無料ブログはココログ

キムリン・ホリスティック・ワールド

  • 金 香百合
    いつも心に太陽を 悲しい時、辛い時、誰かに慰めてほしい時、キムリンはいつもそばにいてくれる。もしかしたら、みんなの守護聖人かも?

cocoa青森

  • COCOA青森
    COCOA青森の会員限定サイトです。あたたかい心と少しの時間を、メンバーと共有して下さる方を募集中です。

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月30日 (月)

ゴキブリ並みかも?

あれは、今年の初め頃だった。

仕事を終えて帰宅したら、食品戸棚の回りがごちゃごちゃ。

何やら得体の知れない液体が点々と。

ほのかに甘酸っぱい匂いも漂っていた。

はて、面妖な?

恐る恐る戸棚を開けると、固形物らしきものが散らばっていた。

どうも、果物の缶詰が爆発したらしい。

仕方なく戸棚の中の物を全部取り出し掃除した。

普段、何も考えずにぼんぼん放りこんでいたが、改めて見てみると賞味期限などという日付がしっかり印字されている。当然だが。

こういうことには無頓着な私。

冷蔵庫にある牛乳や納豆なんて、期限をとっくに過ぎようがちっとも気にならない。

雪印乳業の事件の時、期限切れの牛乳を使用していたことが大問題になったが、数日の違いなんて大したことはないと今でも思う。

賞味期限が切れた途端に、味が変わるわけでもあるまいに。

世の中、そんなにデリケートな人が多いのか。O157にやられるはずだ。

意外に生きること辛いんじゃないの?

2007年7月29日 (日)

祭りのあと

昨日の夏祭り。

心配するほどのこともなく、天気は落ち着いて、4時過ぎから続々と人が集まった。

ジャンボおでんを温め直し、焼き鳥、枝豆、焼そばなどと共に、売り子に徹した5時間。

夕方早めに、やって来た中学生と思しき男の子5人組。

どこかの部活に所属しているらしく、揃いのユニフォーム姿。

それぞれがてんでに、アイスクリームや焼いか、枝豆を買って食べていたが、

中で一番小柄な坊やが、何か言いたげにもじもじ。

「どうした?」焼き鳥を指差して「食べたいな。でも、お金ないし」

「仲間の中で一番のお金持に頼んで、1人1本ずつ食べたら?」

少し時間が経ってから、再びやって来た。手には、駄菓子屋から買っただろうするめの燻製2袋が。

「これで焼き鳥、売って欲しいんだけど」

なんて可愛い!売りますとも!

ほんとはね、焼き鳥1パックぐらいあげてもいいんだ。売り子の特権で。

日がそろそろ落ちて、家族連れが目立つ頃。

また坊やがやって来た。

「お姉さん、ありがとう。焼き鳥うまかったよ」

思わずぐっと来た。おばんをお姉さんと呼んでくれるとは。

「君、可愛いね。いい子だね。君から貰ったおやつ1つでいいから」

さっきのするめを1袋渡したら、にっこり笑って受け取ってくれた。

素直に優しく育った坊や。

祭りのあと、ビールを飲みながらするめの燻製を食べてみた。

うまいよー、これは。

原産地が中国だということにここは目をつぶらねば。

2007年7月28日 (土)

大丈夫かい?夏祭り

今夜は、当町会の夏祭り。

昨日は、午後1時から3時近くまで職場を抜け出し、ジャンボおでん作りに励んだ。

今日は、朝9時から枝豆、焼き鳥、ソーセージ等をパック詰めにする仕事に行って来た。

昼近くから、雨がぽつぽつ。

そんなにざあざあ降りではないが、おしめり程度というわけでもない。

水不足なのだから、雨が欲しいのはやまやまだが、もう少し待ってくれないものか。

せめて夜の9時頃までは…。

ハッピー・モルさんのブログを見たら、鯵ヶ沢は土砂降りだという。

地理的には近いんだけどねぇ。

午後4時にはまた、ジャンボおでんの販売に出向く。

合羽着て夏祭りなんてことにならなきゃいいが。

2007年7月27日 (金)

嫌いなものはね

好きなものについて書いたからには、嫌いなものについても書かなきゃね。

動物は嫌いと言えば、大概の人には顰蹙を買うがそうなのだ。

犬、猫はもとより、鳥、魚等、みんな嫌い。

もちろん、爬虫類やみみずなんてものは大嫌い。

だからと言って、この世に存在しちゃいけないとは思わないが。

せめて、私の視界には入らないでおくれでないか。

こんな具合だから、これらのものをペットにするなんて考え、私は持ったことがない。

テレビを見ながら、物を食べている時にでも、動物の映像は見たくない。

食欲が失せるぜよ。動物のせいではないことは百も承知だが、そうなのだから仕方がない。

しかし世の中には、私のような人間は少ないのだろうか?

