無料ブログはココログ

キムリン・ホリスティック・ワールド

  • 金 香百合
    いつも心に太陽を 悲しい時、辛い時、誰かに慰めてほしい時、キムリンはいつもそばにいてくれる。もしかしたら、みんなの守護聖人かも?

cocoa青森

  • COCOA青森
    COCOA青森の会員限定サイトです。あたたかい心と少しの時間を、メンバーと共有して下さる方を募集中です。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

まだらぼけと笑ってよ

うー。
暑い!
今日も朝から気温が上がりまくった。
最高気温34.7度だっけ。
日本全国で考えれば、決して上位の成績ではないな。
が…。
悲しいかな。
朝からこんなに暑いと、それでなくてもトロい母。
思考回路がぐちゃぐちゃ。
愛しの婆ぁから頼まれたコロコロ・クリーナー。
昨日から不調になったアイポッド用イヤホン。
何はさておいても買いに行かないと。
炎天下、ブツを探しに出かける
店内はどこもおぉー。涼しいな~!
生き返るぞ!
生き返りついでに(?)店内グッズの物色にはまっちまった。
目的は果たしたつもりだった。
が、…。
蚊取り線香を忘れていたんだなぁ。
さっきから、開け放した窓をいいことに、大きな虫が跋扈し始めている。
今8時半過ぎ。
近所のドラッグストア、またはホーム・センター。
間に合うかも。
が、家人、あっさり
「別になくたってかまわない」
ほんとですかね?
一番虫で大騒ぎするのはあんたじゃなかったっけ?
ここが我慢のしどころなんちゃって。
ただのぼけと信じたい。

2012年7月30日 (月)

審判の実力

毎日、テレビをつけるとオリンピック関連ニュース。
スポーツ音痴の母だって、いやでも目に入る。
目に入れば成績が気になる。
「這えば立て。立てば歩めの親心」
関係ないか。
つまり、メダルの色よね。
ごめん。
限りなく俗物の母。
途中経過はどうでもいい。
勝ちか負けかはっきりしろ!
極めて単純思考の母が、昨日、ブチ切れたのは男子柔道。
海老沼さんだっけ?
最初、相手の勝ちを表わす旗が3本。
同時に会場からブーイングの雨嵐。
それから何だか動きがあって、今度は彼の勝ちを示す旗が3本。
いったい何がどうなっている?
スポーツマンの家人の解説。
「つまり審判3人が無能だってこと。いったい柔道やったことあるの?試合の流れから行ったら、日本選手の勝ち。なんで相手の旗を上げたのか、わけが分からない。ギャラリーは見るべきところを見ているな」
うーむ。
オリンピックという大舞台でこのお粗末さ。
いいのかね?


2012年7月29日 (日)

夏だからって

米のためには1週間から10日ほど、寝苦しい夜が必要なんだと、数年前亡くなった義兄が言っていた。
それを聞いてから、夏の暑さを我慢するたびに、思い出すようにしている。
昨日の午後はお茶の稽古。
茶室、休憩室はもとより、婆ぁのプライベート・ルームまでエアコンばっちり。
うー。涼しい!
「心頭滅却すれば火もまた涼し」
ちょっと違ったね。
浴衣姿の弟子たちも、この快適さの中なら稽古に力が入るってもんよ。
1時半から4時半まで、しっかり勉強したんだ。
そこまでは良かった。
が、5時過ぎ、帰宅の途についた面々。
婆ぁ宅の前で茫然。
「何だ、この暑さ!」
あっという間に全身汗だく。
家について早速着替えたものの…。
昨日一日で何回着替えたか、覚えちゃいない。
昨夜はもちろん熱帯夜。
家中の窓を開け放したところで、意味ないような。
睡眠不足の今日。
母、頭がぼーっとしたまんま。

2012年7月28日 (土)

