無料ブログはココログ

キムリン・ホリスティック・ワールド

  • 金 香百合
    いつも心に太陽を 悲しい時、辛い時、誰かに慰めてほしい時、キムリンはいつもそばにいてくれる。もしかしたら、みんなの守護聖人かも?

cocoa青森

  • COCOA青森
    COCOA青森の会員限定サイトです。あたたかい心と少しの時間を、メンバーと共有して下さる方を募集中です。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

いったい…?

人を1か所に集めて景品を配り、最後には値の張るものを売りつけるという商法が、話題になってン十年は経つと思う。
こんな商法がまだ生きていたのか。
いったい、なんなんだ!
母の出歩く範囲に2軒。
爺さん、婆さんが嬉々として行列を作る場所がある。
母が通るたんびに、紙袋を持った年寄り(失礼)が、出入りしているのを見かける。
うち1軒は、表向きはギフト・ショップらしい。
もう1軒は、自然食品を売り物にしているらしい。
今どき、こんなもんで人を騙せるのかねぇ。
同僚たちにその話をしたら、
「みんな分かった上でそこへ行ってると思うよ。さびしがり屋が集まっているだけかも」
そうか。
これだけ情報が乱れ飛んでいるんだもん、納得するね。
でも、店の近くに住む人々は敬遠しているような。
いかにも怪しい。
胡散臭い。
どのぐらいの期間、店開きしているものか。
短期決戦だろうな、恐らく。

2013年5月30日 (木)

隣の芝生

昨日、母は、温泉仲間Kさんから赤飯をいただいたのだった。
酒飲みの母。
甘いものは苦手。
特にご飯ものの甘いやつは…。
家人は両方イケるクチ。
いただいた赤飯は白くてピカピカ光っていた。
うーむ。
母の実家は、小豆と塩だけで作っていた。
色は黒っぽく、味はきりっとしょっぱく、甘味はほんの少しだけ。
友人もみじが作るやつは、真っ赤っかで、甘ったるいのなんの。
これはご飯じゃないよ! 
お菓子の類いだろと、突っ込みたくなるほどの代物。
ま、めったにいただけるものじゃないから、母も大人の対応しているが。
Kさんに
「甘いよねー」
と言ったら、
「田植えの手伝いの人たちへ作ったものだからね、忙しい農作業の間にぱくつくにはこれがいいと思うの。ゆっくりご飯というわけにも、菓子パンで済ませるわけにも行かないからね」
そうか。
母みたいにノーテンキに食べる人が対象じゃなかったんだ、納得。
甘くて腹もちが良い。
それがすべて。
ありがとう。

2013年5月29日 (水)

早起きの報い

今朝は目覚めたのがなんと5時前。
うーむ。
さすがに早過ぎる!
もうちょっとは、布団の中にいないと…。
が、眠れないものは眠れないのだ。
寝返りばかり打っていたって、腰の調子もイマイチのまんまだしなー。
そうだった。
植え付けを待っている、ゼラニウム3種、ラヴェンダー3種、行者ニンニク、鈴蘭があったんだ。
これを何とかせにゃ。
起き出したのは5時20分。
ま、いいか。
車庫から鍬、ジョウロ、移植用のミニ・スコップを出す。
草ぼうぼうの裏庭を、軽く耕してみる。
ジョウロで土を湿らせ、植え付ける。
その後、また、ジョウロで水をかけて、朝の部終了。
出勤後まもなく、ぽつぽつと雨が降り出した。
いいねぇ、この静かさ加減。
大降りだと、せっかく植え付けた苗が落ち着かない。
これぐらいの雨がベスト。
うーむ。
ところが…。
頑張り過ぎた母。
昼過ぎから頭も目もぼーっとしたまんま。
いかん!
今夜はもうおしまい。
皆さん、お休みね。

2013年5月28日 (火)