日に何度か、犬の散歩に出くわすが、遠慮がちに歩く飼い主には、まず会わないね。

長い手綱で、狭い道を堂々と歩かれたら、こっちは、車列の間に入り込んでも、その場から逃れたいと思っているのだが。

こんな犬嫌いの気持、少しは分かって頂戴よ。

2007年7月26日 (木)

好きなもの

物事は、好きか嫌いか、どちらとも言えないかの3つに分けられる。

好きも嫌いも、大から小へと、範囲は限りなく広いのだ。

で、好きなものはいろいろあるが、こんなに暑い日が続く時は、そうね。

朝の涼しい風に止めを刺すかな。

昼が真夏日だろうが、朝晩が涼しければ我慢できる。

寝苦しくて夜も眠れないんじゃ、一日中ぼーっとするばかり。

それでなくてもまだらぼけが始まっているのに、慢性睡眠不足が加わったら、もう悲惨。

脳細胞の死滅する速度が、きっと早まるよ。

もっとも、布団の中さえあったかければ、年中涼しい風に当たりたいと言うのが本音なのだけど。

理想は、手元のリモコンで窓の開閉をすることだ。

風が強い時はさっと閉め、ちょっと空気が淀んだなと思ったら開けられる。

いちいち立って開け閉めしないで済む。そんな便利なものを、どこかのメーカーで商品化してくれないものか。

笑っちゃいけない。横着者が、世の便利品を生み出す原動力なのだから。

2007年7月25日 (水)

水不足なんて

今日も良い天気。例によって早起きして、愛しの梅子としばしのデート。

あと数日のお楽しみとなりゃ、頑張っちゃうよ。

ここまで、ブログで書きまくったからには、何が何でもおいしい梅干に仕込まねば。

俄然、教育ママの様相を呈してきた。

他にすることないのかねというツッコミはこの際、なしよ。

ルンルン気分で職場に向かった私だが、なんと小学校のプールが、水不足のため中止になったという。

このカンカン照りに、一番欲しいものがダメになるなんて。

あー。(この場合のあーは、子供たちに同情のあーではなく、がっくりのあーだ)

庭に水播きするのも、シャワーも少しは控えないと。

やっぱり毎日、温泉に行くしかないか。

でも、そう考える人が多いと、温泉だって混むのよね。

ガキに悩まされ、お湯や水は汚れが目立ち…。

うーむ。ハムレットばりに悩むなー。

これで、一旦降ったら集中豪雨になったりするのかも。

何事も加減が大事だが、こればっかりは人の子の私。

どうすることもできません。

2007年7月24日 (火)

梅雨は明けた!

今日は、朝から良い天気。

6時前から布団の中でもぞもぞ。

晴れたぜ!梅が干せるじゃん。

いそいそ竹のざるを出して、梅を並べる。

直射日光がガンガン射して、いいねぇ、梅は。

日焼けだの、皮膚がんの心配しなくていい。

この天気が数日続いてくれりゃ、もっといいんだけど。

とは言いながら、仕事に出かける身。

お日様を追いかけて、梅をひっくり返すなんていう芸当は無理。

しかたない。数日間干すことだけを考えよう。最後の日は、夜干しもなんて…。

うまく行くかなぁ。出来上がる寸前に雨なんて、まさかね。

でもこの暑さ。湿気のなさ。絶対梅雨明けしたんだよ。

気象庁が何と言おうが、私はそう思う。だいたい、予報はいつもはずしてるし。

今年の夏は猛暑だと言ってたが、ほんとにそうかな?あまり当たって欲しくはないが。

2007年7月23日 (月)

咳止めにはこれ!

誰にでも、思い込みはある。

他人が認めようが認めなかろうが。

ここ数日、咳が止まらない。

もともと気管支が弱いところに、昼と夜の寒暖の激しさ。

一番弱いところがやられるのよね。

夜、布団に入って、体が温まった頃に咳が出始める。

出たら止まらない。せめて声を殺して咳をする。

これが2日続いたらもう、ヴェポラッブに頼る。

喉から胸にかけて満遍なく塗りつけると、スースーいい匂いがして来て、もう半分は直った気になる。

一種の依存症かも?ま、年に数回だから大したことないと思うが。

のど飴や風邪薬よりも、即効果を実感できる。お勧め。

下手な医者よりよっぽどいい!

