無料ブログはココログ

キムリン・ホリスティック・ワールド

  • 金 香百合
    いつも心に太陽を 悲しい時、辛い時、誰かに慰めてほしい時、キムリンはいつもそばにいてくれる。もしかしたら、みんなの守護聖人かも?

cocoa青森

  • COCOA青森
    COCOA青森の会員限定サイトです。あたたかい心と少しの時間を、メンバーと共有して下さる方を募集中です。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

へばってなるか!

10月も今日で終わる。
今夜はハロウィンとな。
懐が広いというか節操がないというか、母も日本人の端くれ。
かぼちゃグッズについ…。
11月は七五三か。
千歳飴の準備をしないとと気が焦る。
その次はクリスマス、そのまた次は正月。
あぁ…。
子供相手の職場は、年がら年中大忙し。
今週は、同僚の一人が海外へ出かけて留守。
普段、手抜きが激しい母もうかうかしちゃおれん!
月末の支払いもあるしなー。
その他雑用もてんこ盛りだしなー。
ところが今夜、家人の帰宅が8時を過ぎた。
張りつめた糸が切れた?
家人を待つ間に、ストーブの前ですっかり爆睡。
そのまんま布団に入りたい気分だがそうも行かぬ。
ボーっとした頭に、楽天がまた負けそうな展開。
喝だっ!
自分自身にです、あくまでも。

2013年10月30日 (水)

時代よね

それは夕方。
いつもの温泉での出来事。
入浴を済ませて着替えしようとしていた母。
そこには母以外に3人の娘たちがいた。
ひとりは髪を乾かし、ひとりは後ろ向きに着替え中、ひとりは鏡に向かってお肌の手入れ。
母はと言えば、バスタオルにくるまって汗を拭き取っていた。
と、むさ苦しい(失礼)若い男がずかずか入って来るではないか。
あまりに自然な流れで、誰も気を留めなかった。
が、なんか変。
母は、この人、男に見えるけどおかまちゃん?とばかり。
件の男。
すぐ気づいたらしくそそくさと出て行った。
鏡に向かっていたお姉ちゃんと、髪を乾かしていたお姉ちゃん、母の3人唖然、茫然やがて大爆笑。
うっかりにもほどがあるよなー。
今まで顔見知りでも何でもないお姉ちゃんたちと母、すっかり打ち解けた。
でも…。
ちゃんとした(?)男をおかまちゃんと思い込むなんて…。
今の時代だからよねー。

2013年10月29日 (火)

安心してもいいのかな?

アンチ巨人の母。
普段、野球中継は敬遠している。
夜のスポーツニュースで結果を見るだけでいいもんね。
今年は意外や意外(?)東北楽天が、あれよあれよという間にパ・リーグを制覇しちまった。
セ・リーグ、期待していた広島が振るわずがっくり。
錚々たるメンバーを揃えた巨人に、真っ向勝負するにはちょっと…。
そりゃ田中将大は文句なしに凄いけど…。
ところが、今夜の試合。
こんなに快調に飛ばしていいの?ってぐらいの楽天。
そりゃないだろ?と突っ込みを入れたい巨人。
4対0のまんま、勝つのかね。
安心してもいいのかしらん?
フフフ。
一度は言ってみたかったんだ。
今夜だけは、枕を高くして眠れるな。

2013年10月28日 (月)

責任の取り方

みずほ銀行に始まり、阪神阪急ホテルズ、リッツ・カールトン大阪、果てはみのもんた。
最近謝罪会見が多いなー。
もっとも、はたして謝罪なのかは甚だ疑問だが。
トップがこの程度じゃ、一般職員はやってられないというのが本音じゃないのか。
何年間もこんな危ないことをやっていて、知らなかっただの、偽装じゃないだのと言われてもなぁ。
つまり下っ端が勝手にやったことで、自分は知ったこっちゃないってか。
どのお方も、往生際が悪過ぎる。
トップの責任を何と心得ているんだ?
あんたたちが高給を取っているのはなぜなのか、考える頭もないってか?
それだけの地位にいれば、つまり権力の座にあるってことは、事が起きたら全責任を負うってことだろう?
こんな幼稚な内容の会見、聞いているこっちが赤面する。
ならそれでもいい。
世間に何と叩かれようと、その座にしがみついて頑張って。
その職を辞するより、遥かに険しい道だが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月27日 (日)

