無料ブログはココログ

キムリン・ホリスティック・ワールド

  • 金 香百合
    いつも心に太陽を 悲しい時、辛い時、誰かに慰めてほしい時、キムリンはいつもそばにいてくれる。もしかしたら、みんなの守護聖人かも?

cocoa青森

  • COCOA青森
    COCOA青森の会員限定サイトです。あたたかい心と少しの時間を、メンバーと共有して下さる方を募集中です。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月30日 (木)

引き出物を選ぶのね

ここ何年というもの。
結婚式、法事の類は、簡素化が急激に進んでいる感あり。
以前は、この手の引き出物の定番がタオルやタオルケット、シーツ類だった。
ってもしかして、当地だけ?
あれはあれで結構、有難味があったのだ。
まず、親しい人の入院時には例外なく喜ばれる。
そりゃな。
入院ともなれば、家族はその準備に忙殺されるもの。
とりあえず押し入れの奥を探し回り、体裁を整えなくちゃ。
おっと脱線しちまった。
それは去年の秋のこと。
家人、甥の結婚式に参列して、引き出物のカタログをいただいたのだった。
時折ちらちらめくるものの、あまりに扱う品数の多さに圧倒され、欲しいものを選ぶには至らず現在まで。
が、…。
それにだって、返送葉書の締切というのはあるのだ。
家人にリクエストを聞いても、さっぱり要領を得ない。
「あんたの好きなものでいい」
こんなことで下駄を預けられてもなー。
ま、こうなりゃ食べ物で迫ろうっと。
これなら家人も息子も文句はあるまい。
夕方、宅配便の若者が玄関先でにっこり。
おお、そうか。
今夜はこれを有難くいただこう。
選択の幅が広いことを、喜ぶべきよね。

2012年8月29日 (水)

気力減退

どうも当地。
今日で30度超えが10日前後続いているそうな。
うー。
辛い!
夜も暑い。当然だけど。
朝からげんなり、気力充実とは程遠い毎日。
エアコンも扇風機もなしで、頑張ってはいるものの、長期予報じゃあと1週間ぐらいはこのまんま。
母だって一応、主婦。
でもなー。
仕事で台所に立つのはいい。
家の中じゃ、正直もう嫌。
こういう時代だ。
コンビニ、スーパー、デパートetc、出来合いの総菜がてんこ盛り。
しかも安くて美味しい!
夕方、割引シールが貼られた頃を見計らって、いそいそ買い出しに出かける。
今夜は、知人から茹で上がったきみ(とうもろこし)をいただいた。
今夜の食卓で母が準備したのは冷や奴だけだ。
んにゃ、葱と大葉も刻んだが。
我ながら手抜きが過ぎる。
でもな、もうちょっと涼しくならなきゃ、やる気が起こらない。
やっぱり扇風機、探しに行こうかな。

2012年8月28日 (火)

誕生日のお祝い

ハレの日。
母ぐらいの年になると、お祝いをしたいなというよりも、お見舞いや香典という、ちょっと暗い気分になることの方が多い。
付き合う人の数も、年と共に減って行く。
ま、しょうがない。
さて、7月8月と同僚たちの誕生日が続く。
この時期はなにせ暑い!
アルコールがイケるのなら、仕事を終えてからどこかで一杯がいいね。
そんなに時間をかけずに軽く。
人又は、季節によっては、花、あるいはお菓子、メールetc
考えるだけでもわくわく。
こういうのは、いただく人よりもあげる方が数倍楽しいと思うよ。
今夜、温泉で母。
知人から去年の梅干しをいただいた。
フフフ。
この人のは自然の味と色で、今頃の季節には本当に嬉しい品。
さっそく晩御飯にいただいた。
あー、幸せ。
日本人で良かったなー。

2012年8月27日 (月)

