無料ブログはココログ

キムリン・ホリスティック・ワールド

  • 金 香百合
    いつも心に太陽を 悲しい時、辛い時、誰かに慰めてほしい時、キムリンはいつもそばにいてくれる。もしかしたら、みんなの守護聖人かも?

cocoa青森

  • COCOA青森
    COCOA青森の会員限定サイトです。あたたかい心と少しの時間を、メンバーと共有して下さる方を募集中です。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

怖くなかった?

このところ騒がれているビットコインってなに?
報道によると、ネット上の通貨だそうで。
うーむ。
つまり空想の産物か。
ただそれだけなら、何をガタガタ言ってるんだ!
と、限りなくアナログ人間の母は思うのだ。
ところが、これに現実のお金を相当つぎ込んだ人がいるらしい。
それもちょっとやそっとの人数じゃない。
はした金ならわかるけどなー。
最初から大金を投じたわけじゃないって言い訳が聞こえてきそう。
通帳とか、現実と直結したものが何もなくても信じちゃったんだ。
無防備過ぎて、こっちの方が怖いな。
母だって、電子マネーは使っている。
小市民らしくしょぼい金額だが。
これだって、管理する側に悪意を持つ人がいればひとたまりもない。
やっぱり現金が一番かも。
亡くなった祖母並みに、壺に入れて床下に保管と行こうかね。

2014年2月27日 (木)

大気汚染

P.M2.5の濃度が、今日は一段と高かったらしい。
「大気汚染」という言葉が、連日報道されていた日々があった。
「光化学スモッグ」というのもあった。
が、どちらも数十年前のことではなかったか。
それが今、大陸から到来とな。
「黄砂」ならお馴染だ。
少しの間、窓ガラスや車の掃除で難儀はするが。
今朝のテレビ番組で、P.M2.5対応のマスクなるものが売れていることを知った。
そうか。
スーパーで見かける、三次元マスクね。
花粉症の友人は、雪解けが始まる頃から、マスク、帽子、サングラス、ペラペラのコートという、甚だ怪しげな姿に変身するのが常。
招かれざる客は、我が国のどの辺までお出でになるのだろう。
当地まで足を延ばしていただきたくはない。
母、友人のような重装備はお断り。

2014年2月26日 (水)

頭上の凶器

朝からいい天気。
気温もぐんぐん上昇して、あー、春だなー。
と、ホンワカ気分に浸っていたら…。
当然、ズズーッという大きな音プラス振動。
凍りついた屋根雪が雪崩を打って落ちて来る。
うーむ。
かなり大きな氷の塊だよな。
これがあっちこっちから、いつ何時襲って来るか、知れたもんじゃない。
特に背の高い建物はやばいよ。
当地じゃ数は少ないが。
落ちてきた塊は早めに片づけないと、世間一般にご迷惑をかけちまう。
職場の前は日当たりの関係で、雪解けが遅い。
放っておくと、更に厄介。
仕事の合間を見ては片付けるが、屋根全体の雪がなくなるのはいつのこと?

2014年2月25日 (火)

今頃ジタバタ

もうちょっとで3月。

あー、春だぜ!
ちょっとぐらいの寒さ、我慢できるよー。
今日はぽっかぽっかだった。
仕事の行き帰りはルンルン。
そうだ。
今日は楽しい給料日。
この日のために一か月、耐え難きを耐え…なんちゃって。
今夜は、母が属しているグループの年度末の会合だ。
6時過ぎに、会議場へ出かけたら、な、な、なんと!
メンバー全員が揃っていた。
自分で午後6時からと案内のファクシミリを送っていたらしい。
ごめんなさい。
てっきり6時半からとばかり。
そこから俄然、母の頭に火が付いた。
ざっと2時間、フル回転ね。
議案5つをしっかり検討、仕切りもばっちり。
後は年度末の資料をまとめて、さる所に提出するだけ。
その次に、来年度の活動案に取り掛かる。
あー、忙しい。
毎度のことなのに、いつも焦りまくるのはなぜ?
日頃の手抜きのせいですね、はい。

2014年2月24日 (月)

怒り、沸騰!

