無料ブログはココログ

キムリン・ホリスティック・ワールド

  • 金 香百合
    いつも心に太陽を 悲しい時、辛い時、誰かに慰めてほしい時、キムリンはいつもそばにいてくれる。もしかしたら、みんなの守護聖人かも?

cocoa青森

  • COCOA青森
    COCOA青森の会員限定サイトです。あたたかい心と少しの時間を、メンバーと共有して下さる方を募集中です。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

終わりよければ

今年ももう終わり。
ほぼ毎日、よくブログを書き続けたものだ。
田舎の初老おばんのしょぼい日常。
そこにはドラマティックな要素は皆無。
だからこそ、本や映画に夢中になれるんだね。
今夜は、静かに雪が降り積もっている。
大荒れの予想が外れて良かった。
家族3人。
病気にも事故にも無縁の1年。
大晦日のご馳走を前に、まずは乾杯。
互いの労をねぎらう。
早めに年越し蕎麦もいただいた。
後は除夜の鐘を…と、行きたいが、この雪。
母の家まで聞こえるかしらん。

2012年12月30日 (日)

後が怖い

昨日、今日と、あったかい。
寒さに慣れた体には、ちょっと息苦しいくらい。
雨が降り続いていて、道路はドロドロ。
これじゃ雪崩も起きかねぬ。
昨夜遅くの地震はわからなかったが、今朝、突然の大音声と共に落ちてきた屋根雪。
うーむ。
びっくりするではないの。
我が家は雪止めなしのトタン屋根。
暖気になるとたちまち落雪で、家の周囲は雪の山。
水気たっぷりで、片づけるのも一苦労。
明日からは再び寒波襲来との予報。
「雨返し」だ。
初詣に行けるかどうか。
気を揉んでもどうにもならんが。

2012年12月29日 (土)

連休初日

いよいよ9連休に突入した母。
おっと、家人もそうだった。
先日、青森市在住の家人の兄から、29日の10時頃、孫を連れて訪問したい旨の連絡があった。
さ、そうとなればのんびりしてはいられない。
息子を7時半には送り出し、家人と母、ちょっと早い(?)大掃除に取り掛かる。
いかに普段、家事を手抜きしているかがバレるがしょうがないよ。
小さい子がいつもいない家に、小さい子を受け入れる。
うーむ。
2歳か…。
何でも興味を持って、ありとあらゆるものに手を出す月齢。
掃除は念入りに。
細々した物は目に入らない所に移動。
結構、整理整頓に時間はかかるが、正月も近いことだしなぁ。
さて、10時過ぎにお出でになった姫君。
まぁ活発。
渋いインテリア(?)の我が家にも、姫のお気に入りは数点あった模様で、実にご機嫌麗しい。
姫の父は家人の甥だが、面倒見の良いこと。
26歳でこの貫録。
我が息子とは…。比較しちゃいけないが。
元気にバイバイした後は、お寺に出かけなければならぬ。
今日は、母にとって大事な人の命日。
もう、34年も経つんだなぁ…。
 

2012年12月28日 (金)

律儀な人々

今日で今年の仕事はおしまい。
もちろん、給料をいただいている方ね。
幸か不幸か、母は毎日朝8時出勤。
なので、朝の雪かきはしないわけにはいかぬ。
が、おかげで帰宅時間も昼過ぎ。
フフフ。
河合隼雄先生、言うところの
「2つ良いこと、さてないものよ」
同僚オーラは、こんなに寒さが続くと、夕方帰宅する頃には危ないということで、水道栓を閉めて出勤するそうな。
うーむ。
正しい選択だ。
今日の午後は、と言うか夕方頃には、職場内の数か所にお供え餅を飾り、玄関先には〆飾りをセットしないと。
明日から9日間の長期休暇に突入。
この間、何が心配って、水道管の破裂よね。
それと雪片づけ。
たまには見に来ないとなんだか心配。
年末寒波も到来するとか。
どうか、職場が平穏でありますように。
 
 

2012年12月27日 (木)

満足?