大混雑

朝からパッとしない天気。
でも日曜日。
雑用はわんさか。
午後、まずは息子の衣類をしょい込んでクリーニング店。
隣の家電品店で、ディスク類とパソコン掃除用品を調達。
近くの衣料品店で冬物タイツを物色。
さらに歩いて、いつものスーパーへ。
が…。
いったい、なんで?
広い店内に溢れる人、人、人。
全部のレジに長蛇の列。
各人の買い物の量たるや半端じゃない。
これじゃ清算が進まないわけだ。
店内渋滞と言ってもいい。
こうなりゃ、顔馴染みの店員のレジに並ぶのは到底無理。
待っている間、買い忘れたものが頭に浮かぶ。
浮かんだところで、おいそれと買い足しにも行けない。
うーむ。
結局、レジに20分。
荷物をまとめるのも一苦労。
店を出ることさえ不自由をかこつ。
広大な駐車場はほぼ満車。
今日の売り上げは凄いだろう。
って、人の懐、勘定するのも情けない。
あまりに人が多過ぎて、走り回るガキがいないことが唯一の救い(?)
そうか。
25日が給料日の人が多いってことか、納得。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月26日 (土)

重い宿題

今日は電車で、五所川原市まで。
市内某ホテルでのセミナーに参加。
テーマは渋い。
「高齢者施設での看取り」について。
聞けば、今、自宅で死を迎える人は12%に過ぎない。
80%は病院だそう。
ところが今、市町村の中には、病院が閉鎖される事例が相次いでいるらしい。
結果的に、収容されている施設内でその死を看取ることが多くなる。
が、ひとりの人間の死に至る過程は、実に多くの人手を要することなのだ。
昔のように、大家族と共に地域内で生活していた頃には想像もできないこと。
施設から緊急の連絡が来ても、家族が揃うまでには相当な時間がかかるのはざらだ。
パネリストの一人が言った。
「自分の死について考えて下さい。どういう死に方をしたいか、誰に看取られたいか、じっくりと」

2013年10月25日 (金)

雨に煙る街

ここ数日、ようやく紅葉が進んでいて、自宅から職場への往復が楽しい。
葉っぱの緑と赤、黄色の分量が少しずつ変化しているのを実感する。
冷え冷えとした空気だと、一層映えるなぁ。
今日は終日雨。
色とりどりの傘がいっぱいで始まるのは「シェルブールの雨傘」
雨で始まり雪で終わるほろ苦い映画。
カトリーヌ・ドヌーブが美しかった。
「愛情物語」も雨のシーンが印象的。
キム・ノヴァクの赤いレインコートを思い出す。
なんでって?
アイポッドから流れた曲が、偶然、これらの曲だったから。
もし、「雨にぬれても」だったら、もっとハッピーだったろう。
「雨の訪問者のワルツ」だったら、ミステリアス。
母、雨の日は空想家になりきる傾向があるようで。

2013年10月24日 (木)

