無料ブログはココログ

キムリン・ホリスティック・ワールド

  • 金 香百合
    いつも心に太陽を 悲しい時、辛い時、誰かに慰めてほしい時、キムリンはいつもそばにいてくれる。もしかしたら、みんなの守護聖人かも?

cocoa青森

  • COCOA青森
    COCOA青森の会員限定サイトです。あたたかい心と少しの時間を、メンバーと共有して下さる方を募集中です。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

許容範囲は?

先日のこと。

師匠宅の周囲に、工事車両が集結していたのだった。
婆ぁに聞くと、隣の空き地内の電柱をどうにかするものらしい。
この電柱は、師匠宅の2階から見ると、右側に15度くらい傾いている。
じっと眺めているうち、当方の体も斜めになるような…。
それでてっきり、まっすぐにする工事だとばかり。
が、工事終了の挨拶を聞いて改めて見ても、傾きはちっとも修正されちゃいなかった。
じゃ、なんなんだ?
稽古に集まったおばんたち。
首をかしげる。
と、姉弟子のひとり。
「電柱の線が新しいと思わない?」
うーむ。
多分そうなんだろうなとは思いつつ、見た目がはっきりした異常(?)よりも、そっちかよ?
どうも納得できないな。
あれから電柱の角度が気になって仕方ない。
その気になって見てごらん。
結構、曲がっているのが多いよ。
ところで、工事業者って、電柱がどのぐらい傾いたらまっすぐにするのだろう?
いや、業者に依頼する前の話か。
電力会社の権限かも。
あんまり傾いていると、大きな地震が来るとやばいんじゃないの。
それを防止する意味もあっての、電線の数なのか…。
はぁー。
Photo
これも紫陽花。

2014年6月29日 (日)

大雨だー!

今朝から雨が降り続く。

昼過ぎは一時、もの凄い降り方。
今日、「よさこいソーラン」の皆さん方はどうしたろう?
昼まではまぁ、無理できないこともなかっただろうが。
隣の秋田県は、さらに凄いことになっているらしい。
うーむ。
雨が降った後は、やっぱり気温が下がった。
窓を開けていると寒い感じがする。
研いだ鎌でせっせと刈った草。
今日の雨で残りの草が元気を取り戻す。
明日からお日様マークが続く。
高温が戻ってくる。
あーぁ。
なんでこんなに元気なんだ?
たくましいったらありゃしない。
羨ましいな。
Photo
見るだけで元気になりそうな色合い。

2014年6月28日 (土)

まだ駄目?

ここしばらく、好天と高温に恵まれ、洗濯物はばっちり乾き、母はルンルン気分。

昨日、家人が
「もう、ストーブ片づけて。見ているだけで汗が出る。秋口まで出番ないよ、きっと」
雨が続いたらどうするのさ?
しばらく様子を見ていたって罰は当たるまいに…。
家人は、自分の意見に固執する性格ではない。
そうでなきゃ、気性の荒い(?)母と、30数年も暮らしちゃいない。
言ってみただけってことが多いんだ。
夕方、NHKの天気予報を見たら、明日、雨の確率が高い。
そうか。
当市の中心繁華街土手町で、確か「よさこいソーラン」が開催されるはず。
雨にたたられなきゃいいが。
おっと、明日、最低気温は18度、最高気温は21度とな。
ちょっと低過ぎるよ。
とうちゃん、ストーブまだ片付けられないって…。
家人、聞いているような、そうじゃないような?
Photo
梅雨時のマドンナは、やはり紫陽花。
雨に映えるんだ。

2014年6月27日 (金)

見ちゃおれん!

サッカーの面々が帰国した。

空港に降り立った彼ら。
迎えた人々の歓声に、沈んだ表情だった(らしい)。
と、言うのも母、こういう展開は苦手。
期待に応えられなかったという自責の念はよく分かる。
でも一方で、頑張ったじゃん!という気持も嘘じゃない。
この2つがせめぎ合う。
温かく迎えられる方が辛いだろうな。
でも、罵倒できるか?
そんなことできやしない。
選手じゃない我が身。
つい感情移入しちまって…。
こうなると見ない方がいいわ。
耳だけで許して。
Photo
バラ色の人生!
で、ありたいね。

2014年6月26日 (木)

話が違うよ

気象庁の長期予報は、信じていいのだろうか?