こんな休日って

今日は久しぶりの全休日!
の、はずだった。
が、来月初めには母が事務局を務める某組織の総会がある。
そのための資料を作成しなければならぬ。
まずは、前年度の資料に目を通す。
今年度に存続しているものと、却下するものを分ける。
その上で、日付や内容の改正を。
これが意外に時間を食うんだな。
パソコンに向かって一気に…というわけには行かぬ。
残念ながら。
では、なんとしよう?
本職は主婦だもん。
この際、たまった雑用を片付けながら考えをまとめよう。
久しく見ないことにしていた納戸の中を整理。
普段使わないものを、ぼんぼん放り込んでいる。
処分してもいい気分の今、やるしかない。
出たよー。
ごみ袋の1つや2つ。
フフフ。
ところが…。
この仕事につい夢中になっちまい、肝心の報告書に考えが及ばない。
うーむ。
いかにもお粗末。
母が、どれだけ出鱈目かってことよね。
最後には、昨年の報告書を少し(?)いじって、無理矢理完成させたんだけど。
会議の出席者が軽ーくスルーしてくれるのを望むだけ。
こんなに暑いと頭が疲れるんだ。
ということにしましょ。
あー。
深く考えなくていいから。

2013年5月27日 (月)

前倒しするか

急に暑くなって、息も絶え絶え(?)の母。
寒さにも弱いが、暑さには更に弱い。
寒いのは着込むことや、外出しないことで何とかしのげる。
が、暑いのはね…。
服を脱ぐには限界があるよ。
脱いだからってたいして涼しくなるとも思えないし。
昨夜もミョーに暑かった。
窓をいくらか開けたまんま、寝入っちまった。
これが実にイイ感じ。
時々、暴走する車やバイクが発する音が耳障りだが。
やれやれ。
しんと静まり返った頃、爆音を響かせるってのが快感だとは寂しいお方。
それはさておき、日中着る服をどうにかせにゃ。
やっと冬物をしまったばかり。
すぐ薄物をと言われても…。
現金なもんよ。
このまま、梅雨入りして夏へと一直線なの?
今週はいろいろ忙しいんだけどな。

2013年5月26日 (日)

季節は巡る

朝からミョーに暑い感じ。
でもなー。
もしかしたら老年期(?)の症状かも。
うかつに暑い暑いとは言えないよ。
朝から大きなストーブがガンガン。
断わっておくけど、この辺じゃまだそうなの。
ちっとも珍しいことじゃぁない。
灯油を使い切るためと考えることにしよう。
が…。
ストーブを焚いて、窓を開け放すとはいかがなものか。
エコじゃないよなー。やっぱり。
家人もさすがに
「止めようか」
そうと決まれば、家中の窓を開けるよ。
なに、ちょっとだけだって。
家の中を吹き抜ける風の爽やかなこと。
青い空に白い雲。
初夏だなー。
これからは汗だくで過ごすのか。
体の準備は、追い付くのに時間が多少かかりそう。
文句が多いのは…のせいか。

2013年5月25日 (土)

苦手だけど

苦手なものが多い母。
じゃ、得意なものは何なんだ?と、自分で突っ込んでどうする。
食べ物の嗜好から、日々の暮らしまで、我ながら幅広いなー。
夕方、その中の一つ、メールの整理整頓で頭を悩ませた。
迷惑メールは論外だが、それ以外の何を残して、何を削除するのか。
次に、残したメールの処理はどうしよう?
やっぱり、ディスクに記録しておいた方が無難よね。
それにしても多いな。
パソコンを始めて十数年。
母の成長記録(?)と言えなくもない。
友人たちからのメールは大事にとっておこう。
母を元気づけ、笑わせてくれ、大事なことに気づかせてくれたものばかり。
読み返すと思い出もよみがえる。
ふふふ。
それっきり音信不通の人も結構いるんだ。
まぁ、仕方ない。
パソコンで削除するのは至って簡単。
動作が重いのはメールを処理しないからだよと、息子に意見されている。
それだけじゃないと思うけどな。
たぶん、古いからだよ。
とは心の声。
もちろん、酷使しているのが一番の原因ですがね。

2013年5月24日 (金)

そばに来ないで!

