無料ブログはココログ

キムリン・ホリスティック・ワールド

  • 金 香百合
    いつも心に太陽を 悲しい時、辛い時、誰かに慰めてほしい時、キムリンはいつもそばにいてくれる。もしかしたら、みんなの守護聖人かも?

cocoa青森

  • COCOA青森
    COCOA青森の会員限定サイトです。あたたかい心と少しの時間を、メンバーと共有して下さる方を募集中です。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

今年も終わるね

今年ももう終わりか。

後3時間弱だね。

今朝は6時から起き出して、掃除や後片付けの残りを仕上げ、スーパー開店と同時にいくつかの買い物を済ませ、お寺へ出かけ、温泉で今年の汗を流した。

外は雪の静かな大晦日。

天気予報じゃ大荒れだと言ってたけど。

7時過ぎから、親子3人で夕食兼年越しそばを食べながら、各人今年1年の労をねぎらう。

365日は決して短い日数でも、単調な日々でもない。

母にとっては、辛いことと嬉しいことの幅が、例年になく広い年だった。

未だに、そのことを思い返すと許せないことや人、逆にもうダメと覚悟を決めた時に、助けてくれた友人たち。

人は一人では生きられない。

いろいろな人に情をかけていただいたことにだけ感謝しよう。

人様の好意をありがたくいただこう。

そう、今年も精一杯誠実に生きる努力を、私はしたんだもの。

それでいい。

胸を張って新年を迎えられる。

神様、ありがとうございました。

来年も、私が謙虚な気持を持ち続けられますように、見守っていて下さい。

皆様も、どうぞ良いお年を。

2009年12月30日 (水)

親不幸は分かっているが

東京に住む妹から、昨日電話が来た。

信号機の故障とかで数時間足止めを食らい、弘前に着いたはいいが、もう疲れ切って、なーんにもしたくないって。で、ホテルへ直行するそうな。

おお、そうかい。愛しい(?)妹よ。ならば次の日でも。

今朝起きた時は、さっと雪がある程度だった。

が、家人が出勤する8時頃から、あっという間に降り始め、9時にはもうかなりの積雪で目がテン!

まずは雪かきをせにゃ。

10時半には、妹の知人宅へ迎えに行かないと。

妹の知人は8月に乳癌で亡くなっていて、年賀欠礼の葉書でようやくその事実を知ったわけなのだ。

盆、正月に帰省する妹は、途中ちょっとだけ私と会うのが通例。

と言うのも、姉たる私が、実家と疎遠になって久しいから。

母とはどうも性格が合わない私。

それに諸事情が絡んで、ここン十年というもの、実家を訪ねたことは一度もない。

が、きょうだいであっても人さまざま。

妹は一人身のせい(?)か、世界で一番大事なのは母。

ここ数年、妹は、母のスポークスマンと化した嫌いがないでもない。

電話が来るたびに、必ずその話になるので正直辛い。

今回もまた、面会を迫られたが、残念!

正月休みは6日しかないというのに、スケジュールがふさがっているのよね。

たぶん、前世で私、母と友好的な関係ではなかったんだ、きっと。

世の中、みんなが親の愛を無条件に信じられるのかな?

そうだとすれば、その方がよっぽど信じられない。

世の中の少数派で一向に構わないけどね。

2009年12月29日 (火)

やっぱりダメ主婦

家事が大好きという人も、世の中に数多いとは思う。

以前住んでいた地域の、ご近所さんはそういう人が珍しくなかった。

料理はもちろん、掃除、洗濯、家計のやりくりと、まぁ、よくやるわ。

女に生まれたからって、結婚したからって、家事が上手になるわけじゃぁない。

私なんか、結婚したのは23歳の時。当時で言えば適齢期。

今じゃ死語だが。

冬になると、真っ暗な寒い部屋に帰り、ストーブを点けて震えながら亭主の帰りを待つ日々だった。

なかなか丈夫な子供に恵まれず、この生活が8年近く続いた。

やっと30過ぎて、今生きている(?)息子が授かったものの、気力体力共に、減退傾向に歯止めがかからない。

と、体力不足にかこつけるも、ほんとのところは、家事一般苦手ということよ。

そのまましっかり年だけは食って今に至るが、今日は冬休みの初日。

家人は仕事で留守、息子とは昨日から険悪な関係というわけで、年末の大掃除なんかしたのよね。

パソコンを作動させないと、こんなに仕事ってはかどるのと驚いたはいいが、当然だが疲れがどっと。

そうだよね。

職場の仕事は、きちんとしたタイム・スケジュールに沿ってこなすが、家事はそう行かない。

結局朝8時から夕方6時まで、ほとんど休みなし。

お昼を食べたのだって2時過ぎだ。

家人は明日も仕事が入っているそうな。

この不況時に仕事があるだけ有難いが、私一人でまた掃除なの?

ああ、辛い!

そこそこでいいなら家事一般こなすけれど、氏神様を迎えるとなれば…。

今夜は早く布団に入って、明日に備えるしかないか。

うーむ。

普段でたらめだからよなんて、立派なご意見は聞きたくない。

重々承知しております。

2009年12月28日 (月)

仕事納め

今日で、今年の私の勤務は終わった。

明日から6日間の正月休みに突入する。

今日までに私は、職場の台所のうち、手が届く範囲(?)を掃除することになっていた。

ほとんどの部分は先週のうちに済ませた。

そう、辛いことや苦しいことは早めにやり過ごすに限る。

憂いをなるべく少なくしないと、おちおち枕を高くしては眠れない。

最後に残った仕事はガス台の下の掃除で、長年の油汚れがべったりでうーむ。

今朝は早くから、五徳を熱湯に浸しておいた。

それを取り出してクレンザーを振りかけ、金たわしでゴシゴシ。

そこまではなんとかできたが、台の下はちょっと。

年末だもの。

支払いや何かの雑用で、そこの掃除はなかなか進まない。

と、オーラが

「私、そういう仕事結構好きなんだ。やってみようか?」

ありがとう!

