無料ブログはココログ

キムリン・ホリスティック・ワールド

  • 金 香百合
    いつも心に太陽を 悲しい時、辛い時、誰かに慰めてほしい時、キムリンはいつもそばにいてくれる。もしかしたら、みんなの守護聖人かも?

cocoa青森

  • COCOA青森
    COCOA青森の会員限定サイトです。あたたかい心と少しの時間を、メンバーと共有して下さる方を募集中です。

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月31日 (金)

そこまで言うか

東京オリンピックのポスターね。

ロゴのデザインが盗作だ何だと、またまた騒がしい。
何なんだ?
東京オリンピックをそんなにも潰したいのか、マスコミの皆さん。
国立競技場のデザイン白紙の次はこれ?
聞いているこっちは恥ずかしい。
ポスターのデザインが酷似とな。
今、全世界の人口は70億余。
美術関係の人がどのぐらいかは分からん。
が、だ。
絵心がない母でも、アルファベットのTの字をいじくる。
当然、真ん中にドドーンの構図。
次に日の丸をどこかに配置。
一番収まりの良さそうな所にする。
次は配色。
白と赤は外せない。
これぐらいは何とか行くね。
その道のプロなら、これを発展させてより美しくするだろう。
似たり寄ったりのデザインがあっても不思議じゃない。
それを何で「盗作」と決めつけられるのか?
いくらなんでも強引過ぎるだろう?
じゃ、聞くがどこからも何の文句もつけられないオリジナル作品。
このグローバル時代に作ることができると本気で思うのか?
古代文明ならいざ知らず。
アホらしい。
Photo
おじさんの枝豆 その後

2015年7月30日 (木)

飲み過ぎで

毎日暑いね。

と言っても、当地はせいぜい30度をちょっと超える程度。
今夏、暑くて寝苦しい夜は2~3度だったかな。
それも連続したわけじゃない。
猛暑日でうんざりの皆さん、ごめんね。
連日、テレビで熱中症について報道されると明日は我が身。
こうしちゃおれんと、せっせと水物を摂取。
多分そのせい。
お腹の調子がどうも…。
就寝時に腹巻しようか、かなり真剣に悩んでいる。
「喉の渇きを感じる前に」飲んだ方がいい。
と、聞けばそうしようと頑張る。
母も律儀な日本人の端くれ。
何事にも両面があるね。
飲む量が少なければ熱中症の心配が増える。
それよりはま、いいか。
一日に熱中症の疑いで救急搬送される人の数。
そこには至らず、お腹の具合で悩んでいる人の数。
どちらかと言えば後者の方が、遥かに多いのではと愚考する。
Photo
静かな佳人の趣

2015年7月29日 (水)

梅雨明け?

どうも当地梅雨明けしたらしい。

ほとんど雨は降らなくても、梅雨は梅雨か。
意外なことに北九州も、ほぼ同時に梅雨明けだそうで。
うーむ、分からん!
梅雨前線というものが、空に浮かんで消えるのなら実感もできようが。
母の貧しい想像力じゃとても…。
昨日の昼間、急に強い雨が降り出した。
出勤時、窓を開けていたような気がする。
勤務を終え、土砂降りの中帰宅を急いだ。
全身濡れ鼠。
家の中は湿気で息苦しいほど。
まずは家中の窓を点検。
それほどの雨の被害はなくホッ!
じき雨も止み、一気に気温が下がった。
洗濯物の量は半端じゃないけど、贅沢は言えないわ。
昨夜は寝易かったしな。
ところで…。
今年の当地。
虫の姿をあまり見かけない。
友人たちは
「雨が降らないと虫には生き難いんじゃないの?」
去年大騒ぎだったデング熱の話も、そう言えば聞かないな。
Photo
朝顔も発育はイマイチ

2015年7月28日 (火)