帰り来ぬ青春

昨夜、出かけたお店は「フォークBAR」を名乗っていた。
貼ってあるポスターは、拓郎、長淵、イルカetc。
みんな若い!
主役のSさんも、お祝いするために集まったメンバーもほとんど同世代。
青春時代を共に過ごした仲間だよなー。
そうじゃないのは3人だけ。
15歳から27歳の綺麗どころ。
この子たちにしてみれば多分???だろうことは想像がつく。
ま、いいじゃないの。
誕生日にかこつけて、おじん、おばんがノリノリでも。
カラオケで歌う歌も古い。
「思い出の渚」なんてまぁ、あなた…。
さすがに母は朝からお疲れモードで、歌を披露する余力はない。
が、だ。
どれだけ今、外見が老けていようが、心は18歳(?)。
飲むほどに酔うほどに、店内盛り上がる。
7時から10時まで大騒ぎして、ようやく帰宅。
今夜はシャルル・アズナブールで「帰り来ぬ青春」がB.G.M

2013年10月23日 (水)

巻きますぞ

今日のブログは、早めに更新しないとね。
もうちょっとで夜のお出掛けだ。
夕食の準備は家人に頼み、洗濯は後回し。
帰りが何時になるものか見当もつかない。
そうそう。
今日の監査は久しぶりに(?)いい感じ。
役所の人選によって差が大きいよなー。
なんだかとっても和やかに1時間半が過ぎた。
特にこれといった注意もなかったし。
めでたし、めでたし。
孫たち。
今日は空気を読んだのか、まぁいい子で。
はなまるあげようね。
では、行って来ます。

2013年10月22日 (火)

言い訳イブ

明日は多忙なはず。
職場で監査がある。
一応、午前中にということにはなっている。
でも、事前の通知通りになったためしがない。
そりゃな。
監査する方だって、うちだけを訪問するわけじゃないからね。
ま、いいけど。
その準備と後始末にちょっと時間を取られるだけ。
午後は、病院へ行かないと。
そして…。
夕方から、友人の還暦祝いのパーティがある。
うーむ。
平日の夜というのはちょいと辛いが、これもつきあいというもの。
多少の義理は果たさないと。
あくまで多少ですがね。
会場は当市の歓楽街「鍛冶町」
車で20分弱か。
あそこに足を踏み入れるのは、ほぼ1年ぶり。
正気で帰れるといいが。

2013年10月21日 (月)

楽天頑張れ!

早寝早起きの母。
年と共に無理はできなくなった。
ちょっとでも遅くなろうものなら、次の日はおろか、疲れを引きずってあーぁ…。
なのに、野球とフィギュアが、誘惑してくれるのよね。
フィギュアは朝のうちに、町田さんと真央ちゃんが優勝したことは知っていた。
でも、野球はシーソーゲーム。
いつもはロッテに恨みはない。
一生懸命頑張っているんだもん、認めてやりたいのはやまやま。
でもね!
今年は楽天に勝って欲しい。
理由?
そんなもん、ありゃしない。
出来て日が浅いチームに花を持たせたいだけ。
判官びいきと言わば言え。
セ・リーグは広島、パ・リーグは楽天でいいじゃん。
なんで巨人なんだよ。
あれだけの選手集めて、成績いいの当たり前。
何の感激もない。
東北が盛り上がるのは楽天の優勝だけ。
頑張れよ!

2013年10月20日 (日)

祭り台無し

18、19、20日の3日間、市内総合運動公園で「食と産業まつり」が開催されている。
これはね、当地の特産品を始めとして、いろいろな品を市価よりもかなり安く買えるイベントなのだ。
金曜日、土曜日と快晴だった。
もっとも母は、仕事や雑事に追われて行けなかったが。
今日はこれといった仕事もない。
なら、散歩がてら行こうかな。
昨夜、温泉で会った知人がそこで店を開いているそうで。
「出足、どう?」
彼女によると、農家の人々が台風襲来に備えて多忙らしく、人出は大したことがないとぼやいていた。
そうか、ならば母。
ちょっとだけでも協力せねば。
ところが…。
今朝から雨。
昼頃まではぽつぽつ程度。
午後からは少し強めの雨が降り続く。
これじゃ、ますます客足が遠のくわな。
母の堅い(?)決心はもろくも崩れ去った。
我ながら情けない。
友人に電話して聞いたら、
「早めに店じまいする所が多かったよ」
雨の風情は情緒たっぷりで好きだが、こと、商売に関してだけは有難くない。