待ってました。その言葉。

で、すっかりオーラに甘えちまった。

ピカピカの台所を眺めてほーっ!

餅は餅屋だね。

関係ないか。

オーラが頑張っているうちに、私の事務仕事も片付いた。

3時過ぎに帰宅の途に。

お休みの間、雪が降らないことを祈ってさよならを。

何とかみんなを、ゆっくり休ませて頂戴。

天候を司る神様。

遊んでていいからね。

2009年12月27日 (日)

おせちはどうする?

去年は、某スーパーのセットになったおせちでしのいだ。

味の方はそこそこだが、ちょっと高くつくのがね。

由緒正しいおせち料理なんて、とても全部は作れない。

我が家じゃ、田作り、きんとん、伊達巻、黒豆は、別になくたって困らないし。

でも、母のいい加減な正月料理ばかりだと、我が国の伝統はいったいどうなる!

いけないよ。

ここは好き嫌いは無視しないと。と、内なる理性が主張する。

が、残念。

おせちの予約は、もう締切となっていた。

家人に相談したら、

「煮〆、なまこ、酢だこ、数の子、塩鮭があればいいよ。その気があったら、茶碗蒸しが食べたいな」

うーむ。

それだけ作るのって結構、大変なんだけどね。

じゃ、あの大混雑の中、買い出しに行くのかぁ。

今から間に合う、おせちはないのか?

少量で、料理を選べるやつがいい。

なるべくなら買いやすいお値段で、できるだけ国内産材料で…。

私って、もしかしたら欲張りですかね。

2009年12月26日 (土)

12月の雨

「9月の雨」は、太田裕美の名曲だ。

どうでもいいけど、これと荻野目洋子(?)の「六本木純情派」は、私が密かに懐かしきカセット・テープで楽しんでいる名曲だ。

早いとこ、アイ・ポッドに入れなきゃなー。

おっと、それはこの際どうでもいい。

久しぶりの土曜日。

朝からパソコンに向かう健気な母。

大きな声じゃ言えないが、昨日、半分しかできなかった職場の年賀状を、持ち帰って今日こそは完成を目指す。

それを終えたら、我が家の年賀状を作らないと。

そうそう、本屋に定期購読の本やDVDも取りに行かなくちゃ。

じゃ、年賀状が全部完成したら、ポストに投函するついでに、本屋へ行って、スーパーへ行って…。

結局、傘を持って家を出たのは午後1時近くだった。

あっちこっちと歩き回り、用事を済ませて帰宅したのは午後3時。

今度は、「町会だより」を作る仕事が待っている。

これも今日中には仕上げないと、と、気持は焦るばかり。

家の中はほったらかしで、うーむ。

私だって、内心は汗だくだくだ。

だってしょうがないじゃない。

雨はやがて雪へと変わるだろう、なんてつい鼻歌でごまかす。

今日は、我ながら本当によく働いた。

もー、疲れた。早く寝ようっと。

じゃ、お休みね。

2009年12月25日 (金)

今年のサンタ

今年もサンタがやって来た。

一人目からは、小さいブーケと優しい言葉。

「あんたはいつも、一生懸命だから」って。

二人目からは、シードル。

家人と二人、いつ飲もうか?って。

奴は年明けがいいねと主張し、ここは素直に従わなくちゃ。

三人目は、小さな可愛いクリスマス・ツリーとケーキだった。

BGMは、ビング・クロスビーの「ホワイト・クリスマス」と行きたいが、待てど暮らせど雪が降らず。

そうね、こういう細かいことにこだわりたい日なのよ。

年に一度なんだから、母の希望に応えて頂戴!

が、いくら母でも、天候まではどうにもできず。

当然ですがね。宗旨替えも早いんだ。

で、ジョン・レノンの「ハッピー・クリスマス」とWAMの「ラスト・クリスマス」で我慢することに。

仕方ないよねー。

が、けさ出勤してNHKの教育テレビをつけたら、「ジングルベル・ロック」が入っていた。

うしし。

NHK、やってくれるよ。

随分とお洒落じゃないのさ。

そうだ。今日は妹の誕生日でもあった。

一応、おめでとうメール出そうかな。

でも、29日に帰省するっていうし、ほっといていいか。

確か、去年の今日は、飯島愛ちゃんが亡くなったニュースで持ち切りだった。

それにしても儚い人生だったなぁ。

美人薄命を地で行ったか。

その線で行くと、母はかなり長生きしそう。

うーむ。

この場合、「憎まれっ子、世に憚る」になるのかな?

こんな質問誰にもぶつけられない。

「その通り」って言われたどうしよう?