普段、温厚な(?)母でも怒るぞ。
シー・シェパードというろくでなしどもめ。
環境保護を錦の御旗にやりたい放題の無法者。
こんな手合いに金を出す、某大国の金持。
いったいどこの企業だ!
何なら不買運動してやる。
もっとも母の経済力じゃ、何のダメージもなかろうが。
国内にも一言言わなきゃ。
名古屋の暴走男。
30歳にもなって、親からの仕送りで優雅な一人暮らしとな。
いいご身分じゃないの。
それが何で、借りたばかりのレンタカーで、通行人を襲うかな?
精神的な病気?
これが健常者だって方がはるかにショックだが。
それにしてもな。
このレンタカー会社。
ニュースを見た限りでは、免許証の提示を求めていないような話で。
それっておかしくない?
そんな杜撰な貸し方しているの?
それが事実なら、ちょっとまずくない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月23日 (日)

北国から

まだ、大雪で孤立している所があるそうで。
夕方、報道番組を見て、家族3人うーむと唸る。
雪に不慣れな地域にあれだけの降雪。
自治体、業者間の連携がうまく行かなかったんだろうな。
埼玉県秩父市の例は、それにしても気の毒だ。
市側が自衛隊派遣を県に要請したが、県はそれに応じなかったとな。
上田知事の見識を疑うが。
雪国は、こういうことには慣れているからね。
除雪業者の腕もいいし。
もっとも、当地の業者に聞くと、
「ある程度以上の積雪になると時間も疲労も半端ない」って。
それでも例えば、去年5mを超える積雪を記録した酸ヶ湯なんか、報道関係者が取材に行くのに難儀した話は聞かないよ。
皮肉なもんだね、今年の雪国は小雪で、業者は時間を持て余している。
コーディネートをする機関があれば、違ったろうに。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年2月22日 (土)

気が早いよ

朝、辛坊さんの番組を見たらもう、ソチ五輪の総集編(?)。
ちょっと早過ぎないかい?
ま、番組の放送日時から逆算するとそうなるか。
テレビ的には、今日しかないってことね。
さっきまではNHKも、ほぼ同じ内容のものをやっていた。
うーむ。
もう、五輪も終わりか。
始まったあたりは、どうにも我が国の選手たち元気がなく、見ているこっちも重い気分。
それを吹き飛ばしてくれたのが、15歳と18歳の坊やたちだった。
それからは、スポーツ音痴の母ですら、応援に力が入るってもんよ。
2週間が過ぎたんだなー。
知らないスポーツが多かったなー。
10年後、20年後、残っている種目って何だろう?
子供たちが将来に希望を持ってくれるだろうな。
そう思わせてくれた。
未来に希望を繋げることができた。
オリンピック万歳!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月21日 (金)

これだよ!

母を含めて、日本人の心が一つになったか。
へこんだ昨日から一気にフィーバー!
真央ちゃん、やってくれたのね。
今日はもう、何度見てもハラハラドキドキ。
なんて美しい!
こんなに素晴らしい演技が見られるとは。
メダル獲得者の演技は見ていないが、もう、いらない。
今回のオリンピックで一番記憶に残るものになった。
それにしても、たった一日で、どん底からよくぞここまで。
全く途方もないお人。
心からの賞賛と感謝を。
本当によかった。
おめでとう。
そしてありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月20日 (木)

がっくり

早朝からがっくりきた人はさぞや多かろう。
母、起きてすぐのテレビでそれを聞き、やっぱり…。
演技を正視できなかった。
何と言えばいいか。
言葉に詰まる。
一番辛いのはもちろん本人だけどね。
こっちが勝手に過大な期待をしていたんだけどね。
でもなー…。
下手に慰めるのもどんなもんだろう?
オリンピックにいるという魔物。
それは自分の心そのもの。
生かすも殺すも自分次第。
大舞台に立つ人も、しょぼい日常を送る人も多分おんなじ。
いいじゃないの。
もう失うものは何もない。
自由に舞ってご覧。
最後は笑って終わろうよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月19日 (水)

あっという間に

関東甲信地方の大雪に気を取られているうちに、なんと当市も積雪70㎝を超えた。
降っては消えの状態を繰り返し、気が緩んでいたんだ。
ここ数日は、吹雪が続いていたもんな。
ま、仕方ない。
一方、バリ島の日本人行方不明事件も気になる。
バリ島滞在2か月で激ヤセした友人の娘婿さんも、ボランティアで捜索活動に加わったらしいし。
オリンピックの様子はどうなんだ?。
ついさっき、女子で初めての銀メダル獲得のニュースを聞いたばかり。
スノーボードなどという激しいスポーツで、大和撫子がそこまで行くのか…。
いつもよりは忙しない日々。
もう少しで、平穏な日常が帰って来る。
ハレの日は疲れるよ。
心臓に悪いよ。
でもわくわくするよ。
フィギュア3人娘がどうなるか、考えたら眠れなくなる。
明日の朝でいい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月18日 (火)

