無料ブログはココログ

キムリン・ホリスティック・ワールド

  • 金 香百合
    いつも心に太陽を 悲しい時、辛い時、誰かに慰めてほしい時、キムリンはいつもそばにいてくれる。もしかしたら、みんなの守護聖人かも?

cocoa青森

  • COCOA青森
    COCOA青森の会員限定サイトです。あたたかい心と少しの時間を、メンバーと共有して下さる方を募集中です。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月31日 (土)

大丈夫?

朝から雨が降り続いている。
時々静かになるものの、大半はかなり激しい雨。
こんなに長時間だと不安になる。
夕方、川のそばを歩いたが、水の量は相当なものだった。
大雨、洪水警報も発令された。
さっきから再び、強い雨。
明日の朝まで、どのくらい降るものだろう?
市内の数か所では、もう水浸しの所もあるようだ。
おちおちうろついてはいられない。
家の中なら大丈夫か?
そうとも言えないよなー。
日頃、ノーテンキな母も今夜は心配。
なんとか、朝を無事迎えられますように。

2013年8月30日 (金)

どうなってるんだ?

さっき、ブログを書いてアップした途端に、なぜかネットに繋がらなくなっちまった。
何度か再読み込みの操作をしたものの、復旧したらその記事はどこかへ吹っ飛んだらしく、影も形もありやせん。
仕方なく、今また書いているわけだが、いったいどういう仕組みなのかね?
パソコンと付き合いだして早14年。
未だに訳が分からなくなることがある。
母が何の操作もしていないのに、通常の仕事止めないでよね。
困るじゃないのさ。
おかげで息子に頭を下げる羽目になる。
このお方のご機嫌が悪いと、さらに事態は混迷を深めるわけで。
おっと、文句を言っている間にもう9時半を過ぎた。
もう寝る準備をしないと。
皆さん、さようなら。

2013年8月29日 (木)

羽を伸ばして

昨夜、母は、市内某ホテルのディナー・ショーなるものに行ったのだ。
職場のオーナー桃子からのプレゼント。
元同僚、Aさんと二人、ルンルンと。
スペシャル席とな。
うーむ。
日頃つつましく暮すおばん。
こんなハレの日、あってもいいかしらん?
ごちそうをバカスカ、ビールをガンガン、おばんたち、ショーの前にすっかり出来上がっちまった。
と、場内が暗くなり、いよいよ…。
パパイヤ鈴木とおやじダンサーズの登場。
見てくれは、ここで書く必要ないね。
が、このおじさんたちの一生懸命さ、歌のうまさにうー!
懐かしや昭和のヒット曲。
客席と一緒になって、みんな歌い踊る。
YMCAなんてあなた…。
母ですら振付(と、言うほどのものか)ばっちり。
最後のバラードでは思わずジーン。
お馴染の曲に合わせて踊るのは、リハビリにはぴったりだよなー。
こりゃいい!
久方ぶりに青春しちゃったよー。

2013年8月28日 (水)

こんなこととは

急に今日、仕事が休みになった。
が、今夜はちょっと外出しなければならぬ。
で、朝から、日頃手抜きしている家事その他に追われ(?)、おちおち休む間もなく病院へ。
薬がなくなったものでね。
水曜日の午前中というのに、やたら混雑していて、待合室には入りきれず廊下で待つ。
1時間はいたなぁ。
ま、アイポッドで好きな音楽を聴きながら、週刊誌に読み耽るのもいいか。
途中、看護師が呼びに来て血圧測定。
最近ちょっと高めらしいのだが、なに、緊張のせいだって。
心配していないよ、近藤誠先生の本を読んだもん。
加齢と共に血圧が上がるのは当然と書いてあったよ。
それにしても、中高年が圧倒的。
「日中って、こんなに混むの?」
看護師が頷く。
母は、たまたま今日、この時間でなきゃ病院へ来れなかったからだが、今度は避けよう。
料金の支払いも薬を受け取るのも、いつもより大幅に時間がかかってしまった。
何だか疲れたなぁ。
今夜、早めに帰ろうっと。

2013年8月27日 (火)

