無料ブログはココログ

キムリン・ホリスティック・ワールド

  • 金 香百合
    いつも心に太陽を 悲しい時、辛い時、誰かに慰めてほしい時、キムリンはいつもそばにいてくれる。もしかしたら、みんなの守護聖人かも?

cocoa青森

  • COCOA青森
    COCOA青森の会員限定サイトです。あたたかい心と少しの時間を、メンバーと共有して下さる方を募集中です。

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月31日 (水)

今年も終わるぜー!

例年のことながら、大みそかは朝から夕方までバタバタ。

毎日少しずつやってりゃ…。
ゴールが見えないとその気にならない因果な性格。
んにゃ「天邪鬼」なんですな。
一日でゴミ袋が4つも。
そう言えば、年末年始はゴミ収集も休みなんだった。
仕方なく車庫の奥へ運び入れ、シャッターを閉める。
食べ物の匂いで、猫が荒らしたりするからね。
車庫の掃除までは手が回らない。
ここ数日は雪もたいして降っていない。
雪かきで苦労なんかしていたら、正月準備なんて無理。
家人はのんびりテレビに見入り、母はこれから年賀状作りに励む予定。
あくまで予定ですがね。
後数時間で今年も終わる。
今年の漢字は、母的には「嘘」だと思う。
来年は「真」と行きたいね。
皆さん、良いお年を。
Photo
最後は赤

2014年12月30日 (火)

毎度お馴染

今年も後1日で終わる。

ついにそこまで来た。
時間は情け容赦なく過ぎて行く。
連動しないのは母の頭よね。
9連休のはずが、雑用が多いんだもん。
最後には開き直るんだわさ。
「埃やごみで人は死なない」とね。
何もこんな寒い時期に(なら秋にやれよ)、掃除しなくたって…。
正月準備の料理。
市販品で対応しろよ。
よくもこんなに言い訳できるなー。
我ながら赤面しちまう。
結局、当初の壮大な計画は見事にポシャり、なんら新味はない。
でもね…。
天の助けか。
夕方から雪が舞い始めた。
ふふふ。
小さい声であ・り・が・と・う
Photo
去年の正月飾り

2014年12月29日 (月)

懺悔の値打ちも

気持だけが焦るわ。

家の中は、一日中仕事したにもかかわらず、たいして片付いた感じはない。
うーむ。
後2日しかないってのに…。
と、心の声が囁く。
「普段から出鱈目だからだよ」
仰せの通り。
何かの本には、一人1つの品物を毎日、家の中に持ち込んでいると書いてあった。
母は、1つどころじゃないんだな。
いつか何かの役に立つだろう。
なんてのはただの思い込み。
この年まで生きたら、いい加減学習しても良さそうなもんだが。
進歩ないよ。
お金もそうだな。
「残ったら貯金しよう」なんて、できっこない。
つまり、夢追い人(?)ってことですね?
年末だからね、綺麗に決めましょ。Photo
冬の花

2014年12月28日 (日)

急がないと

連休2日目。

今日はお寺へ行かないと。
昨日に続いて穏やかな好天。
今のうちにできることはしておこう。
昨日の生け花教室の写真もプリントして、担当者宅へ届けて…。
これが結構な時間を食っちまった。
街中は、車でどこも渋滞の列。
写真屋も人だらけ。
どうも年賀状を作成しているらしい。
そうだった!
母も、その仕事があったんだ。
取り掛かればすぐなのに、どうもその気がイマイチで。
たしかJPのCMで、25日までと言っていたような。
もう、28日だ。
配達日が1日でなくたって構わん!
と、相変わらず強気で押す。
小心者の本性を笑っておくれ。
Photo
雪の晴れ間

2014年12月27日 (土)