泣けた

毎日、オリンピック情報と大雪被害情報に気もそぞろ。
特にスポーツに興味があるというわけじゃないおばん。
でも毎朝、テレビをつけると嫌でも目に入るわな。
今朝はジャンプの団体戦で、我が国が銅メダルというニュースだった。
そうかい、良かったね。
と、家事の合間にちらちら見るだけだったが、葛西選手の涙を見ているうちに思わずつられちまった。
何だか急に胸に迫るものが…。
ついには朝から号泣する始末。
何だろうね。
4人がそれぞれ仲間を思う気持にグッと来たというか。
それぞれが背負うものの大きさ。
重圧をはねのける気力。
大仕事をやり終えた誇らしい表情。
そのすべてにただ…。
メダルの色じゃない。
あなた方は文句なしに素晴らしい!
ゆっくり休養して、再び立ち上がることを切に願う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月17日 (月)

小さな願い

関東、甲信越の大雪で、大渋滞が起きているのは知っていた。
数日間も、車内で過ごした人も多いとか。
天変地異で交通網が遮断されると、物流が滞るのは承知。
つい3年前に長期間のもの不足を体験した母。
被災地域に住む皆さんに同情を禁じ得ない。
そうだよ。
孤立した地域には、空から必要物資を落とすしかない。
これが一番の早道。
停電さえなければ、なんとか踏ん張れる。
自分の存在に気づいてくれる人がいれば、どうにか道は開ける。
あきらめないでね。
国中が、オリンピックに浮かれつつも、被災した人々を案じている。
もう少しだ。
自衛隊の人たちが、懸命に除雪作業をしている。
北国の住民にできることは何だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

大丈夫?

毎年、12月から2月いっぱいは大量の雪に悩まされる北国。
雪への備えは、ほぼ万全。
が、どうも今年は雪に弱い地域が狙い撃ちされているような。
高速道路の渋滞が未だ、解消されていないところがあるって…。
雪の中で立ち往生している様子を見て唖然。
そうか。
自治体に、除雪機械がないんだろうな。
自衛隊の皆さん方の、人海戦術に頼るしかないのか。
雪国なら行政側も民間も、大きな除雪機械は何台も整備されている。
冬の初めには、行政の指導の下、各業者の担当区域が発表される。
ある程度の積雪になれば、朝までに業者が除雪作業を終えている。
個人ですら、雪を飛ばす機械を持っている人が多いというのに。
タイヤは当然、スタッドレスだし。
雪かきスコップは数本、ママさんダンプ、雪運搬用のプラスチック橇etc。
これらは持っていない家、あるのかしらん?
今朝は当地も30㎝ぐらいの積雪。
水気を含んだ重い雪だった。
雪片づけは重労働。
関東甲信、東北地方太平洋側の皆様。
くれぐれも怪我にご注意を。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

凄いぞ!

朝から家人がもーうるさい!
羽生君が金メダルというので興奮しまくっていた。
ついに我が国初の…。
男子フィギュア初の…。
あれだけの大舞台に、初出場の若い男の子が、大輪の花を咲かせた。
めでたい!
楽天の優勝に続く快挙。
よく頑張った、我が国の3選手とも。
上位6名の半分も占めるなんて…。
凄過ぎる。
と、昨日からニュースになっていた、関東甲信地方の大雪。
これまた凄いことになっていた。
甲府市1メートルを超す積雪量って。
そんなに雪が多い地域だったの?
弘前市よりはるかに多いよ。
昼過ぎから当地も雪。
夕方からは風も出て、吹雪模様になった。
県南の八戸市も雪だらけの様子。
例年なら、ほとんど雪がないはずが。
やっぱり異常気象なのかねぇ。

2014年2月14日 (金)