と、言うのも今まで、信じては裏切られ(?)たことが多かったからなんだ。
秋口に
「暖冬」と発表されると、早々に雪かきグッズを買い揃え、鉢類も早めに室内に取り込み、あったかインナーを多目に買い込み、さぁと意気込んで冬を待つ。
夏は夏で、冷夏と言われれば、エアコンや扇風機を買うのを控える人が多かろう。
一般人の消費動向に、かなりな影響を与えていると思うよ。
今年、気象庁は「冷夏」の恐れ大と発表。
母もその気でいた。
が、ここに来て、例年通りの暑い夏と言い出した。
いったい、どっちなんだ?
エアコン、買った方がいいのか?
家電量販店は、このニュースを喜ぶだろう。
でもな。
家電品店や政府のために人がいるんじゃない。
その逆だ。
えーい、どうしたらいいんだ!
母の頭、禿げるぞー
Photo
美しい花も、時によってははた迷惑。
先日、秋田県内の山中に、小型飛行機が墜落?と色めき立ったが、真相は、この花の咲き方にあった。
罪なやつ。

2014年6月25日 (水)

いいじゃないのさ!

すっきりしたよ。

サッカーね。
家人は、朝5時から起き出してテレビの前に陣取った。
音はぐーっと控えめ。
でも、歓声は聞こえるんだよー。
家人の合いの手もバッチリなんだよー!
さすがに母も気が気じゃない。
奇跡が起きるのを見たいじゃん。
もっともそれは起きなかった。
でもなー、このすっきり感はなんだ!
日本チームはよく動いた。
その一生懸命さにグッと来た。
後半、立て続けに得点されたけど、いいじゃん。
体格も体力も劣るのに、めちゃめちゃ頑張っていたのは分かる。
これが1点差だの引き分けだのだったら、悔しさが勝つだろうが。
監督、選手、スタッフ一同、胸を張って帰っておいで。
母は拍手で迎えるよ。
これからが楽しみ。
Photo
リンゴ村から

2014年6月24日 (火)

こんな景色見たことない!

夕方、行きつけの温泉でぼーっとテレビを見ていた母。

画面に映る白い物体は何?
大の男が膝まで浸かっている。
すぐそばにいるおばんは、半袖シャツ姿。
テレビの中継をしているお姉ちゃんは、フラットシューズ。
???
すぐには意味が分からなかった。
なんと、東京の一部に雹が降ったとな。
この時期に?
これほど大量に?
重機が活躍していた。
まるで真冬の当地。
「雪かき」ならぬ「雹かき」か。
残念ながら、母は体験したことがない。
ほんのちょっとでも雹に当たったら、農作物はひとたまりもない。
しょぼい造りの車庫なんて、屋根がボロボロになるのはあっという間。
それなのに…。
最近は、天候も暴力的。
今朝、アリューシャン列島で大きな地震もあったっけ。
くわばら、くわばら。
Photo
弘前市の中心繁華街、土手町の名物。
「一戸時計店」

2014年6月23日 (月)

それは突然

昨夜、家人と何気なくテレビを見ていたらふっと

「甘いものが食べたい!」気分になった母。
うーむ。
半端なくこってりした甘い奴がいい!
すっかりその気でコンビニに向かった母。
が、ショーケースに並ぶのはちょっと違う甘いもの。
そうだ。
コンビニはケーキ屋とは違う。
ここで気がついてどうなるもんでもないが。
いったん入った店で、何も買わずに帰るなんて…。
ちょっとは良心が咎めるわ。
ならば、この中で選ばなきゃ。
(仕方なく)シフォンケーキを買い込んだ。
さて家人。
一口食べて
「何?これ」
コンビニの名誉のために書くが、決してそのケーキがまずいんじゃない。
母と家人の思いとは違っていただけ。
でも…。
どうせなら…。
ここで思い出した、「トップス」のチョコレート・ケーキ。
そうそう。
あの妥協しない濃い甘い味が欲しかったんだ。
すぐ手には入らないなぁ。
しばらく悩もうね。
Photo
チョコレートを連想する豪華な色合いでしょ?