連休1日め

ついに9連休に突入した母。

でもね。
半分はもう予定が入っているんだ。
浮かれてばかりもいられないわ。
今日は、町会の「正月用生け花講習会」
講師は町会に在住する池坊師範。
花材は、千両、南天、松、デンファレ。
講師の指導の下、各自がてんでに生けてみる。
これがね、花材のどこに鋏を入れるか、素人には皆目…。
切り過ぎて失敗よりは、先生に指導していただいてからの方が。
先生も大変だわ、35名相手じゃ。
1人に数10分費やし、終了したのは午後3時過ぎ。
でも、参加者一人一人の真剣なこと。
男性も数人いたし。
この企画が始まって5年。
ほぼ全員が数年来のリピーター。
出来栄えに満足し、いよいよ正月気分にスイッチ・オン。
日中、穏やかな晴天にも恵まれた。
後4日で今年ともさよなら。
Photo
生け花講習会で

2014年12月26日 (金)

雪バテ

雪雪雪…。

毎日欠かさず(?)朝晩は、雪かきに追われている。
我が家の両隣のご主人。
職場の近所のおじさん。
雪が積もると即、動き出すという有難い皆さん方。
でもね。
おんぶに抱っことは、甘え過ぎ。
いけません。
で、せっせと雪かきに励むのだが、どんどん裏庭や空き地の雪が巨大化(?)。
ブログで困るのはそこだなー。
写真は、毎度雪だらけ。
ネタも雪関連。
加えてしょぼい地方都市。
そんなに毎日、ビッグ・ニュースがあるわけじゃなし。
母だって、カラフルな写真が撮りたい!
グッと来る、または、おぉーっと唸らせるネタを提供したい。
でも無理。
ほっと一息つける程度でかにしてけ(堪忍して下さい)。
季節感がめちゃめちゃな写真でお許しを。
Photo
寒椿…たぶん

2014年12月25日 (木)

重いって

明日から寒波がまた来るらしい。

今冬6回目だって。
12月に入った途端、いきなりの降雪。
それがそのまんま根雪になり、雨で溶けたり凍ったりの繰り返し。
不思議な年だなー。
例年なら、暖気になると屋根雪がずずーっとせり出して、そのうち落っこちるのだが。
今年はせり出す前に再凍結。
おかげで職場の襖は開閉も難しい。
頭でっかちの家。
毎日見上げて溜息をつく。
これだけの厚さじゃ、スコップで突いたところで微動だにしない。
家そのものが潰れやしないかね?
明日一日で今年の仕事は終わる。
9日間、無人状態だ。
そりゃ時々は見に行くとは思うけど。
ま、心配しても仕方がない。
なるようになるさ。
Photo
今年のケーキ

2014年12月24日 (水)

夢のままで

クリスマス・イブだ。

残念ながら、当地、積雪はあるが生憎の雨。
小さい子供たちは、朝からテンション高め。
目を輝かせて「サンタさん、来るよね?」
そうだね、いい子ならきっと来るよ。
ママたちも年に一度のことだもの。
張り切ってサンタさんを受け入れる気合い、十分。
ところがね…。
これが小学生ともなると、ぐっとシビア。
小さい子と職員の会話に、平気で水を差す。
可愛げがないったらありゃしない。
大人気ない母。
「信じない人のところには、サンタさんは来ないの!」
でもなー。
なるべくなら夢を長く見続けてほしい。
大人になるに連れ、嫌でも現実的になるんだもん。
3歳になったばかりのKちゃんのママ。
「家中のあちこちに、小さいプレゼントを隠して、宝探しをするつもり」って。
こういうママ、好きだわ。
今のうちだよ。
親子で、夢を見られる幸せ、十分、堪能してね。
Photo
なぜ今?あけび

2014年12月23日 (火)

筋肉痛が

こんなに雪があるのに、寒暖の差が激しいとはね。

冬なんだからさ、そこそこの気温キープしていただきたい。
雨が降ってぐちゃぐちゃ。
その後、真冬日なんてことになると、辛いのよ。
外は歩きにくいし、雪片づけも難儀だし。
昨夜は寒かった!
今朝まで布団の中で唸りっ放し。
湯たんぽを仕込んでいたが、大したご利益が(?)なかった。
いつも通りに起きてもやっぱり寒い。
家人もそうだったって。
いったい何度だったのか、調べるのも恐ろしい。
おまけに家人の車のドアが凍って、やかん2つ分の熱湯を消費。
来る日も来る日も雪かきに追われている。
白髪頭の老夫婦。
お互いに湿布を貼り合う。
麗しい光景とは言えないね。
Photo
庭園の中で