どうも分からん

夕食後から、ソチ五輪のカーリングを見ていた。
我が国がイギリスに負けたのはいいとして、カーリングってみんな面白いと思うのかな?
正直、運動音痴の母。
なにがなにやらでさっぱり。
NHKの解説を聞いても意味不明。
昔、聞いていたボウリングのものに近いような。
「薄め」だの「厚め」の意味するところがね、たぶんだけど。
母の頭じゃ、スポーツなんてものは、人より早いとか遠くへ飛んだとか、数が多いってのが分かりやすい。
そりゃフィギュア・スケートのように、動きが美しいというのもあるにはあるが。
ジャンプなら、テレマークだの空中姿勢だのはどうだっていい。
ちょっと粗過ぎますかね?
話は飛ぶが、羽生結弦君のショート・プログラムは美しかった。
髙橋大輔君の滑りには男の色気を感じた。
家人は大胆にも(?)夜中、フィギュアを見るつもりらしい。
あんた、度胸あるね。
母は、結果が出てからでいい。
夜中に興奮しちまったら、後が怖いもん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月13日 (木)

とうとう来たよ

来られたって嬉しかない。
ひたひたと母のすぐそばに危険が迫っている。
何が?
インフルエンザだよ。
とうとう、全県、発症者が基準を超えたそうな。
こうなりゃたかが風邪でも、病院へは行かない方が身のため。
うがい、手洗い、マスク着用そして休養だよな。
ビタミンも補給しなきゃ。
今の季節はみかんが宜しい。
手軽に食べられて、数もいける。
行きつけのお店に、ずらーっと箱が並ぶ三ヶ日みかん。
なんと3Lサイズ1箱千円。
これは買わないわけには…。
テレビの前に陣取り、家人と二人、みかんが友。
でも、待てよ。
オリンピックで夜更かしはいかがなものか。
いい加減、疲れ気味のおじん、おばん。
このところのメダル獲得は、嬉しいけれど辛いのよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月12日 (水)

浮かれました

今朝は、ソチ五輪、我が国初の銀・銅メダル獲得のニュースで目がシャキッ!
が、なんとしたことか。
沙羅ちゃんが4位とな。
うーむ。
が、この場合は喜ぶ方がいいな。
15歳と18歳の少年たちの快挙。
これは何度見てもいい!
きりっとした日本男児の、美しい演技につい、見とれたわー。
難を言えば、各局のインタビュアー、もうちょっと短く分かりやすい内容にしてもらいたい。
試合で疲れているだろう彼らに、見ているこっちもイライラするような展開じゃあな。
あんたの頑張りはいらないよ。
早く彼らを解放してあげて。
休ませてあげて。
朝からばっちりの晴天。
何だかルンルン。
日本中が待ち望んだ結果。
あぁ、幸せ。
二人にありがとうと、おめでとうを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月11日 (火)

五輪のギモン

毎日、今日か今日かとつい、メダルを期待しちまう母。
この分じゃ、金メダルは1個も無理なのか。
と、悲観気味。
うーむ。
期待する方がいいのか、しない方がいいのか、悩むところだなー。
「参加することに意義がある」
とは、昔の話か。
最近じゃ、このフレーズ。とんと耳にしないもの。
それはそれとして、朝、テレビ番組を見て湧いた疑問。
何で日本時間の深夜に、競技が多いのか。
5時間の時間差だそうだが、逆算しても現地じゃ夜。
日中、全然競技がないってことではないのだろうが…。
どうもよく分からん!
頑張った選手たちには悪いが、あまり振るわなかった内容を何度も見てもなぁ。
気分がだんだん沈んでゆく。
あー、誰か、すっきり晴らしてチョーダイ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月10日 (月)

まだ早いか

昨年、一昨年と大雪で泣かされた当地。
が、今年は意外に楽チン。
昨年は、観測史上最大の積雪量1m53cmを記録した。
12月上旬からほぼ連日降り続け、近所の空き地はもちろん、川まで雪の山に変身。
そりゃ広報紙に、川への雪捨ては厳禁と明記されているが、あれだけの雪だもの。
他にどうしろって言うのさ。
これが燃料にでもなるのなら、必死で溜め込むけど。
今年の冬も覚悟はしていた。
が、2月も後20日弱で終わる。
真冬日もやっと落ち着きそう。
積雪は50㎝程度。
除雪業者にとっては期待外れ。
日も長くなって来た。
3月の声を聞くと胸が弾む。
先が見えると嬉しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 9日 (日)

