無料ブログはココログ

キムリン・ホリスティック・ワールド

  • 金 香百合
    いつも心に太陽を 悲しい時、辛い時、誰かに慰めてほしい時、キムリンはいつもそばにいてくれる。もしかしたら、みんなの守護聖人かも?

cocoa青森

  • COCOA青森
    COCOA青森の会員限定サイトです。あたたかい心と少しの時間を、メンバーと共有して下さる方を募集中です。

2020年9月23日 (水)

お知恵拝借いたします

さて、母。
日頃のお礼をぜひと思い、ある方々に贈り物をしたいと考えた。
親しい友人たちなら、直接リクエストを聞ける。
好みも分かる。
が、ある程度の距離感のある目上の人達となると。
うーむ。
相手にあまり負担を与えず、当方の懐もあまり痛まず。
気軽にやり取りできるものがいいのだが。
お茶の師匠は以前、
「この年になると、食べたり飲んだりして消えるものに限る」
と、言っていた。
そりゃ、年を加えるほどに、周囲をすっきりさせていきたいのに、増える一方じゃね。
でも食べ物って好みが多様じゃない?
例えば母は肉が苦手。
どんなに高級だろうが、正直嬉しくない。
食べ物か。
そう言えば、以前、オリーブ・オイルがいいと言われて探したこともあったな。
小豆島産のリッチなやつを贈ったっけ。
受け取った本人。
それこそ皿に残ったそのオイルを、パンやご飯で拭き取って食べたって。
そんなに喜んでもらえてうれしかったよ。
で、今回。
贈る相手は70代の男女。
物静かなご夫婦。
母がどれだけバカな発言をしても、余裕で受け止めて下さる。
何とかこのご縁が続くように、皆様のお知恵お貸し下さい。
Photo_20200923223001
秋を演出


 

2020年9月22日 (火)

夫婦仲良く

昨日から、何だか腰の左側に若干の違和感。
家人に湿布してもらい、何とか落ち着いた。
夕方、家人と温泉へ出かけたが、その帰り、どうも家人の歩く格好が変。
「腰、痛めた?」
家人、洗い台の上にあるシャワーのノズルを捻った途端、腰に痛みが走ったそうな。
で、帰宅後。
今度は母が、家人の腰に湿布剤を貼ることに。
ほんのちょっとした動作で異変が起きる。
老体という事ね。
若かりし頃、職場で当時40代の偉いさんたちが、20代の職員に言っていた。
「自分たちぐらいの年になると。毎日、体のどこかが痛い。痛みが全然ない日は、年にほんの数日だけ」
今、その言葉を実感する。
ま、湿布剤でごまかせる程度の痛みで済んでいるからね。
この年で、あまりに元気過ぎるのもいかがなものかと思わんでもない。
あれはあれではた迷惑なことが多い。
年を重ねるって、身の処し方難しいよ。
若さだけで突っ走っていたあの頃。
今振り返れば恥ずかしい。
長生きすればするほど、その思いが強くなるんだろうな。
Photo_20200922222401
野に在って



2020年9月21日 (月)

サボり過ぎてた

食欲の秋だ。
毎日、色々な人たちからおいしそうなものをいただく。
昨日は、プルーンとキャンベルぶどう。
つい手が伸びる。
1つが2つになり3つが…の無限ループ。
物欲しげな母に家人の冷たい一言。
「あんた。ウォーキングサボり過ぎ!」
そうだった。
去年の夏、膝を痛めてからというもの、毎日3千歩程度でお茶を濁していた。
ドクターに無茶を叱られたこともある。
まずは膝の周囲の筋肉をつけるためのリハビリ体操。
秋頃から近くのジムで筋トレ。
4か月経ったあたりから膝の痛みはなくなった。
去年の冬は、雪も少なくて雪かきの運動量もぐっと減って。
そのうちインフルエンザで体調を崩し。
春になったらコロナ騒ぎ。
運動量は減ったのに、食欲増進と来れば後はねぇ…。
で、家人の言葉となったわけ。
ウォーキング再開するには、今の季節がうってつけ。
風は爽やかだし…。
以前のように1万歩とは行かないが。
せめて5千歩は、毎日クリアしよう。
そうしたら体も軽くなるかしらん?
最初の1歩が大事。
ね?
Photo_20200921222401
秋の花 萩