暑さは続くよ、いつまで(?)も

夏の始めは、涼しいのを通り越して寒かった。
ぶつくさ文句たれていたのは認めるよ。
が、ここしばらく。
まぁ、暑い日が続く。
今週も軒並み予想気温は30度以上とね。
夜も寝苦しい。
やっぱり扇風機ぐらいは買って来ようかな?
って、まだ店頭にあるのか不安だが。
夕方、農家のKさんに会ったら、
「雨が足りない。気温高過ぎる。このままじゃ作物が育たない」
そりゃな。
晴天なのに、突然雷雨に見舞われる。
局地的な大雨で被害が出るの繰り返し。
Kさん。
「農作物には、ゆっくり時間をかけて少しずつ降る雨が嬉しいの」
昨日、ニュースで、福島県の桃の産地が、ん年ぶりだとか雨乞いの儀式を行ったって。
うーむ。
神主さんも大変だよなー。
どのぐらいの効果があるものか、凡人の理解力じゃ?
暑さも降雨量も、広く薄く満遍なくと希望する。
この分じゃ、9月半ばまで覚悟した方が良さそう。
体力持つかね?

2012年8月26日 (日)

心のよりどころ

しょぼい一般人の母だもの、思うに任せないことが多々あるのよね。
それなりの社会的立場にある人、または経済力、実行力に恵まれている人たちと違うもの。
ま、いいや。
尊敬する河合隼雄さんの著作物で慰められることが多い。
そのままでいいんだよという優しさに満ち溢れているんだ。
先日、古い雑誌を処分しようと思い立った。
もちろん、河合先生のものじゃない。
中の、作詞家の阿木曜子さんの話に思わず…。
「週に一度は泣くことにしている。思いっきり泣くことでリフレッシュできるから」
それによると、伴侶を亡くした時、女は涙を流すことで現実を受け入れられるようになるが、男はそれをしない故に、無理が重なって自滅する率が高いというような話だった。
うーむ。
確かに周囲を見回しても、亭主が亡くなった後、長生きする女は多いのに、その逆は少ないなぁ。
喜怒哀楽は、はっきりしている方が健康的なんだ。
じゃ、我儘いっぱいで毎日暮らす母は、きっと長生きするクチか。
嬉しいような、そうじゃないような、フクザツな気分。
でもいい。
座敷がかかるうちは、ご期待に応えますよ。当然!

2012年8月25日 (土)

知らぬが仏

夜中、寝返りを打った途端、左脇腹に激痛が走った。
一体なんだ、こりゃ。
とにかく小さく息をし、ひたすら我慢。
そのうち寝入ってしまったらしい。
また寝返りを打ったら、再び激痛。
うー。
骨粗鬆症か、もしかして。
こんなに傷みが激しいの?
大して重いものを持ってはいないんだから、筋肉痛ってことはない。
病院へ行くしかないか。
さて今日も、早朝散歩で5時半起きだ。
それにしてもなーと、パジャマのズボンを脱いだら、今度は左手の人差し指の先に激痛。
寝惚けた頭もしゃっきりするわさ。
?とズボンを見たら、なんとそこにいたのはハチ。
ってことは、昨夜から母、ハチとねんねしていたわけ?
つらつら考えるに、外干ししていた洗濯物に、ハチが入り込んでいたんだな。
散歩仲間は、この話に大笑い。
その後、体のあちこちに腫れらしきものは見当たらない。
おかしいな?
家人。
弱ったハチだったんじゃないの?
息子。
母の毒が、ハチを上回ったんじゃ?
はて、真相はいかに。

2012年8月24日 (金)

虫が鳴く

残暑厳しき折、小さな秋を探したい。
うーむ。
人間の哀しい性かも知れぬ。
パンドラが箱を開けた理由もきっとそう。
いろいろな面倒がわーっといっぺんに降りかかってくる。
それは今生きている人々みんながそう。
だからこそ、空を見上げる。
人の話に耳をそばだてる。
日常の瑣末な出来事に目を留める。
足元を思わず振り返る瞬間だ。
毎日、ただ突っ走るだけでいいの?
ただ、日常に流されていいの?
毎日、30度を超える暑さで、いい加減バテている母の耳に、虫の声が届く。
もう、秋なんだ。
少しずつクール・ダウンしていい季節の到来。
いつ聴いても綺麗な声だなぁ。

