無料ブログはココログ

キムリン・ホリスティック・ワールド

  • 金 香百合
    いつも心に太陽を 悲しい時、辛い時、誰かに慰めてほしい時、キムリンはいつもそばにいてくれる。もしかしたら、みんなの守護聖人かも?

cocoa青森

  • COCOA青森
    COCOA青森の会員限定サイトです。あたたかい心と少しの時間を、メンバーと共有して下さる方を募集中です。

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

元気過ぎるよ

回復途中の腰痛で、おっかなびっくりの母。

明日から6月というのに「衣替え」はまだ。
袖まくって当面は…。
母の窮状(?)を無視して、夏草が勢力拡大の一途。
うーむ。
さすがに何とかしないと。
家人
「そのうち会社から草刈機を持って来て綺麗にするからさ」
待ってられないよ。
と言うのも、家人にとっては裏庭全部が雑草らしいから。
一応、ニラも茗荷もアスパラガスも鈴蘭だってあるんだけど。
ま、みんな緑色じゃ見分けつかないか。
去年は、全部刈りこまれてがっくりの母だった。
友人にこぼしたら、
「大事なものの周りに白い小石を置いたらどう?」
そのためにはホームセンターへ行かなくちゃ。
それもなぁ。
昨日は、鋏で短く切り込んだ。
残り3分の1は鎌で切るか。
そのためには鎌を研石で研ぐ必要が。
母の腕じゃ切れ味もイマイチ。
が、バッサバッサとぶった切った。
たかだか30分の作業に汗ダラダラ。
なんでこんなに元気なんだ!
か弱い方が好きだよ。
Photo
草と花の違いは?

2015年5月30日 (土)

慣れるのも

昨日の口永良部島の噴火。

住民の日頃の備えがものを言ったと報道。
そうだよな。
一人の犠牲者も出すことなく、スムーズに移動できた。
なかなかそうは行かないのが常。
天変地異がやたら多い我が国。
ちょっとやそっとじゃ慌てない。
パニックに陥らないことがなにより大事。
なんて書いていたら、テレビで地震報道が。
小笠原あたりで震度5強だって。
かなりな強さじゃないの?
もしかしたら…。
が、津波の心配はないらしい。
ならまだ。
NHKは大忙し。
気象庁も大忙し。
何だかこの手のニュース、最近多過ぎて驚かなくなった気がする。
「慣れは侮りを生む」
これは怖い。
ある程度の慣れはいいが、慣れ過ぎは危険だ。
心しないと。
Photo
見るからにハッピーな色、形。可愛い!

2015年5月29日 (金)

いきなりキター!

職場も月末の支払いの日。

午前中、そのためあっちこっち歩き回った母。
ひと通り済ませて職場に帰ったら、同僚オーラ。
「南の島で噴火があったそうで、NHK忙しそうだよ」
今度は噴火か。
このところ日本列島、地震が多いなと思っていたが。
地殻変動なのかね?
どうやら鹿児島県の口永良部島らしい。
噴煙が凄まじい勢いで画面を覆う。
全島避難とな。
危なくていられないもんな。
それにしても、事前に注意喚起はなかったの?
正直、いきなりキター!印象。
夕方のニュースじゃ、島民は全員、屋久島に避難できたそうでホッ。
期間がどれぐらいになるかは分からないが、命には代えられない。
自然現象には逆らえない。
火砕流か。
雲仙普賢岳噴火のニュース映像が甦る。
逃げまどう人々のすぐ後ろを、黒い噴煙が追ってきた。
噴火の2年後、その場所を通りかかったが、灰に埋まった光景は不気味そのもの。
口永良部島もあぁなるのか…。
Photo
都忘れ

2015年5月28日 (木)

あしながさん

先日のこと。

早朝、ごみ出しに出たら近所のNさんが手招き。
「あんた。腰を痛めただろう?」
何で分かるの?
「あんたの歩き方を見てピンときた」
実はね…。
ひと通り話してじゃあね。
母はこれから朝食だし。
10分後ピンポーン。
出たらさっきのNさんで。
「自分が前使っていた腰痛ベルトだけど、どう?」
ざっと付け方を教えてくれて、ついでにって湿布剤も置いて行った。
夕方、駐車場で会った隣の奥さん。
「もしかして腰、痛めてない?」
やっぱり分かるんだ。
話をしたらその奥さん。
某外科医院に勤務しているそうで。
「ちょっと待っててね」
またまた湿布剤をごっそりくれた。
日頃は、挨拶と簡単な会話だけの間柄。
こんなに親身になってくれるんだと思わずじーん。
母、急な腰痛で戸惑い気味だが、これがなければこの人たちの暖かさ。
きっと感じることがなかった。
あしながさんは身近にいるんだね。
ありがとう。
Photo
なでしこちゃん2

2015年5月27日 (水)

どうして?