今朝通勤途中、赤信号で止まっていたら、向こう側からふらふら車道に入り込んだ若い男。
これを千鳥足と言うんだね。
車がみんな止まっちまう。
危なっかしくて、恐ろしくて…。
いったい、あんたは、何をどうしたいんだ?
直接聞く勇気はないけどさ。
そのうち、対向車線の先頭の車が、すぐ近くの事業所内に入って行った。
ドライバーは、若葉マークを付けたお姉ちゃん。
と、この男。
お姉ちゃんの車を追っかけて事業所内へ。
いったい、どうなる?
お姉ちゃん、車の外に出られないよ、あんたがいちゃ。
気が気じゃないが、そのうち信号が変わり、前に進むしかない。
こんな時にはどうしたらいいものか。
警察に電話するのはやり過ぎかね。
それにしても若い男の服装からして?
今朝は肌寒かったのに、半袖シャツに短パン姿。
足元はふらふらで、目はすわっているという異様な風体。
しかも朝の7時半とね。
ただただ、そばに来ないでとだけ念じた母。
無責任だったかもな。

2013年5月23日 (木)

ほっ!

昨日はご心配おかけしました。
ばななさん、コメントありがとうね。
昨夜から今朝にかけて、寝返り打ちながらくよくよ考えていたけれど、気合い入れて(?)起きたら、何とかなったんだわ。
そりゃ、多少は違和感あるし、痛みもそれなりに…。
今日は施設訪問日。
休むわけにはいかない。うん。
相方と待ち合わせる時間まで、どうしたものか。
なぜか、不精者の母。
こういう時に限って、普段見なかったことにしているものに気持が動く。
掃除しよ!
そりゃたいして広い家じゃなし、1時間もありゃそこそこ片付くけど。
で、2階から下までせっせとはたき(古いね!)をかけ、掃除機を持ち歩く。
さすがに腰に堪えるが、なんのこれしき。
その後、コーヒーなんぞすすり、集合場所へ。
無事、仕事を済ませ帰宅。
明日は、コンパクトな掃除機探しに行こうかな?
それなら、体も楽できそうだ。

2013年5月22日 (水)

トホホ

それは今朝、出勤間もない時間だった。
2歳のKちゃん。
「せんせーい。あそぼ!」と、抱きついた。
受けて立った母。
その瞬間、腰に異変を…。
激痛とまでは行かないが、痛みが走る。
我ながら歩き方が変。
立ったまま、座ったままならなんてことはない。
が、姿勢を変える時が恐いような。
うーむ。
今日は、さすがに1万歩達成するのは無理。
だいたい歩く速度が遅過ぎる。
夕方、いつもの温泉から帰って、家人に湿布剤を貼ってもらう。
いやぁ凄いな、こんなにジンジンするんだ。
先日、ようやく腰痛から解放された家人。
「少しは辛さ、分かってくれた?」
明日の朝、ちゃんと起きられるだろうか?
母は、それが心配だ。

2013年5月21日 (火)

どうなってる?

西海岸に…、と言っても青森県の場合、鰺ヶ沢、深浦、岩崎あたりを指すのだが、今日、漂流遺体らしきものが流れ着いたそうだ。
所持品等から、どうも北の某国の人とな。
うーむ。
いったいどんな事情があるものか。
母なんぞには想像も出来かねる。
数年前には、ボロ船(失礼)に乗った数人を保護。
忘れた頃に、ぽつぽつとこの手の話が報道される。
日本海側の海岸では、ン十年も前から「人さらい」のことが話題になっていたそうだし。
いったい、日本人の拉致被害者をどうしたいんだ?
無条件で返してくれるのなら、それでいい。
でもお宅の国民なら(死体も含めて)甚だ迷惑というのが正直なところ。
 

2013年5月20日 (月)

