならザラにある話だけど。
夕方までの情報だと、ここじゃ。
ここ十数年だったかで、3度目の陥没なんだと。
いずれも地下鉄工事してたって言うし。
普通に考えれば、工事の仕方に問題があるのではとつい。
素人の浅はかさと笑わば笑え。
専門家が言うことには
「大都市は皆危険」
そうかもしれないけどさ。
その大都市がみんな、福岡みたいに何度も陥没事故起きてんの?
私ゃ聞いてないよ。
ま、早朝に発生したこと。
異常を発見してからの対応が素早く、かつ、適正だったことは評価する。
それにしても怖いな。
道路の下ががらんどうなんて…。
Photo
公園内の大銀杏

2016年11月 7日 (月)

見納め?

ずっと冴えない天気続きだった。

おまけに気温もチョー低めが多くて。
でもなー。
紅葉名残惜しいんだ。
と、今日は雨の確率0%!
ならばムクムクと湧き上がる母の好奇心。
何としても弘前公園の紅葉を今一度。
5日ぶりに公園へ急ぐ
紅葉が進み過ぎた(?)もの。
一段と鮮やかなもの。
赤くなる前に枯れてしまいそうなもの。
いやはや。
ま、例年並みと言っておこう。
初めて見る人には十分美しさは感じられると思う。
それでいいじゃない?
そんなに人出はなかったが。
カメラを構えている人は多かった。
車椅子の人も数人。
介添えの人が、一生懸命解説している姿に思わずジーン。
言葉で返って来なくたって、嬉しそうな表情を見れば…。
「小春日和」
こんな日は、誰でも心がホッカホカ。
Photo
白鳥の川

2016年11月 6日 (日)

空からの贈りもの

昨日と打って変って寒い朝。

午前中に母は、「がん検診」」を受けることになっている。
友人たちとの約束の時間は9時。
逆算して温泉へは6時半頃行かなくちゃ。
寝ぼけ頭で温泉へ向かう。
空がどんより鉛色。
家人と
「雪でも降りそうな色だね」
フロントガラスに時々雨粒。
でも…。
雨が降っている様子はない。
うーむ。
駐車場で知人と話していたら、何か白いものが舞っているような。
知人と母、ほぼ同時に
「雪だ!」
そうだよな。
初雪になってもおかしくないわ。
外出から母が帰宅したのは午後1時。
大きいストーブが活躍していた。
家人と息子が頑張ったのね。
その後二人はタイヤ交換に励む。
もう、冬が近いんだなぁ。
Photo
名残惜しいね

2016年11月 5日 (土)

今日は暑い

昨日まで10度以下の気温だったのが。

今日は予想17度って。
朝からなんか妙にあったかい。
嬉しいかって?
雨じゃなきゃな。
こんなヤバい天気の日は、お茶の稽古に行くのも一苦労。
まずは着物その他一式を濡らさないように準備。
これに傘、手袋、長靴…。
結構な重装備じゃん。
今日の稽古はいつもと若干異なる。
まずは、「炉開き」という行事について計画を練る。
茶室はこれをもって、夏から冬仕様にチェンジするのだ。
日時、参加メンバーの選択、懐石料理の献立、一人一人の分担etc。
詰めることはいくらでも。
それがざっと片付いたところでいつもの稽古。
雨が降ったり晴れたりで、茶室内は明るくなったり暗くなったり。
着物姿で汗をかくあたり、やっぱり暑いんだな。
時々窓を開け、外の空気に触れる。
あぁ、秋。
今のうち、楽しまなきゃ。
Photo
愛しの金次郎

2016年11月 4日 (金)