昨日、めでたく(?)新しいガス給湯器が我が家にやって来た。
今日は、いよいよお風呂初め。
なんて言葉があるわけないか。
と、言ったって入るのは息子だけだが。
恐る恐る43度の設定でお湯を入れてみた。
凄いね。
給湯器から優しい女性の声がする。
うーむ。
彼女のいない人にはクラクラかも。
母にはどうでもいい機能だが。
いそいそ入浴した奴。
いやに長いような。
不満なら早めに出てくるはず。
やっと出て来たらニコニコ顔で、思わずふーっ!
どこまでも小市民の我が家。
たかがお風呂の温度で幸せを感じるのだった。 

2012年12月26日 (水)

恨み節

今日は終日、吹雪に見舞われた。
朝、家の前の雪かき。
出勤直後職場の雪かき。
帰宅後、再び家の前の雪かき。
日に3回もやりゃもうたくさん!
年と共に筋肉が固まっているっちゅうに、雪片づけはちょいときつい。
でもね。
ご近所さん、両隣がせっせと頑張っているのに、母が無関心でいいのか?
よくない!
午後、件のガス屋さん登場。
真新しい給湯器に交換して、まずは試運転。
温度設定40度にしてみたら、まぁ、熱い!
これならお風呂もウフフ…。
が、外はまたまた大量の雪が。
交通事情は大丈夫なの?
って聞くのは野暮だわね。

2012年12月25日 (火)

この寒さじゃ

近年盛り上がって来た、街のあちこちを飾るイルミネーション。
規模の大小を問わず、自分の家をデコる人が確実に増えてきた。
うーむ。
自信があるんだろうな。
母は、どうもその方面には疎い。
自分の家を飾る技量も、労力も、そして何よりも懐具合もだ。
同僚の一人は連休中、友人と、旧市立図書館前から市役所周辺のディスプレイを見物に行くつもりでいたのだそうだ。
が、ここ数日の寒さは半端ない。
夕方からが見所と心づもりはしていたものの、いざとなったらその気が失せ、居酒屋に居座っちまったって。
同僚は、母とは大違いのおしゃれな人。
間違ってもアノラックだの長靴だのは着用せず、伊達の薄着で通している。
それがマイナス10度じゃあな。
今日も朝から雪が降り続いた。
低温のおかげでさらさらの軽い雪。
かなりな積雪でも、雪かきは楽。
明日も猛吹雪の予報。
正直家を出たくない。

2012年12月24日 (月)

サンタは多忙

イブだもの。
サンタは大忙し。
おばんサンタは、朝から玄関周りを片づけ、クリスマス並びにお正月を迎える準備を少しだけ。
と、9時半にピンポーン。
宅配便のお兄ちゃんがやって来た。
お歳暮という名のプレゼントよね。
続いて10時過ぎにまたまたピンポーン。
今度はガス器具販売店のおっちゃん。
先日電話した件で来てくれた。
「連休明けでいいって言ったのに」
おっちゃんサンタ、
「時節柄、メーカーは休みに入ることが多いので、今のうちに確認しておかないと」
家の中は結構乱雑だよ。(いつもだけど)
そこはプロ。
家の中を見るのには慣れている由。
どうやら交換になるらしい。やっぱりな。
この年末に物入りだが、新年に熱いお湯に入れるのなら、気難しい息子も喜ぶだろう。
10時半、本日3度目のピンポーン。
来ました!
オーナー・サンタ桃子。
クリスマス・ケーキとドリンク、プレゼントの箱を持って。
なんだかわくわく。
いいねぇ。クリスマスは。
午後、おばんサンタ。
良い子たちのために贈り物をラッピング。
日が暮れるのを待って配達。
今日は朝からいい天気だけど、めっちゃ寒かった。
3人のサンタさん、ありがとうね。
皆様にもサンタさんが訪れますように。
メリー・クリスマス!