すっかり遅くなって

今夜は6時半から勉強会だった。

テーマは「虐待」
講師は社会福祉司の方。
虐待にも、身体的なもの、精神的なもの、経済的なものがある。
その中でも、お金を持った高齢者や障害者が受ける虐待がメイン。
これがね…。
簡単に書けるようなものではない。
搾取(?)の仕方が巧妙。
身内という立場を最大限利用し尽す。
これに施設側も知ってか知らずか手を貸していて。
金融機関も顔見知りにはユルユル…。
あぁ、これだけ書いただけでも気が滅入る。
金に群がる悪魔どもめ!
何だか、しょぼい暮らしがありがたく思えてきた。
目先のことでジタバタする我が身。
何だか愛しい。
うー。
Photo
ハレの日のしつらい

2015年7月27日 (月)

足るを知る

毎日、何気なく書いている当コラム。

たまに読み返す。
つい我を忘れて暴走することがあるからね。
しょぼいブログであっても、世界に発信しているのは事実だ。
本音で書いたら国際問題にならないとも限らない。
大事な我が祖国を、母の不注意で貶めてはならぬ。
と、大きく出た。
が…。
一気に次元は下がるが、最近おねだりし過ぎだったな。
雨が欲しいと書き過ぎた。
物欲しげでいけないね。
反省。
その話を家人にしたら、
「ラジオで聞いたけど、タイだったかな。ちっとも雨が降らなくて米の出来が悪いって」
雨季なのに雨がない。
梅雨なのに雨が降らない。
同じ図式だわ。
さっきネットで見たら、北朝鮮も大干ばつだって。
なら隣国もそうかもね。
って、どうでもいいな。
降らなきゃ降らないことをそのまんま受け止めなきゃ。
「足るを知る」
母の原点。
時々、否、しょっちゅう忘れる。
まいね、まいね(ダメ、ダメ)
Photo
蔦の生け垣

2015年7月26日 (日)

できればもう少し

何とか凌いだ水不足。
でもね、油断しちゃおれん!
今日、雨は全然降らなかった。
朝から気温も上昇。
うーむ。
涼しい風が吹くのがせめてもの慰め。
日が暮れてからは暑さも落ち着いた。
昨夜も安眠できたし、今夜もこの調子だと…。
田舎はいいね。
窓を開け放して寝ていても危なくないよ。
エアコンなしでもほとんど困らない。
でもなー。
住人が快適でも、水不足になった日にゃ…。
もう数日間は、そこそこの雨が欲しい。
こんなこと、猛烈な雨で難儀している皆さん方には聞き苦しいだろうが。
右から左へと、聞き流しておくんなさい。
それぞれの事情があるのよ。
Photo
雨の中で

2015年7月25日 (土)

やっとどうにか

昨夜から当地、雨が降り続いた。

雨音は強くなったり弱くなったりだが、とにかく久しぶりのまとまった雨。
有難いと思わなきゃ罰が当たる。
昨日の昼まで、目屋ダムは161mのところまで水量が落ち込んでいた由。
節水を呼びかける広報車が、市内を走り回っていた。
際どい所で恵みの雨。
神様、ありがとう。
それはいいが、昨夜の寝苦しさもまた格別で。
閉め切った窓。
湿度計の数値は見るのも恐ろしい。
家中の襖がふにゃふにゃ。
でもここはじっと我慢。
水不足で難儀するよりは…。
今朝の9時近くには雨も落ち着いた。
今夜は雨の心配しなくても良さそう。
早く寝るとしよう。
皆さん、お休みなさい。
Photo
今日のお干菓子

2015年7月24日 (金)

年を重ねて

午後久しぶりに友人3人とランチを楽しむ。
先週の夏祭りで顔を合わせたが、ゆっくり会話する間もなかったんだ。
一人は喉頭がん5年目に突入。
会うたびにスリムになって「大丈夫?」
本人、
「定期検査じゃ現状維持、いいってことよ」
一人は認知症の旦那と、その母上の介護で多忙。
一人は孫のお守でこれまた多忙。
一番暇というかノーテンキなのが母。
「定期的に会おうね」と言いつつも…。
なかなか都合がつかないな。
ランチ、お茶と4人のお喋り絶好調。
話題も尽きないが時間切れ。
がん患者
「月に一度は会おうよ。明日、どうなるか分からないんだよ」
数年前ならこういうセリフ、笑って過ごせた。
でも今は…。
そういう現実が背中合わせのような。
切ない思いでさようなら。
何だかほろ苦い。
Photo
咲いた 散った えーっ!