長過ぎる…、散漫だし…

今朝も6時から早朝散歩。
約1時間歩いて帰宅したら、家人、テレビの前でオリンピックの開会式なんか見ていた。
母。
テレビにかじりついている暇はそれほどない。
洗濯物を外に干し、花や野菜に水やりをし、朝食の準備をし…etc
その後、例によって温泉へ出かけと、まぁ忙しいわ。
9時ちょっと前に温泉を出ようとしたら、オーナー夫人Tちゃん。
「さっき、開会式でポール・マッカートニーのヘイ・ジュード聞いたんだけどね。思わず青春時代思い出しちゃったんだ。つい涙したんだけどさ。ポールも私も、いい年よね。でも、あの歌長過ぎたと思うよ」
そうかい。
母、残念ながらその場面は見ないまま、午後お茶の稽古に。
そしたら、メンバーたちも全員、朝から開会式を見ていて、
「とにかく長過ぎる。あんなに凝るのはどんなもんかなぁ?」
という感想。
うーむ。
母。
オリンピックの開会式で秀逸なのは、東京オリンピック時のブルー・インパルスの演技と、バルセロナ・オリンピックの弓と信じて疑わない。
それに比べりゃ…。
なんでも一生懸命やりゃいいってもんじゃない。
しつこいのはお断りだ。
いくら、アカデミー賞を取った監督でもな。

2012年7月27日 (金)

うなぎの香りが

今日は土用の丑の日。
昨日に続いて、今日も30度を超す暑い日。
30度ちょっとぐらいでがたがた騒ぐんじゃないよと、言われそうだ。
そうね。
全国的にはそう言える。
でも…。
辛い。夜は寝苦しく、昼はだるい。
あー、思いっきり冷房の効いたお店で涼みたーい!
そうでなければ、汗ダラダラで熱いラーメンを啜って、食後に大盛りのかき氷。
うー。
すべて母の妄想。
笑って下され。
エアコンも扇風機もない我が家。
家族3人。
首にはタオル。
手にはうちわ。
アナログだろ~。
昼過ぎ、オーナー桃子。
職員プラスその家族分のうな重と、おまけのお茶を運んで来た。
ありがとう!
母、2時過ぎにはそれを持って、帰宅の途に。
途中、あちらこちらから蒲焼の香りが漂っていた。
これからしばらくの間、30度を超える気温が続くんだと。
夜も暑いんだと。
やっぱりうなぎの力、借りとかないとねぇ。
それにしてもおいしかった。
ありがとう。
いつもならたれをかけたご飯だけで済ませる家人。
今年はしっかり食っちまった。
変心したのね。

2012年7月26日 (木)

朝から汗が

昨日の湿気はどこへやら。
今日は朝から暑い!
うー。
夏だったんだ、やっぱりな。
朝から汗がダラダラ。
ごみ出しにもふーふーで、首にタオル、頭に大きな麦藁帽子。
おばちゃんファッションをバッチリ決める。
おっと。
こんな天気を待っていたんだ、梅子。
車庫から大きなざるを2つ。
プラスチックの樽から、梅子と赤紫蘇を取り出し、ざるに移動。
続いて、漬け汁をびんに。
ビールの空き箱を土台に、ざるの梅子、日光浴。
これから3日3晩を外で過ごす。
梅干婆ぁになるのも時間の問題。
それにしても暑い。
ったって、30度ちょっとぐらい?
あまり大きな声じゃ言えないな。

2012年7月25日 (水)

不快指数マックス

昨夜というか今朝がたというか、突然雨が降り出した。
これがかなりな音で、寝ぼけた頭にも
「窓閉めなきゃ」
もっともほんの10㎝程度しか開けていないが。
それも1か所。
ざぁざぁ降りがどのぐらい続いたのか、6時に起きた頃、雨は止んでいた。
曇り空で、大した気温じゃないはずが、じとじと湿気が肌にまとわりつく感じ。
不快だよなー。
汗拭きを兼ねて清浄シートの力を借りる。
いいねぇ。
たとえ一時的であろうと、すかっと爽やか。
我が家にも職場にもエアコンはない。
滴る汗を、タオルとうちわで凌ぐ。
「へづねー(苦しい)」
北国の人間、暑さには弱い!

2012年7月24日 (火)

思わせぶり

今日の雨の確率は70%だった。
朝からどんよりと暗い空。
降り始めたのは昼近くだったよな。
空に文句つけてもしょうがないけどさ。
もうちょっとしっかり降ってよ。
しょぼしょぼで終わりってか。
昨日から、こんな調子で頭がぼーっと。
一気にざぁざぁと来れば、気温も下がり、気分もすっきりするはずが…。
明日いっぱいはこの調子らしいな。
うーむ。
今年は不思議な年だなー。
関東以南は猛暑、九州は豪雨、北日本は冷夏か。
来週から、「ねぷた」が始まる。
俗に「ねぷた」が終われば当地は秋。
結局、暑い夏は来ないのかも。

2012年7月23日 (月)

どっちがいいの?