2012年8月23日 (木)

天気急変

今朝はいい天気だった。
でも予報じゃ午後、雨の確率がぐーんとアップ。
予想気温も31度になっていた。
うー。
暑い!まだ続くのか…。
10時半から甲子園の決勝が始まる。
でも子供たちの昼食を作る時間だなー。
そのうち風が強くなりだした。
空も急激に暗くなり、こりゃひと雨あるなー。
調理の合間にちらちらテレビ画面を。
DVDを見たがる子供たちを、何とか相棒がなだめすかし、光星学院に声援を送るも、今日はどうもならんか。
ま、いい。
今まで十分頑張ってくれた。
ありがとう。
勝負がついた瞬間、いきなり大雨。
雷鳴も轟く。
このタイミングって何?。
洗濯物を外に干さなくて良かった。
窓を開け放しておかないで良かった。
仕事で家を空けると、天気の急変に対応できない。
あれはきっと涙雨。
空も高校野球を気にしていた?

2012年8月22日 (水)

細い人はより細く、そうでない人はそれなりに

長いお盆休みも明けて、家人はやたら忙しい。
それも連日の猛暑。
今日で3日。
カンカン照りの下、仕事に励む。
なんと持参の麦茶500mlに、同じ容量のスポーツ・ドリンク4本を飲み干し、帰宅後さらに1本プラス缶ビール数本って…。
あんた、大丈夫か?
家人、身長は170㎝、体重は54k。
それがたった1日で2K前後減るそうな。
うーむ。
この頑丈とは言い難いボディで、ただの一度も入院経験がない。
ガタイの善し悪しと健康は、別な次元の話だなー。
せめて夕食だけでもガッツリ食べさせたい。
今夜は、サーモンの刺身にたっぷりのとろろでどうよ。
明日は28度の予想。
なんとか耐え凌いでおくれ。

2012年8月21日 (火)

残暑いつまで?

南の地方の人々にはごめんなさいを先に言っておかないと。
本州最北青森県人。
夏の暑さには思いっきり弱い。
根性無しと笑っておくれ。
一昨日は35度。
昨日は34度。
今日は33度。
「ねぷたが終われば秋」と信じたいのに…。
昨夜は暑くてほとんど寝ていない。
先日、回覧板の「交番日記」に、不審者があちらこちらに出没しているという記事があった。
ついては、厳重に施錠すること。また、窓等をきちんと閉めて就寝すること等の注意書きが。
でもなー。
我が家。
エアコンも扇風機もない。
家中の窓という窓を開け放さなきゃ、どうしようもないんだ。
不審者が入って来るか…。
うち、金目のものも現金もないよ。
と、誰に言ってるんだ。
えーい、仕方ない。
出入り可能な部分に、ごちゃごちゃモノを置くとするか。
哀しい防衛法だが。

2012年8月20日 (月)

頑張ったじゃない!

オリンピック終了後、やっと(?)高校野球に関心が移ったような。
かく言う母もその通りだが。
今夏の高校野球。
話題の筆頭は桐光学園の松井投手。
三振の数が記録を超えただか、並んだだかでワイド・ショーは連日大騒ぎ。
さ、今日は、我が県代表との試合当日。
世間は、松井投手の記録延長にだけ注目している感あり。
ああ、そうかい。
青森県。
普段は、母が住む津軽地方と、光星学院がある南部地方。
決して仲良しというわけじゃない。
が、県代表となれば話は別。
一生懸命応援するわさ。
今日の試合。
オーラと母は、テレビにくぎ付け。
贔屓目に見なくたって、松井投手の制球力が衰えた頃、光星学院の選手たちがバンバン打ち出した。
こりゃ行くね。
ボクシングのボディ・ブローとおんなじ。
時間と共に相手方にはダメージが。
大方の予想を裏切って、我が県代表が勝利を収めた。
うーむ。
めでたい!
投打ともに充実しているもんなぁ。
あと2試合か。
果たして勝利の女神がほほ笑むかは神のみぞ知る。
1番を目指して試合するんだよ。

2012年8月19日 (日)

怪談は時代遅れ?