2014年12月22日 (月)

冬にスイカとは

テレビをつけっ放しで家事に励む母。

耳からやたら「スイカ、スイカ」という単語が入って来る。
こっちは真冬。
いや、全国的にそうだった。
いくらなんでもこの季節に「スイカ」は高いだろうに。
と、夕方、ゆっくり画面に見入っていたら、なんと?
東京駅開業100周年記念スイカのことだった。
土曜日だったかに、それを求めて全国から人が集まり、大騒動になっていたそうで。
うーむ。
そりゃな。
東京、記念品、数量限定、加えてJRと来れば、全国から鉄男鉄子が馳せ参じるに決まってる。
「灯台下暗し」
鉄道ファンを読み切れなかった。
それにしてもな。
素人が考えるには、普通1に、ネット販売。
2に、予約販売。
3に、整理券で処理。
だと思うけど。
怒号飛び交う中で、頭を下げ続けた東京駅のスタッフには気の毒だが。
来月下旬から、希望者全員に行き渡るように頑張るらしい。
それだけ人気があるってことだもの。
良かったんじゃない?
Photo
愛しきあの日

2014年12月21日 (日)

秒読み

冬至だなぁ。

かぼちゃを食べないと。
入浴用の柚子もあったほうがいいか。
明日、当地の学校はほとんどが終了式。
明後日からは冬休み。
その次24日は、クリスマス・イブ。
職場の良い子たちにサンタさんがやって来る。
職員たちにはケーキのプレゼント。
週末からは9連休。
掃除をし、お寺さんに挨拶に行かないと。
これだけで十分多忙なのに、年賀状作成に至らない。
未だに舞い込む「欠礼」のはがき。
年々増える一方。
「お歳暮」もだんだん交換する人が減って来た。
床しい文化も、じきすたるのか?
みんな秒読みの段階なのね。
Photo
あの空が恋しい

2014年12月20日 (土)

ありときりぎりす

稽古納めの今日。

雨の予報が外れて、久しぶりの青空。
おまけにあったかい。
嬉しいな。
来年の初釜は立礼でする予定。
その稽古。
道具類のコーディネート。
私物の整理等。
慌ただしい日だった。
夕方、家人の車に私物を積んで、スーパーに。
これが渋滞に巻き込まれて。
歩けば30分弱の距離。
車道にはほとんど雪も残っていないのだが。
師走だよね。
束の間の好天だよね。
なら、買い出しに行く気になるか。
そのあたりからぼつぼつ小雨。
明日から明後日はまた、寒波襲来があるそうで。
ぎっくり腰が完治しない家人。
代わりに母が、灯油缶やビール・ケースの運搬を担当。
「備えあれば患いなし」
Photo
今日の美女

2014年12月19日 (金)

年内中に

遅まきながら今日、予防接種をしてきた。

インフルエンザのね。
注射は嫌いだが、子供相手の商売じゃ、そうも言ってはいられない。
病院に着いたのは午後2時半頃。
待合室と言わず、廊下と言わず、人だらけ。
何でこんなに?
看護師が言うには
「今週は悪天候が多かったので、割と空いていた。でも週末だからね」
うーむ。
立ちっぱなしで数十分とは、いささか辛いが。
そのうち、事務の女の子が手招き。
「予防接種の後、投薬だけでいかがですか?」
そんなことってできるの?
ぜひ、お願い。
ちっとも順番が来ないと、不平タラタラの皆さん方を尻目に、母、病院を後に。
これで安心して年を越せる。
良かったね。
Photo
正月の準備

2014年12月18日 (木)

誰?