2015年7月23日 (木)

まだまだ

昨夜は寝苦しかった。
降りそうで降らないビミョーな天気。
雨音で我に返ったのは、5時頃か?
久しぶりよねぇ、ざあざあという音。
同時に空気も冷える感じ。
寝ぼけ頭で開け放した窓を閉める。
そしてまた夢の世界へ…。
目覚まし時計で現実に戻される。
うーむ。
あっけない。
物足りない。
でも…。
雨の方も、日中、降ったり止んだりを数回繰り返すも量としてはまだまだ。
水不足を解消するには程遠い。
数日間、この状態が続けばいいのだが。
予定では明日も明後日も傘マーク。
どうだかな?
Photo_2
雨の日は赤

2015年7月22日 (水)

気力減退

暑いよー!

朝からぐんぐん気温が上昇。
夏と言えば夏だけどさ。
暑さ寒さに慣れるには1週間程度かかるって、どこかのエライさんが。
そんな時間なかったし。
加えて、水不足も深刻で、田んぼへの取水制限が始まった。
3年ぶりとな。
水がめ目屋ダム、このまま行くと今週末にもヤバい線に落ちる見込み。
うーむ。
ここひと月余り、まともな降雨がない。
あちこちから豪雨で難儀しているニュースを聞くっちゅうのに。
プラスマイナスで分散させる方法はないもんか。
みぞれ氷を食べながら思案する。
あんまり暑いと、そうでなくても回らない頭が余計に回らない。
体力も気力も減退しているよなー。
冷たいものばかり食べるからかも。
せめて夜の間、涼しい風が吹いてくれれば。
安眠できるんだが。
地域経済により多く寄与できるのはどっち?
Photo
目で涼を

2015年7月21日 (火)

綺麗だもの

詳しいことは分からないけど。

以前禁止されているとか聞いたような。
大相撲で、番狂わせがあった時に舞い散る座布団。
あの風景、いいよね!
座布団の色、綺麗。
四方八方から飛ぶさま、綺麗。
うー。
様式美、ここに極まれり!
特に相撲ファンと言うわけじゃないけど。
力士の所作。
行事のスタイル。
呼び出しの声。
審判員たちの羽織袴姿。
全部が綺麗でうっとり。
力士の国籍がどうの。
個人の品格がどうの。
そんなことはどうでもいい!
ミーハーの母。
ただただその美しさに溜息。
国技だもんな。
神事だもの。
こうでなくちゃ。
うふふ。
Photo
少しだけこんにちは

2015年7月20日 (月)

泣くんじゃない!

夏と言えば高校野球。

もと球児の家人。
テレビの前に陣取って、高校生の試合に見入る。
今日は、準決勝の2試合。
青森高校は三沢商に負け、三本木高校は光星学院に負けた。
うーむ。
三沢商と光星学院という南部決戦か。
津軽の高校じゃないと、ちょっとテンションは下がるけど。
青森山田が早々に敗退しちまったもんな。
勝負の世界、敗者がいるから勝者がいる。
高校野球っていい。
ひたすら白球を追いかける選手たち。
白いユニフォームが真っ黒になるまで。
汗と埃にまみれて…。
一生懸命プレーする姿につい…。
毎年春夏。
全国の高校球児たちが、ひたすら甲子園を目指して頑張る。
あんなに打ち込めるものを持てた時代。
もう昔のこと。
白髪頭のおじん。
ほろ苦い青春を回顧。
Photo
蓋置は雪だるま

2015年7月19日 (日)

毎年のこと

関東地方は今日梅雨明けしたそうで。

となれば当地も近いな。
ほとんど雨がない梅雨だったが。
昨日も終日雨とは言えず、農家の皆さんは幾分がっかりかも。
母の梅は日光浴を待ちわびている。
この時ばかりは、カンカン照りになるといいな。
梅干しが終わると「ねぷた」
お次はお盆。
あっ!
22日からは夏休みで、朝から小学生が来るのだった。
朝から騒々しくなるのか。
毎日晴れなら外遊びで時間を過ごせるが、雨だとねぇ。
30度に満たない気温じゃ、学校のプールにも期待はできない。
じっと我慢の日々だ。
ま、これも仕事。
ありがたいと思おうね。
Photo
昨日の床の間

