無料ブログはココログ

キムリン・ホリスティック・ワールド

  • 金 香百合
    いつも心に太陽を 悲しい時、辛い時、誰かに慰めてほしい時、キムリンはいつもそばにいてくれる。もしかしたら、みんなの守護聖人かも?

cocoa青森

  • COCOA青森
    COCOA青森の会員限定サイトです。あたたかい心と少しの時間を、メンバーと共有して下さる方を募集中です。

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月31日 (木)

大晦日だね

ついに今年も終わる。
後数時間。
カウントダウンまで起きていられるかどうかビミョー。
今日は穏やかな天気だった。
おかげで(?)年末の仕事、頑張る頑張る。
普段まじめにやってないんだろ?
と、突っ込まないでおくんなさい。
仰せの通りでござんす。
そのせいで疲れがドーン。
これを書きながら半分意識が♪飛んでイスタンブール♪
古かったか。
なんのかんのといい年だった。
家族3人健康で過ごせた。
仕事も無事こなせた。
ご飯もちゃんと食べられた。
お天道様の下、胸を張って歩けた。
平凡と笑うなかれ。
幸せってこんなもん。
今年の自分にいい子いい子してお休み。
皆様、我儘で独断的な母に、この一年付き合って下さってありがとう。
どうか良いお年を。
Photo
弘前市の孝行娘 桜ちゃん

2015年12月30日 (水)

好きにすれば

我が国は、「慰安婦」問題に一応の決着ということでもう心は新年へ。

一方かの大国(?)相変わらずガタガタしているようで。
なんでかな?
世界の偉人やら有名人は皆、自国民と称し、我が国の伝統行事も自国のものと、その主張はとどまるところなし。
宇宙もイエス様も隣国のものらしい。
その北にある同じ民族のお国も、精神構造は似たり寄ったり。
つける薬もないこの方々なら、しょぼい母のコラムなんぞ鼻もひっかけないだろう。
で、独断だが、あの「少女像」ね。
別に撤去しなくていいんじゃないの?
たかが少女像。
あれにどれだけの意味があるのかね?
「ミロのヴィーナス」のように美しいわけでも芸術的なわけでもない。
あんなのがあちこちにあったって邪魔なだけ。
ま、あの像に特別な思いを持つ人は頑張れば。
そこまで自虐的って病気だね。
この際、国中を埋め尽せばいいじゃん。
やめてっていうからつけ上がる。
落ちぶれた経済再生の一助になるかも。
麗しい愛国心に花が咲きますように。
Photo
いっぱいあっていい!ホントの花

2015年12月29日 (火)

もういくつ寝ると

ついに29日。

今年も後2日を残すだけ。
仕事は昨日でおしまい。
今日は師匠宅の「初釜」準備の仕上げ。
床の間の飾りつけ。
道具類の準備、整備、掃除etc。
合間に当日着用の着物のコーディネート。
役割分担の再確認。
あぁ忙しい。
明日は墓参り。
その後我が家の掃除と整頓。
明後日はおせちの準備。
雪かきもしないといけない。
洗車だって…。
毎年のことながら多忙ですわ。
ふー。
が、全国津々浦々主婦は皆同じ。
最大の「ハレ」の日準備に勤しむのだ。
平凡な日常に時々「喝」が入る。
有難いと思わなきゃ罰が当たるってもんよ。
Photo
去年のおせち 某有名料亭の取り寄せプラス酢だこ

2015年12月28日 (月)

リーダーシップ

世間がどう言おうが、母は安倍首相を支持する。

長い間、我が国は世界にアピールすることが不得手だった。
日本人が好きな「不言実行」を地で行ってた。
が、世界を見渡せば、己が悪行を棚に上げて、嘘八百ででかい面している国のなんと多いことか。
何を偉そうに。
ふん!
野党は野党で、幼稚園児並みのと言っちゃ、幼稚園児に失礼だ。
やることなすことチンケで話にならぬ。
一般人に評価されない政治家って、存在する必要あるのかね?
内心、忸怩たる思いをしていたのが…。
いいね。
主張するところはし、行くべきところには出かけ、まぁよく働くこと。
どこかの○○元首相のように、できもしないホラも吹かず。
国益を損なうことばかり一生懸命のお方とは天地の差。
どちらも元首相の身内なんだけどね。
人間の器量の問題ですかね。
頭の中身の問題?
さ、「慰安婦」問題。
結局10億円で話がついたとな。
やっぱり金か。
ま、納得。
これで一応の決着となるか。
それでも隣国。
全く信頼する気は起らない。
Photo
雪の合間に