最近、にこやかに話しかけられることが多いような…。

この年まで生きると、そういう時には笑顔でお返しが身に着いて。
ちょっとの間なら、旧知の仲かと自分でも信じるほどの会話ができるんだ。
でもなー。
どこのどなただったっけ?
午後、行きつけのスーパーへ行く途中、2人のおばんが話しかけてきた。
「今日も歩いているんですか?」
「目標達成できましたか?」
うーむ。
この方々。
母が毎日、1万歩を目指しているのを知っているんだ。
どこかでお会いしたことがあるような。
会話をしたことがあるような。
でも思い出せない。
まぁ、いいけど。
もともとボーっとした頭。
加齢と共に正気(?)の部分が減っている。
怖いな。
そのうち、日常生活も忘れるのかしらん?
「貯金通帳や印鑑、カードの暗証番号。どこかにちゃんと書いておいてね」
家人の言葉がリフレイン。
うーむ。
情けない。
Photo
雪だらけ

2014年12月17日 (水)

来た!

昨夜のうちに、当地、暴風雪警報が発令されていた。

夜中から凄いことになるんだろうなと、内心びくびく。
ところが…。
いたって穏やかな朝。
積雪も大したことはない。
あれは何だったの?
昼頃までは雪が激しく降ったり、止んだりの繰り返し。
風はそれほどでもなかった。
が、そこから一気に暴風雪。
雪が地面から舞い上がる。
体が飛ばされそうになる。
一瞬真っ白で視界ゼロ。
やっとたどり着いた我が家。
まずはあったまらないと。
気温がどんどん下がっていくようで、隙間風が身に染みる。
でもなー。
駐車場の雪かきもしなくちゃ。
暴風雪の中、ちっともはかどりやしない。
あっという間に日が暮れ、家人、やがて息子が帰宅。
恒例の温泉行はヤメ。
遭難したくはないからね。
今、風は小止みでしんしんと雪が降り続けている。
このぶんだと明日の朝は…。
Photo
吹雪の合間

2014年12月16日 (火)

心しないと

明日は大荒れとの予報。

うーむ。
「雨返し」か。
雨の後には暴風雪ということね。
積もった雪に午後から雨。
ぐちゃぐちゃの地面。
歩きにくいったら…。
気温は0度前後で推移するらしいから、この状態が当分続く。
こういう時はゴム長靴じゃないとね。
おしゃれなんぞに構っちゃおれん!
実用一点張りでいい。
ついでに、と言ってはなんだが、外を出歩くスタイルも人目なんぞ無視。
防寒が第一。
出勤時の渋滞は当然と心得る。
自分一人が気張ったところで、どうにもなりはしない。
自然現象のなすがまま。
明日は仕事を終えたらまっすぐ帰宅。
おとなしく家に籠ろう。
Photo
弘前駅のツリー

2014年12月15日 (月)

責めないで

昨日の選挙で、当地、投票率が全国最下位だったらしい。

ぎっくり腰で仕事を休んだ家人が言っていた。
そうか。
やっぱりな。
職場でも同僚たちと同じ話題で盛り上がる。
「あれだけの雪じゃあね。投票所まで行く気にならん」
「足がない高齢者には、どうすることもできないのが現実」
仰せごもっとも。
誰もこの悪天候は、予想できなかった。
「期日前投票」という手があるだろうって?
あれはね。
あくまで若くて、動き回れて、用事ががばちょとある人のための制度。
高齢者、そんなことは考えもしないよきっと。
しかし、気の毒だな。
行きたくないから行かないというのとは違う。
雪が少なければ、難なくこなせるはずなのに。
所詮、繰り言。
あきらめましょう。
Photo
雪に抱かれて

2014年12月14日 (日)