今日はやたら暑かった。
なんと35度を超えたらしい。
今年最初の猛暑日だなー。
朝から家人は、アイスクリームを何個食べたことか。
お昼はお昼で、冷やし中華でなきゃ嫌。
じゃ、夕食はどうするのさ?
「そうめんがいい!てんぷらがあれば言うことない」
はいはい。
健気な(?)妻、仰せに従いますともさ。
が、暑い!
こんな時には、怖い話が聞きたいな。なんちゃって。
今度は家人とその話で盛り上がる。
そうだよね。
ここ数年、テレビで怖い話を取り上げないような。
やっぱり定番は「四谷怪談」と「牡丹灯篭」「真景累ケ淵」か。
お化けは美女が演じないと漫画だ。
笑いじゃ涼しくなれないよ。
お昼の「あなたの知らない世界」ってのも何年もやってないよなー。
今の若い人にゃきっと受けないよ。
たぶん、怪談話は時代遅れと結論。
いや、待てよ。
時代遅れの夫婦がそれを言っても、説得力はないよね。

2012年8月18日 (土)

元気の素

また夏が帰って来て、暑い一日だった。
6時に早朝散歩していた時は、涼しかったんだけど。
いつもなら、散歩の後は温泉へまっしぐら。
が、今日は…。
甲子園第一試合が、我が県代表の光星学院ということで、野球大好きの家人、テレビの前から動きやしない。
試合開始のサイレンが鳴り止まないうちに、なんとホームラン。
えーっ?
こんな展開ってありだった?
まもなく2本目のホームラン。
相手側が得点した頃、さらにもう1本とはね。
やるじゃん、光星ナイン。
朝からこうだと、気分が違う。
いくらスポーツ音痴の母でもだ。
嬉しついでにユー・チューブで、高校野球のテーマソング「栄冠は君に輝く」を聞く。
いい曲だよなー。
詩も素敵だ。
県内予選から決勝まで、ただの一度も負けないチームにふさわしい。

2012年8月17日 (金)

久しぶりの職場

お盆休みが明け、今日は通常勤務。
明日と明後日は連休だが。
職場で日誌を見たら、業者が網戸を調査に来ると。
何枚か、枠から外れているのがあるからね。
業者が来る前に、子供たちがやって来た。
この子たちもお盆休みの間中、家族と一緒。
あっちこっち歩き回ったらしく、いろいろ話してくれた。
2歳児とは言え、ボキャブラリーは豊富で、話にちゃんと起承転結があるのだ。
途中にいくらか、妄想が顔を出すのもご愛敬。
アンパンマンと空を飛んだetc
うーむ。
「先生も行きたかったなぁ」と、ここは話を合わせるのが務め。
朝のおやつの後は向かいの公園へ。
ここで思いっきり走り回り、いい加減疲れたところで中に入る。
じきお昼ご飯。
しっかり食べ終わるとねんねの時間。
目が覚める頃は、午後のおやつが待っている。
なんていい子たち。
無邪気な寝顔に思わずじーん。
幸せってこういうことなんだね。

2012年8月16日 (木)

暑気払いの食卓

今年は暦の関係で、お盆休みが長めだ。
家人はなんと、丸8日いや9日か。
グータラできるのはいいが、毎日3食、きちんと作る羽目に。
正直、しんどいなー。
昨夜はキムチ鍋だった。
家人のリクエストなのだが、お盆に来客を迎えるために部屋を片付けた時、キムチ鍋スープの瓶をどこへしまったか忘れてしまって、仕方なく家人、近くの店へ買いに出た。
これがいつまで経っても帰って来ない。
うーむ。
やっと帰宅したら開口一番
「今時、キムチ鍋なんて誰も食べないのかな?お店4軒探してやっと1袋見つけた」
よそ様はどうでもいい。
厚手の土鍋にスープを煮立て、肉、にら、葱、豆腐、シメジ、椎茸、白菜をぶち込む。
ぐつぐつ煮立った鍋を、親子3人有難くいただく。
汗が滝のように流れる。
はー。
息が熱いなー。
ほとんど我慢大会。
ある程度中身が減ったら、うどんを入れてまた煮込む。
暑いからと冷たいものばかり食べていると、確実に体力が落ちる。
真夏に鍋物、おすすめ。