伸びがイマイチ

あれは4月。
愛しの婆ぁ、母に命令を下した。
「髪を伸ばせ」
とね。
ほとんどごま塩状態の髪を伸ばせって、何ゆえに?
「きちんと髪を結い上げて、着付けができて、立ち居振る舞いが様になって、お茶の点前が安心して見られるように努力せよ」
うーむ。
4つの要素をこなせってか。
人一倍不器用な母には、どれひとつとってもハードルが高い。
が、ここで白旗をあげるなんてことはしたくない。
毎週土曜日は、母には修行の一日。
着付けに要する時間は30分近い。
所作と点前は、毎回、婆ぁがつきっきりで指導。
若い時は、これほど熱心にしていなかったような…。
さて、一番の問題は髪型だ。
もう少しで肩にかかるぐらいの長さにはなったが、まとめ上げるにはイマイチ。
しかたなく、稽古の直前にムースで無理矢理なでつけ、ゴムで縛るという荒技を。
姉弟子たちが同情して
「2つに分けてお下げにしたら」
でも…。
グレーの半ロン毛のお下げって、不気味じゃない?

2013年5月19日 (日)

いただき!

春が遅い今年。
我が家の庭にも、やっと鈴蘭が顔を出した。
隣のにら、アスパラガスも。
青紫蘇もじきだなぁ。
その前に草取りをしておかないと。
せっかくの野菜が元気じゃなくなる。
大した広さじゃないのに、つい…。
みんな母の手抜きのせいです、はい。
今日は友人から、山ウドとシドケをいただいた。
ご主人が山から採ってきたそうな。
うーむ。
スーパーのものとは香りが違う、鮮度も違う。 
山ウドはね、本体はもちろんうまいが、皮のきんぴらが凄いんだ。
何も難しいことはない。
ざく切りした皮をざっと洗って水けを切り、サラダ油で炒め、塩、胡椒、醤油で味付けをするだけ。
きんぴらと言えばごぼうだが、たまにはこちらのお試しを。
シドケはさっと茹でてお浸しに。
これから当地は、山の幸で食卓が賑わう。
ありがたくいただきます。

2013年5月18日 (土)

時計屋で

数年前に某ホームセンターで買った時計が、動きを止めて数か月。
電池交換しなきゃと思いながらも、毎日使用するわけじゃなしと、ついずるずる。
確かに毎日は使わない。
が、なくちゃ困ることもあるんだ。
何時にどこそこまで集合とかね。
途中、時間つぶしをしても時計さえあれば何とかなる。
で、一昨日。
購入したホームセンターへ、交換を頼みに行った母。
が、係のお姉ちゃん、いともあっさり
「これは当店ではちょっと…」
なんで?
「特殊な工具がないと、裏蓋が開けられないので」
じゃ、どこでならやれると更に聞いたら、
「市の中心部にある老舗なら」という話だ。
うーむ。
そこまで出かけるってか?
正直、大儀だなぁ。
待てよ。
確か師匠の家の近くに、いかにもという感じの時計屋があったっけ。
お茶の稽古の帰りに件のお店に寄ってみた。
狭い店内は、いかにも職人という面構えのおじん。
ショーケースには、渋いデザインの時計がわんさか。
無口なおじん。
愛想もなにもなく、ひたすら電池交換作業を。
途中、メール便なるものの宛先を聞きに来た若いお姉ちゃんにも、けんもほろろ。
今の時代、こんな人もいるんだ。
母、好きだよ。このタイプ。
でも、おじんのためには、もう少し値の張る時計でないといけないような。
内心赤面していた母だった。

2013年5月17日 (金)

はて?

母が、リウマチ治療のための薬を飲み始めて4ヶ月。
突然走る激痛は確かに減った。
回数も強さも。
朝、晩2回食後服用せよとのお達し。
素直な母。
期待に応えますともさ。
が…。
薬の減る量がどうも少ないような。
つらつら考えるに、朝は、まず出勤することに気を取られて服用を忘れ、夜は夜で晩酌で浮かれて忘れる。
うーむ。
そうとしか考えられない。
診察時、いつもドクターから念を押される。
「ちゃんと飲み続けて下さいね」
母だって、サボる気はない。にもかかわらずこの結果。
どうしたものか。
カレンダーにその日の分、貼り付けようかな? 