2013年10月19日 (土)

愛の証よ

先週やっと手に入れたビーツ4個。
これはやっぱりボルシチを作らないと。
昨夜から、冷凍庫内にあった牛のスネ肉を煮込む。
今朝、スネ肉を取り出して細切りにした。
ジャガイモ、人参、玉葱、ズッキーニ、そしてビーツ。
材料全部を鍋にぶち込み、煮込むこと3時間。
塩、胡椒、コンソメ数個も入れて再び煮込む。
真っ赤っ赤のスープに、煮崩れた野菜。
家中に漂う芳香。
うーむ。
なんだかシ・ア・ワ・セ。
そうだ!
術後まもない婆ぁに食べて貰おう。
大きめのタッパーに入れてタオルで包み、近くのお店でサワークリームとパンを買い、婆ぁ宅へ急ぐ。
先に着いていた姉弟子は、栗ご飯を持参していた。
3人でランチとしゃれ込む。
うむ、うまい!
フフフ。
半分お世辞だとしても嬉しいね。
気の合う人々とする食事。
文句なしにおいしい!
そりゃ、ボルシチに栗ごはん、パンの組み合わせは甚だ珍妙ですがね。

2013年10月18日 (金)

マスコミ変?

台風26号の被害の模様が、連日、報道されている。
こういう映像を見るたびに、胸が痛む。
事実なのだから受け入れるしかないのは承知だ。
だが、見ていて切なくなる。
あれほどの惨状を、これでもかと見せ続ける神経に違和感を覚える。
数日前、夕方のニュースで、突然アナウンサーが言い訳を始めたのだった。
「自分たちはあくまでも、被災地の現場責任者の許可を得て取材している」
という趣旨だった。
一般人たる母が?と思うのは、責任者の了承などというものではなく、素朴な感情というレベルのものだ。
もしかしたら、行方不明の家族を必死で探している人々に対して、報道という名の暴力が公然となされているのではないか。
マスコミが大好きな「報道の自由」というものが、拡大解釈されているのではないか?
ありのままの惨状を伝えることは大事だ。
だが、そこに暮らす人々の心情にもっと配慮すべきでは?
必死に救援活動に携わる人々が、仕事がしやすくなるように協力するべきでは?
言いたくても言えないでいる人々は大勢いるよ、きっと。

2013年10月17日 (木)

今年もついに

昨日は台風の影響で寒かった。
空はどんより、前夜から降り続けた雨。
うーむ。
外へ出るのは億劫。
夕方ちょっとだけ散歩。
ま、こんな日もあるさ。
今朝は、青空が顔を出したり引っ込めたりで忙しい。
出勤時はいい天気だった。
毎度お馴染の岩木山。
中腹ぐらいから雪が見える!
そうか。
昨日は、北海道の一部で積雪があったと言っていた。
んにゃ、酸ヶ湯だってそうだった。
なら、岩木山も八甲田山も初冠雪は当たり前。
そうだよな。
下界がこれだけ寒いんだもの、不思議じゃない。
でも、でも…。
大きいストーブを出すの?
掛布団も準備した方がいい?
湯たんぽは?
ついに冬の備えを点検整備する羽目に。
春の到来は待ち遠しいのに、これは…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月16日 (水)

恩人に

やなせたかしさんが亡くなられた。
94歳だったか。
彼が作り出したアンパンマン。
自分が子育てしていた時はもちろん、託児所の職員になってからもお世話になりっ放し。
どんなに小さい子供でも、どんなにきかんぼうの子供でも、アンパンマンの話題を聞くと見入る、聞き入る。
ほとんどマジックと言ってもいい。
アンパンマンとその仲間たちがいさえすれば、国中の子供たちはご機嫌になる。
母的には、ノーベル平和賞をあげたいぐらいだ。
なんで生存中に、国民栄誉賞をあげなかったんだろう?
彼が望まなかった?
かも知れぬ。
アンパンマンはどこまでも謙虚だから。
自己犠牲の精神に満ちているから。
作者死すともキャラクターは生き続ける。
ただ感謝。
ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月15日 (火)