相も変わらず

政界ってのはほんと権謀術数が渦巻く世界。

いくらか口が軽い奴はいいカモ。
自民党の山本大臣だっけか。
今、集中砲火を浴びているのは。
TPPを何とか進めたい与党。
何が何でも難癖つけて妨害したい野党。
おあつらえ向きのお方ってことか。
でもなぁ、そんなに大した発言かね?
大臣辞めさせるほどのもんか。
野党の次元の低さに呆れるばかり。
バカが集まって大騒ぎしたって、数で負けてるんだから話にならない。
さっさと強行採決するのもなんだと、武士の情けをかけただけ。
図に乗るんじゃないよ!
更におバカは隣国で。
これはまぁ国民のレベルにピッタンコの大統領さな。
何を騒ぐことがある?
何でも人のせいにして逃げることしか考えない国民性の問題。
ただの一つもまともなものを作れない。
ただの一つもいいニュースがない。
実に珍しい民族。
どうせ人の意見なんぞ聞きやしないんだから。
国の存亡の危機だってのに、知ったこっちゃない。
北のお国は大喜びしているよ。
ま、身内だからいいのか。
時間の問題だ、好きにして。
Dscn5528
愛嬌あり過ぎ?

2016年11月 3日 (木)

休日も疲れるんだわ

家人共々今日はお休み。

天気がそれなりなら、どこかへ行こうと思わんでもない。
が。
9時前には、当地、暴風警報が発令。
ならおとなしくうちにいようっと。
のんびり二人でテレビなんぞ。
そのうち昼寝しちまって。
昼頃、起きて昼食。
が、その前後から夕方に至るまで…。
暴風らしきものあったかい?
強い雨降ったかい?
警報の根拠は何?
母の家だけが平穏無事なわけないだろ。
まったく。
人騒がせな。
この程度ならもっと早く外出できたはずが。
りんご農家の人たちなんて、作業急かされただろうよ。
あんまり早く予報出し過ぎたんじゃないの。
風が強まってからでいいよ。
影響半端ないってこと、もうちょっとは自覚していただきたい。
Photo
あたし、綺麗?

2016年11月 2日 (水)

今のうち

寒さがぐっと身に染みる。

こういう気温じゃないと紅葉は美しくならないんだって。
ならば、弘前公園はそろそろ…。
ちょっと距離はあるけど、写真撮りに行きたいな。
今日、同僚オーラにその話をしたら。
「今日のうちに行っといで。明日は荒れるらしいから。せっかくの葉っぱがなくなったらどうするの?」
うーむ。
今日は時々青空が覗いていた。
ここんとこ、ずーっと雨または曇りだったなー。
そうと決まれば即行動。
午後、カメラ持参で公園を目指す。
外堀は真っ赤っかで、水に映る影も美しい。
平日のせいか、人出は大したことはない。
いいね。
追手門から中へというスタンダード・コース。
これがね。
中はそれほど紅葉が進んでいないんだな。
ちょっと期待外れ。
ま、桜とおんなじか。
あれも日当たりが良い外堀からじわじわと中へ進む。
それでも、絵になるスポットは何か所もある。
母、公園内に何度でも入れるパスがあるんだが。
今日は生憎家に置いてきた。
だから、無料区域だけでおしまい。
来週中にでもまた来よう。
その時はパスを忘れないように。
心する母であった。
Photo
今日の外堀

2016年11月 1日 (火)

もう冬?

先週末から冴えない天気。

昨日も今日も雨。
昨日の午後から家人が熱を出して寝込んでいる。
今の風邪は熱がメインなのかね?
前日夜には喉が痛かったと本人。
それは喉シュッシュッで落ち着いたらしい。
昨夜も早めの就寝。
枕元には着替え一式を準備せよとのお言葉。
ははー。
承知いたしました。
昨夜は38度、今朝は37度でまぁ何とか。
大事を取って今日、お仕事は休み。
それはそれとして、この寒さは?
今日の最高気温は7度に満たない。
寒いよ。
とうとう今朝の出勤時、冬物コートを着用。
マフラーと手袋出しておかなきゃ。
冬用の靴も出番だな。
何事も備えておくに越したことはない。
北国の冬は長いのだ。
Photo
冬が近いね。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

最近のトラックバック

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30