この分だと…

一昨年、昨年共に、当地の紅葉は冴えなかった。
延々と暑さが続くと、葉っぱもだれるんだなぁ。
弘前公園内をパチパチするのは大好きだが、毎年見ていると、桜や紅葉にばらつきがあるのが良く分かる。
「嶽きみ」というブランドのとうもろこしもそうらしい。
りんごや米だってそうだろうと思うが、味は写真に写らないからね。
この調子で行くと、秋も冬も早そう。
就寝時に窓を開け放すなんてことはできなくなった。
最低気温は20度を割り込むほど。
仕事の行き帰りは、半袖シャツ1枚じゃ頼りない。
薄手のカーディガンやパーカーは必需品。
日中の紫外線対策に、日焼け止めクリームも手放せない。
手荷物多いぞ!
でもワクワク。
桜はウソの食害で、スカスカの花だったが、紅葉はいけそう。
そうでなくちゃ。

2013年8月26日 (月)

やきもきするのも

日が暮れると、庭で虫が歌い出す。
朝晩は、涼しいどころではないぐらい。
もう秋の風情。
空も風も。
と、センチな気分に浸ってはいられない!
この時期、洗濯物をどこに干すかで悩むなー。
今朝、母は天気予報を信じて外に出したのだった。
空はどんより暗かった。
でも、確率20%だしなー。
午後は10%だしなー。
ま、いいか。
出勤前に、さーっと雨が降った。
でも…。
ここで中に取り込むってか。
多少濡れたって、天気が上がりゃすぐ乾く。
が、事実は常に予想を裏切る。
出勤後も、時折雨が降った。
職場の窓でさえ、開けたり閉めたり忙しい。
あぁ、恨めしい秋の空。
午後帰宅時は、ピーカンで暑いのなんの。
心配していた洗濯物は、すっきりからからでいい感じ。
一年の半分は、嫌でも室内干し。
やきもきするのも今のうち。
とは言いながら、ずぶ濡れだったら頭に血が上るよ、当然。

2013年8月25日 (日)

蟻大発生

数年に一度、蟻が大発生することがある。
今年もそうだった。
当たり年というのかしらん?
玄関先が奴らのお気に入り。
朝、日が出てしばらくすると群れをなして何かを運ぶ。
家人がぼやく。
「何か、ここに甘いものをこぼしたんじゃない?」
はて。
ゴーヤの花は咲いている。
イチゴも小さい実をつけてはいる。
甘いっちゃ甘いか。
でも、毎日数回は水をかけているよ。
日を追って蟻の数は増えて行く。
うーむ。
行きつけのスーパーで殺虫剤を物色。
と、「アリの巣コロリ」が。
効能書きによると、これをせっせと巣に運んで、集団であの世行きとな。
キンチョールでシュッ、パッとどっちが蟻に優しいのか。
悩むところだが…。

2013年8月24日 (土)

いつか来る日

お茶の姉弟子Tさんが、入院加療することになった。
もともとは師匠たる婆ぁの姉弟子にあたり、御年85歳。
若くして未亡人となり、一人娘を育て上げ、母などを指導し現在に至る。
ここ数年は、目に見えて体力が衰えてはいた。
病名は膵臓癌。
医師に余命を告げられたそうで、本人曰く
「もう、みんなと一緒にお稽古することはないと思う。でもたまには顔を見せるつもり」
Tさんは、その昔。
母が、初めて師匠宅の門を叩いた時からずっといた。
穏やかで、口数も少なく、いつも温かかった。
どこの家でも、母親は倒れないものと思われているが、我が社中では、彼女がまさしくそういう存在。
今日は、Tさんが来ない稽古日。
弟子一同、稽古の段取りに手間取る。
うまくいかない点前に、慰めてくれる人がいない。
でも慣れなきゃな。
一番堪えているのは多分婆ぁ。
人生の大部分を共に過ごした人だから。

2013年8月23日 (金)

運と縁

母にないものは、世の中にあまたある。
美貌、若さ、運動能力、知性、教養etc。
還暦も過ぎると、ないものねだりするのも憚れる。
今さらジタバタしてどうなるってんだ!
でもね。
籤運は欲しいのが本音。
どうしてこんなに宝籤当たらないのかねぇ。
結構、億単位の当選者いるのになぁ。
ま、そこまで大当たりは期待しちゃいかん。
ごくみみっちい金額でよござんす。
ココログのビンゴですら、しょぼいのがほとんど。
これも神様の思し召しか。
大当たりで人生が狂っちまう…。
なってみたいような気もするなー。
所詮、縁がないことよ。
妄想だけで我慢しなくちゃ。

2013年8月22日 (木)