準備するか

10年に一度の大型台風が、本県に近づくのが明日の昼から夕方にかけてだそうな。
ニュースは、明日、市内の小中学校の休校を伝えていた。
うーむ。
またか。
事前に準備するとその割でもないんだけどな。
って、大きな声じゃ言えないが。
思うに、20数年前、リンゴがぼたぼた落ちた台風19号のせい。
早朝から物凄い風が吹いて、ありとあらゆるものが飛散した。
当然、停電。
我が家のあたりは、回復に丸5日を要したっけ。
そのあとは例の大震災。
物不足を実感した。
さぁ。
うかうかしてはいられない。
明日、予測通りの暴風雨が来てからじゃ遅い。
スマホの充電。
乾電池の補充。
食料、飲料の確保etc。
ある程度はがんばろう。
それ以外は凡人の手に余る。
「非常持出袋」は2階の押入れの中。
後は、枕元にズックを準備…か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月14日 (月)

お出ましさ

昨日は寒かった。
ついに家人。
小さい反射型ストーブを出して来た。
ポリ缶に少し残っていた灯油を入れ点火。
あーら!あったかい。
外は冷え冷え、中は春。
ストーブの上のやかんがシュッシュッと。
これに炬燵があると…。
いや、いけない。
動けなくなる。
今からそんなじゃダラクしちまう。
と、知人から電話。
頼んでおいたビーツが入荷したって。
2年前に買ってボルシチを作ったのだが、去年は品薄で泣く泣く(?)諦めた。
さて、今年は頑張るぞ。
ストーブの上は煮込み料理に最適。
材料を仕込みさえすれば、うとうとしていても大丈夫。
寝込み料理と言えるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月13日 (日)

寒くてイイの

母に神通力はなかったのだ。
やっぱりな。
昼近くまで雨が降ったり止んだり。
おまけに寒い!
ま、こういう時、着物はあったかい。
難儀なのは履き慣れない草履。
いやぁ、痛いなー。
いい加減くたびれた草履の方が歩き易いのは承知だが、お茶席を巡るのに、見てくれがあまりにひどいというのも…。
とにかく、会場のお寺に行き、席入りをし、お菓子とお薄をいただいて、お道具の拝見を…と一連の動きを支障なくこなした。
昨日の最低気温が今日の最高気温だそうで。
これぐらいだと着物でもなきゃ寒くていられない。
良かったね。
帰宅したのは5時近く。
着替えて夕食材料の買い出しに行く頃は、ほとんど日も落ちていた。
冷えた空気。
今夜は小さいストーブを焚かないと。
家の中はほんわか。
もう、冬が近いんだ。
秋と冬の間はほんのちょっと。
この時期の寂しさと人恋しさがいとおしい。

2013年10月12日 (土)

明日天気になあれ!

明日は「市民茶会」だ。
母は、着物で出かけなければならぬ。
普段いい加減な母には、はっきり言って苦行。
まず朝風呂の後のビールは、ノン・アルコールにしないと。
さっさと髪を結わないと。
早めに昼食を済ませないと。
集合時間に間に合わせないと。
あぁ、これだけでもしんどいのに…。
どうも天気が良くない予想。
雨コート、傘は必需品。
足元だってそれなりに準備せにゃ。
ひどい雨ならモンペも出さなきゃな。
これだけでも結構な荷物。
何とか晴れておくれでないか。
気温は低いぐらいの方が嬉しいな。
って、かなり我儘だけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月11日 (金)