2009年12月24日 (木)

コスプレも商売

友人で、行きつけの温泉の社長夫人Iさんが言った。

「スーパーKって凄いよね。とにかく物を売るって意欲がみなぎっている。レジのお姉ちゃんたちのコスプレなんか、最たるもんじゃない?」

そうそう、そこにいる一番背が高いお方、Tちゃんは小学校のPTA仲間だった。

Kに買い物に行くと、まずはTちゃんを探すのが常だ。

ある時は、甚平にハイビスカスの花。またある時は浴衣だった。ここ数日は、サンタの帽子に赤いエプロンと来た。

「なんでエプロンなの?」って聞いたら、

「サンタの服を着るとね、私の場合、還暦のちゃんちゃんこみたいになるんだ。いくらなんでもね」

Tちゃんは、私よりは年少だが孫は2人もいる。うーむ。

今日も買い物ついでにTちゃんをからかう。

「お正月はいつから勤務なの?」

「1日だけは休みで、2日はもうバッチリよ」

「Tちゃん、2日は当然晴れ着よね?」

「もちろんよ。おろしたて着て来るからね」

アハハ!

冗談をちゃんと受けてくれる人、大好き!

最近、ふさぎがちな母もつい大笑い。

「じゃ、31日は鐘つき棒になるの?]

Tちゃん、すかさず

「当然よ。あんた、鐘のコスプレで来るんでしょ?」

2009年12月23日 (水)

このまんま根雪かな

やたら寒い日が続く。

雪の量は、当市に限っては大したことはないものの。

今日は何だか暑かった(?)

午後からは雨も降り出したし。

冬の初めは、雪が降ったり消えたりを数回繰り返すのが常だ。

そして少しずつ心と体の準備もするわけだが。

そうだった。

今年は、暖かいと評判の某衣料メーカーの下着を購入済みだったっけ。

着るのを忘れていたんだ。

贅沢なことだよね。

外気温とは関係なく、暖かい部屋で、食べたい物を好きなだけ食べられるのだから。

このまま根雪になれば漬物は安泰だ。

知人は、「自家製の干し柿あげるよ」と言う。

別な知人は、「辛い大根漬はどう?」って。

みんな有難くいただくよ。

明日は、職場のオーナー桃子が、ケーキをプレゼントしてくれることになっている。

ほとんど母は笠地蔵の心境。

あの童話は、もしかしたらサンタクロースと関係あるの?

なーんてね。

2009年12月22日 (火)

お歳暮が来る時期

日本人は本当に律儀だ。

ここ数日、我が家にお歳暮が数件送られて来ている。

あ、この場合は「贈られる」が正しいのか。

1年のほとんど、連絡らしきものが双方にないにも拘らず、お中元とお歳暮の品の交換は欠かせない。

そうね。年賀状もその類だ。

我が国では、ほとんどの場合、結婚を機に女性が名字を変える。

ぼーっとしていると、知り合いであっても、あっという間に疎遠になってしまう。

長い目で見れば、その程度の付き合いでしかなかったってことだが。

人は生きている間、休みなく成長している。

それとは意識しなくても、自分の成長のために必要なものとそうでないものとを、常に取捨選択しているのだと思う。

その結果として、ン十年もの間、賀状や贈り物を交換し続けて来た事実は重い。

その関係を、双方共に大事に守り続けて来たってことだね。

毎日慌ただしく過ごしているけれど、結構、誠実に生きていたんだ。

どうしてかなぁ。

初恋でも、片思いでもないのに、健気に努力している自分に思わず胸キュン。

2009年12月21日 (月)

吹雪の中

なーんにも考えないで眠ってしまった。

朝、ごみを出しに外へ出たら、あー!

かなりな積雪。いったいいつの間に。

そう言えば、昨夜遅くに、几帳面な隣の御主人が、雪かきに精を出しているような音が聞こえていたっけ。

うーむ。じゃぁ、夕方から10時頃にかけてか。

とにかく、朝の5時半から雪かきに追われた。

早々に家人と交代して、朝食と出勤の準備。

今日は早めに家を出ないと。

いつもよりは確かに早く、職場には向かった。

が、車がちっとも前に進まない。

折悪しく吹雪に見舞われるし…。

焦った家人、

「あんた、ここから歩いた方がいいよ」

なんでよ?この吹雪の中、歩けってか?

が、喧嘩している時間すらない。

もちろん歩きましたとも。

ところが不思議なことに、母が車を降りた途端、なぜか前の車がすいすい進む。

くーっ!

が、ここでめげてなるものか。こうなりゃ意地よ。

ちょっとの間に、母はすっかり雪だるまになっちまった。

信号を2つ過ぎた頃、家人が手招きした。

「遅刻したって仕方ない。乗って」だと。

さて職場。

回りの雪は、すっかり綺麗に片付いていた。

うちの職場にはね、雪かきサンタがいるんだよ。

名前は、スノー・チャイルドって言うんだ。

2009年12月20日 (日)

福引ね

毎週本を受取りに行く店は、頻繁に福引会を催している。

今日は午後、そちら方面へ出かける用事があった、。

我が家を出てしばらくすると、車が数珠つなぎになっていて、両方向とも凄い渋滞。

こんな時は歩くに限るね。

いまいましげなドライバーたちを横目にすいすいと。

が、暖気のせいで足元がずるずる。

少し積もった雪が溶けかかっていて、歩きづらいのなんのって。

目指す店の隣は某自動車学校。

ここの生徒が乗った教習車は、本当に気の毒だ。

ちっとも動かない車列に、入ることも出ることもできない。

あくまでも交通ルール遵守だからね。

一方、歩きひとすじの私。

横切るのなんか簡単。

渋滞の方がはるかに楽チン。

で、店内は福引に来た客で大行列。

なかなか前には進まない。

やっと順番が回って来たが、ガラガラやってみるものの、どういうわけか玉が出て来ない。

そんなに難しい構造とも思えないが、出て来ないものは来ないのだ。

サンタのコスプレをしたカワイコちゃんも首を傾げる。

根が小心者の私。

後ろに渋滞(?)している人の波にハラハラ。

あー、何でもいいから早く出て来い!