2007年7月22日 (日)

たまには見ないと

大して料理が好きでも得意でもないというのは以前にも書いた。

が、そうであっても、毎日の食事を避けることはできない。

外食やインスタントものだけで済ませることなんて、年に数回あるかないか。

そりゃ既製品の力を、ある程度は借りるが。

と言いながら、料理の本を眺めるというのは結構好きなんだ。

何回も読み直す本。読んで作ってみる気になる本と言えば、私の場合3冊。

壇一雄「壇流クッキング」辰巳浜子「料理歳時記」佐藤雅子「私の保存食ノート」だ。

どの本も、そんなに詳しく作り方が載っているわけではない。

が、読み進むうちに食べたい、作ってみたいという思いがむくむくと湧いてくる。

どれも季節感が溢れていて、その時々の食材をおいしくいただく工夫に満ちている。

この国に生まれた幸せを食べ物で感じられる。

料理を作る喜びを再認識することができる。

毎日、その思いを持続させられないのは残念だが。

2007年7月21日 (土)

コンビニ・ダイエット

自宅近くに、新しいコンビニがオープンした。

一昨日、勤め帰りに眺めていたら、駐車場の中に「明日オープン」という看板が見えた。

明日って、いつからの?やたら車と人の出入りが激しいのはなぜ?看板は偽りか?

どうもよく分からん!新聞にちらしが入って来た様子もない。

普通お店が新しくできると、開店セールとか特別価格とかそれなりに、購買意欲をそそるものがあるはずだが。

そりゃ近いと言っても、別な町会だからしょうがないのかも知れないが。

翌日、地域の情報にやたら詳しい友人に聞いてみた。「何が目玉?」

「卵安いよ、98円」卵かー。

帰り道、恐る恐る入ってみた。客は数人しかおらず、店員の方がはるかに多い。

店員の目が一斉に注がれる。冷や汗が背中を伝う。

根が小心者の私。とてもこの状況で卵1ケースだけ買う勇気がない。

じゃ、2ケースはどう?これまた、聞いて1人1ケースだと言われたらどうしよう?

えーい、しかたない。それなりの出費を覚悟せねば。

1000円札1枚を出すのに、エアコンが効いた店内で汗だくだく。

「ありがとうございました」という声を背に、急いで外へ出た。

家に着いて、お茶を飲みながら、コンビニで買ったお菓子を食べる。

こだわり卵のエクレア。おいしい!やせる思いで買って、これ食べて太ってちゃ意味ないか。

2007年7月20日 (金)

たかがこれしきで

携帯電話を変えた。と、言うか、自分名義の携帯をもう1台持つことになったのは数ヶ月前。

ショップで所定の手続を済ませ、いつも通りの生活だった。

約ひと月後、携帯電話料の振込用紙が来て、何じゃこりゃ?

ざっと?年前から自動引落しにしていて何の不都合もなかったが。

さっそく、くだんのショップに連絡して説明を求めた。

なんと、自動引落しの手続がされていなかったそうな。

言われてみれば、買った時に、支払い方法のことは全く話題にならなかった。

売る側が説明すべきことなんじゃないの?電話が2つになっただけで、名義も住所も変更じゃないんだから。と考える私がバカなのか。

ともかく、改めて自動引落しの手続をした。そのためには通帳の印鑑が要るという。

さぁ、困った。今使っている通帳にはんこは押されていない。家中にはんこは10本近くもある。いったいどのはんこなのか、今となっては分からない。

ここ数年で、一番出番が多いはんこを押して郵送した。

が、またしても振込用紙が送られて、自動引落しの方は、はんこが違うのでやり直しだという。

仕方ないので、銀行へ全部のはんこを持ち込み判定してもらった。

ま、届け出たはんこがどれかはっきりしたのだからいいようなものの、こんな下らないことで時間を取られるとは。

こんな時代だ。はんこは我が国の文化で大事にはしたいが、金融機関等がこだわり続ける必要があるのか?

偽造を恐れて通帳にはんこを押さないのなら、こういう仕組を根本から変えるべきだ。

2007年7月19日 (木)

テレフォン・カードをご存知?