2015年7月18日 (土)

雨に感謝

やっぱり降ったね。

そんなに大雨と言うほどじゃないけど。
でも蒸し暑い!
夕方からの夏祭り。
会場は室内。
人出で熱気ムンムン。
親しい人たちと車座になって乾杯。
友人夫婦の成長した子供たちや孫たちと楽しく歓談。
そのうち別な友人たちも集まって盛り上がる。
友人のご主人と息子さんは埼玉県から帰省。
「やっぱりこっち涼しいね」
そうかな?
こんなに蒸し暑いのに。
「うんにゃ、空気が全然違うよ」
昔はPTAで汗を流した仲間たち。
今は同じ町内に住んでいても、ほとんど出会う機会がない。
「何だか七夕みたい」
雨のランデブーか。
白くなったり薄くなったりの頭が並ぶ。
てるてる坊主と言った方が似合うかも…。
Photo
紫陽花だよね

2015年7月17日 (金)

勝手だけど

いくら待ってもちっとも降らない雨。

なのに…。
明日の午後から、本県に台風が近づくらしい。
困ったな。
さんざん当コラムで雨を期待する記事を書いて、お前は何なんだ?
って言われそう。
明日は当地の夏祭り。
この日だけは避けて貰いたいのが本音。
祭りの前後はいいよ。
文句なしに嬉しいよ。
でも、最中じゃ…。
一昨年も酷かった。
祭りが始まって間もなく、落雷でなんと4時間も停電。
暗い室内はまるでサウナ。
それはそれで思い出にはなったが、嬉しかないよ。
雨…。
いったん降ったら、ちょっとやそっとで収まらないかもしれぬ。
悩むところだ。
Photo
今の主役 ノウゼンカヅラ

2015年7月16日 (木)

元気と言うか…

先日、青森県は平内町での事件に思わず!

70歳の兄と65歳だかの弟が喧嘩。
兄が死亡とのニュースが。
その年で?
と言うのもびっくりだが、内容も凄過ぎる。
兄がチェーンソーを持ち出し、それを弟が取り上げた。
次に兄は棒のようなものを振り回し、弟はなたで応戦。
場所は兄弟が管理する山林。
うーむ。
テレビドラマが出来そうだ。
なんて言っちゃいけないか。
それにしてもな。
その年でその気力、体力を持っていたんだ。
もともと不仲ではあったんだろうが。
双方の家族は複雑だろうな。
山林の管理でちょくちょく揉めていたらしい。
どっちかがいい加減だとこの悲劇は起こらなかった。
気が合わないのに、一緒に仕事する…。
やっぱり無理しちゃ駄目。
Photo
おじさんの枝豆 息も絶え絶え

2015年7月15日 (水)

雨乞いしたいな

一昨日の猛暑は何だった?

あれだけで終わってくれれば嬉しいの一言。
昨日、今日と日差しは強いが、風のおかげで過ごしやすい。
ありがたいよ。
今夜は窓を閉めて眠れそう。
ただねぇ…。
まとまった雨が欲しいんだ。
豪雨じゃなくてそこそこ。
地面にしっかり染み渡る程度が。
思わせぶりな曇り空。
もうちょっとで何とかなりそうでならない。
うーむ。
大事な農作物は成長が横ばい状態。
なのに雑草(ごめんよ)だけは元気。
それじゃダメよ。
職場の隣の畑を見るたびに切なくなる。
おじさんがせっかく植えつけた枝豆が干からびている。
去年は雨続きで水浸し。
3分の1ぐらいはものにならなかった。
今年は日照りか…。
優しいおじさんに気の毒で、声もかけられない。
神様。
どうか少しの雨、下さい。
Photo
葡萄は元気

2015年7月14日 (火)

ひといき

昨夜は暑かった!