内心汗だくになりながら、キャンディと、ポップコーン、缶ジュース、ティッシュペーパーをゲットしてやれやれ。

福引で高価な景品を当てる方法なんてあるのかな?

2009年12月19日 (土)

肩すかし

昨日、当コラムでやっと冬が来たなんて書いたのに、けさの積雪は大したことがなかった。

そりゃ毎日、真冬日の寒さは続いているものの。

昨夜はちょっと遠出して、平川市のK温泉へ行って来た。

いつもの温泉へ出かけたら、物凄い数の車で、こりゃいかん!

たまには浮気なんか…。

K温泉に来たのは数ヵ月ぶり。

新しくて、そこそこの大きさで、照明の暗めなところがいい。

思いのほか、客も少なくて静か。

暖かい露天風呂に雪がしんしんと降る。

露天風呂のすぐ近くには、サンタのイルミネーション。

さらにその近くには、無病息災と学業成就とうたった鳥居まである。

いったいなぜ?なんて野暮なことはこの際なしで。

えーっと思ったのは、露天風呂にデジカメを持ち込んでパチパチやっている人がいたこと。

うーむ。

ここまでそんなものを持ち込むか?

そう言えば、今を去ること?年前。

近所にあったT温泉に、早朝出かけた母。

なんと露天風呂で、携帯で話し続ける若いお姉ちゃんと出くわし、思わず目がテン。

そこまでするか!

入浴の間ぐらい、文明の利器を手放したって困るまいに。

こんなことに腹を立てる母が時代遅れなのか。

とにかく帰りの車に乗り込んだ。

なぜか平川市と弘前市の境界あたりになったら、雪が止んだ。

弘前に限っては、積雪量は未だに少ない。

同じ津軽なのに、青森とは大違い。

素直に喜んでいいものか。

2009年12月18日 (金)

ようやく来ました。

数日前から、やたら寒い日が続いていた。

天気予報を見て、雪片づけの心配をしていた。

テレビのニュースを見ると、山形県の鶴岡だったか、なんと1メートル近い積雪で、あちゃー!!

青森市も、それなりの量が降ったようだったが、当市はやっと(?)今日の午後あたりから降り始めた。

帰宅したのは5時近かったが、まずは雪かきをせにゃー。

かなりのスペースだが、9割方片付いた頃、家人が帰宅。

残りは奴が引き受けてくれた。

一応お礼を言っておかないと。

雪が積もると夜でも明るい。そして世の中が静寂に包まれる。

ついに冬か。

夕方の週間予報を見ても、毎日雪マークのまんま。

ま、いいか。

明日と明後日は連休で、月曜日からは大忙しの予定。

「千客万来」と有難がらなきゃいけないが、でも疲れそー。

あー。

贅沢を言うようだが、雪はそこそこ降るだけでいいからね。

2009年12月17日 (木)

うぬぼれるな!

エラソーにふるまう人は嫌いだ!

何を勘違いして、あんな大口が叩けるのか?

民主党が与党になって3カ月が過ぎた。

もちろん、ハナから大したことはやれないとも、そんなに長期間、政権維持するだけの力もないとは思っていた。

が、鳩ポッポのバカさ加減はもう書く気もしない。

亀とみずほというノーテンキ・ペアもどうでもいい。

世の中のほとんどは、この二人が何をほざこうが、内心たかが弱小政党の寄生虫どもめとしか考えていないんだから。

が、小沢某はそうじゃない。

いったいあんたは、どこの何様だ!

仲間の鳩ポッポをコケにするのはいいとして、皇室にまで干渉するとは。

ここまで露骨に、己が権力を誇示するばち当たりめ。

宮内庁の羽毛田長官、頑張れ!

こんな男の恫喝なんかに屈するんじゃない。

先の選挙で、民主党に1票を投じた皆さん方は、こんな暴挙を喜んでいるのだろうか?

世の中は確かに変わった。

が、それは決して良い方向ではなく、むしろ自民党政権下にあるよりも遥かに弱者に酷くなっている。

ただの一つも、責任を持って決定できない首相。

そんな男は、さっさと職を辞するべきだ。

政治家をやめても、何の生活の苦労もないのだから、心おきなく妻といちゃいちゃしているがいい。

だからと言って、小沢某が次の総理になるってか?

来年の参院選で、民主党が単独で過半数取れるってか?

もしそれが現実になったら、我が国は終わりだ。

民主党支持者の皆さん。

いい加減、目を覚ましたらどうなの?

たかが裏方の一人に過ぎない男の専横を、これ以上許すべきではない。

2009年12月16日 (水)

外でなら頑張っちゃうよ

今日は、大鰐町の某施設訪問日だ。

約束の時間9時には、スーパーYの駐車場へ行かねばならぬ。

相方の車にあと数歩というところで、携帯から着メロが流れて来た。

相手は目の前だ。

「オッハー!」

と、車のドアをノックしたら、相方驚く驚く。

ガハハ!