2012年8月15日 (水)

これでいいのか、民主党

我が国は、近隣諸国になめられ切っている。
母は、しょぼい一般人に過ぎないが、こういう事態には平静ではいられない。
何でも大人しくすりゃ、事を凌げるなんて、自虐史観は持っていない。
憲法九条を美化する連中なんぞとは、付き合いたくない。
自国の領土を、他人に踏みにじられて、誰が黙っているもんかね。
冗談じゃない!
はっきり言って、こんな暴挙を賛美する中国人も朝鮮人もロシア人も大っ嫌い。
あんたたちはそれほどご立派か。
さらに腹が立つのが、民主党政権の皆さん方。
国のトップがここまでバカにされている現実、まったく情けない。
さっさと解散しろよ!
無能のくせして権力の座にしがみつく。
国益を損ねる元凶はあんたたちだ。
どうせ、何もできやしないんだ。
歴代首相は、おバカプラス恥知らずのオン・パレード。
こういう事態を打開するには、石原都知事と橋下徹にタッグを組んで貰いたい。
なんのための、誰のための政治をやっているんだか、くたばれ!民主党。

2012年8月14日 (火)

むせております

むせる。
若い頃はほとんどなかったが、年のせいかね。
熱いお茶、味噌汁、ラーメンのつゆにむせ、龍角散の煙(?)にむせる。
喉が弱くなっているのが理由だろうな。
風邪をひいても咳が止まらない。
ま、そこそこ労わって毎日を過ごしましょ。
お盆に入ってから、我が家。
芳しい匂いに満ちている。
仏壇の百合の花だ。
百合の花ってこんなに匂い強かったんだ。
これに朝晩の線香の匂いが加わり、さらに夕方には開け放した玄関先から迎え火の匂いも。
うーむ。
家人のたばこも入るなー。
弱った喉にはキビしい環境。
明日の朝は、16度だったかの予想気温。
今夜は窓を閉めて寝ないと、危ない、危ない。

2012年8月13日 (月)

恵みの雨

当地、ここしばらくまともに雨が降っていなかった。
農業用水にもこと欠く始末で、出水制限がなされていた。
母のような一般人はいい。
でも、農家には死活問題。
ここで母が喚いたところでどうなるもんでもないけど。
今日は、天気予報がバッチリ決まった。
昼近くから夕方まで雨の音が途切れない。
昨夜から妙な暑さに見舞われた理由はこれか。
おかげで空気は澄み、温度は急激に低下。
あぁ良かった。
暑苦しいよりは涼しい方がずっと有難い。
おっと、問題は目屋ダム上空の降水量。
この程度じゃダメ?
きっと、そうだよな。
もう少しまとまった雨。
つい、期待しちまう。
どこまでも無責任なの。
自慢にならないことは承知だ。

2012年8月12日 (日)

早めの墓参

毎日、オリンピック情報に振り回される。
今日はそれに加え、甲子園での高校野球もあった。
まったく忙しいことだ。
と、ぶつくさ言いながらも、我が国の選手たちの活躍はもちろん嬉しい。
光星学園も難なく勝ったしなー。
明日は来客があるというので、夕方親子3人、菩提寺へ。
いつもは13日だが。
菩提寺は、禅林街と称される33の寺院が集中したところにある。
13日は終日、物凄い混雑が続くのだ。
数年前、早朝4時半に出かけた時も、夕方5時過ぎに出かけた時も、渋滞の波に巻き込まれて身動きが取れなかった。
ご先祖様に会いに行くのもひと苦労よね。
下界の都合で悪いけど、前日ならたぶんそれほどの人出じゃ…。
確かにその通り。
それなりに人はいるが、駐車場には困らない程度。
が…。
お墓参りはいいとして、位牌堂に入れるのは午後5時までだったとは。
ここでまた、母の頭に?マークが乱舞。
いったい、死者の魂はどこにおいでで?
お墓なのか、位牌堂なのか、我が家の仏壇なのか。
3か所に供え物をするのが普通だよなー。
線香を手向けながら、墓参の効率を考えるのも不謹慎なことで。