2013年5月16日 (木)

でも…寒い

5月の半ば。
ソメイヨシノが終わって、八重桜が綺麗に咲いている。
今頃はもう、田植え真っ盛りのはずだが、今年はまだ。
水が入った田んぼに吹き渡る冷たい風。
今夜も大きいストーブを焚く始末。
あと半月で「衣替え」か。
この調子だと無理。
なんて言ってると急に暑くなったりするんだなぁ。
さすがに冬物はクリーニングに出した。
でも長袖シャツ、薄手のセーターは手元に置かないと。
気温の上下が激しくて、風邪気味の人が多数。
大概は有難くいただく母。
でも、風邪は困る!
うがい、手洗いをマメにするか。
ところで、風邪薬のCMって、冬以外見かけないような気がするけど、なんでかな?

2013年5月15日 (水)

とてもそこまで

ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーが、遺伝子検査の結果を受けて、なんと乳房を切除しちまったとな。
将来乳がんになる可能性が高かったからとな。
はぁ~。
ふ~。
可能性が高い…。
甚だ曖昧な言い回しだ。
物事がそうなるのか、ならないのかを数字で出すことが本当にできるの?
「当たるも八卦、当たらぬも八卦」と思うのは凡人故か。
母、若かりし頃、なんと胃潰瘍を患い、医師に手術を勧められたことがあった。
当時、母が一番信頼していた祖母に相談したところ、明治27年生まれのこの方。
「体に刃物を入れるんじゃない」と、きっぱり。
手術はせずに現在に至っている。
将来、がん化するかよりも、健康な体にメスを入れる危険。
とても母にはできない芸当だ。
整形手術にも通じるエゴを感じる。
嫌!

2013年5月14日 (火)

札幌に…

確か昨日あたり、札幌の桜が開花したというニュースがあったはず。
今日、職場で組んだ相方Yさんは、一昨日、岩木山の麓にして桜の名所。
その名も「桜林」へ、知人たちと花見に出かけたのだった。
「どうだった、桜?」
Yさんはかぶりを振り、
「全然!蕾すらも見えなかった。来週ならいいかも」
???
ってことは何?
札幌よりも桜林は寒いってこと?
うーむ。
緯度じゃ負けるが標高じゃ勝っているって話か。
それがどうした。
夕方のローカル・ニュースじゃ、当地の早生りんご「王林」がやっと開花したって。
そうとなれば、遅めの桜、りんごの花の競演が楽しめるな。
いつ、行くかって?
今、でしょ!
なんちゃって。
 

2013年5月13日 (月)

主婦だもの

毎朝の食事の準備は、ほとんど家人にお任せ。
そりゃ朝は、母、多忙を極めるからだよ。
母の体は一つしかない。
あれもこれもはできません、はい。
じゃ、朝だけかと聞かれるとちょっと…。
つまり、簡単な料理は家人の担当というだけのことよ(ちと、苦しい!)
まぁ良いではないか。
さて、先日。
温泉仲間のヤンママから、採りたてのウドをいただいた。
こういうのは家人、端からやる気なし。
まずは、ざっと洗い皮を剥き、酢水に漬ける。
ウド本体は茹でて、砂糖を振りかけ、切った身欠きニシンと一緒に、砂糖、酢、味噌で味を調える。
別な知人からいただいた行者ニンニクは、もやし、椎茸、豚小間切れ肉と炒め、塩胡椒、醤油で味付け。
更に職場のオーナー桃子からいただいた生わかめ。笹がきにした胡瓜と蟹風かまぼこを組み合わせ、青紫蘇ドレッシングで。
ジャーン!
どうよ。
短時間でささっと。
ふふふ。
「毎日だともっと嬉しいね」
たまにだから、有難味が増すんだよ、あんた。

2013年5月12日 (日)