女子、頑張れよ

スポーツ音痴の母でも、一応オリンピックとなれば、テレビに見入ることもあるんだよ。
本音を言えば、結果だけを知りたい。
途中、ドキドキしながら長時間(?)というのは、体に堪えるから。
夕方から、家人は女子アイス・ホッケーの試合に夢中。
アイス・ホッケーか。
「氷上の格闘技」の別名があるな。
男子のアイス・ホッケーはその名に恥じないが、女子はグッとおとなしめ。
それでも、スピード感に溢れてハラハラドキドキ。
スウェーデンに1対0で負けはしたが、よく踏ん張ったと思う。
サッカーやアイス・ホッケーの女子選手は、決して我が国では優遇されていない。
生活と試合の両立の苦労は、男子の比ではなかろう。
やっと日が当たるようになるまで、どれほどの選手が泣き、去ったことか。
安倍首相にお願いしたい。
女子スポーツ選手が、練習に専念できる環境の整備をぜひ。
未来の日本を明るくするのはこの人たちの力。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 8日 (土)

大変だよね

東京に大雪警報が発令されたとな。
そう言ったって大したことはなかろうとタカをくくっていたら、まぁ…!
夕方のニュースで目がテン。
結構な積雪じゃないのさ。
映し出された風景は、当地と言っても違和感がない。
こりゃ大変だなぁ。
雪国ならあの程度じゃびくともしないが、普段、雪に悩まされる心配がない地域だし。
人も車も足元からやばい。
冬期間、スタッドレス・タイヤは当然。
ゴム長靴、スノー・ブーツなしで外出なんて考えられない。
怪我人が続出というのも納得。
それにしても30㎝近いとはね。
明日の朝までは油断できない状況とのこと。
なのに、停電しているところもあるそうで。
この寒い時期、停電は堪えるよ。
大震災時を思い出すなぁ。
一刻も早い復旧を願うしかないが。

2014年2月 7日 (金)

どこまで続く

毎日、真冬日。
 
こんなに続くと、家の中に籠ってばかりもいられない。
今日も青森市内の施設訪問日。
広大な敷地内を、相方と歩き回る。
空気は冷たいが、光があったかい。
昨日までは雪が激しかった。
積雪もそれなりだが、これぐらいならご愛嬌。
訪問を終えて2時半過ぎに、行きつけの病院へ。
待合室は混んでいた。
久しぶりの好天だからか。
ま、仕方ないさ。
週刊誌をむさぼり読み、話のネタを仕入れる。
診察を終え、薬をもらって外に出たらもう、4時を回っていた。
ツルツルの道を小幅で歩き、家に着いたのは5時半過ぎ。
歩数計は、既に一万八千歩をカウント。
歩ける時にできるだけ歩いておかないと。
猛吹雪の中じゃ無理。
ツルツルの道路も怖い。
散歩の犬と顔を合わせる恐怖なんか味わいたくない。
まだしばらくは、この低温が続くとのご託宣。
布団にもう一個、湯たんぽ仕込もうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 6日 (木)

暴かれた秘密

今日午後の新垣さんの会見は、想像以上の衝撃だったなぁ。
障害者を演じていたのか…。
他人の作品を自作として発表していただけでも、十分、許しがたいがその上とは…。
20年近くの間、20曲以上を作曲した人に700万円程度の報酬って。
したこと全部が凄過ぎる。
なぜ、本人が出て来ない。
弁護士に任せておく場合じゃなかろうに。
多くの人たちを長期間、欺いた罪は重い。
それにしてもな。
作られた佐村河内氏のプロフィールは、いかにも一般大衆に受けそうなものばかり。
失った聴力、独学で学んだ作曲法、広島生まれ、被爆2世etc。
これでもか、と並ぶ。
うーむ。
家人がよく言うセリフ。
「人は見たいものだけを見、聞きたいことだけ聞く」
売れそうな要素を、最適なタイミングで世間に露出したってことだな。
それに世の中が呼応したんだ。
それで味を占めた。
欲張り過ぎたのが間違いの元。
ま、今までいい思いをしたんだろうから、これから辛い思いをしてチャラとしないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 5日 (水)

やっぱり、そうだったか

作曲家の佐村河内守氏が、自身の曲と言っていたものが別人の作品ということが明らかになっちまった。
ドキュメンタリー番組を制作したNHKは謝罪。
明日、作曲した当人が、記者会見の予定。
佐村河内氏は、その事実を全面的に認めるコメントを出した。
うーむ。
どう書いたらいいのだろう?
この居心地の悪さ。
これもありと思わなくもない。
が…。
一連の流れを作った張本人は、いったい誰?
筋書きを書いた人がいないわけはない。
刑事コロンボの「失われた旋律」だったか?
設定が瓜二つ。
あれは有名作曲家が、ゴースト・ライターを殺害する話だった。
何だか切ないなー。
と、息子。
「やっぱりな。マイナーな分野で、マスコミがこぞって取り上げるってのは胡散臭い」
でもこうなりゃ、マスコミはたぶん、一斉に責める方に回るな、
節操がないったら…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年2月 4日 (火)

また風邪?