夕方、ある書類をグループ・メンバー各自にファクシミリで送ったんだ。

そしたらさっき、その中の一人から
「白紙なのでもう一度送って」って。
そうかいと再び送ったが、またも白紙と連絡あり。
うーむ。
これはどこに問題があるんだろう?
昨日、我が家に来たファクシミリには何の問題もない。
送る機能に問題があるのか。
相手側の機器に問題があるのか。
別なメンバーにも聞いてみないとな。
メンバー全員に間違いなく(?)届くのは郵送だけか。
多少時間はかかるにしても。
通信手段はいろいろあるが、最後はアナログが勝つんだ。
機器も電気もいらない。
紙と切手だけ。
今更ながら納得。
Photo
なでしこちゃん

2015年5月26日 (火)

暑い!

昨日、今日と時ならぬ暑さ。

いきなりかよ。
北国なんだからさ。
と、ついガラの悪さが出ちまうわ。
南の方が、真夏並みの気温だと言うのは知っていたが…。
まだ鉢植えの花も外に出していない。
自然界のオキテに刃向っているんだろうか。
それでもまだ、朝晩の涼しさで凌げるな。
町はすっかり夏気分。
若いお方は半袖が当たり前。
でもなー。
おばん、おじんは外出するのも一苦労。
上着、帽子は必需品。
強烈な日光にはサングラス。
同僚オーラは、日光湿疹が出るのでスカーフも。
あ、手袋もだ。
これだけ重装備だと、見た目は不審人物そのもの。
やっぱり外出は控えるか。
世のため自分のためと、我が身に言い聞かせて。
Photo
涼しげな美女

2015年5月25日 (月)

揺れてるんだ

箱根に続いて浅間山も地震が増えているそうな。

火山国だから仕方ないが。
日常生活への影響は、なるべく少なめに願いたい。
午後、整形外科に出かけた母。
治療が始まろうとした時、看護師が
「茨城あたりで大きな地震があったらしいですよ」って。
病院内の10名近く。
一斉に待合室のテレビにくぎ付け。
震度5弱はかなりだよ。
大丈夫?
そりゃ当地にダメージは全然ないけど。
日本列島の地下はどうなってる?
この頃多いなー。
津波がなきゃそんなに心配することない。
この時ばかりは、みなきょうだい。
人類愛で連帯する。
大した被害はなさそうで良かったね。
落ち着いてから誰かが
「治療中に大きな揺れが来たらどうする?」
あぁ。
母は、ただ呆然とするだけだと思うよ。
Photo
酸っぱい思い出 すぐり

2015年5月24日 (日)

ぼちぼち断捨離

ものぐさな母も、さすがに何とかしないと。
衣替えを目前に、一気に暑くなったこの頃。
目に入るものからすっきりさせないと。
改めて「断捨離」の本を読み直す。
毎日15分片づけることから始めよう。
母の場合。
資料と称しているものをまず。
数年前、ある会合でお会いした方。
さる大病院の婦長職だったが、
「3年前の資料は処分します。読み返すことはまずないので」
そうかもしれぬ。
膨大な紙の量から、必要なものを抜き出すのだって大変。
どこに何があるのか把握できないんじゃね。
服でも本でも、手に取る数は知れたもの。
若い時分ならいざ知らず、初老にもなれば。
今まで何度かその気になったが、結局は挫折ばかり。
そうだ!
家人の禁煙宣言とおんなじ。
整理整頓が大好きな友人は
「夜逃げできる程度の荷物で暮らせるよ」
でもそれって、あんまりじゃないの?
Photo
昨日の道具類

2015年5月23日 (土)