2012年12月23日 (日)

イブイブだー

今年は暦の関係で、クリスマスまで間延びする感じ。
でもなー。
今月の上旬、仕事帰りにうろついていたら!
ケンタッキーのお店の前。
カーネルおじさんの像を見た途端、フライドチキン食べたいと思ったのだった。
そんなことはめったにない。
家人は鶏肉と西瓜が苦手だし(関係ないか)。
ま、いいや。
小さめの買って、夕食材料にしようっと。
いそいそ店内に入り、出来上がりを待つ間、またまた店内のチラシに目が行った。
うーむ。
クリスマスの予約受付とな。
そう言えば毎年今頃になると、竹内まりやの歌声が聞こえるなー。
たまにはいいか。
引き換えは今日の午後3時。
家を出た時はさっと雪が降る程度だった。
それが店に着き、行列に並び、できたてのチキンを引き取って帰る頃には、しんしんと降り積っていた。
気温が低いので、サラサラの軽い雪。
「シェルブールの雨傘」のラストシーンみたいだなー、なんて。
ロマンティック気分のおばん。
が、家人、今夜はそばが食べたいって。
どうも息が合わないのはなぜ?

2012年12月22日 (土)

耐用年数

このところ我が家のガス給湯器。
お疲れ気味の様子。
母は食器洗浄や洗顔に使用する程度でそれほど気にならないが、我が家で入浴する息子は不満タラタラ。
「ぬる過ぎる!」
果ては「お母ぁも入れば納得するよ」
ふん!
母と父は、温泉がいいの。
うちの風呂なんかお断り。
あんたも温泉へ行ったらどう?
子供の時は温泉大好きだったのに、今じゃちっとも…。
大人になったってことかな。
もっと年をとるとどうなるか、分ったもんじゃない。うん。
さて、その現象(?)を、ガス器具を扱う会社に勤務するご主人を持つ、職場の同僚オーラに聞いてみた。
「それ、どのぐらいの間使っているの?」
確か12年は過ぎたはず。
「10年程度が目安だと思うよ。たとえ種火程度だとしても、365日使い続けていると、あちこちガタが来ても不思議じゃない」
そうか、やっぱり。
とりあえず温度計を買ってきて測ってみたが、温度設定44度が37度って…。
ガス会社にさっそく連絡。
部品の交換だけでは済まないかも。
 

2012年12月21日 (金)

まだあったのか

夕方、家人と恒例の温泉へ行く途中、カーラジオでぼーっと荒川強啓サンの番組を聞いていた。
いくつかのニュースの後流れた、「選挙違反」の言葉に思わず…。
当地はかつて、選挙のたんびに違反者が続出し、我が国の良識ある(?)人々から、顰蹙を買うことが多かった。
それがまぁ…。
「維新の党」関係者が複数って…。
年月を経て、人は成長するのか、退化するのか、それとも。
今どき、候補者のために金をばらまくなんてことが、まだあったんだ。
憤慨する母に家人
「いいじゃないの。当地の話じゃないんだから別にどうでも」
うー。それでいいってか?
憤懣やるかたない母。
夕方のテレビ・ニュースでは、ゴルフ場内の窃盗騒ぎが、大々的に取り上げられていた。
ロッカーに隠しカメラを設置して、暗証番号を盗むらしい。
それだけ頭が回ったら、ほかにその才能を生かせるはずだが。
家人っぼそっと
「その手の話は、もうかなり前にこの辺のゴルフ場で聞いていたけどな。今頃ニュースになるってなんか変」
地方都市よりも都会の方が、流行遅れ(?)なんてほんとかいな。

2012年12月20日 (木)

今年のデザインは?