探し物をしていて、仏事関係の書類箱を開けた。

箱の隅に、香典返しのテレフォン・カードが数十枚。

ここ何年も、その存在すら忘れていた代物だ。

そんなに長い間ではなかったが、一世を風靡したのではなかったか?

今じゃ、これが使える電話と言うよりも、公衆電話そのものが珍しい。

記念に取っておくにしても、枚数が多過ぎる。

節約特集の記事の中に、電話料金をこれで支払うというのがあったが。

NTTは、今でもそれでO.Kなのかしらん。

使用済みのハイウェイ・カードや図書カードと共に、デザインが素敵で捨てがたい。

電子マネーなるものが普及しつつあるが、味気ない気もするし。

みんなごみと考えれば、無用の長物化したことはめでたいのかもしれない。

ところで、クオ・カードなるものもあるのだが、あれはどこでどうやって使うの?

聞くのも恥ずかしいが、どこかの懸賞で貰ったものなんだ。

こんな田舎で、お役目を果たすことはできるのかなぁ?

2007年7月18日 (水)

日々是努力

運動神経はパー。面倒臭がりで、どうでもいいことには凝り性というフクザツ(?)なワタシ。

定期的にやって来る欝の波とも戦わなければならぬ!

とっくにお肌の曲がり角は過ぎたが、やる時はやるのだ。(関係ないか)

で、毎日心していることは、一回は笑う種を見つけること。

1万歩は歩くこと。何が何でもだ。と、断定したいところだが、天候や諸事情でそうは行かない時もある。当然。

歩き始めた頃は、自らに課したノルマを達成するために、夜中近所を徘徊したりもした。

慣れてからは、1週間、ひと月平均でもいいということにした。

自分の健康のためにやっているのであって、ノルマのためにやるわけじゃない。

つい、忘れるが。人間関係で疲れた時、散歩の途中で道端の木や草に文句をつける。

傍から見たら、絶対危ないおばん。近づいたらいけません。

2007年7月17日 (火)

本音と建前

自分の内なる心に誠実でありたいとはいつも思っている。

が、時と場所を選ばずに、本音をズバズバ言えるなんてことができるのか?

また、そうすることが果たして正しいのか?

心の中で納得していないのに、表面上は同意してみせる自分につい嫌気がさす時がある。

悲しい気持をカバーするために、ピエロを演じることだってある。

気の置けない仲間たちと話して、みんな同じなんだなとほっとすることもある。

自分の中の羅針盤。ぶれ過ぎないように、そっとそっと。

近づき過ぎて傷つかないように、離れ過ぎて見えなくならないように。

うまい使い分けなんて、きっと夢のまた夢よね。

2007年7月16日 (月)

一寸先は闇

予想を覆して、朝からすっきり青空が見えた。

うれしー。今日も梅が干せるぞー。と、思ったのも束の間。

家の中をごそごそいじくっているうちに、BSに新潟県の大地震のニュースが。

思わず目がテンになる。次々と流れる情報に目が離せない。

私ごときが、ここで気を揉んだところでどうなるものでもないが。それにしても…。

この前の大地震から3年足らずではなかったか。

たしか大規模な土砂崩れもあったはず。

先の台風をみても、自然の猛威の前に、人は、まったくの無力だ。

毎日を何気なく過ごすことが、ほんとは一番難しくて、幸せなこと。

人の不幸を見なければ、それに気がつかない。

2007年7月15日 (日)

ゲームで遊ぼ

パソコンに向かうのは、仕事のためだけなんて嘘。

1日に一度は、KIRINビール端麗アルファのサイトに行く。

ここのアルファ農園で、トマトと茄子を育てている。

最近、枝豆畑もお目見えした。

3つの畑で、それぞれの仕事をする。

最後に、出て来る犬をクリック。別に決まりではないが。

「ワン」という泣き声を合図に画面をクローズ。

トマトは15日、茄子は10日前後で収穫だ。

枝豆は、はてどれぐらいかな?

バーチャル農園だから疲れない。

それでいて植物の成長もばっちり見られておすすめ。

2007年7月14日 (土)

突然頑張るの巻

前日の予報は、曇から雨。

それもかなりの確率だった。が、どうよ!この天気。

休みだと言うのに5時半には起き出し、花の水遣りからアイロンがけ。

洗濯物の整理、朝食の準備、後片付け、平行して洗濯と物干し。

掃除機を出して掃除を済ませ、時計を見たら、何と9時半。

信じらんなーい!もしかして今日は、時の歩みが遅いの?