まだいいか

最近の天気は訳が分からない。
雨が続くかと思えば快晴。
寒いなと思えば汗ダラダラ。
夕方全国ニュースを見ていたら、なんと千葉で山桜が開花したとな。
東京で33度を超えたとな。
それほど極端ではないが、当地も衣類をどうするか頭が痛い毎日。
10月に入った時点で「衣替え」というのが妥当なはずが、どうもなぁ。
日中は、半袖に軽く上着をひっかける程度で間に合っている。
これじゃいかん!
「備えあれば憂いなし」
じゃ、いつやるか?
間違っても今でしょとは言えん。
明日から3連休だが、母が1日中家事に没頭できるのは月曜日だけだ。
予定は未定で、ずるずる行きそうな予感。
来週まで延ばそうか。
いきなり雪が降るなんてことはないだろうから。

2013年10月10日 (木)

焦ると余計に…

今日は雑用が多い日。
連絡するならメールが一番楽なはず。
が…。
スマホならいざ知らず、パソコンの方はどうもイマイチで。
仕事を終えて帰宅後、まっすぐパソコンに向かった母。
返事を先延ばしにしておいたものを何とかしないと。
資料は2~3日前から作成済み。
ちょちょっと手直しして送るだけ。
…のはずが、どうにも上手く行かない。
なぜ?
分からん!
添付できないってどういうこと。
この前まですいすい言ってたじゃん。
字は細かいわ。
項目は増えたわ。
こんなにいろんなことができなくてもいい!
母が使う機能なんて知れたもん。
あんた、押しつけがましいよ。
夕方からの会議の前に、しなきゃいけないことがてんこ盛りだっちゅうに。
パソコンに向かって怒鳴りまくる。
タイムアウト。
忸怩たる思いで家を出る。
もうちょっと時間をかけないと次へは進めない。
あぁ、昔のワープロは使い易かったなぁ。
そりゃ瞬時に送れなかったけど。
もう昔には戻れないんだなぁ。

2013年10月 9日 (水)

ちょっと辛いわ

新しいパソコンになって1週間。
小心者の母。
新しいパソコンをいじりながらもビクビク。
ショップで言われた、リカバリディスクの作成をしなければ。
今日、雨の中、まずDVDディスクを買いに。
ついでに夕食材料も買い込んで。
さ、用意万端。
アンチョコ片手に、恐る恐る。
長時間は覚悟しろという話で、この場合はどのぐらいかかるものか。
うーむ。
とにかく、数時間はパソコンの前にいないといけない。
そのためには目が覚めるような(?)本が必要。
で、「じつは身の回りにあふれている日本のすごい発明」というのを準備。
これはいい!
我が日本人が、いかに創意工夫に富んでいるかを思い知らされる。
あれもこれも、世界標準になっているじゃん!
と、舞い上がってばかりもいられない。
定期的にマシンが催促するのよね。
はい、はいとここは素直にディスクの交換を。
結局2時間ちょっとで作業は終了。
ざっと7枚のディスクができた。
さぁ、これでトラブルがいつ起きても大丈夫。
でもなー。
面倒といえば面倒。
やっぱりメーカー製のがついている方がいいような。
ま、時代の流れだろうが。

2013年10月 8日 (火)

会いに来る?

現在、九州北部をうろついている台風。
どうやら、明日から明後日にかけて、当地に来るらしい。
はて、困ったな。
昨夜から今日の昼まで、ミョーに蒸し暑かった。
午後、本格的に雨が降り出してからは、急激に気温が低下。
やめてよね。
一日のうちで、こんなに気温の変動が激しいとついて行けない。
これだって、台風の影響らしいしな。
先月の大雨で、ギリギリ踏みとどまったところは戦々恐々。
ちょっとの雨でも危ない危ない。
加えて、りんごの収穫にも差し支える。
早生りんごなら、今日、明日で早めの収穫もできよう。
でも主力の「ふじ」は、後ひと月は見ないと。
味が決まるのはこれからだ。
強風は困る。
何とかしてくれ!
こんな大事な時になんなのよ!
まるで、腐れ縁の男に言っているみたい。
誤解しないでね。
って、するわけない…ね?