2014年6月22日 (日)

温度差に

どうも風邪気味。

朝晩は涼しいどころじゃないが、日中はかなりな暑さ。
商店は皆、温度調整で難儀しているだろうな。
一般人は、いっとき店内にいるだけだが、店員はほぼ一日中。
体調が狂うのも当然。
夕方、長袖のパーカーを着て買い物に出た母。
吹く風は冷たいな。
最初入った店は、ゆるい温度設定なんだろう。
混雑していて暑いぐらい。
若いお姉ちゃんたち。
ノースリーブにショートパンツ姿が珍しくない。
はー。
今からこの恰好じゃ、真夏はどうなる?
着る物なくなるぞ!
と、脅したくなる。
一方の我が身。
暑くても寒気がし、寒くても突然カッカし…。
「老年期」まっしぐら。
帽子、手袋、長袖の薄物、靴下etc。
ちょっと出かけるだけでも、身に着ける物が多い。
とにもかくにも、肌はむき出しにしておけない。
Photo
2回目は清楚に

2014年6月21日 (土)

遠くから

日が暮れてから、ドカンドカンと音がする。
はて、面妖な?
もしかしたら、花火の音?
そうだった。
今日は岩木川河川敷で、花火大会が開催される。
このところずーっと雨が降り、低温が続いていた。
花火大会と言えば夏、だよね。
すっかり忘れていたんだわ。
今日は久しぶりに青空が広がった。
気温もかなり上昇した様子。
例年なら当たり前。
でも、今年は、5月というのにやたら暑い日が数日続いて、その後は時折ストーブを使うような、甚だ迷惑な展開。
うーむ。
朝は肌寒く、日中は暑め…か。
外出するのは控えめにしないと。
果たして花火観賞に集まった面々。
防寒対策は(?)しっかりしているのか。
冷たい夜風、冷たいビール、頭上に響き渡る爆発音。
それでも、年に一回のイベント。
昨日までの天気じゃ、こんなのどかな気分じゃいられない。
「ハレの日」は、あらゆるものがハレ仕様じゃないと。
Photo
派手な音には派手なお花を。

2014年6月20日 (金)

勝負だから…

母はスポーツ音痴でも、家人と息子はそうじゃない。

朝から気合入りまくりでテレビにかじりつく。
キック・オフは7時。
うーむ。
7時半には親子3人出勤せにゃならぬ。
何とかそれまで…。
ま、無理よね。
我が家の希望に、勝利の女神が応えるわけもない。
職場に着けば、次から次へと雑事がある。
テレビを見ている時間はほとんどない。
そのうち、子供たちが一人、二人とやって来た。
お子達は、NHK教育テレビが大好き。
お客様は神様(?)。
サッカーの試合を見るなんて。
9時半頃はおやつの時間。
そっとスマホの速報を見たらドローとな。
勝ちでも負けでもない…か。
喜ぶべきか悲しむべきか、悩むぜ。
でも勝負だもの。
一縷の希望が繋がったんだ。
いいとしようね。
Photo
菖蒲じゃないのが…。
ごめんね。

2014年6月19日 (木)

休日もそれなりに

今日は休み。

だが、町会女性部の料理教室がある。
9時に集合か。
となるとのんびりしてはいられない。
一応、委員だしな。
エプロン、三角巾、タオル、筆記用具、カメラを持っていざ。
食材、食器その他をまずは、会場へ運搬。
各テーブル毎に、使用するものを並べてゆく。
そのうち続々と、参加者がやって来た。
9時半。
調理スタート。
メニューはまず、デザートのパンナコッタ作りから。
ミートソースとクリーム仕立てのスパゲティ2種。
野菜のスティックサラダ、ピリ辛ソース添え。
ポトフの4種類。
全員主婦。
手際いいよー。
講師の説明よりも、先行するグループがザラ。
調理の傍ら、洗い物を片付け、おしゃべりに花が咲き…。
12時前には「いただきまーす」
休日が休みじゃないのは毎度のことで。
みんなでわいわいするのも、たまにはいいじゃん。
Photo
今日の料理。
おいしかったよ。

2014年6月18日 (水)

手習いする?