そろそろと

暑いのを理由に散歩をサボっていたのだが、このところ朝晩涼しいよー。
今夜も会議終了後、あっちこっち歩き回り、なんとか8700歩。
1万歩達成は無理にしても、9000歩はいける。
うーむ。
今年の夏と言っても、うだるような暑さになったのはねぷたがそろそろ終わる頃。
せいぜい2週間ぐらいのもんなんだけどなー。
ほぼ1日中暑いと、最低限歩くだけで良しにしないとね。
健康のためになるとは言い難い。
乳母車の赤ちゃん、散歩する犬、ランニングに励む人たち。
みんな耐え難きを耐えている(?)
そこまでする必要あるのかー!
涼しくなるまでおとなしくしようよ。
まずは自分から。
毎日のメモを読み返して唖然。
3000歩しか歩いていない日と、1万5千歩の日がある。
うーむ。
平均して1日7~8000歩か。
ま、妥当なところだ。
真夏、真冬、氷が張る時期、雨、大風、体調不良…。
無理がきかない年代なんだもの。
ゆっくり歩こう。
周りの景色を楽しめる範囲で。

2013年8月21日 (水)

どこかで誰かが

秋田書店の懸賞詐欺事件ね。
うーむ。
あり得る話だと思ってはいたが、やっぱりそうだったのか。
いくらなんでもやり過ぎだよな。
一人も当選者がいないだの、当選者と発表した人の氏名がデタラメだのとくれば…。
だったら懸賞やめればいいじゃん。
それに比べたら、というのも失礼だが、大手メーカーはちゃんとしている。
母なんか、いつ応募したのかすっかり忘れていたのに、景品が送られてきて驚いたこと数回。
ビール1ケース、ウィスキー、ワイン、ウィンナ・ソーセージ、ダイエット食品、酒の肴セットetc。
秋田書店は、読者との信頼関係なんてどうでもいいと思っているんだな。
問題になったコミック本3冊を、母は全く知らなったが、友人たちは購入していた。
懸賞に応募したことはないと言っているが。
「どう思う?この騒動」
友人たち
「関係ない。本が読みたいから買っているだけだし」
ま、そうか。
でも、全国的には売上落ちる要因になるよ、きっと。
厳しい経営がさらに厳しくなる。
覚悟の上と思いたい。

2013年8月20日 (火)

こうでなくちゃ

今日の雨は凄かった。
いやぁ、職場の屋根が落ちるかと思うほどの音。
恐いよ。
もしかしたら…。
そりゃ職場の近くは水浸し。
大通りを走る車は、モーターボートかと見紛うばかりの水飛沫。
雨粒だって漫画みたいな大きいやつ。
うーむ。
1時間半程度だったから、まぁ良かったようなものの。
雨が落ち着いた頃には、何だか空気もすっきり。
鬱陶しさが消え去ったような。
もういいって。
夏にさよならを、秋にようこそを。
短い夏と長い秋。
いいなぁ。
好きだなぁ。
って、母の思い通りにはならないことは覚悟の上。
妄想したっていいじゃん。

2013年8月19日 (月)

あの声は

暑さにうんざりしながらも、小さい秋を必死に探す母。
「求めよ、さらば与えられん!」
数日前から、裏庭から聞こえる涼やかな声。
あれはもしかして…。
空耳じゃないよね?
この頃母。
耳が悪くなったのか、それとも母に何かが憑いている?
ぼーっと世界陸上を見ていたら、聞こえるはずのない(?)音を聞いたから。
単にノイズを拾っただけだと思いたいが。
ま、いいや。
庭から聞こえる美しい声は、そんな怪しいものとは思えない。
自然界の摂理に従って生きる虫。
むやみやたらと存在を主張するわけもない。
それにしてもか細く綺麗な声だよなー。
もう秋なんだ、きっと。
セミと交代したんだな。
もうじき暑さともお別れか。
名残は惜しまない、さようなら。
待てよ。
花の狂い咲きというのはあるが、虫の狂い鳴きってのはあるのかな?
聞いたことないけど。

2013年8月18日 (日)

天と地の間で

昨夜から風がピタッと止まって、寝苦しいのなんの。
そのまんま、暑さが続いた。
朝からぐったり。
高校野球はがっくり。
ま、仕方ない。
それにしても、今日の試合はどれもワンサイド・ゲーム。
どこが優勝するものやら、母には分かりかねる。
午後には、桜島が噴煙を上げたというニュースが飛び込み、やっぱり日本列島の下。
地殻変動が起きているのかも。
北海道南部地方じゃ、大雨被害とな。
明日は我が県も危ないらしい。
この暑さの中、大雨ときたら、私ゃいったいどうなるんだ?
明日は仕事。
気が重い。