やっとのことで

日頃丈夫な我が息子。

咳が長引くことほぼひと月。
病院嫌いの奴。
市販の風邪薬でごまかしていたが、さすがにね。
「もしかしたら結核?」
夕方から微熱でもあるの。
ないらしい。
「じゃ気管支炎?」
寝ている時咳していないじゃん。
母からのとどめの一言
「そんなに心配なら病院へ行けば」
夕方、帰宅した奴の手には白い袋が。
「今の風邪なんだって。喉が荒れているって言われたんだ」
それからせっせとうがいに励み、きちんと薬を服用し、早めに寝ているようで。
ついでにヴェポラッブ塗ったら?
「塗ったところがべたつく感じが嫌」
あぁそうかい。
そんなことより、喉の爽快感の方がずっといいと思うけど。
子供もね。
小さい時なら有無を言わせず塗りたくるんだが…。
大人になると面倒で…。
「泣き言言うんじゃないよ」
これはあくまで心の声。
ナイショないしょ。
Photo
今日のお花 カンボク

2015年5月22日 (金)

ライブいい!

今夜は、コンサートへ行って来た。

ソプラノの森麻季、ピアノ横山幸雄の豪華版。
会場は弘前市民会館。
音響が良いので有名な所。
歌声もピアノも冴えるなー。
隣のAさん。
「天は二物も三物も森さんに与えたのね」
本当に美しい人。
場内溜息。
横山さんのピアノの音も躍動していたなぁ。
CDで聴く曲も多かったが、ライブの音は迫力が違う。
アーチストと観客が一緒になって作り上げる濃密な時間。
2時間は夢のよう。
終わった途端、空腹だったことに気付いた。
現実との落差にがっくり。
ま、そんなもんか。
Photo
馬酔木だっけ?

2015年5月21日 (木)

どっちかな

職場のノート・パソコンが突然OFF。

直前の画面に、バッテリーを交換せよ。
そうか。
もう10年ぐらい使ったしな。
替え時か。
午後、購入した大手家電品店へ。
担当のカワイコちゃん。
早速調べてくれたが、取り寄せに1週間以上。
価格は14,000円ぐらいだって。
仕方ない。
お願いね。
と、カワイコちゃん。
「そのパソコン、バッテリー交換だけでいいか、本体の故障か確認してからの方がいいんじゃないですか?」
そうだよね。
なんて優しいんだろ。
そのひとことがなきゃ、単細胞の母。
一気に前のめり。
その後がっくり…なんて毎度のこと。
明日、確認してからカワイコちゃんに連絡することに。
さてどっち?
バッテリー交換だけで済んで欲しいが。
Photo
サクラソウって?なんでこの名前。

2015年5月20日 (水)

責任あるもん

さて今年、母は、町内会の班長なんぞを引き受けていた。

それも2つ。
1つはある事情でここ数年ずっと。
もう1つは数年に1回。
主な仕事は、月2回の町内会誌配布。
町内の気になることを報告。
その程度のことだが、年度初めは町会費の徴収がある。
例年4月下旬から5月上旬がその時期。
ところが、母の体調のせいでずれこんだ。
該当世帯には、今日の夕方集金予定と連絡。
どこも準備して待っていた。
お金はなるべくなら早く、然るべき所へ持参したい。
手元に置くのは怖い。
もし、不在の時、紛失したら…と思うと、おちおち寝てもいられない。
人の迷惑省みず、町内会の上の方に、夕食時届けて無事終了。
うーむ。
ものの本に、健康で長生きの秘訣というのがあった。
いい人をやめよう。
不義理をしよう。
そうだよな。
じゃ、すぐそうできるか?
これがね。
引き受けたらやらなきゃ。
話が来た時、すぐNOと言えるか?
無理。
不健康で、そこそこいい人でしか生きられない。
諦めましょ。
Photo
美味しそうな(?)花

2015年5月19日 (火)

鬱陶しい空

昨日、今日と灰色の空。

昨日は妙に暑かった。
こんな時は思いっきり雨が降ればすっきりするんだけど。
これがね、期待に反してしょぼいやつ。
うーむ。
南の島は梅雨入りしていたそうで。
例年よりは遅めらしい。
そうか。
桜前線は駆け足で、梅雨前線はゆっくりなんだ。
別にいいよ。
当地、田んぼに水が入った頃、気温も低めになる。
今がまさにそう。
夜ともなれば遠くで蛙の合唱が聞こえてくる。
水辺のあやめが美しい。
写真が綺麗に撮れるんだが、足元にまだ自信が…。
ゆっくり温泉に浸かった昨夜。
痛みはまったくなかったことにホッ。
でも、調子に乗ると後が怖いしなー。
ぼちぼち行きましょ。
Photo
白は高貴