こんな日に

今日は選挙。

1票を投じるために出かけねば。
我が家、棄権したことは1度もない。
が、今朝は布団の中でも寒かった。
ちょっと(?)と言う以上の積雪もあった。
ぎっくり腰の家人に代わり、母、雪かきに精を出す。
親切な隣のご主人が、かなりやってくれていて助かったわ。
昼近く所用で出かけたが、その間も雪は降り続いていた。
今日1日でどのぐらい積もったろう。
どこのお宅も雪かきに追われていた。
夕方、家族3人で投票所へ。
ほとんど人がいない。
投票率は低いはず。
この天候じゃ無理もない。
足元が危なくて、高齢者は行きたくても行けないな。
選挙が決まった時には、想像もしなかった。
雪国でも、12月の初めから、連日、雪というのは珍しい。
テレビで開票が始まると同時に、当確が出た。
泣く人、笑う人、いろいろだなぁ。
Photo
雪の中

2014年12月13日 (土)

真冬に大汗

それは1昨日のこと。

仕事から帰ってストーブを点火。
その日は雨だったから、濡れた衣類を乾かさにゃ。
あぁ極楽…と、思ったが…。
じきストーブが停止。
E1の表示が点滅。
何なのよ?
トリセツ読んだら灯油の不足、送油管内のごみ、燃焼筒の煤の付着等による緊急停止とな。
10分程度時間をおいて再点火。
ところがこれまた停止。
うーむ。
灯油不足はないな。
送油管内のごみってどうすりゃいいのさ?
今度は30分ぐらい時間をおいて、点火。
が、また停止。
仕方なく小さいストーブで我慢。
夕方帰宅した家人。
奴が再三チャレンジしてもおんなじ。
が、今日は真冬日との予報。
これじゃ我が夫婦。凍死の恐れあり。
技術屋の家人。
今日は、朝からストーブの修理に精を出す。
おかげで昼近くには無事作動。
それはいいが、今度は家人、ぎっくり腰になっちまった。
寒い季節に中腰で作業、というのがダメだったとのたまう。
ま、いい。
明日一日ゆっくり休んでいいからね。
Photo
かぼちゃ変身す

2014年12月12日 (金)

選手交代

会議と忘年会が続く母。

今日は家人の番。
年末が近いせいで、奴も連日帰宅が遅い。
たまには宴会で息抜きしたいだろう。
夕方帰宅した息子に送られ、ご機嫌で夜の街へ。
明日から再び寒波襲来との予報。
とてもほろ酔い気分で歩いちゃいられない。
うかうか寝込んだりしたら、凍死の危険大。
今夜でいい!
ニュースじゃ青森市内、今日の積雪17cmだって。
うーむ。
弘前はほとんど降らなかったけどな。
そんなに寒くなかったけどな。
明日は悲鳴あげているかも。
油断禁物。
Photo
干支ねぷた 出番です

2014年12月11日 (木)

忘年会2

昨夜はブログの更新ができなかった。
何となれば、6時半から会議。
その後7時半から忘年会という流れ。
うーむ。
母、この手の誘惑には弱いのよ。
弱いのはそれだけか?
と、いうツッコミはなしね。
会場はしゃぶしゃぶのお店。
混んでたなー。
担当の若いお姉ちゃんは明るく、気が利いて、可愛かった!
出席者の平均年齢は…。
言わぬが花。
可愛いお姉ちゃん、さぞやお疲れだったろう。
ごめんね。
会議から忘年会へと続くと話の展開もスムーズなら、素面じゃ出て来ない裏話もばっちりで。
本業に関わる情報を、こんなにいただいていいのかしらん?
いいの、いいの。
これからの仕事に深く影響すること必至。
いい意味でね。
酒席を共にする醍醐味はそこ。
ところが…。
しゃぶしゃぶの湯気で写真撮影は失敗。
ま、いいか。
Photo
今日のランチでお許しを。

2014年12月 9日 (火)