2013年8月17日 (土)

やるよね

元野球少年の家人には悪いが、母。
そんなにプロ野球にも、高校野球にも関心があるわけじゃない。
が、今年の東北勢は強いようで。
きょうも花巻東と、日大山形が勝ち抜いた。
明日は地元、弘前学院聖愛の試合がある。
うーむ。
ここ何年も、青森の山田か八戸の光星で、甲子園行きは決まっていた。
それが地元の学校とはね…。
聖愛は、以前はミッション系の女子高。
男女共学になって日は浅い。
短期間でよくぞここまで。
関係者の苦労は、並大抵ではなかったろう。
先にあげた2校とは違い、地元の子だけというのも嬉しい。
明日の試合中は、市内人通りは多分少ないと思うよ。
昔の三沢高校を彷彿とさせることになるか。
あの時は、みんな固唾をのんで試合に見入った。
太田幸司は、ほんといい男だったよなー。
母、古い人間でございます。

2013年8月16日 (金)

これだけ…

嫌になるほど暑い!
言いたくないけど暑い。
空気が熱出してんのか?
こんな時は、ひと雨を待ち焦がれるんだよなー。
それは夕方近くになってやっと来た。
始めはしょぼしょぼと情けないぐらい。
この程度じゃどうもならん!
そのうち遠くで雷も鳴り出した。
これは期待してもいいかも…。
が、これまた見事に予想がはずれ。
バカにして窓を開けたまんまにしていたら、そのうち来たね。
ザザーッと見事な大降り。
そう来なくちゃ。
急いで家中の窓を閉める。
覚悟を決めたのに、じき収まって。
そりゃあな。
この暑い時に、窓を閉め切るのは辛いよ。
でもこの程度の雨じゃ。
家の中はムンムン。
たまりかねて外へ出たら、一挙に涼しくなっていた。
はぁ?
雨が降った甲斐はあったんだ。
夕方会った農家の主婦。
「もうちょっとは欲しかった。土が湿る程度じゃね。涼しさよりもそっちが大事」
やっぱりそうか。
思わず赤面。
チャンチャン!

2013年8月15日 (木)

休み最後

連休は暑さでフーフー。
普段やりつけない掃除。
大人数の来客。
墓参その他で、買い物に走りまわり、懐はやせる一方。
その分、体重も減ってくれれば嬉しいが、こちらは希望値に程遠い。
まぁ、良い。
明日から仕事だ。
小さい子供たちの相手は体力勝負。
バテてはおれん!
今日も33度を超えた。
扇風機を回しても、熱い風が吹くばかり。
今朝のテレビで、暑い国の過ごし方というのをやっていて、服を濡らして昼寝するというのがあった。
うーむ。
涼しそうだな。
でも、床が濡れる。
寝具も濡れる。
それは困るよ。
サザンの「恋人も濡れる街角」ならいいけど…。

2013年8月14日 (水)

ちょっと涼みに

昨夜から暑い!
起きた時はもうヘロヘロ。
まずは洗濯物を外に出し、息子を送り出した後は温泉へ。
家に着いた途端、バタンギューのありさまで。
家人と二人、思いっきりリラックス(?)
が、寝ていても時が来れば腹は減るのだ。
寝ぼけ頭で
「お昼、何にする?」
同じくぼーっとした家人
「何でもいいけど、涼みたい」
ならば、人さまが作った食材を有難くいただこうではないの。
向かったスーパーは、もう極楽。
かなり混んではいたが、なんのこれしき。
揚げ物やら手の込んだ総菜類がまぁ充実。
この時期、台所に立って、これだけのものを作る気力、母にはない。
が、人ごみの中、そんなに買うものもないんだな。
せいぜい15分ぐらいで外に出たら、汗が噴き出した。
家の中、窓という窓を開け放して、扇風機をフル稼働。
でも暑い。
今日は当地33度だって。
涼し過ぎると文句を言い、暑過ぎると音を上げる。
せめて夜だけでも…。
今はいくらか涼しい風が吹いている。
風がご機嫌を損ねませんように。

2013年8月13日 (火)