2015年5月18日 (月)

こわごわ

しばらくぶりに夕方の温泉へ。

おっかなびっくり指定席(?)。
時間を気にしながら入浴。
医者の
「体を温めないで。痛みが出るから」
が、頭をよぎる。
いつまでも大事にばっかりしちゃおれん。
毎日の仕事だって、そろそろ元に戻らなきゃ。
シャワーでずっと我慢してきた。
それでも…。
根が小心者。
温泉の床を歩くのも正直怖い。
お湯に浸かるのもひやひやもので。
早めに切り上げ恒例の晩酌。
今のところは体調に変化なし。
これでスタスタ歩けたら…。
あぁ、高望みはいけないね。
Photo
つつじも盛り

2015年5月17日 (日)

さてどうなる?

今日が投票日だったな。

「大阪都構想」
投票率は50%行くかどうか。
賛成、反対共に拮抗するんだろうな。
二重行政の弊害打破の切り札になるのか?
それとも…。
正直、大阪が都になるってどういうことなのかもよく分からない。
単純に行政の無駄を正すきっかけと考えればいいのか。
ものごとをひっくり返すには、強力な指導者と理念、時の運が必要だ。
地方から見て?と思うのは、自民党と野党がタッグを組んで反対していること。
それも、共産党が仲間って…。
うーむ。
不思議だ。
あり得ない組み合わせ。
ここまで野党が束になると、裏を勘ぐりたくもなる。
そこにはそこの事情があるんだろう。
今夜中には決着がつくはず。
直接関係ないが、ドキドキするのはなぜ?
Photo
今が見頃

2015年5月16日 (土)

暴走する婆

午後はお茶の稽古に。

姉弟子の一人が、股関節の手術のため今月中に入院、手術が決まった。
膝の腫れに悩まされていた姉弟子は、何とか苦痛から解放。
外反母趾の妹弟子は経過をみることに。
小康状態の母。
身内に病人を抱える弟子。
社中は高齢化と、それに伴う諸事情で沈みがち。
が、やっぱり師匠は…。
会うたびにパワフルになっていく。
稽古後の雑談で、来週は姉弟子の「壮行会」。
退院後は「快気祝」の茶事を開催すると宣言。
招待客の人選、懐石料理の検討、弟子たちの着物に至るまで、次から次へとアイディアを披露。
母を始め、一同、呆気にとられる。
うーむ。
イベント大好きの面目躍如。
水を得た魚の如し。
もはやこのお方の暴走を止める術なし!
それにしてもな。
入院する前からこの調子じゃ、先が思いやられる。
きっかけを作った姉弟子。
ぽつんと
「言うのが早過ぎたんだね」
一同…。
Photo
今日の床の間

2015年5月15日 (金)

様変わり

明日は、運動会の予定の学校が多い。

なのに今夜から明日の朝にかけて雨の予報。
夕方からしっかり降り出して、気を揉んでいる親子も多かろう。
ン十年前、息子はこの行事が大嫌いだった。
1週間前から、てるてる坊主を逆さにして拝んでいた。
なのに、開始時刻によほどの大雨でもない限り、決行されるのが常。
しょんぼり学校へ。
さて、家人と母。
運動会となりゃ、お弁当広げて酒盛りに忙しい。
友人知人が1か所に集い、子供の順位なんぞそっちのけで大騒ぎ。
ありゃ楽しかったなぁ。
なんて職場で話していたら、今、運動会でアルコール全面禁止なんだと。
そんなの、面白くないじゃん。
ま、知人からのお誘いも、ここ何年もないが。
どうもね。
「運動会」という、学校行事にふさわしくない光景らしい。
うーむ。
うちの息子なんてのは、むしろ親が騒いでいてくれる方が有難そうだけど。
ま、これだけ夜の間降られると、会場でじっと応援するのも辛かろう。
教育ってしんどいもんだなぁ。
Photo
未だに名前知らず

2015年5月14日 (木)

自由は不自由

腰痛が改善しないうちは無理ができない我が身。

少なくとも、痛み止めを処方されているうちはねぇ。
おかげで毎晩出かけていた温泉。
温泉から帰った後の晩酌。
カメラを持ってウロウロ。
買い出し。
あぁ、ほとんど禁止で時間余るったら。
体があったまれば痛みが増すと言うんじゃ…。
温泉まで出かける意味ないよ。
晩酌の量はガックリ減った。
カメラを持って出ても、職場と家の間だけ。
買い出しは家人と一緒でないと…。
仕事帰りは通院だけ。
夜もさっさと寝るようになった。
当然、朝も早い。
5時前にはもう頭が冴える。
こんなに自由に使える時間が増えたって言うのに、どこへも出られない。
一日が30時間だったらなんて夢想していたのに…。
せめて温泉に思いっきり浸かりたい。
家のシャワーじゃ物足りん!
ビールがまずいよ。
Photo
目に青葉(?)