職場のオーナー桃子が、先年亡くなられた母上の形見を持って来た。

なんと、大正琴。
古賀政男の「影を慕いて」ですか。
すぐその曲が浮かぶのは年のせい?
母上は、かなりの年数演奏したらしい。
ついでにと持って来た楽譜は相当な枚数。
弾き方はどうなの?
って、テキスト初級、中級、上級も入っていた。
うーむ。
ギターやピアノを、ちょっといじったぐらいの腕でやれるもんだろうか?
そりゃ凝ればきりがないだろうが、ン十の手習いということで。
まずは楽譜の見方から。
調弦その他は、ある程度慣れてからでないと。
いや、身近にいるお琴や三味線の心得のあるおばんに、ご指導を受けてからがいいか。
このおもちゃ、飛びつく婆ぁが多そうな予感。
Photo
見頃のつゆくさ。

2014年6月17日 (火)

隙あらば…

梅雨に入ってから、毎日、心配が絶えない。

梅雨がないと言われている北海道に、限りなく近い我が県。
母だって、子供の頃、そんなものがあるとは思っていなかった。
あるにしても、そんなに期間が長いわけでもない。
ま、いいか。
洗濯物の乾燥に、ちと支障はある。
これは乾燥機とストーブで何とかしのげそう。
そろそろ薬の補充をしないと。
突然降ったり止んだりの状態じゃ、病院まで出かけるのも億劫。
が、待てよ。
以前、病院勤務の知人が
「受診するなら、昼休み直前か終了時間ぎりぎり。天気は良くない方がスムーズ」って。
明日も明後日も通院は無理。
今日しかない!
昼頃、凄まじい雨だった。
ぼやぼやしてはいられない。
いつ、なんどき、また降り出すか分かったもんじゃない。
空を眺めながら早足でかの病院へ急いだ。
母の前には4人だけ。
やったぜ!
帰り道もひたすら早足で。
雨には当たらなかったが汗だくではあった。
ふー。
Photo
そうでありたい。

2014年6月16日 (月)

しっかり梅雨だなー

昨日の夕方、明るくなった空を見て

「明日はきっといい天気」
なんぞと喜んだのも束の間。
朝からどよよーん。
そのうち雨が降り出して、晴れたり止んだりの繰り返し。
うー。
そりゃ梅雨入りしたけどさ。
なにも義理堅く、毎日しっかり仕事しなくてもいいじゃん。
喜んでいるのは草木だな。
目に見えて成長している感じ。
晴れたらさっさと処理しなきゃ。
今のうちに、鎌を研いでおくか。
って、家の中、じめじめ感で鬱陶しい。
数年ぶりに除湿機に活躍していただかないと。
でもあれ。
頑張り過ぎて、家人は嫌がる。
思案のしどころだー。
Photo_2
菖蒲と忍冬。
雨の季節に映える花。   

2014年6月15日 (日)

それも楽しみ

特にスポーツに興味はない。

朝、いつも通りNHKにチャンネルを合わせたらサッカー番組。
他の局もほぼ同じ。
そうか。
ワールドカップだもんな。
我が国の初戦だったんだ。
だからって乗り過ぎじゃないの?
なるべく普通の番組内で、ちょっと触れてくるぐらいがいいと思うけど。
勝っては貰いたい。
でも、体もでかけりゃ荒っぽいプレーが当たり前の外国人と、我が国の選手じゃちょっと差があるような…。
試合が始まったあたりから、母は眠っちまっていた。
小さいストーブの暖かさについ誘惑(?)されたのね。
目覚めたら勝負はついていた。
その後も各局は、試合内容の検証で忙しい。
勝負だもの。
勝ちがあれば負けもある。
ハラハラドキドキの1時間半。
「血沸き肉躍る」を実感したとは家人の弁。
次があるさ。
またワクワクできるんだ、良かったね。
Photo
白と紫のコラボ。
見て美しく香り良し。
ラベンダーは今が盛り。

2014年6月14日 (土)