2020年9月20日 (日)

お彼岸

お彼岸だ。
いつもなら、お花と供物を持ってお寺に行くはず。
が、コロナ騒動が未だ終息しない状況じゃ…。
お盆の時ですら、お寺に人出はなかった。
ま、仕方ない。
おはぎを買って、家の仏壇にあげる。
おはぎか。
酒飲みの母、苦手な食べ物だ。
赤飯だのチャーハンだのと、味付けしたご飯は好きじゃない。
白飯一択。
なので、おはぎや団子は、甘辛両方いける家人の担当。
夕食後、家人、おはぎに手を出した。
「どう?」
「あぁ、昔風の味。なつかしいな」
おはぎは結構な大きさ。
夕食後に、これ食べられるあんたって…。
でもまぁ、無駄にならなくていいけどさ。
仏様も、あんたが食べるの喜んでるよ、きっと。
と、残りもよろしく頼みます。
こんなに食べてもやせているあんた。
羨ましい!
Photo_20200920220301
名残のバラ

2020年9月19日 (土)

もう秋だから

暑い暑いと言っているうちに。
朝晩は、ぐっと涼しくなってきて。
着る物に悩むわ。
今朝、家人は言った。
「小さいストーブ出しといてね」
ほんの少しの時間なんだが、起きぬけはぶるっと来る。
それでいて日中は、汗ダラダラ。
ボーっとしているうちに。
ココログの部屋だって。
数か月放って置いたら、どうにも秋という季節にそぐわない。
思い立ったが吉日。
庭も紅葉バージョンに。
落葉シートに変えたら。
草花や木を置こうとしても、目立たなくなってしまった。
背景がカラフル過ぎたか。
こうなりゃ、早めに冬バージョンにした方がいいかもな。
ま、いかに日本の秋が色彩に溢れているかってことですが。
Photo_20200919210501
あけび 生垣に多いのよ

2020年9月18日 (金)

秋の4連休

さ、4連休が始まる。
コロナのせいで花見もねぷた祭りも花火大会もなし。
こんなに何もない年は、さすがに侘しいよ。
で、弘前市。
このままじゃあなと思ったかどうかは不明だが。
弘前公園で何やら催すらしい。
ポスター見たら、今日からだった。
屋台も出るらしい。
今年、商売にならなかった皆さん方へのせめてもの活躍の場だなぁ。
でも初日の今日。
当地は雨模様。
人出も少なかろう。
うーむ。
何とか母。
期間中に公園へ出かけたいとは思っている。
例年なら、10月から「紅葉まつり」が開催。
未だにコロナ終息とはならず。
あまり人が集まるのも…。
難しいな。
業者を支援したい。
祭りも盛り上げたい。
でも、密はダメ。
なら、行けない人が増えるよね。
それでも、外へ出たい気持ちは抑えがたい。
天気さえ良けりゃあな…。
Photo_20200918215801
民さん
 

 

2020年9月17日 (木)