2015年12月27日 (日)

寒いよー

いきなり冬仕様にチェンジ。

家中が寒い。
急過ぎて体がついて行けない。
やっぱり足元が一番冷えを感じるな。
いつもの靴下に厚手の靴下を重ね履き。
これからしばらく続くのか…。
雪かきをすればあったかくはなるんだが、腰がね。
今日も時折、吹雪はしたがそこそこの積雪で済んでいる。
テレビはもう特別編成。
明日あたりから「激動の」が付いた番組が始まるんじゃないのかね。
毎年、激動って何なのさ。
芸がなさ過ぎるぞ。
明日、「慰安婦」問題の決着になるかどうか、日韓会議があるらしい。
またぞろ金を出せってんだろう?
底なしのたかり根性。
妥結する気なんかないだろう。
あぁ寒気がする。
その被害者意識にも、面の皮の暑さにも。
Photo
雪だらけ

2015年12月26日 (土)

来ましたよ

今朝は寒かった!

積雪はその時点じゃ大したことはなかったが。
家の中でぼんやりしているうちに降っていた。
家人、慌てて雪かきに精を出す。
ついに来たか。
夕方NHKのニュースを見たら、なんと弘前市の積雪が出ていて…。
それほどのもんかね?
って、大きな事件がなかったってことだろうが。
予報は大当たり。
日曜日つまり明日は、雪かきで難儀するって言ってたし。
このまんま根雪になるかと言えばそうでもないらしい。
うーむ。
悩むところだ。
雪と共に風邪も来て、母、ティッシュペーパーが放せない。
年末のこの時期に何でよ?
緑茶ののど飴をしゃぶっていたら家人。
のどにシュッシュッの方が即効だよって。
ホントかね?
Photo
今現在の弘前市

2015年12月25日 (金)

大混雑

正月休みも近いしな。

今のうちに病院行っとこう。
と、午後1時半に病院に着いたらあぁ!
何、このありさま。
入口は靴だらけ。
待合室から溢れる人、人、人。
うーむ。
たまりかねて事務のお姉ちゃんに
「いつ診察になるかな?」
お姉ちゃん
「ほとんど午前中のお客様なんです。だから…」
あぁそうね。
じゃ、薬だけでいいんだけど。
結局3時前には処方箋をいただき、薬局へ。
ついでに雑用もこなしてっと。
近くの市場、郵便局、薬局、スーパー、街中etc人だらけ。
歩くだけでヘトヘト。
みんな年末モードに突入していたんだ。
一応、市場で年越しそばの予約はしてきた。
夕方から寒さが増してきて、うっすらと地面が白く。
明朝は-2度だって。
ま、一時的な寒さらしいのだが。
あと1週間は混雑が収まらないだろうな。
Photo
正月用花 練習中

2015年12月24日 (木)

でもクリスマス

今日も暑かった!

北国でこの季節。
10度近いって…。
建設業関係の知人2人溜息をつく。
除雪用の機械、冬眠状態のまんま。
1台ン千万だよ、動かなきゃ元が取れないっつーの。
雪なんて、ちらっと舞っただけじゃん。
ただの1cmも積もっちゃいない。
うーむ。
業者にはほんと気の毒でかける言葉もない。
ここ10年ほどは雪で泣くことが多かった。
皮肉なもんだね。
庶民が雪かきで難儀すると業者はほくほくって。
でも今夜はクリスマス・イブ。
トナカイもサンタもそれでなくたって重労働。
今年はやせるな。
めでたいと思わなきゃ。
南半球のクリスマスだと妄想すればなんてことない。
か・な?
Photo
桃子サンタの贈り物

2015年12月23日 (水)

なぜ会見?