てんやわんやね

終日、変わり易い天気に振り回された。

ピーカンから雨。
やがて突風。
じき本降り。
また青空が覗き、大きな虹が姿を現し、そのうちざぁざぁ降り。
今朝は小さいストーブを焚いても、さして暑さを感じなかった。
母の体力の問題なのか、それとも…。
こういう天気の時は、傘よりもコートと長靴の方がいいのかも知れぬ。
蒸し暑いかな?
どっちを取るか、うーむ。
どちらにしても洗濯物は増えそうだ。
明日までこの天気が続く見込み。
乾燥機よりは、太陽光と風に頼りたいが、どうなるものか。
Photo_2
秋でもないのに、赤くなり始める。
純情よね。

2014年6月13日 (金)

いつも通りが

朝の情報番組は欠かせない。

天気予報は、まず洗濯物の干す場所、加えて服装、持ち物、その他の行動にヒントを与えてくれる。
出勤前の家事にも、時刻表示で助けてくれるしな。
これがない時もあった。
そう、3年前の大地震。
その時、しみじみ思ったね。
テレビなんぞがない時代、人は空を見、風を感じ、自分の身の回りを整え、仕事の手順を考えていた。
人が生きる技術とでも言うか。
残念ながらこの点はさっぱりで、甚だ情けない。
今朝はいつも見ている番組がゴルフ中継だった。
そりゃな。
テレビ局にも都合はあろう。
頭じゃ解かるが、日常のリズムが狂っちまう。
たった年に数回のこと。
そうだった。
新聞の休刊日も、ついおたおたして、最後には腹を立てるのだった。
うーむ。
ちょっとした変化にもついて行けなくなりつつあるんだなぁ。
Photo
時が来れば咲き、時が来れば散る。
それだけのこと。

2014年6月12日 (木)

もういいよ

昨日まではしょぼしょぼの雨だった。

が、夜中から今現在に至るまで、まぁ降るわ降るわ。
関東地方の雨の様子を、ニュースで知ってはいたが、当地には関係ないと思っていたんだなぁ。
ついに来たかよ。
ここまで降るってか?
午後、職場から我が家までの数十分。
全身濡れ鼠の母。
帰宅後、まずはそろそろと靴下を脱ぎ、タオルで水気を拭き取り、ジーパンを履きかえ…。
洗濯機に放りこめるものはいいとして、それ以外は乾かさにゃ。
久しぶりに小さいストーブに点火。
洗濯物も乾くしなー。
あったかいしなー。
あ、エアガンモさん。
コメントありがとうね。
お返しのツブが、なぜかうまく行かないんだわ。
この場を借りてお詫びしちゃうね。
九州は湿気で難儀するとな。
当地は、その前に低温で難儀しておりまする。
いくらなんでも、この時期にストーブを使うのはちょっと珍しいことなのよ。
Photo
まさか、本物じゃぁ?

2014年6月11日 (水)

思わせぶりな

3日も雨の確率50%って、なんなのさ?

降るなら降れ、晴れるなら晴れろ、曇りなら曇れってんだ!
晴れたり曇ったり、合間に雨がぽつぽつじゃあな。
短気な母。
毎日、イライラ。
着る物にまず困り、傘をどうするかで悩み、帰宅のタイミングで悩み…。
それでなくとも、次から次へと湧いてくるトラブルでいい加減、頭に来てるっちゅうに。
あ、人様には関係のないことでありました。はい。
今日は、昼頃まで職場は寒かった。
しばらく我慢はしたものの、若い体の子供たちはいいが、なにせ初老の我が身。
じっとデスクワークしながら、冷えと戦っていた。
うー、いかん!
ちょっとだけならいいじゃん。
ストーブに点火した時点で室内19度。
やっぱりな。
設定温度が低めなので、そんなに長い時間は作動しない。
ま、ホンワカする程度で十分。
雨が降らないのにこの温度。
本格的な雨になるとどうなる?
おぉ、こわ。
Photo
姿優しく、いい香り。
でも「くちなし」という名前がちょっとね。
母には似合わないような…。

2014年6月10日 (火)