2013年10月 7日 (月)

腰痛が

昨日から、どうも腰痛があるような。
特に腰の左側に違和感。
歩けないわけじゃない。
ちょっと気をつければいいだけ、なのだが、昨夜は寝返り危ないかもなと、覚悟して布団に入った。
今朝。
意外に大丈夫。
と、今朝の「やじうま」に腰痛体操なるものが入って、母、固まった。
腹這いになって、反り返り息を吐く。
簡単じゃないの!
もっとも、腹筋も腕力も人並み外れてない我が身。
やってみたが、反り返るなどという大胆な技は無理。
うーむ。
湿布を貼ったところで所詮、気休めだしなー。
そのために病院へ行く気、ないしなー。
しょぼしょぼ毎日、反り返る練習してみるか。
それにしても情けない姿。
とても人様に見せる格好じゃない。
蛙に似てると言ったら、蛙、きっと気分を害すよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 6日 (日)

たかが…じゃないのさ

ものによっては期間限定販売というのがあり、つい、見かけたら買い込むという話を昨日書いた。
さて、我が家で一番、口うるさい息子が今日はお休み。
お昼、なんにしようか?
息子、いそいそとラーメン等がストックされている棚へ。
と、突然、母に声を荒げた。
「これ、賞味期限、とっくに過ぎているよ。なんでこんなに買って来るんだよ!」とな。
そりゃあんた。
愛しい家族を飢えさせない(?)ためよ。
母の愛そのものじゃござんせんか。
「だったら、もっと早く食べさせりゃいいじゃん」
お言葉ですがね。
母が勧めても乗らなかったのはあんたたちだろ?
ここで冷静な家人、口を出した。
「カップ飯なんて、ドライなんだから賞味期限を気にするほどのもんじゃない。嫌なら食べなきゃいいだけ」
まったく、なんなんだ!
生ものならいざ知らず、乾物類にまでケチをつけるとは。
父と母なんて、子供の頃は、カビが生えたものまで、内心変だなと思いながら食べていたっちゅうに。
この年までつつがなく生きているけどな。
タフでなくては生きられない。
優しくなければ生きている甲斐がない。
フィリップ・マーロウに文句ある?

2013年10月 5日 (土)

サイクル早いぞ!

毎日、晩酌は欠かせない我が家。
ビールなしの人生は考えられなーい!
常に1ケースは確保。
あの大地震後、有名メーカーのビールまたは類似品(?)が入手困難になった際も、しっかり飲んでいた。
今じゃ、類似品に馴染んじまったわい。
たまに出先で、本物の(?)ビールを飲むと、酔いが回るのが早い早い。
それはいいとして、行きつけのスーパーの友人。
ビールの新製品が次々出て来るので、名前を覚えるのも一苦労とぼやく。
根が軽薄な母。
メーカーの期待に応えて、片っ端から試すのだ。
が、いつもはこれとこれに決めているものの、その季節にちょっとの間だけ出回る定番があり、見かけるとクラクラ。
ここ数日は、K社の「冬K」にくぎ付け。
運動神経は鈍いが、ビールを嗅ぎ付ける能力はちょっとしたもんよ、フフフ。
でもこういう流れはどうなんだろう?
その時期に一定の数量しか作らないのかな?
母としては、次々新しいのを作るよりも、定番を末永くお願いしたいのだが。
メーカーにはメーカーの考えがあってのことだろうが、名前も味も覚えていられない我が身。
世の中じゃ少数派…か。

2013年10月 4日 (金)