昨日の続きになっちまったわ。
B案を設計したお方が会見を開いた。
が、その内容に?
正直、同情する気が失せた。
敗戦の弁だけならまだしも…。
ぐちぐち言ってんじゃないよ!
勝負だもの。
勝ちがあれば負けもある。
裏に何があったかは知らない。
が、会見で明らかになったのは器量の小ささ。
そりゃ悔しかろう。
が、わざわざ会見の場で自らを貶めて何の得があるんだ?
もういい。
無責任なマスコミの、好き好んで餌食になるとは。
前の設計者がどうだのと知ったことか。
競技場の席の配置なんぞ、そんなに大差あるわけじゃなかろうに。
先に進め!
こんな下らないことにいつまでも関わってちゃいられない。
はい、さようなら。
Photo
平賀町駅前

2015年12月22日 (火)

出だしが問題

国立競技場がA案に決定。

それは良かったとは思う。
が、森さんの発言がいかにもまずかった。
出鼻からくじかれたよな。
何か裏で話がついているような疑念を抱かせちまった。
B案に関係した人たちには気の毒な話だが。
森さんて…。
単純に人のいいおやじだとは思うんだが、大きな組織のトップには向かないんだな。
非情さが足りな過ぎる。
この人の不用意な発言で、何度周囲の人々が迷惑を蒙ったか計り知れない。
担いだ人たちにも、責任はあると思うよ。
あの流れから言えば、B案がたとえ優れていたにしても…。
フェアな戦いとは誰も考えまい。
うーむ。
あれだけのデザインがボツか…。
母が同情したところで何の慰めにもならないが。
どこかの大きなプロジェクトで採用にならないものかねぇ。
Photo
初釜練習用

2015年12月21日 (月)

殊勝な気持に

つい見入ってしまった「しくじり先生」

やっぱり凄いわ。
テレビで見慣れた面々が、己の恥をさらけ出す。
過去のことと片付けられるか?
引き摺って前向きに歩くか?
天国と地獄を行き来した人だけに言える言葉。
ずしーんと心に響く。
しょぼい自分の人生だって、価値があったんだと素直に思える。
正直、こんなイタい番組が成立するとは…。
深夜枠ならまだしもゴールデン・タイムに…。
事実って重い。
取り返すことはできない。
が、そこから新しい希望も生まれる。
この番組に出てくれた人たちの活躍を願う。
勇気をくれてありがとう。
Photo
スタバ店内

2015年12月20日 (日)

疲労困憊

昨夜、母はいつも通りに眠りの世界へ旅立ったのだが。
ふっと目ざめたのが午前3時半。
玄関先の明かりが煌々と。
息子がまだ帰宅していない!
奴も忘年会のはずだが。
いくらなんでもこの時間って…。
心配性の母。
そこからちっとも眠れず。
もしや事故?
どこぞで酔っぱらって前後不覚?
拉致?
まさか…。
良くない想像が頭の中をぐーるぐる。
考え過ぎてうとうとしかけた頃、家人がトイレに起き出した。
今度は家人が騒ぎ出す。
「まだ帰って来ないなんて…」
携帯に電話してみたが
「お繋ぎできません」のメッセージ。
やっと連絡がついたのは8時半。
酔い過ぎて市内のホテルに泊まったそうな。
ま、事故でなくて良かったが。
家人
「帰って来ても根掘り葉掘り聞くんじゃないよ」
って、あんた。
何、想像してるんだ?
Photo
スターバックス弘前店

2015年12月19日 (土)

忘年会で

あと10日で今年も終わり。

お茶の方は稽古納めと、初釜の準備に追われる。
茶室の掃除は来週を予定。
何だか追われる感じがしないのは天候のせいかも。
と、ボーっとしていたら…。
6時半からだとばかり思っていた忘年会。
何と5時半からだった!
友人からの電話で大慌て。
みんなから約30分遅れて合流。
美味しい和食をいただきながら、お喋りの花が咲く。
と、リーダー。
「この後ね。スターバックスへ行きましょう。ついでにイルミネーションの批評なんか」
市内のあちこちでイルミネーションは見られるが。
やっぱり弘前市役所前が一番派手。
スターバックスは、弘前市役所の隣で、ちょっと珍しい和風建築のお店。
オープンしたのは桜祭りの頃だった。
店内は落ち着いたいい感じ。
いつも混んでいるが、今夜はそこそこ。
お茶の後、イルミネーションをパチパチ。
色遣いがちょっとどぎついんじゃない?
もっと落ち着いた色で、色数もぐっと少ない方が綺麗だと思うんだけど。
みんな同じ意見で納得。
来年はどうかな?
Photo
弘前市役所前