朝からこんなに笑い転げていいのかね。

車に乗り込んだら、相方が

「今日は寒いね。黒石(彼女の自宅)からここまで1時間もかかっちゃった。途中、事故を2件ぐらい見かけたよ」

さぁ、目的地へいざ。

これがまた、ノロノロ運転で二人でイライラ。

「いったい、大鰐に着くのは何時なの?」

ま、これも仕方ないこと。

いきなり冬が来たんだもの。

とにかく施設に着いて面談を始めたら、一人、深刻な悩みを打ち明ける人がいて、いやぁ、これはしんどかった。

でも仕事だもの。きちんと聞いて、何とか悩みが解決する方向に動かないと。

それを終えて帰宅するのにも、40分はかかったなぁ。

自宅で簡単なお昼を済ませた後、女性部の仲間Kさんと、町会の資料室を整理することになっている。

ありとあらゆる物品が、ただ積み上げられているだけだ。

これを整理して、ついでにリストを作成しなくてはいけない。

Kさんは整理魔だ。

いつお宅へ伺っても整然としたたたずまいで、乱雑な我が家とは大違い。

せっせと箱に詰め込む彼女と、ひたすら数量を記録する私。

名コンビよね。

ざっと2時間で仕事は片付き、Kさんのお宅でお茶をごちそうになった。

寒い資料室に比べてこの暖かさ。

あー、極楽。

それにしてもなー。

自宅も早いとこ整理整頓と掃除をしなきゃ。

気は焦るが、どうも気が乗らぬ。

外でなら頑張れるというのは、やはり見栄張る子だったのね。

2009年12月15日 (火)

ひょんなところで

今日は寒かった。

真冬日だってのも納得するね。

家族がインフルエンザに罹患したことで、やむなくお休みが2名様。

寒くなると、いくらか落ち着くはずではなかったか?

ま、人によるってことですかね。

3時過ぎに職場を出て、Sでちょっと買い物して、行きつけのスーパーKへ急ぐ。

入ってすぐ、近くで行列が始まった。

なにやらアナウンスされたが、例によってアイポッドでジャズなんか聞いている私。

なんのことかさっぱり。

が、突然、並んでみたいなという気に。

確か前から5人目ぐらいだった。

ふと後ろに目をやると、ジャーン!COCOAな仲間のお一人S先生じゃないの。

「えーっ!なんで?ここで会うなんて、宝くじに当たったみたい」

久しぶりに偶然出会った二人。

いやー、話がはずむはずむ。が、どうも私たちがわけも分からず並んだのは、タイムサービスというものらしかった。

総菜売り場のパック詰めを2品まで、20%引きにするのだそうだ。

そうと知れば早めに買わなくっちゃ。

S先生と私。

つもる話もそこそこに、総菜を探しに行かないとね。

「今度ゆっくりお茶を飲みながら話しましょうね」と、あくまでも優しく先生はおっしゃった。

それにしても不思議だなー。

霊感やそれに類することにはほとんど縁がない私。

でもほんのたまに、その人のことを思うとすぐ会うことがある。

今日もそうだった。

この能力がもうちょっとコントロールできたら…。

なんて邪心が起きてきたらもうダメよね。

2009年12月14日 (月)

ゲーム三昧

今朝は寒かった。

当市は0度だったらしい。

急に仕事を休んでもいいことになったので、何だか勝手が違う。

新聞も休刊日なんだって。

そりゃ毎日配達する人たちに、たまの休みをあげたいとは思うが、毎日読む新聞が来ないというのも、気が抜けて困るんだなー。これが。

多忙のせいで、先月会えなかった愛しの婆。

朝電話したら、お茶の関係で出かけることになっているんだと。

そうだよね。

本職は、裏千家の師匠なんだから。

そうかい、じゃ、今日は久しぶりに掃除でもしようかね。

その前にちょっと。と、パソコンに向かったのはやっぱりまずかった。

仕事の合間に、ちょくちょく遊ぶZOO KEEPER。

毎日1回必ず遊ぶサントリーのgabgabの木。

そして花札。

うーむ。

これだけゲーム三昧ができるのは久しぶり。

夢中で遊んでいるうちに、はや12時を回り、軽くお昼を食べた後は、やはり掃除を済ませないと。

途中で電話が数件。

どれも知り合いからで、偶然休みで良かったね。

こんなに終日家にこもりっきりなんて、数か月ぶりだなー。

でも、今日だけよ。

もともとは出不精なんだもの。

これが続くとまたまた別の心配もせにゃならぬ。

何が何でも最低30分は、外を歩き回らないと。

あくまで我が身の健康維持のためです、はい。

2009年12月13日 (日)

無事でなにより

町会主催の「餅つき会」の当日だ。

朝9時から、母はいそいそ手伝いに出かけた。

段取りは、女性部の仲間たちが考えてくれて、いつもぼーっとしている私は、磯辺餅に使う海苔を切ることと、きなこと砂糖を混ぜるだけ。

他のメンバーが大忙しで走り回る中、こんなに楽チンでいいのかしらん?

ま、へたに手を出されるよりはましってことですかね。

それ以外は、鍋で汁粉をかき回すことをちょっとだけ。

餅つきが始まるのは10時だが、30分ぐらい前から子供たちが顔を出す。

参加予定者数は65だ。

でも飛び入りだってきっといるはず。

となれば…。

大きな集会場に、テーブルを並べて、きなこ、磯辺、汁粉を置く。続いて、容器、箸、台布巾も。

隅に、段ボール箱とごみ袋をセットして、後は誰か来るのを待つばかり。

10時半頃には、餅つきをいくらか体験した子供たちが、自分でちぎった餅を持って、次々やって来た。

それから30分間は、ほぼ休みなし。

みんなが帰って後始末を済ませ、スタッフ12人で反省会。

子供たちは50名、大人が30名来たんだって。

「もうちょっと餅があっても良かったね」

餅を振り分けたAさんとKさんが言った。

と、資材、お米調達担当のNさん。

「ごめん。独断でお米の量を減らしたからだよ」

うーむ。

ここからは心の声ですが。

「そんな大事なことを、勝手に一人で決めるかなー。あんたにそんな権限ないでしょ?」

最後の最後に、思わずムカッ!