2015年5月13日 (水)

朝からびっくり

起きて30分もしないうちに、テレビと携帯から警告音が鳴り響いた。

すわ!
緊急地震速報…。
これは怖いね。
揺れ始めるまでの時間が短い。
ボーっとしている間に揺れが来た。
もっとも当地、騒ぐほどではなかったが。
震源地は震度5強。
津波の心配はなし。
こうなるとNHKでなくちゃ。
民放なんぞ見ちゃおれん!
広い範囲の情報をくまなく、CMなんぞに邪魔されずに放送してくれる。
やっぱり我が国の耐震建築は凄い。
他国ならもっと他愛なく(?)壊れる感がある。
さて職場。
同僚2人と情報交換。
スマホじゃ緊急地震警告音が流れないのかと言う話に。
母のスマホも静かだった。
でも以前は、流れていたような気もするが。
設定が知らない間に変わっていたのか。
うーむ。
我が家は、家人と息子のガラケーがやたら元気だった。
でも一斉に鳴り出すと心臓に悪いって。
Photo
夏が来れば思い出す

2015年5月12日 (火)

次々に

午前中はぽつぽつ程度だった。

昼頃から本格的な雨。
まだおぼつかない足元じゃ、この雨の中おっかなびっくり。
なんだか肌寒い。
小さいストーブに点火。
暗い空。
しとしと雨の音。
テレビを見ながらつい…。
五月に台風情報か…。
いろいろな言葉が次第に遠のいて行った。
目覚めたらもう夕方。
ボーっとした頭でまた、台風情報。
こっちにまで来るのかなぁ。
箱根の地震はどうなった?。
ネパールでまた大地震か。
うーむ。
大変なことが次々起こっているんだ。
ネパールって多分、今の季節は寒いんじゃないの?
雪崩が発生しなきゃいいが。
Photo
リラは今

2015年5月11日 (月)

ついにこの日

世を儚んだ(?)この8日間。

痛みに耐え、忍び難きを忍び、涙を流した日々だった。
が、ようやく回復の兆し。
ゆっくりなら、びっこをひかず20分歩くことができた。
その後の疲れも大したことはない。
痛み止めの服用は、もう少し続くだろうが。
歩く速度は、元気な時の半分以下。
距離は3分の1以下。
でも嬉しい!
歩き始めた子供のよう。
景色を見る余裕なんかなかったが、今日は久しぶりにところどころ立ち止まる。
新緑がまぶしい。
空気が爽やか。
あぁ幸せ。
これならもう、夜中に痛みで悩まされることもなさそう。
今夜は早めに布団に入るんだ!
朝まで爆睡するんだ!
神様。
ありがとうございました。
Photo
元気色

2015年5月10日 (日)

母の日か

「母の日」と言うからには、母をねぎらうための日のはず。

去年までは、母もエラソーにこの日を迎えていた。
たとえカーネーションがなくても。
特別なお礼の言葉がなくても。
御馳走が並ばなくても。
が、今年は何としたことか。
同僚たちを始め、家族には世話になりっ放し。
健康体であればこそ、強気なことも言えるのだ。
我ながらあまりに殊勝で涙が出る。
しみじみ当たり前な日常が有難いと思う。
いつでもどこでも出かけることができる。
食事に文句をつけながらも食べることができる。
洗濯物を外に干すことができる。
不自由をかこつことで感じるものがあるんだな。
昔、入院生活をしていた時は、野良猫が羨ましかったっけ。
あの頃は独身。
今は、頼める人たちがすぐそばにいてくれる。
今年は、母が感謝をする日。
ありがとう。
Photo
遅めだけど

2015年5月 9日 (土)