少し遠出

半年ぶりに友人二人と連れだって遠出。
と、言ったって車で10分程度の隣町だが。
昨夜のニュースでは、そこの公園、桜が満開とあった。
が…。
相当おまけしても満開とは思えない。
昨夜は雨だったしなー。
そのせいだよな、きっと。
ここは大人の分別というものでやり過ごそう。
暖かくて、いい天気。
公園は家族連れで賑わっている。
時の流れがゆったりしているような。
毎日、時間に追われて仕事をしている。
空をのんびり見上げるのも、ここしばらくはなかった。
三人とも、体のあちこちが不調。
「目、腰、皮膚、みんな変。やる気も起こらなければ、根気も続かない。十把一絡げで老化ということね」
一人の発言に皆、納得。
別な一人
「したいことはあるのに、時間と何よりも体力が不足。すぐ眠気が襲ってくる」
まったくだ。
母なんか、お茶の稽古中に記憶が飛ぶのはしょっちゅう。
睡眠薬を必要としないのがせめてもの慰め。
って自慢にもならないが。
いい歳のおばん。
マスクメロンとイチゴのソフトクリームに食らいつく。
疲労回復にはこれよ!

2013年5月11日 (土)

先取り失敗

昨日は当地、22度を超す気温。
さすがに暑かった。
しばらく肌寒い日々が続いていたもの、いきなり高温というのはきついよー。
遅まきながら、6時からのウォーキング再開。
今朝も温かかった。
近くの運動公園まで往復。
桜に加え、モクレン、エニシダ、雪柳、チューリップ、芝桜etc。
北国は一斉に花が咲く。
「春爛漫」
つい調子に乗って、半袖ポロシャツなんか着込んじまった。
が、昼近くから雨がポツポツ。
夕方からは本格的な降り方。
ちょっと用足しに出ようものなら、とてもシャツだけじゃいられない。
ストーブをしまうわけにも行かないな。
若いうちはなんてことがなかったが、今じゃ…。語るも涙。
お茶の稽古に出向いたら、婆ぁ、棚に、花の絵柄の茶碗を5~6個準備していた。
そうよ。
季節の先取りは、茶室のしつらいこそがベスト。
これなら誰も否定しない。

2013年5月10日 (金)

このままじゃ

円安が進んでいるそうな。
それがどう、地方都市に住む、しょぼいおばんに影響するのかは定かじゃない。
毎日テレビには、円安で苦しんでいるという人々が登場する。
今は、原材料を輸入に頼っている業種が苦しいらしい。
が、待てよ。
この間まで、円高で困っている人々が主役じゃなかったのか?
ってことはなんだ。
立場が逆転しただけじゃないの?
報道を見て、同情するべきなのか、そうじゃないのか、母の頭は混乱している。
ついでにと言っては何だが、自民党の川口順子を、野党がよってたかって難癖をつけ、委員長の座から引きずりおろしたというニュースにも?
落ち目の民主党が、定数削減に躍起となっているのにも?
本気でそんなこと考えているとしたら恐ろしい話だ。
次の選挙で、そんなに国民の支持を得られるとは思えない。
自民党が独り勝ちというよりも、野党があまりにも不甲斐なさすぎる結果。
ま、いいか。
このまま自滅するのも自業自得。
一般人の感覚からこれほど乖離している現実。
政治家は、どこを一体見ているんだ!

2013年5月 9日 (木)

意外や意外

昨日に続き、今日も母は日本一の桜の名所、弘前公園へ。
連休が明けて仕事モードに突入して、何で今頃咲くんだよ?
まぁ良い。
桜姫は我儘なお方。
昨日で「祭り」は終わり。
園内のお店は、一斉に撤去作業に追われていた。
観光客は多かったよ。
園内で母が写真撮影を頼まれたのは4~5回。
そりゃあね。
地元の人間だもの、せっかくお出でになった皆様には親切にしなきゃ。
ほんとは言い訳もしたいぐらいだが。
広大な園内を、昨日と今日で何とか一周。
今日は無料だもん。
撮れる写真は片っ端から撮っちまう。
帰り道。
裁判所の近くに人だかりが。
地べたに這いつくばってカメラを構える人たちが何人も。
???
なんと噂に聞いていた散歩する亀。
でっかいなぁ!
甲羅の後ろのガムテープは何?
形状からして紙おむつかな。
意外に歩くスピードが早いんだ、これが。
「アキレスと亀」かよ。
後ろを歩くのは飼い主と思しきおじん。
ギャラリーの質問にも愛想よく答える。
聞かなかったけど、この亀のお年は?
やっぱり万年かな。