あと11日で今年も終わる。
明後日から3連休。
まずは年賀状作成に取り掛からないと。
来年は巳年。
図案が蛇というのはどうも気が乗らない。
年賀状ソフトのパンフレットを眺めて、どれにしようかと決めかねている。
今日も本屋でいろいろな年賀状の本を見たが、簡単にできるという触れ込みのやつは要注意だ。
パソコン初心者のうちはホイホイ乗ったが、あれはあくまでもパソコンの操作に慣れた人の話。
ついでにプリンター操作にも慣れていないと、こんなはずじゃと地団太踏むだけ。
うーむ。
図案の話が飛んじまった。ごめん、ごめん。
本やソフトを買うよりも、ネットで気に入ったイラストを探すほうが手っ取り早い。
無料でいいものが結構あるしな。
確か去年は、日本郵政のサイトからいただいたような。
早く今年の決めないと、クリスマス気分に浸れない。

2012年12月19日 (水)

雪は怖い

今年、冬の到来は早かった。
月初めに降った雪が、低温のせいで溶け切らないうちに今日も相当な積雪。
もう根雪か。
ちょっと早いとは思うけどね。
さて、本日も母。
10時半から施設訪問のため、青森市内へと出かける。
が…。
身支度をして、外へ目をやったら、なんとまぁ。
かなりな積雪に、更に雪が降り続いていた。
相棒K子と、大丈夫かな?って。
走り始めたら。怖いよー。
国道の周囲には、吹きさらしの原っぱが広がるだけ。
時折、目の前が真っ白になることがあり、こうなると辺り一面の雪景色は甚だ罪つくり。
猛吹雪の中を走行するための注意点は、とにかく車を止めないこと。
後続車が、停車車両に気付かず事故が起きるのは珍しくない。
あくまで国道を走る。
近道のつもりで農道なんぞに突っ込んだら最後
「ここはどこ?私は誰?」状態になりかねない。
道端のポールを目印にすること。
なるべくなら、トラックのすぐ後方にへばりつくこと。
あれが風よけになるんだよ。
今日は残念ながら、トラック野郎にごますりする時間は作れなかった。
普段はうざいだけだが、吹雪の中じゃ神様だよ。

2012年12月18日 (火)

今年のサンタ

我が家には、息子が高校を卒業する頃まで毎年サンタが来ていた。
ぬいぐるみ、ミニカー、絵本、ヴィデオ・テープ、CD…。
これにサンタ直筆の手紙。
プレゼントは枕元、玄関先、郵便受け、車庫等へ届けられていた。
サンタが来なくなったのは、息子が大人になったからだね、多分。
さて、母の温泉仲間のヤンママ3人には、4歳から8歳まで、それぞれ1人ずつ娘がいる。
子供相手の商売をしてはいるが、母は子供、それも女の子は苦手な方だ。
が、ママたちと仲良く話しているせいか、この子たちがなつくんだなぁ。
温泉で会うたんびに、好きな物とかについておしゃべりしてくれる。
いいねぇ、この年頃の子は。
実に無邪気に
「サンタさんに○○○をお願いしたの。でも、別な○○○も欲しいんだ」
ふーん。
じゃ、もう一人のサンタさんに頼んでみたら?
「サンタさんはたった一人だもん。無理だよ」
そうかなぁ?
どこかにもっといるかもしれないよ。
もしかしたら、今年のサンタの一人は白髪のおばんだったりして…。

2012年12月17日 (月)

仕事だろ?