寝苦しいったら。
今朝もそのまんまで頭がボーっ。
今年初めての熱帯夜だった。
やっぱりそうか。
施設訪問に出かけたが、施設内は全館エアコンが効いていて別世界。
作業棟は一部を除いてエアコンなし。
いやー、汗がダラダラ。
会う職員ほぼ全員、
「昨日よりはましじゃないですか?」
そうだね。
風が強いもん。
台風の影響か?
今夜は何とか眠れそう。
明日も最高気温は27度だって。
そう聞くだけでほっとする。
長期戦はお許しを。
Photo
先週の花と香合

2015年7月13日 (月)

騒ぐぞ

なんだよー?

朝から尋常じゃない暑さ。
動くたびに汗が噴き出す。
風が暑い。
いきなりはダメよって、誰に言ってるんだか。
職場も家も窓という窓を全開。
不用心だけどね、そんなこと構っちゃおれん。
今夜はタオルケット1枚だけでいいな。
夕方帰宅した家人。
「国道の温度表示35度だって」
5時頃、その気温て…。
うーむ。
更に夕方のニュース。
午後4時、弘前市最高気温37度越えたとさ。
でも温泉には行かなくちゃ。
湯上りは、ビールよりもスポーツ飲料の方がいいかも。
押入れの奥から扇風機を出し、頭にはタオル。
首筋には保冷剤を巻き付ける。
これがずっと続くなんて許せない。
騒ぐぞー!
我ながら切ないな。
Photo
お干菓子 津軽塗のなすびに載せて

2015年7月12日 (日)

そこまでで

起きた時は涼しかったけどなぁ。

そこからぐんぐん気温が上昇。
家中、窓を開け放す。
風は涼しいよ。
でも、この気温には負けた。
家人、ふらっとどこかへ。
帰ってきたらアイスクリームが手に。
団扇で扇ぎながらガリガリ君を。
おー、いい感じ!
じきまた汗が噴き出るが。
最高気温は32度。
何と北海道の帯広は37度越えって。
いきなりの高温に、北国の住人はついて行けない。
夕方、買い物に行った店内で涼む。
あぁ極楽。
でも、店外へ一歩出ると嫌ぁーな熱気。
不自然はいけないね。
あと数日だろ?
じっと我慢するわさ。
問題は明後日。
最低気温もかなり上がりそう。
これは辛いな。
何とか踏みとどまって貰いたい。
Photo
昨日のお菓子 

2015年7月11日 (土)

困る…

毎日快適な天気なのよね。

今年の夏。
連日雨で難儀している地方の皆さんにはごめんなさい。
何だか、秋みたい。
日中それなりの気温にはなるが、風が涼しいのなんの。
朝晩は、窓を開けてはいられない。
農家は嬉しくなさそう。
もう少しは雨欲しい!が、本音だって。
トマトの色づきもイマイチ。
多分、味もそうよね。
これじゃ夏物衣料、夏物家電に手が伸びない。
うーむ。
後ひと月足らずで「ねぷた祭り」だ。
今は宵宮のシーズン。
これじゃ浴衣姿も寒々しい。
秋もずれ込むのかしらん?
早いとこそれなりに暑くなってくれないと、差し障りがあり過ぎる。
世の大多数に有利な方が有難いな。
Photo
雨…好きだよね

2015年7月10日 (金)

どこまでが

3週間に1度の通院日。

爽やかな風が吹き抜ける好天。
カメラ片手にあっちへぶらり。
こんな日は通院も楽しいな。
しばし待合室で時間をつぶす。
普段は手に取ることもない週刊誌なんぞ…。
そのうちに呼ばれ、まずは血圧測定。
これが毎度のことながらドキドキもんで。
今日は上が110台。
下が60台。
ほっとはしたが何なんだろう、血圧って。
通院のたびに測っているが、数値はバラバラ。
あまりに一定しないのはいいことなのか。
何も言われないのにクヨクヨしてもな。
多分(?)正常値の範囲内。
健康のために悩んでどうする?
って、健康ってどういうことなのか。
そんなことを考えるあたりが不健康だと思うのだが。
Photo
夏だね!