2015年12月18日 (金)

ひたひたと

午後、友人3人と久しぶりにお茶なんぞ。

この前会ったのは暑い盛りだった。
ひと月に一度は会おうねと言いながら、なかなか都合が…。
一人は喉頭癌を抱えている。
一人は認知症の亭主がいる。
一人は孫2人の世話に追われている。
うーむ。
ま、誰かのお役には立っているということで納得。
近況から少しずつ話が進んで、最近の悩みはという段。
いろんなところが衰えて来てるね。
握力が弱っている。
記憶力に自信ない。
思い違い多いなー。
感情のコントロールがどうも。
全員母と同年代。
多少の差はあれ、同じ道を歩んでいるんだなぁ。
これからもっと不自由になって行くんだなぁ。
やっぱり「便利屋」という商売は拡大して行くよね。
若い頃は、こんな会話で盛り上がるなんて思いもしなかったが。
来月は、このメンバーで「新年会」の約束を。
いつ、誰が欠けるか分かったもんじゃない。
「老い」の2文字がひたひたと…。
Photo
春を夢見て

2015年12月17日 (木)

さてこれから

昨日の最高裁のもう一つの審判だが。

離婚後半年間、女性は再婚できないという民法。
これが100日を超えた分は違憲とされた。
うーむ。
テレビの解説を聞くと、明治時代に作られたもので時代に合わないとな。
何が合わないのかね?
いつの時代に作ろうが、子供のことを一番大事に考えたものだろう?
それのどこが悪い?
婚姻関係を清算しないうちに、別な男との間に子供を作った無責任はどうなんだ?
もっとはっきり言えば、異性関係にルーズだってことだろう?
時代がどう変わろうが、子供がお腹にいる期間が極端に短くなったわけじゃない。
勝手なことを言ってんじゃないよ。
自分の身内がこんなことを言ってたらぶん殴るね。
その子供に説明できるのか?
結婚制度がどうだろうが、社会通念がどうだろうが、そんなことはどうでもいい。
その事実を、誠実に子供に話せるというなら目を瞑ろう。
Photo
最後の力

2015年12月16日 (水)

それが何か?

今日のニュースは?が多い。

最高裁での「夫婦別姓」
憲法違反ではないとの判断。
納得の判断だわ。
結婚する際にどちらか好きな方を選べるんだし、今は通称で通している人も多いしね。
多少の不便は覚悟しなよ。
マイノリティなんだからさ。
都合のいい時だけ「個性」だの「自由」を主張するんじゃない!
NHKのニュースに出た原告代表のおばさん。
何で涙声なのかはぁ?
主張にもはぁ?
結婚生活でよっぽど辛いことがあったのか?
そんな個人的な話、正直どうでもいいよ。
子供がいて、離婚だのなんだのと面倒なことが起きた時、名字を替えることで救われることも多いんだよ。
今の制度が全部悪いわけじゃなかろうに。
制約の中で一番いい方法を模索するって考えになれないのかね?
母は旧姓が嫌い。
もし、離婚する事態になっても今の姓で通したい。
いや、そうする。
Photo
雅なお菓子

2015年12月15日 (火)

喝!

異常気象と言いたくはないが、この冬のありようはいかがなものか?

妙にあったかく、ダラダラ雨が多い。
冬物衣料を買うには躊躇。
まだいいじゃん。
雪かき用具だって、本来なら急いで準備していたはず。
あっと、漬物も困るのよ。
早く漬かり過ぎて。
いくら酸っぱめが好きでも、消費が追いつかないっつーの。
クリスマスも正月も、寒さが厳しいまたは景色が真っ白だと、気合が入るんだが。
うーむ。
商店街は気落ちしている。
南半球じゃあるまいし。
今、売れなきゃどうすんの?
サンタが失業するかもよ。
って家人、今、「マツコの知らない世界」ってのを見ていて
「アイスクリームうまそう。うちになかったっけ」
そうか。
この陽気ならその楽しみがあったんだ。
Photo
去年の雪、今何処

2015年12月14日 (月)