昨日の選挙。
選管の仕事って何?
職員が寝坊して開場が遅れたの、間違った投票用紙が配られたのって、よくもこんな恥ずかしいことがまかり通るなぁ?
数年に一度の仕事もまともにできないのか?
そう言えば、母の行った投票所。
昼前に出かけたら、投票所に充てられた部屋中に、カップめんの匂いが充満していた。
おまけに立会人らしきデブったおじん。
携帯電話で昼飯がどうたらこうたらと話す始末。
こんなに緊張感がないなんて、呆れてものも言えない。
このていたらくでも、相当な日当が払われるんだろうな。
それもみんな税金だろうに。
こんなアホな連中、一般人なわけない。
いいねぇ、お気楽で。

2012年12月16日 (日)

勝利それとも自滅

大方の予想通り、選挙は自民党が圧勝。
民主党が嫌いな母も、これほどの差がつくとは思わなかった。
自民党は勝利したのか。
民主党が自滅したのか。
おそらく後者。
第3極とマスコミが持ち上げた政党にとっても苦い結果となった。
選挙直前のどたばた騒動や、政策の幼稚さ、どれをとっても1票を投じる気にはなれない。
我が国に、近隣諸国の脅威が迫りつつある時に、原発の話だけされてもなぁ。
未来の党の嘉田サンは、「ドイツのエネルギー政策を見習え」と言うが、隣国フランスにエネルギー依存している現実が、そんなに素晴らしいこととは到底思えない。
まぁ、この3年間で良かったことは、いかに素人政治家が政権の座にあることが危険か、一般人に周知徹底されたこと。
自民党の皆さん方。
過去の失敗を繰り返さないで、早急に政策を実施していただきたい。

2012年12月15日 (土)

寿命尽きたか

昨日から当地、雨が降り続いている。
積った雪に降る雨ね。
大きい道路以外は、足元が危なくて歩けやしない。
買い物に行くのだって億劫で…。
が、じゃーん!
宅配便が来たのよね。
1つは身内から早めのお歳暮。
もう1つは「ふるさと○○便」
業者には感謝以外の言葉もない。
ニタニタ喜んで夕食を終え、パソコンに向かったら、蛍光灯が暗くなったり明るくなったりでいらつくったらありゃしない。
うーむ。
ついに寿命がやって来た。
年末だしなー。
いい年だしなー(関係ないか)
明日も雨の予報だっちゅーに、蛍光管を買いに行かなくちゃ仕事にならん。
家人か息子を拝み倒して、車を貸していただくとするか。
こんなツルツルの道、蛍光管持って歩いたら…。
あぁ、恐ろしや。

2012年12月14日 (金)

ファストってぐらいだし

12月は毎年、何のかんのと忙しい。
日本国民の大多数がそうなんだけどね。
母なんて怠け者は、あと何日と気にするくせに、仕事は先延ばし。
こりゃいかん!
で、今日は撮りためた海外ドラマを観ながら、処分するものを仕分け。
5年間袖を通していない服。
ジャム類を保存するための瓶類。
古新聞、古雑誌etc。
うーむ。
がらくただってみんな、一度はお役に立った物。
せめて最後にありがとうと言わなきゃ、礼を失するってもんよ。
が、気付いたらもうとっぷりと日が暮れていた。
と、家人から帰宅が遅くなる旨の電話。
息子だって6時過ぎだ。
ならば…。
歩いて15分のハンバーガー・ショップで夕食を調達。
いやぁ、簡単でいいわ。
息子と母は喜んでぱくついたが、家人は…。
牛丼の方がきっと良かったんだろうなー。

2012年12月13日 (木)

めでたいね

今日は我が息子の誕生日。
おぉよくぞここまで育ってくれた。
花も嵐も踏み越えて…(?)
朝、家人に
「今夜は何にしようかね」
家人すかさず
「やっぱりお寿司ね。それとおそば。やつの好きなものばかりでお祝いと行こう」
うーむ。
あんた。
自分の趣味だけで物事を進めちゃいませんか?
それって、意味違っているし。
が、夕食の座に着いた息子。満更でもない様子。
「おめでとう」
フフフ
奴、照れながら
「30間近って、ちょっとフクザツだなぁ」
そりゃあね。
大人になるってそんなもん。
人生、あきらめ(?)が肝心。

2012年12月12日 (水)