2012年8月11日 (土)

旦那の外出

夕方から旦那は外出した。
珍しい。
若い頃はやたら出歩きたがる人だったが、中年以降はまぁおとなしいこと。
夕食時にいないなんてのは、年に数回あるかどうか。
たまにはいい。
なんとなれば母。
心苦しく思うことが、旦那よりもはるかに多いからね。
もっともそのおかげで、家人、息子共々、家事をよくするようになったんだけど。
息子はまぁいいとして、旦那が外出から戻って来て困るのが
「お腹空いた。なんか食べさせて」と言われること。
友人たちに聞いても、どこもそうらしい。
女子供よりもよっぽど高いお金を出して、相応のお店に数時間いて、その台詞は何なんだ!
今日は母、宣言しておいた。
「納豆と海苔しかないからね」
旦那すかさず
「漬物とカップ麺もあるだろう?」
出かける前から、その気ってこと?
夫婦喧嘩は犬も食わない。
仮定の話で争ってどうなる、か。ね。

2012年8月10日 (金)

夏休みだぞーっ!

赤いちゃんちゃんこと赤い帽子を身に着ける年になって、こんなに夏休みが嬉しいなんて、果たして喜ぶべきか、悩むなー。
ま、いいじゃないの。
毎日仕事に追われて、家の中は語るも涙。
先日、オーナー桃子
「今年の夏休みはちょっと長めにしたからね。断捨離に励むんだよ」
うーむ。
そう!
いつまでも雑多な部屋にしていちゃいけない。
整理整頓するには、ちょいと時間がかかるってもん。
と言い訳するのも情けない。
ばんばんモノを処分する気になりゃいいだけなんだが。
これがなかなかでねぇ。
でも明日から16日までの夏休み。
ほとんど用事はないはず(?)だから、ある程度の水準はクリアしたい。
ただの願望で終わらせたくはない。
って、何度挫折したことか…。

2012年8月 9日 (木)

季節、変わった?

数日前から、虫の声が聞こえる。
今年の夏。
一度も蝉の声を聞かなかった。
暑くて寝苦しい夜も、ほんの数日だけ。
有難いよ、もちろん。
でも拍子抜け。
庭に植えた枝豆は、紫色の花をつけ始めた。
モロヘイヤとオクラ、オレンジのパプリカ、青紫蘇は近いうちに収穫できそう。
でも、ゴーヤとへちまの実はいったいどこ?
もう、夏が終わったかもというのに、これから頑張るの?
長期予報じゃもう、30度越える日はない。
最低気温も20度未満。
スーパーじゃ、地物のゴーヤがどーんと売られている。
プロの農家と張り合う気は毛頭ない。
でもなー。
一体どうすりゃ、巨大なゴーヤができるんだ?
ズッキーニができるんだ?
やっぱり土かねぇ。
雑草の方が、植え付けた野菜よりも成長著しい我が家の庭。
虫も居心地がいいってことだよね。
それにしても綺麗な声。

2012年8月 8日 (水)

怒りと感動

毎日のオリンピック報道を見て、ハラハラドキドキ。
やっぱりなー、メダルの数は気になるよ。
時差の関係で、ライブ映像を見ることはまずない。
なくてもいい。
並外れた小心者にして、短気で我儘な母。
さっさと勝負がつかないものにはイラつく。
早めに布団に潜り込み、朝のテレビで結果を知るのが一番。
詳細は新聞で確かめられるしなぁ。
昨夜は、事情があって遅くまで起きていた。
女子バレーを途中まで見て、もはやこれまでと諦めた。
最後まで見て負けられたら、怒りで眠れやしない。
ここまで感情移入するかと笑ってね。
女子バレーは、中国に勝っていた。
そうだったか。
夕方、NHKでダイジェスト板を見たら、最終セットも際どい勝ち方。
思わず目が潤む。実力差はたいしてなかったんだね。
本当によくやった!
卓球チームも頑張ったね。
こちらは、自分たちの持つ力を最大限に発揮したと感じられた。
テレビを見ながら怒るのと、感動の涙を流すのは両立するんだな。