さて、そうなれば。ジャーン!漬けて置いた梅を干さなくっちゃ。

車庫の奥から、直径50cmはあろうかという竹製のざるを出す。

まずは、綺麗に洗ってしばし乾燥を。

庭に箱を2つ準備し、ざるを置いて、梅を重ならないように並べる。

甘酸っぱい香りが立ち込め、何だか幸せ。

良い天気が数日続くと良いのだが…。明日は、台風の影響で荒れるとか。

南部地方も、寒い日が続いているらしいし。ラシーンちゃんは、元気かな?

2007年7月13日 (金)

休みぐらい

明日から3連休になる。

何年か前から、祝祭日は連休ということになった。

その方が嬉しいと思う人が、この国には多いということなのかなぁ?

へそ曲がりの私、飛び石連休というのが懐かしい。

1日おきだの2日おきだの、気忙しく日を過ごすのって結構好きだな。

そりゃ、どこかへ旅行するとなれば、連休の方が都合がいいが。

そんなに毎月、どこかへ出かけるわけないし。

だいたい、飛び石連休と言う言葉が素敵。文学的な響きだ。うん。

2007年7月12日 (木)

なんでそうなるの?

天気予報が大好きな私。

朝から晩まで、見られる予報は全部見なくちゃおさまらない。

で、昨日と今日は、確か雨の確率が高かった筈では?

なのに、さっぱり降ったようには思えない。

何でなのよ?それならそうと言ってくれれば、洗濯物を外に干せたものを。

うーむ。実は私、当地で俗に言うところの「あまけ」で、こういう天気にはからきし弱い。

頭が痛くなるのよね。正式には低気圧頭痛というらしい。

ざーっと降り出すとすっきりするのだが、そこまで行かないとどうにもならぬ。

これに睡眠不足又は更年期障害、いやいや人間関係のトラブルがあった日にゃ。

私、どうなるの?想像するのも恐ろしい。

2007年7月11日 (水)

お休みしちゃった

昨夜、初めてこのブログの更新を休んじゃった。

私の手抜だと思ってるでしょ?ところが…。

ココログのメンテナンスが、結構な時間あったからなのよ。ウヒヒ!

ところで「こりゃどうも」さん、チビタンのお世話で大変ね。

可愛いだけじゃ済まないものね、毎日の仕事は。

でも、情に溺れるという体験は得難いと思う。お互いに。

それがあるから次のステップに進めるんじゃない?

そこを通過しない人が、今は多いと思う。

みんなどこか寂しげで、自信なさそう。

丸ごと自分を受け止めて貰えること。誰もが求めていることはそれかも。

2007年7月 9日 (月)

ア・ハード・デイズ・ナイト

ここ数日、めちゃくちゃ忙しい。

今日は、8時半までに職場へ行き、夕方6時半から某センターで会議。

9時に帰宅して、メールをチェック。そしてブログの更新だ。

今日1日で会った人、話をした人の数たるや…!

でも、不愉快な気分になることはない日だった。

そうでなくちゃ持たないよ。あと数日はなんとかしのがないと。

家の中の整理、整頓。この際目をつぶる。明日だって5時起きだ。大丈夫かな?

2007年7月 8日 (日)

ところ違えば

子供の頃、絵本に書いてあるれんげの花というのに興味を持った。

春と言えばれんげの花が描かれていた。が、この辺ではついぞ見かけない。

竹の子もそう。私のイメージする竹の子は、断じて孟宗竹ではない。姫竹の子のことだ。

数年前、埼玉に住んでいる姉が、紫蘇の種を送って欲しいと言って来た。

送るのは構わないが、なんで?

姉の話によると、かの地では紫蘇をあんまり見かけないと言う。

青紫蘇ほどにはポピュラーでないらしい。

この辺の畑じゃ、放っておいても毎年律儀に顔を出すけどね。

まぁ、バナナと林檎が一緒に果樹園に並んでいるわけないんだし。

当然と言えば当然。

そうでもなけりゃ、ご当地品の有り難味もないわ。

でも、本物のれんげ、一度は見てみたい。

2007年7月 7日 (土)

寄り道大好き

どういうわけか、ストレートに目的に邁進することは苦手のようだ。

自分でも呆れるほどに、どうでもいいことに夢中になる。

このコラムを読んでいただければお分かりと思うが、たかが1年に一度、らっきょうや梅漬けに熱中してどうなる?