心配の種

最近やたらと、職場に注意喚起の書類が届く。
県も市もちょっと神経質過ぎやしないかね。
犯人は「ノロウィルス」
今年は発生率が高いそうな。
職場でできることは何でもしないと。
使い捨てのマスク、ゴム手袋、キッチン・タオル、塩素系漂白剤、ポリ袋、バケツは準備した。
でも、万が一発生したらお手上げ。
うーむ。
人が多く集まるところイコール危険要素が大ってことよね。
そう言われてもなー。
こういうのは、結局「運」。
なる時にはなるし、ならない時にはならない。
それが本音だが、表向きそう開き直ることもできぬ。
なかなか一筋縄では行かないんだね。

2012年12月11日 (火)

これも格差か

朝は、限りなく雨に近い雪がどさーっと積もっていた。
ゴミ出しの後、雪かきに励む。
大したスペースじゃないが、いやはやその重さには閉口。
息子、家人を相次いで送り出し、母は家中に掃除機をかける。
10時過ぎには、施設訪問へ出かけることになっていた。
が、朝からの重労働でいい加減くたびれた。
ちょっとぐらいストーブの前で休ませて。
朝の情報番組を、ぼーっと眺めながら時間を稼ぐ。
10時。時間だ。
身支度を整え、外に出るともう結構な積雪。
ぐちゃぐちゃの道路を歩くのもちょっと辛い。
ま、仕方ない。
相方と車で30分ちょっと。
なぜか、青森方面に行き次第、天気はそれなりに回復。
目的地は、弘前ほどの積雪はなく拍子抜け。
2時頃帰途についたら、またまた大降りの雪。
帰宅後、30分ほど雪かき。
夕方のニュースだと、青森は5㎝(!)なのに弘前は50㎝。
うーむ。負けたか。
明日の朝も凄いんだろうな。
雪の量なら勝たせてあげるよ。
高齢者に雪かきは、しんど過ぎるんだもん。

2012年12月10日 (月)

降雪のニュースで

今日の当地は、案外暖気で、路上に積もった雪もかなり消えた。
夕方は雨。
このぐちゃぐちゃ状態が、低温に見舞われると…。
あぁ、恐ろしい、明日の朝。
ま、それはいい。
夕方、例の温泉でぼーっとテレビを見ていたら、ななんと名古屋だの、岐阜だのが一面雪に覆われていて、母の目がテン!
夕方帰宅した家人にその話をしたら、
「日本海側じゃしょうがないよ」
?  
あんた。 
地理の知識なさ過ぎる。
名古屋は太平洋側。岐阜は少しだけ山に入ったあたりで、特に豪雪地帯ということじゃないと思うけど。
間違いを指摘されると不機嫌になる人が多い。
家人もそうだった。
なんでこんなことで喧嘩せにゃならん?
母はただ、雪が例年になく、早めに降り積ったってことを言いたいだけなのに。
 

2012年12月 9日 (日)

肌荒れ

すっかり雪に覆われて、寒風が身に沁みる。
この時期は肌の乾燥も気になるよねぇ。
特にひどいのが踵で、市販の薬を毎晩塗りつけているものの、すべすべとは行きかねる。
唇にはリップ・クリーム、手にはハンド・クリームが欠かせない。
ここ数日は喉の調子もイマイチで、寝る前はヴェポラッブの助けを借りる。
おっと、踵のガサガサの話だった。
ある通販雑誌をめくっていたら、それ用のグッズを発見。
そうそう、広い世間で、母だけがそんな苦労しているわけないじゃん。
で、さっそく買った。
形は上下がない靴下。
寝る前に足にクリームを塗ってこれを履く。
うーむ。
多少はしっとり感が増したかな?
1回だけじゃ分らない。
やっぱり継続してみないと。
効果があると報告できればいいのだが。

2012年12月 8日 (土)

お歳暮は何?