2012年8月 7日 (火)

今日もいろいろありました。

今日の昼運行で、ねぷたもおしまい。
朝、出勤途中、町内のねぷたに出くわした。
「もどりこ」だぁ。
つまり、ねぷたのお帰りね。
もう、夏が終わって秋になるんだなぁ、と、しんみり。
職場の鍵を開けようとしたらなんか変。
ん?
なんと大鰐町から通勤している同僚がいた。
そう言えば、昨日の午後、大鰐町と隣の平川市碇ヶ関が、とんでもない大雨に見舞われていたんだっけ。
夕方NHKの全国ニュースでも流れていた。
彼女が言うに、電車が全部止まって、復旧の見込みが立たなかったのでしょうがなく泊まり込んだそうな。
うーむ。
不可抗力だよなー、気の毒に。
おっと、人の心配している場合じゃない。
財布も携帯も母、忘れて来ていた。
買い物するにはいったん帰宅しないとどうにもならぬ。
それにしても肌寒い日だ。
昼のニュースじゃ、弘前市の水がめ「目屋ダム」の水量が減り過ぎて、農業用水をコントロールするらしい。
すぐ近くの市町村は大雨なのに、こっちは水不足って…。
ぶつくさ言いながら家に着いたら、玄関先に大きな保冷箱。上に胡瓜と茄子が乗っかって。
贈り主は、先日の夏祭りで自転車が当たった彼女。
保冷箱の中身は活帆立。
フフフ。
先週も友人たちから、夕食材料、野菜、総菜、乾麺をいただいて、手抜き主婦の母。
家族にでかい顔をしているんだ。

2012年8月 6日 (月)

朝方、突然に

ここ数日。
当地は30度以下の気温で推移。
いいなぁ、過ごし易いなぁ。
夜の寝苦しさも、もうちょっとの辛抱と内心にやついていた母。
不覚よね。
昨日は31度ちょっと。
朝からやたら暑かったのも納得。
どうにも体調がすっきりせず、なのに、仕事はテンコ盛。
まぁ、毎度のことだけど。
数日ぶりに就寝時、窓という窓は開け放して布団に潜り込んだ。
ところが…。
正確には何時だろう?
突然のざぁざぁ降りで目が覚めちまった。
この音はちょっと恐ろしい。
慌てて、開け放していた窓を片っ端から閉めに行く。
おかげでその後は、夢かうつつか幻か…。
起きて天気予報を見たら、降水確率午前中100%午後80%だと。
うーむ。
洗濯物の外干しは無理と判断。
青空が広がっているんだけどなー。
でも仕事先で降られちゃ困るし。
朝から今まで結局降らなかったが、隣接する大鰐町と平川市は大雨だったそうな。
そうだった、「弘前ねぷた」は明日の昼の運行でおしまい。
この7日間、一日も雨に当たらなかった。
良かったね。
でも、もう、夏も終わるんだね。

2012年8月 5日 (日)

好きだった

元自民党議員と言うよりも、ハマコーの愛称で知られた彼が亡くなった。
やんちゃで憎めない人だったなぁ。
「テレビ・タックル」なんかに出ると、そんじょそこらの政治屋も真っ青の鋭い論評をしていた。
決してきれいごとでは済ませない迫力。
豊富な知識と経験。
行動力はもちろんのこと、スケールの大きさに圧倒される。
ツイッターを更新しなくなって数か月。
体調悪いんだろうなとは思っていた。
「清濁併せ持つ」とは、彼のためにある言葉。
すれすれの微妙な線を、ジグザグに歩いていたような。
間違いなく大物。
お疲れ様でした。

2012年8月 4日 (土)