たまには外食

親子3人で夜、外で食べるなんて、しばらくはなかった。
昼前に、家人の姉がやって来て、その後、家人の兄夫婦が総勢6名で合流。
いつもは静かな(?)我が家。
下は2歳7か月。
上は75歳。
いやはや賑やかなことで。
母が子供の頃は、当たり前の風景だったが。
世間話に花を咲かせ、高校野球に見入り、しばし交流した後、兄一家は帰って行った。
残された75歳の姉。
さすがに疲れが激しいようで。
テレビの前に寝転んでちょっと休憩。
そうこうしているうちに、息子が帰宅。
じゃ、みんなで外食しようと、ネットで検索したら、休みのところが多かった。
やっと見つけたのが「きはちらくはち」
店内は落ち着いた雰囲気で、店員たちもみな明るい。
頼んだ料理はどれもおいしかった。
量も値段も、運ばれてくるタイミングもグッド!
おすすめ。

2013年8月12日 (月)

お墓参り

今日は当地、何と32度越えとな。
うー。
暑い!
食欲は減退。
何をするのも億劫。
明日は、家人の身内が来ると言うのに、何をする気も起らない。
ま、いいか。
明日の午前中に、電光石火の早業で室内を片付けよう。
なに、2階の息子の部屋に、ありとあらゆる(?)見苦しきものを搬入するだけのことよ。
毎度のことで我ながら、嫌になる。
整理整頓が得意な人。
掃除が大好きな人に憧れる。
こういう人たちは、思い切りがいいのよね。
母には無理。
とにかく、墓参りは今日のうちに済ませないと、明日は辛い。
夕方、花と供物を持ってお寺へ。
ほとんど無人の墓所を、親子3人、行ったり来たり。
数か所お参りをして回る。
年にたった数回。
墓前に線香を手向け、手を合わせる。
祖母、舅、姑、息子、兄嫁、義兄…。
在りし日に思いを馳せ、時の流れをしみじみ感じる。
いずれは…。
若い息子は、何を思うのだろう。

2013年8月11日 (日)

家人の仕事

今日で当地は6日連続、30度越えだそうで。
この程度で騒ぐんじゃないよと、思っておられる方は多いんだろうな。
でも、青森県。
エアコンの普及率は、今でもそんなに高くないと思うよ。
あったところで始終運転させている家庭もね。
当分の間、30度前後で推移し、しかも好天続きだそうで。
午後、家人は、草刈り機で家の周囲を綺麗にしてくれた。
月遅れのお盆。
我が家にもいくらかの身内は訪ねて来る。
多忙にかこつけて、草取りをしない母を見かねたわけね。
ありがたい。
もっとも、にらや鈴蘭、ねじり草も姿を消しちまった。
うー。
残ったのは青紫蘇と茗荷だけって…。
が、何も言うまい。
言ってはならぬ。
ならぬものはならぬのだ。
母は八重の心境(?)
おっと、大好きな祖母の名前も「やえ」だった。
関係ないか。

2013年8月10日 (土)

素人らしさに

今年も高校野球が始まった。
今日から家人は9連休、母は6連休。
元野球少年、現在は白髪頭の爺ぃ。
朝からリモコン片手にテレビにかじりつく。
途中で間の手を入れる母に、評論家気分で解説。
うーむ。
日本全国で、この手の親父が増殖(?)しているんだろうな。
プロ野球を見るのと違い、ハラハラドキドキの場面が多い。
ただの視聴者ですらこうなんだから、甲子園に出る子供をお持ちの方々。
心臓に負担がかかることだろう。
選手たちの表情が実に初々しい。
緊張感がストレートに伝わってくる。
制球や守備の乱れに、動揺する様子がありありと。
勝って誇らしげな選手たちと、泣き崩れる選手たち。
あぁ。
一生懸命な姿を見て思わずジーン。
感動をありがとう。

2013年8月 9日 (金)

湿度だけでも

昨夜から暑さが続いている。
加えて今朝からいきなりの豪雨。
大雨・洪水警報が発令されて、いったいどうなることかと気を揉んだ一日。
雨は、午前中に何とか落ち着き事なきを得たものの、職場の湿度計は80%を超えていた。
風はなく、じわじわと汗が出る。
拭いても着替えても何の変化もない。
これが我が国の夏。
うーむ。
諦めるしかないよなー。
昼のニュースじゃお隣、秋田県と岩手県の一部がとんでもないことになっていた。
母も若い頃、近くの川の氾濫で泣いたことがあった。
水害はしばらくの間、いろいろな点で辛いことが多い。
予報じゃ、今夜から明朝にかけて、大雨に見舞われる可能性大だって。
高温はまぁ、我慢もしよう。
でも湿度はね。
体と言わず家と言わず、カビが繁殖しそうで嫌なんだけど。
どうにかなりませんかねぇ。