こんなはずじゃ

いきなり冬の真っただ中とはね。
ものには順序があるだろうに…。
積もった雪がこのまんまなんて信じたくはない。
予報は今日、曇りだったはず。
明日はいくらか天気が回復すると言ってたけど。
今日の昼近くから、重たい雪がもそもそと。
毎日雪かきでへとへと。
うーむ。
文句を言っても始まらん。
ところで、徳島県。
未だ孤立している世帯があるそうで。
自治体が整備したIP電話が、停電で用を成さなかったとは…。
皮肉なもんだね。
やっぱり最後に残るのはアナログか。
災害が起こるたび、思い知らされる。
ろうそく、マッチ、乾電池、缶詰、灯油は常備しておかないと。
水は…。
最悪、雪を溶かせば何とかなる。
寒い冬。
毛布と布団で何日凌げるか?
自信ないなー。
Photo
夏の思い出

2014年12月 8日 (月)

何事も

12月。

いつもと同じと思いたいが、どうしてこんなに気が急くんだろうね?
先月中旬におせちの予約は済ませた。
年末の慌ただしい買い物や調理はいくらか軽減。
クリスマスの分も今日予約。
これでゆっくり大掃除に取り掛かれるはず。
もっともこれが一番辛いんだけど。
料理が得意で掃除も好きな人…と、言うのは魅力的だ。
母は、どちらも仕方なくする派。
じゃ、あんたの得意は何なんだ?
と、聞かれると困るなー。
あっちこっちふらふら歩き回ること。
本屋やCDショップで時間をつぶすこと。
ヴィデオを観ながらうたた寝をすること。
ナマケモノですな。
先日のテレビで林修さんが言っていた。
年末の掃除は12月13日にするんだって。
徳川家康公が決めたそうだ。
今週末か。
少しずつならできるかも。
いや、しないとな。
Photo
なんのこれしき

2014年12月 7日 (日)

まだ降る?

毎日、雪が降る。

12月の初めから根雪になるかね?
ちょっと早いんじゃないのさ。
朝、雪かき大好き(?)の隣のご主人が励んでいる気配。
仕事の邪魔をしちゃだめよ。
隣が終えた頃から、我が家おもむろに雪かき開始。
雪かきは大変だけど、自分の仕事がはっきり成果として見えるのがいいね。
隣近所との境界線(?)もくっきり。
うちは恵まれているけど、雪で喧嘩というのはよく聞く話。
草ぼうぼうの庭は見なけりゃ済むが、道路の雪そのまんまは迷惑そのもの。
夕方ゴム長で出かけた母。
10分ぐらい歩いたところで断念。
雪が深過ぎて歩けやしない。
うちに帰って息子に助けを求めた。
昨日の積雪で足元がぐちゃぐちゃになった奴。
「長靴買って来て。深さがない靴じゃ歩けない」
そのために出かけるんだからさ。
いいじゃん。
当市は今のところ50㎝程度の積雪。
明日はどうなるか?
うーむ。
Photo
赤と白

2014年12月 6日 (土)

降るんだ

昨日から、四国地方の大雪のニュースを見て唖然!

四国や九州に降雪ね。
それも大雪なんて考えたこともなかった。
そりゃちょっとは降るかもしれないが…。
雪国なら、秋の終わり頃に冬タイヤへの交換。
ママさんダンプ、スコップ等の準備は当然のこと。
ここ数日は雪が降り続けているが、冬タイヤに交換していても、ノロノロ運転で渋滞気味。
一方、雪に不慣れな地方は、夏タイヤのままが多いそうで。
仕方ないことだけど。
危なっかしいな。
だいたい除雪車の数も少ないだろうし。
雪で難儀することなんて多分、想定外。
自分に被害が及ばない範囲じゃ、雪は綺麗だよ。
雪に埋もれた風景は神々しいよ。
でも、とんでもない厄介者。
対抗するには、体力と気力が不可欠。
覚悟しないと。
Photo
昨夜の忘年会「チーズ・リゾット」調理中

2014年12月 5日 (金)