先日、知人が
「枝豆はね、1尺ぐらいの丈になったら、てっぺんを折るといいよ」
今年、母は裏庭に6本、家人は玄関脇に10本程度、植え付けていた。
当地で言うところの「毛豆」。
これはうまい!
家人はこれの塩漬に目がない。
枝豆は、土を選ばないという話がある。
なかなか根性があるってことよね。
が、生育途中で芯を切るってか。
どうも信じ難いな。
で、多少とも(?)畑仕事の心得がある連中に、片っ端から聞いてみた。
大半は、
「その話、聞いたことはあるけれど、試したことはないね」
うーむ。
じゃあ、母、どうすりゃいいのよ?
家人、あっさり
「あんたの植えた分は好きにしていい。でも、玄関脇の豆には手を出さないで」
そうか。
分かり易い解決法だね。
あんたはソロモンの知恵を持っていたんだ。

2012年7月22日 (日)

侘しいな

夏だもの。
いくら涼しくたって、ちょっとの間だけでも窓を開けることが多いわな。
たまに、遠くからバイクの轟音が響き渡る。
ガソリン価格が高騰している時は、ほとんど聞くことがなかった。
そう、ひと昔(?)前は、暴走を趣味とする皆様方が、群れをなして走っていた。
ここ数年。
グループ活動は息を潜めている。
たまに1台が突っ走るだけだ。
侘しい。
そりゃあな。
暴走する方々の経済状態だって大変だろうから。
いじらしい。
あのうるささには閉口だが、バイクを走らせて憂さ晴らしというのは理解できる。
若ければ、ちょっと経験してみたくないでもない。

2012年7月21日 (土)

夏祭り本番

今日、母は多忙だった。
朝6時から恒例の散歩。
その後温泉へ出かけ、9時半には町会夏祭り準備のため会場へ。
12時半まで仕事をし、家に帰って昼食。
しばし昼寝をして、3時過ぎには再び祭り会場へ。
今年の担当は、ポップコーンとくじ販売。
4時から子供たちの行列が絶えず。
10円玉を握りしめ、くじに目がキラキラ。
何だか胸がじーん。
母が子供の頃、祖母がよく前掛けで涙を拭いていたのを思い出す。
無邪気さがしみじみ愛おしい。
1時間もしないうちに、くじはなくなってしまった。
それからは、パン食い競争やら、ラムネ早飲みやら…。
大人にはビール飲み競争が準備され、いよいよクライマックス。
お楽しみ抽選会の時間。
お米やメロン、スイカ、次々と当たりが出る。
これが毎年、役員たちにはさっぱり当らないんだな。
天の配剤(?)と諦めているが。
それが今年!
一等賞のママチャリ。
母が買ったチケットで、友人に当たっちまった。
友人、嬉しいような困ったような。
いいじゃん。
これはね、間接的に母へのご褒美なの。うん。

2012年7月20日 (金)

明日から夏休みだけど

さて、子供たち。
と、言っても小・中・高校生だけど。
ほとんどは明日から夏休みに突入。
が、が、が…。
今日の当地。
日差しは確かに強烈。
でも、風は冷たかったよー。
おまけに唸り声まで上げて。
音だけ聞くと、まるで冬。
吹雪を連想しちまう。
いったい、なんでこの時期に?
長期予報によると、向こう1週間。
最低気温は20度前後。
最高気温も25度前後。
うーむ。
涼しい夏。過ごし易い夏ではあるなー。
この分じゃ、小学校。
夏休み中に何度プールに入れるものか。
猛暑で難儀している皆様もいるというのに。
明日の夜は、当町会の夏祭り。
多分、夜は寒い(?)
ビールがはかどらないよ、きっと。
せめて、厚着して出かけよう。

2012年7月19日 (木)