2013年8月 8日 (木)

はてな

30度越えがたった2日で、疲労困憊(?)の母。
朝から晩までいったい何回着替えることか。
洗濯物の量が半端ないよー。
片付けるのにも時間がかかるよー。
でもね。
昨夜、タオルケット1枚で寝たら、朝方寒かった。
心配したのに、ちっとも寝苦しくはなかった。
ほっ!
水枕もアイスノンもなしで寝られるのなら、文句は言わない(?)つもり。
それでも帰宅後、窓を開け放して少しの間、うたた寝なんか。
ちょっとの間だけよ、ほんと。
5時半頃帰宅した家人が
「やたらパトカーが目につくんだけど何があったの?」
そう聞かれても…。
温泉へ出かける途中、3台見かけた。
見慣れない光景だよな。
いったい、何があったのか?
また、警察が我が家にお出でになるのかな?
これで何回目になるだろう。
あまり親しくなりたくないのだが。

2013年8月 7日 (水)

あぁー!

へたれとバカにしてくれていい。
昨日から当地も夏仕様。
暑いぜ。
風もないしなー。
今日は青森市内の施設訪問日。
いくらか緯度が高いんだからさ、もうちょっとは涼しさ感じさせて。
帰宅後、まずは冷えたコーラをがぶ飲み。
30分後にアイスクリームを1個。
汗拭きタオルは2本。
着替えも2度ほど。
昨日に続いて今日も30度越えか。
南の方じゃ、連日、猛暑と所によっては大雨被害のニュースが。
それほどのもんじゃないけどね…。
大きい声じゃ言えないけどさ…。
でも、暑い!
現在、パソコンの温度計は27度の表示。
まさかこのまま朝になるなんて、ないことを祈るわ。

2013年8月 6日 (火)

今夜は眠れない?

昨日も今日も、天気予報の雨の確率の高さに怖気づいた母。
結局、帰宅時まで雨は降らなかった。
そうと分かれば、外干しできたはずの洗濯物を見て思わずため息。
昼前も午後も、急に空が暗くなって、遠くで雷の音が聞こえる。
ひやっとした空気になる。
これらはみんな、天気急変のサインなんだそうで。
が、結局、4時頃までは事なきを得ていた。
その後よね。
雨の音がだんだん強くなって、家中の窓を閉めに行く。
いやぁ、暑い!
風がない。
今夜は寝苦しいよ、きっと。
雨が降れば普通は涼しくなるはずが、たいして恩恵を感じられないでいる。
そうとなれば…。
去年の秋、やっと手に入れた扇風機もどきに登場願おう。
ついでにうちわも、アイスノンも…。
ありとあらゆる(?)文明の利器総動員で今夜を乗り切れるか?
うーむ。
いくらか不安なのはなぜ。

2013年8月 5日 (月)

一日置いて

昨日、書くつもりが地震で遅れることになっちまった。
と、言ったって、母のブログに、それほどの影響力があるわけじゃない。
いいってことよ。
さて、土曜日。
師匠は、母にもう一つの依頼をしたのだった。
「ぜんまい仕掛けの目覚まし時計、どこかにないものかね」
御年80歳の婆ぁ。
あちらこちら探しまわったが、どこにもないそうで。
「その年で目覚まし、必要なの?」
と、突っ込みたい気持ちをぐっと抑えた。
なんたって、先行き短いが口癖だもの。くわばら、くわばら。
事を急くのよね。
で、帰りに、近くの古い時計屋とリサイクル・ショップ2軒に寄ってみたが、やっぱりない。
ならばネットで…。
おなじみのヤフオクならと当たりをつけたはいいが、実用品でなくちゃ話にならぬ。
いや、それ以前に扱う品が多過ぎて、母、疲れちまった。
婆ぁのCDを探したアマゾンで、中国製の新品が2千円ちょっとで売られていて、もうこれしかない。
中国製というのがどうにも引っかかるが、ま、この際目をつぶろう。
それにしても時代だなぁ。
セイコーやシチズン等の国産メーカーで、もうその手のものは作っていないんだ。
リサイクル・ショップの兄ちゃんも、
「作りや性能にこだわらなければ、若い子向けのお店ではあると思いますよ。当然、外国製ですが」
年を重ねると、見てくれだけじゃ持たないのよ。残念ながら。