毎日、がっくり

日中は仕事で家を空ける身。

窓だって開け放すわけには行かないのが常。
昨日も今日も、雨の確率50%。
うーむ。
朝はいい天気だけど、外干しして雨なんぞに降られたら…。
安全策を取らなくちゃ。
ところが、日中は2日続きで雨降らず。
職場で外を眺めながら溜息。
友人たちは、外干派と室内干派が真っ二つ。
室内派の方が発言力が強い(?)ようで。
「天気ごときで左右されてなるものか」
気迫に圧倒されるわな。
でも…。
お日様と風になでなでされた洗濯物の山。
畳みながらしみじみ幸せ気分になるんだけど。
布団だって干せばあったかいじゃん。
しょぼい地方都市に住む特権と言うのは僭越ですが。
Photo
く、苦しい!
よく見るとあり得ない(?)設定の像なのよ。

2014年6月 9日 (月)

ビミョーな天気

今日は青森市内へ出かける日。

まずは朝のテレビで天気を確かめる。
午前、午後共確率50%かー、うーむ。
気温は最高24度とな。
お日様がばっちり顔を出してはいたが、長時間家を空けるとなると、洗濯物は外には出せない。
ま、いいか。
いざ出かけたものの、まぁピーカンじゃござんせんか。
吹く風は冷たい(?)が、日差しはきつい。
もったいない!
でも…。
今更どうなるもんでもない。
すっぱり諦めましょ。
夕方温泉で会った知人。
「畑のためにはねぇ、数時間は降ってほしい」
めったやたらと降る所。
雨乞いしたいくらいの所。
うまく行かないのは毎度のことよね。
Photo
あたしは綺麗?

2014年6月 8日 (日)

いくらか寒め

先週の暑さはどこへ行った?

昨日、今日と低めだよ。
涼しくていいけどね。
でも、洗濯物が乾きにくい。
主婦だから、これは気になる。
今朝、家人とぼちぼち温泉へ行こうかと思っていた矢先、近所の知人がピンポーンと。
「あら、おはよう」
手にはわらびと孟宗筍。
「あく抜きして煮たから、すぐ食べられるよ」
母は、この時期山へ出かけてまでも、山菜が食べたいとは思わない。
が、すぐ食べられる状態のものなら大歓迎。
現金ですがね。
おかげで食卓は賑やか。
そうだ。
初物をいただく時は、家族全員で大笑いをしないと。
当地出身の作家、佐藤紅緑がそうだったと、娘愛子も書いている。
Photo
これまた当地出身の奈良美智の作品。
「あおもり犬」
弘前市内「吉井酒造」前で。

2014年6月 7日 (土)

一件は落着

怒涛の一週間!

昨夜の2つの会議で、今週はチャンチャン。
いろいろあったが、まぁよい。
グダグダ言っても始まらぬ。
母が周囲に迷惑行為をしたのでもなく、やらなきゃいけないことをしなかったわけでもない。
そりゃ、会議前に配布された資料は、間違いだらけだったが。
それだって、もっと日にちに余裕があれば、十分精査できた。
制作の責任者は母じゃない。
しーらない!
もうひとつの企画の検討も始まった。
どうも、ちょいちょい上の方(?)からちゃちゃが入っているらしい。
「出る杭は打たれる」か、または
「出過ぎた杭は打たれない」か。
シーソー・ゲームだな。
ここはひとつ、腰を据えて頑張ってみますか。
今に見ておれ!おじんども。
Photo
初夏と言えばこの花、てっせん。

2014年6月 6日 (金)

早めのお詫び

今夜は、これから会議2つをこなす予定。

久しぶりに涼しくなって、ちょっとの雨で土埃も落ち着いた。
母もカッカした頭を冷やして臨もう。
ほったらかしの家の中、少しは掃除なんかして。
当分は、曇り空マークが続く模様。
梅雨入りしたのかもしれぬ。
お次は洗濯物が乾かない心配をするのか。
悩みの種は尽きないなぁ。
会議でブチ切れないように、早めに心の準備を。
お休みなさいませ。
Photo
手始めに甘いものを。

2014年6月 5日 (木)

もう、いいかい?