ま、無事でなによりでござんしたと言うのが大人ってもんか。ふん!

2009年12月12日 (土)

朝の洗濯

朝8時出勤になってから、洗濯機を使用する時間は夜ということになった。

とても朝の忙しい時間帯には組み込めない。

特に今頃の季節だと、ストーブの力を借りなければ、十分な乾燥もままならない。

お肌の乾燥は困るが、洗濯物はすっきり乾いて貰わないとね。

さて今日は、昨夜からの洗濯物の山を片づけることから始まった。

洗濯機を動かすこと3回。

その間、ストーブの前でついこっくりこっくり。

先日、家人が母に言った。

「毎日、忙しく走り回っているんだから、たまの休みぐらい、たまったヴィデオ観ながら昼寝でもしたら?」

とうちゃん、ありがとう!

思わずうれし涙にかきくれる私だった。

そうよね、今日ぐらいその楽しみを味わってもばちは当たるまい。

で、ざっと2時間近く、「刑事コロンボ」と「イヴ・サン・ローラン」のドキュメンタリーなんか観ながらうとうとしちまった。

合間に洗濯機からの終了音を聞きながら。

ところでこの、何かをしながらのうたた寝というのが幸せなのだ。

意識がとんでいるのは、恐らくほんの数分なのだろうが。

洗濯機からのブザーを聞いては起き出し、引き揚げた洗濯物をかごに入れて、次の洗濯を始める。

これを繰り返すこと3回。

ほとんど途中の仕事は夢うつつ。

コロンボもサン・ローランも、果たして観たと言えるのか。

ま、いいや。

日を改めてもう一度、正気の時にでも。

明日は朝9時から「餅つき」の手伝いだ。

子供の頃、大人がしているのを見たことはあるものの、この年まで自分でかかわったことはない。

段取り等、自分で仕切る自信は全くない。

まったくの素人で、手伝いというのも僭越なような…。

2009年12月11日 (金)

事業仕分けの適用は?

民主党の陰の主役が、議員たちをぞろぞろ引き連れて、中国へ遠足だとさ。

その数ざっと140名。

同行者全部を合わせると600名ね。

今、この時期に、このお方がこれだけの手下(?)を従えて、中国に出かけなくてはいけない理由はいったい何?

鳩ポッポの無能さにも呆れるが、このお方と亀様の鉄面皮ぶりにも呆れる。

我が国は、あんたがたの私物か?

何が「国民の生活が第一」だよ、ふん!

ほいほいついていって、国家主席と写真撮って喜んでいるなんて、無邪気と言うか…。

何でも草の根交流が目的なんだそうで、じゃ、帰国したら一人一人に報告していただけるんだろうね?

この遠足にかかる費用がどれぐらいのものか、私には分からないが、半端な金額では済まないだろう。

当然、全額個人で負担するのだろうが、そうでないとなればここは、蓮舫サンにご活躍願いたい。

「そんなことにそれほどのお金をかけていいんですか?」

民主党内の金の使い道についても、事業仕分けを適用するのが筋ってもんでしょ。

それにしてもなぁ。

確かに世の中は、裏もあれば表もある。

が、あくまでも裏方は表舞台に出て来るべきではないし、人を道具に使うべきでもない。

泥臭いね。

こんなお方に、いいようにあしらわれる我が国のトップって、どなたでしたっけ?

2009年12月10日 (木)

寒さが身にしみて

今夜は、家人も息子も帰宅が遅かった。

息子はいい。

成長するに連れ、温泉へ行きたいと言わなくなったから。

が、家人と私は温泉でないとどうも。

ああ、それなのに今夜は、家のお風呂で我慢することになってしまった。

ま、仕方ない。

息子、家人の順に入り、夕食をはさんで母の番。

これがねー。

主婦の皆様方はお分かりだろう。

おちおち入浴を楽しんでいられない。

湯船に浸かりながら、風呂場の掃除なんか始めてしまう。

からだを温めようにも、風呂場は寒い。

こんな所に長居は不要だ。

所要時間は15分ぐらいか。

ぶるぶる震えながら、風呂掃除の仕上げにかかる。

それにしても寒いなー。

入浴の意味があるのは家人と息子だけで、母にはさっぱり恩恵が感じられない。

それに引換え温泉はいい!

湯煙が充満した広くて暖かいスペース。

お湯は使い放題。時間は無制限。ぬるめから熱め。露天からサウナ。大小数種類の浴槽。

あぁ、温泉にいる時間はほぼ(?)極楽。

ほぼと言うのは、ほんとの極楽を知らないからで。

入浴という行為は同じなのに、満足度は雲泥の差。

何とか明日は、と、思っていたら、残念!

明日の夜も会議なのだった。

はー。

2009年12月 9日 (水)

疲れは腰に

今日は猛烈に忙しかった。

なんでこんなにと溜息をつく暇もない。

次から次へと雑用の雨嵐。

「楽あれば苦あり」かぁ。

そうだった。

昨日、母はちょっとばかり楽チンをしたのだった。

それがあなた、一晩経っただけで…。

次から次へと仕事をこなしているうち、時計は午後5時半を過ぎた。

この時間じゃ買い物している余裕はない。

まっすぐ帰宅したら、家人は既に温泉に出かけるつもり。

ちょっと待て!夫よ。

温泉に行く途中、ス-パーUで買い物させてくれない?