2013年8月 4日 (日)

暗闇でドッキリ

ピーター・セラーズの映画じゃないよ。
今朝の12時半頃。
突然、家が揺れたのだ。
時間は短かった。
が、何やら大きな音と共に縦揺れがドーン。
いつもは、何があろうとひたすら眠りこける息子ですら、2階から起きてきたぐらい。
さっそくテレビをつけたが、NHKはもとより、地方局も何の動きもない不思議。
はて、面妖な?
いくらか耳の遠い家人。
「あれは大型トラックの音」と言い張り、母と息子。
納得できないが、夜中にそれ以上騒ぐのも気が引ける。
携帯から注意喚起の音も出なかったしなぁ。
ま、いいか。
今朝温泉で、知人たちに聞いてみた。
4~5人は家人と同じ意見だが、2人は
「ちょっと時間はかかったけど、地方局で震度2って出たよ。震源地はこの近くだって」
うーむ。
ところが昼過ぎ、宮城県で震度5の地震の報道。
地下で連動しているのかなぁ。
先の大地震の余震ということだが。
縦揺れに反応が鈍いんじゃ、ちょっと怖いよ。
一瞬で、つぶされちまうってことじゃん。

2013年8月 3日 (土)

便利屋開業

今日も今日とて、お茶の稽古に出かけた母。
晴れているのに、吹く風が涼しい。
嬉しいな。
おかげで今のところバテちゃいない。
この分だと、元気なままで夏を乗り切れるかも?
ま、あまり期待しない方が…。
先日、婆ぁから電話があった。
婆ぁが大好きな「京都迷宮案内」の主題歌を歌っている歌手を探せとな。
うーむ。
ネットで調べたら膨大な資料が続々。
この中から主題歌を歌う歌手を探す。
なんとなんとこれがけっこうな数で。
いったい誰のことを知りたいのか分からん!
婆ぁが言うには
「郷ひろみが、すっかり歌がうまくなったんだと思ったぐらい、声が似ている。番組の最初と最後に曲が流れてね、字幕が出るんだけど、読み切れないうちに消えるんだ」
どうやらラクリマ・クリスティなるグループのものらしい。
アマゾンで探したら、その曲と思しきCDがあってさっそく注文した。
もうひとつ頼まれたものもあるのだが、それは明日詳しく書こう。

2013年8月 2日 (金)

きっと開けたね

今朝は、久しぶりに明るい日差しでお目覚め。
おぉ、嬉しい!
夏空そのものじゃん!
長かったなー、今年の梅雨。
まだ気象庁は発表していないけど、梅雨開けたと思うよ。
当地は、大きな被害を被るほどのものではなかった。
が、連日曇り空と低温に悩まされた。
空を見上げて「鬱」気味になるのは、冬期間だけにしてもらいたい。
今は夏。
みんながやたら開放的になる季節。
昨夜から「弘前ねぷた」が始まり、今夜は「青森ねぶた」が。
まぁ、良い。
夏じゃ、若者よ。
思いっきり祭りで羽目を外しな。
みんながみんな、おとなしめだからって、世の中、なめちゃいかんよ。

2013年8月 1日 (木)

新しいスマホ

いろいろあったが、新しいスマホが我が家にやって来た。
以前のIS05よりも大きくて、画面が綺麗で、音もいい!
やっぱり同じメーカーがいいよ。
シャープは応援しなくちゃ。
外国メーカーはこの際、お引き取りいただく。
が…。
以前のスマホがダメになったせいで、アドレス帳が半分ぶっ飛んでいた。
2年前のはいいが、それ以後はやり直しとな。
いったいどういう理屈なんだ?
もっとも、説明を聞いたところで母。
理解不能と白旗上げておく。
で、知人たちを拝み倒す。
電話番号入りのメール送信をお願いするわけよ。
みんな、快くO.Kしてくれた。
が、この中の数人。
防水仕様のものに変えた。
携帯からスマホに変えた。
電話会社を変えた。
で、妙に物分かりが良い。
そうか、そうか。
おばん、侮れないよ。
巨大なマーケットを形成しているんだ。
これを取り込めなきゃ、将来はない!

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

最近のトラックバック

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30