2013年5月 8日 (水)

ごめんね

母、以前、当ブログで当地の桜の見頃は3、4、5、6日と書いた。
が、残念ながら低温と悪天候で、やっと昨日、満開宣言が出されたのだった。
咲き始めから9日とな。
観測史上3番目の遅さとな。
うーむ。
こればっかり(?)は、母じゃどうにもならぬ。
ケ・セラ・セラ。
わざわざ来て下さった皆様、ごめんなさいね。
さて、今日は青森市内の施設訪問日。
相方と母。
カメラ持参で出かけたはいいが…。
桜はどこよ?
弘前よりも青森は緯度が高い。
しかも、当の施設は山の上。
下界がやっと満開なのに、この場所じゃあな。
職員が気の毒がる。
「来週あたりが絶好だと思うんですが」
そう言われても。
相方も母も仕事があるっちゅうーに。
数は少なくなったが、市内は他県ナンバーの車が珍しくない。
午後、ちょっとだけ公園に足を運ぶ。
パチパチ数十枚を撮ったが、時間切れ。
明日、再挑戦しようかな?

2013年5月 7日 (火)

そう言われても…

動物は一般に苦手。
犬、猫、鳥etcダメよ。
母に近づかなきゃO.Kだけど。
ところが今朝、オーナー桃子。
飼い犬のうち1匹、ローズちゃんとちょっとの間、職場に顔を出した。
これがね、母、たいして怖くないんだな。
つまりおとなしい性格ってこと。
桃子は、ローズ以外にラムちゃんとアヴィリルという犬も飼っている。
それ以外には亀のあみちゃんだったか。
これだけでよさそうなもんだが、今度は娘の一人がイモリを買ってきたそうな。
イモリ…。
確か爬虫類。いや両生類だっけ?
それってグロじゃん。餌は何?
「乾燥ミミズ」だって。
うーむ。
やっぱり母とは別世界の話だわ。
まさか職場にお連れになるなんてこと…ないよね?

2013年5月 6日 (月)

境目はどこ?

朝は晴れていたのになー。
ちょっと風は強かったけど。
散る心配をするほど、桜の花咲いてないし。
連休最後の日も、家人と母。
温泉へ出かけ、遅めの朝食、昼寝という極楽気分。
が、突然雨の音で目が覚めちまった。
慌てて洗濯物を取り込む。
それからずっと雨が降り続いている。
家人の10連休は、一度も晴れの日に恵まれず終了。
おかげで(?)痛めていた腰はすっかり回復。
良かったね。
明日からまた仕事が始まる。
が…。
予報によると明日の朝は3度!日中最高気温が10度だそうで。
冬に逆戻りの様相を呈す。
一方、南の方では30度を超したって。
夏と冬に国内は二分しているわけだ。
じゃ春はどこにいるの?
境目はどこよ?

2013年5月 5日 (日)

実力のほど

静脈瘤(?)らしき症状改善のため、298円のサポートソックスなるものを購入した母。
あれからほとんど毎日履いている。
今朝は5時過ぎに起き出して、一路弘前公園へ。
我が家から車で約20分。
出かけた頃は岩木山が見えていたけどなぁ。
近づくに連れ、雲が厚くなり、雨が降り出し、山の姿はどこにも見当たらなくなった。
昨日の夕焼けは幻か?
夕焼けは、翌日の好天を意味すると思っていたが。
うーむ。
カメラマンの母。
家人は、濡れないようにずっと傘をさしてくれた。
広い公園内をあっちこっち動きまわる。
ニュースじゃ五分咲きと言ってたが、そうかねぇ?
全体はそこまで行ってないような。
雨の中、早朝にもかかわらず結構な人出。
午前7時からは一部有料のアナウンス。
今日はここまでとしよう。
川原の駐車場まで約10分。
普段車で移動することが多い家人は、足が痛いと言い出した。
吐く息もいくらか白い。
寒さにもやられたんだね。
母はと言えば、いたって軽快。
サポートソックスであったかいもん。
防寒用にもいいんだな。
もっともあったか過ぎて、一日中というのは正直しんどいかも。
足の部分がないものが温度調節しやすいのでは。
って、つまりサポート脚絆ですかね。