体にゃ毒

けさも、6時から1時間ほどの散歩で始まった。
早朝散歩が始まったのは5月19日のこと。
それから毎週土曜日。
一度も雨に降られたことがない。
不思議だなー。
参加メンバーは入れ替わりが激しいが、母はたった一人皆勤賞。
ウフフ。
オリンピック選手の足元には及ばないが、自分との戦いには勝たなくちゃ。
昼近くにはお茶の稽古に出かける。
これも往復するとかなりな歩数で、毎土曜はほぼ2万歩を達成。
今日も晴天でかなりな暑さ。
汗ダラダラで婆ぁ宅に着いたら、例によって別天地の様相。
いやぁ涼しい!
つい、婆ぁと話し込んでいたら、今度は冷や汗らしきものがどどーっ。
週に一度だし、ごく限られた期間だし…。
でも、外気との差があり過ぎると体がついて行けない。
やっぱりなー。
後先を考えずに、汗まみれというのが一番健康的。
若い娘じゃないんだ、開き直ってもいいか。

2012年8月 3日 (金)

今はもう…

昨日あたりから当地。
風に秋色が混じって来たのかな?
午後3時を過ぎると、冷たさを感じるようになった。
信じてもいい?
もう、30度を超える暑さにも、夜の寝苦しさにも耐えなくてもいいのね?
って、何だこの哀れっぽいセリフは…。
別にお涙頂戴を狙っているわけじゃない。
暑さにも激しい湿気にも、母、弱いってことよ。
去年、当地に越して来た義兄が、諸事情によってひと月程度、故郷の千葉に帰るのだそうな。
よりにもよって今ですか?
彼、あっさり
「こればっかりはどうしようもないよ。巡り合わせだね」
義兄も、当地の雪には閉口したものの、夏の過ごし易さには感激だって。
快適さにはすぐ順応するんだなぁ。
じゃぁ逆は?
あぁ聞くまでもなかった。
失礼をば。

2012年8月 2日 (木)

こんなことまで

ロンドン五輪。
朝、テレビをつけると、メダル獲得数と、その内容についてうんざりするほどの情報が流れる。
今朝は、我が国体操のエース。
内村君の嬉しいニュースと、美しい演技がふんだんに見られて、もぉシ・ア・ワ・セ!
体操競技開始早々の失敗の数々を、よく修正してくれた。
あんたは本当に凄い男。
水泳の北島さんも文句なしに素晴らしい。
オリンピックに3回連続で出場できたんだもの。
何年間にも及ぶ、たゆまぬ努力と勝利への執念。
ただ、手を合わせるだけだ。
それに比べて、と言うのもなんだが、女子バドミントンの中国、韓国両チームはひど過ぎる。
いったい、オリンピックを何だと思っているんだ!
世界中のバドミントン愛好者はもとより、スポーツ・ファンを敵に回したね。
晴れの舞台で、あんなプレイをするって恥ずかしいことだとは知らなかったってか?
お国のレベルが知れるね。
我が国の選手でなくて、本当に良かった。
やる気がないんなら出て来るな!
あんたたちのせいで、泣いた人々があまたいる。
これから自分たちのしたことの責任が、長い間問われるんだ、覚悟はいいね?

2012年8月 1日 (水)

祭り始まるよー

ついに8月。
今日から1週間。
当地は「ねぷた」一色に染まる。
八戸市は三社大祭、明日からは青森ねぶたも。
それに五所川原の立ちねぶた、黒石よされetc
青森の短い夏。
県内の祭りをはしごする贅沢があってもいい。
余力があれば(?)お隣秋田の竿灯祭り、仙台の七夕祭り、山形の花笠へも…。
今日も暑かったよ。
でも風が爽やかで、一昨日、昨日よりはずーっと過ごし易い感じ。
長期予報も、30度を超えるのはせいぜい明日まで。
今夜は久しぶりに熟睡できそう。
熱帯夜が続くと、体が持たない。
高齢者予備軍に愛の手を!
って、誰にお願いしているんだか。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

最近のトラックバック

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30