できるだけは

ン十年前、鬱状態に陥ったことがあった。

約1週間、ボーっとしていた。
さすがに家人が気づき
「あんた、大丈夫?」
何だか分からないけど、全然やる気が起こらない。
ただ気分が落ち込む。
「そう。じゃ無理しなくていいから」
家事のほとんどを家人に任せていたが。
そのうちこのままじゃいかん!
まずはほんの少しの時間でも外に出よう。
始めは5分だけ。
それが30分、じき1時間、そして…。
毎日一万歩になって久しかった。
いや、歩き過ぎだったかも。
5月に寝返りを打った途端、腰に激痛が走り病院へ。
通院と同時に長い散歩は控えていた。
が、今年は雪もなく暖かい日が続いている。
今日もそうだった。
仕事帰りにふっと
「こんな日は遠出したっていいじゃん」
体はいたわらなきゃ。
でもできるだけ使わなきゃ。
要はバランス。
臆病過ぎるのもよくないよ。
雪かきで難儀するのも時間の問題。
さ、歩こう!
Photo
初代若乃花 寒くない?

2015年12月13日 (日)

嬉しさ半分

今日は我が息子の誕生日。

シェフの家人。
愛しい息子のために大好物の激辛カレーを作った。
家中、カレーの匂いに包まれる。
当然、本人朝からご機嫌で。
「おめでとう!」
が、カレーは喜んだけどね。
「もう、誕生日が嬉しいと無邪気に言える年じゃぁ」
うーむ。
独り身だしな。
本人がそうでも、父と母は嬉しいよ。
やっと生まれてくれたんだもん。
よくぞここまで育ってくれた。
そりゃあの可愛さは、とっくの昔にどこかへ消え去りはしたが。
12月生まれは税金の面じゃ親孝行者。
ただ、ひと月足らずのうちにクリスマスも正月もみんな一緒。
恵まれ過ぎると有難味が薄れるってか。
逆じゃないの?
Photo
和を以て貴しとなす

2015年12月12日 (土)

毎年だけど

お歳暮の時期だなぁ。

毎年、今年は何を贈ろうか悩む。
同じものがいいのか、違えた方がいいのか。
相手が負担に思わない程度に押さえないと。
年賀状と同じように、先方からやんわりもうおしまいに…。
というのもありだ。
それはそれで致し方ないこと。
さて師匠へのお歳暮どうしようか?
姉弟子たちと相談すること数回。
一昨年は別珍製の足袋。
足が冷えて辛いというので。
昨年は鰹節。
いつも自分で削ってだしを取っているから。
と、一人
「この前、凄く美味しい桃の缶詰どこかにないかな?」って言ってたよ。
一同、思わず膝を打ち、
「あんた。ネットで探してよ」
うーむ。
見つけたよ。
1缶1,800円岡山県産白桃!
早速注文。
2日後には我が家にやって来た。
今日、師匠に差し出した。
婆ぁ、満面の笑みでテンション上がる上がる。
「食べてみないの?」
んにゃ。
「来客みんなに見せびらかしてやる!その後じっくり味見するんだ」
ま、喜んでいただけてよござんした。
Photo
寒風の中で

2015年12月11日 (金)

哀悼

野坂昭如氏が亡くなられた。
「火垂るの墓」の作者
「4畳半襖の下張り」騒動。
「おもちゃのチャチャチャ」の作詞家。
「黒の舟唄」の歌手。
ある時は政治家を志し、ある時は硬派な論客。
多才な人だった。
テレビで見かける印象と、作品のギャップが大きい人だった。
「火垂るの墓」の兄妹のいじらしさに何度も泣いた。
ほぼ彼の実体験か。
否応なしに戦争に巻き込まれた者への限りない優しさ。
主義主張を全部肯定しようとは思わない。
だが、少なくとも主張と行動が一致した稀有な人だった。
彼に安っぽい感傷は似合わない。
ただ祈るだけ。
Photo
鴨の軍団

2015年12月10日 (木)

何なの?