姉ちゃん、あんまりよ

帰宅してヴィデオ観ながらボーっとしていたら留守電が作動した。
大概のものはそのまんまにしておく。
が、今日のは…。
綺麗な若いお姉ちゃんの声で、要件もはきはきと分かりやすい。
そうか、そうかと聞いているうちに、こりゃいかん!
なんと、母。
来週の会議場予約はしたものの、料金未払いとな。
アナウンスの最中に受話器を取って叫んじまった。
「ごめんなさい。すぐ行きます」
大慌てで向ったら、顔馴染みの可愛子ちゃん、にっこり。
すぐ財布を取り出した。
と、お姉ちゃん。
「それがですね、同日の同時間に、あなたは2つの会議場を予約していまして、一方の支払いは既に終了しているのです」
???
やっぱりボケているのか、母。と、内心がっくり。
待てよ。
普通に考えれば、支払いが済んでいる方が優先で、何の問題があるのかしらん?
落ち着き払ったお姉ちゃんと、汗ダラダラの母の図って…。
お姉ちゃんは、ただ確認したかっただけらしい。
それならそうと言ってくれれば、こんなに慌てなかったものを。
このたかだか30分間で、血圧は相当上がったろうな。
姉ちゃん。
あんたが物腰柔らかな人だからいいけど、高ビーなら怒鳴りまくっているよ、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 3日 (木)

喉が悲鳴を

昨日はあれほど暑かったのに、今日は…・
こんなに温度差が激しいと、母はてきめんに喉の調子が悪くなる。
咳も止まりにくくなるんだな。
喉飴持って歩いた方がいいかしらん?
でも、あれってそんなに効果を感じられない。
気休めと割り切ろう。
だが、声がかすれて(相手が)聞き取りにくいと思えば、自然に無口になるわさ。
しゃがれ声でいいのは、アダモだけだ。
母のつぶれた声なんぞ、嬉しがる人はいない。
だが…。、
家の中はすべて留守電のアナウンスでいいとして、職場への電話はそうも行かぬ。
今日も応答しながら、冷汗が噴き出た。
「老化は足に出る」とは、婆ぁの言葉。
母は、それよりも喉に年を感じるのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 2日 (水)

複雑

先日、某銀行のATMで振込をしようとした時のこと。
2台のATM。
左側には、労務者風の爺さん。
右側には、エプロン姿のおばん。
母は、すぐその後ろにいた。
爺さんの方は、どうにもATMの使い方が怪しく、何度も何度もシャッター(?)が閉まる。
後ろから見ていてハラハラし通し。
いい加減、店員に泣きつけよ!
と、言うか、店員も窓口が暇なんだからさ、何とかしてやれよ!
一方のおばん。
何か所にも振込を繰り返しているらしく、一向に終わる気配がない。
そのうちに母の後ろには十数人の列。
みんながイラついているのは顔を見なくても分かる。
母だって、いい年だ。
でも、手間取ったらさっさと窓口に駆け込むよ。
振込だって、せいぜい2か所やったら、列の最後に並ぶよ。
少しは空気読め!
銀行も銀行だ。
ATMが混雑する日、時間は分かっているだろうに、準備しておいたらどうなんだ!
怒りが冷めやらぬうち、ニュースで、踏切内にいた70代の男を、助け出した40代の女性が父親の目の前で死亡したとな。
爺さんが助かって良かったとは心底思えない。
ATMでもたつく人にも正直、うんざり。
料簡が狭いんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 1日 (火)

また?

なんでこんなに暑い?
10月に26度ってか。
そりゃないよ。
「更年期かな、こんなに暑いと苦しい」
家人、冷たく
「とっくに老年期だろ」
うーむ。
聞き捨てておくよ、我が家の平和のために。
しまい忘れた半袖シャツを、無理矢理引っ張り出して着る有様。
天気はパッとせず、風もない。
当分続くのか。
衣替えを急がなくていいのは嬉しいが。
鼻水と咳も、落ち着く気配なし。
風邪は万病のもとと言われても、どうすることもできやしない。
寝込まないのがせめてもの慰め。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

最近のトラックバック

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30