あんまり乗り気じゃない家人を拝み倒して、食材調達に走り回る。

やっと温泉に着いたのは6時45分。

なんとか30分で切り上げないと。

けさからなんだか腰の調子が良くない。

左の肩と腰に異変を感じる。

ゆっくり温泉に浸かっていたいが、なにせ時間がない。うーむ。

早めに帰宅して夕食を済ませた。

さ、湿布剤を貼ろうっと。

後は湯たんぽを仕込んで、早寝を決め込むとしよう。

天気予報じゃ、来週はずっと雪マーク。

自分の体は自分で管理するしかないね、はい。

2009年12月 8日 (火)

なんでかなぁ?

今日は、某小学校に出かける用事があった。

9時半頃、駅に急ぐ母。

と、学習センター近くの楽寿橋。

前を歩くは、大っ嫌いな犬を連れたおばん。

何度も書くが、私、動物一般大嫌い。

散歩したけりゃ、私がいない時にしておくれ。

そんなこと世間の皆様の耳には届かないだろうがね。

突然、前のおばんが振り向いて、母に何かを言っているが、アイポッドで音楽を聞いている母には?

これが結構しつこく、身振り手振りを加えて言うのだわ。

いったい、なんなのよ?

おばんが言うには、川に白鷺がいるのだそうだ。

「珍しいでしょ?綺麗でしょ?」

件のおばんが指差す方向に、細身で純白の綺麗な鳥が羽を広げていた。

はー!

こんなところに今頃いるんだ。知らなかった。

おばんが言うに、

「もっと寒くなると5~6羽まとまっているよ」

ここに住んで10数年、全く知らなかった母の不覚。

後で写真撮ろうっと。

が、午後通りかかった時には姿が見えなかった。

いったいどこへ行ったものか。

食糧はどうやって調達するのかなぁ。

外敵はいないのだろうかと、心配の種は増えるばかり。

もっとも、鳥の方は知ったこっちゃないよね。

次に会えるのはいつのことか。

なんだか待ち遠しいような。

2009年12月 7日 (月)

インフルエンザ2波(?)

新型インフルエンザがいくら騒がれていても、職場関係は何とか持ちこたえて来た。

が、ここに来て職員が1名ダウン。

こうなると役所に報告しないというわけにはいかない。

それはいいとして、利用者の側も本人ではなく、そう、いわゆる濃厚接触者というやつね。

それが大事を取って休むことになったのが3名。

なぜ今?

今日は、朝から電話が鳴りっ放し。

親やきょうだいが罹患して、外出禁止を申し渡されたという話だ。

ひと月ほど前もそうだったが、今またぶり返す勢い。

それなのに、基礎疾患のない人々のワクチン接種は、今日からやっと始まったばかり。

私はいいよ。

優先的に接種してあげると言われても、受ける気は毛頭ないから。

なるべくなら病院の門は潜りたくない。

ドクターとも知り合いになりたくない。

今日、同僚桃子が言った。

「50代はね、流行の新型インフルエンザに強いらしいよ。あんまり心配しなくてもいいんだってさ」

そうか。

リスクが少ないのなら良しとしよう。

でも不思議だ。

なんで50代が心配ないのか?

ちょっと半端な年代じゃないの。

そんなに流行を追いかけるのはどうかと思うが、こればかりは、私の思いだけではどうにもならぬ。

いい加減落ち着いてもいい頃だが…。

2009年12月 6日 (日)

ちょっと寄り道

午後から駅前に行く用事があって、傘を持って家を出た。

そんなに寒さは感じないが、風が強く、もうちょっとで空を飛べたかも。

最近、駅前に来ることが少なくなった。

が、駅ビル商店街で使える商品券を持っていて、使用期限が12月31日だ。

もたもたしていたら、ただの紙切れになってしまう。

根がせこい母。

冷蔵庫内で食品を駄目にしているくせに、こういうところには妙にケチ。

駅ビル内は、結構な人出でなんだか酔いそう。

あっちこっちに、クリスマス関連のディスプレーがあって、そういう季節だよね。

これで雪があれば言うことないが、それはあくまでも母の希望。

そうだ。

できれば本屋とCDショップに寄りたいな。

夕食材料と、職場の食材も買わないと。

さて、ミーティング終了後、仲間のOさんとスーパーIに向かった。

久しぶりだねと、1階のティールームでお茶を。

午後6時にもなるともう真っ暗。

気のせいか、店内の客の動きがせわしないような。

さよならして食品売場をめざす。

ここもまた、ショーケースの中が侘しい。

閉店時間は何時なのか不安になる。

寄り道はちょっとだけで我慢しなきゃ。反省、反省。

2009年12月 5日 (土)

レッド・ゾーン

一日中家にこもるのは久しぶりだ。

できれば、たまったヴィデオなんか観て過ごしたいが、日頃の行いが災いし、しなきゃいけないことが次々と…。

どういうわけか、家事というのは亭主がいないとはかどるもののようで。

で、朝から気張ったはいいが、体力気力が続かず、お昼を食べた後から意識がモーロー。

こりゃいかん!