靖国神社のトイレで、大それたことをし損なった(?)韓国人。

再来日して即逮捕のニュース。
数日前に、日本のテレビ局が、本人と電話で話していたのを見ていたが。
この男って?
とぼけるにしても言い訳するにしても、もうちょっとはまともなことが言えないのか。
韓国のネットでは
「日本の自作自演」だの「彼の行動を全面的に支持する」だのとアホか?という内容。
日本のマスコミが、彼の顔写真を公開したのが気に食わないとも。
まったくお偉い国だよ。
毎度のことながら。
見るのも聞くのもこっちが恥ずかしい。
どうせとっ捕まるのなら、否、外国まで来て爆弾を仕掛けるのなら、盛大にやれよな。
やることもみみっちい。
それぐらいの覚悟もなしにやるか?
って、国内の韓国大好きのマスコミ。
なぜ擁護しない?
安倍内閣のことはあんなに叩くのに。
都合が悪くなると沈黙する。
だから一般人にまで馬鹿にされるんだよ。
Photo
青い空と岩木山 (昨日)

2015年12月 9日 (水)

空に太陽が

今朝はやたら寒かった。

-3.6度だっけか。
一面霜だらけ。
「放射冷却現象」というやつね。
おかげでほんとに久しぶりに綺麗な青空を見られた。
あったかいし、風も爽やか。
となれば当然。
カメラ持って散歩しなきゃ。
嬉しくてわくわく。
景色を見てにんまり。
と、自転車で通りかかったのは古い知人ではないの?
10分ぐらいお喋りに花が咲く。
数年前に未亡人になった由。
「家に籠ってばかりじゃね。今日はいい天気だし」
そうよ、そう。
毎日なるべく楽しいことを見つけようよ。
お互いを慰め合い、褒め合ってさようなら。
今日がいい天気じゃなかったら、二人が出会うことはなかった。
何だか不思議。
ありがとう。
Photo
みんな寒い!

2015年12月 8日 (火)

別れの日

夕方、親しくしていた近所のご夫婦が引っ越しの挨拶に。

最近、父上を亡くされて一人暮らしの母上を見かねてとのこと。
たまに会うと話が弾む。
さっぱりした気性の奥さんと寡黙なご主人のペア。
今まで深刻な話をしたことはない。
が、今日の彼女は最初から涙目。
老いた親と同居することに不安がいっぱい。
言葉の端々に揺れる心情が感じられる。
つい、母もつられて…。
今年も知人が数人、世を去った。
それ以外にも。
病気療養中の人。
熟年離婚の人。
消息不明の人。
少しずつ母のそばから離れていく。
今の時期は寂し過ぎる。
Photo
忘れられた雪だるま

2015年12月 7日 (月)

世の中には

いろんな人がいるんだな。

改めて実感する。
今朝「あさイチ」で、音痴克服法(?)を仕入れた。
母は音痴と言い切るほどのもんじゃない。
ま、並み。
人様と盛り上がったらそこそこ付き合う程度。
十八番は童謡ね。
これなら誰でも知っているし、一緒に歌ってくれる。
そりゃ母だって、できれば「天城越え」なんぞを熱唱したいが。
高望みと言うものです。
で、「あさイチ」ね。
まずは発声練習と来た。
「ゲゲゲの鬼太郎」の目玉おやじのセリフ
「おいっ、鬼太郎!」というやつがいいんだと。
そうか。
裏声を出しやすくするのか。
うーむ。
で、選曲は音の幅があまりないものがお勧めだそう。
「ハナミズキ」とか「プライド」ね。
忘年会に備えて練習する人が増えるね、きっと。
ただ、白髪頭のおばんが歌ってもイマイチ馴染まないような…。
Photo
読むのも一苦労

2015年12月 6日 (日)

恒例のもの

「虚礼廃止」というのが叫ばれたのはいつだったろう?

今じゃとんとその手の話は聞かない。
人様に号令かけられてどうこうするもんじゃなし。
やりたい人はやり、しない人はしない。
それでいい。
さて12月。
年賀状の季節。
母は毎年作るよ。
年に一度だけでも、知人たちの今を知りたいもの。
賀状1枚に情報が詰まっている。
いいことばかりじゃない。
でも、細い縁でも繋がっていることを確認できる。
キザに言えば「生きている証」
相手からいただく賀状はみんなユニーク。
まず同じイラストはない。
一生懸命探したんだろうなと思うとじーん。
その人の思いも届くんだ。
でも、身内でもない限り、子供の写真は正直嬉しくない。
あれは何なんだ?
Photo
多分明日は、こうなっている?

2015年12月 5日 (土)

どうなるのかな?