2013年5月 4日 (土)

夕焼け

ずっと寒かった。
毎日雨が降っていた。
ほんのちょっとだけ、青い空。
それなりに桜も咲いた。
でも相変わらず寂しい日々。
午後はカメラ持参で外出。
背景が曇り空じゃ、せっかくの桜もイマイチだよな。
所用を済ませた夕方。
帰り道は、久しぶりの夕焼け。
なんだか神々しい。
西の空が、薄い水色からオレンジ色のグラデーション。
明日は、きっといい天気なんだろうな。
せっかくの連休も、悪天候と低温の連続でいい加減がっくり。
桜の花が長持ちするのがせめてもの救い。
明日、会いに行くよ。
なんとか持ちこたえてね。

2013年5月 3日 (金)

本場の味

家人のリクエストで、今夜はエビチリソースを作ることに。
と、偉そうに言うほどのものじゃぁない。
冷凍庫から取り出したブラックタイガーを茹でて、フライパンで熱したチリソースと混ぜるだけ。
手抜きにもほどがあるってか?
お許しを。
さてチリソースはタイ国製。
どんな味?
妙に甘酸っぱく、そして辛い。
うーむ。
我が国の冷凍ものとは相当な違い。
そう言えば…。
今まで数回、知人から韓国土産のキムチをいただいたことがあった。
これがね、あんまり美味しいとは思わなかった。
ただ、辛く、しょっぱい印象。
キムチ好きの友人に聞いたら
「本場と日本人の好みは違う」って。
そうか。
地域、風土に似合ったものしか生き残るはずないもんね。
おそらく、本場ではポピュラーな味なんだろう。
母は、日本人向けにアレンジされたものがいい。
冷凍食品で十分と納得。

2013年5月 2日 (木)

かじかむ手

さすがに当地も桜が咲き始めた。
仕事の行き帰り、花を眺めながら歩くのは嬉しいな。
でもー…。
寒い!
今日も朝からどんより。
時々雨が降る。
気温は10度に届かない。
思いっきり桜も足踏み、いや、身震いしているかも。
夕方、友人たちと会食の予定があった。
さて着る物をどうしよう?
しまいかけたセーターを引きずり出し、レインコートに傘。
おっと、この寒さじゃ手袋もないと。
さすがにホッカイロはやめたが、傘を持つ手は保温しないと辛い。
でも不安定。
ちょっとの風でも傘がぐらぐら。
どっちを取るか、うーむ。
途中から手袋をはずしたが、かじかんでしょうがない。
5月の2日でこの調子かぁ。
夜桜見物なんてとんでもない。
早朝だけで終えようか。

2013年5月 1日 (水)

失敗したかも

週に一度は本屋へ出かける。
本屋、好きだなぁ。
うるさい音楽も流れないし、店内アナウンスもほとんどない。
ここにいるとつい時間を忘れちまうのがなんだが。
売り場をひとつひとつ、気になった本をちょっと読みしながら歩く。
そして、買う気になった本を数冊と定期購読の本をレジへ。
ここの店員さんたちは、ほとんど顔なじみ。
欲しい本が見当たらなければ、パソコンで検索してもらう。
そりゃ、ネットで探す方が簡単だが、いいじゃないの。つきあいってもんよ。
ルンルン気分で帰宅。
いそいそ買ったばかりの本を出す。
夢中で読み始めたはいいが…?
この本、前にも買ったことがあるような。
年と共に、この手の失敗が増えてきた。
ちょっと見した本なのか、買った本なのか、記憶が定かじゃないんだなぁ。
うーむ。
電子書籍ならこういう失敗はないのだろうか?
読みやすく在庫調べがすぐできるのなら、そっちにした方がいいかもしれぬ。
家の中は本だらけだし。
レイ・ブラッドベリの「華氏451」も困るが、現実の世界もね。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

最近のトラックバック

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30