お歳暮を贈る時期になった。
不況が続いて、さすがにお中元、お歳暮をやり取りする相手も減ったよなぁ。
とは言いながらも、やめるわけにはいかない関係というのもあるんだわ。
先週、お茶仲間のNさんから相談された。
師匠に(つまり愛しの婆ぁ)何を贈ろうか?
うーむ。
いつもはコンビニやスーパーで見つけた、面白そうなお菓子でお茶を濁しているのだが。
弟子たち数人が集まってのお歳暮となると…。
婆ぁはいつだったか母に、携帯をいじってみたいと言っていた。
が、弟子仲間の一人
「年寄りに流行りものの操作は無理」
そうだね。
じゃぁ、何でも持っている人に、贈るものって何がいいんだろう?
ウェルテル母は悩むのだ。

2012年12月 7日 (金)

こんな時に限って

朝起きたら20㎝はあろうかという積雪。
そう言えば、昨夜は妙に明るかった。
恐ろしく静かだった。
朝方、除雪車が走っていたような…。
朝早くから、隣のご主人が雪かきをしていたような…。
うーむ。
あれはやっぱり夢じゃなかった。
とにかく家の前を雪かきし、職場についてさらに雪かき。
しんどいよー!
今からこうじゃ、この先が思いやられる。
帰宅後、玄関先に落ちた屋根雪を片づけて家に入る。
ストーブを点火し、テレビをつける。
と、緊急地震速報なるものが鳴り響いた。
え?
これから大きな地震が来るっての?
それからまもなく揺れは来た。
半開きにしたままのドア、蛍光灯の紐、室内干しの洗濯物が揺れる揺れる。
震度そのものは3ぐらい?
でも揺れている時間が長いような。
NHKのアナウンサーが神様に思える。
何でもあなたの仰せに従いますとも。
って、当地、津波の心配はないけど。
家人や息子に電話しようかと思ったが、待てよ。
またうるさがられるな、やめよう。
でも、向こうから連絡が来るぶんにはって、来るわけないか。
気を揉む母にお構いなしに時は過ぎ、家人は6時40分にようやく帰宅。
7時からの忘年会のことしか頭にない。
さっさと身支度して出かけちまった。
息子の帰宅は7時半過ぎ。
「結構揺れたね」でおしまい。
母はね、こういう時だけはあんたたちとくっついていたいんだけど…。

2012年12月 6日 (木)

いくら北国の住民でも

昨日の雨が今朝には雪に変わり、道路はぐちゃぐちゃ。
寒さで今度はツルッツル。
ぐちゃぐちゃががちがちに凍るとどうなるかって?
歩くのも難儀になるのよ。
まずはゴミ出しで冷や汗たらたら。
その後出勤でまたまた冷や汗をかいた。
職場についた頃はもうへとへと。
でもなー。
車だって渋滞しまくり。
アイスバーンはやっぱり怖い。
おまけに今日は、県内暴風雪波浪警報プラス雷注意報が発令という非常事態。
回数は少なかったが、雷の音も凄まじかった。
電車も遅れたと言うし。
例年よりも早い冬。
節電するには限度がある。
これは厳然たる事実だ。

2012年12月 5日 (水)

雪かきの季節がもう

ここ数週間、ほんのたまにお日様が顔を出すだけ。
ずーっと雨が続き、今度は雪ね。
そりゃ北国だもの、覚悟はしてるわさ。
先日、いきなり冬がやって来た。
が、一日で雪は消滅。
あぁ、有難いと喜ぶのも束の間。
今朝は、新聞を取りにドアを開けてギョギョギョ!
結構な積雪じゃないのさ。
うー。
ほんのちょっとでも雪かきしないとどうにもならん。
職場へ行ったら、毎年お馴染みの雪の精が、両手に雪かきグッズを持って、職場の雪かきをしようかと来た所。
嬉しいよ、確かに。
でも、ひたすら好意に甘えるってのもな。
少しは雪かきをせにゃ。
ところが…。
職場の雪かきグッズは、疎開しているのだった。
しかたなく、雪の精に頼み込んだ。
「何とか一つ、お願いします」
雪の精。
にっこにこで
「いいよ。ここは私が引き受けるから、あんたは仕事しなさい」
お言葉に甘えながらも、ちょっと今年の冬。
到来が早めのようで。