毎日のおかずをきちんと作るほうがよっぽど大事じゃないの?

家を片付ける途中に、古本に夢中になんかなるんじゃないよ。

はい、その通りです。

確かに自分でもそう思う。だが、つい脇道の方に魅力を感じるのよね、これが。

そのせいで、古いレコード、カセットテープ、ヴィデオテープ、本の類がわんさか。

いつまでも処分できずに増える一方。今度はDVDが仲間入りだ。

これらをすぱっと切り捨てられる時、その時が来るのは何だか怖い。

2007年7月 6日 (金)

梅雨だもの

梅雨と書くぐらいだから、梅干を漬ける季節よね。

らっきょうに続いて、梅漬けに挑戦する毎日なのだ。

まずは、黄色く熟した梅、できれば南高梅を探しましょ。

梅を、まずは一晩水攻めにする。金物容器は避けてね。

次の日、水から上げてざるに乗せしばらくほっとく。

爪楊枝でへたを取り、タオルで水気を拭く。

アルコールで消毒したかめに、梅を入れ焼酎を拭きつけ、たっぷりの塩をふる。

消毒したふた、重石をしてラップで覆う。梅酢があがるまでじっと待つ。

2007年7月 5日 (木)

チリのみかん?

無能ながらも、節約を心がける健気(?)な私。

今日も、スーパーの見切り品コーナーを物色する。ただのケチと侮るなかれ。

賞味期限が近いなんて、それがどうした!すぐ食べりゃいいんでしょ?

と、数人のおばんが手に取っている、オレンジ色の果物は何?

気になる。うーん、だが…。おばんたちがいなくなるまでは…。

別の売り場で時間をつぶしながらも、心ははやる。

そして、やっと残った一袋。レジを済ませてじっと見た。チリ産みかん「クレメンタイン」だそうな。8個入り税込150円。チリか。あのアニータの国ね。青森の天敵じゃないの。

それは癪だが、「荒野の決闘」のヘンリー・フォンダに免じよう。「私は、クレメンタインと言う名前が好きです」

2007年7月 4日 (水)

節約って

毎日、新聞と共に来るちらし。

ひと通り目を通しながら、やれ卵が安いの、コーヒーが安いのと、買い物に行く店に優先順位をつける。

加えて、主婦向け雑誌を参考に、自分向きの節約法はないかと、アンテナを張り巡らす毎日だ。

が、食費が一家族月せいぜい2万円で抑えられるなんて、ほんとかいな?

インターネットの節約サイトを見ても、感心するだけで実行できるとは到底思えない。

できない自分が無能なのか、記事はホラなのか。後者であってほしいが。

2007年7月 3日 (火)

洗剤今昔

洗濯用の洗剤を買いに出かけた。

今は、粉状の洗剤ではなく専ら液体洗剤を、それも柔軟仕上剤入というやつを探す。

洗濯にお湯を使っていた時には気にならなかったが、粉状の洗剤は、洗濯物にカスが残ることが多かった。

干す時、取り込む時、畳む時と、室内に白いものが散乱して、その始末に時間が取られるのはかなわない。

そういうことを考える無精者が多いのね。ということは、少しは世の中の役に立ってるんだ。

2007年7月 2日 (月)

その時は今

料理が特別好きなわけでも、得意なわけでもないが、この時期、私は忙しい。

らっきょうと梅が出回るのは、1年でも今のうちだけ。

まずは、ふっくら大きめで、土が付いたらっきょうを探す。

水に漬けて土を落とし、ひげ根を切る。

ガラス瓶にらっきょうを入れ、1つは多めの天塩と水を少し。

もう1つは、らっきょうと醤油をドボドボに。

塩漬は、しばらく置いて塩抜きをして食べる。醤油漬は数日でO.K

試してご覧!おいしいんだから

2007年7月 1日 (日)

温泉でなくっちゃ

休みの朝は、なぜか早くに目が覚める。

子供の頃からそうだった。

雨がしょぼしょぼ降っていれば、昼近くまで寝ていられる。

洗濯に追われる心配がないものね。

が、今日は朝から良い天気。

さ、温泉だ!お湯も水も綺麗で使い放題。掃除もしなくていい!

湯船に浸かって、ついうとうと。こんな幸せあるかしらん?

これで出費は200円。週に1~2回の贅沢だ。

温泉に行かない日は、夜中が辛い。トイレ近いのよね。

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

最近のトラックバック

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30