コメントありがとう

ブログにコメント下さってありがとう。
時々、いったい今、自分はどうしたらいいのかと、立ち止まることがあるよね。
自分なりに一生懸命考えるのだけど、人様のこととなると、果たしてどこまで踏み込んでいいものか…。
でも、手をこまぬいている場合ではないと思う。
まずは、専門家に診せること。
そこから、進むべき方向が見えて来るのではないか。
おそらく明後日、知人と会うことになるので、そう話すつもり。
夫婦二人だけではどうにもならないよ、多分。
奥様も大事。
でも、傍らで胸を痛めている御主人はもっと大事。
せっかく、大して親しいわけでもない母に発してくれたSOS。
しっかり受け止めよう。

2012年7月18日 (水)

こんな時には

知人の男性が、先日、ぼそっと
「実は家内の様子が変」と。
聞けば数年前から、だんだん外に出たがらなくなり、表情もなくなって来ていたのだそうだ。
特に今年に入ってからは、知人が指示する家事をするだけ。
知人は、野菜作りやウォーキングを始めとして、多趣味な人。
当然、友人、知人が多い。
母とは、早朝ウォーキングで親しくなった。
成人した子供たちは県外。
夫婦二人の生活が長い。
それが今…。
多くを語らないが、実際はもっと深刻と思われる。
「病院で診てもらったら?」
医者も病院も昔から嫌い。
「ヘルパーさんに来てもらったら?」
家族以外の人には、気を許さない。
うーむ。
苦悩している知人に、何とか力になってはやりたい。
が、いったいどうすれば。
世間には、こういう人が大勢いるはず。
皆さん方は、どうしているのだろう?

2012年7月17日 (火)

雨のち快晴

母の住む所は、昨日の夕方から雨は止んだのだった。
有難いと思わなきゃばちが当たる。
昨日、一昨日と雨が降り続け、家の中は湿気ムンムン。
床はべとべとで、襖紙はふにゃふにゃ。
おまけに洗濯物は乾かずと、これが続いたら、母の体だってカビだらけになりそう。
さて今朝、出勤直前まで空とにらめっこ。
が、どんよりした暗い空。
これじゃ、恐ろしくて洗濯物を外干しする勇気はない。
ま、いいや。
仕事先でふと外を見上げて、ややや!
ちょっとだけど青空が顔を見せていた。
それからは、あっという間にいい天気。
嬉しいような、歯痒いような。
もちょっとだけ早送りしてくれないもんかね?
残念ながら、神様と大して親しい関係じゃない。
母の独り言でござんす。

2012年7月16日 (月)

もう、いいって!

昨日、今日と雨、雨、雨。
多少の強弱はあるものの、まぁ降るね。
そりゃ当地は、水不足ではあった。
農作物の生育がちょっと遅れていた。
でも、こんなに降られると…。
津軽地区ほぼ全域に、大雨、洪水警報が発令されている。
夕方、いくらか小降りになったのを見計らって、食糧の買い出しに出た。
駐車場は満杯。
ほとんどの人は車で来ているよね。
こんな天気に、徒歩でというのはおそらく何人もいない。
職場のものを急いで買い込み、外に出たらもうすごいどしゃ降り。
濡れねずみになって家をめざすも、車からバシャバシャ、道路は水が走りと、いやはや…。
今、雨は落ち着いているようだが、あすの朝までは安心できない。
もう、いいよ。
これぐらいでやめてね。

2012年7月15日 (日)

割れる爪

なんでも年のせいにはしたくない。
とは常々思っているものの、内心そうよねと納得する事柄が増える。
一番多いのは、「それ、さっきも言ってたよ」というもの。
うーむ。
子供の頃、祖母が母の名前まで辿り着くのに、結構な時間(?)を要していたっけな。
きょうだい全員の名前を、ワンセットで覚えているんだきっと。
同じ話を何度もしていたなぁ。
多分、今の母と同じ。
あんまり興味のない話題だったんだ。
そんなことをつらつら考えながら、爪切りにいそしむ。
髪の毛は細く薄くなり、肌はトラブル続き、爪はと見れば弾力がなくなっているんだなぁ。
簡単に割れるようになった。
手の爪は特に。
以前、テレビで、爪にもハンド・クリームを塗った方が良いと言っていた。
全く化粧品類に興味がない母。
マニキュアは論外。
ハンド・クリームか。
冬の間なら、使うかも。
つまり無精者ってことですが。

2012年7月14日 (土)