何の因果で

知人は、数週間前に警察官の訪問を受けた。
疑い深い知人。
身分証の提示やら警察署への照会、更に証人の同行まで求めてようやく納得。
知人宅の近所の家を監視するカメラの設置を依頼された。
O.Kはしたものの、自分の家なのに落ち着かない気分だったそう。
件の家と付き合いは全くない。
どんな住人が住んでいるかも知らない。
その依頼が来るまで、何の関心もなかった。
もちろん、警察も詳細を知らせてはくれなかった。
「普通の生活をしてほしい」とだけ。
ところが、そう言われると途端に窮屈な気持に。
だいたいどのぐらいの期間なのか、見当もつかない話。
イライラドキドキの数週間。
数日前、再び警官がやって来てカメラを撤去。
「片付いたんですか」と聞くと頷いたが、これまた詳細は知らされず。
ま、いいけど。
最後に謝礼金が入った封筒を渡され、領収証を書いた。
「ほんとに現実のことかいな」
自分でも狐につままれたようだって。
知人、電話の最後に
「あんた。そのうち遊びにおいで。封筒の写真撮ってよ」
こんな体験する人。
めったにはいないだろうな。
でもこの人の周囲には、この手の事件(?)多いんだ。
いったい何の因果で?
Photo
うつむく美人

2015年5月 8日 (金)

負けないぞ

相変わらず職場と病院の往復。

目に見えて回復…なんてことがあるわけもない。
職場の事務仕事をしていたら、テレビから流れる健康食品の案内。
うーむ。
言葉が巧みだなぁ。
顔の売れた芸能人だと説得力もありそう。
時間や数量を限定して追い込む手口。
今の母だって、殺し文句にコロッと行きかねない。
危ないぜ!
友人、知人にもこの手のセールスに捕まった(?)人は多い。
信じる者は救われる…か。
それで軽快するなら医者も病院もいらないよ。
あーぁ。
いつまで続くか、この辛さ。
じっと待つ身の切なさよ。
Photo
仲良くしようね

2015年5月 7日 (木)

嫌いだもん

久しぶりの仕事。

張り切って出かけたはいいが…。
どうにも左足がだるくてね。
やっぱりな。
同僚オーラ
「早いとこ病院へ行っておいでよ。自力で治るとは思わない方が」
そうですか。
午後2時過ぎに近くの整形外科へと。
レントゲン写真を撮り、電気マッサージを受け、とどめはでっかい注射。
あぁ。
足の痛みは腰から来ていて、背骨がすり減っているんだって。
加齢ゆえよね。
うーむ。
そう言う話はあちこちから聞く。
ついに母も仲間入り。
痛み止めの薬も貰った。
「長くかかりますよ」って医者が。
ってどのぐらい?
聞きたい思いをぐっとこらえた。
「人によります」って言われるのがオチ。
それにしてもあの注射器。
でか過ぎた。
病院なんか大嫌い!
Photo
慰めて

2015年5月 6日 (水)

いつもの日常が

連休ももうおしまい。

なーんもせずに、グータラして終わり。
正月以来だな。
いや、少なくとも正月は雪かきをしていたはず。
ま、腰痛だもの。
諦めましょ。
明日からの仕事に備え、家人と買い物に出た。
ここのスーパーの人出と言ったら…。
その買物の量と来たら…。
未だ当地、大家族が多いんだろうな。
近所でも、夕方、庭先でバーベキューしている光景をよく見る。
帰省客が県外からとばかりは言えない。
近隣市町村なら、今夜に帰宅してもいいわけだ。
迎える側は大忙し。
送る際には大量の土産を持たせる。
地域経済には大いに貢献。
喜ばなきゃ。
市内、まだ県外ナンバーの車を結構見かけるが、休暇がばらけているんだろうか?
Photo
ハナミズキの季節

2015年5月 5日 (火)

ちょっとぐらい

引きこもり生活も疲れる。

少しは体を動かさにゃ。
たとえ運動神経ゼロだとしてもだ。
朝から晩まで、本を読んではこっくりの繰り返しじゃぁね。
これじゃいかん!
母、長く歩くのがダメなわけじゃない。
動作から動作への切り替えに難儀しているだけ。
そりゃ部分的に痛みはあるが。
昨夜から雨。
夜中からは強風が吹き荒れた。
雨に洗われた木や花が見たい!
恐る恐る家人にお伺いをば。
「いいけど。その辺だけにしてね」
雨と風で気温が低めになったような。
いや、この時期にしては暑過ぎた。
これが普通よ。
上着を着込んでカメラを持って近所を歩く。
ハナミズキが盛りだ。
綺麗な庭が多いな。
我が家の庭は…。
残念ながら、母の体調のせいで手入れが…。
と、言うことにしておこう。
Photo
藤も咲いたのね