忘年会その1

今夜は、今年初めての忘年会。

雪が降る中、ルンルン気分で会場へ。
積雪少な目で気温が下がると、足元が危ないんだけどね。
でも、久しぶりに友人たちと会えるしなー。
噂に聞いていたお店だし、これはハッピー!
挨拶もそこそこに、メニュー表を見て品定め。
魚介類と野菜がメインで、母の好みだわ。
あれこれ頼んだ中でも、「フィッシュアンドチップス」ね。
これが一番食欲をそそられる。
イギリス名物と聞いているが、はてどんな味。
本を読んだ限りでは、屋台でごくごく一般的に売られている魚のフライらしい。
我が国のコロッケみたいなもの?
運ばれてきた料理は、ちょっとおすまし気味。
ま、屋台じゃないんだから当然だけど。
確かに魚のフライ。
熱々をディップ・ソースで頬張る。
うーむ。
母はビールで流し込んだが、甘味のある飲料の方がいいかも。
料理は全体的に、塩味が強いように思う。
小さめのおにぎりがあれば、言うことなしなんだけどな。
って、忘年会にそりゃないか。
Photo
フィッシュアンドチップス

2014年12月 4日 (木)

もったいないし

昨日のシュトーレンもどき。

何とか頑張って半分は食べたものの、残りはどうしよう?
母、ものを簡単には処分できない年代、いや、性格であります。
そうさな。
シュトーレンのレシピをながめてしばし考えた。
ドライフルーツの投入は諦めるしかない。
せめてラム酒を振りかけて、時間を稼ごう。
何でこんな苦労(?)をと、思わないでもない。
でもな。
このままじゃいられない。
ラム酒の小瓶680円也。
せっせと振りかけ、部屋の中はアルコールの芳香でクラクラせんばかり。
数日後、多少は美味くなっていると信じたい。
劇的に!
なんて高望みはしないけど。
Photo
あんただって寒いでしょ?

2014年12月 3日 (水)

またしても…

何度も買ってはがっくりのシュトーレン。

先日のブログで書いたやつを、ついに買って来た。
1本780円也。
見た目貧弱。
でも…先入観で判断しちゃいけない。
うーむ。
支払済ませて持ってみたら、軽いのなんの。
それでも、食べて見なきゃ。
99%疑いの目で見、口に入れる…。
やっぱり!
この程度かよ。
スカスカのパウンド・ケーキもどきと断言する。
こんなものをシュトーレンと称していいのか?
季節限定品と銘打っていいのか?
でかでかと貼り紙なんかしていいのか?
どうなんだ!
と、怒鳴りたい気分。
売り物に出すレベルじゃないだろうよ。
まぁ、いい。
二度と騙されない。
この店には。
でも…。
別な店なら…また…?
Photo
シュトーレン(?)のようなもの

2014年12月 2日 (火)

雪・雪・雪

凄いね。

予報通り、今朝から雪が降り出した。
昼頃まではそんなに寒さを感じなかったが、その後は段々…。
寒いなー。
外が白いなー。
世の中が静かだなー。
おかげで選挙カーのお願いコールも、たいして気にならない。
でもテレビは選挙一色。
ほとんどの野党は、安倍政権の批判ばかり。
いいよなー。
批判だけで世の中通るんなら、母なんか一日中と言わず喋り続けるな。
が、決してそんなもんじゃない。
汗して働かなきゃ、信用なんてされないよ。
どこの世界でもおんなじ。
所詮、負け犬。
母は、真摯に仕事をしている人の味方だ。
Photo
雪だ!

2014年12月 1日 (月)

明日は多分

今日は13度だか14度だかという、季節外れの高温。

が、昼頃から音無しの雨。
それが段々強くなって、心も寒いよ。
明日と明後日は、大きな雪だるまに強風のワンセットと言う予報。
その後も雪だるまマークが続く。
もう根雪を覚悟しないとな。
師走だ。
毎年、この時期は時計の動きが早くなる感がある。
あちらこちらで、クリスマス・イルミネーションも目立ち始めた。
あれが一番映えるのは雪景色。
うーむ。
明日は最低気温が1度、最高気温が3度だそうな。
本格的に冬仕様で対応するか。
いよいよ長い冬の始まりだ。
Photo
さようなら秋

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

最近のトラックバック

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30