言いにくいんだけど

今年は猛暑だって気象庁言ってなかったっけ?
それがなんと(?)今のところ、当地は過ごし易いんだなぁ。
日中、30℃を超えることもなく朝晩は涼しい。
去年の猛暑に比べたら、有難くて涙が出る。
あの時、予報は冷夏だった。
それが…。
職場と言わず、家の中と言わず、人が集まれば気象庁へのブーイングだったよなぁ。
職員の皆さんには悪いと思うよ。
全く根拠もないことを言い触らしたわけじゃないだろうに。
が、だ。
涼しいと思っていたらやたら暑い日が延々と続くのと、めちゃくちゃ暑いと覚悟していたのに寒いぐらいの日が続くのとは雲泥の差。
もしかしたら地震速報よりも精度が劣るかも。
何とかしろと言っても、どうにもならんだろうな。はい。

2012年7月13日 (金)

保護者会で

母、今夜は6時半から、青森市内にある施設の保護者会にお呼ばれ。
相方と私。
いささか緊張気味ですわ。
盆地の弘前ですら、今日は昨日と打って変って、爽やかな空気。
それが目的地となると更に…。
爽やかを通り越して、ちょっと寒いぐらい。
結構な温度差だよなー。
開始時間がかなりずれ込んだものの、保護者会のメンバーたちは目がキラキラ。
次から次へと話題が進み、相方と母。
頬緩みっ放し。
いいよなぁ。
保護者会で沈黙された日にゃ、呼ばれた当方もどうしていいか分からない。
施設内で母たちが見聞きすることと、家庭内の様子は、やはり相当な距離があるようで。
みんな、気張っているんだなぁ。
親の元で安心するんだなぁ。
ま、当然だけど。
メンバーたちの一番の心配は、自身と子供たちの加齢だ。
自分が世話できなくなる時が必ず来る。
その時にどう備えようと。
こればかりは、母にも答えが出せないままだ。

2012年7月12日 (木)

九州だけなぜ?

今年の梅雨はなんなんだ?
当地はほとんど雨が降らず、農家が頭を抱えているというのに、九州地方の記録的な大雨って。
「今まで経験したことがないほどの雨」だって。
天災だもんな。
誰にも予測もできず、ただ、耐え忍ぶだけだ。
どれほど文明が発達しようが、厳然たる事実。
今朝のニュースによると、アメリカ中西部の穀倉地帯は、ん十年ぶりの大干ばつに見舞われているそうな。
うーむ。
天変地異による、多少の(?)被害には目をつぶるとして、食糧生産に多大な影響というのは困るなー。
これに投資家が絡むと、いよいよ訳が分からなくなっちまう。
金持ちが少ないパイを買い漁ると、貧乏人は益々飢える悪循環に。
おっと、そこまで考える前に、我が国のこと。
ちゃんと救援体制は、整備されているんだろうね?
「泥縄」じゃいけないんだよって、母みたいな一般人が心配してどうするんだ!

2012年7月11日 (水)

そりゃないよ

小沢新党がついに発足したが、そのネーミングに思わず?
んにゃ正確には、そのセンスにだが。
「国民の生活が第一」とね。
あんたが、そんなに国民のことを考えているなんて、知らなかった。
ま、そう言われても信じる気には到底なれない。
49人の同志がいる?
ふーん。
いいねぇ、皆さん無邪気で。
こっちは白ける一方だっちゅーに。
これまで小沢一派がした事と言えば、ただ周りを困らせることばかりだった。
当地で言う「ごんぼほり」。
つまり駄々っ子だわね。
御年70歳で自慢になるかねぇ?
子分、いつまで言うこと聞いているかねえ?
だいたい党名が長過ぎる。
なぜ小沢党にしないのか?
その方がはるかにいいと思うけどな。

2012年7月10日 (火)