今日も雨から雪の湿っぽい日。

傘をさしても濡れ雪じゃ重いわ。
お店にある傘入れのビニール袋。
有難いけど、折り畳み傘じゃ入れにくい。
用事を済ませて、すっかり重たくなった体でとぼとぼ。
衣類から手荷物から雪でぐっしょりだもん。
この天気の中じゃ師匠宅は遠いよー。
ようやく着いてあったかい室内。
師匠や姉弟子たちとお喋り。
こんなに気温が上下するとなんだかね。
まだ本格的な冬じゃないみたい。
もしかしたらクリスマスも正月も雪がないなんて…。
そうそう。
ここ最近はないけど、ホワイトじゃないクリスマスも何回かあった。
初詣の時、土埃が舞っていた時もあった。
長生き(?)している分、異常気象じゃ驚かない。
でも…。
重たい雪は勘弁ね。
となれば、寒いのを我慢か…。
うーむ。
それもなぁ…。
一同黙り込んだ。
Photo
今日の花は

2015年12月 4日 (金)

震えています

昨日は、妙にあったかい雨の一日だった。

それが一転。
今日は寒い!
風雪じゃん。
やっぱり冬よね。
仕事帰り。
傘なんぞ役に立ちやしない。
マフラー、ニット帽、手袋、オーバーコート、長靴の完全武装。
昔、高橋竹山は、こんな天気の中、家々を回って三味線でなにがしかのものを得ていたんだ。
切ない話だなぁ。
文句を言うのも気が引ける。
が…。
文明生活に慣れた我が身。
外の寒さが堪える。
うー。
たった一日で寒さにゃ慣れないよ。
予報じゃ、あと数日の辛抱。
来週は晴れマークが続き、気温も10度前後って…。
Photo
鳥のご馳走

2015年12月 3日 (木)

作ってみました

数日前、「アサイチ」の料理コーナー。

仕事しながら聞き流していたが思わず!
切り干し大根をマヨネーズで和える。
それだけ?
しげしげ見たら、ざっと洗った切り干し大根。
鋏でチョキチョキ。
その後、マヨネーズで和えて一晩。
ほんとかいな?
昨夜、シェフの仕事を横目で見ながら、母、ちょっとだけ。
すっかり忘れていた今朝。
家人が弁当作りに何やら見覚えのあるお皿を。
そうだった!
昨夜の切り干しだ。
少ない残りを味見。
うーむ。
馴染んでいて違和感ないわ。
これにシーチキンとか、たらことか、かまぼことか、入れるともっとおいしいかも。
ふふふ。
噛む力が弱い家人。
「もうちょっと戻す時間があってもいいんじゃない?」
それは各人お好みで。
Photo
弘前の五重塔

2015年12月 2日 (水)

滅茶苦茶になるのかも

昨日のブログに載せた去年の写真。

改めて見直してため息。
そうだった。
去年はいきなりの雪。
その後も降り続けて難儀したのだった。
その割に気温が高めに推移して、例年よりも重たい雪。
あぁ思い出した。
前半、雪かきで泣いていた。
後半は至ってスムーズに春になって、トータルじゃ楽な冬。
さて今年は…。
しんどい雪かきは御免蒙りたい。
体力に自信のある人以外は、みんな同じ思い。
空き地がなければ、除雪機で飛ばすこともできぬ。
うーむ。
ブログの写真だって、毎日雪じゃあな。
この際、ノーテンキに季節にこだわらない写真にするか。
?と思われることが多いかも。
今からお許しを。
Photo
春の日の花と輝く

2015年12月 1日 (火)

そう言えば

いよいよ師走に突入。

なんだか焦るなー。
と…。
12月1日と言えば「映画の日」じゃなかったか?
ちっとも話題にならないが。
映画館に最後に出向いたのは何年前だったか。
たしか「フォレスト・ガンプ」だったような。
BSで映画が見られるようになって久しい。
確かに手軽。
映画館で再上映は望めない古い映画も見られるし。
でも迫力が違う。
感動の度合いが薄い。
うーむ。
大スクリーンで固唾を呑む醍醐味はやっぱりね。
晩酌をしながら家人としばし映画談義。
奴は「E.T」と「フィールド・オブ・ドリームス」で、映画館で大泣き。
母は、「木靴の樹」と「ニュー・シネマ・パラダイス」で大泣き。
テレビでほとんど泣いた記憶はない。
そうか。
たまには行ってみようかな。
Photo
去年の今頃はこんな雪

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

最近のトラックバック

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30