先日の風邪が、やっと収まったと思ったのも束の間。
夕方からくしゃみと鼻水が激しい。
いったいなんだ?
帰宅した家人も
「風邪ひいたかな?喉が痛いような気がする」
と、のどぬーる・スプレーをシュッシュッ。
風邪薬の服用を勧めたが、母だってやばいよな。
そう言えば、今朝のニュースで、青森県もインフルエンザ警報が出たらしい。
予防接種を済ませたからと言って安心できないのは承知だが、同時期に、ノロ・ウィルスだ鳥インフルエンザだと、集中攻撃されているようでどうにも落ち着かない。
天候も、暑くなったり寒くなったりの周期が短か過ぎる。
体調管理しづらいね。
ここで文句を言っても始まらないが。
明日の朝は-10度ぐらいで、最高気温もマイナス5度という予報。
今夜は薬を飲んで早めに寝よう。
水抜きもしないとダメかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 3日 (月)

努力のたまもの

「豆まき」に知らず知らず力が入っていた母。
なのに、今日に限って…。
こういうことには悪乗りしそうな(?)男の子たちが、風邪でダウン。
鼻水を垂らしながらも元気な女の子たち。
いつもは、おもちゃや本の取り合いでかしましいのに、今日は至って静か。
おまけに耳鼻科の受診や身内の都合で、早めのお迎えだって。
なんだか拍子抜け。
ま、いいや。
ならば我が家で「豆まき」を。
その前に山盛り焼きそばをどうにかしないと。
と、milkさんからのコメントがあったっけ。
「お好み焼きにしたらいいかも?」
うーむ。そうか。
お好み焼き粉に卵を加え、ホットプレートに流し込む。
青海苔をふりかける。
さ、どうよ。
あら、いけるじゃない!
焼きそばのもさもさ感があまり気にならないような。
が、ひとり数枚ずつ食べた頃には満腹状態。
あともう一息なんだけど。
そこが辛いのよ。
食べることが苦行になっちゃいけません。
更に明日、ということでここはひとつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 2日 (日)

残念な出来

息子が持ち帰った業務用の焼きそば。

数日、冷凍庫内に保管していた。
朝から家人、いそいそと解凍を始め、夕食の準備にルンルン。
まぁ良い。
せっせと台所に立ってくれて、母は嬉しゅうござんす。
5時半から、本格始動。
野菜を刻み、ホットプレートをあっため、油を敷き、肉を炒め…。
そばを入れてソースをかけて、さて味見。
なんか、もたもたしていない?
味、薄くない?
さすがにまずいとは言いにくい。
家人も味見して納得。
多少は修正できるものの、到底うまいと言えるレベルにはいくらなんでもなぁ。
こういう出来の時に限って、量が多いんだ。
家族3人で頑張ってはみたが、お皿に山盛り2杯が残った。
明日の朝、お弁当、夕食で消化せにゃ。
「明日は恵方巻買って来ないで」と、家人。
そう言われると余計…。

2014年2月 1日 (土)

痛いって

昨夜は2枚の湿布剤を貼り、パジャマの上に腰痛ベルトを装着して布団に入った。
夜中何度か目が覚めかかったものの、寝返りも自由に打てたし良しとしなくちゃ。
起き出してみると、あちこちに痛みを感じる。
腰から背中、肩、首、足に至るまでの広範囲。
うーむ。
筋肉痛かね、これは?
明日、明後日とひどくなるのかしらん?
でも今日は、お茶の稽古日。
よほどのことがない限り、休めない。
打ち身と筋肉痛だけじゃあな。
これを理由に着物が着られないなんて言ったら…。
婆ぁ、怒り狂うぜ。
おお怖い。
勝手に妄想を膨らましていたが、なにせ、痛いのは母だけだし。
稽古の行き帰り、半ば凍った道路を恐る恐る歩く。
また、転んだらと気もそぞろ。
スパイク付きの冬靴、探した方がいいかもな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

最近のトラックバック

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30