2015年7月 9日 (木)

無神経

お隣岩手県の中学生自殺はショックだった。

一人の子供が、自分の短い人生にピリオドを打とうと決心。
SOSを周囲に発信。
でも、誰も真摯に受け止めなかった。
結果、彼は自らの意志で電車に飛び込んだ。
起きてしまったこととは済まされまい。
すべて自分の胸の内に秘めていたならまだしも…。
あんなに切ない文章を書いていた。
なのに、あの返信は何なんだ。
体調を崩しているとかで出て来ない担任。
全く把握していなかったと言う校長。
そして親。
亡くなってしまってからじゃ遅いだろ!
自分の子供だろう?
自分の生徒だろう?
その子がこんなことを書いていたら、普通はどうにかするだろうに。
人のせいにして逃げてる場合じゃない。
いったい何なんだ!
子供を守るのが最大の仕事だろうよ。
世間一般からのバッシングがどれだけあろうと言わせてもらう。
無神経にもほどがある。
何もしないことは重大な罪。
分かってないんじゃないの?
Photo
夏美人

2015年7月 8日 (水)

何でわかるの?

NHK夕方のニュースで、無戸籍児140余名と報道。

この数字はどこから導かれたものか。
我が家の3人。
頭をひねる。
4年に一度の国勢調査から?
母子手帳の交付数から?
口コミじゃないの?
3人てんでに推測。
分からん!
真相はどこにある?
何で無戸籍なんてことになるんだ?
いきなり空中から出現するわけないだろうに。
密入国ならあり得るだろうが。
戸籍の制度がこんなに充実した国で…?。
あーだこーだと口角泡飛ばして語るも、分からんものは分からん。
ニュースに出て来た人は、
「学校に行けなかったのでちゃんと字が書けない」と。
凡人の母には理解できん。
大人になるまで、この人はどこでどういう暮らししていたんだ?
親は何していたんだ?
不思議な話だなぁ。
Photo
なでしこの写真あったんだ!

2015年7月 7日 (火)

会えたかな

七夕だ。

一年に一度のデートの日。
彦星と織姫にとってはワクワクの日。
今朝の予報じゃ、東北地方と北海道の一部だけが晴れらしい。
さっき空を見上げたら、いくつかの星は見えた。
「天の川」か。
その姿は見えていなかったが、今はどうだろう?
普段の生活で、ゆっくり空を見上げることはまずない。
誰かの恋が実るように願うこともない。
夢がないよなー。
いつだってそばにあるものに目を向けない。
十分幸せだってことかもしれないな。
日中は暑かった。
夕方からは寒いぐらい。
恋する二人には関係ないか。
そういう時代もあったなぁ。
今は昔のお話ですが。
Photo
太陽の花? ひまわりじゃないけど

2015年7月 6日 (月)

血圧上がったね。

朝からなでしこの試合が気になって気になって…。

仕事が手につかないっての。
職場ののテレビはBSが見られない。
地上波の放送がフジテレビじゃ、青森県は見られない。
全く、なんてこった!
ここで言うのもなんだが、青森県人。
フジテレビの放映権は全然ありがたくない。
やめてよ。
何でこんなものに手を出すかな?
「韓流ドラマ」でいいじゃん。
あんなの嫌いだし。
仕方なく、仕事の合間にスマホでちらちら。
前半あっさり4点も決められた。
うー。
でも最終的には5対2。
そりゃオウン・ゴールが1点だけどね。
相撲で言えば、小錦と舞の海の対決ぐらい。
体力的に到底及ばない相手にここまで食らいつくとは…。
楽勝できる相手じゃないのは承知の上。
よくやったよ!
あんたたちは文句なしに凄い!
胸を張って帰っておいで。
Photo
咲く花の見事さよ

2015年7月 5日 (日)

今日はね

朝からスカーっとするわーん!

綺麗な青空、吹き拭ける涼しい風…。
梅雨が終わったんだ、イェーイ!
と、家人。
「まだ、梅雨明けしてないけど」
いいの。
気象庁の見解はどうでも。
母の中じゃ明けたのよ。
世界の中心で叫びたい気分。
こういう時は何を聞こうか。
と、頭に降って来たのが懐かしやバリー・マニロウ。
まずは何から行こう?
一番好きなのは「歌のおくりもの」
次は「愛に生きる二人」
その次は「マンディ」か「コパカバーナ」あたりを。
いや待て。
シカゴもいいな。
たまに聞きますか「素直になれなくて」
わー、ス・テ・キ!
すっかり青春時代(?)にプレイ・バック。
ふふふ。
白髪頭のおばん、空想の世界に飛んだのよ。
Photo
街角で