2015年5月 4日 (月)

プチ引きこもり

昨日よりは少し腰の具合がいいようだ。

が、ここで無茶をしたら多分…。
毎日1万歩以上を、らくらく歩いていた我が身。
寝る前の歩数計の数字が3,000歩台なんて。
インフルエンザで寝込んだ時以来。
落ち込むぜ。
仕方なくたまった本を読みだす。
つい夢中になるのだが、座りっ放しも腰には辛い。
目も霞むしなー。
肩も凝るしなー。
こんな時は、気分転換に散歩が一番なんだけど。
家人が一日中テレビの前に陣取っていて、母の不審な動きを監視(?)。
おとなしくしているしかないじゃん。
あぁいまいましい!
Photo
咲き誇る花 逢いたい!

2015年5月 3日 (日)

違いが分かる?

夜中に寝返りを打った時、腰に異変を感じて目が覚めた。

どうも捻っちまったらしい。
体の左側がやばそう。
右側には何の問題もないんだが。
右手首の不調が続いていて、かばっているのが裏目に出たか。
うーむ。
やっと休みだっちゅうのに…。
朝、布団から這い出るのも恐る恐るで。
それでなくてもトロいのになぁ。
さすがに家人。
「あんた。何もしなくていいから」
普段もサボりがちな家事一切を、家人に丸投げ。
大事を取って(?)寝て曜日。
これがね…。
何もしないというのも苦痛なんだな。
そんなに寝られるわけでもない。
若い頃の入院生活を思い出す。
と、イギリス王室のキャサリン妃。
出産当日に退院のニュース。
旦那のウィリアム王子出産の時も驚いたっけ。
母なんか、出産翌日は腰が抜けてまともに歩けなかったが。
体のつくりが全然違うんだろうな。
Photo
  梅花うつぎ 二人静  香合は紙風船

2015年5月 2日 (土)

休みだもの

連休初日だ。

午後、お茶の稽古に出かけたものの、それ以外は何の予定もない。
明日から正真正銘の4連休。
なーんもしないで楽するつもり。
散歩も控えめにしよう。
毎日、あくせく動きすぎる。
せっかちな性格のせいよね。
ところで…。
人間、ぼーっとしていられる時間てどのぐらい?
あくまでも平均よ。
意外に少ないのではないだろうか。
母だって、半分居眠りしながら、あれしなきゃという気分になるもん。
だからって仕事中毒じゃない(と、思う)。
たまったヴィデオ三昧と行きたいが。
家人と毎日一緒だとそれもできかねる。
見たいものがほとんど不一致。
この年でチャンネル争いも大人気ない。
寝たり起きたりって病人じゃあるまいし。
年末年始なら「寝正月」と言う言葉があるのになぁ。
こんないい天気だと、どこか後ろめたい気が。
Photo
散歩道で

2015年5月 1日 (金)

休暇の前は

明日から5連休ね。

これだけまとまった休みは正月以来。
もう今年も半分近くになったんだ。
早いなー。
なんて言っている場合じゃない。
急に暑くなったんだもの。
衣替えをしなくちゃ。
今日はまず靴の整理から。
冬靴をしまって夏靴を出す。
そうだな。
この際、スニーカーも新しいのにするか。
あらかた片付いた頃、散歩を兼ねてスポーツ用品店へ。
これがね…。
あまりに種類が多過ぎて、どこから探したらいいものか。
母が欲しいのはサイズ22.5㎝。
色は白、または、ほんの少し淡い色が入っている程度。
毎日1万歩歩いても、足にダメージが来ないもの。
難しくないと思うんだけど。
売り場でこれを探すのはひと苦労。
足元がそんなに目立ってどうするんだ!
と、言いたいぐらい奇抜なものだらけ。
スポーツマンならいいだろうが、母じゃあね。
近くにいたカワイコちゃんに助けを求めた。
さすがは店員。
あんたのお勧めにノッちゃうよ。
約4千円の出費。
これが軽いシューズなんだわ。
おまけにメッシュで。
これからの季節にはバッチリ。
さ、明日から歩くぞー。
Photo
靴が鳴る(?)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

最近のトラックバック

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30