スープの冷めない距離

夕方、ご近所の奥さんから電話。
「今日、確かお誕生日だったよね?お祝いに夕方炊き込みご飯作るから、何時頃いる?」
このご夫婦は、いつも母に優しい。
いや、母だけじゃないな。
みんなに優しいんだ。
趣味の野菜作りも本格的で。
立派な無農薬野菜をいつも持って来てくれる。
お返しするものがない母。
たまに、いただいた野菜類で簡単な総菜を作ってお届けという関係がここ数年。
ギブアンドテークじゃなくて、テークアンドテークと言った方が近い。
で、夕方5時過ぎに炊き込みご飯とやって来た。
結構多めで具材もリッチ。
でもね…。
母の誕生日、今日じゃない。
後10日後なんだよ…。
奥さん、絶句。
ごめんね。
でも、いいじゃない。前夜祭ということで。
ここは律儀な奥さん。
恐縮しっ放し。
でも心配しないで。
来月には、ご主人。
再来月には奥さんの誕生日が控えている。
さて、その日。
母は、何を贈ろうかなぁ?
色々考えるのも楽しみなんだよ。
幸せをありがとうね。
Photo_20200917220701
そろそろヒガンバナが


2020年9月16日 (水)

新しい首相

菅さんが、新しい首相に選出されて。
安倍さんからの政策等の継続が、スムーズに行くと思うと嬉しいな。
政治家の身内だということで、安倍さんは散々叩かれ続けたが。
菅さんは、政治家一族の出身でもなく。
農家の長男ということで、バカ野盗の小川某。
「出自を明らかにしないとどうたら」
などと言い始めた。
某バカ野盗なら。
国籍をはっきり証明できない奴、刑事事件を起こして恥じない奴等がうじゃうじゃ。
そっちの責任はどうなんだ?
政権にあっても無能でしかなかった野盗ふぜいが、偉そうに。
それにしても、いかにも仕事しそうなメンバーで組閣。
いいね。
閣僚名簿を発表する加藤官房長官の声の通ること。
あの菅さんが指名したぐらいだから、有能なこと間違いなし。
良かったね。
野盗とお仲間のマスゴミがどう言おうが。
母は支持する。
一方の批判勢力。いつまで経っても支持率が上がらないんじゃどうにもならん。
一般国民からこんなに無視されている現実、直視する勇気ないんだから仕方ない。
あ、違った。
学習能力がないんだった。
存在する意味すらも見いだせないわ。
Photo_20200916224201
出番だよ



2020年9月15日 (火)

貢物が…

どういうわけだか。
昨日、今日と。
いろいろな人達からいただくものが増えた。
温泉仲間からは梨とりんご。
筋トレ仲間からは葡萄。
隣の奥さんからは赤飯。
近所の奥さんからはミニトマト。
有難いことだ。
が、…。
ここで悩みが。
何となれば、お返しするものが母にはない。
しょぼい畑じゃ、人様に差し上げるほどの収穫は見込めず。
パクパクゴチになっているだけというのも芸の無い話だ。
ま、下さる方は善意そのもので。
「あなたが食べてくれるだけでいいじゃん」
と、言ってはくれる。
せっかくのご厚意に、頭を悩ますというのも変な話だ。
この辺が、小市民たる所以だなぁ。
こういう時、何か一つ。
抜群に美味い料理を作れるとか。
気の利いた手作り品があるとか。
もっと言えば、自宅に招いてお茶会を催すとか。
どれも無理なのが何と言うか。
情けないなぁ。
家人に相談するも。
「あんたが、その人たちの話、親身になって聞いてあげればチャラじゃない?」
そんなもんでいいんですかね?
Photo_20200915222101
そこにあるだけで

2020年9月14日 (月)

慣れるのには

数日前から急に涼しくなったが。
そのつもりで朝から長袖シャツを着込んでみた。
昼前、筋トレに出かけた母。
行き帰りの道中は良かったよ。
でも、何せ目的が筋トレ。
大した時間じゃなくても汗は大量にかくわけで。
そこまで考えなかったわ。
他のメンバーは、みんな半袖。
そうだよなー。
上にはおるもので調整すればいいだけじゃん。
ま、明日からそうしよう。
お店も、もうエアコンきつくないし。
天気だって、雨が降ったり止んだり、もうすっかり秋の空。
体調管理に時間がかかるのは、母の加齢の故ですかね?
Photo_20200914221701
秋だなー


«やっぱり寒いね

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30