ひとことでいいのにな。

いつも通りの職場の朝だった。
そりゃ、ここ数日。
高熱を発する子供が多いのは事実だが。
その原因は母じゃぁない!
うーむ。
何らかの原因物質(?が、空中で暗躍しているのか。
某有名機関が関係しているのかも、なんちゃって。
映画の見過ぎだなぁ。はい。
さて、今朝10時頃、職場の隣の庭に、いきなり業者がやって来て、薬剤散布をおっぱじめた。
母、焦ったわ。
運動神経が鈍いのに、さっさと玄関を出て、仕事中のおっちゃんたちにモノ申した。
「うちには小さい子供たちがいる。仕事する前にひとこと言って欲しいんだけど」
おじさんたちはごめんと言った。
さっそく、隣に面した窓を閉める。
子供たちには何の事だか分かるまいが。
薬剤のにおいが職場に漂うのは毎年のことだ。
なんで、事前にひとこと言えないのかなぁ。
もうざっと7年。
毎年同じことの繰り返し。
隣家の住人にも、内心…。
大きな声じゃ言えないけどね。

2012年7月 9日 (月)

ご都合主義だよなー

いいところを何とか探したいが、民主党ってやっぱりなー。
言うこととやることがミスマッチなのは最初から。
仕事もできない有名人(?)が多過ぎる。
加えて、罰則が緩過ぎる。
これじゃぁな。
民主党内に留まっている限り、どれだけの不始末を仕出かそうが、迷惑をかけようが、ほとんどお咎めなしとはね。
いいんじゃない?
この分だと、やる気のある皆さん方が、大いに参集なさるでしょうよ。きっと。
うーむ。
中でも鳩ポッポ。
どこまでも空気が読めず。恥も知らず。
そりゃな。
親が大金をはたいて作った民主党。
なんで、オーナーの自分が出て行かなきゃならん?
そう、なんだよ。
スッカラカンだの、どじょうだの、ヌエだのにがたがた言われる筋合いないな。
鳩ポッポ党と改名する時期が来ているんだ。
広く世に知らしめるチャンスじゃないの?

2012年7月 8日 (日)

今年の味

去年はメロン、美味しいと思うのに出会わなかった。
なぜかなぁ?
ま、あれだけの大震災があって、メロンなんて高級品にあまり手も出なかったが。
それでも、知人から数回いただき、自分が買ったのも数個。
が、どれも…。
そう、去年は外れの年だったんだと諦めよう。
今朝行きつけの温泉で、美味しそうなメロンを見かけついフラフラ手に取っちまった。
業者のおじちゃんに聞いたら、
「今が一番うまいよ。ばっちり。もっと暑くなると味は落ち始めるからね」
騙されたと覚悟の上、買って来た。
半日冷蔵庫で冷やして、ちょっとだけ味見なんぞ。
フフフ。
おじちゃん。
はったりじゃなかったのね。
これ、うまいじゃん!
今年は信用できそうだ。うん。

2012年7月 7日 (土)

想いは空を

今夜は七夕。
夕方から天気は回復したものの、さっき空を見上げたら雲が多く、天の川はいったいどこにある?
ここ数年というもの。
当地、この日は残念続き。
織姫、彦星は会えずじまい。
可哀そうになぁ。
年取ってしまうじゃないの。
んにゃ、ペール・ギュントのように、年老いた恋人ソルヴェイグに温かく迎えられるかも知れぬ。
いつもそこにあるのに、見上げるのは精神的に辛い時が多いな、母は。
降るような星空は、こんな田舎であっても今は見ることがない。
でもつくづく不思議。
どうして今、ここに自分は存在しているのだろう?
ごく些細なことで、毎日、神経をすり減らしているなんて、もったいなさ過ぎる!

2012年7月 6日 (金)

誤解しないで

昨日の夕方、当市楢ノ木地区で、竜巻が発生したらしいというニュースが流れた途端、「大丈夫か?」という電話やメールがいくつか。
うーむ。
情報は瞬時に世界を回る。
が、ん十年弘前市民であっても、今回被害に見舞われた地域はどこにあるのか、よく分からないのが正直なところ。
どうやら、弘前から鰺ヶ沢へ行く途中にあるらしい。
昨日は妙な天気だった。
確かに夕方、一時的に強風が吹き、雷鳴も轟いた。
その時だったんだね。
そうか。
連日、九州地方の豪雨がニュースになっている。
それだって、九州全域ということじゃないだろう。
東日本大震災で、我が国全体が被害を受けたような報道が、世界中に流れたという話も納得だわな。
あくまで限定的なものだよ。
あまり心配しないで。
ここで母が書いても、影響力はなさそうだけど、念のため。

2012年7月 5日 (木)