今日も30度越えという予報で、朝からぐったりの母だった。

が、吹き抜ける風の爽やかさ。
これならいいかと思わなきゃ。
最高気温はどうだったんだろう?
ここ4~5日。
県内の最高気温は、キープしちまったもんね。
海辺の市町村は、大したこともなかった。
今頃の季節じゃ当たり前だよ。
盆地の当市はそうじゃなかっただけ。
夕方帰宅して、家中の窓を開けたら、なんと…。
風が寒いぐらい。
まぁ、嬉しい!
バテ気味の母、元気取り戻せるかも。
今日、東北地方南部は梅雨入りしたそうな。
北部も近いか。
ちょっとぐらいなら雨が欲しい。
ちょっとだけだよ。
Photo
初夏の風景。
青い空、緑の草が美しい。

2014年6月 4日 (水)

もうバテ気味

今週は暑い!

3日でもうはぁはぁ。
もともと体力に自信はないが、それにしてもね。
きのう、全国最高気温を達成(?)したのは、北海道の某所。
朝の気温が7度台。
寒いぐらいだろ?
最高気温が37度だか38度台。
ってことはどうなる?
寒いからストーブを焚こうか→消そうか→窓を開けようか→半袖にしようか→汗ダラダラまでがたったの数時間で完了か。
うーむ。
忙しい。
このスピードについて行くなんて、無理。
それほどハードじゃないよ、当地。
家人は、このところ体重が減る一方。
食欲減退が続いている。
母はそれほどじゃないが、それでもへとへと。
朝晩、まだ涼しいおかげで凌いでいる。
このまんま続く?
やめてよ。
例年通りでなんとか…。
Photo
こんなに暑いと、水、緑がひたすら恋しい。
足を水に浸して、吹き渡る風を感じながら、アイスクリームまたはかき氷…。
あぁ、極楽!

2014年6月 3日 (火)

あまりの暑さで

連日、30度越えって?
いったい、どうなってるんだ、日本列島。
母が住む地域、今頃の季節は、もっと低めの気温で推移しているはず。
が、今年、しばらく雨も降らず、ただただ暑い。
今日の午前中は、大した風も吹かなかった。
黙っているだけで汗が滴り落ちる。
こんな時にも赤ん坊を、おんぶ又は抱っこせにゃならんとは。
我ながら因果な商売よのう。
昨日までの予報じゃ、この暑さも明日までということだったが、どうも伸びたようで…。
我慢、我慢で押し切るしかなさそう。
そのうち、雨、そして低温が続くとな。
そうなればなったで、ぶつくさ言うよ、きっと。
凡人ってその程度のもんですがね。Photo
水遊びする少女。
母も飛び込んでいいかしら?

2014年6月 2日 (月)

かーっ!

母が事務局を務めるある組織。

別に法に触れるようなやばいもんじゃないよ。
そこは総会がだいたい、6月頃。
2つの組織が合同で開催するという体裁。
さて、5月11日。
母は、もう一方の組織のトップに、会議はいつにするか?というメールを送ったわけね。
返事はずーっと来なかった。
そしたらさっき、そのトップじゃない名前の人から総会会議案内が来た。
何と6月6日。
ダミアンの誕生日じゃん。
それはいいが、後4日しかない。
こんなぎりぎりに連絡よこすとは…。
呆れてものも言えない。
「あんたは何様だ!」
このところ、停滞気味だった母の闘争本能に火が着いた。
いったいどうしてくれようか。
この際、思いっきり嫌がらせなんかしてみたい。
できるかな?
Photo
人待ち顔のお方。
もちろん、母じゃないよ。
弘前駅前のオブジェ。

2014年6月 1日 (日)

どうにもこうにも

毎日、何かを探し続けている。

どこにしまったのか、置いたのかすらも?
物が多いという理由だけではないような。
読みかけの本。
書きかけの書類。
買い物に出れば出たで、肝心のものは忘れ、余計なものは買い込み、にこやかに話しかけて来る方に調子を合わせ…。
ほとんどの場合、その人がどこのどなたかさっぱりで。
まぁ、いいか。
若い頃から集中力はなかった。
注意力も今じゃ。
あんまり、ハードルを高くしていると自分が嫌になる。
でもなぁ。
夕方、いつものスーパーは混んでいた。
狭い通路の真ん中に、カートを置いてしゃべり続けるおばん。
走り回る子供。
売り場の前に立ち続けるおじん。
全部肯定する気にはまだなれない。
Photo
昨日のお花。
花器は信楽の鶴首。
忍冬とシュウメイギク。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

最近のトラックバック

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30