と、ストーブの前で昼寝しちまった。

運がいいのか悪いのか、今日はWOWOWの無料放送日。

御贔屓のシリーズ物が入ったら、観なくちゃおさまらない。

で、仕事の合間にちらちらと。

その辺りから急激に仕事量が減り始めた。

何もテレビのせいじゃない。

私が飽きっぽいということです、はい。

そうこうしているうちに職場のオーナー桃子から電話。

なんと同僚りんがインフルエンザに罹患。5日間は外出禁止ときたそうな。

うーむ、そうか。

で、月曜日夜の忘年会は延期。

来週の仕事もハードになるのね。

ま、いいや。

お互い様だもの。

頑張れるうちは頑張りますとも。

それにしても、当方にまでウィルスが来襲しないことを望みたい。

うがい、手洗い、いったい何回すればいいのかなぁ?

2009年12月 4日 (金)

今夜の帰宅は

これから会議だ。

開始は午後7時。

いくらなんでも8時半に終了ってことはないだろうな。

で、午後4時という、私にとっては珍しい時間にこれを書いている。

明日はたまった仕事を片づける日で、明後日は午後2時から某所で会合がある。

月曜日は夜、忘年会があり、火曜日は…。

さっき郵便ポストを覗いたら、来週中の会議案内が1通。

家人は明日から3日間、平内町へ仕事で出かけるという。

「お互い、忙しいね」

二人ともいくらか風邪気味だが、この程度じゃたいしたことないが合言葉。

師走だもん。

と言いながら、年がら年中忙しくしているのはだーれ?

「貧乏暇なし」か「稼ぐに追いつく貧乏なし」か。

あー。

そこだけは鳩ポッポが羨ましい!

2009年12月 3日 (木)

休刊か

夕方のニュースで、小学館の「小学6年生」と「小学5年生」が休刊になることを知った。

うーむ。

小学校の6年間というもの、毎月購読していた本だ。

それがなくなるのかと思うと、何だか複雑な気分。

その本を買ってくれたのは父親だった。

きょうだいみんなが、小学館の本を買って読んでいた。

そのおかげで、今でも小学館のあのマークと、なぜだかハウス食品のマークを見るとほっとする。

中学校に進んでからは、自分で「中一コース」だったかに変更して貰ったと記憶する。

高見山関が、初めての外国人力士として記事になっていた。

古いね。

なんでこんなことを覚えているのかなぁ。

年と共に、実に瑣末なことを思い出すことが多い。

脳細胞の老化が著しいってことですかね。

ものの本によると、一般人は脳の数%しか活動していないらしい。

アインシュタインなどの天才ですら、15%ぐらいなんだそうだ。

とは言うものの、それはあくまでも解明されている部分の話。

何の役にも立っていなければ、これだけの容量を維持できるわけもなかろう。

そうだ。

時々顔を出す、無意味とも思える記憶の数々は、何かのサイン?

それにしてはちっとも、日常生活の役に立たないのがなんですが。

2009年12月 2日 (水)

緊張するのも

やがて来る本格的な降雪を前に、母は、一大決心(?)をしたのだ。

今は、朝8時までの出勤で、6時には起きている。

が、雪ともなれば、我が家はもとより職場の雪かきもすることになる。

その分を考慮に入れると、後少なくとも30分は今より早起きしないと。

それも雪が降ってしまってからじゃ遅い!

例によって、その気になったら即の母。

昨夜だって10時には眠りの世界だった。

が、なんとしたことか、やたら早くに目が覚める。

ストーブのタイマーがまだ、仕事していない様子。

ということは5時よりも前か。

大概の事は、若い時よりも遥かにトロくなっているのに、睡眠と疲労に関してだけは、やたら敏感だ。

つまり疲れやすくなっているってことね。

それにしてもなぁ。小学生じゃあるまいし…。

こんなに朝早くから、頭が冴えても困るよ。

えーい、ままよ!と、起き出して、テレビをつけないまま仕事を片づけた。

いやぁ、はかどるはかどる。ウシシ。

ところが、6時過ぎて間もなく家人までも起き出した。

「もっとゆっくりでもいいのに」

が、奴

「テレビの音がないから余計、あんたが仕事している音が耳につく。つきあうよ」

うーむ。そうかい。

あんたも年だってことじゃん?と、いいや、もちろん口には出しませんとも。

2009年12月 1日 (火)

緊張したのよ

先月から、なぜだか職場への問い合わせが増えた。

見学に見えた人もちょいちょい。

いつもならそういう人たちも、利用はせいぜい数回まで。

が、このところ、どういうわけか月預かりを頼みたいと言う人々が数人。

そりゃ商売だもの。

お出でになるのなら引き受けますよ、もちろん。

でも、理想を言えば、一度には来ないでね!

客たる子供も当方も、まずは慣れることから始めなきゃ。

こんなことを書くと、また、どこかのバカがいやらしいコメントを寄せるんだろうね。

ま、こんな輩は無視するに限るが。

とにかく、今日から2歳の男の子がやって来たのだ。

この子はそれでも一生懸命、我慢して初日の数時間を過ごしたのだが、迎える職員の心労たるや。

はー。ほー。

もう、午前中だけでへとへとになった。

いくら商売でも、生き物相手は結構辛いんだよ。

その子だけを見ているわけじゃない。

レギュラーの子供たちだって、それなりの変化はあるし。

そのおかげか、みんな12時前には寝てしまい、2時過ぎまでゆったりと。

これぐらいねんねすると、起きてもご機嫌麗しい。

そうよね、一つ悪いことがあると一ついいことがある。

そうやってバランスを保っているのね。

それにしても今日は疲れた。ふーっ!!

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

最近のトラックバック

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30