儚い希望

昨夜早めに寝たら、今朝は5時前に目が覚めちまった。
うーむ。
年を取るってこういうことよね。
起きたら、やることいっぱいあるじゃーん。
まずは愛しのへちま、冬瓜、オクラ、モロヘイヤ、枝豆etcにお水なんかあげちゃって。
その後、燃えるごみ出しをして、近くの公園をうろついて、洗濯物を干して…。
が、その辺りから雷がお出ましのようで。
こりゃいかん!
パソコン、プリンターの電源を切り、コンセントから抜く。
作成したファイルは死守せにゃ。
じき、雨が降り出した。
さっきの水やり、意味なかったね。
ところが、この雨、そう大した量じゃなかったんだ。
なのに、10時頃、大雨、洪水警報が発令。
じゃ、降るのかと覚悟していたらちっとも降らず。
夕方、再び警報が出たが。
これから大降りになるのか?
ほんとかね。
農家の人は、
「今朝程度の雨じゃ、気休めでしかない」
もうちょっと、どうにかなりませんかねぇ?

2012年7月 4日 (水)

主流はワイヤレス

今のパソコンを買って早や4年。
酷使のせいでパソコン本体もお疲れの様子だが、マウスは更に危なそうな動き。
うーむ。
ゲームの時に困るんだよなー。
すいすいと動いて欲しいんだけど。
そうだ!
買い換えようっと。
先週のある日。
母は家電量販店で、マウスの売り場を彷徨っていた。
目当てのコーナー。
母の視界に飛び込んでくるのはワイヤレスのマウスだけ。
えー、何でよ?
ごく普通のやつでいいのに。
価格は1000円以内のものが大勢。
でも、線あり(?)にしたいんだ!文句ある?
目線を上に動かすとジャーン!
あった、あった。
そばにある踏み台に乗っかって、手頃な奴をゲット。
さっそく使用したら、まぁなんてこと。
動きが敏感過ぎて恐ろしい。
これでパソコン画面をスクロールしたら、さっそく母、眩暈しちまった。
罪な奴よのぉ、お主。

2012年7月 3日 (火)

みっともないぞ!

小沢サンにひっついて離党する議員の数は、一体何人なのか?
別に母。
民主党の支持も小沢サンの支持もしていない。
どちらにも何の期待もしやしない。
が、今回の騒動で、訳の分らんコメントを出す議員には?
いったい、どういう理屈なんだ。
「離党届にサインしたが、提出期限が違う」って、???
まともな思考ができない頭で、議員生活を続けるのは甚だ迷惑な話だよなー。
はっきり損得勘定と言った方が、共感を呼ぶと思うが。
いや、「国民の生活が第一」なんて白々しいスローガンを掲げたまんまじゃ、それもできまい。
うーむ。
辛いな。
でも身から出たサビ。
たとえ狼爺いと揶揄されようとも、めげずに頑張れ!

2012年7月 2日 (月)

肩すかし

今日は何もかもが、思い通りに運ばない日だった。
来るはずだった人が来ず。
思いもしなかった訪問者があり。
準備したものは意味をなさず。
いつもあるものが意外に役に立ち…。
うーむ。
凡人の浅知恵と笑っておくれ。
そうだよね。
神ならぬ身。
頭が禿げるほど考えたって、まったくノーテンキだったって、世の中の動きに何の影響もあろうはずもない。
そう。
小沢一郎じゃあるまいし。
ジタバタしたってどうにもならん。
納得、納得。

2012年7月 1日 (日)

雨よ降れ

先週、やっと当地は夏気分になれた。
ほぼ1週間というもの、好天続き。
洗濯物を干すにはいいねぇ。
日中30度前後の気温と、強い日差しはあまりありがたくはないが、夏だもん。
おかげで、いい加減な母が植え付けた、へちまや豆類が大きくなっていることを実感。
なんと、パプリカは小さな実なんかつけちゃって。
青紫蘇もこの調子でいくと…。
にんまりしていたが、本職の農家の人は表情が暗い。
空梅雨で、畑は水不足なんだって。
そうだよな。
母の猫の額の庭じゃあるまいし。
南の方じゃ、とんでもない量の雨。
北の方はおしめり程度。
今夜からいくらか雨という予報だが、そううまく行くかなぁ。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

最近のトラックバック

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30