2015年7月 4日 (土)

その時が来るまで

どうしても…。

読みたい本が次々出て来る。
店頭に並ぶ本。
それほどの時間があるわけじゃない。
うかうかしているとすぐ姿が見えなくなる。
で、最低週に一度は本屋で数時間過ごす。
今週から、別な本屋に行かなきゃ。
ところが、慣れない本屋だもの。
まずはどこに何の本があるかリサーチ。
店内が広いほど、探すだけで一苦労。
うーむ。
腰が疲れるぜ。
やっぱりところどころに椅子が欲しいな。
ついでにドリンクも飲めれば…。
と、要求がエスカレートしちまう。
ま、いいじゃないの。
あくまで母の妄想だし。
今日、お茶の稽古後、師匠に
「あんた。本の処分はどうしてる?」
実はなーんもしていない。
置き場所に困っているのが本音。
「もう一度読んでから決めようとは思っているけど」
その日はいつ来るんだろう?
師匠は、せっせと業者に渡しているそうな。
でもあの方。
お年だから…ね。
Photo
今日の床の間

2015年7月 3日 (金)

大丈夫?な、わけないね

関東以南は、毎日大雨なの?

テレビの気象情報を見るたびにそう思う。
今日は千葉県が大きく報道されていた。
画面で見る街の様子に唖然。
道路は川の様相。
水没する車、水浸しの歩行者。
これじゃ雨具は用をなさないな。
当地はもう少しは雨が欲しいぐらい。
どこぞに集中して降らなくても…。
これも毎日、場所が変わるんだろうし。
そう言えば、噴火騒動の箱根町も、ほとんど影響がない所もあるそうだ。
夕方のニュースで、涙ぐんでいたおじさん。
風評被害で客が激減したそうで。
気の毒だなぁ。
でも、どこが危なくてどこがそうじゃないか、よく分からない。
きちんとした情報はどこで得られるのだろう。
マスコミの皆さん。
政治家をやっつけることだけが仕事じゃないと思うよ。
Photo
夾竹桃?

2015年7月 2日 (木)

変幻自在

どこの国だっけ?

一日のうちに四季があるのは。
今日の当地はまさにそれ。
朝はいい天気。
が、昼近くから今にも降り出しそうな雲行き。
内心困ったなぁ。
数日ぶりに、洗濯物を盛大に外干ししたんだもん。
仕事が終わったら、まずは帰宅して取り込まなきゃ。
ハラハラドキドキしているうちに、空が明るくなりだした。
ならば食材の調達に。
その頃はカンカン照り。
青空に涼しい風。
あぁ、なんて爽やか。
ところが夕方はまたまた曇り始め…。
ぽつぽつ雨が。
こんなにめまぐるしく変わっていいの?
母は困るんだ。
ま、なでしこが勝ったんだからいいか。
関係ないけど。
Photo
咲き乱れて

2015年7月 1日 (水)

しょうがない 雨の日は

雨が降らないとこぼしつづけた当ブログ。

それが一転、梅雨に突入した途端。
雨と低温のダブルパンチ。
いやぁ雨の神様。
しっかり仕事してますぜ。
夕方温泉であったおばん。
笑顔で「恵みの雨だわ」
そうかい。
あんたが嬉しけりゃ母も喜ばなきゃね。
しょぼしょぼ降り続ける雨ならま、いいか。
午後、所用で駅前に出かけたが、用事を済ませた頃から雨が強く降るように。
うーむ。
やっぱり傘がないと…。
で、折り畳み傘を買い込んだ。
帰り道、つらつら考えてみたら、ここ数か月で買った傘は何と3本。
1本目は頑丈さを一番に買ったものの、母の手じゃ開閉がしんどい。
2本目はコンビニの透明ビニール製。
職場に置きっぱなしだ。
折り畳みできないので、いつも持ち歩くにはちょっと。
で、今日の傘。
雨にはつきものだが、皆様方、いったい何本お持ち?
Photo
紫陽花いろいろ

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

最近のトラックバック

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30