2012年12月 4日 (火)

親だもの

母も1人の親。
子供だもの、帰りの心配するわさ。
今、午後8時半。
何で5時に仕事終了するはずの息子が帰って来ないのよ?
うーむ。
家人はのどかに
「仕事だよ。いつ終わるか分らない。そのうち帰って来るって」
そりゃそうだろうとは思う。
が、だ。
母の心配は、帰り道の事故とかその類のことで、職場にいる限りは別にどうってことはない。
先日の笹子トンネル事故もあるしな。
不慮の事故に巻き込まれることだって…。
仕方なく、息子の携帯に電話。
やっぱり(?)怒られた。
うー。
親の心、子知らず。
真理だったのね。

2012年12月 3日 (月)

おばんのマジック

本職は、子供一時預かりがメインの事業所勤務。
縁あってこの商売に首を突っ込み、早9年の月日が流れた。
この間、ン十人もの子供と接して来た。
ほとんど(?)の子供は思い出せる。
中には数人、小学校入学を機に再び利用する子もいて。
さて、平日は、1歳から3歳までの幼児がお客様。
「赤子と地頭には勝てぬ」と、昔から言われている。
そうね。
この年頃の子に、ごますりやごまかしは通用しない。
素直ってことですが。
日に何回か、誰かが突然泣き出す。
理由は様々。
誰かに意地悪された、自分の思い通りにならない、眠い、おなかが空いたetc.
そのたんびに、手近の職員に抱きつく。
先日は、子供同士が接触して双方大泣き。
1人が母にすり寄って来た。
頭が痛いと訴える子の頭をなでなで。
ついでにふーふーと息を吹きかける。
「痛いの飛んでけー」の呪文を唱える。
これが霊験あらたかで、次々に子供たちがやって来て、ほっぺやら、腕やら、足を指さし、
「ふーふーして」の大合唱。
うーむ。
若い同僚たちにではなく、白髪のおばんにというところがミソか。
「亀の甲より年の功」
説得力あるよなー。

2012年12月 2日 (日)

師走突入

今年もあとひと月足らずになっちまった。
やり残したことがいっぱいあるってのに…。
って、毎年同じことを愚痴っているような。
夕方、寒い中を歩いていると、ところどころにクリスマス・イルミネーションが輝いている。
お店もB.G.Mはクリスマス・ソングが多い。
そうだなぁ。
若い友人の小さな子供たちに、今年は何をあげようか?
おばんサンタの訪問を、待ってくれる良い子には当然ご褒美を。
フフフ。
ママたちにも小さな贈り物を考えようっと。
プレゼントは、貰うよりもあげる方の喜びが大きいんだよ。

2012年12月 1日 (土)

忘年会は雪の中

今年初めての忘年会。
午後6時から城東にあるK市場というお店。
今日は朝から寒かった。
天気予報じゃ大きな雪だるまマーク。
午後、お茶の稽古に出かけた時は、ちらほら雪が舞う程度。
が、稽古終了後、外を見たらなんと雪景色。
おぉ。
やっぱりそうなるか。
道路は渋滞。
帰宅したら家人が
「この雪の中じゃ大変だよ。送ろうか」
気持は嬉しいけど、渋滞に巻き込まれたら大変。
こんな時は、足が一番頼りになる。
多少、おぼつかなくても。
さて、K市場。
意外にメニューが豊富。
マグロの皮の素揚げが特にうまかった。
店内は若い男の客が多い。
今のご時世。
懐具合にみんなシビア。
質が良くなきゃ客は入らない。
文句なしに合格点。
あぁ、幸せ。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

最近のトラックバック

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30